クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
気になるイベントのご紹介
2011年11月14日 (月) | 編集 |
は~い。月曜日ですな。昨日も(一応、おとといも)仕事だったくせに
月曜の朝がチョーブルーなのは、昔に染みついたサラリーマンの習性でしょうか。
あるいは、平日出動のトールやマチュの気持ちに、犬みたいに同調してしまうせいでしょうか。
やれやれ、でございます。

さて気を取り直して。
イベントを紹介します。

原発問題に関心のある方へ!
私の古巣のWWF Japan主催のイベントです。

WWFジャパン・エネルギーシナリオ発表会~100%自然エネルギーの将来は可能なのか~
日本は将来に向けて、どのようなエネルギー社会を目指すのか?

2011年11月18日(金) 14:00~16:30 (13:30受付開始) 要申込 参加無料

場所は、西新宿の住友ビル。
私も行きたい! しかし先に決まっていた仕事があり、いまどーしたものかと思案中。都合がつけられればいいのだが。

うううーん。でもこれから日本国民がどうエネルギー政策と向き合っていくのか、本当に重要な案件だと思ってます。

100%安全だって、言い切れる原子力発電所があるわけないじゃん。
100%安全で、大地震があろうが人的ミスがあろうが、未来永劫、絶対に事故を起こさず、近隣住民に避難命令をださず、日本の国土の1/3、1/2、もしかしたら全土、もしかしたら日本海や太平洋やもっと遠くの海や空に、本来自然界には降り注ぐことがないはずの遺伝子や細胞を壊すような危険な放射性物質をばらまくことはないって言い切れる原子力発電所があるのか? あるわけないじゃん。
なのに「安全」という、日本の電力会社や政府。何を根拠にそんなことが自信満々に言えるのか不思議。
だいたい何かあったときに、補填するのは、日本国民の税金か国債(それも税金だ)だよね。福島の人に誠意を持って対応するって、誰のお金よ? 政治家や電力会社の人の財産は痛まない。そのくせ現時点では庶民感覚からかけ離れた高給もらっているわけで。責任の所在がおかしい。

なによりもいけないことは、大事な人命や動物の命や生態系がものすごい長い年月にわたり、危険に晒されるってこと。そのリスクをないがしろにしてませんかね。
繁殖能力がなくなったり(低下したり)(ニンゲンも含む。野生動物も同じ)、ガンなどの発症率が増えて本来なら生きられる寿命が短くなったり、奇形が増えたりしても、因果関係が証明される頃には政治家も電力会社の幹部もその頃にはこの世にはいないだろうから、責任は問われない。

そーいうのは、いけないと思います。

だから、みんなが自分の問題として、向き合うべきだと思います。
経済優先のために、失ってしまったものはなにか。
ちゃんと考えて、シフトした方がいいことは、素直に、柔軟に、切り替えていく知性と勇気が必要だと思います。

業務連絡:Mr.J、頑張ってね。私もぎりぎりまで調整してみる。これを書いてたら、やっぱりどうしても行きたくなった。

14くぱ
“ままがいつになく、真面目だな"

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可