Article page

by
  • Comment:3

朝晩涼しくなって、すっかり秋ですね~。
朝の熱いコーヒーが美味しい季節がやっとやってきました♪(今まで飲みたくても暑くってさ~)

今日は、クーパーが学校に行ってます。2日間、オシッコジャー太郎してない(まだ2日。でも進歩)。ケージトレーニングの時間を延ばしたり、バドのお古の「ストレスナイン」のサプリメント与えたり、散歩でクリッカー・トレーニングを少し取り入れて冷静スイッチを入れる練習をしたり、「トールが階段を下りる=散歩」と学習して興奮スイッチが入っているのでそのルーティンをやめて、朝の散歩時間をわざとすらしたり、意表をついて私が連れ出したりしてます。

でも、それよりもバド不在の不安が、時間経過とともに少しずつ緩和してきたのもいいのかもしれない。そもそも、私がバドの死以降、クパに干渉しすぎていた気がする。だからよけいクパの不安や依存心を強めてしまった可能性もある。ダメ飼い主。ついつい私がクパに依存していたんですよ、きっと。だから今は心を鬼にして、あんまりクパを見ない、いじらない、距離を置くようにしてます。愛犬をいじれないこの辛さ。もっと独立心のある犬を好きなら、いくらでもいじれるだろうに……(涙)。でもガンドッグのこの甘ったれで繊細で従順な子がどうしても好きな私。永遠のジレンマなのだ。

メルは1日に3回くらい思い出したように舐める瞬間に私に「コラ」と一喝されたら、ちゃんとやめて、ふて寝してます。
少ししっぽを振っている時間が長くなってきたけど、まだ本調子じゃないね。
お腹の傷も痛むらしく階段を上がり下りしたがらないので、マチュはちゃんと散歩に行くときは階段抱っこしてるよ(えらい!)。バド爺(32キロくらい)を抱っこできてた娘なので(私が骨折中ね)、メル22キロくらい抱っこは全然平気。我が子ながら、たくましい。犬の体をいたわるその精神が素晴らしい。
オシッコは間隔が短く、1回だけジャ~~~~~と大量オシッコを失敗したので、1日3回散歩に軽く連れ出している。腹圧やホルモンの急激な変化で、オシッコの不具合がでるのは仕方ないことだし、いま炎症止めのために抗生物質を飲んでいるが、抗生物質は喉が渇くので水分摂取量も増える。オシッコがでないよりは粗相の方がいい(笑)。ちゃんとお水を飲んで、早く回復するんだよ。


さて、それでは、メル退院日に、近所のボンジーちゃんにふたたび会ったときのレポートを。
ビー&ボン家は、たまたまわが家のホームドクターの近くにお住まい。マチュを中学校でピック後、手術終了電話がかかってくるまで時間つぶしをどうしようと思っていて、「お! ビーちゃんちが近いから大通りにクルマを駐めて、ボンちゃんを呼び出しちゃえ♪」(←まったくもって自己チューな私。許せ)と電話。

そしたらボンちゃんがぴょこぴょこと愛らしく小走りしながらすぐに出てきてくれました!
さー、今日は、興奮の強いオスのクーパーと初対面だよ。社会化は、いい経験をさせるのが大前提。私も少々緊張するけど、これはボンちゃんの社会化のためにも、実はクーパーの社会化のためにも(!)大事な練習なのだ。

29ボン
おっ、クパ、やはり関心はある。攻撃するなよ~~~~。でも、耳は緊張してない。よしよし
ボンちゃんは少しびびってる(やりすぎは厳禁)


29ボン3

次はボンちゃんの番。社会化期の子犬、恐れを知りません。
だから、こういうときに相手にガウッとされると、すごいトラウマになっちゃうの。
クパ、耳は下がっている(少々緊張が走っている状態)、しっぽ上がってる。一発触発状態。ここで飼い主がリードを強く引っ張ったりすると、それが引き金となり、ガウッとしてしまうことになりやすいから、飼い主は無闇やたらな動きをしてはいけない。でもこのさじ加減はすごく難しい。ボンちゃんを守るために超気合いを入れていないといけない。それにクパに攻撃癖をつけることにもなりかねないから、クパを守るためでもある。でも私が緊張しているとそれがクパに伝わるし。素人(私)にはすごく難しいよね。

29ボン4

あら、でも初対面の緊張の挨拶が終わったら、クパはもう子犬にはわりと無関心。
意外とクパおは、子犬に平常心らしい。よかった。ボンちゃんは体は小さいが、小型犬ではなく、ちゃんと「こいつは子犬だ。大目にみなくちゃ。オレはおとなの犬だからな」と認識してくれたようだ。よかった。クパ、バカには育ってない。いくらボンちゃんがニオイを嗅いでも全然怒らない。こういうとこは、きょうだい犬と生後3か月まで育ったおかげなんだろうな。犬同士の付き合いはちゃんとできる(興奮スイッチさえ入らなければね。苦笑)。
そんで、ボンちゃんはこうやってほかの犬のニオイを嗅いで、情報収集するのはとてもよい経験となる。

29ボン5
“おいおい、甘い顔してるからって、いつまで嗅いでるんだよ"

29ボン6
“おまえは、どーも知りあいのニオイも混じっている気がするんだが。ビー姐さんをどこに隠してる?"

と、思っているかどうかはさだかじゃないが、クパはボンちゃんよりビーちゃんのいる自宅を何度も真っ直ぐ見ている。もうじきビーちゃんが飛び出してくるはずだと待っているみたいだ。

29ボン7
“ねえ、ねえ、いつものビーちゃんはどこ~?" あるいは
“オレは、子犬よりもニンゲン(知りあいに限る)が好き~~~"


おい、バカ犬、そのサイズで飛びつくな。他人様に甘えるな。
でもよく見たら、しっぽが下がってるね。もうこの環境はイヤだ、移動したい、ほかのことしたい、ちょいとピンチ、ビーちゃんママなんとかしてよ~と言っているらしい。興奮して、嬉しくて飛びついているのなら、しっぽをあげて、ぶんぶん振っているはずだ。犬のボディランゲージを見極めるってのは経験が必要だね。

そんで可愛いのが、チャンスとばかり、クパの生殖器のニオイを嗅いでいるボンちゃん。いい社会化トレーニングになりますねぇ。

29ボン8

ボンちゃんは自転車のニオイもクンクン。
そーだよ、それも大事な社会化トレーニングだよ。
往来のクルマの音、パトカーの赤いランプ、なんでもいまのうちに心と脳みそにいっぱい吸収するんだよ。

29ボン7
“ふぅ。ひととおり体験したら、オシッコしたくなった"

怖くて、外で排泄ができない犬もいるといいます。心のハンディキャッパーにならないよう、社会化トレーニングは本当に大事です。
しゃがんでオシッコする子犬ちゃんの図も可愛いもんだ。
ボンちゃんはオスだから、いずれ堂々と片足をあげてオシッコするようになるに違いない。しゃがみオシッコの時代は短い。子犬らしい可愛い時期は短い。すぐに懐かしくなるはず。

29ボン9

ボンジーちゃん、ただいま87日齢(12週齢)←9月26日現在。
可愛い盛り♪
マチュも私もボンちゃんに会えて、嬉しかったよ。
いきなり呼び出したのに、相手してくれてありがとう。
それに、チビのうちにいっぱいクパとも会っておこう。オスvsオスだから、将来的にもうまくやってほしいから、近所の幼なじみにしっかりなっておかなくちゃ!
(たぶん、ドイツ型ボクサーのボンちゃんはどっしりした、しっかりモノに育つでしょう。へたれなクパのためにこそ、社会化トレーニングが必要なのです)

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 3

カイパパ  
NoTitle

ボンちゃん順調に成長しているようですね。
まだまだ顔はパピーだけど体型や筋肉の付き方骨の太さとかはオスを感じさせますね。

2011/09/29 (Thu) 22:03 | EDIT | REPLY |   
mari  
止血法、ありがとうございました!

先日はクパ夫さんが緊張モード気味ながらも寛大にお相手下さり、ボンジー、また一つ良い経験をさせていただきました。飼い主の私も勉強になります。
メル、早く本調子になるといいですね。傷口をそれほど舐めないのは助かりますね。このまましおらしい女子になってしまったらどうしましょ!

カイパパさん、おかげさまでガンガン成長しております。人様に「かわいい」と言って頂けるのもあとわずかと思う今日この頃です。

2011/09/30 (Fri) 03:29 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
昨夜はどーも!

♪カイパパ
生ボンちゃんの感想はでうでしたか~?
子犬特有のしわしわたるたるがチョー可愛いよね。
カイちゃん、わざわざ来てくれてありがとう。
今日は気疲れで具合悪くなっておりませんよう。
クパは、ジャー太郎だけど、やはり酔いも覚め、冷静に考えるとやっぱりあれは要求ではなく、興奮パニックなんだと思う。あいつも、大勢の人に囲まれてると、心が不安定になっちゃうの。
「勘弁してください」というボディランゲージは、犬によって様々だよなぁ。アホクパも、カイちゃんみたいに奥ゆかしいアピールならいいのになぁ(涙)。


♪mari様
人様にまだ十分すぎるほど「かわいい!」と言ってもらえるボンちゃんをお披露目できましたね~。
我々も、いいもの見せてもらいました。愛でる、とはこのこと。
どう、ボンちゃん、今日疲れて下痢してない?
ちょい心配してます。

2011/10/01 (Sat) 16:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply