どの子も可愛い

昨日は、ウエスティー漬けになってました。白いスコットランド産のテリアね。

写真を見てると、チョー可愛いの。すんごく嬉しそうに、満面の笑顔で短い足で上を向いて爆走しているの。可愛いっ。
文献を読み、飼い主さんの「可愛いとこ」「大変なとこ」を聞き、調べれば調べるほど、どの犬種でもみんな魅力的で可愛いって、しみじみ思っちゃう。そりゃ「へーーっ」とも思うほど手強い部分も見えてくるけど、それもその犬種ならではの玄人好みの深い味わいともいえるのよね。
どの犬も、みな可愛い。ばんざーい。

スクリーンショット 2013-01-29 13.38.33
ウェスティーの写真は私が撮影したものじゃないから、サイトがオープンするまでお待ちください
いまは、ABCんちのお庭で夏に笑顔で爆走中のクパをお楽しみくださいませ



そんでー、すごくいまノリにノってるのに、
今朝から右の肩甲骨が激痛!
なんだ、これは!??
週末のクパチャリ散歩で両肩、両腕を緊張して走ったせいか、
左の万年四十肩をかばって夜中に寝る日が続いたので、右肩甲骨を寝違えたか、
はたまたパソコン作業を長時間やりすぎで、肩甲骨〜首に負担がでたか。

肩甲骨ぎっくり、という名前をつけるのふさわしい痛み。動くと激痛、寝返ると激痛。じっとしてると大丈夫。キーボードもまぁ大丈夫。でもキーボードに目をうつすと首から肩甲骨にかけて、ギャッ!とした痛みが走る。完全にブラインドタッチじゃない私。誤字脱字が増えるぅ〜、今日の原稿書きは時間がかかりそうだ。

マチュも今日風邪で休み。朝、学校に行くつもりでシャワーを浴びてたら鼻血が止まらなくなったし、寒気もするんだって。マチュは風邪のひきはじめに鼻血がでやすい。鼻の粘膜が弱いんだな。ニンジンとか野菜食べないから粘膜が強化されないんだよ。
熱は平熱ちょいだったけど、自分で「やばい気がする」という直感は大事だと思う。サボりじゃないか、よく確認し(笑)、欠席を許可。

マチュはいまベッドで冬眠してます。存在がいないみたいに静かです。ま、寝りゃ治るだろう。しっかり寝なさい。

今日は、ウェスティーで勢いづいているから、そのままテリアの流れで、スコティッシュ・テリアにいってみよーー! 肩甲骨、たのむぞ。

原稿中に思ふ

犬種図鑑原稿書き中。ずっと缶詰で、犬の散歩しかお外へでない。そろそろシャバへでたい。友達と喋りたい。

んで、犬種の素晴らしさと大変さを毎日書くにあたり、ときどき初心に返るべく、里親募集のサイトを見る。

なんで、この子は捨てられたんだろう。まだこんなに若くて可愛いのに。
この子は、病気が発覚したから捨てられたんだろうか。
ブリーダー崩壊現場から救出ってのが増えてる気がする。
小型犬が全体数が多いからやはり圧倒的多数を占めているけど、それでもラブやコーギーはまだ捨てられてるな。
セッターとかどう見てもこの子を捨てたのは狩猟を趣味にしている人だな。
都内でもまだ日本犬ミックスのような、いわゆるできちゃった婚で産まれた子犬がいるんだな。避妊せずにノー管理なんだな。
それといわゆるデザイナー犬といって安価で売られているミックス犬もずいぶん捨てられ始めたな。

などと、傾向が見えてくる。

ばかすか産ませて、安く売る。
考えなしで、たいした覚悟もなくて子犬を買う。
吠えるせいか、毛が抜けやすいか、引っ越しなのか、なんだか知らないけど簡単に捨てる。
ばかすか産ませて生活の糧にしてたのに、子犬が売れなくなったから繁殖屋を廃業します、レスキュー団体か保健所さん助けてください、と調子よく泣きつく業者。

全然、変わってない。

変わるんだろうか、日本。いつかは。


ううううーーーーっ!!!!!

とにかくいまの私にできることは、犬種図鑑で、
その犬種の魅力や、その犬と暮らす幸せももちろん書くけれど、
同時に、規律や運動を与えないと問題行動が勃発することや、毎日ブラッシングしなくちゃいけないことや、毎月自分の美容院代よりも高いお金を払わないと勝手にきれいな姿はキープされないってことや……
とにかく! 犬を育てる、生き物と暮らすってことは、楽しいことばかりじゃない、楽ありゃ苦もあるってことをきちんと伝えることだ。

苦があるから、よけいに悦びがでかくなるんだ。
楽だけだったら、飽きてくる。(んじゃないの?)

だいたい、生き物相手の趣味は、「飽きたから、もうやーめた」ということをしてはいけない。絶対にいけない!
なのに、この「いけない!」という当然の基本ルールをなぜ知らないんだろうか。(やっぱり飼い主免許が必要じゃない?)
なんで買ったばかりであろう、生後6か月や1歳や2歳の若い犬を捨てるんだ。
こんな人が、日本にいっぱい住んでいるのかと思うと信じられないし、少なくとも私のまわりには見た感じはいないけど、でも私の住んでいるご町内とか区内とか都内には未だにいるってことでしょう。

意味不明。理不尽。どうして???

捨てるなら買うな。飽きる可能性が1%でもあるなら買うな。捨てる可能性が1%でもあるなら最初から買うな!

1%も絶対に捨てない。自分が病気になっても捨てない。自分が急に死んだらそれでもどうにかフォローしてくれる友人がいる!くらいの準備をして(これはすごい理想論ではあると思うが)、それでもどうしても犬と暮らしたい、という人だけが迎えていい。

そして、これだけブリーダー放棄犬というのが、世の中に増えているのである。
この悪を野放しにしていてはいけない。いつまでたってもこのままじゃブリーダー放棄犬は存在してしまう。
そのために一般消費者ができることは、
繁殖屋が産ませた犬を買わないこと。つまりペットショップやホームセンターやイベント販売やネット販売でいつでも陳列している(=余剰在庫してる)犬は買わない。

犬が欲しければ、純血種の子犬が欲しければ、
その犬種を本当に愛している、我が子を嫁にだすように大事に育てているシリアスホビーブリーダーを探し、連絡を取り、信頼を勝ち得て、次のブリーディングで産まれる子を待つ。これが本筋だと思う。
シリアスホビーブリーダーとは、ちゃんと本業を持っていて、犬で喰ってるわけじゃない人。
真剣に趣味として、犬種の未来を考えて、よい犬を後世に残すために頑張っている人。
「趣味」っていうと、軽い気持ちととられるかもしれないけど、そうじゃないよ。
「趣味」ってのは、それでお金を稼げるものではなく、むしろお金をつぎ込むものなのだ。
ちゃんとしている人ほど、愛犬たちにたくさん愛情とお金と手間を注いでる。
ブリーディングするってのは、お金が儲かるものじゃない。しかも何代も血統管理して、いい犬をつくっていくって、一生の趣味じゃないとできないよ。結果がでるのに年月がかかる趣味。
はっきり言おう、(私を含め)庶民ができるものではない。
だから昔はヨーロッパの貴族が犬種改良をしていた。
いまも私の知っているかぎり、ヨーロッパでもブリーダーをしている人は貴族の末裔や弁護士やお医者などの資産家がほとんど。何をして暮らしているかよくわからない人もいる。でもプール付きの邸宅に住んでいたり、馬が飼えそうな庭を所有している。日本でも社長夫人やお医者さんやお金に余裕のある人が多い。
遺伝子プールが日本で脆弱にならないように、海外とも交流し、渡航し、新しい遺伝子、健全な遺伝子を入れる努力も怠らない。でもそれってお金がかかる。語学力もいる。海外遠征する時間も必要。
気が遠くなるほど、高尚な趣味なのだ。
もちろん、貴族や資産家や富裕層じゃなくても、ものすごく志が高く、その犬種を心底愛していれば、可能性は0ではないが、でも、自分も生活していかなくちゃいけないしね。すごい覚悟がいると思う。

