クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
もういっちょ首輪ネタ
2013年06月28日 (金) | 編集 |
月末〜〜〜〜。忙しい〜〜〜〜。自業自得〜〜〜〜。
しかし今週は涼しいですね。しのぎやすいです。
こないだの日曜日の山爆走レポートも書けぬまま、今週はアラスカン・マラミュート原稿を頑張っております。

さて。
今週、もうひとつ、新しい首輪が届きました。
正確には、首輪ではない。ああ、まあ「首の輪っか」という点では正解だけど。
水OKの迷子防止用チョーカーです!

写真_02

だってぇ、クパったら、すっかりお水が平気になりまして、ジャブジャブ入るんだもん。

DSC_1066.jpg

メルだって、先週から水への恐怖心が和らいできました。やはり社会化すれば、少しずつ改善していくもんだね−。

DSC_1069.jpg

となるとですね、今までのオシャレ革製ネームチョーカーだと、劣化が早くなり、文字が見えにくくなってきたわけですよ。

そんでやっと買いました。安い。私はここで買ってみました。1週間もしないで届いたよ。

うちの犬どものパワーでは、ナイロン製の首輪は強度が心配なので、あえてリードをつなぐDカンのないタイプにしました。それで細めのMサイズ。(DカンをつけるならLにしないといけないけど、それでもうちの犬では強度が心配のため)
Sサイズでもいいかなと思ったけど、幅3ミリしか違わないからうちの犬のサイズがつけたら気がつかないくらいの差だろうし、なら少しでも数字がつぶれて読みにくくならないようにってMサイズにしてみた。

そんで、ちょっとカッコ悪くても、文字は視認性が最も高い黒にしてみた。
うちの犬のような山で遊ぶ犬は、カッコイイ悪いとかなんとか言ってる場合ではないもん(笑)。
とにかく、機能がいちばん。とにかく、クパメルが、もしも迷子になったときに「おおーっ、この犬はなんか首に書いてあるぞ。あ、携帯番号か!」とすぐに気がついてくれるようにしたいと思って。普段から見えすぎて、イタズラ電話かかってきたらどうしようって思うくらいよく見えます(笑)。それでもいいの、クパメルのためなら私の携帯番号にイタ電かかってきても、受けてたつわよっ!(爆)。

それよりも、もしももしもいつか、このチョーカーを付けたうちのアホどもが、飼い主からはぐれてプラプラしているのを見かけたら、どうか私に連絡をくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。ばど吉は神出鬼没なので、この先日本全国どこでクパメルが保護されるかはわかりません。犬相手には素行不良になるときもあるけど、人間には他人様に咬むようなことはございませんので(おそらく。パニック中になっていたらどうかは100%大丈夫って断言できないけども)、どうかチョーカーに書いてある私の携帯番号にお電話ください。なにとぞよろしくです。この場を借りて、先にお願いしておきます!(笑)


さー、メルちゃん、どうですか?

スクリーンショット 2013-06-28 13.43.05
メルはマチュの好きな色であるオレンジベース。虎模様によく映える

メルは首輪をつけられても、写真撮られても、動揺なし。いや、これが普通の犬であってほしい。

さーさー、クパちゃんはどうですか? 昨夜、初めてこのチョーカーつけたら、久しぶりにちびりやがったぜ。
サーシャさんの首輪との色のマッチングはどうですか?

スクリーンショット 2013-06-28 13.43.19
クパのはゴールドベージュベースにしたんですが(見えにくいっ)。でもサーシャ首輪と色味はあってる

そんなにびびんないでよー。

スクリーンショット 2013-06-28 13.43.30

あごをひいたら、首輪が全然見えないじゃんか−。

スクリーンショット 2013-06-28 13.43.42

ううーーん、やっぱりほとんど見えない。もう諦めた、深追いしてちびると面倒だから撮影終了。

梅雨が終われば、楽しい夏休みシーズンはもうすぐそこ。
旅行、帰省、海遊び、川遊び、キャンプなど、みなさん、いろいろ遊びに行く計画もあるかと思います。

でもね、そういう知らない場所こそ、犬は興奮して鉄砲玉になったり、あるいはパニックが強まり、迷子になったりしやすい。帰巣本能で帰ってくるにもおうちから遠い場所では難しい。それにね、もうひとつ。雷嫌いな子は、パニックで脱走しやすい時期なんですって。これから雷雨も増える時期。

シニアになりかかりってのも危険。バドの経験から見るとね、8歳か9歳か10歳の頃って、耳が遠くなったり、目が悪くなったり、五感が衰え、今までより不安が強くなったり、パニックを起こしやすくなる傾向があると思うんです。バドもね、それまで雷さん、全然平気だったのに、ある時期から急に雷が大嫌いになった。
まぁ、タビィが死んで一人っ子になったショックもあったせいかもしれないけど。

でも、耳が遠くなると、今まで問題なかった呼び戻しの反応が悪くなるのも事実。聞こえにくくなるみたい。視符(手で呼び戻す合図)のトレーニングを加えてみるのも必要。

だから「今まで迷子になったことない」「今までも呼び戻しはよくできる子だから大丈夫」という犬も、万が一に備えて、ぜひ迷子札や迷子チョーカー、マイクロチップはつねに身につけるようにしてほしいなと思います。

いろいろね、迷子のお知らせとか、愛護センター収容のお知らせを見るたびに、ずいぶん毎日のように迷子や失踪の犬、あるいは保護された犬がいるんだなぁと感じます。想像以上に多い。ほんとに遺棄したひどいヤツもいると思うけど、なかには迷子にさせるつもりなんてなかった飼い主さんだっていっぱいいそうなの。一生懸命探してる最中の飼い主さんの胸中を思うと、こっちまで泣きそうになる。

だからみなさん、迷子札は忘れずに!
大きな地震がいつ来るかわからない日本でもあるわけだしね。おうちの中でも、首輪ははずしても、迷子チョーカーだけはつけておこうね。


クパの新しい首輪!
2013年06月25日 (火) | 編集 |
土曜日は、西新宿2時間散歩コース。(携帯万歩計によると6900歩)
日曜日は、またもや多摩のお山2時間半爆走コース。(携帯万歩計によると7600歩)
おかげで体脂肪率が下がり、便秘も解消して嬉しい私です(笑)。
やっぱりニンゲン、歩くって健康にいいのね〜〜〜。缶詰で原稿を執筆する生活がいかに足の筋肉や腹筋をダメにしているか実感するよ。
それに犬も2時間出かければ、ずいぶん満足していい子になるね。
ドイツで犬お出かけは、1日2時間以上じゃないと虐待にあたるというのは、なんだかわかる気がした。

さて、そして月曜日。
バドの時代から「うちのアホどもがちぎらない最強の首輪とリードはもうサーシャさんに頼むしかない!」とすごく信頼しているサーシャさんに、このたびクパのお勉強用首輪(ハーフチョーク首輪)を依頼していたのが届きました。トレーナーの人に「ハーフチョークを用意してほしいな」と言われたのでオーダーした。今まで頸椎のことが心配で、チョークは使用していなかったけど、たしかにイージーウォークハーネスや普通の首輪より、合図が伝わりやすい、という論理もわかるので、試してみようと思って。4歳のクパは昔より状況判断もできるようになりつつあるので、子犬期ほどアホみたいにやみくもに引っ張ったり、それで首が絞められてパニックになることももうなかろう。

サーシャさんは相変わらずすごい職人肌。まずはいったん採寸用首輪が届いた。首輪抜けをしないようにクパにぴったりサイズを作るためにね。
意外とクパって首周り細い。バドに比べるとずいぶん小さいんだなぁと思う。
そんでメルとそう大差ない。メルは頭は小さいが、意外や首周りは太いようだ。だから首輪抜けが得意なんだな。

採寸用首輪を返送して、待つこと2週間くらいかな。
色は、サーシャさんが「クーパーなら紫や濃い青がカッコイイかも」と見立ててくれた紫色を選んだ。サーシャさんが革を染めるとこからやるんだよ。すごいね。職人だね。
でも見た目も大事だけど、「とにかく日本一、いや世界一、最強、頑丈にお願いします」と頼んだ。サーシャさんは、バドもクパも、アホみたいに瞬発的な破壊力がある犬だということをよく知っている(私がそういう面倒な犬を好きだということもよくご存知のはず)。手縫いで、頑丈にしてくれるって。今回はトレーナーさんからの提案もあり、合図がよく伝わりやすい幅15ミリ。ううう、大丈夫? ちぎれない? とまだびびっているが、サーシャさんを信じるしかない! よろしくお願いします。

そしてついに届いた!
じゃーーーーーーーーーん!!

くびわ元画1_01

意外やサイズが小さいっ!? と、まずはちょい焦るが、
この色、渋い! 紫色か〜初めての挑戦だけど、なかなかこういう色の首輪ないからカッコイイんじゃない? 時間の経過とともにどんな色になっていくかが楽しみだ。

しかもずいぶん厚い革。これは手縫いするとき、さぞ力がいったであろう(涙)。頑丈に、頑丈に、ひと針ひと針、サーシャさんがクパを思って刺してくれたに違いない。

くびわ元画2_01

ちょっとぼけちゃったけど、「COOPER」って刻印押してくれてる。携帯の番号も入れてくれた。

あれ、しかも、革の色、ここだけちょっと違わない? 目の錯覚? 老眼?(爆)

くびわ元画6_01

到着後、聞いたら、「去革(ベルト通し)と、縫い糸をこげ茶にした」とのこと。クパの写真を見てたら「これだ!」と閃いたんだって。嬉しいな〜〜〜〜〜。クパ、オンリーワンの首輪だね。たしかに渋いぞ。たぶんこれは作り手と飼い主にしか見えないんだけど(笑)、そういう細かいこだわりや遊び心がいいっ!

さぁ、クパちゃんサイズはどうですか?
びびって、オシッコちびらないでね。

くびわ元画3_01

新しモノにびびるは、カメラは嫌いだは、で撮影しずらい。
お、でもサイズは大丈夫だね。あんた、ほんと意外と首は細いんだね。
私、採寸間違ったかと焦ったけど、大丈夫だ。よかった。

くびわ元画4_01

いくらカメラが嫌いだからって、そんなにグイーンと避けなくても(汗っ)。
カメラのレンズは、あんたの魂を吸い取ったりしないからさぁ。

サイズが大丈夫なのを確認したので、もう一度はずして、再度しげしげと眺める。

くびわ元画5_01


ビーズも可愛いなぁ。
あ、それに、ビーズ色を指定していないのに、ちゃんとバンブルビー色にしてくれてる!

バンブルビーって知ってる? 映画「トランスフォーマー」にでてくる黄色と黒のロボット。健気な忠犬みたいなロボットなの。
クパのテーマカラーなんだよ。クパの場合は、黄色×焦げ茶にアレンジしてるけど。

ほら。

バンブルビー_01_01

私、こないだネイルもバンブルビー色(黄色×焦げ茶)にするぐらい好きなんだから(笑)。


早く試してみたくてルンルンとおニューの首輪を付けて、夜、さっそく散歩に行きました。
非常に良い感じです。幅は狭いのにちぎれそうな気配もなく、安心感たっぷり。さすがサーシャさん。
リード(子犬期に市販のリード2本ちぎったので、泣きそうになりながら当時すぐ発注。メルもリードはサーシャ製)もサーシャさんの手縫いですから、最強の安心感です。子犬のときは、まだ成長してサイズが変わるから、首輪はサーシャさん作ってくれないんだ(笑)。リードは作ってくれるんだけどね。

山遊びで渓流に入るときは、革だからもったいないから違う首輪にするけど、
そのほかは、うん、これで散歩するのがいまからとっても楽しみです♪

サーシャさん、いつもいつもどうもありがとう。
これでクパも安全に散歩できます。
そして、サーシャさんが頑張ってくれた分も、頑張ってお勉強します(笑)。

そういうわけで、N先生、宅のバカ息子をなにとぞよろしくお願いします。
N先生は、クパの同胎のきょうだい、キキちゃんが習っていた先生。ジャーポのパワフルさをよくご存知だし、またお話ししたら、私とトレーニングに関する方向性が似ていたのでお願いしてみることにしました。
ただしキキちゃんはいくらパワフルでもメスだから、クパの方がきっと100倍悪いです。力も強いです。でも、心が弱いです(よけいに面倒なヤツ!)。
でも、私が猟師になれない分、そのストレスをうまく別のことに転化させて、クパに自信をつけてあげたい。

忙しい月末が終わったら、さっそくクパのお勉強を始めてみようと思います。
先生、どうぞよろしく。


犬バカライター
2013年06月21日 (金) | 編集 |
5月に凹んでいた案件に今週決着がついた。

当時は、
-----------------------
私は獣医さんじゃないし(国家資格ないし)、犬の専門家(トレーナーとかブリーダーとか)でもない。ただの、犬の好きなライターだ。
そんなんで原稿を書く資格はあるのか。説得力あるのか。
-----------------------
と凹んだ。
「あんたの意見(あんたが大事と思っている取材先の意見)なんかどうでもいい」と言われたから。

でも私は、取材先(犬好きの一般の飼い主さんや、本当に志しを持って動物福祉活動に尽力している人たち)をないがしろにするような取材はどうしてもしたくないし、
私が大事と思ってない人を取材しても、いい記事にはならないと思ってる。気持ちが入らないから。

原稿は、数字やデータだけではなく、最終的に、心に響くものを書きたい。
もちろん科学的根拠や公平なデータが大事なこともわかってる。
だけど、難しい数字を並べて、読んでもらえない原稿を書くより、
媒体のターゲット層に合わせた、読んでもらえる原稿を書いて、伝えていきたい。

と、自分の中にポリシーがある。「伝えてこそ意味がある。読んでもらわないことには意味がない」と思ってるから。広告コピーでも、雑誌や新聞、webでも、書き方や目的に違いはあれど、読者に読んでもらって、気持ちをこっちに振り向かせることにおいてはみな同じだと思ってる。そのために私は原稿料をいただいているのだ。
でもこだわりがあるすぎるのもいけないのだろう。ただの外注なんだから。

-----------------------
犬の雑学王、広範囲な雑学王、そんで犬オタク。としては負けないぞ。それと、自分の利益のために、スタンスは変えないぞ。犬の市民権向上のためにという思いはぶれないぞ。というのはあるけど……。
-----------------------
と、自分を鼓舞してみたものの、すっかり自信と元気を失った。


そうしたら、友達 兼 獣医師 兼 同志 の友人よりこんな言葉をもらった。

★★★★★★★

花絵さんは、専門家と市民を繋ぐ大事な犬ライターです。専門家は専門バカだし、市民は親バカ、その間にはやはり犬バカが必要なのですよ。凹んでないで、書けー。

★★★★★★★

そっか、私は、「犬バカ」の立ち位置で、
専門家と一般人の間をつなぐ仕事を、自信持ってやればいいんだ。

救われた。頑張る気持ちが湧いてきた。
それにそのほかの友人にもいろいろ励ましてもらった。

自分はまだまだ未熟者だけど(この年になっても未熟者というのもなんだけど、でも、いつまでたっても完璧なライターになんてなれないな)、
がんばっていこーーー!

……そうして魔の月末がやってくるのでありました。泣笑。
凹んでるヒマなんて、ないじぇぇ!

DSC_0424.jpg
(なんだかよくわかりませんが、とにかくでっかいかあちゃんは、がんばってはたらいてください) by メル


今日、感激したこと
2013年06月20日 (木) | 編集 |
七夕

今日、近くのオフィスビルの銀行と郵便局に行ったら、
七夕さんの短冊を、自由に書けるコーナーがあった。

何気なく通り過ぎたんだけど、
え? あ? あ!

こんな都会の真ん中で、こんな身近な場所で、
こんなことを願っている人が、私以外にもいた!

ちょっと感動して、嬉しくなって、携帯でパチリ。

七夕さん、きっといつか日本でも。
いつかこのお願いを叶えてね。


4時からまた多摩のお山
2013年06月19日 (水) | 編集 |
今回から「日帰り爆走」というカテゴリーを作ってみました。
ほんとに、ちょろりと、思い立ったら出かけるぞ!的な、2時間くらいガーーっと走らせるような、日常的な、ちょっと贅沢散歩コースのようなときにここに入れようと思います。
ニンゲンは、ほんとお金使わない遊び。くひひ。お金使う場所も店もない。自動販売機すらない。
高速道路代とガソリン代だけの、ぶっとびレジャーです。

月曜日、所用のためにトールが会社を休んだので、そのあとマチュが放課後帰宅するのを見届けてから、マチュが塾でいない時間、ちょっくらクパメルを走らせに行ってきました。土日に犬は留守番だったし、梅雨の合間の晴れ間だから有効に使わねばと思って。

1週間前の土曜日に行ったのと同じ場所、多摩の林道に行ってきました。
4時半に出発(遅すぎ!)
でもここは、片道50キロくらい。高速のICおりて、わりとすぐ近くに山が迫っているので、交通に時間がかからないのも気に入った理由のひとつ。代々木から1時間弱で、クパメルが大喜びする別天地! 

5時20分くらいに到着。
やっほーーーーい!

DSC_0981.jpg

DSC_0985.jpg

DSC_0994.jpg

メインの林道の横道は、未舗装のダートです。いいね、いいね。

DSC_0998.jpg
(野グソも楽し)

もちろん全部、拾いますよ〜〜〜〜。
そういえば、必ずメイン道路の端っこ、拾いやすい場所でするね。あとから「拾うんでしょ?」って知ってるみたいだね(笑)。

DSC_0999.jpg

さらに横道それれば、獣道もあります。が、ヤマカガシさん(ヘビ)もいそうです。長靴はいてきて正解。

DSC_1004.jpg
サラダバーも楽しいらしい

昨日まで雨続きだったので、グリーンがきれいです。
でも山深いせいか、あんまりタンポポがないんだよね〜(クパメル用野菜を採集したいのに)。
しかしあんまりに葉っぱが青々としていて、なんだかどれもこれも食えそうな気がしてきてしまう。これはもしやセリでは? でもヨモギによく似た葉っぱもあるけど、葉っぱの裏がヨモギみたいに白くない。セリも毒セリがあるはず。おなかをくだすと困るから無茶なことはやめとこう。笑。
だけど、ヘビイチゴは大丈夫だよ。と、トールに言うと、トールは嬉しそうに採集活動していました。彼はきっと採集民族か、農耕民族の遺伝子が強いに違いない。

かたや、私は。
「あ! 鹿だ!!!」

DSC_1018.jpg
我々の気配を感じ、急斜面の崖を登って逃げていく鹿さんの白いお尻。けっこう大きい立派な鹿

私はきっと狩猟民族。動体視力がいいのかもしれない。野生動物を見つけるの得意なの。
青森ではニホンカモシカ、広島ではツキノワグマも見つけちゃうもんね。藪の中の、サルやシカやキジなどはちょくちょく見つける。

このときクパはもう先を走っていたけど、メルが、鹿に気がついてしまい、必死に追跡しに行った。吠え声は一切なし。果敢にも小さなどんくさい体で急斜面を必死に追いかける。あんなにメルが頑張るのを初めて見た。ああ、アメリカタイプのコンパニオンやショードッグとして改良されている血統なのに、私が飼うと、ブレンバイザー化してる! 大型獣の噛み留め犬として使われていたボクサーの祖先です。メルちゃん、先祖返り中。笑。

しかし。
呼び戻しても、夢中になってしまって、視界から消えてしまった。やばいっ。ああ、クパよりもメルが鹿に夢中になるなんて誤算!
別の方向に進んでいたクパを呼び戻し、「メルを探せ!」と指さした。すぐには意味がわからず、うろちょろしていたが、何度も言うと急斜面を駆け上がってくれて、するとメルが斜面のてっぺんより戻ってくるのが見えた。ああ、よかった。そんで2頭で戻ってきた。

メルには、革製のおしゃれなネームチョーカーをつけているけど、こりゃーがっちりと目立つのをつけなくちゃだめだ。あんなに鹿に夢中になるなんて想定外である。それにクパもだ。クパの方が呼びは利くけれど、いやしかし、どうかはわからんぞ。ましてジャーポなんて迷子になってしまうと「どうせ山に捨てられた猟犬だろう」扱いされてしまう可能性大!! 

は〜。とりあえずひと安心。は、したんだけど、そういえば林道入り口に「夜6時〜朝6時の夜間は進入禁止」というチェーンがあったことを思い出し、万が一閉め出しをくらったらやっぱりマズイといったん戻る。チェーンのゲートのところに戻ったのは6時10分。うーーん、大丈夫なのかな。でもカギをかけられたら困るし。
と、悩んでいたら、ちょうどイングリッシュ・セッターを連れた、いかにもご近所さんという感じのおじさんが犬の散歩をしていたので挨拶をしてみた。
42年もこの山で猟をしていたが、最近はすっかりヤマドリがいなくなり、辞めてしまったそうだ。
相棒はずっとセッターだったとのこと。最近の山は、シカとサルだらけだと嘆いていた。鳥は、植生が変わり、すっかりいなくなったらしい。スギ林の植林や、あるいは枝打ちする人がいなくなって、つねに暗い森になり、下草が育たない環境になってしまったせいだろうか。
そのおじさんにチェーンのことなども教えてもらい、「大丈夫だよ、奥で放してあげなよ。犬もその方が喜ぶよ」と親切に言っていただき、嬉しくなった。

それでおじさんとの立ち話後、もう一度、奥に戻る。

DSC_1008.jpg
やっぱ山道は楽しいぜ

それに急斜面はいい筋肉がつくよ。

DSC_1007.jpg

家畜の放牧ですけど(笑)、家畜の放牧のために地形を変えるような開墾はしないから許してね。

DSC_1012.jpg

お水が冷た〜い。

DSC_1017.jpg

メルも先週より水が怖くなくなった模様。小さく成長した。笑。

DSC_1021.jpg

1週間前は空梅雨週間だったから水がちょろちょろだったのに、今回はお水ドードーです。
メル、のぞき込んで落ちないように。
でもメルは好奇心が強く、ほんとなんでもかんでも「あれはなに? これはなに? どした?」とのぞき込むのが好き。脳味噌のいい刺激になっていることでしょう。

DSC_1025.jpg

クパはもうお水、全然平気。沢の中を、横切るんじゃなくて、水の中を下ったり上ったり、平気な顔して移動する。ジープのようなクパ。さすがだね、ジャーポ。

いまは7時になってもまだ歩けるくらい明るい。夏至近くはだから好き。
でも暗くなってきた。ホタルがいないかな〜と期待したけど、いませんでした。水がキレイなのは間違いないけど、流れが急すぎるのかな。

7時20分にもなるとすっかり日暮れ。山歩きは危険。というわけで帰ることにしました。

帰り道は、中央道の上りがまだ渋滞しているし、下道ドライブを楽しんできた。お目当ては地元スーパー♪ 八王子ラーメン味の限定のポテトチップスをゲット。「スーパー アルプス」、先週も寄り道したけど、すっかり気に入った。私は、駐車場で犬と留守番してたけどね。もう蒸し暑いから、犬だけ留守番は心配でさ。

帰宅後、すっかりご満悦のおふたりさん。

写真_01
カメラ嫌いのクパがつい油断するほどお疲れ。このお地蔵さんのようなお顔が可愛い

写真メル爆走後_01
メルもとろけたバターみたいになってる。とくにくちびる(笑)

ああ、楽しかったね。また行こうね。

その夜、深夜3時かそこら、メルが寝ている最中に飛び起きて、3メートルほどダッシュして、「どうしたメル!?」と言ったら、何事もなかったように寝床に戻り、丸くなって寝ました。寝ぼけたのか!? シカさんの夢でも見ていたんだろうか(笑)。


花カフェ
2013年06月16日 (日) | 編集 |
今日はめずらしくトールは、男友達と遊びにいった。保育園時代からの親友がいるってのはいいね。しかも映画製作の仕事しているせいか好きなものや趣味も似てる。今日は男2人でなんかの展覧会に行ってるらしい。

マチュは中間テスト前で、塾の先生がおもしろい方で、塾生にいつもの塾部屋を自習室に開放してくれてて、朝からマチュはそこへ勉強しに行った。私語をしたら、退塾なんだって。きびしぃ〜〜〜と言いつつ、ニコニコと出かけていった。勉強はつらいもんじゃない、って思わせてくれるいい塾。私は中学生のときにそんな勉強したことないよ(笑)。

というわけで、私は、日曜日だというのに、ひとり寂しく、犬と留守番。しかたなく(笑)仕事中。
クパは「そろそろ週末のはずなのに」って顔して、笑顔でしっぽぶんぶん振ってくるし、
メルは「そろそろ週末なのに、ちいちゃんかあちゃんが私服で朝から出かけたって、どゆこと!? 解せない」と文句を言いにくるし。
留守番の私としても、言い訳が難しく、ついレバー入りコングをあげてみたり(笑)。

なんとなく、犬にも1週間の感覚はあるんだろうな〜という気がする。
マチュが制服きて、朝からでかけるのと、私服で朝から出かけるのでは、メルの挙動が明らかに違う。
犬って、飼い主のこと、ほんとよく見てるし、知ってるね。

さて。
レポートが遅れたけど、
先週の金曜日に、久しぶりに犬友達のSさんと「優雅に」(笑)ランチをしました。

私の次の予定が表参道だったので、近くでどこかいいとこないかな〜とちょっと探して見つけたのが、ここ。

花カフェ1_01

きゃ〜〜〜。素敵! 温室の中でお茶飲むみたいーーーーっ!!

花カフェ2_01

シャクヤクの季節だからね〜〜。きっと季節ごとにお花が変わるに違いない。素敵、素敵。
Sさんにも喜んでもらえてよかった。

花カフェ3_01_01

食べるメニューは少ないんだけど、サラダとかハーブが利いてておいしかったよ。
ランチメニューにも150円くらいプラスしたら、ハーブティーを頼むこともできた。なにかといっぱいいっぱいだった私は、リラックスハーブティーを頼みました。は〜〜〜、幸せの味。丁寧な仕事ぶりを感じた。ま、ただいろいろな葉っぱにお湯を注いだだけではあるけどね、葉っぱに生命力がある味。

花カフェ4_01

お花や植物が好きな方はぜひ。
見事にランチどきのお客様は100%女性だった(若い人からおばあさままで年齢層は広い)ので、男性はひとりでいくのはちと勇気がいるかもしれないけど、でもお花好きならぜひ。犬なしのお茶のときにね♪

Aoyama Flower Market TEA HOUSE

私も季節をちょっとずらしてまた行きたいと思ってます
すごく気に入った♪


本日発売
2013年06月14日 (金) | 編集 |
スクリーンショット 2013-06-14 12.57.29

本日発売(たぶん)。
3頭のゴールデンさんを、賃貸のマンションで飼っているお宅を取材してきました♪

ゴールデンは、ほんと優しくって、へにゃら〜〜〜〜〜っとした笑顔で、可愛いね。


全国の後頭部フェチのみなさん♪
2013年06月12日 (水) | 編集 |
先日の宴会時に、友人がおもしろいことを言った。

「クパの後ろ頭と、 Kれんちゃん(幼稚園児)の後ろ頭、似てる〜〜〜っ」

その証拠写真。(送ってもらった)

スクリーンショット 2013-06-12 11.03.28
↑ クパの後頭部と、Kれんちゃん(お顔側)

スクリーンショット 2013-06-12 11.21.19
↑ Kれんちゃん後頭部

ほんとだ。髪の毛の分け目と、クパの後頭部の模様がおんなじだ!
さらに、おさげと垂れ耳も似てる! うききーーーーっ。
たまらんね。大発見。笑。


では、ついでに生後2か月時の、可愛いメルの後頭部もプレイバック。

31BBQ1.jpg

なんでこうも後頭部ってのは、可愛いんだ?



高尾ちかくのお山爆走
2013年06月10日 (月) | 編集 |
土曜の夜は、代々木公園→誰もいない真っ暗ドッグラン→原宿門→原宿駅→千駄ヶ谷→代々木コースで、2時間半、トールとクパメルと散歩。トール曰く万歩計16000歩も歩いたらしい。ドッグランの中も歩き続けているからね。
それでも、なーんだかさ。ドッグランで本気で走らないんだよね。ちえっ。せっかく来たのに。
このグラウンドでも狭いというのか? それとも平地だから変化がないというのか? 森の匂いがないとエキサイトしないのか? ううむ、手強いクパちゃんである。
2時間半歩いても、全然疲れてないし。まぁ、当然といえば当然だけど。だって犬種随一の心肺能力を持つとされるポインターだもんね。ニンゲンが歩くスピードの散歩では、まぁ、いろいろな環境を体験させるのは脳の刺激にはなるけれど、筋肉の刺激には全然足りないよなぁ。

というわけで、昨日、日曜日の午後からちょっくら高尾の近くの多摩の森を探検に行ってきました。クパメルトールとね。でもあまりに「ちょっくら」出かけたので、カメラ忘れた。ガーン。なので本日はトールの携帯画像。

林道ハンター、今回もハズレなし! 我ながら、才能と思う!

CA3I0178.jpg
メルは未だにお水をびびる。水は飲むけど、なるべく水には入らない

CA3I0179.jpg
クパはもうお水への恐怖を克服した模様。いい淵だ。イワナかなにかわかんないけど魚影がたくさん

渓流沿いに進む。涼しいし、水源涵養林のためお水も冷たくてきれい。これより上流に工場や住宅地はないしね。まぁ野生動物(とくにネズミ類)から感染するレプトスピラの心配はある。ワクチンをしていてもこの病気は100%安心ではない(いろいろなタイプがあり、すべてを予防できるワクチンがないので)。だからこういう森の水を犬に飲ませるのは心配ではあるんだけど、でも、もーう、いざとなったらそれは覚悟するしかないかなと思ったり。森に来るのがクパの幸せだもん。

CA3I0180.jpg

現在はクルマは進入禁止の林道。この先行き止まりだし、展望のいいとこもないから、ハイキングコースでもなく、誰もいない。こりゃ、いいぞ。そして舗装路から、舗装されてないダートの道がいくつも分岐している。さらに獣道もいくつもある。最高だ。

でも「不法投棄禁止」の看板がたくさんある。いまは森はきれいに掃除されているのでゴミは見当たらないが。
猟犬の散歩に来るのは最高の場所。ダニやヘビがいたって仕方がないや。それより私が内心コワイのは、死体遺棄現場の第一発見者になることです。(←GWに、埼玉愛犬家殺人事件をベースにした映画『冷たい熱帯魚』を見たからけっこう本気でびびってます。涙。それにときどきニュースでやってるじゃん、「犬の散歩の人が見つけた」って。私、本当にそれだけは絶対に勘弁してほしい)

CA3I0182_01.jpg

クパはジャブジャブ。幸せそう。笑ってる。
森は、木陰で涼しいし、渓流もあるから爆走しすぎて暑くなったらいつでも体を冷やせる。真冬の雪の時期には来られないけど、夏場には最高のロケーションだ。

CA3I01810001_01.jpg

道なき斜面を頑張って上がってみて尾根づたいに進むと、尾根の先っぽに小さなお社を発見。こんなところにこっそりあるなんて驚き。昔、林業の安全でも見守っていたのだろうか。割れたお湯のみが置いてあったので、そこにお水を入れて、お詣り。今度来るときは、お湯のみかおちょこを持参したい。

CA3I0187_01.jpg

ここらへんはモリアオガエルの生息地らしい。来る途中、看板がいくつかあった。メルが水辺で歩いているとき、小さな茶色に変身したカエルが渓流に飛び込んで、石の隅に隠れた(でも頭しか隠れてない。笑)。これがモリアオガエルか? 
あ、道ばたで卵を見つけた! でもモリアオガエルは、もっと水辺の木の枝に産卵すると、帰宅後調べた。これはどんなカエルちゃんの卵なんだろう? 
いずれにせよモリアオガエルがいるような、素晴らしい生態系が残っているということだ。東京都に。すごいね。
大事にしなくちゃね。

CA3I0189_01.jpg

と言いながらも、道ばたにガンガンに生えているヨモギとタンポポを少しいただいた。今夜のクパメルのお粥に投入させていただこう。森の幸〜♪

2時間半ほど森を散策し、5時すぎに帰りました。

CA3I0190_01.jpg

帰り道に爆睡しているクパの後頭部が、最高に可愛い。


くーーーっ(原稿中)
2013年06月04日 (火) | 編集 |
文字が減らない……いくらやっても目標の文字行に収まらない……。
くーーーっ。私はいつも、口でもペン(キーボード)でも喋りすぎ!(号泣)

DSC_0516.jpg

↑ 4月(春休み中の平日)に、マチュとクパメルと爆走に行ったネバダ原っぱ(三浦半島)のひとコマ。
マチュはうしろで、メルのリードを両手に持ってストレッチ中。

そろそろクパが、不安そうな、元気なさそうな顔してる。
クパはストレスが溜まっても、イタズラしたり、要求したりの問題行動は起こさないんだけど、パウなど四肢の先をちびちび舐めたりするし、顔がなんだかおどおど系の表情になる。バドのように、ストレスをわかりやすく外に表現しない(だからよけい不憫。生き方が下手くそというかなんというか)。犬によって、性格はいろいろだ。

今週末は、走りに連れていってやらねば。

あ、サッカーが始まったらしい。窓からご近所さんの歓声が聞こえたぞ(笑)。


クーパー4歳! メル3歳! おめでとう!!
2013年06月03日 (月) | 編集 |
体育祭_3

6月1日は、メルの3歳の誕生日! (そしてマチュの体育祭!)

6月2日は、クーパーの4歳の誕生日!

体育祭_2

クパメル、お誕生日おめでとう!
毎年、マチュの体育祭と重なってなんだか忙しいんだよね、すまないねぇ。

体育祭_5
中3最後も男子と走らされてた学年リレー。黄色組はこのとき1位になった! よっしゃーっ!

体育祭_4
応援団の陰の団長との噂も高く。「マチュ先輩はカッコイイんです!」と2年生の女子が教えてくれた

体育祭_6
黄色組のボード。アム〜、留学してもちゃんと君の志は受け継がれた! 黄色組は1位とったよ!

クパメルの誕生日だというのにわが家は全力で体育祭モードのため、お誕生日らしいことは何もしてないけど、

とにかくクパメル、お誕生日おめでとう!
今年も、体調崩したのは下痢くらい! 動物病院に行くのはワクチンだけだね。健康優良児でありがとう。

しかも彼らはワーキングドッグとしてもいちおう役に立っている。不審者情報や強盗や女性が刺されたりとか嫌がらせや、ご町内でも物騒な事件が起きていますが、クパメルは不審な音には吠えてくれるので、3階で必死に仕事をしていても1階の窓を開けていても安心。マチュが応援団や部活で帰宅が遅くなって、いつ帰ってくるのかわかんなくても、マチュやパパが帰ってくる30秒前くらいに立ち上がって玄関にお迎えに行こうとするから、すぐわかる。
犬だけの留守番やマチュ&犬だけの留守番でも安心感があるしね。この犬たちがいれば空き巣も遠慮してくれるだろう。番犬としてもちゃんと役に立ってる。訪問販売みたいな人なのにうっかり玄関扉を開けてしまったときも、クパメルがいれば、相手もすぐ引き下がってくれるので助かる。わが家のセコム犬だ(笑)。

若いときは、病気の心配も少なく、苦労する点といえば血気盛んすぎて「今度いつお山に遊びにつれて行ってあげられるかな」ってそればかり考えちゃうことくらいかな。成犬のステージは、健康面でも精神面でも充実して安定してきているいい時期です。ありがたい時期ともいえます。パチ、タビィ、バド爺を見送った経験から、若くて元気があるって時代がどれほど幸せなことか、よぉくわかったから、ほんといまの幸せな時間を大事にしたいと思う。

檜原村4_12
今年の5月に奥多摩で撮ったお気に入りのクパメル仲良し写真

クパメルは、人間のきょうだいと違って「いつまでもきょうだい仲良くやるんだよ」な〜んてこと心配しなくても、群れとしてお互いがなくてはならない存在になっているから大丈夫だね。だけど、ま、反対に、1頭ずつの時間を増やす練習もして、依存心が高まりすぎないようにも気をつけなくちゃね。(いつかはどっちかが先に死んでしまうわけだから。そういう覚悟と準備も必要だ)

クパメル、お誕生日、おめでとう。
今年もいっぱい遊ぼうね。