クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
今日は故パチの誕生日
2014年05月30日 (金) | 編集 |
20060810150225.jpg
2006年8月撮影。パチこのとき9歳。最後の夏

今日5月30日は、うちで生まれて、うちで死んだ、パチの誕生日。
陸やロビンたちも同じく今日が誕生日。
やっぱり、自分ちで産まれて、育てた子というのは、特別な思いがある

スクリーンショット 2014-05-30 17.28.48

産んだのは写真上の立ち耳のタビィ。
パチは耳血腫という病気のため、人生半分くらいを垂れ耳で過ごすことになったけど、垂れ耳コーギーも、雑種っぽくて可愛い。

パチが、10歳1か月で死んじゃった命日は6月25日。2007年6月25日。ああ、もう7年も前になるんだね。生きているパチとバイバイして、もう7年近く経つのか……。ずいぶん昔のことのような、でも、もう7年も経っちゃったのかと速いような。

パチ。
パチが最後の闘病していたときに、いきなり咲いた熱帯地方のサクラのように街路樹で有名なジャガランダ。
この冬、私が枝打ちしすぎて、もう本格的についに枯れちゃったかと悲しくなっていたけど、
先週、葉っぱが芽吹きだしたよ。

ロバ_20140529_111452

ちょっとパチが帰ってきた気がして嬉しいよ。


犬パル部宿題ダイジェストno.6 「マテ→コイ→スワレ→めちゃ誉め」
2014年05月29日 (木) | 編集 |
月末で、お尻に火がボーボーだっていうのに、なかなか集中できてないダメな私。
もうこうなったら忘れぬうちに、先週の宿題の結果発表しちゃう! (←だめじゃん、私ーっ。涙)

でも、楽しい作品が今週もいっぱい来ました。
今回は「コイ!」という動きのある犬パルだったので、動画投稿が多かったです。
動画も見たい人は、ぜひFBをはじめて、部員になってみてください。→東京犬パルクール部

ついでに新入部員のみなさま。犬パル部のポリシーも理解したうえで、部活動していただけたら幸いです。
犬パル部趣旨

いまも部員はこっそり増え続け、本日付で216人です。
毎回じゃんじゃん投稿してくれる常連さん、ほかの部員の投稿を楽しく読んでくれている幽霊部員さん(笑)、ほんとは自分もいつも散歩でパルクっているけど撮影部隊がいないとか夜間散歩のために写真が暗くて撮れないとかで投稿できない真面目な部員さん、などいろいろだと思います。
それぞれが、できる範囲で、愛犬と楽しい時間を過ごしてもらえたらいいなと思います。

そんで投稿写真のダイジェストレポートは、基本私は「マナー違反をしていない写真」を第一原則で選び、あとは「あまりぶれていなくてわかりやすい、きれいな写真」「いろいろな飼い主さんちの犬」「いろいろな犬種」「いろいろな風景やいろいろな国」などバラエティーに富んだものをお届けしたいと思って編集しています(←職業病だね)。とはいえ、仕事の合間にやっているので、あちょーと嵐のように選んでいるので、ムラがあるかもしれません。そのときはどうかお許しを。別に誰かを特別視するつもりはサラサラございません。私は、どんな犬であれ、みーんな好きです。これは絶対。あ、正直にいうと、すべての飼い主が全員好きかどうかはわかりません(アハハー)。でも、とにかく純血種・雑種、小型犬・中型犬・大型犬、長毛種・短毛種・滑毛種(スムースヘアね)、子犬・成犬・老犬、差別なし! あ、でも頑張っている老犬とか応援しちゃうかも。笑。それとうっかり、好きなスムースヘアのガンドッグを依怙贔屓する可能性は否めないので、そこはどうか「ツルピカ犬種好きの犬馬鹿だなぁ」と寛大なお心でお許しいただければ(笑)。

では、いくよー。

スクリーンショット 2014-05-29 16.47.02

↑ とらじさん。だっけ? 名前も可愛いですが、呼ばれてタッタと近寄ってくる姿と、オスワリして見上げた顔が可愛いですね。赤いロングリードでの練習もありがとう。

スクリーンショット 2014-05-29 16.42.55

↑ 常連のテントウ虫〜ずと勝手に呼んでいるダックスチーム。毎回テントウ虫〜ずは写真がきれいなのよね。大きいカメラを持参してお散歩しているのかな。今回は写真の良さだけでなく、芸も細かい。オスワリマテが、後ろ向きなんだよ。これも飼い主のちょっとしたひと工夫だよね。犬は「ママの方が見たい」「ママの方に行きたい」。それなのに後ろ向きマテ。このひと工夫が、犬の脳味噌をさらにグルグル刺激すると思います。ママの工夫がグッジョブです。

スクリーンショット 2014-05-29 16.46.46

↑ ドッグスポーツのひとつ「K-9ゲーム」というのがあって、大昔、お声をかけていただき、なぜかこんな私が審査員をしたことがあるのですが、今では今回のパルクールのお題と同じ、呼んで、ダッシュして飼い主さんのところに走る、という競技があるそうです。へー。まぁ、マテ、コイ、は、すべてのトレーニングの基本ですからね。飼い主と犬の信頼関係の基本ともいえると思います。

スクリーンショット 2014-05-29 16.47.21

↑ ボクサーのリキちゃんは、オイデにプラスして障害物を入れてくれました。あ! これはまさに、今週のお題の「クグッテ!」でも使えますね。あのIKEAのトンネルが、今週どうパルクールに活かされるのかも楽しみです。

スクリーンショット 2014-05-29 16.44.41

↑ お庭で団体マテと団体オイデ。えーと、何頭だっけ? 4頭? なかなか迫力でした。

スクリーンショット 2014-05-29 16.48.27

↑ こちらもスタンプーとおうちの敷地内での撮影。まさに、犬走り!ですね。最後に、めちゃ誉め〜のお顔がまぁなんて可愛いこと。くしゃくしゃされています。

スクリーンショット 2014-05-29 16.51.13

↑ 豊洲のららぽーとの小さなドッグランでもパルクってきてくれましたよ〜。ドッグランの活用法は、ただほかの犬と走らせりゃいいってもんではない。犬同士ばかりではなく、飼い主とノーリードで遊ぶ時間に活用するってのもいいですね。

スクリーンショット 2014-05-29 16.55.09

↑ 今週は、テリアLOVERSが、芋づる式に入部をしてくれまして、ケアーン・テリアやエアデール・テリア、ワイヤー・フォックス・テリアたちが急に増えましたのよ〜おほほ〜。部員のひとり(編集仕事仲間兼イタグレ飼い主)が部活内の犬種数を数えてくれたら、もう50犬種を超えていたらしい。しかも妙な(日本でポピュラーでない)犬の比率もやたら高かったりして。これも犬パル部の楽しみかもしれません。犬種に関係なく、犬はトレーニングできるし、飼い主との散歩が大好きだし! ということを、広めていきたらいいな。

でも、動画投稿が多くて、せっかくのテリアーずを紹介できない。動画を切り取るとどうしても画像の質が下がるぅ。ジレンマ−。

スクリーンショット 2014-05-29 16.55.32

↑ 「都市部の」犬パル、「東京」犬パルクール部、ということでびびってくれたファラオ・ハウンドさん。
都市部だろうが、廃キャンプ場近所の自然豊かなエリアの方だろうが、東京だろうが地方だろうが、日本はおろか海外もOKな、ボーダレスな部活動なので、じゃんじゃんこれからも送ってね−。ファラオ・ハウンドの俊敏な動きを今後も見たい。私、3年前の夏の撮影で、ファラオ・ハウンドの動きに感動したのよー(って、きゃー、犬種図鑑原稿やらなくちゃーと思い出す私。汗っ)

スクリーンショット 2014-05-29 17.02.56

↑ ほ〜ら、この子はイギリスから参加のケアーン・テリアさんです! まー、なんて可愛らしいお花畑! テリアの本場イギリスからの投稿、嬉しいです。また、こういう素敵な風景が見られるのも嬉しいです。こういうところでのびのびと暮らしている犬に負けないよう、日本でも犬をハッピーにさせてあげたいね。今度は動画でなく、ピントのぱしりとあった写真での投稿も待ってます。イギリスでのパルくり風景、見たい。

スクリーンショット 2014-05-29 17.03.34

↑ こちらはなんとメキシコから。しかもレアーな犬種よ、シルケン・ウィンド・ハウンド! この犬オタクの私も会ったことないです。小ぶりなボルゾイのような、サルーキでもないしー、みたいな感じだね。ああ、そうか、まだ公認されている国が少ないんだね。JKCやFCIでもまだ未公認犬種なんだな。でも人為的に犬種改良された犬ではなく、昔っからいたのかな? あれ、原産国はアメリカか。ちゅーことは、古来からいたサイト・ハウンドではなくて、ニンゲンが品種改良したんだな。……などと、またもや脱線してしまう私であった(犬オタクすぎると我ながら思う。だから犬種図鑑原稿が時間かかりすぎちゃう。号泣)

スクリーンショット 2014-05-29 16.58.50

↑ こちらは日本の弥生時代からタイムスリップしての投稿です。ウソです(笑)。竪穴式住居前の走ってるダックスさん、見えるぅ? このあと動画で、一生懸命走ってきてくれました。

スクリーンショット 2014-05-29 16.56.36

↑ きゃわいいいシーリハム・テリアさん。可愛いけど、性格はしっかり気丈なやっぱり超テリアしてるみたいよー。呼ばれてホイホイ飛んで来る(素直な)ガンドッグとは根っこが違うので、トレーニング方法というか飼い主の忍耐力の必要性も違うけど、だけど、このテリア・キャラクターがいいんだよね。
でも、見かけの可愛さにすぐ手をだして、飼いきれなくて捨てちゃうバカ飼い主もおります。テリアは見かけは本当に可愛いけど、ちゃんとテリアの中味も理解し、愛してくれる人限定で飼ってほしいものです。

だけどとにかくシーリハムさんの短足ぶりは、やはり個人的に好きです。

スクリーンショット 2014-05-29 17.01.40

↑ あった、あった、動画じゃないケアーンさん。テリアは、遊び好き、好奇心強いから、トレーニングもほんとゲーム感覚で覚えちゃう賢さがある。飽きっぽいけど。爆。テリアの気質にうまくあった導き方をして、天才ちゃんをいっぱい育ててほしいなと思います。

スクリーンショット 2014-05-29 16.56.14

↑ これねー、すごいのよ! 今週の技術賞! 動画なので画像が荒いですが、よく見るとですね。ボーダー・コリーさんの後ろにちょこんとアメリカン・ビーグルさんが座ってマッテいるのです。まずボーダーさんだけを呼び(その間、ビーグルはグッと我慢して、まだマツ)、そのあとやっと自分が呼ばれて走って来るの。すごーい!! 普通、犬は同調する動物(だから群れで生きられる)なので、仲間と同じ行動をとろうとするもの。だから同居犬やドッグランで誰かが吠えだしたら、みんなが吠えちゃうでしょ。誰かが走り出したら、一斉に走り出しちゃうでしょ。興奮がシンクロしちゃうんだよね。
なのに、この忍耐力。ママのコマンドで、おとなりのボーダー・コリーが走り出しても、自分はじっとまだマツ。えらい!! グッジョブ! うちのクパメルに、爪の垢を煎じて飲ませたい!

スクリーンショット 2014-05-29 17.00.33

↑ 可愛いシュナちゃん、こんにちは。まだ子犬かな? 小さいときからいっぱい社会化できると、きっといい子に育つね。あ、でもこれ、マイ邸宅の敷地内ならいいんですけど、もしも公園だったらロングリードを使ってくださいね−。脱走・交通事故が心配だしね。よろしくね。

スクリーンショット 2014-05-29 16.59.12

↑ 丘の上で、ちんまりとマテするチワワ。かわいいいーー。いい子ぉ。チワワちゃんが小さいから遠近法のせいか、すごーく遠くに見える(笑)。それかマテがほんとにすごくて、ほんとに距離が遠いのかもしれぬ。

そうそう、私、みんなの動画を見ながら、最後に「いい子ぉ!」と誉めちぎる飼い主さんと一緒に、ついつい私まで「いい子ぉ!」と声をだしちゃうんだよね。笑。いやー、人んちのコでも、一生懸命やっている姿は、実に可愛いもんです。

スクリーンショット 2014-05-29 16.52.15

↑ この子にも「いい子ぉ」とつい大きな声で言っちゃいました。昨年、目の手術をして、義眼で、全盲なんだけど、ちゃんと飼い主さんの声に反応し、ちゃんとオイデして、ちゃんとオスワリするの。涙でそうだった。犬は、ニンゲンほど視覚に頼った生活ではないとはいえ、犬の健気さ、そして飼い主さんの愛情がじんわり伝わってくる、いい投稿でした。

スクリーンショット 2014-05-29 17.01.54

↑ これも、飼い主さんと愛犬の絆がよく見える心温まる写真ね。とくに最後の1枚。ママの笑顔がいい。ルンルンと走りよるイタグレちゃんの動きとお耳もいいよね。

スクリーンショット 2014-05-29 16.40.30

↑ なんて、可愛いんでしょー! 飛んでる! 
ママに呼ばれたら、ものすごい笑顔で飛んで来る。これがコイ、オイデの悦び!

ああ、犬と暮らすって、幸せだなぁ。と、思ってしまう今回のお題でした♪


犬パルクール部、5月4週目のお題
2014年05月29日 (木) | 編集 |
あわわ、遅れちゃった−。すいません!
ちょっと今週来週は月末月初で、たてこんでおります。
なので、来週の課題はお休みさせてもらおうと思います。ゆるい部長でごめんちゃい。
でも、もーしも意外や原稿が早く書けたり、とか、現実逃避で課題発表レポートまとめたくなったりするかもしれないけど。そんな場合じゃないか、私。うー。頑張れ、私。

ま、ともかく。

そこで今週の2週間分の宿題は、

「クグッテ」

ロバ_20140525_144208

まぁ、最初は「クグッテ」を教える必要がありますよね。
最初、メルにも「なに、やらせる気?」と怪訝そうな顔をされました。
クパは、「なに? お、こうすればいいの? おお、こうすればママは喜ぶのね、ほな、ボクやります」という顔しますが、メルは何度も「このくそあついときに、何度も何度も、意味わからんわ」という顔をされました。笑。まずは、そこからです。

ただ単に、犬が自主的に、トンネル状のターゲットや、柵の下などをくぐるのではなく、
飼い主が、コマンドでやらせることに意義があるので、「クグッテ」のコマンドを理解させてね。
もちろん、言い方は「クグッテ」でも「クグレ」でも「モグレ」(笑)でもなんでもよろしいかと。

警察犬の訓練のときとか、アジリティのトンネルとか、こういうときのコマンドの専門用語、あるのかしらね〜? でも、なんでもいいです、「わが家流」でよい。それがわが部のゆるさです。笑。

クグッテ、を理解したかを確認するためには、

スワレ→マテ→クグッテ→誉めちぎる。

という流れにするといいかもしれません。うちは、そうしました。

では、みなさんの素晴らしいオリジナリティあふれる「クグッテ」と、地域色あふれる「ターゲット」を楽しみにしております。
くれぐれも遊具とかは使わないで、よそ様に迷惑をかけないターゲット探しをよろしくお願いします!

今回は2週間時間があるので、ゆっくりお題に挑戦してみてね。

私もこの間、原稿も頑張るけど、夜中散歩で、くぐるターゲット探しも頑張ります。

あ、だけど、今日はもーうめちゃ暑いね。私の仕事部屋(1戸建ての3階部分)、31℃を突破してました。まだ5月なのに、やってらんないよーっ。

そういうわけで、夏の犬パルクール、涼しい時間を選んだり、犬用水筒持参したり、木陰休憩などの時間を多くとり、犬が熱中症にならないように気をつけてね。私はいつもアスファルトが熱くないか、自分の手のひらで確認してみるようにしています。とはいえ、スパルタな飼い主なので、けっこう暑い時間も連れ回しちゃうんだけど、タフで頑丈なポインター種はともかく、短頭種のメルはね、過酷な条件だとスパルタしちゃうとほんと冗談じゃなく死ぬ危険があるから、私もスパルタはほどほどにしなくちゃ。

みんなも気をつけて、犬パル散歩を楽しんでください。

それでは、月末、頑張りましょー。


きゃーーっ
2014年05月26日 (月) | 編集 |
土曜日に取材に行った獣医さんちで、
たまたまゴールデンの赤ちゃんが産まれていたのを見せてもらった。

仕事そっちのけで、きゃ〜〜〜〜っ、となりました。

ロバ_20140524_153349


やっぱさー、いかなる場合でも、子犬は最高に可愛いって。反則だって。笑。
この子は、4月中旬産まれだから、生後1か月ちょいかな。

ペットショップで見たら、そりゃ可愛いに決まっている。
でもこんな時期はほんのわずか。

心ある、ブリーダーさんちに、
子犬を予約して(それ以前にその犬種をさんざん予習してからね)
無事に生まれたら、お母さんと子犬が一緒にいるところを毎週のように見せてくれるようなブリーダーさんなら理想だね。

子犬のこの可愛さはそりゃ見たい。
でも、まだお母さん犬から離しちゃだめだ。
それをわかってくれるブリーダーと、飼い主にならないとだめだよね。

お母さん犬のおっぱいいっぱい吸って、お母さんと一緒に寝て、安定した心を育て、
きょうだい犬といっぱいふざけて遊んで、犬同士の駆け引きを学んで、犬らしい安定した情緒と知能を育む。
そういう環境で大きくなった子犬は、
結局、そのあと、飼いやすくなるんだよ。

一時のぬいぐるみのような可愛さを欲しがるよりも、
長い目でみれば絶対にそっちが飼い主側家族にとって得策だってば。
もちろん、子犬の人生のためにもいい。
シャイで臆病でびびりな犬は、飼い主も気苦労が絶えないが、犬だって心が消耗しやすいもん。
反対に、心の強い犬は、ストレスに強い、環境適応能力がある。ストレスに強ければ、免疫力も高くて、病気にも強くなる可能性だってあるかもしれない。

もちろん犬種差や血統差もあるし、生き物だから工場生産品のように品質・性質は一定ではない(だから、おもしろいとも言う)。
だけど、できるだけハッピーな人生にしてあげるように環境を整えてあげるってことが、ヒトとして・飼い主として・保護責任管理者として望ましいと思うんだ。

パピーちゃんに幸あれ!

犬パル部宿題ダイジェストno.5「愛犬と飼い主が一緒にパルクってみる」
2014年05月23日 (金) | 編集 |
どーする、犬パル部、今日の時点で、部員が210人だって! すごーい(どこか他人事というか、実感が湧いていないというか、ゆる〜い部長。笑)。

さてさて、5月2週目のお題「愛犬と飼い主が一緒にパルクってみる」

はたしてどんなことになるやらと、ワクワク半分、不安半分の部長でありましたが、
そんな心配をぶっ飛ばす素晴らしい投稿の数々!!
部長の想像をはるかに超えた、犬と飼い主のブラボーな絆の写真がたくさん集まり、私は嬉しくて嬉しくて。

わかりやすい動画もいっぱい来たんだけど、アップの仕方がわからないので、
動画を見たい人はぜひFBでメンバーになってね。→ 東京犬パルクール部

初めて今日このブログを読んで「意味がわからん!」という人は、コメントくださいね〜。

さー、それではギャートルズなアナログ部長、紹介いきますっ!

スクリーンショット 2014-05-23 19.37.33

↑ 飼い主の軽やかな動きも、犬の運動性能も、カメラの技術も、お天気も、すべてが素晴らしいミックスのルーキーちゃんち!

スクリーンショット 2014-05-23 19.34.02

↑ イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルのひめちゃんち! いいねぇ、パパさん、体力あるねぇ、一緒に走れることが素晴らしい。小川ジャンプもいいですね。

スクリーンショット 2014-05-23 19.34.16

↑ こちらもスプリンガー。これは去年の写真だそうですが、このママに身も心も信頼しきってプカプカしている姿は、なかなかできるもんじゃーありません。よほど信頼されているのでしょう!

スクリーンショット 2014-05-23 19.33.46

↑ こんなユニークなお写真も! 私設ジムで、ボーダー・コリーも参加してみたって。銀ちゃん、ママに付き合ってくれてありがとね(笑)。

スクリーンショット 2014-05-23 19.35.39
スクリーンショット 2014-05-23 19.35.59
スクリーンショット 2014-05-23 19.36.10
スクリーンショット 2014-05-23 19.36.23

↑ 一緒にパルくる、のニュースター、ニューユニット登場です!! ゴールデンのモリィちゃんち!
パパさんの運動性能、すごくないっ!? しかも犬パルの趣旨をとてもよく伝えてくれている! パパの迫力あるジャンプに脱帽ですっ。

スクリーンショット 2014-05-23 19.38.23

↑ あんまりに素晴らしいので、モリィパパ、もういっちょ!
最後にモリィちゃんが「あ、パパ、大丈夫?」って振り向いているのが可愛いなぁ、ゴールデン♪ 
それにしてもパパすごいねー。ほんと。ケガしないように、これからも素晴らしい作品を期待しています。

ママのお話しによると、最初はそんなに乗り気じゃなかったパパさん、パルくっているうちにだんだん楽しくなってきちゃったんだって。いい話しじゃあありませんか! これぞ犬パルの魅力です!

スクリーンショット 2014-05-23 19.36.56

↑ 移動していないけど、こんな共同作業も。
ママが片足をあげているとき、実は軸足の方がぷるぷるしちゃうんだって。(ニンゲンが)よき運動になりますね。笑。

スクリーンショット 2014-05-23 19.38.00

↑ ミニチュア・ダックスのテントウ虫チーム。小型犬にとっては、グレイチングもジャンプする障害物ですね。実は短いあんよで「えいっ」と飛んでいるんだよね。

スクリーンショット 2014-05-23 19.39.00

↑ パパと走るイタグレちゃん。なんか、犬もすっごく楽しそう! いいね、いいね、これが犬パルのいいとこだね。前肢が可愛い。

スクリーンショット 2014-05-23 19.39.25

↑ またまた雨の香港より。このパルくる・ターゲット、ちょうどいいね。連続ジャンプできるね。これって、香港の車止めなのかな? けっこうバンパーがぶっ壊れそうな頑丈な車止めですな。

スクリーンショット 2014-05-23 19.39.55

↑こちらはクロアチア。おいおい、この倒木、ゆらゆらしないのっ!? 大冒険だな、こりゃ。いやいや、日本の犬と飼い主が過保護すぎるのかも。犬はこれくらい、へいっちゃら! 危険予知能力、ちゃんとあるよね、動物だもん。だけど飼い主さん、お怪我はなさらないでね〜(骨折経験女は、へたれなのです)。

スクリーンショット 2014-05-23 19.40.42

↑こちらはオランダから。この一生懸命の後ろ足が可愛すぎるじゃないか! 短い足じゃあないのに、なに、この愛らしさは!

それにしても外国からの投稿は、パルくるターゲットが、やはり日本とはちょっと違って、それもおもしろいです。

スクリーンショット 2014-05-23 19.41.27

↑ ミックスのなつちゃん。日本です。階段です(笑)。
これをターゲットに選ぶママを尊敬します。私も、運動不足を解消しなくちゃ、と反省いたしました。
小型犬のなつちゃんでも、ママよりもちろん駆け上がるスピードは速いそうです。当たり前だけどね。どんな小さな犬でも、ニンゲンより短距離走は速い。小型犬の運動性能を甘くみちゃいけないね。

スクリーンショット 2014-05-23 19.42.03

↑ これまた素敵な作品です! ドーゥドルさんちだっけ?
お互いで支え合ってないと、バランスがとれないんだって。犬と飼い主、これからも支えあって生きていくの 移動運動じゃないけど、部長はゆるいから、採用!

スクリーンショット 2014-05-23 19.42.49

↑ オーストラリアン・シェパードのリリちゃんち! オーシーは初登場かな!? これ、動画だったの。動画も、こうやって一部分を切り取れば紹介できるんだ! と、気がついたぞ! どう、ちゃんと見えてる?
かっこいいねー、臨場感たっぷりだ。

今回のお題は、パパさんたちが大活躍ですね。いいですね、いいですね。
どんどん男性諸君にも犬パルを楽しんでもらいたいと思います。

スクリーンショット 2014-05-23 19.43.38

↑ イタグレちゃんの小川ジャーンプ! いいですね。躍動感ばっちりです。
アスリートな女子諸君にも、これまで以上に犬との暮らしを楽しんでもらっちゃいましょー♪


なんか、今回のお題は、私の想像以上に、部員のみんなの発想が素晴らしく、そして何よりも飼い主も犬もすごく楽しそうな雰囲気が伝わってきました。犬がやっぱり笑顔なんだよ。やっぱりパパやママと一緒に走れるのは嬉しいんだよね。よい、よい。このお題はそういう点でも、またパルクールという移動運動、という点でも、とても良いお題だったな、と思いました。これは絶対、定番にして、ちょくちょく宿題にしたいと思います。

だから、みんな、こっそりターゲット探し、日頃からしておくように!

みんなが楽しんで、犬と散歩で盛り上がってくれて、私はとっても嬉しいです。
犬パル部、始めてよかった!!

そして最後に可愛いイラストをお届けします。
散歩は夜で、ひとりだから、今回のお題の撮影ができなかったからって、イラストで表現!

スクリーンショット 2014-05-23 19.40.11

めちゃ可愛い。スタッフィー(スタフォードシャー・テリア)のジンちゃん、写真でお会いできる日もお待ちしております。

今週の宿題「マテ→コイ→(飼い主の前か横に)スワレ→めちゃ誉め」も、ただいまゾクゾクと集まり中です。来週も乞うご期待!

久しぶりの惨劇
2014年05月23日 (金) | 編集 |
スクリーンショット 2014-05-23 15.10.00
昨日の出来事なんだけどね。仕事から帰って玄関開けたらこのザマよ

あんまりだ……。
ちょっと3日続けて出稼ぎに出ただけなのに。
いくら雷だからって。
今までやられたことないからと、置きっ放しにした私が悪い。
バイオポストという働き者のバクテリア満載の土を襲撃された。高かったのに。

たぶんメルの仕業。
と、思っていたが、昨夜と今朝のクパのウンチが黒い。
今週、骨付きチキンをあげたら下痢したため、絶食&少量慣らしお粥だったの。
そのせいでミネラル不足とか腹減りすぎで飢えていたのかな。
この土、古い土を生き返らせるミラクルな土なので、なんか良い匂いがしたのかもなぁ。

バドはすこぶる分離不安のワルだったから、こんなの日常茶飯事だったけど、クパメルではほとんどないからぁ。メルが一度石鹸喰ったり、バナナ食ったり、洋ナシ食ったくらい。
いやー、久しぶりで、なんとも、呆然とするやら、懐かしいやら、でしたよ。笑。

お風呂場になぜか入り、濡れた足になったせいで、2頭の足の裏スタンプが、階段もリビングも洗面所もいっぱいだった。ちくしょー。
今日から外国の家みたいに土足にします。と言いたくなった。

スタンプマークのラグたちを本日洗濯しまくりました。晴れてよかった。涙。

スクリーンショット 2014-05-23 15.32.37

可愛い顔しやがって。

今日も、お芋をマッシュしてあげました。早くお腹治りますように。


犬パルクール部、5月3週目のお題
2014年05月21日 (水) | 編集 |
火曜日が宿題発表の日! とか言いつつ、またまた遅くなってしまいました。すいませ〜ん。

今週のお題は

マテ→コイ→(飼い主の前か横に)スワレ→めちゃ誉め

と、ちょっくら遠隔操作(あ、いま話題の。汗っ)にしてみませんか。

ロバ_20140413_153545
「ヨシっ、オイデ!」 
山奥の、民家もないし、登山客ルートもない吊り橋にて(ノーリードだと怒らないでほすぃ〜ゆるい部長より)
吊り橋練習だと呼んで近寄ったときに、もしスワレマテができずに、鉄砲玉になろうとしても捕獲しやすいです


都市部、民家や道路のあるところでは必ずロングリードをつけてやってくださいね。

犬パル部は、なにも高等なことをやらなくていいのです。
リードは1〜2メートルでも十分です。慣れてきたらロングリードでもいいし。

とにかく、まずは、座ってマテ、でもいいし、フセさせてマテをさせてみましょう。
スワレだけではすぐ立ち上がって、「だるまさんがころんだ」のようにそろ〜りそろ〜りと犬がママのうしろについてきちゃうかもしれません。そういうときは、フセさせてマテ、の方がより成功率が高いです(メルがそうです)。

「ママ(パパ)がいなくなると不安っ」と、犬はすぐに後ろについてこようとするでしょう。そりゃ正しい犬の反応です。でも、そこをちょっと我慢させる。その間、犬は脳味噌グルグル、緊張ドキドキです。それが意外と大事な刺激、重要な服従訓練。オビディエンスの基本ですね(って、私はまったくえらそーなことはいえないけど。ガハハ)。

飼い主が背中を向けて立ち去ると、すぐ犬は立ち上がると思います。だから、最初は、背中を見せずに、飼い主は犬の方を向いたまま「マテ!」と目力で制してください。

少し離れたら、数秒、あるいはできる犬は1分、とか、マテの時間を延ばしてみる。
犬はとにかく飼い主のそばに行きたい!でもマテって言われているから言うことも聞かなくちゃ!と葛藤した顔をするはずです。(この顔、意外とチョー可愛いもんよ)

その葛藤、我慢、忍耐、が大事な刺激、大事な勉強になるかと思います。

そして犬が立ち上がる前(失敗する前)(勝手に自己判断で行動する前)に、
「コイ!」とか「Come!」とか「オイデ!」と、コマンドを与えると、
犬は、ヤッホー!と飛んできます。(この顔も、最高に最高に愛しく可愛いもんです)

でもそこでもう一発、試練を与えます。飼い主のそばにきたら、「スワレ」とコマンドを与え、もう一度、犬に自制させる。ヤッホー!となっているときは、嬉しくて興奮マックス状態なので、そこをいま一度冷静にさせてみるのです。

そして犬が飼い主の前でも横でも、きちんとスワレができたら、そこでめちゃめちゃ誉めてあげる。

こういう流れです。

これは距離が長いことがいいってもんではありません。

大事なのは、飼い主と離れてもグッと我慢のコになれること。
そして、ヤッホーと走って飼い主の元へやっとそばに来ることを許されたところで、もう一度グッと我慢のコになって、飼い主のコマンドに耳を傾けることができること。で、あります。

あ。それ以前にですね、飼い主が離れたとたん、「I’m free!!!」になってしまい、鉄砲玉になるのはいただけません。飼い主に呼ばれても、来ない犬。飼い主に呼ばれても無視する犬。それは由々しき事態です。おそらく欧米ではありえないのではないでしょうか。

私ね、呼び戻しができないコが多いってのは、ほんと残念だなと思っているの。
ドッグランでも、ぜーんぜん、飼い主の声を無視しちゃう犬いるでしょ。飼い主のこと大事に思ってないというか、信頼関係がないというか。

呼び戻しができることって、飼い主と飼い犬の基本中の基本だと思うんだ。
それに、なにしろね、そういう堅いこと言わなくてもね、
とにかく、飼い主が呼んで、嬉しそうにすっ飛んで帰ってくる犬って、最高に可愛いよ。絆を感じるよ。

それに、呼び戻しが確実にできていれば、
迷子や失踪などの事故も減ると思います。
とくにいまから日本は雷や花火大会が多くなる季節でしょ。
雷や花火のときに、パニックになって迷子や脱走しちゃう犬はとても多い。
パニックになったときに100%呼び戻しができるかと言われると、私だって自信ないけど、
でも、そういう不測の事態のときに少しでも役に立つように、
完成度を高めていく練習を、いつも繰り返ししておくことが大事だと思う。

そのための練習は、距離よりも「(犬が興奮を)自制できる」気持ちを育てること。
そして「飼い主が絶対に大好きな存在である」絆を作ること。

呼ばれたら、来る。
コマンド(マテ)を言われたら、我慢する。
呼ばれたらすっ飛んでくる。
コマンド(スワレ)を言われたら、自制して、飼い主の足元に座る。

まず1メートルから始めてください。
いきなり難しいことをしても逆効果だから、確実に、できるレベルからやらせてみてね。
そんでレベルアップしたらロングリードでやってみる。
さらにできるコで、マイお山やマイドッグランなどのよい環境があるユニット(飼い主&犬)は、
たとえば、小川の向こうで、犬を待たせる → 飼い主、小川を渡ったところで、犬を呼ぶ → 犬、小川ジャーンプ → 飼い主のそばに来たらスワレ → めちゃ誉めちぎる。 など、途中で障害物競走を交えたりできちゃったりすると、高等だね(妄想広がる)。

まぁ、そんな高等技術はうちのクパメルにはまだ100年早いかな。笑。そういう素敵な環境もないしなぁ。

とにかく、大事なことは、失敗はさせないこと。
ロングリードつけていたら、鉄砲玉になっても、勝手な行動をしようとしたときに、コントロール下におけるからね。交通事故や迷子は絶対禁止ね。安全な場所、安全なリード付きで、パルくってください。
そして、公園など街中ではほかの方に迷惑をかけないように、オンリードでお願いします! よろしくね。


おおっ、いま気がついた! 本日、部員が200人突破してるっ! ひょえーっ(部長、焦るっ)。

でもこれからも、ゆる〜く、たのしく、マナーよく。犬パル部、ゆるゆると楽しんでいきましょう♪


犬パル部宿題ダイジェストno.4「タッチ」
2014年05月18日 (日) | 編集 |
えーと、えーと、今月はお仕事がちょっと忙しくなってきて、かつ来週から新しいお仕事も動き出すので、犬パル部のまとめがなかなかできずどうしたもんか、と焦っている私です。
とはいえ、宿題を2週に1度にするとね、
2週間前の投稿を、FBの大量の投稿の中を遡るのもまた大変だといま思ったりして。
今後は、ダイジェスト発表の写真点数を減らしていくかもしれないけど、そのときはよろしくー。
えーと、ただいま本日14:12の段階で、会員さんは167人です。
東京犬パルクール部のfacebook
最初の爆発的な応募は落ち着いてきましたが、それでも毎日こっそり入部希望者が来てくれます。
来る者拒まず、去る者追わずの部活です。
あ、でも先週から、あやしげなエッチ出会い系、偽名らしき入部希望者もちらほら応募してくるようになったので、部長判断で、グループ入りを承認しないケースもでてきています。
でも万が一、「私、ほんとに犬が好きで、犬パルしたいのに!」「いまは犬を飼っていないけど、いつか飼いたいと思っているから向学のために、犬パル部に入部したいのに!」という純粋な志の方を私が却下していないかなとは心配になっています。私になかなか承認されないのはなぜだ!?と思っている本物の犬の好きな方は、私に直接メッセージくださいませ。

はい、それではお待たせしました!
連休明け、5月1週目のお題は
「タッチ」でした。
基本中の基本ですが、それだけに奥が深いタッチの技を、部員のみんなが披露してくれました!

スクリーンショット 2014-05-18 13.59.02

↑ 白いシュナちゃんとコリー?シェルティかな? ちょっと縮尺がわかりませんが、
カワイコちゃんが、岩タッチを頑張ってくれました。

スクリーンショット 2014-05-18 13.55.35

↑ もーう、この困って焦っているワイマの顔、だーいすき♪ でも、仕方ないんだよね、この電柱の垂直タッチは高等技術。足のひっかかる置き場のない垂直タッチ、まだメルとクパ、できていません。しかも電柱はツルツルしてるからよけいに難しいよね。グッジョブです!

スクリーンショット 2014-05-18 13.56.26

↑ ただ景色を見ているのではないかという疑惑(笑)。うそ、うそ、きっと大丈夫。この子のパパはトレーナーさんだし! だけど、眺めがよくて気持ちよそさうなのは、どっちみちいいことです。

スクリーンショット 2014-05-18 13.56.50

↑ 黒柴ちゃんの、この奥ゆかしい、ちょっと警戒のタッチが、柴らしくて、いいですねぇ。彼なりにすごく頑張ってる!

スクリーンショット 2014-05-18 13.57.21

↑ コッカープーのデコちゃんは、素晴らしい動画も投稿してくれました。でも私がここでどうやってその動画をアップしてよいのかわからない。みなさまにお見せできないのが残念です。動画投稿を見たい人はぜひ入部をオススメします。笑。デコちゃんは、タッチコマンド、完璧理解。すごいです。そして、このドヤ顔も最高です。

スクリーンショット 2014-05-18 13.58.40

↑ ドヤ顔ぶりではこのブルテリアも負けていません。いいですね、この「どやっ!」って顔。犬は誉められると、どんどん吸収していくし、喜びます。自信もついてきます。どんどん仕事をさせて、誉めてあげましょう!

スクリーンショット 2014-05-18 13.59.29

↑ でっかいグレート・デーンも、頑張ってます。超大型犬はターゲット探しが難航しますが、住民のみなさんも温かい目で犬パルを見守っていただけると嬉しいですね。それにしても、間近で犬パルってるデーンを見たら、そりゃ迫力だろうなぁ。私もそばで拝見したい!

スクリーンショット 2014-05-18 14.00.31

↑ 超小型犬だってパルくってます。小型犬にとっては、こーんな背の高さのものでも十分ターゲットになるんですね。愛らしい。

スクリーンショット 2014-05-18 14.00.53

↑ この緊張した耳が、可愛いですね。コーギーちゃんずです。何度もやって、誉めちぎられているうちに、喜々としてやりだし、お耳の表情も変わってくるでしょう。その日が来るのが楽しみです。

スクリーンショット 2014-05-18 14.01.31

↑ 「しょうがないわね、やってあげてもよろしくてよ。でも片手だけね」。と言わんばかりのサラ女王。イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルです。ツツジもきれいだね。5月らしいね。こういう季節感や、町並み感がわかる写真もこれからもっと募集したいですね。

スクリーンショット 2014-05-18 14.02.52

↑ 香港はいま雨が多いんだって。雨の合間をぬってのお散歩でパルくってくれてます。ゴミ箱に書いてある字や形状が日本と違って、異国感漂いますね。

スクリーンショット 2014-05-18 14.03.15

↑ 日常の1枚の犬パル写真。派手ではありませんが、都会の犬でパルくる、という基本のような1枚だと思います。毎日、毎日、ちょっとずつ練習できるのが、犬パルの魅力です。ワイマちゃん、タッチ、すぐコマンド覚えるようになると思うよ。

スクリーンショット 2014-05-18 14.03.46

↑ びびりちゃんという申告のミックスちゃんも緊張しながらよく頑張ってます。無理強いはしないであげてほしいけど、楽しく、朗らかに、毎日ちょっとずつ練習してね!

スクリーンショット 2014-05-18 14.04.05

↑ こちらは余裕の笑顔のダックスちゃん。余裕の笑顔がまぶしいですね。ハッピーそうで、大変よろしい! おやつが欲しい、お首がグイ〜ンも可愛いです。

スクリーンショット 2014-05-18 14.04.47

↑ 今週の大ヒット1枚。タケノコタッチ、タケノコ・どすこい写真です! サイコー! それにしてもよく折らないな。ああ、これくらいでっかいタケノコはかなり中味もしっかり強いのかもね。
ボストン・テリアさんは来年は、フランスに実在するトリュフ犬よろしく、日本のタケノコ犬も目指せるかもしれません。でもほんと、日本もちょっとトレーニングすれば、マツタケ犬とか、タケノコ犬とか、クンクン探し系の仕事を任せると効率上がると思うな〜。

スクリーンショット 2014-05-18 14.05.08

↑、すがすがしい、よい後ろ姿タッチですなぁ。なんか滝を観光している人みたい。笑。えーと、右のマッチョ君(ミックス。お名前ど忘れ。我が部員。あ、思い出した! ロッキーだ!)のお友達の左の黒い子は、コリー×アイリッシュ・セターとのこと(だったような。記憶が薄れている)。ロッキーは帰国子女って言ってたけど、あれ、この滝は日本? それともアメリカ? なんだか、ロッキーたちがいると、外国の風景に見えるな。

スクリーンショット 2014-05-18 14.06.37

↑ こちらは可愛い。基本的な美しいタッチです。街中パルクールにふさわしい1枚。むしろ都会で頑張る、という点では、こちらが王道ともいえます。(でも、犬が喜べば、ルールがゆるいから、都会でも森の中でもなんでもアリの東京犬パルクール部なんだけどね。えへへ)

スクリーンショット 2014-05-18 14.07.42

↑ アイリッシュ・セッターも、垂直タッチ! すごい、すごい。どうやって誘導しているのか、今度教えてほしいぃ。

スクリーンショット 2014-05-18 14.07.59

↑ こちらも垂直タッチです。でも「よっこらしょ」と、岩をひっくり返しているようにも見えると、部員よりコメントが。そう思うと、よけいに可愛い♪

スクリーンショット 2014-05-18 14.08.43

↑ こちらはクロアチアから。王道の街中パルクールですね。一番上のタッチしているのは、電柱なんだって。電柱すら、おしゃれじゃないかーっ! と、惚れ惚れしてしまうのでありました。撮影中は、なんだなんだと、みんなに見られちゃったんだって。外国でも犬パルは目立つのね。でも温かく見守ってくれたそうです。
この国では、市街地ではノーリードは罰金、だけど森や防波堤内の河川敷ではノーリードOKなど、メリハリのあるルールがあるそうです。そういう風に日本もなればいいね。

スクリーンショット 2014-05-18 14.09.02

↑ はい、それでは、東京犬パル部にふさわしい(笑)、東京の街の片隅で。イングリッシュ・ポインターのコレちゃんです。哀愁漂うタッチが、いい感じ。グッジョブ!

おおぅ、途中で指がなんかのキーにタッチしていまい、原稿がぶっとんだかと焦ったけど、大丈夫かな!?

スクリーンショット 2014-05-18 13.57.49

↑ 忘れちゃいけない! 今週の大賞! みんなで揃って、並んで団体タッチ!!!
タッチさせるだけでなく、タッチしたままマテ、をこれだけ大人数できる(自由な子もちらほらいるけど、それもまた愛らしい)ってのは、すごいことです。グーーージョブ!!!


では、私は、いまからうちの犬を走らせにちょっくら出かけようと思います(もう3時すぎだってのに)。ゴールデン・ウィーク前に爆走したきり、お山には出かけてなかったの。そうすると、ちょっと夜中で道路で誰かの影が近づいただけで、バウっと過敏に吠えたりする。くたびれさせないとねー。


メルの幸福論
2014年05月18日 (日) | 編集 |
ロバ_20140518_131732

狭いのにメルがうたた寝してるマチュのぴったり隣りに、強引に割り込んだ。
だんだんぴったり密接。
臭くないのか、狭すぎないか、暑くないのか、息苦しくないのか。

だけどこれはメルが望んだこと。これがメルの幸せ。

(そんでマチュはまったく起きずに、そのまま爆睡)

ロバ_20140518_131751


クパの幸福論
2014年05月18日 (日) | 編集 |
スクリーンショット 2014-05-18 12.58.02

撫でてたら、イビキかいて寝始めた。
クパ、幸せにしてやる。
私が、幸せにしてやる。
飼い主が犬に幸せにしてもらうのは二次的産物だ。
飼い主が、自分の犬を幸せにしてあげるのだ。それが、飼う、ということ。
できれば、犬が天に召されるまで。
でも、クパ、イビキ、うるさい。
[READ MORE...]
新潟市取材と秋田犬取材♪
2014年05月15日 (木) | 編集 |
日曜日は久しぶりに出張。世の中は「母の日」だったけど、私は久しぶりに新幹線に乗れたことにウキウキしまくり。今回は、犬仕事ではなく、クルマ仕事だったのだけど。うふっ。クルマ取材も好き。楽しい。

ちびコラムで地元情報も書くので、ちょっとした観光も(いえ、観光じゃないぞ、取材だった。でも仕事を忘れそうになるほど楽しくて)。

ロバ_20140511_125039
新潟市のウォーターフロントにて。佐渡島へ渡るフェリー。けっこう迫力ある。大きなお船

ああ、ずいぶん昔に佐渡に行ったきりだなぁ。マチュを連れて行ってあげたいなぁ。

新潟市歴史博物館「みなとぴあ」には、歴史ある建物が複数移築・復元されてる。
新潟は、函館・横浜・神戸・長崎と並んで、日本の5大港町なんだって。歴史が古く、石造りの建物など異国情緒漂う。洗練されてて、お金も文化も潤沢だった街のような気がする。

みなとぴあ内にある地元新潟のワイナリーが経営しているレストランも、これまた立派でして。

ロバ_20140511_130312
天井高いっ

ロバ_20140511_130302
彫刻も細かい。素晴らしい

大理石の廊下、1枚板の重厚な木の扉など、素敵でした。トイレすら素敵(←トイレって、意外と建物の重要な裏の顔よね。私、必ずトイレをチェックしたがる)

ランチもコースも美味でした。取材前だったので、ワインが飲めなかったのが悔やまれるぅ。

そして無事に取材も終わり、帰りの新潟駅で、

忠犬タマ公を発見!

ロバ_20140511_174313

きゃーーー。(犬ならなんでも喜ぶ私)

ロバ_20140511_174242

読めるかな。飼い主や、飼い主とその仲間を、二度にもわたり、雪崩の中から掘り起こして助けてくれた猟犬なんだそうだ。和犬だね。秋田犬よりこぶりで、地元の和犬で、マタギのようにシカやイノシシやクマ猟をしていたのかな。メスだった。経産婦で、おっぱいがいっぱい。メスでも勇敢に、飼い主を見捨てなかったんだ。
新潟のタマ公に会えて、嬉しかった。

そして、東京に戻ってきた翌日に、急に、秋田犬の子犬に会うという取材が舞い込んだ。
それで昨日、記者会見に行ってきました。
秋田県の大館市・北秋田市でこの秋に芸術祭を開催するそうです。

ゼロダテ

アーティストの日比野克彦氏や劇作家の平田オリザ氏なども出席されており、ああ、秋田、行きたいなぁ〜と思いました。なにしろキャッチコピーがいい。

「里に犬、山に熊。」

ロゴマークのデザインも素敵なのです。
最近、美術館にも行ってないし、アートなショップにも行ってなかったので、よけいに刺激的だった。ああ、ちゃんとアートに触れる生活しなくちゃなぁ、と思った次第です。

そんでね、ゼロダテの広報戦略室の、生後4か月の秋田犬の「ののちゃん」も上京していました。

ロバ_20140514_160848

可愛い。むくむく。
だけど、ちょっとお疲れで、可哀想。(と、思ってしまうのは、あの会場で私だけだったかもしれない)。

ロバ_20140514_160911

昨日、クルマで東京に移動したそうだ。
一般人から見ると、中型犬サイズだから大きく見えるけど、まだまだ4か月のおこちゃま。取材で行ってるくせに「お水飲ましてあげたら? 下痢してませんか?」と、小さい声でスタッフに耳打ちしてしまう私。仕事人としてはどうかと思うが、言わずにはいられなかった。

ロバ_20140514_160955

たくさんのフラッシュに囲まれて、そりゃびびるよね、疲れるよね。
だけど、ののちゃんは地元でもみんなにもまれてて、社会化はばっちり。素敵な成犬になることでしょう。

大館は、秋田犬のふるさと。

私は憧れてて、20年くらい前に行ったよ。
老犬神社も行った。切なくて、悲しくて、だけど犬って、素晴らしくて。
都市伝説、逸話でフィクションかもしれないけど、でもそれに近い実在の犬がいたのはほんとではないかと思う。

秋田の山深い集落で、和犬は、大事な相棒だったのは間違いない。
なんだか思いをはせるだけで泣きそうになるな。

このゼロダテのリーダーであり、アーティストの中村政人氏ともお話しした。ののちゃんは、中村氏の実家の建物で、複数のスタッフと一緒に暮らしている。
この芸術祭に「犬連れで行けるようにしてくれたら、犬の好きな人たちが秋田に行きやすくなると思います」と提案してみたら、「僕もそう思って、いま地元商店街の人たちに働きかけています」とのことでした。実現するといいね。

ロバ_20140514_161652

さすが地元・秋田犬保存会から譲ってもらっただけあって、骨量十分で、形のいいののちゃん。
きっと美しい、立派な秋田犬になると思うな。
おとなになった、ののちゃんに会いたい。
子犬が可愛いのは当たり前。成犬になったときも、マスコミも地元も、みんなののちゃんに注目してほしいな。

なんか、日本人の……悪気はないんだけど、子犬に群がる心理や、
犬に対する扱いの「無知さ」(すいません、正直に書きます)を感じ、
複雑な思いが胸に広がってしまいました。

ののちゃんはそりゃ間違いなく可愛いし、
秋田犬の認知度や愛着が広がることは間違いなくいいことなんだけど、
なんかね、日本人ね、もっと、犬の心に配慮し、犬の行動を理解し、動物に敬意をもって接した方がいいんじゃないかな。

働いてもらう役目を与えることは、悪いことじゃないと思うけど。
ののちゃんは、動くぬいぐるみじゃないからね。

ののちゃん、広報戦略室長のお仕事、ご苦労様。
気をつけて、大館に帰ってね。


犬パルクール部、5月2週目のお題
2014年05月14日 (水) | 編集 |
はいっ、本日はちゃんと原稿書きましたよ、ぜいぜいっ。
なんだかパソコンが調子悪いんだけど、くるくる回って待たされたり、やたら反応が鈍いのですが、大丈夫かしらん。急にぶっ壊れないでよ−、頼むよ−。
そしたら、きゃー、もう火曜日が終わっちゃうじゃないかー! と焦る私。
そこで! みなさま、あーゆーれでぃ?
今週の課題は!

「愛犬と飼い主が一緒にパルクってみる」

スクリーンショット 2014-05-13 23.47.40
部発足の発端となった1枚。マチュとメルの小川ジャンプ

そもそもパルクールとは、フランス発祥の走る・跳ぶ・登るなどの移動動作で体を鍛える運動方法。

まぁ、犬パル部の部長の広義の解釈としては、「移動中=散歩中」に、犬と飼い主が一緒に行う共同作業。
だからタッチとか切り株の上でマテなどの動かないゲームでも、お散歩途中にターゲット(障害物など)を探して、やってみる!わけでありますから、犬パルクールと認定しております。

でも、今回はちょっと毛色を変えてみようと思う。
本来のパルクールに忠実に、「走る・跳ぶ・登るなどの移動動作で体を鍛える運動方法」を再現してみてはどうだろうか。

そこで!

飼い主も一緒に、走ってみよう、飛んでみよう、カラダを使ってみよう!

きっと犬も大喜びするよ! だって、犬って同調する群れの動物。
絶対にはしゃぐよ、飼い主さんと一緒に走れたりしたら。

マチュとメルみたいに小川を一緒にジャンプでもいいし、防波堤の上を走る犬と一緒に併走でもいいし、一緒に丸太ハードルジャンプでもいいし、一緒に塀を乗り越えるとか一緒に木登りする(できるのか!?)でもいいし、なんかそーゆーやつ! 
他に何があるかな。いろいろ考えて、工夫してみて! 
体力も必要だけど、クリエイティブも勝負だよ。カラダも脳味噌も使ってパルクってみてね。

だけど、くれぐれも無理して、ニンゲンが転んだり落ちたりして、お怪我をなさらぬようにね。骨折は痛いぞ、靱帯切るとつらいぞ。(←経験者は語る)
とくに! アラフォー、アラフィフのみなさん、いつまでも自分は若くないからねー、過信は禁物よ(これ、私自身にいちばん言い聞かせたい。自己責任)。ゆる〜く、無理な〜く、やるのですぞ。
もちろん犬にも無理はさせないでね。

スクリーンショット 2014-05-13 23.47.07
なんか、こういう共同作業も素敵よね

あ、ここでお願いです。私は、画像加工をすることのできないアナログ人間ですので、送ってくれる画像は、撮影時に顔が見えないようにするとか、ご自分で目隠しをしてから送るなどにしてね。↓ こんな感じ。

スクリーンショット 2014-05-13 23.45.43
防波堤の上をバランスとって歩くニーナとともに走るママ

スクリーンショット 2014-05-13 23.50.39
トイプーちゃんと一緒に細いところを歩くお姉ちゃん(ニンゲンも落ちないように安全管理をしっかりしてくださいね)

顔出ししても誘拐されないからそのままで大丈夫です、という人は、そのままで(笑)。
だけど、お子様とか、か弱い女子(笑)とかは心配だからちゃんとガードしてねー。

さあ。ちょっと今週は難題だね。
できなかったら、スルーでいいから(私もか!?)
しかも今週の課題のいちばんの問題点は、カメラ担当の人間がもうひとり必要ってことです。
今週1週間だけじゃ撮影は無理かもしれない。
そのときは、またいつかこのお題が回ってくる日まで貯金しておいてください。

いつもとちょっと違うから、どうなるかな? ドキドキしながら投稿お待ちしています。


犬パル部宿題ダイジェストno.3「何かの上をバランスを保って歩く」
2014年05月10日 (土) | 編集 |
ひゃー、もう土曜日! けっこう犬パル部の1週間はあっという間に過ぎていくのであった。
私の宿題がたまりっぱなし(汗っ)。

さー、いきますよ、4月5週目のお題「何かの上をバランスを保って歩く」。みなさんの日々の練習成果をごらんください!

大型犬飼い主は、乗っかる場所探しに苦労してたみたいですね。なかなかないよね〜。
そして今回も、順不同、ザーとピックアップしている感じ。最低限の選考基準は「モラル違反はしていないこと」。その次は「あまり写真がピンぼけとかで見えにくくないこと。かといって記念撮影っぽくなく、ちゃんとパルくっているもの」「できれば、先週登場していない子優先」てな感じです。でも、いやー、最近、同犬種も増えてきて、「あれ、この子とさっきの子は同じ飼い主さんだっけ?」と混乱気味です。(業務連絡:部員のみなさん。記事に「東京のメル(ボクサー。もうじき4歳)です」などと入れてくれると助かるわ〜。犬オタクを自称する私ですら、最近覚えきれない。これは老化のせいかしら!?) 

はい、それじゃー自分の脳トレにもなる犬パル。部員の面々の成果を紹介します。

スクリーンショット 2014-05-01 19.15.28

↑ ミニピンさん。颯爽と歩いています。ミニピンも運動欲求高い、小さいタフマンよねー。しっかりパルくってたっぷり遊んでくださいね。

スクリーンショット 2014-05-01 19.14.17

↑ えっと木登りイタグレちゃんじゃない方の子だと思うんだ。細い幅のところに上手にあがるね。最後の「とうっ」という感じの前肢が可愛いです。

スクリーンショット 2014-05-01 19.14.45

↑ わが部のお笑い界の巨匠となりつつある、ほのぼのボンちゃん。丸太の上で頑としてまさかの歩行拒否!? ボクサーは可愛い顔して頑固な一面があるからね。ママの頑張っている感じがひしひしと伝わるいい写真です。がんばれ〜ボンちゃん。今までできなかった子が、いつかできるようになることが、トレーニングの醍醐味だと思うよ。
そして右下の写真。カメラを撮っているであろうパパに向かって、満面の微笑みのビーちゃんがこれまた愛らしい。

スクリーンショット 2014-05-01 19.19.38

↑ オランダのブラッコ・イタリアーノさんの堂々たる歩きっぷり。ここはいわゆるラグビー場?とかがあるようなスポーツ公園の一角だそうです。

スクリーンショット 2014-05-10 15.52.03

↑ ジャックちゃんのお尻と並んで歩くミックスちゃん。2頭連続で歩かせるのは(&そのうえ撮影)は高等技術だね。台の高さがわかるように全体像がうつっているともっとわかりやすいかな。

スクリーンショット 2014-05-10 15.53.02

↑ とってもドヤ顔が可愛いワイマラナーの1歳半のイブキちゃん(だよね? あってる?) ワイマは運動性能バリバリ、知的欲求もバリバリなので、犬パルは必須アイテムとなるでしょう。今週はイブキちゃんのおかげか、芋づる式に(笑)ワイマの入部が増えています。故バドと別れて3回目の夏、こうして若いピチピチのワイマたちと交流が持てるのも私は嬉しい。

スクリーンショット 2014-05-10 15.53.18

↑ やさしそ〜なゴールデンさんは、奥ゆかしく縁石パルクール。うちの犬は、低いとすぐに降りちゃってダメでした。低い場所でバランスを保って歩くって、意外と難しいのに、上手だね。

スクリーンショット 2014-05-10 15.54.24

↑ 今回、私の好きな1枚ですね〜。新緑の中、すごく気持ちよさそう。大型犬のミックスちゃんです。しかもこれまたいい丸太だね〜。この写真がいいなと思ったのは、「何かの上をバランスを保って歩く」というお題のとおりが表現されているからかしら。とはいえ、ひとり撮影だと、どうしても「何かの上でマテ」状態の写真になっちゃうんだよね。だからこの写真はわかりやすい!

スクリーンショット 2014-05-10 15.56.21

↑ 前回いろいろな投稿に埋もれて紹介できなかったボストン・テリアちゃん、満を持しての登場です。これまたわかりやすいいい写真だと思う。いやはや、それにしても幅の狭い、それなりに高さのあるところをバランスよく上手に歩いていますね。小型愛玩犬、あなどるなかれ、です。グッジョブ!

スクリーンショット 2014-05-10 15.57.05

↑ うふふ、やっぱり違う子でも優しいお顔だね、ゴールデンさんは。このビニールシートの横は、畑かしら。あ、果樹園かな!? いい感じ。この子はたしか若者だったはず。これからいっぱい学んでいってくれることでしょう!

スクリーンショット 2014-05-10 15.54.44

↑ 14歳の黒ラブ系ミックスさん。古い縁石の上に上手に乗ってます。いいね、シニア犬、頑張ってる!

スクリーンショット 2014-05-10 15.57.22

↑ この子は、上で登場したボストン・テリアとは違う子です。黙々と縁石でパルくっている姿が可愛い。ボストンもほんと遊び好きでやる気のある犬種ということがわかります。

スクリーンショット 2014-05-10 15.58.14

↑ 「だんだん地面から遠のき、高くなってくるぅ〜」と、フェンス側にぴしりと寄りながら頑張って歩いているボーダー・コリーちゃんず。可愛い、頑張ってる。このあと地面に降りたら、チョー満面の笑顔だったそうです。「緊張感」「自分で気をつけて頑張らないと落ちちゃうから、どうしたらいいのかと考える」というのも、よい刺激になるよね。

スクリーンショット 2014-05-10 15.47.42

スクリーンショット 2014-05-10 15.58.55

↑ 噴水のへりを歩く犬パル2連チャン。濡れているところは滑るから気をつけてね。また「立入禁止」と書いてあったり、いかにも犬はやばそうな場所では自粛した方がいいかもしれないけど、ニンゲンがベンチにしないような場所なら大丈夫かな。小型犬にはちょうどいいターゲットではありますね。ターゲット(障害物)選びは、いろいろ気を遣っちゃうね。モラルに関しての意見交換も今週は行われました。みんな、がんばろーね。

スクリーンショット 2014-05-10 15.59.14

スクリーンショット 2014-05-10 16.01.36

↑ なるべくこっそり人に迷惑をかけないように……となると、夜中のクラブ活動に精をだす部員もいます。うちもなるべく目立たないように深夜にクパとパルくり散歩に行くから、なかなか写真が撮れないんだけど、このトイプーちゃんは味わい深い写真を投稿してくれました。よいです。
そして夜間のパルくりのときには、このミックスさんのようにピカピカライトを装着し、安全に楽しむのもグッジョブですね。

スクリーンショット 2014-05-10 15.59.52

スクリーンショット 2014-05-10 15.58.46

↑ 飼い主と一緒にパルくる2カット! すごーくいいね! 1枚目は、堤防の上を歩く娘さんとトイプーさん。2枚目は、走るママとダルメシアン。別々の家族です。娘さんは中学生かな? 犬はお姉ちゃんやママと一緒に行動することが、すごく好き。そして犬は心が満たされると、問題行動も減るものです。グッジョブです! いい写真だと思う!

スクリーンショット 2014-05-10 16.00.21

↑ シニア犬のイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルも、若者にはまだまだ負けません。筋肉も度胸もあります。最近、犬も長寿になり認知症になる例が増えているように感じますが、シニア犬も元気なうちはしっかり運動、しっかり刺激! で、なるべく認知症を回避し、QOLの高い犬生を送れるようにしてあげたいですね。

スクリーンショット 2014-05-10 16.00.46

↑ グレート・デーンの部員も参加してくれました。超大型犬となると、ただでさえ目立っちゃうので、ターゲット探しやパルくる練習はなにかと気を遣うと思います。でも、そういうのに負けず、しっかり楽しんでほしいと思います! 足腰には負担のないお題を選んでくださいね。

スクリーンショット 2014-05-10 16.01.17

↑ ダックステントウ虫BROS.と勝手に命名しておりますが、いつも熱心に活動してくれています。ダックスも非常に運動性能のいい犬種なので、たっぷり疲れさせてあげるくらい運動とパルくりをしてあげてほしい。彼らは、デキル犬だよ。原産国ドイツでは、スタンダードはもちろんミニチュアもカニンヘンも現役バリバリ猟犬ですからね。日本のダックスをひ弱に育てちゃーいけないよ。ただし椎間板ヘルニアなど脊柱の病気は多いので、ジャンプなどは要注意ね。

スクリーンショット 2014-05-10 16.02.31

↑ テントウ虫チーム以外にもダックスメンバーはけっこういます。みんな頑張っているよ。上手に狭いところ歩くね。あ、そうだ、ダックスは、狭い穴や、藪や、そういう狭いとこでウサギやアナグマを追っている犬だから、小回りがよく効き、狭いとこを進むのは得意な犬種かも! きっと私が思っている以上に、器用かもしれない。

スクリーンショット 2014-05-10 16.02.11

↑ ダックスと同じくハウンドであるビーグルも、もちろん活発で、可愛いサイズだけど、山の似合うオトコです(あ、オスであってる!?)。ビーグルちゃん、野趣溢れる丸太といい感じ。上手にバランスととって歩いている様子がよくわかります。最後のドヤ顔もいいです。


そして最後は、これも私が惚れ惚れした1枚。

スクリーンショット 2014-05-10 16.01.55

↑ 苔むした縁石の上を歩くダルメシアンず。新しいフォトジェニック部門の部員の登場ですね。みずみずしい新緑と、白黒のコントラストのダルメシアン、すごーくきれい。苔むしたコンクリは滑らないのかな? 滑るのはニンゲンだけ? 犬はスパイク付きだからね。笑。


とまぁ、こんな感じです。
Facebookをやっていないから犬パル部の様子が見られない人にも、なかなかこの宿題おまとめ発表は楽しみにしてもらえているみたい。なにしろ、みんな可愛い写真が多いからね。犬が生き生きと活動しているときって、笑顔だしね。きっと飼い主さんも楽しんでやっているから、ますます犬もいい顔になるんだと思います。


さー、それでは私はいまから、ダックスさんの原稿を書くのだーっ!

ロバに会う(猟犬部つづき)
2014年05月09日 (金) | 編集 |
うげげ、もうあれから2週間近く経過している、いかんいかん、5月病か、私!?

はい、では4月27日に出かけた「クパ、猟犬部はじめます」の続きです(遅すぎ!)

クルーゾー家と河川敷でバイバイした後、近くの公園に放置していたトールさんとメルをピックアップに。
いやー、3時間半もお待たせして、悪かったねー。でもクパ、すごく勉強になったよー。
と、電話すると、環境適応能力のある、ゆる〜いオットは、全然怒りもせず(ありがたや)、「今朝俺たちをおろした場所のすぐとなりに、地元の野菜売り場があるから、そこの駐車場に停めて」とな。おおぅ、下見はばっちりね。
そして、地元のお野菜を買う。ルンルン。

そんで、付き合ってくれたオットへのささやかな感謝の印として、事前に調べていた牧場に向かう。クルマで5分かそこら。埼玉県にも牧場があるんだね〜、ジェラートが有名なんだって。絞りたての牛乳でつくったジェラートだー。
犬連れの人もいっぱいいるぞ。犬も連れてきていいなんて、心温まるいい牧場ね。けっこう賑わってる。

おおっ!! ロバだ!

ロバ_20140427_113155

ロバよ−、ロバ! 好き!

ロバ_20140427_113206

(私は、赤灰色、長い耳の生き物が好きらしい)

クパたちを近寄らせても平気かな。ロバさんに迷惑かけるかな……と、恐る恐る近寄りましたが、

ロバ_20140427_113608

クパ、全然意に介さず! これにはびっくり!
いつもはあんなにへたれなのに! これはどーゆーこと!?
都会のシティボーイには不向きだが、クーパーは、農場向きってことかしら。
いやー、クパの意外な一面を知りました。

好奇心旺盛なミーハーなメルは、未確認耳ナガ生物に興味津々で、目が釘付けよ。でも吠えるとか、そういうことはなかった。よかった、これならロバさんに迷惑をかけない。むしろロバが、にゅうーと顔を伸ばしてくる。ロバにとっても、未確認ブツブツシマシマ生物たちよね。

ロバ_20140427_120339

しまいにゃー、メルがロバさんに向かってプレイパウ(あそぼー!のボディランゲージ)をするしまつ(笑)。
メルって、脳天気で遊び好きで邪気がなくて、いいわー(相手の空気を読めないKYともいえるが)。

えーと、ジェラートはトールだけが買いにいってくれて、私は2頭連れてすみっこで待っていたのですが(いやー、もう車内に残すのは暑いね。熱中症注意だよ)、しかし、原っぱ状の駐車場でノーリードでボール遊びをしはじめたトイプーちゃんが来たため、さらに私は敷地外の端っこに逃げ、遠くになりすぎたせいで、トールがジェラートを持ってきたときには溶け始めてるっ! やばし、急いで食べなくちゃーっ状態になりまして、写真なし。くすん。
でもおいしかったです。生乳の味がして。新鮮な素材ってのはいちばんよね。

ロバ_20140427_115943

牧場の隅から見た景色。入間川。きれいだね。護岸工事されていなくて、自然のままの川辺。自然の生態系も豊かだろうね。いいところだ。埼玉って、きれいなところがいっぱいあるね。

そのあと、お店に入ってランチを食べるにはもう犬を車内留守番は無理な時間なので、コンビニでおむすびやチキンを買って、トールにクパの今朝の練習場を見せるために、ふたたびクルーゾー河川敷へ(勝手に命名)。
メルはここは初めて。ほら、すごいとこでしょー!

ロバ_20140427_123152

クパにーちゃんは、朝よりも少し余裕アリ。もう記憶したかな。

ロバ_20140427_123802

メルはにーちゃんについていく。

ロバ_20140427_124018

今朝はクパは川まで見てないはず。ちょっと探検。
でもクパは、川には入りませんでした。クルーゾーは冷やしに入っていたのに。やはりポインターの方が暑さにはタフなんだろうな。

そんでメルは全然タフじゃないのに、水泳はお好みではないので、水辺に来ない。笑。

日陰もなくて、メル、あやうし。

ロバ_20140427_124314

犬めしの師匠(獣医さん)の教えによると、犬めしの春野菜のオススメは、タンポポなんだって。昨年の5月くらいにはよく献立に入れていましたが、1年ぶり。さー、タンポポを収穫して帰るわよ。根っこも大事ね。

ロバ_20140427_124710

いやはやクルーゾー河川敷は、ネバダ原っぱ(神奈川県)に負けないほど、広大。
関東にも、実は豊かな原っぱが存在しているもんだね。
魚釣りの人も通るけど、全然、犬に動じない。慣れてらっしゃる。

ロバ_20140427_125940

グリーンもきれいだ。牛の放牧のようだ。笑。

ロバ_20140427_130008

おっ、めずらしい、クパがフセして休憩したぞ。やっと満足したらしい(満足するまで何時間かかっているんだよっ。汗)

ロバ_20140427_130131

いい笑顔だね〜。

ロバ_20140427_130711

黄色いお花に囲まれて。クパが、可愛く見える(笑)。

ロバ_20140427_130850

しかし、暑い。
そしたら、数少ない木の下に逃げ込んでた。まるでサバンナの野生動物みたいだ。笑。
いやー、メルにはもう過酷すぎるね。ごめんね、4月末でもこりゃ危ないくらい暑いね。ごめん、日陰で休んでからクルマに乗った方がいい。

体温をクールダウンしてからクルマに乗せて、そんで「朝、放牧の地鶏卵の看板を見たんだよね〜」としばらく探し回ったけど、よくわからなくて、そのかわりにコイン洗車場を発見。(卵は結局、朝の野菜売り場にふたたび行って購入)

うちの近所には洗車場がないから、やったー!ということになり、ルンルンで洗車。「Sちゃん、やっと洗車できるよ〜」と言いながら。笑。

ロバ_20140427_143220

久しぶりのジェット水流の鉄砲式ホースに嬉しくなる私でした。入間市、楽しすぎる! 
猟犬トレーニング場だけでなく、野菜とジェラートも卵もコイン洗車場もあるなんて! 

ロバ_20140427_143402

クパは、拭き取りの時間になったら、「さっさとオレをクルマに乗せてくれ−。寝たいんだー」と、文句を言うので、先に入れてやりました。そんなにお疲れですか。してやったりです。

鳥の繁殖期、ダニのばりばり活動期になるから、もうこの初夏は行けないかな〜と思いつつ、
また必ず行きたい、猟犬部の活動エリアなのでありました。


犬パルクール部、5月1週目のお題
2014年05月07日 (水) | 編集 |
ゴールデンウィーク明けちゃいましたね〜。
休みボケと、肝臓の重たい部長ですが、あ、もう今日は水曜日だっ!!
ということで焦って、今週のお題を出したいと思います。

今週は、ちょっと復習にもなりますが、基本中の基本である

「タッチ」

であります。と、言いますのも、今週、スウェーデンのパルクールクラブのお題が「タッチ」なので、おそろいにしようと。

今回は、あえてシンプルに「タッチ」だけにしたいと思います。

メル立ち
メル、アイコンタクト、しよーぜ。ただ単に背伸びして、遠くの景色を見ているのではないかという疑惑


そして余裕のある方は、
前肢を乗っける場所のないとこにタッチ、をしてみてください。クパメルはできないからまだ写真がないんだけどー(汗)。

つまり、壁とか電柱とか木のような真っ直ぐな面にタッチ、ってできるかな? 「立てタッチ」といいますか。
どうやって教えるのかな? ポンポンと叩く作戦でいけるのかしら?(私はちょっと自信ない〜っ)

地味ちゃー地味な技だけど、教えて、犬に理解させるのって、派手な技と同じように、いやむしろ誘導がしにくいだけにけっこう脳トレだと思うだ。
丁寧に教えていこうね。

誘導の仕方のアイデアも教えあいこできたら嬉しいな。「うちはこうやって教えたら、できたよー」みたいなのね。

ちなみに、飼い主がお手々を持ち上げて写真パチリ、じゃなくて、ちゃんと犬の頭を使わせてね。

スクリーンショット 2014-05-07 14.35.00
新入部員のバンビは「タッチ」というとこういう技をするという(爆!)。
これもすごい1芸ではありますね。せっかくだからバンビさんは、コマンドの言い方を新しいのを考えてパルくってね


東京犬パルクール部、ただいま127人
一時の爆発的なメンバー数増加は落ち着きましたが、それでも1日にひとりふたり、参加してくれています。
写真投稿は、みなさん楽しんでたくさん毎日してくれます。

あ、それと毎度毎度こうるさくて申し訳ないけど、
今日、犬パル部の基本コンセプトの発表ブログのとこに、遊具を使ったパルクール禁止の文章を追記しました。
みなさん、マナーを守って、ゆる〜く、楽しくパルクール。よろしくね。今回のお題は、触れる系だから、ますます頼むぞ。

ついでに添付しておきます。

(※5月7日追記)
子供用遊具などに触れてパルクールで使用するのは禁止です。ジャンプゲームなら触れないのでともかく、乗ったり、歩いたりするゲームはレッドカードとします。ニンゲンが座るためのベンチも同様に禁止です。犬の足の裏は土足なので、公共のものに土足であがらせるのはやめましょう。子どもの衛生管理を心配する親御さんの気持ちを考慮し、また犬が好きじゃない人の反感を買わないように犬との共同作業を楽しむ……それが、私たちの部活の大事なポリシーです。街の中で、公園の中で、楽しいターゲット(障害物)を探してみてください。



犬パル部宿題ダイジェストno.2「タッチ→ノボッテ→マテ→オリテ」
2014年05月01日 (木) | 編集 |
5月になりました〜。
新しいキーボードで、指先踊る状態で、2回目の宿題を披露します。
いやはや部員はメキシコからの参戦もあり、ますます国際色豊かに。
しかも犬種をみると、「おおぅ、これまたグローバルな犬種のみなさんが!」と心躍る毎日です。
Facebookだと、全部の投稿が見られるので、ぜひそちらでの参加をオススメします。
もちろん、妙な勧誘などは一切ないので安心してね。非営利のゆる〜い部活だから。
そのかわり、どんなに部員が増えても、マナーを守る、ことは大事にしていきたいと思っています。

さて、前回のお題は、「タッチして→ノッテ(ノボッテ)→(ノッタママ)マテ→オリテ」でした。
タッチがね、意外と可愛いんだよね。
それに今までやったことがないからと難航している人と犬、多かったみたい。ジャンプはしたことあるけど、みたいな感じね。わかるわ〜。ジャンプの方が私も誘導しやすかった。でも上手くできなくたっていいんです、毎日ちょっとずつ愛犬とコミュニケーションとることが目的だからね。

めちゃめちゃ順不同です。ほんと写真を抜き出すのも大変なのよー、数が多くて、カワイコちゃんが多くて! みんなルールを守った投稿してくれるしね。選ばれなかった子もほんと気にしないで−、堪忍ねー。たいした深い意味をもってチョイスしているんじゃないのよー。当たるも八卦、当たらぬも八卦、と思ってちょうだいーっ。
そして全部を見たい方はぜひFBで入部を。仕事ができなくなるくらい(おいっ!)、楽しい写真がザクザク毎日追加されているからね。

じゃー、いくよー。

スクリーンショット 2014-05-01 16.59.15

↑ わが部のフォトジェニック女王のニーナさん。初っぱなからハードルをあげる投稿をしてきた! 爆。
ホームセンターのペット専用カートにタッチ、ジャンプ、マテだなんて、まぁ都会的。ママはちゃんとカートが動いてニーナを驚かせないように、実は足をのばして押さえているそうな。みんな、犬にケガはさせないように注意してるね。よしよし。

スクリーンショット 2014-05-01 16.59.50

↑ 6か月の黒ラブちゃんは、東京犬パルクール部にふさわしい1枚を送ってくれました。東京タワーです! ここはきっと芝公園だね。「タッチが精一杯でした」とのことですが、いーのいーの、上出来よ!

スクリーンショット 2014-05-01 17.00.30

↑ プーリーの登場だ! 犬種もいろいろで楽しいよー。この、のしっとしたタッチが妙に可愛い。

スクリーンショット 2014-05-01 17.00.59

↑ ボーダーコリーの銀ちゃんは、急な階段で、斜めになっている手すりにタッチ。これ、けっこう高等技術な気がする。

スクリーンショット 2014-05-01 17.01.19

↑ わが部の芸達者チーム。ミニチュア・プードルとジャーマン・シェパードさんちね。いつもの岩で、楽々タッチと、順番にノボッテと、最後に「いぇい♪」の一芸付き。シェパードの笑顔が最高です。そんで、私は、黒羊プードルの一生懸命なジャンプも好きです。

スクリーンショット 2014-05-01 17.01.51

↑ 街中パルクールっぽい1枚です。余裕でできちゃうトレーニングのできる子なんだけど、ベロをペロっとしているところをみると、彼(彼女?)なりに緊張や刺激になっているのでしょう。かわゆし。

スクリーンショット 2014-05-01 17.02.41

↑ イタグレの固定概念をくつがえしてくれるニュースターの登場です。お猿さんのように身軽だし、コマンドもよくきいてる! グッジョブ!

スクリーンショット 2014-05-01 17.03.04

↑ スタンダード・プードルさんの笑顔もいいっ! この組み写真は、コマンドをちゃんときかしているのがよくわかる3枚です。

スクリーンショット 2014-05-01 17.03.25

↑ スウェーデンからの投稿です。カーリー・コーテッド・レトリーバーです。でかいですね。「オレにもバーボンを。ストレートで」と言っているようなお姿です。

スクリーンショット 2014-05-01 17.04.08

↑ チワワも頑張る。ちゃんと組み写真で来ているのですが、この石の上でマテ、の姿がギズモのようで可愛いと悶えてしまったのは私だけでしょうか。ちゃんと脳味噌が考えている中の感じもします。

スクリーンショット 2014-05-01 17.05.33

↑ びびりんちゃんとのことですが、頑張ってくれました。いい笑顔です。犬パルは、きっといい汎化トレーニングになりますし、ママに誉められると犬の自信もついてくると思います。お互いがんばろーね!(びびりんのクパより)

スクリーンショット 2014-05-01 17.07.49

↑ それでは、うちのびびりんクパを紹介しましょう。タッチは、この週初めて教えましたが、3日ほどでちゃんとコマンドの意味を理解しているので、飼い主的にも驚きました。やればできるんだね〜。だけど、このへっぴり腰。いつかは堂々とできる日がくるのでしょうか。犬パルと猟犬部で自信をつけさせてやりたいと思います。

スクリーンショット 2014-05-01 17.06.06

↑ ミックスだって、頑張ってるよ〜ん。よく見るとこの切り株、ちょっと切り口が斜めになってるの。バランスよく上手に乗ってるね。

スクリーンショット 2014-05-01 17.06.45

↑ はい、こちらはオランダから。ブラッコ・イタリアーノですっ! 貫禄がありますなー。渋谷駅のハチ公にも負けないビジュアルです。

スクリーンショット 2014-05-01 17.07.14

↑ ジャックちゃんはとても訓練性能のいい犬(トレーニングしなかったらただの暴れん坊になるけど。笑)。それを物語る、この技です。東京でもよく見かける、頭の丸いコンクリートの車止め。よくこの丸い部分に上手にオスワリできるなと感心しました。さすがだよ、ジャックラッセル! 頭もいいが、度胸がある証拠ではないかと思います。あと、バランス感覚などの身体能力も高いってことね。

スクリーンショット 2014-05-01 17.07.29

↑ こちらはチョーご愛敬のベトリントン・テリア。よくみて、右の写真、縁石に馬乗りになってるの。爆! 可愛いーっ。たまらんです。きっと彼(彼女)なりに頑張っているのだよね。

スクリーンショット 2014-05-01 17.15.23

↑ ブルテリアさんは14歳だって! 体に無理のないようパルくって、長生きするんだよー。イタグレさんはまだまだやれそうなポテンシャルを感じさせます。

スクリーンショット 2014-05-01 17.58.12

↑ こちらは私がハイキングで骨折したときに東京消防庁の赤いヘリコプターを下から見送ってくれた(笑)、カイちゃん10歳。シニア犬も無理しない程度に、のんびりゆる〜くパルくってね。

スクリーンショット 2014-05-01 17.15.40

↑ モサモサが可愛いコーギーちゃん。足の引っかかり(足の置き場所)のない壁タッチは、けっこう高等な技な気がするぅ。クパメルにはできないなー。どうやって教えるんだろう−。

スクリーンショット 2014-05-01 17.15.52

↑ ロサンゼルスの帰国子女のマッチョなチャウチャウ&シェパード&etcのミックスくんは、チャウチャウの血を感じさせる黒い舌。チアノーゼじゃないんだよ(笑)。仲良し柴ちゃんと並んでの森のタッチが爽やかです。

スクリーンショット 2014-05-01 17.16.09

↑ 小型犬さんには、岩がちょうどいいパルクル・ターゲットになってますね。ちゃんとコマンドで行動していて、グッジョブです。

スクリーンショット 2014-05-01 17.57.30

↑ ほらね(笑)。ヨーキーちゃんもちょこんと岩でパルくってて可愛いね。

スクリーンショット 2014-05-01 17.57.50

↑ さらにシュナちゃんとプーちゃんち。2頭いっぺんにパルくらせるってのも、高等技術だよね。

ありゃ、なんかカワイコちゃんシリーズが並んだけど、ボストン・テリアちゃんもいたのになー。どこにいった!? うーん、鼻ぺちゃ系は次回登場を待つ。

スクリーンショット 2014-05-01 17.16.21

↑ 北海道にはまだ雪が残っているそうな! 雪山パルクール! このリードは3メートル以上もあるんだって。この雪山、どんだけ〜っ!? 地方色豊かな作品です。

スクリーンショット 2014-05-01 17.58.43

↑ こちらは、すでに蚊の襲撃を受けているという暑い香港から。フラット・コーテッド・リトリーバーさんです。この箱の中味はなんなんだろうねー。公園の水まきセットという噂ですが。

スクリーンショット 2014-05-01 17.58.59

↑ こちらはクロアチアから。(ああ、なんて犬パル部、国際的なのかしら! でも犬好きに国境はないってことだね♪)
クロアチアのゴールデンは、ちょっと野生児っぽい(失礼。笑)。逞しくって素敵です。これはなぜか道ばたに落ちていたペンキの缶だそうです。サーカスの象さんみたいで可愛い。ってこれもけっこう難しい技なのでは!?

ふー。ちょっとついつい写真の数、多すぎかしら!? 見るのも大変よね。今後どうしたものかー。

では、最後に。日本はただいまゴールデン・ウィーク中でして、旅先からの投稿もあります。

スクリーンショット 2014-05-01 17.08.32

↑ 港のオンナ風のイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルのひめちゃん。決まってるぅ。

それでは今週のお題「何かの上をバランスを保って歩く」も、絶賛受付中。ゴールデン・ウィークもしっかりパルくってね〜♪

(ただし部長は、右手首はパソコンしすぎで腱鞘炎気味。左腕はクパの木の芽どき脱走阻止以来の筋違いがますます痛くなってきてて、お弁当づくりのフライパンを持つのもしんどいの〜。早く治して、ちゃんとしっかりパルクールしたいっ!)

それでは、ゴールデン・ウィーク後半も、みなさん、愛犬としっかり遊んでね〜♪


おNEWなキーボード
2014年05月01日 (木) | 編集 |
4月21日にお茶をこぼしてぶっこわしたキーボード。
最初、P Y Hが使えなくなり、ぱぴぷぺぽ、はひふへほ が打てなくて困り、古いキーボードだしたけど、タッチが深くて打ちにくくて仕事にならん。

そしたらトールが、夜に、以前から持ってたけど使っていなかったBluetoothのキーボードをだしてくれた。無線は信用してないし、テンキーがないからしまっていたやつ。電池すぐなくなるし。

でも2晩置いたら、お茶キーボードが復活してくれた。?と 」 はでなかったけど、その2つだけ単語登録。
そのまま5日ほど順調(?はでないままけど)に使えていたから、このお茶キーボードに私はすでに順応してたのに、29日にまた思い出したように壊れた。Y H Nが使えない。はひふへほ や なにぬねの や ん が使えないのは致命的。
機械のクセに、一度直ってたくせに、ふたたび壊れるなよーーーっ!

そしてまたテンキーのないBluetoothのキーボードで月末仕事。
しかし昨夜、赤字修正したくてBluetoothのキーボードの電源を入れたが、なぜか今度は接続してくれず、Ipodちゃんと混線の模様。ムキーッ! 月末〆切だってのに! 怒りマックス!

また旧式のキーボードを接続し、なんとか入稿はできた。
でも頭きた。

そんで、いまトールに買ってきてもらった(彼は今日お休みだったけど、午前中だけ会社にでたので)。

嬉しい。おニューのキーボード。打ちやすい。
さあ、これで仕事に打ち込める♪ (ほんとかっ!?) ? も 」 もでるもーん、嬉しいな。

スクリーンショット 2014-05-01 15.21.58
この1週間の努力がうかがえる4つものキーボード(涙)

みなさまにおかれましても、キーボードのそばにコーヒーカップを置くのはくれぐれもご注意あそばせ。