Article page

by
  • Comment:13

メルレポートがすっかり後手後手になってう(汗)。

たしかに外陰部は手術後、1か月、小さくなってきました。
乳首はそのまんまかな。わずかにしぼんだかな。

それよか持続性発情のため、子宮と卵巣を摘出したのが9/26なのですが、
10/20に撮影したメルのおなかの傷跡を見ると、
あ~ら、びっくり、こんなにきれいにくっついてる!

1すっかりきれい

どこが縫い目かほとんどわかんない。
私の骨折縫い目のフランケンぶりとはえらい違い。
犬だから再生が早いのか、若いから回復力がすごいのか。
ともかく、メルの復活ぶりには驚いた。
H先生の縫い方も上手だったからかも。感謝だ。


だけど、先週末から、メルにアレルギー疑惑勃発。
痒がらないけど、胸の白い部分が剥げてたり、内股が線対称に脱毛しているのを発見。
アゴの下や耳の中もそういえば赤い。今まで「眠いんだな」くらいに思ってたけど、そういえば寝る時間以外もずっと赤い。
スムースヘアは、皮膚トラブルで苦労している犬は多い(ワイマやドーベルマンでもたまに聞く)。
それに短頭種のスムースヘアであるフレンチブルやボストン・テリア、白が多いブルテリアやドゴ・アルヘンティーノなどは、けっこうアレルギーでお悩みの子も多い。ボクサーはまわりに今まで少なかったから勉強不足だが、先日青山で出会ったオスの子もアレルギーで夏はちょっと大変だったと言ってた。

あちゃー。
私のようにずぼらな飼い主にとっては少々辛い。
食事管理、薬浴など、とっても手間暇をかけてあげないといけないからね。こりゃ、困ったぞ。

と、思って、まずメル実家に電話。
親戚一同のアレルギー体質を確認。こういうとき、よいブリーダーさんから犬を譲ってもらってて本当によかったと思う。遺伝性疾患や血統による体質、好発する症例の情報が聞けるのは、傾向と対策を練る上で最良の情報源だ。

幸い、メル親戚には、今までアレルギー性皮膚炎で苦労した子はいないという。
ただ、従兄弟が1歳未満の夏に、少し皮膚炎になり、投薬であっさりひと夏で治った例があるという。若いときの免疫低下などの影響か。ならば、いまメルは避妊手術後でホルモン量も大幅に変化したときだし、免疫も下がったタイミングでもあるから、一時的なものかもしれない。そうならいいな。

というわけで、とりあえず、いつも同じ食事やチキンジャーキーをあげすぎはよろしくない、と思い、急遽、メルだけドライフードの銘柄変更。ボッシュ社のライフプロテクションシリーズの「ライフケア」を急いで注文してみた。ちょっと高いけど、メルのためだ。クパは高いのは食べなくてよいぞ。
あとトッピングもチキンばかりはやめてみよう。ついつい鶏肉はスーパーですぐ買えるし、豚肉と違って生で与えられるし(生なら骨もOKなのだよ。加熱したら骨は絶対にNG だけどね)、ジャーキーにもしやすいから、あげる量がどの肉より多い。特定の肉や食材を偏ってあげるのはよくないから、またバーフのカンガルー肉とかを注文してみよう。あとは、北海道の羊の生トライプとか馬肉だね。(業務連絡:カオスんちへ。シカ肉、イノシシ肉、大歓迎でございますわよ。うふふ) 今度、ウサギ肉やターキーとかにも挑戦してみるか。

昨夜は、イサキのお刺身のへっぷりも入れてみた。
魚もあげてみよう。玄米ごはんも今まで以上にあげてみよう。リンゴとかフルーツもね。
(業務連絡:リッピママほかアレルギーにお詳しいみなさまへ。皮膚にいいフード、オススメを教えてくださ~い)

フードを変えて、4日もすると、顎下の赤みがなくなった。
すぐには体質は変わらないものだけど、ひどくはなってない。よかった。この調子でいろいろと、のらりくらりとやってみよっと。
あとは、ストレスを減らして、免疫力アップだね。


でもね、訃報も聞いた。
メルのおばさんが9歳かな、急死したそうだ。
ショック。
メルのおばあちゃんは12歳近くまで生きたから、特別に短命な家系ではないけど、やっぱりボクサーは、頑丈なポインター一族よりは短命なのは否めない。しかも「ボクサー心臓」という病名にまで犬種名が使われちゃうほど、心臓疾患が多い犬種。わかった上で、ボクサーを選んだけど。やっぱり怖いし、心配だ。ボクサーといい、キャバリアといい、コンパニオンに適してて諸外国で家庭犬として人気のある犬種に心臓疾患が多いのは、実に悲しい。天は二物を与えない、という感じかしら。

でも、そういうことも調べた上で、ボクサーを迎えたのはシライシ家の判断。
だからマチュに言い聞かせました。
「メルはね、バドみたいに16歳までは生きないよ。もしかしたらバドの半分か、長くてもバドの2/3しか一緒にいられないはず。だからね、時間を無駄にしちゃいけないよ。バドの2倍のスピードで人生を駆け抜けていくかもしれないから、今日はくたびれたから明日こそいっぱい可愛がるとか、試験が終わったらいっぱい散歩に行く、とかいうのはダメ。メルも自分も後悔しないように、毎日を大事にしなさい」

すでにメル・ペットロスを回避すべく、後悔しないようにいっぱい精一杯可愛がる生活を心して実行しておかないといけないと思ってる。(気が早いとは思うけど。私がいちばんメルとの死別が怖いのかも。マチュのダメージも想定しちゃうしね)

1アレルギー疑惑
“とか言って、13歳とか14歳とかまで、わたち、生きちゃうかもよ~" にやり

どんなドラマが待っているかわからない。
だから、いまの1日1日を、大事に可愛がってあげよう。


というわけで、いつものメルレポートは続きで。

**************************

9月26日手術。術後26日目。
10月22日21:30の様子。

10-22のメル

タテ52ミリ×ヨコ50ミリ。
(タテは、毛の生えてない横筋より下を計測)
(ヨコは、前回同様、いちばん太い部分を計測)

タテ60ミリ×ヨコ70ミリ(9/29分)
タテ47ミリ×ヨコ58ミリ(10/13分)

あれれ、タテが長くなってる?
いやー、これは明らかに計測ミスだと思います。
着実に小さくなってる。
腫れぼったさも全然ひいてきた。
幅もずいぶん縮小してます。

H先生、大学祭にお邪魔したかったんですけど……
肝心のマチュがまたもやボーイスカウト・キャンプで不在ですので行くのは辞めようと思います。
でも、いつか先生に見せたいなぁ。メル実験動物(痛くない実験動物)。笑。

撮影は、2人がかりでやらないといけないので(ひとりがメルを抑える係、ひとりが撮影&計測係)、メルレポート、なかなか順調に進んでおりません。あしからず。


*******************************

全然別の業務連絡:リキちゃんちへ。
競技会、応援に行きます! 取材もしちゃうかも。
メル実家にも伝えたけど、詳細わかったらぜひ教えてください。頑張って早起きします!

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 13

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/11/01 (Tue) 21:25 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
は~い

さっそくのお返事ありがとうございます。
でもリンクが開けない。あとで調べるね。
楽しみにしてます!

2011/11/01 (Tue) 23:29 | EDIT | REPLY |   
こぼずはうす  
業務連絡

あれ!明日は、お会いできないのかしら。

メルちゃんの外陰部、私の予想通り小さくなりましたね。
今の状態を直接見てないからわからないけど
少し大きいけど、異常ではない程度の大きさになると思います。

2011/11/02 (Wed) 09:28 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/11/02 (Wed) 12:12 | EDIT | REPLY |   
たれ耳隊  
No title

英ポの菊花は子犬の頃、軟便で太らず、アレルゲン検査をしたら、鶏肉ダメでした。調べる前からラム&ライスに変更はしてたので、軟便は改善されてましたが、アレルギー反応は、ラム、玄米、大麦、コーン、七面鳥、マグロ、人参の数値が高め。「フードに入ってるものばっかり。何あげたらイイの~。」という感じです。ギョウギシバやヒノキも数値が高いです。芝生の上で伏せをさせたら、お腹に発疹が…。ヒノキのチップのドッグランもムムムです。シャンプーも薬用シャンプーに。しかも、徹底して洗い流さないとブツブツが。メルちゃんのは、一時的なものであるのを願います。

2011/11/02 (Wed) 16:23 | EDIT | REPLY |   
あっちょん  

いつも読み逃げで失礼します。バドちゃんの訃報をブログで拝見して、コメントをしようと思っていても言葉が思い浮かばずに申し訳ありませんでしたm(__)m

話は変わりますが、美味しい情報です。最近利用していて、ウサギやターキーも売っている肉屋さんhttp://www.gen-meat.com/

飼い主用も盛りだくさん、ラムチョップも美味しかったですよ!

2011/11/02 (Wed) 22:12 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
遅くなりまして

♪こぼずはうす様
昨日はどうも!!
お会いできて嬉しかったです。
次回は、もっとゆっくりできたらいいですね~。
うちが「●犬会」に参加させてもらうしかないか!

♪カギコメママ様
ありがと~ございます。なぜカギコメ? なんかやばいの?
またご連絡お待ちしてますね。
ボクサーはほんとチャーミングないい犬です。
しかし昨日、メルの成犬になって「やってくれるようになったな」の一面を発見。
詳しくは今度のブログで(笑)。


♪たれ耳隊様
英ポさん、けっこういろいろアレルギーでてますね。ああ、気の毒。そんなにいろいろアレルギーでたら、食事管理が大変だね。よく頑張ってらっしゃる。えらい!
ポインターでもでるんだね。クパはいまのとこ全く平気。クパ妹は?
ジャガイモやサーモンベースのフードもあるよ。
うちも今度たまにはそういうのも与えてみるつもり。
必要なら紹介するので連絡してね。


♪あっちょん様
ありがとうございます! なかなか素敵な食材屋さんではありませぬか!
カンガルーの生肉もある~! ウサギもある~。素敵!
今度利用してみます。有益な情報をどうもありがとうございます。
(私もラムチョップ食べたい♪)

バドのこともありがとう。



2011/11/04 (Fri) 11:26 | EDIT | REPLY |   
mari  
No title

メル、術後の回復は順調みたいで良かったですね。が、アレルギー疑惑とは…愚娘は今のところは大丈夫なようです。公園の常連さんで草アレルギーのボクサーちゃんの話は耳にしたことはあります。飼い主さんはさぞかし心を砕かれることと思います。大事に至らないといいのですが…。初代ボクサーは11才まで生きました。昔気質な両親のもと、今考えれば恐ろしいほど大胆な食生活、住環境でしたが、死ぬまで健康優良児でした。

2011/11/04 (Fri) 18:31 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
♪mari 様

ビーちゃんは皮膚は丈夫なんだね。
ちょっと勇気をもらえました。
メルも、一過性であることを願ってます。
草アレルギーも可哀想。
うちみたいに野犬(笑)に育てている家庭には、草アレルギーは深刻な問題になります。
初代ボクサーは11歳かぁ。
メルもそれくらいは生きてほしいな。
ご両親の、それくらいおおらかな管理方法の方が
私はきっといいんだと思いますよ! 私も見習いたいです。(って、私もかなりおおらかな“大雑把な"管理法ですが。

ところで、どーよ、ボンちゃんは! 元気にでっかく育ってるかい!?
私も最近なかなか忙しいけど、ボンちゃんに会いたいよぉー。
BBQには何が何でも参加しなさい!

2011/11/04 (Fri) 22:15 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/11/06 (Sun) 05:53 | EDIT | REPLY |   
ひらふくおんな  
アレルギー

メル、大丈夫かしら?
実はコキチはちびの頃、アレルギーがひどくてとっても苦労しました。耳の中は何となく赤い、小さな湿疹があったりして・・・・。痒がったり、ハゲが出来るほどではなかったけど、明らかに前足付け根の皮膚が赤かったりして、可哀そうだったです。

病院でアレルギー検査をして、アレルギー反応する食材を廃したフードに変更しました。
花絵さんは知っていると思うけど、この検査をすると、食べさせて良いフードが一覧となって出てくるんです。結局彼には準食事療法食を与えていました。

でも飼い主って調子に乗るもので、「お。アレルギーが回復したから市販されている良いフードに替えよう☆」なんて思って、BOSCHとか与えていたら、結局また赤みが出てきたりして(泣)
行ったり来たりでした。
そしてアレルギーって、ちびの頃と大人の頃で反応する食材が変わってくるんです。その後コキチ、5歳の頃に再びアレルギーテストしたら、食べられる食材が増えていました。
でもやっぱり今でも、ロイヤルカナンの準療法食を与えています。
本当はBOSCHとかアニモンダとか食べさせたいんだけど、アレルギーとは一生付き合わなくちゃ行けないから、フードを変える勇気が出なくって・・・。

今は、準療法食をローテーションさせて、コキチが飽きないようにしています。お陰で今は、皮膚の赤みも発症せず、元気に毎日過ごしています。
あ、でも顔にお尻にと、白髪が相当増えましたよー☆。

遊びに行きたいなー。東京モーターショーが終わる12月かなー。

2011/11/06 (Sun) 09:04 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
♪カギコメ様

了解~!
あとでhp見てみます。

2011/11/06 (Sun) 14:57 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
♪ひらふくおんな様

コキチもそうだったのか!
私が見たかぎり、コキチさんは肌、きれいそうに思えてました。
やっぱりスムースヘア短頭種、肌の弱い子、多いね。
アレルギーと診断されたら、フードを変える勇気が出なくなるって、わかりますよ。怖くなりますよね。
それもあって私はまだアレルギー検査をする勇気すらでない。断定されるのが怖くって。また自分がその診断に縛られてしまうのも怖い。本当にアレルゲンを確定するのは本来、消去法で食事管理をして半年かそこらかかりながら突き止とめていく作業が必要だと専門医がおっしゃっていました。大変な道のりです。

いまんとこ、メルは赤みもなくなり、いい感じです。
このまま、へらへらと解消されることを祈りつつ、今日は、羊肉にしてみました(笑)。

白髪はしょーがないねー。
ともに過ごした時間の経過の勲章だと思いましょう!

モーターショー、3008ハイブリッド、見たい~っ!
でも骨折リハビリ中女は、ビッグサイトを歩き回る勇気がでないーーーっ。

2011/11/06 (Sun) 15:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply