Article page

by
  • Comment:0

日曜日は、青山の国連大学前広場で毎週末開かれているファーマーズ・マーケットの一角で行われている保護犬の譲渡会の取材に行ってきました。

25ファーマーズマーケット

そんでいま、一生懸命原稿を書き終えたところ。
毎度のことながら800字におさめるのは苦労する。

そのあとちょっと確認したいことがあって、取材協力してくれた方に電話をすると……、
あの場では決まっていたはずの某大型犬、「やっぱりやめるかも」と取材後にペンディングになったそうな。

えええー。そうなんだ。残念。またあの子、「飼い主募集中」になっちゃったんだね(涙)。
それに、これは私の勝手な都合だけど、せっかく感動的なハッピーな文章に仕上がっていたのになぁ。書き換えなくちゃ、だめか(まぁ、最終決定は今週中とのことですが)。

だけど、犬をおうちに迎えた後にすぐ「やっぱりやめたい」となるよりはいいか。よく考えた方がいい。躊躇するなら、じっくり検討した方がいい。
でも、やっぱり殺処分寸前の犬たちが安息の地を得るのは、イバラの道、狭き門なんだなぁと、改めて実感。せつない。難しいね。

でも、取材日には、正真正銘、ハッピーな終の棲家を見つけた子にも出会えたよ。

25幸せな第2の人生

白いチワワの響ちゃん。先住犬の茶チワワのタカちゃんちの子になって、もう2年。
当日は、お世話になった愛護団体さんに挨拶がてら遊びにきたみたい。
とっても懐の広い、温かい飼い主さんちに見初められて、本当に響ちゃんは強運な子だね。
これからも幸せにね。

私の書いた原稿は、来月上旬以降に、新聞に掲載される予定です。
「これかなー?」とピンときた全国の地方新聞などの読者のみなさん、よかったら教えてください。

そして譲渡会当日、最も私の心をつかんだのは、この子。
プロットハウンドらしき、いちごちゃん(メス)。

25いちごちゃん

耳が長くて、人なつこくて、最高にチャーミング。
ああ、なんて可愛い。でも、3頭目はトールに離婚されちゃう。

いちごちゃんも、幸せになってほしい。

では、いちごちゃんも掲載されている、今回お世話になったアニマルプロテクションさんのhpはこちら
ちなみに、11月20日は、新横浜駅近くの新名所・ラーメン博物館のお向かいにあるレストランで、アニマルプロテクションさんの譲渡会が開かれるそうですよー。詳細は同じくhpで確認を。


捨てられる犬が1頭でも減るように、頑張らなくちゃ。

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 0

Leave a reply