だから、パピーミルのようにいろんな複数の流行犬種を、ブロイラー鶏飼育みたいに倉庫のような場所のケージにつめこんで、糞尿にまみれ、毛玉だらけ、アカルス集団発生もしちゃいそうな環境で子犬をとり、売って、利益を得ている人は「ブリーダー」とは言わない。愛も信念も良心もない。単なる商売人、業者である。きつい言い方すれば奴隷商人と同じだ。
そういうところから段ボール箱に入れられて、売られてくる子犬を、こぎれいにして陳列しているショップ。
そんなところにお金を落とさないで。


と、ついつい、捨てられている犬たちのサイトを見ると、過激な発言をしてしまう私であった。

さて。友人のりかこさんが、すごくいい記事を書いています。
ぜひ読んでください。
日本のたくさんの人に読んでもらって、いい飼い主が増えてほしい。
良識が広まってほしい。と願う私です。

ブリーダーから子犬を得るということ

スクリーンショット 2013-01-25 20.33.28
“ままがなんだか怒ってるじぇえ〜っ”

AKCの人気犬種ランキングを見てびっくりしたのは

犬種図鑑、来る日も来る日も書いてます。100犬種ゴールはいつの日か。遠いーーっ。
でも頑張る。頑張ってる。たまに白いワニが夢にでてくるけど、でも毎日、犬の資料漬けで犬のことばかり考えて、資料読んで、飼い主さんに取材するのは楽しいよ。

ようやくベルジアン・タービュレンを書き終えたところで、
今日からはヨーキーちゃん書くぞ。ボニちゃんに捧ぐ〜♪

んで、アメリカでも人気の高いヨーキー。ちょいとAKC(アメリカン・ケネル・クラブ)の人気ランキングを調べてみた。まだ2012年のはでていないので、2011年のランキングね。えーと、ベスト30だけ下に列記してみたよ。

ヨーキーちゃんは5位だね。毎年、いつもだいたいこの位置につけてる。小型愛玩犬ではトップクラスの人気者だね。

そんでボクサー(7位)。やっぱり人気者。毎年、ベスト10内にいるね。ヨーロッパでも家庭犬として不動の人気。日本じゃ、めっきり少ないけど。

ま、それをいえばラブラドール(1位)の不動の人気ぶりは感激すらするね。家庭犬の王道。ゴールデン(4位)もね。
ビーグル(3位)はスヌーピーの国だからかな。猟師にはなれなくても心の底でハウンドやガンドッグがアメリカ人は好きなんじゃないかな(私と同じ)。

ジャーマン・シェパード(2位)やロットワイラー(10位)、ドーベルマン(13位)が人気なのは、まぁ、強面のおにいちゃんも好きそうだし、それだけでなくやはり護衛犬、警備犬として、就職口が日本よりもあるんだろうなと想像する。邸宅もあるしね、銃社会だしね。頼りにしているんだよ、彼らの存在を。

意外と小型犬の人気も高いね。日本人は、ついつい「欧米人は、大型犬が好き」と思いがちだけど、アメリカに関してはシーズーやミニシュナ、チワワも高ランクなのね。プードルはでかいプードルも含んで8位。私はカリフォルニアでもニューヨークでも、街でお会いしたのはスタンダード・プードルだけだったけど、トイプーたちもアパートメントの中にいたのかもしれない。

うん、まあでも全体図で見ると、やっぱり日本よりは大型犬人口は多いね。

なんともアメリカ人らしいなーと思ったのが、5位のブルドッグ。
うん、たしかに YouTubeでもブルちゃんよく見かける。アメリカのは足腰がしっかりしてて活動的なブルも多い気がする。

ダックスは9位。こちらもスタンダード・ダックスも含む。けっこう上位に思えた。ドイツみたいに実猟に使っているのかな? それとも日本同様に、あのファニーな短足の容姿が人気者なのか?

それよかびっくりしたのが、ジャーポだよ。15位だって!
日本のJKCのランキング(こちらは2012年版がもうでてる)だと、なんと2012年にはジャーポは登録が1頭もないのよ! 涙、涙。ねぇ、ないよね? 私、見落としてる?
まぁ、JKCに関係なく、実猟犬では産まれているんでしょうけどね、データや血統管理がよくわからない。

なのに、アメリカ人、ジャーマン・ショートヘアード・ポインターは15位とは! 意外と好きなんだねぇ。
ドイツでも、ジャーポは登録頭数、ジャーマン・シェパードに次いで2位のはず。ちなみにドイツではもちろんダックスも多い。実猟で現役で働いてる。アメリカ人は、ドイツ原産の犬が好きなのか。それとも、シェパード、ジャーポ、ダックスは不動の名犬なのか。

ジャーポ、意外と人気者。なのに日本では(涙)。
まぁ、欧米人は狩猟民族だから、狩猟を趣味としている人が今も多いので、そういう関係だろうなぁ。ジャーポは、ドイツが誇る水陸両用のオールマイティ(ポイントも回収もするぜ。鳥もイノシシもシカもやるぜ)の何でも屋のガンドッグだから需要が高いのかもしれない。でもアメリカも、ショー系と実猟系のラインがある気がする。実猟系の数もここにちゃんと入っているかどうかは定かではない。では、ショー系(&コンパニオン系)としてのジャーポの人気が高まっているのか?

ともあれ、クパのお父ちゃんはアメリカ生まれ。クパの半分はAKCの血なのかと思うと、へーっ、とも思う。ちなみにサスケパパ(クパのにいちゃんのショードッグんち)と実家の話しによると、クパは13頭兄弟の中で、いちばんお父ちゃんの外貌、顔に似ているそうだ(ほんとか? なら嬉しいけど。でもクパは心がへたれなのよぅ)。
またお父ちゃんに会いにいきたいな。


<2011年のAKCランキングベスト30>

1 Labrador Retrievers
2 German Shepherd Dogs
3 Beagles
4 Golden Retrievers
5 Yorkshire Terriers
6 Bulldogs
7 Boxers
8 Poodles
9 Dachshunds
10 Rottweilers
11 Shih Tzu
12 Miniature Schnauzers
13 Doberman Pinschers
14 Chihuahuas
15 German Shorthaired Pointers
16 Siberian Huskies
17 Pomeranians
18 French Bulldogs
19 Great Danes
20 Shetland Sheepdogs
21 Cavalier King Charles Spaniels
22 Boston Terriers
23 Maltese
24 Australian Shepherds
25 Pembroke Welsh Corgis
26 Pugs
27 Cocker Spaniels
28 Mastiffs
29 English Springer Spaniels
30 Brittanys


ちなみに、ワイマは32位だった。ジャーポより少ないなんて、ちょっと不本意(笑)。
コーギーちゃんは25位にいるね。アメリカ人も、ヨーロッパよりはコーギー好きみたいね。

31位以下は、AKCランキングを見て探してみて。前年比も載ってるから、なんとなくの流行の変遷は見て取れて興味深いよ。

いかん、いかん、またしても寄り道がすぎる私。原稿、原稿!

スクリーンショット 2012-12-24 15.38.30


アメリカではベスト7とベスト15なんだから、もうちょいしっかり頼むぞ!

ようやくお参りに

昨日の日曜日、ようやく家族3人が揃ったので、氏神様のお参りに行きました。代々木八幡様です。
毎年、犬ちゃんずも一緒にお参りに行かせていただきます。

480391_359358160837727_2023495892_n.jpg

(画像ソフトがエラーでちゃったので、今日は写真サイズ変換ができないっ。失礼。クリックするとすごくでかくなります)

でも今年は、あれれ、なんだか行列ができてるぞ??!
もう1月20日なのに、うちみたいに初詣が遅い人たちがこんなにいるのかしら??

最後尾の方に聞いてみました。
すると、八幡様の脇にある「出世稲荷」さんに並んでいるとのこと。へぇ。大人気。
本殿の方はすぐにお参りできました。
帰宅後に調べると、お稲荷さんは年末年始にテレビでスピリチュアルなんとかさんにパワースポットと紹介されたらしく、それ以来、土日の午後は3時間行列らしいです。ひゃー、すごいね。みんな、そんなに出世しようと頑張っているんだね。すごい根性あるななぁ(妙なところに感心する私)。
うちもブームが去った頃に、またお参りしてみよう。でもお稲荷さんはお狐様だから、そのときは犬はちょっと脇につながせてもらってお参りした方がいい気がする。お狐様を怒らせてはいかん。

今年は、土曜に見たドラマ「泣くな、はらちゃん」に感化され(笑)、ただ神様にお願いばっかりするのはやめよう、と思って、「〜になりますように」「〜にさせてください」という神頼み形式ではなくて、「〜を頑張ります!」と神様に決意表明する感じにしました。まぁ、最後には「家族みんなが健康であるよう御守りください」と、お願いしちゃってるけどね。笑。健康いちばん。健康であれば、なんとでもなるさ。

うん、今年も頑張るぞ! 

それとですね、今さらながら、寒中お見舞いを書きました。(遅くなってごめんなさい!)
んで、一言二言、書くうちに、その方との関わりや思い出などいろんなことを思い出しますね。
それがまた新たな「今年も<頑張ろう!>」という決意を思い出させてくれる。
お年賀状を書くのって、相手のためでもあるけど、自分のためでもあるんだなぁ。私はアナログ人間だけど、やっぱりお年賀状って、いいなと思った♪ アナログ文化、素敵じゃないか。

それと何十年も続いてるお友達。
私、そんなに友達、多い方じゃないけど、
中には、小学校、高校、大学、新卒で入った会社の取引先などの方が、ぽろぽろっと残っているの。嬉しいなぁと思う。年賀状でしか接点がない人もいる。だけど、必ず毎年くれて20年とか25年とか。Mちゃんは30年以上かな(笑)。彼女は小学生のときから達筆だったけど、いまもほぼ同じ字だーとなつかしくなる。そういうの、嬉しいもんです。

そして犬好きならではの、特殊なジャンルの友人が、犬友達と犬親戚。犬親戚ってのは、タビィ(故コーギー)の産んだ子をもらってくれたおうちや、クーパーの兄弟んちのこと。
そんな犬つながりの知り合いは、年齢も職業も性別も利害関係も、ぜーんぜん関係ない。なのにお年賀状をいただける。タビィも、その子供たち(パチの同胎)も、もういまはみんな死んじゃっているのに、それでもまだご縁が続いてる。バドやタビィの幼なじみのおうちもそう。かれこれもう15年以上のお付き合いじゃないか。普通の知人よりも、よほど信頼できる(笑)。犬が脱走したり、病気になったり、死んだときに、誰よりも心配し、一緒に泣いてくれた人たちだから。

犬を通じて、つながっていく人間関係。
これも、犬を飼う、素晴らしいメリットのひとつだと私は思っています。
別に犬を飼うことは、メリットがあるから飼ってるわけじゃーないけども、でも、これっていまの希薄な人間関係の世の中、あるいは少子化で親戚や知人が減る一方の世の中で、ものすごく価値のある仕事を犬がしてくれているような気がするのよ。

まぁ、マチュの保育園時代の家族ぐるみでいまも遊んでくれるスイカ組連中もそうだけど、犬と子供つながりの友人は、年齢や職業などの関係ない異業種交流会のようなもので、しかも犬や子供を育てる共通の任務の苦労や喜びを理解しあえる運命共同体。オトナになってから、新しい信頼のできるお友達ができるなんて、10代の私は1%も思ってなかったなぁ。けっこう世の中も悪くない。

そう思わせてくれるのは、この邪気のない、手のかかる面倒なやつらのおかげです。

150918_359436044163272_417512469_n.jpg

(これもクリックすると、逆お地蔵さんみたいなのがでっかくでてきます)


17年ぶりの大雪

14日(月・祝)、成人の日、よく降りましたね〜。17年ぶりだってね。
私とトールは、東横線で横浜のペット博に午前中から繰り出しておりましたが、昼前に横浜のクイーンズスクエアに着いたときには、すげー吹雪。さすが横浜は海風がきついんだななどと思っておりましたが、その頃は渋谷区もさんざん降っていたとあとで聞いた(笑)。

スクリーンショット 2013-01-16 21.37.26
パシフィコ横浜が雪国化。ここはどこ〜、な感じ。みんな傘がおちょこになってるし

スクリーンショット 2013-01-16 21.44.06

吹雪の寒さにヒィヒィ言いながら建物に入り、看板の誘導どおりに Cホールを目指して入ろうとすると、「コスプレ1500円」とか書いてある。犬のコスプレ大会イベントがあるのかと思ったら、ピンク色のかつらのお姉さんに「コスプレされますか〜?」とにこやかに言われ、「し、しません!」と即刻否定。「犬の、犬の」と焦って言おうとしたら、「ワンちゃんのイベントはもうひとつ下の階です〜」と教えてくれた。ああ、すいません。でもびっくりした。次のお母さんと小学生女子も、同じ失敗をしていて、同じリアクションで動揺していた。可笑しかった。

エスカレーターで下の階に降りると、「握手会」と書いてあるイベントも。誰の!?? 何? オタクな男子がいっぱい吸い込まれていくぞ。なんだか、ちょっと浦島太郎状態の私であった。

そしてペット博、潜入取材。

スクリーンショット 2013-01-16 21.43.41

辛かった。ひどかった。生体販売も、移動動物園も。胃が痛くなってきた。最悪だ。だめだ、日本。
イベント会場での生体販売、絶対反対。

「今日は最終日ですから、明日はまた全国に移動しちゃうので、決めるなら今日しかないですよ」(最悪!)(明日、死んだら、責任の所在はどうなるんだ!? どこへ文句または相談に行けばいいんだ!??)
「運命ですね」 (まだ、このセリフをマジで言ってるんだ!!!!)
「デザイナー犬は世界で1匹なので、同じような色の入り方や顔の子はもう二度とでないんですよ。トイプードルみたいなら(純血種なら)、同じような子がまたいるでしょうけど」 (そうきたかっ!?)

ああ、ほんとに。どうなっているんでしょう。幼稚な日本。映画で知った原発避難のお粗末すぎる現状に引き続き、生体販売も動物福祉後進国の日本。愛護法、頑張ってくださいよ。5年の猶予なんか言ってる場合じゃないでしょう。

だいたいね、12月上旬生まれのチビ助が売られていましたよ。当然、8週齢以下ですね。だっていままだ1月中旬じゃん。
そんな子たちが、子犬か子猫がわかりませんが、この大雪で、電車が止まったり、大幅に遅延状態になってたり、首都高が完全停止になっている中、小さな段ボール箱に入れられて、移動しようとしているのです。イベント会場のロビーや電車のホームで何人か見かけました。どこまでお帰りになるか、どれほど時間がかかるか、わからないけど。

死んじゃうんじゃないか。本気で心配しました。使い捨てカイロをちびタオルにでもくるんで、段ボールの中に入れないと、体温がキープできないんじゃないか。また胃が痛くなってきました。
勇気をもって、段ボール箱を持っている人に助言するべきだったのではないかと、帰宅後に後悔もしました。きっと、「何、このお節介なおばさんは!??」と怪訝な顔をされると思うけど、子犬たちの命がかかっていたのではないか、と。胃が痛い。おうちに帰って、死んでいたら、ショックだよ。

移動動物園も、劣悪な環境で、ヒヨコや羊やヤギやマウスやイグアナやゾウガメが働かされていました。
たしかに、都会に住む子供にとって、動物に触れる数少ないチャンスになるという意見もわからなくもない。でも、やっぱり、あんな狭い場所で、ろくなレクチャーもなしにベタベタ触られて、100円エサをジャンジャン与えられて……早死にしそう。自分がヒヨコの立場だったら、しんどくない? ちょっと想像力を働かせれば、これは動物にとって「気の毒」「可哀想」な状況だと気がつくはずだ。気がついてほしい。また、気がつかない子供を育てないでほしい。きっと気がつかないままオトナになってしまった人が子育てしている結果、その負の連鎖が起きているのではないだろうか。「生き物を可愛がる」というのは、都合よく撫で回すことではない。生き物の気持ちを想像し、守ってあげることなのだと私は思う。「動物とふれあう大切さ」というのも同じ。実際に撫でなくても、動物から学べることはたくさんある。

そして、無料で触らせてもらえるインコ・オウムコーナー。「参考価格」って何よ。ワシントン条約違反になるから、表だって販売できないから「参考」って書いているだけじゃないの? 100円エサコーナーで、そのオウムたちで営業利益あげているけど、それもワシントン条約違反になるのでは? 商取引しちゃいけないし、その動物を使って商売しちゃいけないんじゃないの? 
だいたいインコやオウムって、環境変化に弱いんだよ、だから移動させると死にやすい。100羽密猟して、密輸しても、無事に生き残って日本やアメリカのペットショップに並ぶのは1〜10羽くらいと聞いたことがある。よって1羽の値段が高額になる。100羽分の経費がかかっているからね。密輸と密猟でなくても、死亡率はそれなりに高い。だから、野生動物の需要が増えるのはよくない。需要(野生動物をペットにしたがる人)が増えれば、供給(密輸や密猟)が増える。


ああ。ほんとうにもうっ。日本、もっと頑張らないと。
「ベルリン並みに!」とはすぐにはなれなくても、もう少しマシにならないと。

と、辛いことも多かったイベントですが、
大阪のTさん一家にご挨拶できたのは、本日唯一の収穫と悦びでした。ふぅ。
今度はもっと楽しい現場でお会いしたいです。

ああ、いけない、ペット博のことを書くと長くなるし、辛くなるし、東京湾にドラム缶で沈められちゃうかもしれないから(!)、今日は雪のことを書こうと思っていたんだった(笑)。

そうそう、いちおうイベントで、前から欲しかったペットチューブがすごく安くなってたので買っちゃいました。

スクリーンショット 2013-01-16 21.40.33
たたむと、こんなに小さくて薄い!

これがあれば、バンガロー泊とかのときに便利だなと思って。バリケン2つを持ってキャンプ場内とかを移動するのは重いんだもん。なんとか慣らしてクパメルを2頭入れたい作戦。
トールには、「いくら小さくなるっていっても、この雪の中、電車で持って帰るの!?」と呆れられたけど、へーき、へーき、もーまんたいよ。

それにしても大雪。横浜の観覧車も雪化粧。
ほんとは、久しぶりにここまで来たから、中華街でごはんを食べようと目論んでいたけど、さすがにトールに「今日は我慢したら? 電車が止まったら困るし」と言われ、私にしては珍しく諦めて(私もオトナになったものだ)、クィーンズスクエア内のスパゲティで手を打った。

