FC2ブログ

犬は飼い主に同調する群れの生き物

毎日毎日、原稿書き、頑張ってます。白いワニのいるところにダイブしているよな毎日。
でも、それももうすぐ終わる。9月中に〆切の山は終わる(はず)。頑張るしかない。

それにしても、ここ数日、クパの態度がすこぶる悪い。
お山爆走ができていないせいもある。
体力が有り余り、過敏になっているようだ。
ときに、おうちの前でよその犬が止まったりすると(止まらないでくれ〜っ)、バウーとものすごい太い声で吠える。こりゃいかん!

というわけでトオルに頼んで、ただいまクパチャリ散歩してもらっている。
歩道が広くなり、自転車道の整備された山手通りはこんなとき助かる。

ちなみに片手運転ではないです。ドイツの専用器具つけてます。お巡りさんにも挨拶してます。

スクリーンショット 2017-09-26 21.32.28

メールきた。あっという間に片道6キロ走ったらしい。池袋の手前まで行ったみたい。あいつ、やっぱりパワーあるなぁ。クルマで行くタイムとたいして変わらないってどーゆースタミナだ(ソリ犬に、ポインターの血を入れて、最強のF1をつくるって、そういえばマッシャーに聞いたことあるなぁ……トオイメ)。

……たぶん、私がここんとこ、ずっと忙しいのを、クパも感じているんだろうなぁ……。私、カリカリしていないつもりだけど、なんかクパもカリカリしちゃうようなオーラだしているのかもなぁ。犬は、群れの動物だから、飼い主の心情を映す鏡。たぶん、クパがこんなに神経過敏なのは、単なる運動不足ではない気がしてきた。だって、2週間、お山に行けないときは、今までだって何度もあったもん。それなのに、ここ数日のクパの過敏さはおかしい。きっと、私のせいだ。反省だなぁ。

日曜日、バイトの終わったまちゅをお迎えにお台場に行ったら、たまたま一般公開初日のユニコーンガンダムさんがそびえ立っていた。クパメルも、ガス抜きがてら連れて行ったけど、やはりガンダムではクパの欲求不満は収まらなかったようである。

1506381885964.jpg

もうちょっとで(いや、あともう2本で)忙しい山は越えるから、クパ、あと少し待ってね。ごめんね。仕事の山ではなくて、クパの大好きなお山に行こうね。

追伸:先日、大喜びしていたワイヤレス充電器。すんごく熱くなるし、ものすごーく時間かかる。こんなに何時間もこんなに熱かったら、バッテリーが早く劣化しちゃうんじゃないかと心配になり、結局、普通の有線の充電器を買いに行きました。3日くらいしか使わなかったなぁ……(無駄遣いになってしまった)。
新しく買った有線の充電器は、コードが強い!ってやつにしました。充電時間も早い。やっぱり信じられるのは、有線ですな。



ワイヤレス充電器!

怒濤の9月に突入! (すでに泣きそう)
そのうえ、先日、散歩に行く前に内玄関でメルが嬉しくて飛び跳ねて、玄関でぎりぎりまで充電しようと思って置いていたスマホと充電器のコードに飛び跳ねた前肢がひっかかり、そしたら充電コードの端子がひん曲がってしまった。

それからというもの、長時間充電していたはずなのに、充電されてない事件勃発。接触不良だ!
もうメルのヤツーーーーーーっ。破壊活動禁止!

そのうえ、土曜夜に私がグリグリと深く差し込んだら、もっと状況が悪化。ますます接触不良。
やばい、やばいよ、今週、取材で外出も多いのに!

と、焦りまして、夜中に急いで、充電器を買わなくちゃ−、と思っていたところ、

「ワイヤレス充電器」というものが世の中にあることを知った。(みんな、知ってた? 初めて知ったのは私だけ?)

トルクちゃんの充電口のゴムも、とっくになくなって防水機能もやばそーだし、もしワイヤレスで充電できるなら、ゴムも新調しちゃうぞ。でも、ほんとにワイヤレスで充電なんかできるのかな?

と、日曜午後、半信半疑のまま、Amazonでポチる。

そしたらもう今日の午前届きました。Amazonちゃん、早し。

DSC_8509.jpeg

スマホの下の丸いやつが本体(その下に四角い滑り止めにもなるゴムの下敷き付き)。

あ〜ら、不思議! ほんとにその丸い台に乗っけるだけで、充電マークが点灯したよ。

すげーーー。文明開化。こりゃ便利だわ。

でも、icheckey というメーカーがどこの国のものなのか、よくわかんないんだよね。説明書は英語のみ。本体には、CHINA製とは書いてあるけど。ちょいとネットで調べても載ってない。ちょいこわい。
ひどい熱とか爆発とかはしないでねーーー。

とはいえ、とにかく便利そう。このままトラブルなく、使えますように。

さ。仕事、仕事。頑張るのだ。(まだ9月、真ん中にも来ていないのに、もう白いワニが来そう)。


犬パル部 9月10月のお題「歩いてる最中のマテ」

ブログをすっ飛ばし、Facebook上で、こっそり継続しておりました犬パルクール部
線香花火のように消えかかりそうになったと思ったら、誰かが投稿をしてくれて、それでまたみんなが思い出してくれて、ボウッと息を吹き返したりして、ていたらくな部長としては、部員のみなさんに支えられております。

この夏のお題は、例年どおり「水パル」でした。

スクリーンショット 2017-09-05 22.17.49

↑ タリーさんち。牧羊犬なのに、こんなに泳ぎが達者、リトリーブが達者。やっぱりボーダーコリーは多才だねー。すんばらしい。

スクリーンショット 2017-09-05 22.15.39

↑ この子はアーロン。1歳。なに犬か、わかるー?
答えー。ミニチュア・ダックスフントです。
ダックスは本来。獣猟犬でとてもアクティブな犬。日本で座敷犬になりかかっているけど、だ〜めだめよ〜♪
犬パル部には、アクティブに野山や雪山を駆け回り、ばんばん泳ぐダックス部員も複数います。とても心強いです。犬は自然の中で遊んでナンボ、です! たっぷり遊ばせてあげてね。それが、この犬パル部の目的です。

スクリーンショット 2017-09-05 20.34.13

↑ しかし、うちの犬は、水パル不適合犬。7歳のメル、今年は波打ち際までは来られるようにはなりましたがねー、みんなみたいにスイスイスーイにはほど遠い。パパが波にのまれていなくなるんじゃないかと心配はしていて、ピョンピョンしていましたが、泳いで救助に行くレベルにはなれない。やはりうちは、ニューファンドランドを飼わないとダメなのか。笑。

さらに、もっと水パル不適合犬がもうひとり(もう1頭)。

スクリーンショット 2017-08-17 20.42.12

↑ おいっ、そこのお地蔵さん!!
海に入らないと、暑くて茹でダコ、いや、茹で犬になるぞーーーーー! 熱中症で死ぬぞーーーーーー!
クーパー、8歳の夏。彼も今年は少しは自ら波打ち際をチョロチョロする場面もありましたが、私やトオルが海に入っているときは、頼みもしないのに、荷物の番をしてくれていました。なんなんだ、その行動は。荷物のある場所が安全地帯なのか? それとも本当に荷物を守っているのか? クパの心理を理解するには、まだまだ道は遠いです。

と、夏の課題の結果報告をごく一部紹介したところで、
9月10月のお題にいってみたいと思います。

出題者は、上記の、ダックスのアーロンさんちです。
動画を送ってくれました。でもそのままここにアップできないみたい?なので、

こちらを見てみてーーー。★

お題は「歩いてる最中のマテ」

アーロンはホイッスルの音で、おやっと言わんばかりに振り向きます。そしてマテ。すごいぞ!

そして「シット」と言われて、ゆる〜く(笑)オスワリをちゃんとしています。えらいね。可愛いし。

クパメルは、口笛を聞いたら、その場でマテはできずに、クルッと方向転換して、自動的に走って戻ってくるようになっています(笑)。おうちによっては、違うバージョンでもありです。

とにかく、犬が自由に進んでいるんだけど、飼い主のキュー(合図)で、ちゃんと止まることができ、ひいては呼び戻しができること。これは犬の身の安全を守るために、とても重要なトレーニングです。

今回はちょっと真面目に、ちゃんと犬パル部。(いや、いつだって真面目に遊んでいるのよ!)

ただし、住宅街や人のいるところでは、ロングリードをつけてやってね! 頼むよ! 他人様に迷惑をかけないで、犬と遊ぶ、犬とトレーニングする、犬とコミュニケーションをとる。これぞ、犬パル部の絶対ルールです。

それでは楽しい投稿、お待ちしております。

それからこのバドブログを読んで、犬パル部に興味をもった、犬の好きな方! 犬パル部は、いつでも歓迎しています。

犬パル部のルールを読んで、ぜひご参加ください♪

でもときどき、怪しい人は私が承認をしないことがあります。「私は、怪しくないのに! ちゃんと犬が好きなのに! 信じてよーーー」と言う方がいらっしゃいましたら、それは大変失礼しました。ぜひ愛犬の写真や、犬がいなくてもOKなので、私のFacebookにメッセージくださいね。

このページのトップへ