クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
退院報告(2015年大晦日)
2015年12月31日 (木) | 編集 |
今年の師走は、けっこう大変だったなー。
無事に、予定どおり意地でも28日(月)に退院してまいりましたよ。手術は成功です。
術後に、麻酔から覚醒したとき、すぐ自分の足をグーパーしてみた。
うん、ちゃんと動く! 大丈夫!

そして1週間入院し(さすがに手術の夜は、痛かった。でも骨折のときの地獄の痛みに比べれば耐えられる。でもねー、今回は背中の真ん中を開けたから、上を向いて寝られないし、左側向くと左足の座骨神経が臀部から痛いからきついし、というわけで右側しか向けないんだけど、ずーっと右側というのもしんどいものでして。
しかも、手術した火曜〜木曜までは、背中から血を抜くドレーンがぶら下がっていたので、勝手に寝返りしてはいけない。その都度、看護婦さんを呼ばないといけない。でもへんなとこが日本人な私は、夜中にナースコールを押すのが申し訳ないなーと思ってしまい、我慢してしまう。ほんと寝返りできないのがきつかったです。

でも手術翌日の水曜日の昼ご飯からは食べられたしね。まだ水曜日は足もすごく痛くて辛かったけど、ほんと日に日によくなるものなのです。木曜には血のドレーンと、尿カテーテルもとってもらえたので、もうノーリード、じゃないや、ノードレーン、ノーチューブ!
I 'm free!!! って感じでした。

ドレーンをはずす=もう血腫ができるリスクが限りなくゼロになったということ。
血腫がもしできたら緊急手術だったので、これが何よりも嬉しかった。安心した。一生車椅子は免れたぞ!

そんで早速木曜にリハビリの先生がベッドのとこまで来てくれて、足の上がり方(どの角度から痛くなるのかなど)、筋力のチェック。金曜からリハビリ開始。毎日行うリハビリメニューを習う。
●腹筋
●背筋
●スクワット
この3つ。とはいえ、いまはすごーく負荷の少ないメニューだけどね。

そんで金曜にリハビリの先生に「自立できる」とのお墨付きをもらったし、金曜に術後のCTを撮りまして、その結果も問題なし。だから主治医に「週明けに退院していいですかーーー♪」と迫った。先生もイヤとは言えない(笑)。

というわけで、脱獄! 年越しはおうちで! やったーーーーー!

ちなみに今回は同室だった、両足の股関節に人工関節を入れたYさんと、私と同じ病気&別の背骨の病気を抱えるルフィーちゃんのママ(なんとミニチュアホースを飼育してるの!)のおかげで、入院生活がとても楽しく過ごせました。やたら毎日楽しくお喋りしていて、悲壮感のない楽しいわが病室。
みんなが「白石さん、一緒に年越しそば食べようよ−」「病院でも、おせち料理がでるんだよ、一緒に食べようよー」「まだそんなに痛いんなら無理して退院するのはやめた方がいいよー」などと、引き留めていただきましたが(笑)、ごめんよー、ひとあし早く脱走させていただくよ。
でもほんとみんなのおかげで、頑張れました。お世話になりましたー。お互い、早く治るといいね。治ろうね!

退院の日はトールが御用納めの日で、今年最後の入稿があったトールはどうしても休めなかったので(だったら退院を火曜にしてもよかった<むしろ先生としてはもう少しいた方が安心したとは思う>が)、とにかく私は一刻も早くクーパーのいるおうちに帰りたい!

マチュがお迎えに来てくれました。
入院の日もマチュがついてきてくれて、全部荷物を持ってくれた。高校2年生、使える(笑)。ちうか、ほんとにいい子に育ったーと、母はすごく嬉しかった。パッキングも全部してくれたし。勉強よりも大事なこと、うちの娘はちゃんとできてる。うっうっう、母は嬉しいよ。

でもやはり、痛くて、タクシーで帰宅。
急遽、介護ベッドもレンタルしました。

スクリーンショット 2015-12-31 18.47.52
搬入・設置してもらって、真っ先に楽しんでいるマチュ

1階の寝室は、暗いし、寒いし、寂しいし。だからとうぶん、私はリビングに住んでやる〜。冷えは大敵ですからね。ま、夜はトールと寝るけどね。するとマチュが毎晩介護ベッドで寝ております。おいっ。笑。

長期にわたり圧迫されていた胸椎のところの脊髄神経は、圧迫していた犯人である骨化した靱帯を取り除いても、やっぱりすぐには回復はしないので、痛みはけっこう残っている。くすん、ちょっとこれは私の読みが甘かった。しかし、ここで凹んでいてもしょうがない。
七転び八起き、である。(←私の人生の格言)

「焦らず、諦めず、ポジティブに」。と、友人Kさんが叱咤激励してくれた。
入院中にもたくさんの友人が応援してくれた。差し入れを(病室にも、白石家にも。笑)してくれた。
私は、ひとりぼっちではないんだから。頑張る、頑張れる!

この痛みがいつまで続くのか、いつまで家でおとなしくしていないといけないのか、まだわからない。痛み止めのクスリが切れると激痛である。いま、手術後初めて痛くないからって調子にのってパソコンの前に座っているけれど、このあとまた激痛に襲われるかもしれない。そう思うと不安だけど。でも、負けない。

冷えないように温熱治療、ビタミンB12もいいらしいから飲むぞ。動けるようになったら漢方医のところにもまた行きたい。神経を回復するのにいいと言われるものはなんでも試したい。

そして早く、フツーに元気な生活をしたい。クーパーとお山に行きたい!

2015年は、6月末のぎっくり腰に始まり、そのあと謎の左臀部の座骨神経痛、そして黄色靱帯骨化症の発覚、と、下半身の痛さに悩まされた1年となりましたが、今年のうちに、悪いところは先生にきれいさっぱり削り落としていただいたからね、もうあとは治っていくのみ! 来年こそは!

ゆくヒツジ年、くるサル年。
高ーいところに登れる足腰になりますように!

今年もみなさまお世話になりました。
来年もバドバドサーカスをどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年を〜♪

スクリーンショット 2015-12-31 18.48.06
退院したら、クパちゃんが、クマちゃんやサッカーボールを私に次々に運んできた。
もう、なんて犬ったら可愛いんでしょう。
早くクーパーのためにも、元気になって、お山に行けるようになりたいっ!!!



犬パルクール部、12月のお題「クリスマスお出かけ&スワッテ・マテ」
2015年12月20日 (日) | 編集 |
明日からしばし入院することになった犬パル部長でございます。
入院する前に、何が何でもお題を出さなくちゃ!! と、ずっと思っておりました。

ちょいと遅くなったけど、12月のお題行くよー!

12月のお題は、
「クリスマスお出かけ&スワッテ・マテまたはタッテ・マテまたはフセシテ・マテまたは、ひと芸して(チンチンとか?)マテ」

すっかりさむ〜くなりましたが、犬パル部の部員なら、毎日の散歩は欠かさずに外出しているよね!
犬にとっては、毎日の散歩は、排泄の時間や運動のためだけじゃーありません。社会化トレーニングとしての大事な時間なのです。いろいろな人に会い、犬猫や鳥と出会い、風を感じ、知らない風景や音などの刺激を受ける。そうして環境適応能力を高めていく練習を日々精進するのであります。

そこで、ちょっと遠出してクリスマス遠足へ行ってみましょう!
パルクールはあくまでも、移動運動しながら、飼い主がキュー(合図、指示)をだして、それを犬が自分の脳味噌を使って考えて、飼い主の指示に応えて、ドキドキしつつ実行してみることが大事。犬パル部の場合は、犬乳母車に乗って、ツリーの前で記念撮影はNGだからねー(笑)。

スクリーンショット 2015-12-20 15.20.27
「スワレ」「マテ」させていたら、途中でクパが「フセ」になってしもーた(半分ダメ例)

うちから恵比寿までは、
往復11.6キロ。22,400歩。そこそこ過酷だった。北風も冷たくて、メルが怒るから、オープンカフェでお茶休憩も許されず。トイレに行く間、待たせただけで往復4時間10分の遠足(けっこう過酷。帰り道はバスに乗りたいくらいだったけど、大型犬は公共交通機関に乗れないから、涙)。街に住んでたって、都会ハイキングはできるんだい(負け惜しみ)。寒いから、犬はいくら歩いても熱中症にはならない時期だしね(苦笑)。

