Article page

by
  • Comment:0

松山のボクサーのことも心配ですが、
今度の日曜日(東京開催)と、来週の土曜日(大阪開催)のシンポジウムのお知らせです。
ほぼ毎日のように公私ともに熱く語っている同志とも言うべき(ただの犬オタク仲間とも言う。笑)ベルリンの京子さんが、これのために気合いを入れて来日します。

ぜひ関心のある方、ご参加を!

法律なんて遠い存在〜だなんて思わないで。
犬好きにとっては、すごく身近なことだと思います。
そして、私たちの愛する子犬や子猫の未来に重大に関わってくる案件です。
他人事ではない。私たちの生活やモラル、私たちの犬との暮らしに大きく関わってくる法律です。

おっと、東京編の参加希望者は今日までだ。ごめんなさい、告知が遅くなって!
私も東京編は行きます。

大阪編も行きたいくらい。こちらもそうそうたる顔ぶれですね。
ネット配信もされるんだって。アナログの私にも見られるかな?


まずは東京編のご案内。↓ 恵比寿だって。

******

「改正動物愛護法の未来を考える」シンポジウムのご案内

拝啓
平素は格別のお引き立てにあずかり、誠にありがとうございます。
この度、有志による「動愛法を語るプロジェクト制作委員会」は、第1回勉強会を開催いたします。今回の講師は、吉田眞澄先生、細川敦史先生、山口千津子先生、ドイツから京子アルシャー先生、
アメリカからは西山ゆう子先生をお招きし、海外事例についても皆さまと共有しながら、「改正動物愛護法」のポイントを確認すると共に、よりよい愛護法にしていくためにディスカッションしていきたいと存じます。
5年後の法改正を見据え、法律家、獣医師、動物福祉の専門家、ペット業界、あるいは一般の飼い主など、立場を越えて協力・協働する第一歩になることを願っております。
敬具

2013年2月吉日
動愛法の未来を考えるプロジェクト制作委員会一同



■テーマ: 改正動物愛護法の未来を考える
~5年後を目指して、今、協働をはじめよう~

■主 催: 動愛法の未来を考えるプロジェクト制作委員会

■後 援:公益社団法人 日本動物福祉協会
■日 時: 2013年2月17日(日) 14:00~17:30

■会 場: ヒートウェーブ恵比寿 7階 セミナールームA
(東京都渋谷区恵比寿南 1-1-1ヒューマックス恵比寿ビル 7F)

■会 費: 2,000円

■予 定: 14:00~16:00 基調講演・特別講演
(吉田眞澄先生、京子アルシャー先生、西山ゆう子先生、山口千津子先生)
16:00~17:30 パネルディスカッション
(進行役:吉田眞澄先生
パネラー:細川敦史先生、京子アルシャー先生、西山ゆう子先生、山口千津子先生)

■お願い: ご参加の可否およびご参加人数を、2月12日(火)迄にご一報いただければ幸いです

■お申し込み: 【メール】animalwelfaregroups@gmail.com

■お問い合わせ:【電話】090-6347-8709
以上です。
どうぞよろしくご検討くださいませ。

******

以下は大阪編の案内です。↓

大阪方面のみなさま、お待たせしました。
動物愛管法改正についての討論会、公開録画のお知らせです。
傍聴席には限りがありますので、傍聴希望の方はどうぞお早めにお申し込みください。

******

● 公開録画のお知らせ

討論会 改正動物愛護管理法 
シリーズ① ~業者規制はどこまで変わるのか~

【日時】 平成25年2月23日(土) 18:00~20:30 開場17:45~

【会場】 梅田スカイビル タワーウエスト22階 E会議室
     http://www.skybldg.co.jp/
     大阪駅より徒歩10分 タクシー5分     

【出演者】
     京子アルシャー / ドイツ在住・獣医師
     岡本英子 / 元衆議院議員
     細川敦史 / 弁護士
     太田匡彦 / AERA記者
     成田司  / Giraf Project 主宰・元ペット販売業
     MC 西風直美

動愛法を語るプロジェクト制作委員会では、京子アルシャー氏の
来日に合わせ、今回の改正動物愛護法の中でも、
特に業者規制の部分に絞り、公開討論会を開催することになりました。
他に今回の法律改正に最前線で関わった方々も出演します。

この討論会は、後日インターネット上で放送予定です。
お楽しみに。

※討論会の傍聴は招待制となっております。
傍聴をご希望の方は、下記までお問合せください。

動愛法を語るプロジェクト制作委員会
douaihouproject@yahoo.co.jp

******

私はこの3連休の真ん中の日曜日に、三浦半島に、クパメルを爆走させてきました。
その模様はまた今度レポートします。

385491_373263012780575_1657330250_n-1_02.jpg

ひと月ほどクパとお山遊びできなかったんだ。
そしたら、なんだかクパが、おどおどした顔になっているというか、なんかへんな様子だった。自転車散歩だと筋肉は使うけど、脳の刺激が少ない。猟犬としての脳の刺激が満たされないだね。
でも、獣道登山と、広大な原っぱでたっぷり歩いたら、
昨日は満ち足りて、ほんといい子だった。

「疲れた犬は、いい子」  ←これ、シライシ家の格言。

おどおど顔がなくなり、落ち着いたいい顔をしてる。心が安定したんだろうなと思った。
その犬種によって、何が幸せかは異なってくる。とくにクパのようなジャーポは、猟欲が強く残っているから、森のニオイや動物のニオイなどの刺激を欲しているんだと思う。ジャーポだけに限らず、ワイマだってビーグルだって本質的には同じだと思うけど。

働かざる者、遊ぶべからず。
だから、クパと山遊びしたいから、頑張って働くぞ! と、私までモチベーションがアップしました。
さー、頑張ろう。
白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 0

Leave a reply