クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
クパ、学校をクビになった
2012年06月19日 (火) | 編集 |
今日、久しぶり(数か月ぶり)にクパ、学校へ行った。朝9:30〜4:00。
いつもどおり4時に迎えに行くと、若い先生2人が神妙な顔。

「クパちゃんのストレスになるから」と、退学を宣告された。
ガーン。

まぁ、朝から、クパのリードを渡し、私が去ろうとしたとき、別の若い先生はクパに引きずられて倒れ込んでしまった。クパのパワーは、犬種の中でもトップクラスなのは間違いない。
それに、クパの興奮の高さ、繊細さも、トップクラスだ。
犬の専門学校のモデル犬なので「手に負えないから今日で最後にしてください」と言われるのは仕方がない、と言える。ショックだ。だけど、しょうがない。

また興奮の強い犬、パワフルなオスは、去勢手術をしたら扱いがしやすくなる、という教えの学校(日本の主流な飼い方の考え方)なので、去勢していないクパは「だから去勢すればいいんですよ」ということになる。

でも私は、オスらしい性ホルモンが、筋肉を作り、老後の健脚さやそれにより運動を老犬になっても継続することによる免疫力アップや健康な肉体につながるなど、去勢しないメリットだってあるというヨーロッパ式の考えを持っているので、私がおばあちゃんになって犬のパワーに負ける日がくるまで、「コントロールしやすくするために(飼い主の都合で)去勢をする」のは最後の手段にしたいと思っている。

ジャーマン・ポインターが手強い犬種だと知ってる。体力も、繊細で敏感な性質も、素人向きじゃないのはわかっている。
ましてやそのオスはメスよりも、体力的、テリトリー意識的などが加味され、もっと手強いことも知ってる。

それでも、やっぱりショックだ。
学校に見捨てられるってのは。

まぁ、学校のモデル犬なので、クパ専用のカリキュラムではないから、学生の役に立たないからもう来ないで、というのもごもっとも。

しかし、一方で思うことは、トレーニング慣れした犬しか扱えない専門学校の生徒たちが卒業し、「犬の専門の勉強をしてきました」とトレーナーを名乗ることができる日本なので、それでいいのか、ということ。
小型犬専用、そこそこおとなしくできる犬専用の訓練士だとは、誰も名乗らないでしょ。
でも、飼い主が手に負えなくて困っているから、トレーナーに相談するんだよ、普通。

今日、この私ですらけっこうダメージを受けたんだもん、「やっぱりうちの犬は、プロにもダメ犬の烙印を押されるバカ犬なんだ」と嘆き、もしかすると捨てられる犬もいるんじゃないかな。
ああ、そういえば数年前、犬のトレーニング教室や犬の幼稚園で「手に負えません」って断るとこもあるって聞いたなぁ。そのときの飼い主さんの絶望ぶりが今日の私には想像できる。あるいは愛犬への嫌悪感が募るケースもあるかもしれない。


繊細なクパは、今日、夜ごはんのとき、やっぱりオシッコちびった。たぶんやるかな、と予想してた。かなり緊張した時間を過ごしたのだろう。
でも、「クパちゃんは飼い主さんが大好きだから、飼い主さんのそばを離れるのはストレスなんですよ」の意見はいかがなものか。飼い主が四六時中そばにいる生活は、現実的ではない。だからトレーニングをするんじゃないのか。私以外の人間にも、心を許す社会化トレーニングがクパには必要、それをしないとますますクパの心のキャパが小さく狭くなっていくから、モデル犬を志願したのに。

と、いろいろ悶々と考え、悲しくなってしまうのだが、
とにかくクビはクビ。いーもんね、負けないもんね、クパ、私と一緒にこれからも頑張ろう。
大丈夫、バドだって若いときはかなり大変だったんだから!
まぁ、当時は、犬界の重鎮・F山先生が、犬のことも、学生を育てることも、本気だったし、愛に満ちていたから、バドだってクビにならなかっただけな気がする(笑)。

19ゥパ
現在のクパ。心なしか、今日はビクビクしてる感じ。ま、いま東京は台風の暴風雨で、雨や風の音がすごいからかも

クーパー、頑張ろう。ダメ犬でもちゃんと家庭犬としてやっていかれることを証明してやろうぜ。

負けないぞぉ。

緊張と不安で情緒不安定なオシッコクパ太郎の心をいたわり、そして凹んだ私の心を落ち着かせるために、友人K子さんのコラムを読み、クパちゃんをいつも以上に撫で撫でしている台風の夜です。

「犬を撫でるということ、犬にとって撫でられるということ」

コメント
この記事へのコメント
NoTitle
訓練士養成について、まったくその通りです。クーパー君がストレスを抱えてるように感じるなら、クーパー君にとって、その場が楽しくもなく、落ち着けも出来なかったということなんでしょうね。カンナもダメだと思いますよ。吠えないだろうけど、終始オドオドしてると思います。ストレスで心臓や肝臓に影響があったらいけないので、クーパー君に向かないと思ったら方法を変えるのもワンコのためだと思いますよ。
2012/06/20(Wed) 06:59 | URL  | たれ耳隊 #Kn05stJQ[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/20(Wed) 12:17 |   |  #[ 編集]
ありゃま。
カリキュラムにそぐわない事例なんでしょうかね。
でもクパに適切な方法でないと意味ない気もしますし…。あ、モデル犬ということは「お客様」ではないってこと?ならば仕方ないかもですね。

元気出してくださいな♪他の飼い主さんには見えにくいことを勉強できるということで。なにか良い方法、見つかるといいのですが。。。ファイトです!

(追伸;去勢については我が家も目下思案中。いろいろな考え方があってどれも正しいと思えるので…難しいです)
2012/06/20(Wed) 14:13 | URL  | mari #-[ 編集]
NoTitle
今読んで、身体がワナワナ震えて、手が震えてキーボードが正しく打てない・・・
そんな学校行かなくていい!!!
クパっちはいい子です!!!!
去勢だって私だってしない!!
そうだよ!!私もそう思う!!
なんでもかんでも去勢避妊させる訓練士、獣医って、将来、犬がいなくなっていいのか!?って思う!
それをしなくても、きちんと飼えるのに、その努力を最初からしない、ただの人間の怠慢だと思っています。
ばど吉さん、落ち込まないでください!
見捨てられたなんて思わないでください!
その学校が、出来なかった!未熟だっただけです!
そのこの性格に合った方法を考えてくれなかったんです!!
やめてよかった!
マツも、同じです!
今の訓練士さんに、今時の若い訓練士さんなら、無理って言われるでしょう・・・って言われてます。
マツ、先生に連れ出されたら、訓練の公園から逃げ帰って来てました・・・
先生、汗まみれでした。
どうしようかな~~って色々考えて、先生が悪者の厳しい人になって、私が、褒める人になって、タケとは全く違う方法で、二人三脚で訓練もやってきたの!
今では、母に褒められるより訓練士さんに褒められる方が嬉しいくらいになった。
母に撫でてもらった後、必ず先生にも褒めろ!って言いに行く!
でも、先生にリードを持たれると未だに固まる!
そのくせ、ボール投げは先生の方が楽しいからって母が手を出して待ってるのに、
先生にボールを持って行く!
それなのに、家に先生が来たら隠れる。最近やっと、隠れなくなったかな。
それくらい、こやつらは、(多分クパっちも)賢く、人をみています!
ダメな犬なんていない!
クパちゃんのそのまんま全て全部!!
繊細で敏感で興奮の強いところも、問題行動と思わないで、受け止めて認めてあげて、
余裕を持ってね。
マツが、傘をさした人が陰から出てきて
ガウガウウォ~~!!って言う時、母はいけない!って治そうとしてたけど、先生は、マツ君は面白いね~~って笑うの!
そうか、その、ゆとりの気持ちが必要なんだって気付いた。
ママとクパちゃんの一番楽しく二人で出来る事をたくさん見つけて行くことを一番にしてね!
大丈夫!クパっちはマツの弟!最高に可愛い甘ったれの手のかかるいい子です!!
ああ、また熱くなってしまった・・・長くなってごめんなさい!





2012/06/21(Thu) 09:58 | URL  | マツタケ母 #-[ 編集]
名前だけのトレーナー
ママさんの考えに同感。ペットブームの中
出来上がった当たり障りのない犬を学校の教材に利用し、「ドッグトレーナーです」って
偉そうに言う。これかなり問題だと思うんです。
学校の管理者はこれについて真剣にかんがえていないんだな~って思いますよ。
要は「金目的、経営中心」
でもね実際、問題犬たちはシビアです。
テンションが高い犬ほど勉強のし甲斐があります。色々な犬で経験を積んで卒業してほしいと思います。
クーパー君など「お利口さん」に私の中では入るし、トレーニングしやすいと思いますよ。めげずに楽しくGOGO~v-221
2012/06/21(Thu) 10:30 | URL  | 渡辺ミント母 #SFo5/nok[ 編集]
フェラーリ
クパちんの退学はまぁ仕方がないかな、とは思います。本気で訓練をいれたければしかるべき施設や訓練士に任せればよいわけだし。
ただ、世の中の犬ちゃん達はみんな扱いやすいわけではないし、いずれ学生達が就職した先には当然こういった問題行動のある(人間にとって)犬もくるわけで。
学校って運転免許にたとえると普通車やオートマ限定の授業だから一般大衆に扱いやすい車しか運転できない。つまりポルシェやトラック等はそこから先、運転できるように自分で努力しなくちゃならない。
さしずめクパはフェラーリ。好きな人が苦労を苦労と思わず(金銭的な問題や道路事情も含めて)どうしても乗りたかった車。オートマ免許の人には貸せません。
みんな乗りこなせなかったのね。(と、かなり擁護してみましたが)
いろいろメンテナンスは必要でしょうがエンスーならぬケンスーめざして可愛がろう!
2012/06/21(Thu) 13:53 | URL  | たび吉 #-[ 編集]
負けるな
そんなことがあったのですね、くやしい気持で一杯です。学校に関しては、訓練士を目指すのであれば・・・ですよね!仰るとおり同感です。
ジャーマンポインターの事、理解してないのかしら?
クパの顔がたまらなく切ないです。
仕切りなおしですね!早くノビノビしたクパの笑顔が見たいです!
2012/06/21(Thu) 15:40 | URL  | ニライママ #MYO5saVc[ 編集]
みなみなさま、ありがとう。これからもアドバイスよろしくね
♪カンナちゃんち
ありがとう。そうだね、ストレスで免疫が下がって、妙な病気にでもなったら本末転倒だね。そういえば、ケージトレーニング中に、また足のキズ、舐め壊してた……せっかく治りかかってたのに。無理なスパルタはもう辞めます。ありがとう!