スクリーンショット 2015-12-20 15.21.04
これもダメ例。メルがスワレもマテもできてない。たしかこのとき、目の前をスケートボードに乗ったパグだったかダックスかが通り過ぎた(犬が乗っているから飼い主も目が釘付けになったけどね)。気が散るものがあっても、ちゃんとマテ&スワレできないとだめね


スクリーンショット 2015-12-20 15.21.51
これはメルが完全よそ見しているし!(汗っ) 座るとうしろのバカラが写真に収まらないのでタッテマテをしたかったのですが、これまた2頭揃わず失敗

クリスマス時期は、人も多いし、幼児も楽しそうに走ってるし、恵比寿などは犬連れの方も多いし、クリスマス・ソングが流れているし、犬にとって刺激物がいっぱいです。それでも、ちゃんと飼い主のキューに従い、ピシッとできるか、どうか。これが難しいところです。しかも、よそ様の邪魔になってはいけないのが大前提の犬パルですから、撮影テイクを何度もする猶予がなかったりもします。一発OKじゃないと! 日頃のトレーニングの成果が試されるともいえるでしょう。

スクリーンショット 2015-12-20 15.27.25
これもダメ例(ダメ例ばっかじゃん!)。メルがオスワリできず。あいつー、好奇心旺盛で気が散りやすい! ま、ボクサーってこういう性格なんですけどね。むしろクパは光り輝く街と浮き足だつ大勢の人並みにびびっておりまして、オスワリはもうほぼ機械的に無意識に言うことを聞いているかんじ。クパ、心を強く持て!

↑ これはいつぞやの大手町のイルミネーション。大手町まではクルマで行きまして、駐車場からの散歩となりました。歩道も完全舗装の都会では、こういうとこで排泄するのも迷惑なので、先に排泄を終えてから臨みましょうねー。あと、人が多すぎるときは、どんなにその先に素敵なイルミネーションがあろうとも、撤退する勇気を持つことも大事です。

スクリーンショット 2015-12-20 15.24.17

↑ 新宿タカシマヤにて。これもスワレと言われたのに、お尻が冷たいせいか、なんでこんなとこでオスワリしなくちゃいけないんだ、なのか、へっぴり腰。ちゃんとぴしりと座ってないダメ例ですが、まー、とにかくこんな感じね。これはたしかかなり遅い時間に行きました。夜10時くらいかな、人通りも減っていたので、遠隔マテ&スワレで。「遠隔」とは「遠隔操作」ね。少し犬から離れたところで、キューを出すのです。お互い緊張感バリバリなので、キューをだす声のトーンもよい意味の緊張感が漂い、よい練習になりますが、逃げたり、呼び戻しができない犬では無理はしないでください。とくに自動車が近くに通るような場所では、交通事故にでもなったら大変です。安全確認を必ずしてね。失踪禁止、よそ様に迷惑かけるのは禁止です。(何度もこうるさく言って、ごめんなさーーい)。ロングリードを使って、「遠隔」の練習するとよいよー。じゃ、「遠隔」は冬休みの宿題ということで。

近くに、お外にクリスマスっぽいものがないエリアの方は、夜景パルでもありですよーーー。

スクリーンショット 2015-12-20 15.22.07
これはお台場の浜にて、バックはフジテレビとかDECKSあたり。ここなら誰もいなくて、メルも気が散らず、ちゃんとスワレマテできました。しかし冬の海風は強い!寒い!!


それと、たくさん歩いて体が温まってるときはよいのですが、いかんせんこの季節の夜のイルミネーションの時間は寒いです。ましてや風があるとますます体感温度も下がります。スムースヘアの子、とくにスムースヘアの小型犬で筋肉や脂肪が少ない子(イタグレさんとかスムースのチワワさんとか)は、そりゃー寒いです。防寒着を着せてあげてね。長毛種ならベスト気温かもしれないねー。いい毛ぶきになるかもよー♪(って、1日じゃならないか!)
とにかく犬に無理はさせないでね。とくに冷えに弱い老犬、骨関節の神経痛のある子、心臓などに持病がある子も、愛犬の様子をよく見ながら、でも過保護になりすぎない程度に楽しんでください。

