犬にも木の芽どき!?

桜の便りが、どんどん聞こえてきます。ワクワクするね〜。春だね〜。

しかし。
昨日、木の芽どきは、おかしな人が増えると書きましたが、

そういえば、どーもクパもおとといからへんなんですっ。

おとといは何時だったか、午後だなぁ。
玄関ドアを中からガンガン叩いたの! なにごとっ!?? こんな荒っぽい要求は人生初。
下痢なのかと思って、焦って連れ出したけど、問題なし。
そのあとは平常に戻ったから
Kれんちゃんたちが来たお疲れなのかしらなどと思っていた。

昨日は、夕方6時頃。これまたガンガンと激しくドアを叩く。
やめなさいっ。通行人からしてみればポルターガイスト現象状態で、こわいってば。
下痢か? 下痢なのか?
だけどこの状態でクパを先に散歩に連れ出すと、メルが漏らす。
だからまずはメルを先に連れて行こうとリードをつなぎ、ドアを開けたら……

クパの野郎が、猫みたいにスルッと外へ飛び出したっ!!
こんな風にマテが聞かない興奮状態は初めてだから、私もびっくり!

「クパっ! マテ! おいでっ!!」

幸い、クパは極限の興奮状態だったけど、車庫前で、なんとか自制心が働き、戻ってきてくれた。これはよかった、安堵した。
そしていつもどおり「ハウス」と言っても、玄関内に入らない。なんだ、この反抗的な態度は。ポインターとしてあるまじき態度。でも顔は決して反抗的ではなくて、どっちかというと懇願&興奮の顔。いったいどうした?
3回押し問答しても、なかなか頑固に抵抗するから、私は力尽くでエイッとクパを玄関内に押し込んだ。だってクパはノーリード状態なんだもん。このまま脱走したら、捕まえられない。この興奮状態だとどういう行動をとるかわからない。

そのときは必死だったから気がつかなかったけど、左腕はすじちがいになるし、左の指が3本突き指と1本は軽い脱臼で痛くてキーボードは打てないし、ビール缶は開けられないし、再度の散歩はメルなら片手で足りるけどクパは行けない。まったくもーっ。
夜にトールに指摘されて気がついたけど、手の甲が腫れて、少しドラえもんみたいに丸くなってた。
よほど渾身の力で、クパの首根っこをつかんだのだと思う。爪が折れなくてよかった♪(心配はそこか?)
今朝は首から背中、腰まで痛い。ひねったらしい。整骨院行きたいけど、今日は自転車も乗れないや。

まぁ、その脱走未遂のあと、痛い腕でとにかくクパの散歩に行きましたが、やはり下痢やおしっこがしたかったわけではない。

そのあともクパの興奮はおさまらず、ポルターガイストをガンガンを繰り返す。怒る。今までクパは1度私に怒鳴られたら、反省して、すぐやめる素直な子だった。なのに何度も繰り返す。どうした、クパ!?

玄関だとうるさいので仕事部屋に監禁し(笑)、クパのベッドにステイさせ、そこから1歩立ち上がるたびに「マテ」「フセ」を何度も何度も繰り返し、その位置から動かせないように根気よく続けたら、2〜3時間後にようやく諦めて寝てくれた。でもほんと挙動不審でピリピリ過敏。私のパソコンから「You got mail♪」が聞こえるたびにガバッと起きる。めちゃ過敏。

ヒートの犬が、家の前を通過したのか?
お山爆走が足りないのか?
マチュが前日からキャンプ道具の準備をしていたから、自分もキャンプに行く気でご立腹なのか?
わからんっ。

少しでもヒマをなんとかしてやろうと馬アキレスをあげたら、なんと! クパがアキレスもいらないと投げて、玄関に行きたがる。こ、これは、新しいパターン!! 一大事。どうしたんだ、クパ!

そんで、獣医の友人に「まさか犬にも木の芽どきがあるんだろうか?」と聞くと、あっさり
「そらあるでしょ。季節の変わり目は、犬の方が敏感でないかい」とのこと。

なるへそ〜。
そうだね、動物だって、自律神経やホルモン、盛んになるよな。
ましてや犬や猫の場合、春と秋は、メスにヒート(発情)がやってくる。オスはメスのヒート中のにおいが引き金になり、繁殖行動にでる。
そんでもって犬の嗅覚はすごいから、うちの前を通過したかどうかに限らず、ご近所にきっとヒートがきた犬がいるんだろう。
ヒートのメスがいると、食欲もなくすオスがいるとそういえば聞く。アキレスを無視するのもそういうことかと思うと納得した。(ちなみにクパは、夕飯や朝ごはんはしっかり完食。笑)

そうか、それならしょうがないな。
たしかにこういう風に興奮されるのは面倒だけど、年2回のことだしな。繁殖行動ってのは、動物にとって生きるエネルギーだからな。それにメスだってヒート期間中に家庭内に幽閉されたら可哀想だ。お散歩には行ってほしい。
クパも、4歳の終わりにして、ようやく繁殖行動ができるくらい性成熟した証し。お赤飯だな。爆。

ただ、そこで思ったこと。
こういう話しになると「だから去勢しろってば。その方が飼い主がコントロールしやすいでしょ」という話しになると思うのですが、私はいまのところ、愛犬をコントロールできない私の未熟さを補填するために、犬のホルモンを奪うことはしたくないと思っているので、去勢はいまは考えないとして、そのかわり、気合いを入れてコントロールする努力をしなければいけないと、昨夜悶々と考えました。

オス犬は、ヒートのにおいがしたら、どういう興奮した行動をとるかわからない。今まで一度もしたことのない行動にでる可能性を想定して、少しでもリスクを減らすよう頑張らないと。そしてそのヒートのにおいは、ニンゲンには感知できないから、いつその事態が来るかわからない。

そこで対策・予防することです。オスの飼い主さん、参考にしていただけると嬉しい。

★突発的な興奮状態になりやすい。 
(想定できるアクシデント)→ 玄関からの脱走、散歩中に急に強く引き綱を引っ張り脱走、ドッグランの扉から出るときにスルリと脱走、いつもなら呼べば必ず戻る子でも戻らない可能性。 → 脱走、逃亡、迷子の恐れ。
(事前に準備すること)→ 
玄関などからのスルリ脱走がないよう、いつも以上に春・秋は気をつける。
「うちの犬は大丈夫」はないので、迷子札をつけ、マイクロチップを入れておく。

★望まぬ交尾をさせないために。
(想定できるアクシデント)→ 脱走するのはヒート中のメスに近寄り、交尾するのが目的。都市部では脱走させなければよいが、それも100%阻止できるかわからないし、まして郊外では庭飼育の未避妊のメス犬がいる可能性がある。
(事前に予防できること)→ たっぷり運動させて発散させてやりたいのはやまやまだが、いつもは問題なく呼び戻しができるノーリード爆走もよほど何キロも民家がはるかに遠いなどの条件が揃わないかぎりさせない方がいい気がします(自戒をこめて)。
この時期は、ドッグランなど柵内で遊ばせるか、自転車引きでリード付きで管理するか、わざと行ったことのない犬が緊張しそうな場所(クパの場合なら大都会の人ゴミなど)へ長距離遠足するなどにした方がいいのではないかと。

-------

そしてメス犬の飼い主さんにできることは

★望まぬ妊娠を避けるために。
(想定できるアクシデント)→ メス犬のヒートのにおいに誘われて一心不乱になってオス犬が脱走してくる。 → 犬は安産の神様って言われるくらいなんだから、交尾したらだいたい妊娠します。2か月後には出産です。父犬がわからぬまま妊娠するケースもある。
(事前に予防すること) → ヒート初期はニンゲンも気がつかないことがあるけれど、昨年秋や前回の春のことを思い起こし、「もうじきだな」とよく注意しておく。ヒートだとわかったら、オス犬を刺激しないように、ほかの犬が多い場所や時間帯を避けて散歩にでる。
庭や車庫など屋外で飼育し、四六時中ニンゲンが監視できない環境なら、避妊手術を検討する。ひもでつないで飼っていたら、いつのまにか妊娠する可能性大。また犬舎(柵内)で飼育していても、繁殖行動をしたいオス犬のパワーはものすごいらしいので想定外のパワーを発揮し、交尾する可能性があることも知っておく。

★メスも迷子にならないために。
(想定できるアクシデント) → ヒート期間(いいニオイをしている時期)はだいたい3週間前後。そのうち受胎可能期間は真ん中の4〜5日程度(のはず)。よってメスはその受胎可能時期だけは喜んでオスを受け入れるけど、それ以外の期間は嫌がるもの。そんなときにオスに突進されたら、メスは嫌がって逃げる可能性がある。→ メスも脱走、逃亡、迷子の恐れ。
(事前に準備すること)→ 
やはりメスも迷子札をつけ、マイクロチップを入れておく。
ほかの犬が歩いている時間帯や場所は避けて、オスを刺激しないようにする。


こんなとこかな?
ほかにもあったら、ぜひ教えてください。

バドは、去勢していなかったけど、クパのように興奮が強くなかったせいか、自制心が強かったのか、未避妊のタビィに厳しく一喝された経験がトラウマになりメスに関心があまりなかったせいか、生まれつきの個性なのか、わかりませんが、こういう行動を起こしたことがなかったので、いやはや私も、オトナになって自分で室内飼育して20年以上というのに初めての試練です。クパに新しい勉強をさせてもらってる。

とにかく犬にも木の芽どきがくるのは仕方ない。生き物なんだもん。春は、虫も、植物も、みんな芽吹き、活動を始めるとき。繁殖活動を始めるとき。
上手にコントロールしてあげて、迷子や望まぬ妊娠のような悲しい事件を起こさないようにしたいです。
タマ付きのオス犬の飼い主さん、ともに頑張りましょう。

写真-7

今日の昼には、アキレス、ガンガン食べました。窓全開だけど、ヒートのニオイはまだ来ないのかな?
さぁ、今日の夕刻の散歩時間にはどうなることやら。ドキドキ。母、がむばるしかない。

木の芽どきに負けず、楽しい犬仕事紹介

いよいよ桜開花! わー、これからの1週間ちょいは私のお誕生日ウィークに突入。ウキウキするシーズンです。
だけど、かたや、この時期は「木の芽どき」といって、精神的にヤバくなる人も増える時期なんだって。と、去年、仲の良いご近所や看護婦の友人に同じことを言われました。だからなのかー、うちも毎年この時期になると、嫌がらせが増えるタイミング。今朝も朝6:20頃に、電話2コール鳴らして切られたし(マチュがベンチャースカウトのキャンプに朝っぱらから出かけた直後)、先週かそこらはわざわざうちの玄関の植木鉢に大きな板のようなゴミを差し込まれたし。まぁ、保健所の人から「刺激はしない方がいいから、放っておくこと。かまってもらえると、よけいやるから」と言われたとおりに放置しております。
なんで春のこのウキウキしちゃう季節に、イライラしたり、怒りっぽくなったり、攻撃性が増すのかねぇ。もっと楽しいことを考えたらいいのにねぇ。生活音も許せないんだねぇ。12年以上も同じ場所にうちは住んでいるのにねぇ。

とまぁ、この木の芽どきはとにかく犯罪やご近所トラブルなどが起きやすい時期だそうなので、みなさんもお気を付けて。だけど「犬と暮らしている」ということは悪いことでもなんでもありません。イマドキの日本で決して珍しいことではなく、我々はマイノリティ(社会的少数派)ではありません。必要以上の要求は無視しましょう。でも本当に迷惑をかけているかどうかを客観視することも大事なので、ほかのご近所さんとはちゃんと仲良くし、自分の家の様子を客観的に審査してもらうことも大事かと思います。

と、今朝はムッとしたのですが、オトナなのでそこはスルーして、気を取り直していきましょー。
そこで、3月25日発売された雑誌のご紹介をば。見本誌がわが家のダイニングテーブル付近で迷子にならないうちに(笑)。

写真-6

THE BEST OF DOG GOODS
RETRIEVER別冊のムックです。ムックだから、月刊誌と違い、もう少し長く本屋さんに並ぶと思います。

久しぶりにやった犬グッズの紹介仕事。犬グッズ屋さんの取材も、久しぶりで、『東京犬散歩ガイド』の青本やオレンジ本をやるくらい犬グッズ屋好きの私としては、とても楽しいお仕事でした。
(あ。もう東京犬散歩ガイドは中古品でしか買えないのか! ちょっとショック)

ともあれ、今回の取材では、いつかメルちゃんのオートクチュールの冬服も作ってもらいたい! と思う素敵なデザイナー兼オーナーさんにもお会いでき、公私ともにワクワク。いやぁ、やっぱし、楽しいぞ、犬グッズ。

私のような犬グッズ好きのドッグ・ファンシャーのみなさんは、きっと楽しめる1冊だと思います。

久しぶりにいつものメンツと家飲み

おとといピットブルの原稿を書いている頃、夕方、「マチュの受験も終わったんだから、いつ飲むー?」「今日でもいいよー」「じゃー、今日行くーっ」という軽いノリで、久しぶりに近所の仲良し M子&Eりん&Kれんが夕飯とビールとワインを持ってやってきた。

夏ぶりかな? ほんと、久しぶりだ。いつのまにかKれんちゃんは大きくなって、よく喋るし。幼稚園児になってずいぶんパワーアップしてる。こどもの成長はほんとめざましい。数ヶ月会わないだけでこの変貌ぶり。

マチュが受験生のときは家宴会を自粛していたので、クパメルにとっても来客は久しぶり。
クパがとまどいと緊張と、でもお客さんは嬉しい、という複雑な顔しているのがおもしろい。
来客も、大事な社会化、汎化トレーニングなんだよねー、そういえば。

写真-4
学年は違うのに、マチュとE りんが仲良しというYうちゃんもやってきた。クパ、中学生にかまわれて、汎化練習中

モツ鍋食べて、いっぱいお喋りして、満足満足。

写真-5

赤ちゃんや幼児が大好きなメルも、久しぶりにKれんに会えて、すごく嬉しそうでした。ぴったり横について、至福のとき。さすがボクサー、子守り犬と言われるだけあるわ。

いろんな年齢層やサイズや風貌のニンゲンにいっぱいかまってもらうこと。
いろんな違う環境、場所で、かまってもらうこと。
そういうのって、大事ね。

クパは昨日、なんかお疲れでした。寝不足? 気疲れ? 笑。
お山の爆走は、筋肉使うし、もちろん山のニオイの刺激がいっぱいあって、よいけれど、
それだけじゃなくて、いろいろな条件に慣れていくこと、刺激に耐えられる練習をすること、気を遣うこと、などは、ほんと大事ね。いろいろとシチュエーションを変えていくことの大切さ、しかもそれを継続して行うことの大切さを思い出しました。

暖かくなったことだしさ、マチュの受験も終わったことだしさ、
新しい刺激をいっぱい加えてあげなくちゃな。と、思った私であります。

RETRIEVER仕事

今日は、3連休最終日で高速混んでいるだろうと思いまして、クルマでお出かけはやめて、お部屋のお掃除やお布団干し。やっときれいになった(マチュの部屋を除き)。クパは、なんで久しぶりに家族みんなが揃っているのに(=休日っぽいのに)爆走にしに行けないんだと不満たらたら。

お掃除したら、届いていた見本誌がダイニングテーブルから発掘されました。

写真-3

看板犬のリキちゃん(生食応援馬肉屋さん。世田谷区)やムクちゃん(天然酵母のニンゲンのパン屋さんと犬OKテラスカフェ。川越)に会いに行った、楽しい企画でした。
3月14日発売だったはずなので、いま本屋さんで絶賛発売中だと思います。

レトファンシャーのみなさん。どうぞよろしくね〜。


フューバーフュー

写真-2

偏頭痛に効くという、フューバーフューのハーブを今日から試してみる。
チョー苦い。くーっ。
でもこれで頭痛が減るなら、なんだって我慢するぜ。

ちなみに、フューバフューは、

偏頭痛、頭痛、関節炎、生理痛、月経困難症、消化管機能不全、軽い発熱性疾患、リュウマチ
脱毛予防、育毛、養毛
【外用】虫刺され、打撲

の効能があるそうです。ハゲも治るのか!? マチュが受験中に毛が薄くなったから勧めてみるか。
あ、でもあいつ、絶対に「ママの勧める野草のお茶」は嫌うのであった。子どもにこの良さがわかるのはだいぶ先か。


ついでに。
昨夜、ハタと気づくと、メルちゃんがヤクザになっていた。

写真-1

日曜日の藪こぎで傷物になったらしいっ。
女の子なのにぃ。

ハゲが治るように、犬めしにフューバーフューもこっそり入れてみちゃおうかな。笑。
いや、しかし、犬によいかどうか不明だから、無茶はやめとこ。

日曜日はまたお山へ

日曜日。夜、家族そろってマチュの関係者との謝恩会。
ならば犬を疲れさせておきましょー。
というわけで、めずらしく午前中から中央道でGO!

前日の土曜日に、久しぶりに一眼レフカメラ持参の取材があったので、ついでにたまにはデカイカメラ持参で行ってみるか。そんなわけで今日は写真が多いです。重かったらごめんなさいね。残雪残るお山での嬉しそうな爆走シーンをお楽しみください。

3:16マツタケ山_20140316_125151
ひゃっほー!

3:16マツタケ山_20140316_125223
ちゃんと今日はK子さんが買ってきてくれた誤射予防チョッキを着せたよ(最初はね)

3:16マツタケ山_20140316_125248

2月、3月の八王子や奥多摩方面の大雪の影響で、まだ残雪があります。
スギの木がたくさん倒れてました。これならクルマも入れない。だから犬放牧も安心。ふっふっふ。ピンチをチャンスに。

3:16マツタケ山_20140316_130941

メルちゃん(アメリカラインのボクサー)は、胸がパーンとしているので、どうもチョッキのサイズが中途半端で、首かおなかのマジックテープがすぐはずれちゃうんだな。メルの動きが飛んだり跳ねたりが激しいせいもある。すぐによだれかけのようになるので、呼び戻される。

3:16マツタケ山_20140316_131405

クパちゃん、嬉しそうだねー。よきこと、よきこと。

3:16マツタケ山_20140316_131546
また、にーちゃんに置いていかれた

3:16マツタケ山_20140316_131652
またマジックテープはずれて、あぶちゃんになってる

3:16マツタケ山_20140316_132237
にーちゃんが見えないくらい上に行ってしまったので、メルも果敢に斜面を藪こぎ

3:16マツタケ山_20140316_132412

ぎゃ! またもやクパが藪こぎ中に斜面でチョッキなくしてきた!
正確に言うと、首の部分は首輪のように残ってて、その下をビリッと破いてきた。木の枝にひっかけても、気にせずそのまま直進するから破けちゃうんだろう。
今日、新品をおろしたてなのに! これで2着目なのに! せっかくふたたびドイツから買ってきてくれたのに!

でもこのチョッキは一般犬用であり、ガンドッグ用ではないので藪こぎには向いていないそうな。クパのせいではないね。ポインターは、藪こぎするのが仕事だもんな。しょーがない、しょーがない。

仕方なしにトールに斜面にひっかかった胴体部分の布きれを回収してきてもらった。修繕して使おう。

3:16マツタケ山_20140316_132751

今日は、生肉ランチを持参してみました。

よく見ると、クパの首輪の部分にチョッキの残骸(マジックテープのところ)が、首輪にように残ってます。
ついでに言うと、メルちゃんはやっぱりすぐにはずれて、足にひっかけて転倒しそうなので、スヌードのように首に巻いて結んでみました。
虎毛のメルはとくにこの蛍光オレンジ色の差し色がないと、ほんと山の中で同化する色なので、ちょっとでも色味は残しておかないとね。

お山の中で脱げない、破かない、動きやすい、そしてハンターに間違って撃たれない、ための派手チョッキ、今後の課題です(汗)。お山遊びはリスクがありますからね。気を抜いてはいかんですからね。

3:16マツタケ山_20140316_133149
倒木がいっぱいです。私たちも足を折らないように注意

3:16マツタケ山_20140316_133333

クパの山での機動性は抜群よ。安心して見ていられます(メルはやや心配です。クパよりどんくさくて、切り傷がたまにある)

3:16マツタケ山_20140316_133334

呼び戻せば、颯爽と倒木をジャンプ。

3:16マツタケ山_20140316_133417

撮影したくて、何度もGOさせては呼び戻す。これができるのもエライ。文句を言わず、何回でも撮影を繰りかえしテイクしてくれるクパが好き♪

3:16マツタケ山_20140316_133418

かっこいいね。そういうガンドッグの姿、生き生きしているクパを見ると、私のエンドルフィン(脳内麻薬)やオキシトシン(幸せホルモン)がぶわ〜〜〜〜っとでて、私が幸せな気持ちになり、ストレス解消になるわけです。ふぅ、幸せ。だから私は山に来るのだ。

3:16マツタケ山_20140316_133621
急斜面もガシャガシャ行きます。実にパワフルです

3:16マツタケ山_20140316_133622

胸、四肢、全身の筋肉使うよね。これくらいしないと、ポインターは疲れない。いい筋肉、作ってくれ〜っ!

3:16マツタケ山_20140316_141735

メルちゃんはケガするとしんなりするから、無理はしないでいいよ(笑)。

いやー、そろそろダニやマムシが登場する季節に移っていくね。
これからどこへ走りに行こうかね。
マチュの受験も終わったから、また春から生活パターンが変わる予感。
受験終わっても、今度、高校生になるとまた家族の生活パターンに変化が起きそうだけど、
ニンゲンの子供も大事にしつつ、犬のコドモもしっかり満足させてあげる生活をさせてあげたいと思います。

ちびちびライト欲しい

春らしいテンプレートにしたかったけど、メイン写真を変更できず断念。やっぱりギャートルズのアナログ人間の私には、そんな高等技術、無理だった(涙)。誰か、やり方、教えて〜。クパメル写真のに変えたいの(懇願)。

そんでとりあえずお花柄にしてみましたが。

さて。

おとといの火曜日は、副都心線に乗って、自由が丘から取材スタート。
副都心線って、実に便利。
渋谷駅まででて、乗り換えると、ヒカリエの地下とか迷子になりそうだし、なにしろ渋谷駅は人が多くて、人波に巻き込まれてしんどい。でも、北参道駅から直通の東横線に乗ってしまえば、とーっても楽ちん。しかも北参道駅は小さな駅だから人も少ない。

スクリーンショット 2014-03-12 21.24.28

代官山、中目黒、自由が丘、横浜みなとみらい、中華街もこれ1本。便利ぃ。

ま、頑張ればうちから歩けるけど、愛用のハチ公バスもある。
わが家のもよりバス停→北参道駅までハチ公バスで15分。(歩いてもそんなもんだろう。笑)
北参道駅→自由が丘駅まで電車で15分。
このハチ公バスののんびりぶりはご愛敬ということで。でもそれくらい東横線直通副都心線は速いってこと。

そんで取材に行く途中、ずっと思っていたのは、
ドラえもんのちびちびライトがあればいいのにー。と。
あ、正式名称は、「スモールライト」でした。

これがあったら、クパをいったん小さくして電車に乗って、そのあと大きくして、海を見ながら山下公園散歩して、クパがくたびれたらまた小さくしてニンゲンは中華街でお粥食べて、そのあとまた散歩して。

……と、そんな妄想しながら副都心線にずっと乗っていました。

あ、そうか。ちびちびライトがなくても、
ニューヨークみたいに、大型犬も電車に乗せてもらえればいいんだ。犬運賃、自転車運賃マークが切符売り場にちゃんとあった。もちろん公共の場でおとなしくできる、オシッコは引っかけないなどのトレーニングは必須だけど。

まぁ、日本ではキレイ好きな方、アレルギーの方への配慮も必要だから、
痴漢防止の女性専用車両みたいに、「犬も同伴OK車両」をつくっていただくってのはどうでしょう!

そしたら、犬の社会化のチャンスがグンと広がって、ストレスや運動不足を発散もできれば無駄吠えなどの問題行動も減るきっかけになり、犬にも飼い主にも、また街にも、みんなにとってメリットがあると思うな。観光の経済効果も上がるんじゃない? 

どーか、大手の電鉄会社の社長さん。犬好きの方はいませんかね? 英断願いますー!

IMG_8067.jpg

↑ これは以前取材させてもらった友人の、スパニッシュ・ウォーター・ドッグのたろちゃんとはなちゃん。
電車に犬も乗れれば、谷中・根津・千駄木方面の味わい深いエリアにも遊びに行けるのになー! と、妄想が広がる私。

今日の取材で感じたこと

今日は取材で犬グッズ屋さんを数店巡りました。
久しぶりにグッズ屋巡り。楽しかった。ワクワクするねーやっぱり。
だけど、すっかり小型犬のためのグッズが中心で、ちょい寂しいわね。
1キロくらいのチワワさんから、あっても大きくて10キロくらいの柴やコーギーサイズまでってのがほとんど。お洋服も首輪やらも。なんか寂しいわー。それにお客様層の8割くらいがトイプーだって。
トイプーちゃんももちろん可愛いけど、
でも日本人のその流行犬種に対して一気に偏る感じは、いかがなものかとは思います。

ほんとによく考えて、

トイプーの賢く、気丈な性質も理解して、

もとはガンドッグだから非常にアクティブで運動神経のよい犬で、毎日の運動のための時間をしっかりとる必要も理解してて、それを楽しむ体力と時間が自分にあって、

毎日の毛を梳かす手間も理解してて、なおかつ月1度、自分の美容院代よりかかるトリミング代がかかるという経済面もわかってて、

犬種改良の歴史が長いから「病気のデパート」と言われちゃうくらい遺伝性疾患やかかりやすい疾患が多い犬種である宿命も理解してて(=将来的に病院代がかかる可能性が高いってこと)

……などのもろもろのことを理解したうえで、覚悟して、「やっぱりトイプーが最高に可愛いから、一緒に暮らしたい!」と迎える人が多い結果、いま日本の小型犬の大半の人口を占めているのだったらいいけれど、
単に軽く「ぬいぐるみみたいで可愛いから」とか「近所を散歩している子が可愛いくて、ふわふわで、いい子だから」とか「ペットショップで人気があると勧められたから」とか「いま安くなってたから」(!!)などのようなきっかけで衝動買いするのはやめていただきたいものだ、とも思います。

あまりにも日本は流行犬種に偏りすぎるっていう現実があると思う。それはよくない。
テレビや雑誌の写真や、近所を歩いている子が、きれいでふわふわで可愛いなら、それはその子の飼い主さんがちゃんと「毎日」ケアをきちんとしているから。そして「毎月」ちゃんとトリマー代をかけてきれいにカットしてもらっているからにほかならない。
近所や公園で見かけた子がおとなしかったり、愛想がよくて、賢くしつけができているなら、それは飼い主さんがしっかりしてて、犬の行動を理解してて、トレーニングを日々努力しているから。

だと、思うわけです。

私は決して、トイプーの飼い主さんを否定したいわけでもないし、トイプーがキライなわけではない。
正しく飼養されているトイプーはほんと賢く、可愛く、楽しく、一緒に暮らしてて手応えのある犬だと思う。
だけど、流行廃りで飼ってはほしくないと思っています。(どの犬種も同じだけど)
そして、流行犬を捨てないでね、と強く思っています。(どの犬も同じだけど!)

それと今日もうひとつ感じたこと。
複数のお店の看板犬でチワワちゃんに3頭会いましたが、
みんな10才を超えていた。
それって、つまりチワワが流行してから、10年くらいの月日が経ったということなのね。
チワワもかつては一世を風靡をしていたもんです。
小さくてしっかり者のチワワたちは、小さいからいつまでも愛らしく、シニアになっている風には一見見えないんだけど、ああ、日本のチワワにも高齢化社会がきているのかぁ、となんだか切ない気持ちになりました。
なんだか月日の流れを感じました。

いま10才を超えつつあるチワワちゃんたち。みんな、長生きするんだよ。楽しい後半の人生を楽しんでね。と、心から思いました。

それでは、おとといの夜の、うちのアホどもの写真を。

写真-1_01

こんな強烈なヤツのお洋服や首輪は、なかなかショップには置いてなかったのー。これが現実ねー。涙。
ニッポンも、もう少し、多様な犬種の飼養の文化が広まるといいなぁ。
飼い主が10人いれば、飼い主の体力や忍耐力や経済力やライフスタイルなども千差万別。
だったら、一緒に暮らしてて適役の犬種たち(大きさ、性格、運動量、毛のタイプなどなど)も、みんな違うはずなんだけどなーと思うわけです。

たたかいおわりて

昨日はスイカ組(保育園)時代から小学校、中学校と一緒だったTいちママとRちゃんママと、ねぎらいと高校決まった祝賀会を兼ねたランチ。北参道のボガマリにて。わりと最近できた海鮮イタリアンでいま私の一押しです。でもすでにランチですら予約しないと厳しい人気店になっておりました。

でこちゃんイラスト_20140307_115118
車エビ、生きてます。ピチピチ

久しぶりだな〜、こんな優雅なランチは。幸せ。
たまにはよいでしょう。受験生の母も頑張ったのだから。(祈るのとお金を調達するくらいしか頑張ってないけど。笑)

1歳児くらいのときからずっと一緒の学校、一緒の塾だったからよけいに、ともに笑い、ともに泣き、ときに悪口を言い合い、だけどなんだかんだ言って仲が良く、いちばん気を遣わず喋れる存在だとマチュは言う。2人とも男子なのに(笑)。きょうだいのように親戚のように育ってきたTいちとRちゃん。ついに春から別の学校だね。なんだか寂しいね。でもこの絆は永遠。自転車ですぐの近所なんだし、これからも変わらず遊んでね。


そんで今日はマチュと、受験モードだったリビングを模様替え。しかし、まだ途中。よけいに散らかった感があるのは気のせいなのか。涙。
マチュはいま焦って宿題してる。

まぁ、ぼちぼち、整理整頓していきましょう。

春は足早にすぐやってくる。きっと入学式もすぐやってくる。
マチュも高校生になるんだな〜。
「マチュが中学校の入学式の日までバドが生きているなんて思わなかった」と、3年前の春には言っていた。
バド、17回目の桜を見たね。
でもさすがにマチュの高校の制服は、バド、見られなかったね。ま、仕方ないね。いまも生きていたら猫又、いや犬又に近づいているな。笑。
マチュの新しい制服姿、バド、お空の上から見ていてね。だんだん立派に、もっと大人に(生意気に)なってきたからね。

ふぅ。いろいろおセンチになりがちの春である。花粉も飛んでいるせいか、涙もでやすい。
そんでマチュ以上に、私までボケボケしているんだけど、

おおっとサクラはもうすぐではないか!

さくら開花予想2014

でも犬知り合いの情報によると、多摩川の河川敷のサクラはもう開いているらしい。
近所の公園の河津桜ももう満開だと、トールが言ってた。いかん、まだ見ていないっ。私としたことがっ。

春は駆け足でやってくる。
お花見の計画、立てなくちゃ♪


***********

ついでに、おとといのデコちゃん羊の続編はオマケで。

さっそく。新しい羊ちゃん!

スクリーンショット 2014-03-06 14.43.20

コッカープー(イングリッシュ・コッカー・スパニエル×プードル)のデコちゃんです!

プードルにしては、顔の輪郭が違うなぁ〜と思ったら、コッカープーだった!
どおりで、ローン(白地に黒い小さな斑点のカラー)。納得。
足先だけみたら、あーら、スムースヘアのポインターやセッターとも通じるブチブチ。
でも、プードルにしろコッカーにしろ、足先はずいぶん華奢だね。ポインターの仲間とはずいぶん違うな。
ワイマもジャーポも、足、でかいからなー。おもしろい。

デコちゃんは、9キロ弱くらいのサイズなんだって。それでこの毛量だから、甲斐犬くらいのボリュームのある中型犬クラスに見えるのではないかと推察。

ああ。会ってみたい。
いつかお会いできますよう!

デコちゃんママ、写真協力、ありがとうございました。
また今年の夏のデコ羊写真、お待ちしております。

(ちなみにデコちゃんは、トリマーさんにお願いしたそうです。きっと頼めば、やってくれるトリマーさんもいるんだと思います)

羊ブーム♪

さあ、3月です!(って、もう5日も経過してるよっ ←ひとりツッコミ)

マチュの行く高校も決まったよ!

スクリーンショット 2014-03-05 21.10.56

夢に向かって、これからも気を抜かずに(いまマチュは燃え尽きて、気を抜きすぎなのが心配ではあるのですが。漫画読んで、ゴジラのDVD映画や羊のショーンの録画ばっか見て、昼寝してばかりだよ)、

しっかり頑張っていただきたいと! 
母は願っておりますよ。たのみますよ。マチュの未来には、みんな(犬友達)の夢、日本の犬猫の夢ものっかっているんだからね。

さてさて。
わたくしは、昨日、無事に確定申告も済ませてまいりまして、
例のプロジェクトのお尻に火をカチッと引火された状態でございます。
私こそ、ダラダラと受験後の入学手続きの疲れや、FBで現実逃避するのは禁止にせねばなりません。出稼ぎも禁止です。
ふぅーーー。

春だから、私も心機一転。気合い入れ直しで、前髪を切ってみました。数年ぶりに。
そしたらマチュと同じ髪型になり、親子で爆笑しました。

カットといえば。
目下、私の心をウキウキさせる存在をご紹介しましょう。

黒羊ちゃんです。

スクリーンショット 2014-03-05 20.49.25

めちゃめちゃ可愛くないすか! トイプードルちゃんだよ!

しかも、実はこのカット、けっこう機能的、実用的だと思うんだよね。
雨の日や、路面がまだ濡れている雨上がりのときの散歩のあと、プーちゃんたちはあんよが濡れて泥はねして、毛玉にもなりやすいでしょ。
これなら、簡単に、清潔に、拭えるよね。

プードルの王道トリミングとははずれているから「言語道断!」と言われちゃうかもしれないけど、ショードッグではなく家庭犬ならば、私、飼い主がメンテナンスしやすくて、その結果犬の負担も減るカットなら、独創的なカットも悪くないと思っちゃう次第です。

先日、犬友達と奇襲攻撃した中目黒のUGペットさんのヴィオラちゃん(上写真の右の子)を見たとき、私たちは大喜びしたのだよ。

スクリーンショット 2014-03-05 21.01.19

横から見たら、こんな感じ。↑

スクリーンショット 2014-03-05 21.02.17

立ち上がったら、こんな感じ。ぷぷっ。↑

この羊カットは、毛量の多い子じゃないと、羊っぽくならないそうです。
来たれ、毛量のある子たち。
個人的には、白羊や、灰色羊も見たい。茶羊、赤羊はどうなるのかな。
スタンダード・プードルでも見たい!!(ツルピカ愛好家の妄想をどなたか叶えていただけまぬか)


そうそう、お店には、ちびちびプードルきょうだいも来店してて、いまから社会化トレーニングを頑張るところなんですが、これがまた夢のように可愛い。

スクリーンショット 2014-03-05 21.02.26
小さめのデジカメとサイズを比較してみて。ちいちゃいよね。なかなかこんな小さい子、拝むことはできないので、やっぱり嬉しかったよ(だめだねー)


小さな子犬が、夢のように可愛いのは、誰から見ても当たり前だ。

だけど、このちびっこギャングは、あっという間に大きくなり、賢くなり、生意気になる。
そのときになっても、ずっと「可愛い」「大事に育てたい」「一生、かけがえのない存在」と思ってくれる人じゃなきゃ、飼っちゃだめだ。

スクリーンショット 2014-03-05 21.02.38

ここのペットショップは、生後4か月すぎないと、飼い主には渡さない。
それまではみっちりここで犬に社会化やトイレ、散歩のトレーニングを行い、そして飼い主さんの教育も行う(これが実は大事。とくに初めて犬を飼う人は、わかんないことだらけでしょ。何がわかんないかもわかんない段階だと思うんだけど、そこをちゃんとアドバイスしていかないとね。捨てられちゃう犬を増やさないためにね)。

さらに言うと、パピーミルで生まれて、ベルトコンベアでセリ(ペット・オークション)で野菜を買うように仕入れてきた商品ではなく、ちゃんと長く付き合いのあるブリーダーさんから直に子犬を連れてきている点も評価する。子犬の素性がちゃんとわかっている。(だから子犬の犬種はいまは絞られているけど、それでいいじゃないか)

子犬のデパート、「なんでもいつでも揃います」って方がおかしいでしょ。家電や部品じゃないんだから。


そんでね、ここがおもしろいのは、ちいちゃく、もろく、愛らしい子犬をぬいぐるみを欲しがるように「すぐ連れて帰りたい」って人には、売ってくれない。

私、今まで断固ペットショップ反対派だったけど、
だけどペットショップで犬を飼うという慣習しか知らない人がこのニッポンにはいっぱいいるのも現実だから、
ならば、こういうユニークなお店が新たな提案をしてくれるのも、悪かないのではないかと、ちょっと思うようになった。

まだまだ監視していくけど。(ふふふ。Tくん、気を抜くなよ)

スクリーンショット 2014-03-05 21.02.48
お店の先輩犬のポメちゃん(生後半年近く。売れ残っているのではない。いつか出会えるパパママを勉強しながら待っているのだ)が、ちびっこプーたちに、犬同士のルールやマナーを教えてくれる。これも大事。ニンゲンがいくらトレーニングを頑張っても教えられないこともあるのだ

でも手塩にかけて、長期間、お店に子犬を置くってことは、それだけコストがかかるし(毎日ごはん食べます。トイレシーツも使います。冷暖房完備です)(トレーニングや毎日のブラシなどをする手間や時間もタダというわけにいきません)(長くお店にいるということはワクチン代やときに生き物ですから下痢でもしたら病院代だってかかるでしょう)、
(そのわりには子犬の値段は、そこらへんの悪徳ペットショップと大差がないのは良心的と思った)、

「あら、売れ残って可哀想に」という心ないお客さんはやっぱり多いし、大変かと思いますが、
新しい挑戦、頑張ってほしいなと思っています。
動物のためになるアイデアに多様性があることはいいことだから。


とまぁ、久しぶりにバドブログを書くと長くなっちゃうねー。

毎日(あ、いきなりウソか)ちょこっとずつでも書くようにしたいものです。
せっかく昨日、ワイマ飼い主さんがバドブログと『うちの犬』の読者です、ってメッセージくれたからね。ちゃんと書きまーす。

では最後に、羊ブームのトリを飾るのは!

スクリーンショット 2014-03-05 20.59.07

ミディアム・プードルのリラさんの勇姿です!
きゃー。素敵。やっぱイケテル!
リラちゃんはミディアムとはいえ、6キロなくて、小さめなんだけど、体高はちゃんとミディアム範囲内。

ちなみに、プードルのサイズ4段階のスタンダードは、

スタンダード(体高45〜60cm)>ミディアム(体高35〜45 cm)>ミニチュア(体高28〜35cm)>トイ(体高28cm以下。26cmが理想)。

体高ってのは、キ甲(首の付け根付近の、肩甲骨のいちばん高くなっている部分)〜地面までまっすぐ垂直に下。を測ります。

つくづくプードルって比較対象がないと、拡大コピー(縮小コピーとも言う)なので、ボディラインだけ写真で見ると、サイズがわからないね。堂々としている大きな羊(犬)に見えるね。うふふ。

きっと毛量や体高や、トリマーの技量や(笑)などで、羊っぷりに個性がでるのではないかと思います。楽しい。

やっぱ、イケテル。羊カット。ああ、楽しい。ああ、可愛い。

我こそは!という方。バドブログにぜひお写真をお送りくださいませ。
宛先は「バドブログ・羊ちゃん係」まで(爆!)

追伸:そうだった、私がなんでこんなに羊ちゃんが好きかっていうとね。私は、羊年の、おひつじ座のオンナなのだ!