♪Kさま
なんで学校で学ばせていたのか、自分も自問自答し、次のブログに考察してみました。わりと途中、いい線いって、順調だったんですけどね。春からお呼びがかかる回数がめっきり減ったのです。春で、先生人事などがあったのかな。クパを好きで可愛がっている先生と、明らかに嫌がっている先生がいましたので、そういう空気がむしろ事を悪化させた気もします(クパはきっと察知するはずだ。私にばれるくらいなんだから、犬の方がもっと敏感に察知する)。そう考えると、繊細なクパを私のいない環境に長時間おく練習は無理が大きかったですね。
まぁ、災害時も含めて、般化トレーニングは大事だと思っていますが、クパにはまだ負担が大きいんだね。反省しました。
「クパは1日にして成らず」で頑張ります。

♪mari様
そうなの、「お客様」じゃないから(笑)。
でも、多くの学生さんに撫でられたり、脚側練習(リードを持たれる)したりって、個人トレーナーをつけるのでは得られない有意義な勉強だと思っています。
それに、クパがいるおかげで、いろんなダメ飼い主としての反省点・課題が自分の中で見つけられます。それは私にとって最高のネタであります(笑)。
負けないで、頑張りまーす。

♪マツタケんち
ああ、私の分まで怒ってくれてありがとう、きょうだいよ! そんなキーボードの手が震えるくらい(笑)。
トレーニング・チャンピオンの優秀なにーちゃんが同胎でいるんだ、決してバカな子じゃないんだ。が、あの日の私の小さな強がりでした。アハハ。マツにーちゃんが心の支えになったのはたしか。
男の先生が苦手だったマツも、ずいぶんいろんな方法を試して、いまにたどりついているんだね。やっぱり「ジャーポは1日にして成らず」だね。
それに傘びびりガウガウの件、「先生は、マツ君は面白いね~~って笑うの! 」、いいね。
私もクパの踏切でそれくらいのゆとりを持たなくちゃ。
きょうだい犬のエール(&一緒に怒ってくれたこと)、すごく心強いです! ありがとう。ダメ弟、にーちゃんのようになれるよう頑張ります。


♪ミントちゃんち
そうか、ほんとは、テンションが高い犬ほど、学生は勉強になるのか、そりゃそーだよね、いまのうちに(有料でトレーニング代をもらう前に)しっかりクパで勉強してくれればいいのに(笑)。
私も「金目的、経営中心」の養成期間は、マズイと思います。今後そういうトラブルが増えないことを祈ります。
ありがと、クパでも「お利口さん」の部類に入るなんて(それはたぶんないです。でも励ましと思い、素直に救われます)。でも訓練はポイントを間違えなければ、やりやすい犬だと思う。素直だし。親分の喜ぶ顔を見るのが最大の喜びの犬種だから。
あと、オフ会のコラムと同じで、こういうとき、同犬種や兄弟の励ましは、本当に心強いね。苦労を知っている人に励ましてもらうと、元気沸いてくるね。ありがとー!

♪たび吉
そーだねー。フェラーリ専用自動車学校はないからね。トレーナーのタマゴもまぁ、実社会で、師匠の訓練士の元で学んで一人前になっていくのでしょうし(そうあって欲しいものだ)。
オートマ免許しかない人は、クパを持つと転びます(苦笑)。ああ、誰も転んで骨折とかしないでよかった。それにしてもクパ退学連絡の際、君は真っ先に「誰かをケガさせたの?」を心配したよね(笑)。「ああ、よかった。学生さんがケガさせてクビじゃないなら、いいよ」って。ある意味、それは非常に正しい飼い主のリアクションです。
トールがいちばんクパのハイパワーを知ってるもんね。
いっぱい苦労して、いっぱい楽しんで、ケンスー目指そうぜぇ。ワイルドだせぇ。


♪ニライママ様
ううう、ありがとう、猟犬フレンドよ。
ジャーポへの理解は、ほぼないでしょう。それも問題だけど、日本では仕方ないね。モデル犬も、ラブラドールやトイプーが多いもん。いわゆるトールの言うところの大衆車ですね(笑)。
でもクパはもう大丈夫。オシッコちびりもその晩だけ。以前より回復も早い(バドの死んだあとは数ヶ月尾を引きましたからね)。
ぞうさんソング歌って、いっぱい撫でて、のびのびクパちゃんに育てます(のびのび過ぎもだめか!? ああ、難しいっ)




2012/06/21(Thu) 16:54 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可