そして、もう12月も下旬でございますし、1月のお題を私がすぐにだすとも思えないので(笑)、
「新年パル」もついでにどうぞ〜。門松の前でスワッテマテとか、初詣のときにスワッテマテとかね。

スクリーンショット 2015-12-20 15.26.31
白石家の氏神様は、犬も境内OKです。ただし猫ちゃんがいっぱいいるので、猫に迷惑もかけないよう注意が必要

寺社によっては境内に犬を入れるのはNGなところもあります。ちゃんと確認をしてから行ってくださいね。それといくら犬OKでも、三が日で参拝客が多いときなどは、ちょっと日にちや時間をずらしてみてね。

さあ、どう? 今回のお題。楽しそう?
あくまでも、屋外でトレーニングするのが犬パル部。単なる記念撮影にならぬよう、だけどプリティーな部員の姿を激写して、2015年の終わりと、2016年のはじまりを彩ってください!

最後に。犬パル部の部員のみなさん、今年も楽しい部活動をありがとう。 
太く(ときに細く。笑)、なが〜い、ゆる〜いお付き合い、今後ともどうぞよろしくね〜。

ちなみに東京犬パルクール部、本日付のメンバーは、296人! あらまぁ、もうじき300人突破するらしいよー。

おっと、犬パル部ってなによ?と思った人にご案内。

都市部に暮らす犬と飼い主のための、新しいドッグスポーツをみんなで楽しむ非営利の部活動です。
★コンセプトは
「お金をかけず、都会の犬にも、刺激と運動を。飼い主との共同作業の悦びを!」
★お約束は
「犬に、飼い主に、地元に、みんながハッピーになる方法で」
★いっちばん大切な目的は
「街に暮らす犬を幸せにするために」

犬と一緒にトレーニングを楽しみたい人、「トレーニングってどうすればいいのか、よくわかんないけど、犬が喜ぶことなら学んでやってみたいな」と考えている人、いまは犬がいないけど、いつかは犬と暮らしてみたい、犬が好きだから、いろんな犬の写真を見たり、勉強してみたいなと思っている人。犬が好きな人なら誰でも参加OK! facebookにあなたの愛犬のパルクールで頑張っている姿を投稿してください。日本に住んでいない外国の犬ユニットだって参加してくれているんだよ。あ、最初は、犬に野性味あふれる運動や刺激を、環境的に、時間的に、なかなか与えてあげられない街に住んでいる犬ユニットのためにって思っていたけど、どこに住んでいてもOKです。大自然に囲まれてのびのび暮らしている犬ユニットも、ピシッとトレーニングして、素敵な関係の写真送ってほしーー。いろんな地方の風景が見られるのも、最近の犬パル部のお楽しみだったりします。

純血種でもミックスでもみんな大歓迎! 大きい子も小さい子もみな犬は犬! 逞しい小型犬会員や謎の笑顔部員の大型犬や、ゲスト参加でミニブタさんいるかも!?

もちろん参加費、部費などはございません。怪しい団体ではございません(笑)。お金はかかりません。来る者拒まず、去る者追わず、のゆるい活動です。ただし、この部を利用してお金儲けをたくらむような、犬パル以外の目的のために参加したがるのはダメです(キリッ)。

それでは今年も犬パル部のご愛顧、ありがとうございました。
こんなダラダラな部長によくぞみなさん、ついてきてくれて。感謝。

ではでは、12月のお題、待ってますよ−。ニッポンの地方色豊かな年末年始の風景、外国部隊の素晴らしきかなクリスマス風景などなど、楽しみにしてまーーーす!

追伸:じゃ、そういうわけで、明日から部長は、入院してくるよー。手術するから、術後動けなくて3日間くらいはネットのチェックできないかもしれないけど、すぐ復活するから待っててねー。


クリスマスの貢ぎ物たち
2015年12月19日 (土) | 編集 |
なんだか今日はお見舞い?クリスマスプレゼント?暮れのご挨拶?で貢ぎ物がよく届く。

まずは仕事でお世話になっているPLサンタさんから、素敵な犬猫グッズの数々。Sさん、どうもありがとうございました! いやージョージのお茶碗まであるよ! でも陶器だよ。クパ、割りそうだよ、あいつにはもったいないよ(汗っ)。

スクリーンショット 2015-12-19 15.56.47

そして、広島の弟からは北海道の貝柱。
いつもお世話になってる札幌の犬ウェアメーカーのMさんからは、毎年白石家が狂喜乱舞するイクラ!!
(これはイクラちゃんをご開帳したときにまたその写真をご報告したいと存じます。笑)

そして、最近知り合いになったジャーポ・ファンシャー(猟師でもある)から、
シカ前肢1本分!&人間用背ロースや手作りの大和煮、ホースラデッシュ(西洋わさび。地元では山わさびと言うみたい。あれ?山で採れるのかな!? 山菜? 日本では北海道が生産のほとんどと書いてあったけど。寒いところで自生する植物なんだろね。そういえば私、ホースラディッシュのソース好きだよ。ローストビーフにかけるやつ? あれのことかな)。

急に、北海道祭り!
大好き、万歳、北海道!

早速、クパメルに生のシカ足、かじらせました。ここんとこ運動量少ないからストレスたまってる。生骨噛むのは全身運動になるし、野性の本能沸き上がり、目がキラキラです。

みなさまの愛に、大感謝。こうして私は、みんなに支えられて、生きている。

(そーだ、先日は近所の犬友達が、肉まんとシュークリームも持ってきてくれた。Mさんの肉まん!と勝手に命名するくらい大好き)

スクリーンショット 2015-12-19 15.44.48
「もしかして、ぜんぶ、おれのかな」

スクリーンショット 2015-12-19 15.45.09
肩甲骨かな?

スクリーンショット 2015-12-19 15.45.23
足の骨らしいぞ

スクリーンショット 2015-12-19 15.45.35
あ、こうかな? (トールは自分でやったくせに「こわ〜〜〜い」とびびりだした)


スクリーンショット 2015-12-19 15.45.49
メルも必死。猟犬犬種じゃなくたって、すべての犬に狩猟本能があるんだよね

スクリーンショット 2015-12-19 15.46.01
クパ、自ら急いで巣穴に持ち帰り、ガリガリ、バリバリ。ワイルドとはこういうことだ

心が幸せになると、痛みも少し減るんだよ、ほんとに。
精神力が、体力や免疫力もカバーする、とはこういうことなのね(単純な私)。

みなさまの愛に支えられて、来週の手術、頑張ってきます!


カートピア/犬犬月記、最終回
2015年12月16日 (水) | 編集 |
来週に手術を控え、今週はもう痛み止めも効かなくって、役に立たない人間になっております。
昨日、病院での麻酔医と脊椎外科医の術前診察と、渋谷区役所に難病指定申請に行きましたが、途中で座薬の痛み止めが切れてしまい、激痛復活。日赤から区役所にはタクシーで移動。区役所後の帰りの道のりは、人生で2回目くらいにきつかったです。改築中の区役所が、いま宮下公園の上に移ってて、そこから渋谷駅まで9分と聞きましたが(健常者ならね)、私は足を引きずり、30分かかりました。もうあんな都会で、遭難寸前というか。痛いから、上を向いて歩けず、足元、道路ばかり見て進む。ほんときつかったなーーー。痛すぎてだんだんクラクラしてきて、吐き気もしてきて……。世の中はチャッチャと速歩で歩く人たちばかりで、明治通りにはアイドルの新曲のクリスマスソングをガンガン流すトラックがゆっくり私の横を通り過ぎていく……情けないやら、意識は朦朧とするは、よくもまあ、バス停にたどり着けたものだ。
でも、路線バスはそっちの方が移動距離はおうちまで全然近いんだけど、私、杖もついていないし、そこまで老人じゃないため、ハンディキャッパー用のシートを譲ってもらえない(前回そうだった。立ったまま揺られるのは痛かった)。というわけで、お年寄りや赤ちゃん連れにも優しいハチ公バスにヨロヨロと乗りました。親切だった。ありがたい。

とまぁ、また社会的弱者の気持ちがよ〜くわかる1週間となっております。
脊椎、脊髄の病気の犬たちも、こういうことなのかなぁ、と想像したり。

おっと、さてさて!

今回は病気の話を書きたいわけではなかった。

1年連載しておりました、SUBARUのカートピア、犬犬月記。
この12月号が最終回となりました。

カートピア

ああ、ほんとに自分も楽しい、幸せなお仕事でした。
編集のTさん、アートディレクターのKさん、素敵な切り絵で彩ってくれたイラストレーターのMさん。
1年間、どうもありがとうございました!

犬犬最終回

お近くのスバルのお店で、フリー(無料)でもらえます。
ぜひぜひ、最終回なのでみんなもらいにいって、読んでみてくださいね。

あ! それともうひとつ、いつものPETLIVESの連載も。

秋の夜長に犬映画(4)おうちで楽しむ犬DVD映画

私の好きな犬映画を紹介してます。
古い映画も、いま復刻版がでていて、TSUTAYAでレンタルもできますよー。

冬休み、こたつに入って(笑)、のんびり映画鑑賞会、してみてね。

では、そろそろ背骨と骨盤が悲鳴をあげ始めているので、これにて失礼。


手術決まった!
2015年12月12日 (土) | 編集 |
スクリーンショット 2015-12-12 13.44.54
(画像は最近私がなぜか気になっている双頭のヘビのレントゲン写真)

珍しい脊椎の病気になりました。犬じゃないです、私自身です(笑)(犬じゃないのが、せめてもの救いね)
黄色靱帯骨化症という、なかなかレアな病気です。
なんでこんな病気になるの? と先生に聞きましたが、原因不明とのこと。家族性の可能性もあるけれど、原因はわからず、今後再発しないように自分でできることはないそうな。運しだいってことね。

でも、持つべきものは、犬友達です。
犬友達が人脈を駆使してくれて、なんとまあ、恐れ多い人たちが何人も私のために動いてくれて、
「明日なら診察できますよ。そうでなかったら来週の火曜午後」→「行きます、すぐ行きます、明日何時でもいいから行きます!」

というわけで、昨日(金曜日)に、日赤整形外科に行ってきました。初めてお会いする骨髄外科のK先生が診察してくださいました。

そして参宮橋せきつい外科病院で撮ったMRI、CT、レントゲンの画像をじーーーっと先生は何度も見て、マウスを動かし、何度もリピートして精査してくれて、あっさり「これは手術だねー」と。

私もサッサと手術してほしい。「手術してください!」
でも普通の人は、外科手術となると、躊躇するらしい。先生は即決する私にちょっとびっくりというか「え、いいの?」という感じ。

そして「できれば、日赤さんで手術してほしいです」と、これまた即効でお願い。
「え、うちでするのでいいの?」と、これまた即断する私に先生、「え、いいの?」という感じ。笑。

人間、いざってときの決断力、大事ね。
だって、即決しないと、年内の手術、間に合わないもの。
こんな痛みを持ったまま(痛み止めももう効かない痛み)、年越しなんかしたくなーーーい!

「じゃ、うちでする? ほんとにする? じゃ、もう(予約)とっちゃいますよ」
と、先生は着々と段取りを始めだした。そうだね、きっと手術室押さえたり、入院部屋があるか確認したり、麻酔医の先生に頼んだり、いろいろやらなくちゃいけないことがいっぱいあるんだと思う。手術して入院するって、いろんな人、いろんな条件をクリアしないといけないんだと思う。

そして急いで術前検査もやりました。血液検査、尿検査、心臓エコー、頸椎から膝までのレントゲン17枚!
看護婦さんが「検査は5時までだから急いでねー」と。「はいっ!」痛い左足を引きずり、頑張りました。
無事にすべての検査をやり終えました。

ということで、12月21日(月)に入院して、22日(火)に手術しまーーす。


そりゃー、術後の2〜3日は痛いと思う。麻酔後の覚醒時もまた三途の川を渡るような地獄の痛みだと思う。5年前の骨折手術のおかげでだいたい想像はつく。

でも、5年前より痛いということはなかろう。
まあ、今回は、血腫ができないように、背骨付近からドレーンを入れて、血を抜くそうだ。ドレーンがついているときはおとなしくしておかねば。

でもドレーンを抜いたら、もう立てるはず。歩けるはずよ。
問題なければ年内に退院する。年越し入院なんてやだもーーーん。クパメルと一緒にお正月したいもーーーん。

というような段取りとなりました。
我ながら自分の今週の行動力・情報収集力・決断力はすごいと思う。誉めてやる。凹んでばかりいないで、すぐ対応を考える。私の人生の格言は「七転び八起き!」だもんね。

とはいえ、これは私ひとりの力ではもちろんありません。
病院のことで相談に乗っていただいたり、心配かけて叱咤激励してくれるお友達に、今週はいつも以上に感謝しています。本当に、みんなありがとう。ほんとピンチのときこそ、友人のありがたみを強く感じます。
また今から友達M子が、一緒にごはん食べるよう、夕飯の食材もって、乱入してくれます。
下半身は使い物にならないけど、口はバリバリしゃべれるし、おなかはすくから、いっぱい話をして気分転換して、元気をもらおうと思います。

ただし、私はほんとに麻酔の効かない女だから、禁酒! 頑張る。手術が終わるまでは禁酒する!(←いま自分に言い聞かせてる)

ともあれ。
必ずすぐに元気になります。術後の痛みも根性で耐え、リハビリもすぐにこなして、元旦にはとりあえず補助なしで二足歩行できるようになってみせます(でも毎年恒例の明治神宮・新春献血はできなくなりました。笑)。1月からはバリバリ原稿書きに戻ります。犬種図鑑の続きも早く書きます。華麗なる復活をしばしお待ちください。

1449911013316.jpg

(↑ 病院帰りの、バスの乗り換えをした渋谷駅ハチ公口にて。世の中はクリスマスで、すっかり浮き足立っていた)


人生山あり谷あり骨化あり
2015年12月10日 (木) | 編集 |
ふぅ〜。
難病指定の病気、確定しちゃった。
サッサと切って、切除して、早く通常どおりの元気を取り戻したい。
まあ、そりゃーちょっとはショックだけど、3日間、心と頭(情報)の準備をする期間があったから大丈夫。
敵がハッキリしたから闘う相手が確定した。不安におののくのは、もう終わり。
敵に向かって照準を合わせて、闘うのみ。

手術しても2,3日後には原稿書きやデスクワークできるって。そう言われて、安心した。すごく嬉しかった。
だから大丈夫。

(なぜか写真はいまのお気に入り。私のデスクトップの双頭の蛇)(壊れている?私?)

120409_l.jpg


新しい敵
2015年12月08日 (火) | 編集 |
師走に入り〜、忙しく働かなくちゃいけないはずなのに、座骨神経痛がなかなか改善せず。
重たい腰をあげて、MRIを予約し、昨日行ってきました。

スクリーンショット 2015-12-08 15.26.54

そしたら、思いもかけないものが見つかってしまい、今日、ふたたび再検査(精密検査)。

2日も続けてMRIに入ったよ。
今日はCTもしたよ。

すごいね、医療の進歩ってのは。
MRIのラジオ波、おなかの中や、手先まで、ほんわか温かくなるの。見えない磁力が、私のおなかの中を探ってる。
CTは、赤く鈍く光る丸いのがクルクル回ってる。クルクル回りながら、いま私を輪切りにしているんだな。

昔だったら、私の背骨の中の神経を映し出すことなんかできなかったねー。すごいね、現代の医療は。
西洋医学の行き過ぎたクスリ漬けとか、とりあえずの対処療法は好きじゃないけど、
でもやっぱり西洋医学にどれだけ助けられていることか。

はっきりした診断がつくことは大事。獣医療でもヒト医療でも。
病名がわからなければ、適切な治療法を選べないもんね。
敵がわからなければ、闘えない。適当に闘っても、勝てるわけない。

思いもかけない病気が発見されるのはコワイけど、でもちゃんとはっきりさせないと、痛いのがいつまでも続くことになる。そして早期発見の機会を逃し、よけいにヤバいことになる。

逃げちゃだめなんだ、何事も。
もう逃げないぞ。負けるな自分。

スクリーンショット 2015-12-08 15.54.07

クパは今日も元気に、
ミイラマシンのリンゴを欲しがってます。

私はこいつのために、治します。どんな手術だって、またあの手術の麻酔後の半狂乱になるような痛みがあろうと、リハビリが大変だろうと、仰向けに寝られない日が続こうと、お風呂に入れない日々が続こうと、クパを想って、我慢して乗り越えてやる!

私には、バドがついてる!