イングリッシュ・コッカー・スパニエルの飼い主様!

ただいま、わたくし、犬種図鑑のための原稿を頑張っております。
犬種のいいとこも、大変なとこも(性格面とか、運動面とか、コスト面とかいろいろ)、
ぜーんぶ書いて、
そういう覚悟のできた人に、その犬種を迎えていただきたい! それを伝えていくのが私のライフワークです。

その中で正直いって最も私の苦手(ちゅーか、よくわからない)のが
毛の手入れの毎日の大変さの実態でございます。

ほれ、だって私は、毛、ツルピカ犬が好きですから。
いえ、本当をいうと、毛の長い犬もすごくステキと思うんですよ、でも私のようなズボラな女には、お手入れをする自信がないので手をだせないわけです。

とくにトリミング犬種(あるいはそれに類する犬種)。正直、シライシにとって、未知の世界でございます。
自分で飼ったことがないから、ほんとはどれくらい大変なのか、実感がないのです。
長毛種でも自宅で手入れしていい犬種とか、友人が飼っていてなにげなく聞いている犬種なら、まー、なんとなく想像はつくのですがね。

でも毎日のブラッシングが必要な犬って、ほんと大変と思うの。でも、本当にその犬種が好きな人にとってはその手入れの大変さもコミュニケーションの一端で、悦びの時間になるんだと思います(えらいわ)。
しかし、その手間のかかり方やトリミング代をケチって捨てられる犬もいるかもしれない。
「毛が抜ける」って、捨てられちゃう犬もいるくらいなんだから(ゆるせんっ)。

しかし、そういう日々のメンテナンスがどれくらい手間がかかるのか、お金がかかるのかって、ペットショップは都合の悪いこと言わないから、知らないままうっかり購入しちゃう人もいるでしょ。ダメだけど、でも、誰もが最初は初心者なので、「犬を初めて飼う悦び」で浮かれポンチになっちゃう気持ちもわからなくもない。そうであれば、いかにマスコミが、伝えないといけない情報を、ちゃんと発信していくか、が重要だと私は思うわけです。(でも、探してみるけど、あんまり「大変なこと、面倒なこと」をちゃんと書いている犬種図鑑って、書籍でもWEBでもほんと少ないね。それにコピペで流用した原稿がいかに多いことか)。

というわけで、今後も、取材ができていない犬種について、みなさまの豊かな経験値をお借りしたく存じます。
どうか、ばど吉にご協力願えないでしょうか。

今までもいきなり友人や撮影モデル犬さんちに電話してみちゃったりしているけど、
いま、原稿に取りかかる前にはたと悩んでいるのがイングリッシュ・コッカー・スパニエルです。

インギーの飼い主さーーーん、あるいはいまはいなくてもかつて飼育経験のある方、電話取材させてもらえませんか。

お連絡お待ちしております。
コメント欄(管理人がみられるにチェックね)か、メールフォームでご連絡くださいませ。
また「こんな友人がいるよ〜〜」情報でも大歓迎でございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

うちのツルピカ犬は、今日もストーブ前で惰眠をむさぼり中。

スクリーンショット 2012-11-16 19.48.39

↑ クパちん、体の折りたたみ方がなんか妙ですよ。

スクリーンショット 2012-11-16 19.48.55

そしてストーブ前の熾烈な闘い。
ツルピカ犬は、寒がりさん。

長毛種にとっては、もしや今からがベストシーズンなわけですよね!?
不思議だわー。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/11/18 (Sun) 13:05
  • #
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/11/18 (Sun) 15:48
  • #
お二方様!

情報と、お申し出ありがとうございます!
いま FB経由でも情報等をいただいております。
それらとあわせて吟味し、検討します。でもほんとうにこのように情報をいただき、大感謝です!
ブログやっててよかった〜〜〜♪

明日は、(うまくいけば)抜糸なので、
イングー取材は火曜日からかな。

本当にどうもありがとうございます。
みんなの意見と経験と情報網を合体させて、必ずや、本当の意味で役に立つ犬種図鑑をつくってみせます!(でも時間かけすぎて、いつ完成するか、心配だーっ。涙。でも頑張ります)

  • 2012/11/18 (Sun) 17:49
  • ばど吉 #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する