桜茶

スクリーンショット 2013-03-28 15.34.14

桜茶。
タカシマヤで売ってたので、うっかり購入。
マチュにもこの風雅を教えてあげないとね♪
「風流だねぇ」と喜んでました。

マチュは春期講習、毎日頑張ってる。
昨今の中学生は大変だね。
夢に向かって、夢を手に入れるために、頑張れよ。

今週は、仕事で「むむぅ」となる事件があって、怒るやら凹むやらでしたが、
その夜、すぐに別の連載のお話しをいただきました。

捨てる神あれば、拾う神あり。

バドが天の上から操作した感じがしました。凹むなよ、負けるなよ、と。
バド、ありがとね。頑張るよ。

スクリーンショット 2013-03-28 15.35.36

火曜日(26日)に携帯で撮った渋谷駅前の桜の木。
右下に、ちょこんとハチ公の頭が見えるの、わかるかな〜。

2013お花見

いやー今年は、桜の開花が早い!

日曜日が雨の予報だったから、急遽招集! いつもの代々木公園(バドの桜前)、いつものメンバー(カイパパ、Mリさん)&M子も急に招集し、シライシ家全員参加(まめ以外)で行ってきたよ!

DSC_0479.jpg
いつお会いしても、奥ゆかしい可愛さに満ちたカイちゃん

カイちゃんと会うのは、去年の花見ぶりとは! なんかもっと会ってる気がしてた。

今年は、夜桜だったのに、寒くなくてよかった。こんなに寒くなくて快適なのは初めて。
バドの桜の前は暗いけど、のんびり楽しめたよ。去年みたいにトイレ難民にならずにすんだしね。
トールが会社帰りにタカシマヤに寄ってお寿司や、Mリさんがタイ料理のテイクアウトを持ってきてくれた。美味しかったね。(Mリさん。今度そのタイメシ屋教えて!) M子の赤ワインもナイス。やっぱり花見は、アルコール度数の高いものがいいね(トイレの回数を減らすために。笑)。

でも暗かったから写真がきれいに撮れずに残念。ビーちゃんはお休みだったけど、ボンちゃんとメルのおふざけプロレスがすごく可愛かった。ボクサー同士の遊びは、ピタッと止まり、またバーッとはしゃぐの繰り返しでおもしろい。同じ犬種同士、ボディランゲージが同じなのね。ボクサー方言が通じて楽しそうだった。


そんで日曜日。
まだ日が差している。雨は降らないのかしら。
ちゅーわけで、トールが、中野区の哲学堂のとこの桜並木に行ってみようと、クパメルチャリ散歩へ。
まずトールに新しいKUMAちゃん号に、ドッグランナーを装着してもらう。家の前で作業していると、外国人に「ナイス バイク!」と誉められたそうな。うふふ。ついでにライトやベルや泥よけも設置した。

山手通りは自転車道が広く整備されて、走りやすい。私がクパ、トールがメルを連れて。クパの方が力はあるけど、よく飼い主の様子を見てくれる。ポールもちゃんと私の都合のいいようによけてくれる。しかしメルは、気になる人や景色によそ見ばっかするし(それで自分でポールにぶつかりそうになったりする。バカちん)、ペースが速いとか駐車中のトラックがコワイと急停止するから、意外とメルの方が技術を要する。だからメルはトールに任す。

DSC_0482.jpg
東中野駅のとこ。反対車線だったけど、まーー、美しい。満開だね

山手通りを走っていると、川べりや小学校などの桜がたくさん見える。どこもほぼ満開。今年はほんと開花が早い。

DSC_0484.jpg

哲学堂公園に着きました。クパ、興奮しすぎ。無駄な興奮のため、暑がっております。
新しい自転車は快調です。いちばん小さい38というサイズにしたんだ。サドル下にドッグランナーを付けたいのと、とにかく安全走行がしたいので足つきがいいのがいちばんと思いまして。

しかし公園は、犬禁止でした。あらまー残念。
中野区はそのほかの小さな公園もどこも犬禁止でした。ふーん。

DSC_0486.jpg
哲学堂公園の桜を道路からパチリ。小型犬ちゃんは抱っこで入園してる子もいた。いいなー。奥はどうなっていたのかな。ま、クパが入れないならいいや

でも公園近くの中野通りは、見事な桜並みが延々と続いています。これだけでも十分見応えあり。
すごいねー、満開だ。
たくさんの人、お散歩の犬たちがそぞろ歩きしてました。

DSC_0489.jpg
メルちゃんもキョロキョロと花見。新しい環境は刺激がたっぷりね

ああ、楽しかった。
KUMAちゃん号でのチャリ散歩デビューが無事にできてよかった♪

さー、今週はまだまだ桜がきれいなはず。忙しい!(仕事も忙しいし、桜が気になり、気忙しい私)

そんでマチュは今日、終業式でした。明日から春休み。給食がない。毎日、ランチを用意するのがめんどくさーーい。母はいろいろ忙しい春に突入です。

新しい愛車

DSC_0473.jpg

納車!!
ビアンキのKUMAちゃんです! (KUMA5300というモデルなの)

ルイガノちゃんは11年乗った。今までありがとう。
これからはこの青緑色の自転車で、クパと駆けます。

そしたら桜島の国のお友達が、こんな曲を贈ってくれた♪
あら、まー、ぴったりな気分!

山下達郎 新ネオ・東京ラプソディー

替え歌にしちゃうぞ。

♪♪♪

いちばーん好きな、青緑色の自転車と
クパがーいるから、心の中はいつもミリオネア〜♪
街へーー出るのさ、あふれる光の中へー♪

♪♪♪

クーパー、いっぱい走ろうね。
そうだね、クパと自転車があれば、手近でハッピー!

DSC_0475.jpg

納車後、嬉しくって、青山墓地の桜並木をグルグルしてきました。
7分咲きってところかな。満開はもうすぐ。

本日、私のガン検診

マンモグラフィー、だいっきらいだーーーー! 号泣。

でも渋谷駅すぐ近くは、もう桜が咲き始めてて、嬉しくなった。

130319_1138~01

お花見はもうすぐだねーーー。みなさん、計画たてた?

ちなみに東急東横線が歴史的な大引っ越しをしたあとの渋谷駅、今までの改札に白いシートが貼られ、今までの電光掲示板も無灯で、なんだか寂しい気持ちになった。東急東横店もサヨナラセールしてるし。渋谷駅も一時代に幕が下りるんだねー。遠い昔、渋谷駅利用だった母は、きっと寂しがるだろうな。

私の大好きな庶民的な渋谷市場で、平日だというのに、奄美大島の本マグロの解体ショーをやっていた。マンモグラフィーの腹いせに、いっぱいマグロを買って来ちゃった。ハハハ!! 今夜はマグロ丼だーい♪

写真
“そんで、わたしのお花見はいつなの〜〜?” byメル

心配するな、今から忙しくなるわよ♪

遠足中止

お友達にお仕事が入り、クパメル爆走デーが中止になった。
仕事なのは仕方ない。
でも、私ったら、あんまりに今日はがっくししてる。
ヒマになったんなら自分も原稿書けばいいのにさ。

トールに、元気ないよメールしたら、
「そりゃ遠足が中止になったら大ショックさ」と返信がきた。
ああ、そうだ、まさにそんな感じだ。私ったら、精神年齢が小学生レベルなんだな。

DSCF6840.jpg
(昨年11月。あきる野にて)

早くクパを思いっきり走らせてあげたいなー。

(今さらですが)東京マラソンパンキース応援の話し

なんだかもーう、時間がない私。寝過ぎなんだろうか。1日36時間くらいあればいいのにな。

今さらですが、2月24日(日)に、毎年恒例、東京マラソンでランナーを応援する瀬古&パンキースのジャズステージのお囃子に行ってきました。今年はトールは仕事が忙しくって(毎年この時期がいちばん忙しくって、せっかく練習にはでたものの本番に出られない年もあった)、今年は泣く泣く参加を諦めたようですが(そんでパパが練習に行かないとマチュまで不参加)、仲良したちが歌うので、応援には行くわよーーー! 
マチュは試験前かなんかで来てくれなかったので、トールとクパメルとレッツゴー!

今年はトールがいるので、犬は1人1頭だから楽。去年はあの人混みの中、2頭は無謀でした。しかしアウトドア・イベント、週末くらい犬もいろんな刺激を与えてあげないと申し訳ないからね。今年は、昨年の失敗があったので駐車場の位置を事前に調べていった。人混みとは反対方向から行ったので実にスムーズでした。

東京マラソン_1

とてもいい天気。だが強風。花粉もすごいらしく、顔が痒くなる。が、Mちゃん、Kちゃん、Mざわ番長、Yっち、そしてみんなみんな頑張って〜〜〜〜!
今年は昨年に増して人数も楽器隊も増えてる! それだけ迫力あった。トールもやっぱり頑張ってクラブ活動でればよかったのに。仲間は大事よ。

クパメルは去年よりは扱いやすくなっており(あれでも、です。苦笑)、ま、Kちゃんちのイタグレのジェニ・ジルを発見したときは要注意!だったわけですが、

東京マラソン_2

犬が大好きだというお父さんと子供が「撫でていいですか?」って寄ってきてくれた。
ほんとはもうメルがこの子をロックオンしてたんだけど、メルは愛のあまりに乱暴にキスをしようとするので、クパっちをあてがってみた。すると、まー、クパちゃん、びびらない。いい感じ。余裕。あれ、このときもうセントジョーンズワート、飲み始めてたっけ? あ、K子さんがドイツに帰る当日だったわけだから、もう飲み始めて4日目くらいだ。セントジョーンズワートがすでに効いていたのかもしれないな。

東京マラソン_3
子供以上に、お父さんが犬が嬉しそうだ(笑)。嬉しいね、こういう人が増えてくれると幸せ♪

東京マラソン_4

そしてお父さんがクパを嬉しそうに撫でているのなら「ボクも〜」という感じでクパに触ろうとするお子様。いいね。赤ちゃんのときからこういう体験をしていたら、きっとこの子は犬を好きな大人になってくれるはず。

そんでクパも、ずいぶんオトナになったもんだと嬉しくなりました。クパちん、3歳8か月。毎年ここには来ているけど、最初はバドと一緒(まだメルは産まれてなかった)だったね。大音量のスピーカーにびびってたもんだよ。バドが死んでいなくなったせいか、次の年はもっと嫌がった(メルじゃ、心の支えにならんかったらしい)。私が骨折松葉杖中は1回応援はお休みしたから、クパは今年で3回来たはず。うん、だいぶ成長してる。(って、セントジョーンズワートが効いてただけだったりして。笑)。

東京マラソン_5

メルは演奏よりも、小さな子供や風船に気を取られてばかりで、制御が難しいっ。手拍子していると、リードも手薄になりがち。ついに、パパは、メルを抱っこして手拍子しだす。それをクパがうらやましがるの図。

東京マラソン_6

最後の方は、まークパちゃんったら自主的にフセして休んでいる。よしよし。よい汎化トレーニングになりましたね。

1年1年、犬が成長していくことを見るのは楽しい。

そんでときどき焦る。「あれ!? もう今年クパは5歳? え? もう!? あ、まだ今から4歳か」と安堵したり。なんかさー、パチタビバドを見送った経験から、やっぱり犬の人生10年、13年、16年って、あっという間にやってきてしまうと思ってる。ちょっとこわい、すでに切ない。「ゆっくりオトナになって。ゆっくり生きて」と思ってしまう。

そんなことを怖れていちゃーいかんのだけどねっ。

だから、いっぱいいろんなとこ行こうね、クパメル。人生を全力で生きないとね。

(私もだ! 全力で仕事しないと、時間がもったいない!)

---------------

オマケ。
深夜にこないだチャリ散歩して、ドッグラン行って、そのあと呼び戻しのトレーニングもちょっとやってみた。繰り返し練習しないと、忘れちゃうといけないからね。
クパメル、楽しそうだった。

東京マラソン_7

花粉は飛んでいるけど、啓蟄の頃って、ウキウキする。ああ、春はもうカミングスーンだ。

クパっち、ひどい下痢になる

3.11です。あれから2年の歳月が流れました。
でも、その爪痕は、未だにたくさん残っている。原発のことは、いつ問題が収束するのか、その確約もない状態。あの日を境に生活が一転した、いや人生が一転した人がたくさんいて、いまも先の見えない不安にとらわれているかと思うと、無事だった私もその気持ちに同調することを忘れず、また無事だった私ができることは何かを肝に銘じることを忘れないようにしないといけないと、気持ちを新たにしました。

さて。
わが家では、クパのお腹に津波が来ていました。先週木曜夕方から。
クパ、人生最大の腹こわしです。ひどい水下痢。前日の羊レバー食い過ぎか(メルは問題なし)。金曜夜にちょっと良くなったのに、土曜日またダメに。土曜は私が出稼ぎだったから、トールの休日出勤を明日にしてもらい、トールにおうちにいてもらった。

317704_385901678183375_144486999_n_01.jpg

なんだか頬がこけてきた(金曜夜撮影)。可哀想。めったに体調壊さないから心配。私まで渋りっ腹(;_;) 腸が同調してまする。

そんで昨日、ターキーの手羽先でスープをとり、ターキーの身をほぐしたのを入れた白米粥に、バドの遺産のロイヤルカナンの「退院サポート」という流動食が少し固形化したような缶詰をトッピングしたごはんを、少量に分けて1日4回。それとビオフェルミン1錠。

やっと昨夜はウンチが止まり、今朝はまぁまぁいいウンチに。ああ、よかった。
水下痢や溶けたソフトクリームウンチが止まると、オシッコ量が増えるんだなーと思った。腸が水分を吸収しはじめたんだな。よしよし。

金曜は食欲も元気も少しなくなり、(完全に元気消失ではないのが救い)焦ったけど。
でもいちばん焦ったのは、ただの食あたりならいいんだけど、レプトスピラだったらどうしようかと思ったのです。

実は、1週間前に、トールの自転車パンクを直すため自転車を押して、クパと歩いていたとき、クパが、パクッと電光石火の速さで、「何か」をしたの。
リード内の出来事なので別に私は引っ張られることもなかったんだけど、クパの頭がシャッと動いて、次の瞬間ピタッと静止。
「ええ?? なに!? なに?」

と、思ったら、クパが、そっと生きたネズミを口からだして、道路に置いた。

ネズミ!!!! ドブネズミほど大きくなくて、ハムスターくらいだったけど。

でも本能的に動いているものを口にくわえただけだったようで、ソフトマウスだから、ネズミちゃんは、2〜3歩びっくりしてよろよろ歩いたあと、次の瞬間、しゃーーーーーーと走って逃げていった。
そのときはクパがガッと引っ張ったから「だめだめーーー!」と制しましたが。自転車、倒れるとこだった。

テリアじゃないんだから、生きたネズミを、捕獲しないでくれーーーー(涙)。

んで、心配になったのが、人畜共通感染症であり、重篤なものは、ワクチンをしても避けられず、死亡例もあるレプトスピラが心配になったのです。レプトの主たる感染源は、ネズミの尿なのだ。

レプトは都内での発症が少なく、地方の獣医さんなら知っていることも多いけど、都内の獣医さんは診たことがないことも多いと、去年秋に取材して聞いていたので……。だけど、東京都のネズミにも実はかなり抗体がある(つまりレプトのキャリアである)というデータがでていたの。ネズミが排泄したものが混じった水たまりだって、感染源になる可能性があるってこと。まぁ、普通の生活をしていたら、そんなにびびることはないと思うけど、クパは今回、ネズミさんをお口の中に完全にパクリってしたから、ネズミがびびりション(クパみたいに。苦笑)したら、アウトかも!って思って、これでクパが高熱・黄疸がでたらどうしよう!!と焦り、獣医の友達に連絡をとったのです。東京の獣医さんに診てもらって、間違った抗生物質をだされるとよくない、と昨年の取材で聞いていたから。ああ、どうしようどうしよう、でもただの食い過ぎの下痢かもしれないしって。でも、レプトだったら、軽い気持ちで動物病院の待合室に連れて行くのもいけないしって思って。ほかの犬に感染させちゃったらすごく迷惑。

でも、ま、高熱もなく、黄疸もなく、嘔吐もなく、食欲も元気もそこそこあったので、友達のアドバイスを聞いて様子を見ました。そして昨夜から安定。今朝はだいぶ普通のウンチに近づいた。

今も、「今朝のごはんも少なかった。おなかすいた」という顔をしてますんで、もう大丈夫でしょう。

ご心配おかけしたみなさま。クパをいたわってくださり、ありがとう。

あ! でもオマケが。
下痢したからセントジョーンズワートも木曜夜から中止してたら、昨夜、散歩前にあいつ、久しぶりに玄関でちびりやがった! それに、散歩中に往来の小型犬さんに興奮してうるさかった。
また、アドレナリンが暴走してる感じ。おいおいっ。

やはりセントジョーンズワートがないとダメなのか。おまえはヤクなしにはダメな体なのか(苦笑)。

ここでもまたセントジョーンズワートが効いている証明が、幸か不幸か判明してしまいました。涙。

ま、とにかくクパっち、早く元気になーれ!
元気になったら、遊びに行くぞーーーーー!
それと体重もきっと落ちてるから、すぐ戻してやるからなっ!(愛犬の体重管理だけはできる私。笑)

セントジョーンズワートのミラクル

チビのときから、くだらないことでオシッコジャー太郎になるクパっち。
たとえば

*興奮しすぎたとき
 (散歩前。リードをつないだ玄関で)
 (トライプなど強烈にいいニオイの夕食が待ちきれなくなったとき)
*オロオロして思考をこれ以上できなくなったとき
 (誉められたのに、なぜそんなに誉められたかよくわからないとき)
 (怒られてもないのに、目をみつめられてびびったとき)
 (どうしたらいいか困ったとき)など
*悦びと不安が入り交じった気持ちをどう表現したらいいかわからなくなって焦ったとき
 (お客様が来たとき。嬉しさ半分、怖さ半分)
 (新しいお洋服を着せようとしたとき。かまってもらえるのは嬉しいが、洋服に警戒)
*精神が不安定なとき
 (私が入院中やバドが死ぬ前後)
 (オシッコするとパパが不機嫌オーラをだすかなと想像し萎縮したとき。パパには怒らないよう指導済みだけど)

などに、オシッコちびりになっておったわけですが、

先月、友達のドイツの獣医師の K子さんが来日の際、「そんなクパにはセントジョーンズワート」と、お土産を持ってきてくれました。サプリなのかな? ドイツでは医薬品なのかな?

写真_01

ドイツではセントジョーンズワートの研究が盛んなようで、人間の鬱病患者にポピュラーに処方されるらしい。
「毎日1錠、決まった時間に3週間まず飲ませてみて」とのこと。

半信半疑で、言われたとおりに実行してみました。今日で14日目。
ま、ときどき夜ごはんのときにあげ忘れて、翌朝になった日もあるが(大雑把)。

そしたら、なんとミラクル!

K子さん、この2週間、一度も粗相してないよ!!!
ウソかマコトか、ほんとに効いてるみたいっ!!!

まぁ、今までも毎日オシッコをちびっていたわけではないのですが、
でも、こないだローハイドガムをあげたときのオロオロ顔とか、夜散歩がだいぶ遅くなってしまって、いつもだったら膀胱満タンなタイミングでお散歩興奮が重なったら、絶対ちびるなってときにも失敗なし。

これは効いているとしか思えない。

まー、個体差があるので、どの犬でも効くかどうかはわからないし、
ドイツ処方と日本で販売されているサプリメントでは原材料とか成分が異なるかもしれないから、みんなに効くかどうかはわからないけど。

挙動不審で心が弱い犬、繊細すぎて神経質なチキンな犬、先住犬に先立たれて心が折れている犬、引っ越しや人間赤ちゃんの出産などで環境変化があった犬……などが引き起こす、いわゆる飼い主にとって不都合な行動(オシッコちびりとか、分離不安とか、舐め壊しとかかな)を起こしているケースでは、ダメもとでいいから試してみる価値はあるかなと思います。

写真クパ_01

なんと、さっき、カメラを向けても逃げないで、撮らせてくれました♪
いつもなら、速効目を背けるし、ケージに逃げるし、これだけでデリケートな日はちびることもあったのに、今夜はちゃんとカメラを直視できたよ。(←こんな初歩的なことすらできない、ややこしいヤツでお恥ずかしいが)

セントジョーンズワート、すごいわ。クパには効いた。
オシッコ床掃除や絨毯洗濯が減ったのは嬉しいし、それにクパがおかげでびびる回数も減った(粗相をしても私は怒らないけど、やっぱりクパは自分の中で「しまった! でもボクどうしていいのかわからないの!」って顔をするからね)のもよけいにクパの精神安定に役立つだろうし、

それにいちばんは、粗相をしない習慣がついて、だんだんクパが自分に自信を持ってくれたらすごく嬉しい。

K子さん、ありがとねーーーーーー! 


*****************************
(3月5日 19:16追記)
知り合いの日本の獣医の先生よりアドバイスをいただきました!
「セントジョーンズワートはセロトニンを動かしますので、同じようなお薬とは併用しないようにだけしてください」とのことです。
愛犬に試すときは、じゅうぶん気をつけてくださいね。
できれば、行動療法に詳しい獣医師に相談するのがベストだと思います!