Article page

by
  • Comment:0

新しいmacさん、プレビューで写真整理しているけど、縦位置が保存できないのはなぜ!?
うえ〜〜ん。だから写真をいっぱいアップするのが大変手間がかかる。つらいっ。ほかの手立てはないものか(涙)。

と、泣き言を言っているうちに、伊豆の記憶が薄れていくから、さぁ、アップしよう!

8月4〜5日、クパメルとオットと夫婦水入らず、もとい茶色の2コブ付きで行って参りました、東伊豆の「玉響の風」。以前、『クレア』犬特集号のときからお世話になっている、犬宿の老舗・カーロ・フォレスタのグループの新店です。当時からお世話になって広報のHさんは、ボーダーコリー3頭の飼い主さん。当日も、宿で会えました! お久しぶりです、お世話になりま〜す♪ (しかし、クパがボーダーちゃんたちを見てワフワフするから写真も撮れず! ああ、残念!クパのばかぁ)

東伊豆。往路の高速道路。東名高速、東京→御殿場間がずっと渋滞。えええーー、なんで!? いまはお盆に関係なく、夏休みをずらしてとる方も多いのね。たしかに土曜の午前だけど、みんな伊豆に海水浴かい?富士山麓で避暑かい?それとも御殿場のアウトレットかいっ?と言いたくなるほど、混んでました。でも、まー、急ぐ旅でなし。道中を楽しもうではないか。と、熱海でビキニのまま道路を歩くお姉さんなどを(オットは)眺めながら、進みました。

伊豆ぐらんぱる公園を過ぎたら、もうじきのはず! 注意深く左折のタイミングを見計らうと、小さな看板が。これ、ちょっとわかりにくいから注意。でも「隠れ家的お宿」なので、大々的な看板である必要もないかなと思った。おしのび感があって、これはこれでよい。

さ、まずは、犬を休憩させてあげよう。
カーログループの、山中湖や軽井沢のドッグランほど広くはないけど、でも、あるだけマシ♪ それにクパにとっては狭いというだけで、通常日本に多くすんでいる犬種には、問題はない。それなりの広さはあります。

クパメル、知らない場所に来て、大はしゃぎです。

16伊豆1
ただいま芝生、養生中

お宿の玄関は、こんな感じの、しっとり和風。
こ、こんな和風の旅館に、クパなんか連れて入って、い、いいんですかっ?と、びびる。犬宿に対しては小心者の私。

16玄関

でも大丈夫、接客係のSさんは、すごく感じのいい方で、犬の大好きな人。いまはダックスを飼っているそうだけど、春まではラブラドールと暮らしていたから、大型犬への愛と理解も深い。大型犬も扱い慣れている人と聞くと、ちょっと安堵する私。悪クパ、おきゃんすぎメルのこともたいそう歓待してくれました。

それに、玄関先に、ちゃんと犬の足洗い場もある。うむ、まぎれもなく、ここは犬OK宿だ。

スクリーンショット 2012-08-16 15.33.10

ドッグランはチップと芝だけど、足が汚れたら、こちらで洗えば大丈夫さ。

そして待望のお部屋へ。ワクワクとドキドキが入り交じる。ロビーでほかの犬がいても、クパ、冷静になっ。
でも、ここのお宿は離れ形式。メイン棟のチェックインカウンター前以外は、ほかのワンコたちとすれ違うことはない(短い距離の小道でたまたますれ違うということはあるかもしれないけど、イヤだったらワンテンポすらせばいいだけ)。これは、クパのような落ち着きのない犬には実にありがたい造りである。

中に入ると、わ〜〜、なんてセレブな!

窓から、相模湾が一望できる。しかもテラスに、マイ露天風呂! (風呂好きの私は真っ先にチェック!)

スクリーンショット 2012-08-16 15.33.48
“ぼ、ぼくは、お風呂、嫌いなんですけど”

おまえは入らないでいい。これはニンゲン様の浴槽である。
でも犬用露天風呂もあるんだって。うちのは風呂嫌いの犬なのであえてチェックにも行きませんでしたが、もし水浴びの好きなタイプの犬種ならきっとお楽しみいただけますよ。

スクリーンショット 2012-08-16 15.32.30

あああ、お部屋もこんなに広くて、家具もモダン・ジャパニーズな感じ。落ち着く。犬連れ旅行で茶マスクなのに、こんな贅沢な空間で、いいんですかっ!?(クパの飼い主、かなり小心者)
クパメル、頼むぞ、粗相のないようになっ!

だけど、万が一粗相しても、ここは許してくれる宿。犬も環境変化や疲れで、仕方のないときもあるんですよ、と実にありがたきお言葉。しかし、その言葉にあぐらをかいてはいけない。粗相を片付けない、申告しない飼い主は困る(これは取材してもどこの宿もそう言う)。失敗したら、ごめんなさい、そして自分できれいに拭き取る、次の犬にマーキングされないようニオイを消し去る、そして退出時に念のため宿に申告する(そうするとあとでさらに入念にそこを掃除してくれるんだって。そうだよね、次のお客様に悪いもの。それにニンゲンの鼻はごかませても、犬の鼻はごまかせない。二次災害を避けるために、正直な申告が大事です)。

まぁ、いろんな犬同伴許可宿泊施設はあるけれど、少なくともここの宿は、一般的なマナーと人としての常識のある飼い主なら、怒られることはありません。実は、メルも失敗しました。お疲れだったのか、ちょっとオシッコがこぼれちゃった。普段はそういうこと減っていたのに(避妊手術後、ホルモンの影響でおもらしがたまにあったが、最近は調子よかった)、でも旅先で緊張とか、水がぶ飲みとかして、普段やらない失敗をしてしまうことはあります。ついでにクパも玄関先で失敗しました。緊張感が高まったために、オシッコジャー太郎です。まぁ、ピッと出た程度ですんだけど。とはいえ、掃除掃除!

ここのお宿は、犬のアメニティーも充実。自分で持参しなくても大丈夫ってのが、ここの売りです。

スクリーンショット 2012-08-16 15.32.06

でも暑い季節のせいか、スムースヘアでも抜け毛が目立つ。クイックルワイパー、持ってくればよかった(涙)。掃除機かけて帰りたい、とお伝えしてみたら、「とんでもないです、私たちの仕事ですから」と、Sさんに言われたのが救い(涙)。
次回からは、室内でだけ、長袖洋服を抜け毛対策のために着せようと思った、ダメな犬ライターなのでありました。

スクリーンショット 2012-08-16 15.33.29

お部屋の冷蔵庫は自由に使えます。生食や手作り食持参の方は、助かるね。それに、この冷蔵庫の中に入りきらない場合は、預かってくれるそうだよ。さすが犬用セレブ宿、利用者の飼い主のレベルの高さを感じるね。
ちなみに、冷蔵庫の中のお飲み物、おつまみは、自由に食べていいとのこと。スーパードライもある(嬉)♪ なんだか太っ腹、といいますか、セレブ旅とはこういうことなのね。キャンプとは違うわね(←当たり前)。

ひととおりお部屋のチェックを済ませたところで、ほんとはすぐ露天に入りたいところだけど、それじゃー犬はつまんないから、クルマで5分ほどの城ヶ崎海岸へ散歩に行く。その模様は、アウトドア編の後半に書きましょう(カメラが違うから、写真整理がまだできてないのよ。涙)。

汗だくだくで海岸散歩から戻り、すぐお風呂に入りたいところだけど、もうじきお夕食の時間。なんと、私たちが泊まった「薫風」の間は、お食事がお部屋出し! ああ、なんてセレブな。というより、ほかの犬とバッティングしないことが何よりも嬉しいっ。落ち着いて食べられるもん!
ただしですね、お食事をお部屋出しではないほかのお部屋も、個室ダイニング形式なんだって。つまり、お食事処(もちろん自分の犬を連れて行ってOK)に移動する必要はあるけど、個室なので、ほかの家族や犬と同席することがない。ほかの犬に反応してしまうから落ち着いて食べられないとか、食事中のお行儀の悪さを他人に見られたくない(笑)とか、ほかの方に迷惑をかけたらどうしよう、と思いがち(私だけ!?)な飼い主さんには、個室ダイニングはすごくいいと思うな。

さーーー、お夕食は、フレンチ懐石だよ。

スクリーンショット 2012-08-16 15.30.48

相模湾の海の幸、伊豆の山の幸をふんだんに使ってて、美味しい。
海老は、今回は伊勢エビではなくて、オマールでしたけど。オマール海老のおつゆが絶品!

スクリーンショット 2012-08-16 15.31.31

無類の、エビカニ甲殻類好きのトール。最高に嬉しそうだ。
旅は、犬孝行でもあるが、オット孝行にもなる(笑)。

16デザート

デザートは2皿もきたよ。もう、おなかいっぱいだよ〜〜〜。
あやうく一人で白ワインを1本頼むとこだったけど、やめておいてよかった。さすがの私も、お酒すら入るとこがなくなった。
あ、今回はヱビスビールを頼んだけど、今度からは、伊豆高原ビールも飲めるようになるって♪ オープン前でまだ地ビールが入荷してなかったんだけど、次回は伊豆高原ビールを飲むぞ(もう次に来るつもりな私)。

さて、ニンゲンばかりごちそうを食べるのは良心の呵責があったので、犬メニューも頼んであげました。

16犬めし

生意気な。でもこれだけではどうせ足りないので、まぁ、クパメルにとっては前菜、程度ですけど(笑)。
犬も、知らない場所で、目新しいものを食べるってのも、よい刺激となることでしょう。

ちなみに木のスプーンが付いているけど、なんで?

あの〜〜。この食器は、犬が口をつけていいんですか? と、恐る恐る接客係のSさんに聞いてみると「もちろんでございます!」と言われました。ひゃ〜〜〜、すごいことになっているな、ニッポンの犬文化(妙なとこで感心というか、動揺する私)。

16おあずけ
“なんか、にーちゃんの方が、量が多いぞ” 一応、クパの方は大きいサイズにしました。体重差が10kg違うんだから、メルは贅沢言うな

よし、食べていいよ。よかったね〜〜、あんたたちもちょっとはセレブの仲間入りだね〜〜(笑)。

16ちらかしメル

と、思ったのもつかの間、なぜメルはそんなにこぼすっ!?? ガツガツしすぎ! セレブ犬からほど遠い!

16お行儀のいいクパ

意外なことに、クーパーさんは、お行儀がいい。まったくこぼさない。しかも、一皿づつ、順番に食べていく。

それに比べて、

16ちらかしメル2

あわわわ、お茶碗がお盆の上から場外になるまで舐めるなーー、それに、こぼしすぎーーー!

妙なところで、クパのお株が上がった食事タイム実験でした(笑)。

犬はそのあと、いったん満足して寝て、そのあと、もうひと遊び。
ソファー(犬用に茶色いカバーがかかっている。そこに、持参した大きめのビーチタオルを敷いたら、犬はそこは自分にスペースだとすぐ認識してくれた)で、おふざけプロレス。どうにもこうにも嬉しいらしい。新しい環境がワクワクしちゃうんだね、犬も。

16犬ソファー1

はしゃぎすぎて、クパが落ちた!

16犬ソファー2

ああ、もう。修学旅行の子どもが、はめをはずしすぎる感じ?(笑)。

そんで夜は、こないだも述べましたように、お風呂三昧。
さすがに私のウサギちゃん入浴シーンを掲載しても喜ぶ人は誰もいないので写真はありませぬが(笑)、海を見ながら、森をわたる風を感じながら、そんで浴槽のすぐそばにメルをはべらしながら入るお風呂は極楽でした(クパは自分がもうじきお風呂に連れ込まれると勘違いし、柱の陰から私を観察してた。笑)。
別に犬と入浴したいわけではないけど、犬を車内に残したままとか、室内に残したまま入ると、やっぱり犬のことが気になって、のんびりは入れない。必要最低限の時間でなるべく早く出てあげなくちゃ、と思ってしまうけど、ここなら、犬の様子を見ながら入浴できるから、気兼ねなくのんびりできる。犬も、飼い主がそばにいるから、勝手にくつろいでる。それがすごくいい。
それに、対ニンゲン的にもいい。オットは、私ほど長風呂ではないので、日帰り温泉では、いつも彼が先にでて、私やマチュがでるのをお座敷で転がって待っている。でもマイ露天風呂だから、けっこうトールも足湯で何気なく長く付き合ってくれたし、さすがに2時間を超えると(私ったらカバみたいに浸かりっぱなし)、トールはお水をとりに部屋に入ったり、また戻ってきたり、とかをしていた。男女混浴&お部屋にマイ露天は便利です。露天にビールも持ってきてもらえるし(うふっ)。

そのあと、犬が粗相をするといけないので、不本意ながらもう一度洋服を着て、近くをくるっと散歩して、夜中にオリンピックのバドミントン決勝を白熱して応援して、またお風呂入って、お喋りして飲んで、そのあとさらに私は浴衣で足湯した(骨折した左足が温まっていい感じなんだな、これが)。このまま露天風呂に入ったまま寝たい、と思ってしまうほど、気持ちいい。好き、露天風呂。
翌朝は、この私が早起きして、またお風呂入って、朝の散歩入って、また足湯して、の繰り返し。ほんと私、カバ化してました。マイ露天、万歳!

スクリーンショット 2012-08-16 15.31.49
“まだ寝たくないけど、もう眠い〜〜〜”と、船をこいでいるクパ。遠慮せずに寝ればいいのに(笑)

犬は夜、ちゃんとソファーで並んで寝てました。
人間用ベッドに入れるのはNGね。
何度かクパもメルも私の顔をのぞき込みにきた。「ここで寝るの? おうちには帰らないの?」って感じかな。
大丈夫だよ、今晩はここで寝るんだよ、と撫で撫ですると、またソファーに戻っていく、の繰り返し。まぁ、それもあって、私は早起きしちゃったんだけどね。

スクリーンショット 2012-08-16 15.32.51

クパは、朝の森から聞こえる、野鳥の声に興味津々。クパ、楽しいかい?

夜にザーーーっと雨が降ったからテラスが少し濡れている。
晴れていたら、星がきれいに見えただろうな。それだけが残念。次回の楽しみにとっておこう。

16相模湾

朝はいいお天気になった。
相模湾を望む。気持ちいいいいいっ。
は〜〜〜、これが本当の贅沢ですね。

16朝食

そして、朝食もお部屋出し。和食。伊豆に来たら、干物、食べなくちゃ。やっぱり土地のものは美味しいね。
朝からまたもや、おなかいっぱいに。
そんでまたお風呂に入る私(笑)。
チェックアウトぎりぎりまで、露天に入ってました。は〜〜〜、これだけ浸かったら思い残すことはない。

本当に素敵なお宿でした。
露天好きの愛犬家、ほかの犬とバッティングするのが苦手な方、海の幸が好きな方、大型犬でも和風旅館に泊まってみたい方……におすすめです。

たしかに宿泊費もセレブな金額だけど、それだけの価値はあると思う(by カバ花絵)。

次回は、平日にトールを休ませて行こう! と、目論んでいる庶民のばど吉なのでありました(笑)。

チェックイン後の伊豆の犬とのレジャー編は後半に続く!

玉響の風 
住所 静岡県伊東市富戸965
電話 0557-51-8201

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 0

Leave a reply