Article page

by
  • Comment:2

日曜日。
大東京が熱くなる、東京マラソンの日。

28東京マラソン1
有明、ゴール直前を走るみなさま。がんばれ~~~~! あと少し!

ついでに言うと、都心の交通規制はハンパないです。
でも、たまには、いいじゃんね~。
しかもこの日だけ東京の大気はCO2削減になってるはずよ!

28東京マラソン2
カッコイイ白バイさんもパチリ。私はコレと同じVFR750に乗ってました。色は紺色だったけど

今年もトールとマチュは、保育園時代の友達とともに「瀬古&パンキース」のステージに登場!

28東京マラソン3
今年のステージは、会場を盛り上げるラストの順番。15時スタート!

彼らは、1月、2月の日曜日は、毎週のように練習に通っていました。大人のクラブ活動。
会社や学校や恐妻・恐ママの管轄を離れて(笑)、別のチームに属し、新しい人間関係をつくる、というのはすごくいいことだと思う。
私はクパメルと留守番しておくから、行っておいで~~~。と、送り出していました。

そして当日。
ああ、昨年の私は、松葉杖で駆け付けたもんさ~~~。

なのに、今年は、勇気を持って2頭びき! 無謀!(と、我ながら思う)

28東京マラソン4
“おとうちゃんのニオイがした気がするぞ~~~っ。どこだ、どこだ”

トールとマチュはステージだから、犬係は私しかいない。
暴れん坊×2&ちょいビビリのクパを連れていくのは無謀だと、同行は悩んだ。
ガタイのいい男の親友にも声をかけたが、ちょうど大学生のレポート採点をせねばならぬ多忙な週末のためフラれた。
仲良し犬友達は……犬の頭数が増えちゃうだけだし(笑)。よけい興奮されると始末に負えない。
うーむ。やはり無謀か。トールに反対される。

しかし。
たまの日曜日。
また犬を留守番させるのは、どうしても忍びないっ。

というわけで、無謀な私は、初志貫徹。
ものすごい人混みのビッグサイト周辺(歩道まで一方通行規制だぜ)を、2頭連れて(しかも骨折足はプレート入り)、頑張って進んだ。当初、なるべくよそ様に迷惑をかけぬようにと遠回りをして進んだのに、結局その先で歩道一方通行規制、みんなと同じルートを歩けと指示され、戻され、途中、泣きそうになる。ああ、やっぱり私、無謀すぎたか!!?

でも、意外と、頑張れた。
クパよりも、大変だったのは実はメルだった。
幼児、サッカーボール、風船を見て、いちいちはしゃぐメルさん。ぐわーーー。いい子にしてくれーーーっ。

けどね、マラソン家族のみなさまは、大型犬にも寛容で、いろいろな方に声をかけていただたりして、温かかった。もしかすると「いつもパパとマラソン練習の伴走をしていて、マラソンを走りきったパパをゴールに迎えにきた微笑ましい愛犬の図」と誤解されたのかもしれないけど(笑)。すいません、うちのパパは、42.195kmも走れませんて。

28東京マラソン5
“やっぱ、おとうちゃん、いたんじゃん! どこにいたの!?” 歌の途中にステージから降りて、握手で輪をつなぐパフォーマンス。でも、自分ちの犬と手をつないでて、どーする!

28東京マラソン7

1時間ばかりのステージ。お疲れ様!
今年は福島県浪江町に応援に行ったりして、絆を深めていたパンキース。今日は、逆にその浪江町の方がパンキースを応援に来てくれて。
震災や原発で大変なみなさまに「頑張って!」と軽々しくは言えないけど、だけど、浪江町の人たちが、クパメルの頭をわしわしと撫でてくれたのは嬉しかった。こんなんでも少しは幸せな気持ちになれますか。そうなら嬉しいです。
“I love you baby FUKUSHIMA, I need you baby FUKUSHIMA,I want to baby ぼくら~は~ 福島が好き~~♪”
私もステージ下で大声で合唱してました。涙でそう。(サンボマスター、魂の歌声)
去年の東京マラソンの2週間後に、あの未曾有の大震災が起きたんだよね……。

28東京マラソン9

歌や音楽は、平和じゃないとできないし、音楽は、誰かの心に響くパワーがある。
負けるな、福島。ふたたび福島に幸せな穏やかな生活が戻りますように。宮城も岩手にもね。

28東京マラソン8

そして、犬も……ちょっとは誰かの心を幸せにするパワーを持っているんだよ。

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 2

こぼずはうす  
お疲れ様ー!

今年も行かれましたか。お疲れ様でした。
昨年の3月は、あまり思い出したくない記憶ばかりです。
地震もそうですが、その3日後に父が他界し
あっというまに過ぎていった3月でした。
葬儀の合間に見ていた被害状況も
映画を見ているようでしたもの。
落ち着いてから見ると、大変な状況だったのだと認識できました。
今思えば、なんと独りよがりな、と感じますが。
当時は、自分、周りのことで精一杯でした。

2012/02/29 (Wed) 10:11 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
♪こぼずはうす様

昨年3月は、大変だったのですね……。
お悔やみもお伝えしていなくて心苦しいです。
一親等との死別は、想像以上にダメージが大きいと思います(トールがそうでした)。だから、独りよがりな、なんてことはないと思います。
もう1年、まだ1年。と感じられるのではないかと。
無理はしないで、ゆるゆると、そしていつかしっかりを
前に向かっていきましょう。

2012/02/29 (Wed) 19:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply