Article page

by
  • Comment:3

やっとこさ新聞用の原稿を書き終えた。ふぅー。ただいま某獣医大学の教授に、原稿チェックを送ったところ。
毎月、新聞にペットコラムを書き続けて、もう3年半になるかな。
我ながら、よくもまぁ、ネタに尽きないと思う。
でも、ほんとまだまだ知りたいこといっぱいあるし、伝えたいことは次から次へと溢れてくる。
いつまでもこういう場が持てるように、頑張って発信して、誠意をもって原稿を書いていきたいと思う。

……と、本日の仕事がやっと終わったところで、
日曜日に行った東京モーターショーのリポートを。
今日は犬ブログじゃなくて、車ブログ(笑)。好きな方だけ読んでって~♪

16モーターショー1

ビッグサイトでのモーターショー。久しぶりねーーー。キャーーー、ワクワクするぅ。

ビッグサイトは、今年の2月、東京マラソンのパンキース(トールたちのお歌の会)の応援に来て以来。あのときは、両手松葉杖のかなりの重症患者で、ビッグサイトの階段の多さに泣いたもんでしたが、今ではこんなに元気に歩けてる(喜!)。だけどそれでも階段にはまだ要注意さ。

と、思ったら、階段の下にいきなりマックィーン号が!! きゃーーーー。実物大よぉ! 子どものように大興奮する私(←お馬鹿な40代)。マチュに「ママ、階段から落ちるよっ」と叱られる。

16-2まっくいーん

ああ、夢が溢れる。クルマって、子どものロマンがつまっているのよ(大人のロマンも)。

おっと、ついマックィーンに吸い寄せられちゃったけど、次はとにかく我らがプジョー・ブースへ!
なんてったって、今回、シライシ家3人に招待券を送ってくれたのは、犬友達兼車友達のHさん。プジョー・シトロエンの広報のために国内外を駆け回る、鼻ぺちゃラバーよ(マチュを鼻ぺちゃの世界に誘った張本人ともいう)。

16-33008.jpg

↑ 3008 ハイブリッド。うん、実物、なかなかかっこいい。写真で撮るよりかっこよかった。コックピットもスポーティでカッチョイイ。今回のモーターショーは、エコカーがないメーカーは出展できなかったそうです。だから、イタリアのメーカー(フェラーリ様とか)がいなかったのね。

16あーるしーぜっと

↑ RCZのエンジン。RCZは、外観も最高にしびれるが、エンジンを見るだけでもしびれる。マチュは「次はこれにしよーよ」と言う。「パパとバリケンが積めないじゃん」と言うと、「じゃ2台目」と、さらりとのたまった。ママだって欲しい。

16-4しとろえん

↑ シトロエンさん。このカラーリング、かっちょいいい。日本でもこういう遊び心あるボディカラーのクルマ、もっと公道走ってほしいもんです。

16-5みにかー

↑ これくらいカラフルなクルマがいっぱいいたら、元気がでそう。可愛いミニカーたち。
ちなみにこれは、これまた犬友達兼車友達のジョジョんちがお勤めの原工房さんが手作業で塗ったらしいぞ。素晴らしい。心躍るディスプレイ。

16-6とよた

↑ トヨタブース。ドラえもんとのび太(恐らく等身大)が飛んでいるのが見えますかー!
右下には、どこでもドアも!
それにしても、最終日の午後だったのに、すごい熱気だー!!

16-5どこでもどあ

↑ やっぱり並んでても通りたいよね、どこでもドア。
前日、前々日と発熱のために学校休んだくせに「絶対モーターショーには行く」と言って、譲らなかった娘。
マチュはマチュだけど、やっぱりカエルの子はカエルなのかもね。犬とクルマが大好き。女子なのにね~(犬もトイプードルとかキャバリアとかのラブリー系ではなく、ガツンとマッスル系好きだし)。

16-7るのー

↑ ルノーのキャプチャー。うひょーー。
タイヤ、薄っ。ドアの開け方、すんごいですな。うちの車庫では無理ですな(笑)。
業務連絡:ジョジョんちへ。キャプチャーのリアビュー、ほんと「うひょーーー」にしか見えなく思えてきた。爆笑。

ああ、もう人が多いし、時間はないし。駆け足する丈夫な足もないし。マチュはすぐきれいなコンパニオンのお姉さん目当てでスーッとステージ側に消えるし(なぜ女子のくせにコンパニオン狙いなのか不明)、トールは反対側のマツダのコンセプトカーが見たくてスーーーッといなくなるし。おいおい、おまえらーーー! 私だってもっと見たいのにーーーーーっ。マチュを迷子にさせるわけにはいかない母心。葛藤。あっちにはトラックコーナーもあるのにーーー! (私はパリダカなどのでかいトラックにもしびれます。またトラックの顔だけのやつにも萌えます)

16にんじゃー

↑ おっと、忍者だ!弟・Hに写メ、写メ!!
ちなみに、弟Hと私も、限定解除持ってます。Hは、カワサキ派。乗ってたのはニンジャ1300だったっけ?
私はホンダ派。VF400→CBR250→VFR750と乗ってました。ああ、懐かしや。
ついでにもう一人の弟Sは、いまは亡き2スト好き。スズキ派。ガンマ。峠の王者だったよね。ああ、懐かしい。あの音、あのニオイ。もういまは感じることはできないのね。(排ガス規制でもう2ストは製造禁止なんだっけ?)

バドたちと暮らすと、バイクには犬は乗せられないので、すっかりご無沙汰。まだ体はバイクの運転、覚えているのかな。あんなに頑張って限定解除とったのにな。ま、それも青春の思い出か。

16-7あうでぃのるまん

↑ アウディのル・マンにでた本物! キャーーキャーキャーーーーッ。なんてカッコイイの!!!

16-8びばんだむくん

↑ このビバンダム君も一緒にル・マンを走ったのねーーー。
レースタイヤのビバンダム君は大きいんだね。やっぱり庶民のビバンダム君とはちょっと違う(笑)。

16-9ぽるしぇ

↑ そして閉場時間5時ぎりぎりにポルシェ・ブースへ。やっぱポルシェ・ブースは寄っておかないと!
しぶーーーい!
私は、このクルマに釘付けになっているとき、あやうく迷子になるところでした。(トールとマチュは関心がなく、先先と進まれてしまったため)

そんで最後、閉場時間を過ぎたあと、またプジョー・ブースへ。ジョジョんちたちが、撤収にくるというんで顔を見に。Sちゃん、お疲れ様でーす。

最後にまとめ。
最終日の午後にのらりくらりと出かけたのに、とにかくすんごい人出でびっくりしましたよ。
まぁ、閉幕前の最後のフィナーレがあるため、そういうのを知っている観客やマスコミも多かったんだと思うけど。
日本は景気がよくないって言うけど、なんか、こう、出展側の自動車メーカーも、自動車好きの観客側にも、これだけパワーがあるなら、まだまだ日本も捨てたもんじゃない気がしました。
東北の自動車部品メーカーさんにもこれからもいっぱい頑張ってほしいです。日本の巧みの技は世界一だと思ってる。私とマチュは、ベアリングのメーカーさんのブースでもけっこう遊んでました。

クルマ好きというと、エコではないので叱られちゃうこともあるんだけど(笑)、
やっぱりクルマが大好き。なんでだろーね、このDNAは。
私にとってクルマは、未だに豊かさの象徴、ゆとりの象徴、そしていちばんは遊び心の象徴なのかもしれない(犬は、もう生活必需犬というか、生活に欠かせない相棒なので、クルマとはまた違う存在)。
とにかくニッポンのクルマ産業、頑張ってほしいな!

ほんとの最後に。

16-13あうでぃくま

アウディのフィナーレで、ステージ上の美しいお姉さんから、アウディくまちゃんを手渡しでプレゼントしてもらったマチュ。ちゃっかりしてんなーー(笑)。
発熱に負けず、ここまでやってきた甲斐がありましたね、マチュ。
アウディさん、ありがとう。

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 3

こぼずはうす  
さっぱり。

私には、車の中身についてはさっぱり。
ちんぷんかんぷんでございます。
昔の国産車であれば、だいたいの車種は
いえましたけど、今の車は見た目が似てる。
なので、もう、さっぱり。
セリカ、ソアラ、MR2とか燃費度外視で
かっこ良く作ってたバブリーな時代もあったというお話。

2011/12/17 (Sat) 09:00 | EDIT | REPLY |   
ひらふくおんな  
大混雑だったよねー

混雑していて大変だったでしょ?でもご来場、ありがとうございました。クルマ業界はこれから過渡期に突入すると思うけど、応援してくださいね。ようやっと人いく着けそうになってきました。激動の2011年。あ、花絵さんも激動の年だったねー。思いで深い今年も、あと数週間だねー。

2011/12/17 (Sat) 11:43 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
クルマは~楽しい~~~

本日、仕事のあと、首都高を飛ばして、わが家の金ちゃん号を車検に出すためにクルマの工房に持っていきました。
夜の首都高、ひとりでドライブするのは、もしかして、私の最もストレス解消法かもしれませぬ。すんげー楽しくて、このまま遠くへ行きたくなりました。ああ、なんてクルマってfun to drive!

♪こぼずはうす様
セリカ、ソアラ、MR2って、まー、あなたってば!!!
同世代のブイブイ走り屋さんじゃないですかーーー!
トヨタ派ですね! ハチロクは!?
それにしても、ケリー先生もそうだったなんて!
カモノハシなのに!?(そこは違うか。笑)。
あ、もしや彼氏の影響もあったりして(私が二輪にはまったきっかけは正直当時の彼氏ですとも)。
あ、よく読むと、ケリー先生は、運転してないのかな?

私はクルマもホンダ派だったので、CR-Xを2台乗り継ぎました。
たしかに、あの頃のクルマは個性があった。よりFUNだったような気がします。バブルは、環境問題的にはいろいろ難点があるものの、ニンゲンの遊び心の膨らみという点ではいい時代でした。
ほんと、いまのクルマは、工場ラインや部品の共用化などのために、デザインも中味も似たり寄ったり、無難になっているので個性が薄らいでて寂しいです。

♪ひらふくおんな様
このたびはインヴィテーションしていただき、ありがとうございました! 
シライシ家、大興奮の1日となりました。久しぶりにマチュとも楽しい休日を過ごすことができました。ありがとう!
それにしてもすごい人出でしたが、疲れなかったよ。むしろパワーをもらいました。
そうね、私も今年は激動の1年(骨折回復期とバドの死だけだけど)でありました。そうかぁ、あと半月足らずなのね。はやっ!
んで、いつ飲むー?
ちなみに、本日、うちの可愛いプジョー金ちゃん号は、原さんとこに車検入りでーす! 車検から帰ったら首都高走りにいきたーい!
(ひらふくさんは、今から慣らし運転で忙しいとあったけど、仕事なら大変かと思うけど、でもでも、仕事でもなんでも長距離ドライブできるのは楽しそーだな!いいな!)






2011/12/18 (Sun) 00:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply