Article page

by
  • Comment:9

左下肢の脛骨&腓骨の粉砕骨折から本日で丸1年
今日は、骨折記念日です!!

23骨折3

痛かったよぉ。つらかったよぉ。長かったよぉ。涙涙。

7仮出所

バドのために足が腫れて、縫い目も塞がってないのに、強引に退院したよぉ。
オットやマチュや近所のお友達にさんざん迷惑かけたよぉ。

思ったよりもひどくて、なかなか縫い目が塞がらず、足に体重をかける許可も進まず、リハビリも難航した。
無謀にも1か月で退院したけど、縫い目が完全に塞がり、感染症の心配がなくなり、1/2加重になったのは、2月か3月のはず。正当なルートでいくと、私は昨年10/17から約4か月入院の立派な重症患者だったらしい。

結局、松葉杖を卒業できたのは5月。ゴールデンウィーク明け。苦節7か月。ながっ!!

そして当時のブログ記事やコメントを読み返すと、「走れるのは1年後らしい」「1年後に再手術」とあるけど、1年経った今も、走るのは無理です。クパの散歩で踏ん張ると、左足が内部で「ぺきっ」「こきっ」という妙な音がして、やばい感じになります(←無謀なこと、するなよー自分)。走る、踏ん張る、跳ねる、飛ぶ、なんざ、まだまだ無理です。もちろん自転車散歩も無理。犬トレ部復活も無理。仕事で半日以上、立ち、歩き回ると、足が腫れてきて、夜中につって、死にそうになることもよくある。
再手術も予定よりも松葉杖卒業が遅かったから、1年半後になる予定。

ほんとにもー、想像を絶する大ケガですわい。

だけど、骨を折ったおかげで、新しい仕事に挑戦するきっかけになり、新しいお友達ができたり、早寝早起きする習慣がついたり、障害者の気持ちを理解できる心が持てるようになったりと、それはそれで悪いことばかりではなかった。健康なからだのありがたみもよくわかった。トールを代表とする家族や親しいお友達のありがたさもよぉくわかった。これも神様がくれた試練であり、感謝の気持ちを学ぶ機会でもあったように思える。

とはいえ、早くまたハイキングに行けるフツーの足に戻ってほしくてしかたないけどねーーー。

再手術は、来春の予定。
せっかく湯船に入れる足になっているのに、ふたたび左足を20センチ×2本切り裂いて、中の18センチ級の2枚のチタンプレートと14本のビスをはずす手術をしなくちゃいけないってのは、やっぱりコワイです。当時は、骨折の痛みの方が強かったので、皮膚表面の20センチ級の縫い目2本なんて屁でもない痛さだったんだけど、とりあえず歩けるようになり、お風呂に入れるようになり、血もでてない今の状態になってしまうとね、また切って開いての手術ってのはブルーになります。ううううっ。

だけど、まっ、しかたないか。
七転び八起き、するしかない。
これもまた経験だ。

あれからバドは死んじゃったけど、とりあえずクーパーの軽い散歩ぐらいは一応できるようになったし(ぎりぎりだけどね)、クルマの運転はできるし、チャリにも乗れるし。お仕事にだって行ける(これは大事。ありがたいことです)。スーパーにお遣いにも行ける(これも実は日常生活を送る上で欠かせない行事である)。

仕事が忙しくて予定が合わず、今月末に久しぶりに病院に行くけど、順調でありますように。

17ぷりちーね
“まだ治ってなかったのぉ~? 早く治して、ガンガンわたちを遊びに連れてってよ" byメル

ほんとよね。私だって、早く野山を1日じゅう歩けるニンゲンになりたいですよ。

みんなも、健康第一。とくに犬の飼い主は、健康第一。脚力、不可欠。
みなさまは、ばど吉のような失敗のなきよう、これからも健康でありますように(祈り)。

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 9

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/10/17 (Mon) 21:33 | EDIT | REPLY |   
Andyパパ  
もう1年ですか

よーくわかります。骨もそれなりに固まり、傷口も落ち着いたところで、チタンプレートとボルトの摘出。もう、勘弁ですよね。私は、骨折から2年、チタンの棒とボルトを取ってから1年以上経ちました。ジャンプは平気ですよ。でも怖い。季節の変わり目はとても敏感です。というより、日々の天気の変化に反応します。
まぁ、頑張りましょう!

2011/10/17 (Mon) 22:00 | EDIT | REPLY |   
-  
ほんとよねー、

健康が第一です。
私、今年初めて胃カメラなどを飲み
市からくる無料健康診断のチケットなるものを
使用しました!(←いばるな!笑)
内科医の兄から太鼓判を押されるくらい
血液検査も健康そのものだったようです。
ああ、安心。
あとは、マンモグラフィーも受けなきゃ、です。

骨折してから1年ですか。
この間に色々とありましたね。
骨折が時間がかかっても治るように
心の痛みも治っていきますね。
お大事に~。

2011/10/17 (Mon) 22:14 | EDIT | REPLY |   
カイパパ  
NoTitle

あら?もう一年たってしまいましたか。
今でもあのときのことは鮮明に思い出すことが出来ますよ。
お互い焦らずリハビリしましょう。

2011/10/17 (Mon) 22:20 | EDIT | REPLY |   
ABCママ  
大変だったね~

まだ1年なのか、もう1年なのかはわかりませんが、いろいろ辛い事の多い1年だったよね。
ケガもさることながら、本当に大変だったと思います。
トールさんもマチュも偉かったよね。頑張ったよね。お疲れさまでした。
ばど吉さんは時に無謀な事にもチャレンジしそうなので(笑)、くれぐれも慎重に!

ワン達を安全に思い切り走らせたくなったら、また千葉にお越しくださいね。
ちょこっと行って帰って来れる距離だから、思い立ったらいつでもどうぞ!

2011/10/18 (Tue) 09:39 | EDIT | REPLY |   
こぼずはうす  
失礼!

最近PCの中を掃除したら、コメント欄に記憶されたはずのHNが消えてることが多くて・・。
「ほんとよねー、」は私です!

2011/10/18 (Tue) 11:42 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
大変でした(笑)

♪Yさま
お久しぶりでーす。
いまテストメール送ってみたよ~。
届いてる?


♪あんもにぱぱ様
ううう、ここにもいました、同朋よ!
やっぱり再手術はいやだよねーーーー。またお風呂に入れなくなる日々。感染症にびびる消毒の日々。それにたぶん、あれだけ切れば、普通の感覚なら十分痛いよねー(骨折時は、普通の感覚にあらず)。
それに、天気の変化で、なんだか疼痛するよね。やっぱりか。なんだかイターくなる日がある。気のせいではなかったのね(涙)。
一生、完全には治らないのかな。いやだー、泣く。
でもジャンプはできるの!? それは心の支えになるお言葉!
とにかく折ってしまったものはしょうがない。これからも1年先輩、いろいろ教えてください。


♪こぼずはうす様
私の仲良しで、お医者一家は3人しかいなくて、そのうち女子は2人(マンモグラフィー受けましょうね。私は3年くらい前にやったよ。チョー痛かったぞ←脅してどうする)。だから、半分の確率でこぼ先生だと思ってましたわ。兄上は内科なのね。
健康第一ですよ、ほんと。これからも大型犬と暮らしたいなら、よけいにです。痩せたい(涙)。最近入院中よりめきめき育ってる。なのに運動はできない。ストレス。
この1年、いろいろありました。最大はバドとの別れですが。でもバドが待つ家に帰りたくて、バドの夕方排泄散歩とウンチ掃除がしたくて、私は頑張れた。そう思ってます。バドのおかげでこれでも早くリハビリが進んだはず。


♪カイパパ様
今でも、あの大騒動は鮮明に思い出すことができますかー(苦笑)。その節は大変ご心配をおかけしました。
あ、温熱治療器、買ったってね。カイちゃんだけでなく、ご高齢のカイジジ、そしてヘルニアのカイパパ、家族みんなで使えるから重宝すると思うよ。
私は血流アップさせて早くキズを治癒させたいけど、患部には金属プレートがあるから使えない……でもね、足先とか骨盤とかを温めれば、下半身の血の巡りはよくなります。
冬は血行が悪くて、また回復が遅くなるだろうから、オペは暖かくなりかかる頃を予定してます。でも今度は中身の骨はくっついてるから、すぐ退院できるはず!


♪ABCママ様
ほんとですね、遠い昔のような気もするし、まだ完全に治ってないから短い期間とも思うし……。
人生、生きているといろいろありますなー。
冬は、ドライブできるエリアが限られるし(今年はスノータイヤがない)、寒いとこで転ぶといけないので、お言葉に甘えてまた冬でも暖かい房総に暴走させに行かせてください!(私としたことが、だじゃれ。ちゅーか最初変換ミスででたのよ。笑)

2011/10/18 (Tue) 14:36 | EDIT | REPLY |   
mari  
衝撃の事件

から一年ですか…。本当に大変だったことと思います。先日、きれいになった傷口に感動しましたが、また切るのですね。こんなに大変なことになるとは…その時は思っていませんでした。痛そうでしたが、バド吉さん、意外にもオシャベリしていたし。次の手術と術後の経過が順調にいきますように…いや、まずは今年が無事過ぎますように。ついつい無理されませんように!次のトレイルには私、二頭連れていけるよう精進します!(ハードル高いけど)

2011/10/20 (Thu) 11:08 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
♪mari 様

衝撃の事件でしたよね~。ほんとたぶん本人以上に、まわりの皆々様に与えた衝撃は大きかったと思います。ほんとごめんなさいでした~。
でも私、本当に意外とお喋りしてたよね。
アドレナリンって素晴らしい。
それに私はやはり特に、ピンチに強い女なんだということが実証されました。アドレナリンの分泌が一般人より潤沢なのだと思います。
その調子で、次の再手術も頑張りたいと思います。
その際は、また肉まんをぶらさげて来てください(笑)。今度はボンビーと来るんだね!(ああ、1年って、いろいろあるわね~。しみじみ)
二頭引き犬トレ部。もちろん大歓迎ですが、一般人に迷惑をかけたり、飼い主が骨折すると後が面倒なので(ガハハ)、次回はパパがオフのときを狙わないといけないかな!?

2011/10/20 (Thu) 21:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply