あ。

かごくぱ

窓全開にしていたら寒くなったらしい。
Gパン入れのカゴを勝手にだして、その中に小さくおさまってる。
おまえってやつはー、なんて可愛いんだ。
もうっ、絶対に可愛いっ。

小春日和〜♪

月末、〆切山積の焦りまくりの私の心とは裏腹に、

11:29*1

猫は、毎日、窓辺で小春日和の陽気を堪能している。
ちらかったマチュの勉強机の上で、上手に(高校願書の入っている紙布製バッグの上に)乗って、うとうと。
(猫とは、新聞紙でも雑誌でもプリントでもなんでもいいから、何かの上に乗っていたい生き物)

今月は、ほんとずっと天気よかった気がする。気持ちいいね。
だけど、いま窓全開にしていたら、湿度17%! どおりでほっぺや手がつっぱると思った。
女子には困った季節ですな。

猫だけでなく、犬たちも、お外の陽気は気になっている。

11:28*2

早く遊びに行きたいねぇ。ああ、私もそろそろ旅に出たい(←思いきり現実逃避)。

うううっ、さー、原稿、原稿! 白いワニがいま3匹くらいそばにいますから。

東京モーターショー2013

25日(月)に、仕事で東京モーターショーに行ってきました!
久しぶりのクルマ仕事。まったくの犬なし仕事をするのはほんとーに久しぶり。毎回、家族では出かけているけど、仕事で行くとなるとまた緊張感が違います。しかも10時開場から、閉場20時までの長丁場。大丈夫か、私!?

写真1

おおー、朝10時前から大行列だ。平日なのに〜。みんな会社休んでいるんですか〜。すごいな〜、やっぱりクルマ好きは多いな〜、頼もしいな〜。

そして頑張りました。すごーく頑張りました。

写真2
ランチの中華レストランからの眺め

たくさんの出会いもあり、よいコメントもいただけてやりがいありました。

写真3

かっちょえええ〜〜〜〜

そして、予定より早く終わり、あと15分ほど時間があったので、クライアントやカメラマンさんとさようならして、私はダッシュで、プジョーブースへ!

写真4

うひょひょーーーーー! かっこえええ。

写真5

2008、ちょっといいじゃないすか。次はSUVかな。
だけど、あんまりこういうことを言うと、うちの金ちゃん号がふてくされて、調子が悪くなるから言わない(笑)。金ちゃん号は大好きなクルマだから、限界まで乗りたいんだ♪

そしてプジョーブースのあと、親戚のマツダブースに走り、そのあと、やっぱりここははずせない。
ポルシェブースは、今年も圧巻のかっこよさでありました!

写真8

やっぱりモーターショーは、プライベートでも仕事でも、ワクワクしまっす。

写真7

------------------------

ちゅーわけで、久しぶりの肉体労働をして、足の裏まで痛くなり(体重のせいか、コンクリの硬い床に立ちっぱなしのせいか。むー、やはり前者でしょう。今後の自分のためになんとかしたいもんだと痛感したわい)、往復の移動時間も合わせると、ほぼ12時間立ちっぱなしで辛かったけど、そういう状態にも耐えられる肉体を保持したいもんです。


あ、オマケ! (オマケでよいのか?)
こないだのdog actuallyの続きが、先週でておりました。報告忘れてた。

雑文家、白石花絵さんインタビュー(2) 「ぶれずにコツコツ伝えていくことの大切さ」

恥ずかしいけど、私の想い満載。お時間あるときにどうぞ〜。

苦学生?

ダンボール机

私がベラベラ喋っていたら、ダイニングテーブルで勉強してたマチュが、いつのまにかリビングの窓際で、段ボールを机にして勉強してた。

(クパは、天気がよく、家族全員が揃っているので、きっとお山に行くんだろうと期待している)
(私が1本原稿を書き終えたら、行ってあげたいと思ってる! 頑張れ、私!)

日向ぼっこ

あわわ。またすっかりブログがご無沙汰に。
今月は、新しい仕事が3つ、従来の図鑑仕事が1つ、同時進行なので、なんだかバタバタしてる。
ついでにマチュの受験の志望校決定の大詰め。母仕事も忙しい。
受験って、母まで手を取られるものなのね。
私は、高校受験は広島にいたので、東京の高校のことがまったくわからなくて。いい学校なのかどうなのか、どこにあるのか、評判は? などもよくわからないのよー。
でもマチュにとっては、人生の大事な分かれ目。協力せねば。
今週はテレビのニュースも見ていない。世の中の事件も知らないけど、オトナとして大丈夫かしら!?

そんなとなりで。

_DSC2041.jpg

のびまくりの、まめちゃん。

_DSC2042.jpg

写真撮ってたら、にらまれた。

_DSC2043.jpg

そのあと、ころんと寝返った。

ここんとこ、お天気が最高にいいですね。気持ちいいです。

私も、まめちゃんのように、心にゆとりを持ちたいです。

新しいお宿と12月イベントのお知らせ

寒いでんな。
クパったら散歩のときにダウンにおしっこついた。オス犬は、オシッコがつかないウェア探しってのが難しいね〜。冬は洗濯物が乾きにくいから極力洗濯したくないし−。
それにメルも、足つきでも調子よかったけど、オシッコ中はとてもいい感じに股が開いてグーなんですけど、歩いているときにポタポタ落ちるオシッコが後肢のおべべについた。これはウェアの型紙の問題というより、メルの締まりの悪い尿道の問題なので仕方ない。でもこうなると、何度洗濯しても大丈夫っていう耐久性が望まれますな〜。

スムースヘアの犬は、面倒な季節の到来です。とほほ。

15ふたり_01
ダウンを脱がされた。寒い。晩年のバドの洋服ではクパの方がウエストがでかくて、胴囲のマジックベルトがはじけた。へー。クパの方が大きいのか? いや、5歳時点ではバドの方が大きかったのは間違いないんだけど、13歳の時点のバドはしぼんでいたということだ

さて。
ふたつお知らせです。

ひとつめ。
こないだスバルの『カートピア10月号』の取材でお世話になった伊豆高原の「玉響の湯」。そこはカート・フォレスタのグループでたくさんの犬歓迎お宿を経営しているんだけど、

そこに新しく11月11日(お、バドの誕生日だ!)
三浦半島に、カジュアルなお宿がオープンしたそうです。

三浦海岸ARENA
(プレス資料が詳しかったんで、それをリンクしてみました)

地産地消の美味しいごはんがでるらしい。いいな〜。行きたいな〜。
真冬なら海水浴客もいないから、犬と海岸で遊べるな〜(Let's 現実逃避)。
だけど、マチュの受験が終わるまでは、そうも言っていられないわが家。

だけどね、カーロさんの広報の(ボーダー・コリーを飼っている♪)担当の方が、
その三浦海岸ARENAの「5000円」割引クーポンを送ってくれました。
1組様1枚のご利用。使用期限は、2014年1月31日まで(12月28日~1月4日は除く)。

15カーロ_01


ついでに、同じグループのお宿の
館山ディアナだったら、伊勢海老プレゼント。
軽井沢GIARDINO・菅平CASOLARE・北軽井沢RIOだったら、3000円引き。
こちらも使用期限は同じく1月31日までね。

せっかくだから、誰かに使ってもらえたら嬉しい。
10枚あるので、御入り用の方は、ばど吉までご連絡くださ〜い。

-------------------------------------------------------------------

はい。それではふたつめのお知らせ。

今年もアメリカ・ペットフード協会のシンポジウムに行こうと思います。
毎年、なかなかすごい先生方をアメリカから招聘するのです。しかも無料。さすが太っ腹。

今年のテーマはこちら。

*******

第10回 ペットとふれあいシンポジウム開催のご案内

米国の“人と動物の関係学”の分野で活躍するブリンダ・ジェガセサン先生(ワシントン大学)が来日致します。ジェガセサン先生は子供と動物のかかわり、幼児特殊教育、動物介在介入(AAI)、動物介在教育(AAE)を専門とする心理学者。家庭や学校での動物とのかかわりが子供の発達と社会化へ及ぼす影響について講演致します。
「第10回ペットとふれあいシンポジウム (定員160名:先着順)参加費無料

日時:2013年12月7日(土) 午後1時より5時 (受付12:40より)
場所:TKP赤坂ツインタワーカンファレンスセンター ホール7B

*******

そのほか、そうそうたる高名な先生の名前が並んでいますね。
参加費無料でこれだけの方々のお話しが聞けるのはまたとないチャンスだと思う。
それに私ね、犬が幼児や教育に与える影響とか、すごく関心がある。楽しみ。

ネットかFAXで事前に申し込みが必要です。
早めに申し込んでね。私はもう申し込みました。
当日、私を発見したら声をかけてくださいませ。


ああ、そうして師走も大晦日もあっという間にやってくる予感。ひょえーーー。

でも焦ってばかりいてもだめなので、目の前のことをひとつずつコツコツと終わらせていこう。と、自分に言い聞かせる私です。ううう。頑張りまひょ。

冬がは〜じまるよ♪

すっかり寒くなってきました。
ついこの前まで半袖Tシャツだった気がするのに。

あんまりに寒く、メルが立て続けにオシッコをもらしたので、これは冷えのせいだと思い、おととい、(これは毎年トールの仕事なのに)背に腹は代えられず、私が頑張ってストーブ(現代でいうところのガスファンヒーター)をだしました。

ストーブ1
すぐさまスタンバイの2頭

そしてアルファアイコンさんの、あったかおべべも着せてみました。おしっこちびらないでくれ〜。カーペットを洗濯しても、なかなか乾かない季節なんだから。

メルちゃんに4Lサイズはぴったりだった。メスのために腹部もカバーされているせいか、おべべを着せたあとはあれからちびっていません。嬉しい。ちびりや膀胱炎になりやすいメス犬ちゃんにオススメしますわ〜。

オスの場合は同じデザインだからオシッコがつかないように飼い主が切り取らねばならない(よく考えてるぅ)。でもカットに失敗するのが怖く(私は不器用&大雑把だから)、あとでゆっくり切り取ろうと思い(できればトールに切ってもらいたい)(→業務連絡。トールさんへ。切り取りイメージはこちら。真ん中下のへんを見よ)、クパの赤いジャンプスーツはとりあえず脱がしてみた。それで昨日は、おべべをお着替え。

ストーブ2

バドちゃんのお下がりのダウンベスト。これまた暖かいぞ。
なのに、ストーブをつけると、すぐに温風の取り合いに。

ストーブ3

そして今日。さっきまで窓全開で換気してたんだけど、マチュが帰宅してストーブつけたら、また全員集合。

ストーブ4

ああ、冬がやってきたなー。
(やだなー、寒いの)

そうそう、おとといには、トールが、床暖房用まめちゃんハウスを作ってくれた。

ストーブ5

底面がなくて、覆い(屋根と壁)だけ。下には毛布。
まめちゃん、すぐさま理解して、入ってました♪

11月11日はバドの誕生日

バド。私の最愛のワイマラナー。
バドは、11という数字と関係が深い。

お誕生日は、11月11日。1994年(戌年!)生まれ。生きていたら今日で19歳か。
死んじゃった年は、2011年。2011年7月没。享年16歳8か月。

覚えやすいね、バド。

死んじゃった命日より、やっぱりバドといえば11月11日。
昨夜もマチュが「今日がバドの誕生日だね」と言った(深夜0時過ぎまで起きているのは問題だが。笑)。
家族みんながこの日をしっかり刻んでる。

20060824230018.jpg
2006年8月。バドとタビィとパチ。バドの人生の友達は、コーギーだった

20061108103708.jpg
2006年11月のバド。マチュのお下がりのGAPを着てみた

20061115200616.jpg
2006年11月の誕生日のバド。12歳だ

20061117095528.jpg
2006年11月のバド。バドが見つけたダンボールの中で死にかかってたまめちゃん。バドは命の恩人だよ

11鮭とば
2009年11月のバド。15歳だよ。マチュの大切なおにーちゃん。マチュはバドに守られて育ったよ

26みかん6

↑ 2009年11月のバド(15歳)。9月にはクーパーがやってきた。バドはちゃんとクパの存在を許してくれた。

29仲良し3

↑ 2010年11月のバド(16歳)。10年8月にはメルもやってきた。夢のドイツ3点セット時代。
バドはめんどくさそーなりにも、なんだかんだとチビどもと寝ていた。
クパは1歳超えて大きくなったけど(しかもタマ付き)、バドに対して反抗的な態度を見せたことは1度もない。
犬は、ちゃんとわかっている。正しい犬はちゃんと先輩は敬い、大事にするんだね。

バドは若造どもが来て、きっとうるさかったろうけど、でもバドは子犬のときからタビィとパチと育ったこともあり、多頭飼育が安心するタイプだったんだと思う。バドが、最後にもうひとふんばり長生きできたのは、クパメルのおかげと思っている。

30松葉杖散歩

バドが16歳の誕生日の日、私は骨折してて府中の病院に入院してて、朝、病室から西新宿の高層ビル群を眺めながら、「バド、お誕生日おめでとう。この日に退院できなくてごめんね」と心の中で泣いた。

ま、お医者さんや家族の反対を押し切り、通常ではとうてい退院不可の足のまま、バドの誕生日の翌日の12日に退院してきたけどね。

そんで11月29日からは、バドの散歩にも強引に行き始めた。バド爺ちゃんは、たびたび排泄散歩に行かないと、すぐ膀胱炎になりやすかったからね。バドのためならどんな無茶でもできた。

25じーちゃんおかえり

2011年4月には太ももにできた爆発した腫瘤をレーザーメスで切除した。ノー麻酔で手術。バドは16歳半でも手術に耐えた。お医者さんと飼い主を信頼して、麻酔なしでも全然動かず、良い子だった。えらかったね。そしてもちろん入院せず、すぐ帰宅し、自宅療養。高齢な分離不安犬を入院させたくないという気持ちを汲んでくれたN先生に感謝だ。


バドとの思い出は、全然色あせない。
思い出せば、こんなにスラスラといくらでもでてくる。


バド。
バドが忘れられず泣き暮らしているということはない。
なんて言えばいいんだろう。
でも、とにかく、バドは、いまも最高の相棒として、私の心の中で、いつもそばにいる。
そんでもって、ここ一番っていう大事なときに、私も(マチュも)いつもバドの遺影に向かって、「バド、頑張ってくるからね! 守ってね!」と、言って出かける。
バドは、シライシ家の小さな神社になってる(笑)。

そういう存在に思える犬と暮らせたことは、本当に誇り。宝物だと思う。

バド、これからも頑張るからね。見ててね。

13愛しいバド
2011年4月。バド、17回目の桜を見る。犬友達に囲まれながら

クパちゃん、誉めて自信をつけさせよう

スクリーンショット 2013-11-09 12.15.52

おととい夜のこと。10時すぎに仕事を終えて、新宿方面から自転車で帰ると、途中までトールがクパと歩いてお迎えに来てくれた。横断歩道を渡ってこようとするクパに、私が「ぴゅっ!」と口笛を吹くと、一瞬クパはサッと振り向いて、アイコンタクトしてくれた。

……なんだけど、そのあと、もう歓待してくれない。私のことを見ない。しっぽを丸めて、せわしく歩き出し、もう私のことを見ない。

(メルやバドやタビィやパチなら、歓待されすぎて、しばらく歩けなくなるほどなのに)(同じ犬なのに、同じ飼い主なのに、どーしてここまで反応が違うのか。心配になる)

お山なら、もっと堂々としていて、もっと余裕があって楽しそうで、アイコンタクトもばっちりなのに。
もちろん家の中でも、呼べば笑顔ですっとんでくるし、うざったいほどアイコンタクトしてくるのに。

つまり、街での散歩は、余裕がなく、いっぱいいっぱいってことだ。
先月、半年ぶりに自転車散歩を復活させたら、またドーパミンですぎたか、心の不安ぶりが復活。半年間の努力が1回で無駄になってしまったようだ。

昨日、クパのトレーニングの先生に、別件の仕事の電話のついでに、ちょっと相談。そしたら先生がアドバイスをくれて、思い出した。
そうだ、そうだった、クパに自信をつけてもらって、街中でも平常心でリラックスできるようにするためには、

★ いっぱい誉めて、自信をつけさせる。和ませる。
★ 散歩中、楽しく走ったり、違う動きをして、コマンド→上手にできたら褒めちぎる。
★ 変化をつけて、不安を感じさせないようにする。

だったのである。最近、私ったら忘れつつあった。
クパに厳しくするのは逆効果とわかっているが、「もっと楽しく」「もっと和ませて」が足りなかった気がする。また私の「まったくもー、しょーがねーなー、この子は」という気持ちもクパに伝わってしまっていたに違いない。私ももっと余裕と愛を持たねばいけなかった。反省。

繊細で敏感な犬は、扱い方もややこしい。正直、苦労する。
だけど、このややこしい犬が好きなんだから、しょーがない(笑)。
クパがもっと余裕をもって、幸せな街中散歩ができるように、毎日練習、毎日(私とトールが)精進。

写真
とりゃ

食後にも、家の中でも、ひと芸(フセ→ごろーーん)をさせて、誉める。

写真2
おりゃ

クパがどんどん自信のある、堂々とした毎日が過ごせるように、頑張らなくちゃ。
山爆走だけでなく、やれることはいろいろあるはずだ。

恥ずかしながら dog actuallyにでてます

だんだん寒くなってきました。
マチュは、犬に抱きついて暖をとっております(そもそも半袖なのが間違ってるぞ!)。

クパきゅー
クパ、ややお困りの表情。笑える顔

最近、犬猫は、ダイニングテーブルの下がお気に入り。代わりばんこに争奪戦を繰り広げている。
テーブルの下は床暖房があるから暖かいんだって。とはいえ、まだ毎日は床暖房つけてないんだけど、信じているらしい。

テーブル↓


さてさて。
犬の好きな、勉強熱心な飼い主さんならきっとご存知だと思う「犬を感じるブログメディア dog actually」に、大変恥ずかしながら、このたび取材をうけて私が載ってます。
取材するのは好きだけど、取材される側はほんと恥ずかしいし、いたたまれないのですが、ご紹介します。

dog actually 雑文家、白石花絵さんインタビュー(1) 「日本語を分かりやすい日本語に」

はぁ。とにかく頑張るしかない。


おまけ。
昨日、クパメルごはん用のカモミール、ネトルがハーブ屋さんから届いた。
カモミールは下痢のときなどによいとイヌメシ師匠に聞き、毎日与えているので、すぐなくなる。そういうときに限ってクパが、シカ肉でまた水下痢ちゃんになったりするので、今回ははりきって業務用大袋を注文してみた。
1キロ袋。

箱を開けてびっくり! カモミールの1キロって、こんなにデカイのか!

カモミール
軽いけど、ボリュームありすぎ

5キロの米袋くらいの存在感です。保存、どーしましょう(汗)。

みなさんもドライハーブを買うときは(大袋は割安!と浮かれたくなる気持ちをグッと抑えて)、
もう少し小さい袋を選ぶとよろしいかと思います。

これから私も毎日カモミール飲んで、心安らかにして、胃腸もいたわり、「日々スポンジ」(dog actuallyの記事の下に書いてあります。笑)を目指して精進したいと思います。

マツタケ山へ行く

毎週末のようにマチュの高校説明会があり、忙しかった10月。トールから「ひとりで山に行ってはいけません」命令をだされているため(携帯圏外だし、骨折しても誰も助けてくれないし、山賊に出会っても人っこひとりいないし)、よく考えてみたら、10月10日の小淵沢トリカブトだなっしー爆走以降、お山に行っていなかった。そしたら、先週、クパがひとりでベランダで空を眺めてたそがれていた。お山が渇望して、クパが酸欠状態。こりゃ、やばい。

そんでこの3連休も、高校説明会2つ、出稼ぎと、お出かけしてたけど、やっと昨日の午後が空いたので、マツタケ山に行ってきました。小雨の中。

シカ角_1

まだニンゲン用の誤射防止派手なチョッキを買っていないので、なるべく目立つコートを着用(笑)。

マツタケ山11月_1_02

久しぶりだったので、クパメルのはじけっぷりったら、なかった。
そんなに嬉しいんだねー。ごめんねー、なかなかお山に来られなくて。
クパのノン休憩爆走ぶりは圧巻でした。

マツタケ山11月_1

斜面も駆け上がり、駆け下りてくる。
メルが、イノシシみたいに駆けてくるの、わかる?
(あれ? この角度だとオレンジチョッキが見えないね。イノシシと間違われてしまいそうだ。やばいなー)

マツタケ山11月_1_03

まだ八王子の山奥は、紅葉って感じじゃなかった。まぁ、スギ林だから、それほど広葉樹もないしね。

なんだか毎回、代わり映えのない写真でごめんなさ〜い。
最近、5時にはもう暗いから、写真も撮りずらいや。
おうち出たのが、3時。お山に到着が3:45頃。なんだかもう薄暗い。
前日の雨で、道路もぬかるんでいるし。
だけど、クパたちにとってはそんなこと、全然問題じゃない(笑)。

マツタケ山11月_1_04

今回、初めて林道の終点まで来ました。この先に、歩道(獣道のようなトレイル)が続いていたけど、転びそうだし、もう薄暗いから引き返した。

マツタケ山11月_1_05

いやー、ほんとによく走る。このパワーには恐れ入るね。
ほんとは毎日、これだけ運動をさせてあげられればいいんだけどね。ごめんね。クパ。

マツタケ山最後_1

今日はよく藪こぎもするなぁ。楽しそうだ。


またもや帰り道は懐中電灯で歩きまして、5時半にハイキング終了。もう真っ暗さ。

そんで3連休の最終日で、中央道が渋滞していたから、帰路は下道で。
また八王子の道の駅により、青トンガラシや里芋などを買って帰りました♪

おうちに帰って、まったりしてると、マチュが「ギャッ」と、チビダニを発見。(素晴らしい観察力)
11月でけっこう寒いのに、まだダニがいるんだね。
しょーがない、フロントラインしとくか。

フロントライン

そして、犬たちはごはんを食べたら、ばたんきゅーです。

メル爆睡

(あ、赤いイス、いつのまにか交代してる。笑。けっこう取り合いしてるな、このキャンプ椅子)

クパ爆睡

疲れた犬は、早寝します。


追伸:
今日はお天気がよくて、窓全開で、犬の毛布などを洗って、干しているけど、今日、なんだかボーッとやる気がでないし、目がかすむ(涙しょぼしょぼ)、のどの奥がつまってなんとなく息苦しい感じ。風邪かなとも思ったけど、これって秋の花粉症!? げげ、秋にもスギ花粉スタートですか! 
でも認めたくないっ。それに、いかなることがあっても山爆走はやめられない。
お茶かサプリメントか、とにかく何か考えなくちゃ!