スクリーンショット 2013-01-16 22.38.33
レストランから見た景色。よこはまコスモワールドは雪でお休みみたい。そりゃそうだねー

ぎゅーぎゅー詰めの東横線ではあったが、ちゃっかり座って渋谷に帰る。

すると渋谷も雪国だった。

スクリーンショット 2013-01-16 21.35.02

ロータリーのバスのおじさんたちもこの寒さの中、大変。東京は、雪にめっぽう弱い。

スクリーンショット 2013-01-16 23.00.10

大丈夫ですか、このバス。こすりそうですよ。

でも、オトナの精神年齢に達してない私は、どーにもこーにも雪が嬉しくてしかたない。オトナのくせに、窓ガラスを手のひらで何度も拭いて、外の景色を眺めて帰った。すごいねー、道路が雪でいっぱいだ。道路で立ち往生しているクルマもいっぱいいる。だめだねー。どう考えても、ノーマルタイヤじゃ無理だってば。雪をなめちゃーいかんよ。バスのチェーンの音が、トナカイさんのシャンシャンに聞こえる♪

帰宅後、すぐにクパメルとお散歩へ。ごめんねー、せっかくの休みに留守番させて。

スクリーンショット 2013-01-16 21.46.13

10センチくらい積もってたかな。すごーい。
メルは大はしゃぎ! やっぱりメルって、好奇心強くて、心がコドモ。
クパは、そこまではテンションあがらない。それはそれでクーパーらしい。バドもそうだったな。わりと雪には淡々としてた。タビィはメル同様に大喜びで、シュリシュリしてたなぁ。パチは中くらいの喜び方。骨関節に疾患のある子は、雪は冷えるから苦手なのかもしれないと思った。

翌日。

スクリーンショット 2013-01-16 21.45.48

まだたっぷり残った雪の景色を、ベランダから飽きずに観察するクパちゃんなのであった。

私は、雪の当日より、残雪の方が転けそうでコワイです。みんなが踏んで固まった氷みたいな状態は、本当に滑る。再骨折しないよう、気をつけて歩きました。ご町内道路はまだ雪が残っています。あと、雪かきをしてないお宅の前は危険。みんなまだ油断しないようにしましょう。骨折は痛いです(マジで)。

『犬と猫と人間と 2』完成上映会に行く

20121023_343906.jpg

観てきました、「犬と猫と動物と 2」。マチュとトールと。家族全員強制参加。

ほぼ最初のスタート時の、白い日本犬ミックスがしっぽを揺らしながら歩く後ろ姿の段階から、泣きっぱなしとなりました。

犬、猫の愛玩動物。牛という産業動物。
立場は違えど、ひとりにつき1コの命を持っており、痛みや空腹や苦しみや、人間に可愛がってもらえて「嬉しいな」という感情はちゃんともっている動物です。

いかに、日本が動物福祉後進国かを痛感させられました。
ハエやウジがわく累々と転がる死体、何日間も(白骨化するまで)道路っぱたで放置される犬や猫や牛の死体。
これが、先進国といわれているニッポンの姿なのか。
こんなにも日本が、非情な国とは。
日本じゃないみたいな光景です。聞いてはいたけれど、頭ではわかっていたつもりだったけど、映像で見ると衝撃大。でもこれが事実。フィルムは現実しか映さない。

あんまり書くとネタバレになるので控えますが、
とにかく、多くの人にこの現実を直視してほしいと思います。
この映画、たくさんの人に観てもらいたいと願います。

マチュ(中2)も、「泣きくたびれた」と消耗しておりましたが、
でも「子供でもちゃんと知っておくべきだと思う」と言ってます。
きっと今後「子供にはショッキングすぎ」みたいな意見もでるかと予感しますが、それはオトナの過保護な感情、怠慢でもあると思う。
子供だって知る権利がある。ましてや原発の問題は、子供の方にこそ大迷惑をかける案件である。そして「命」とは何か、自問自答するきっかけになる。

津波や地震の被災も大変。本当に、被災した人たちの気持ちを聞いて、涙するしかない。
そして原発。これは、もう天災ではない。被害はこの先、何十年にも渡る。
被爆した牛(寿命は20〜30年)は、二度とあのエリアからは出られない。
仮設住宅には動物は連れて行けない。
避難先に連れて行けずに、死をとげた動物たち。小さな家族の命を守れなかった飼い主の無念さ。

天災じゃないのなら(原発を放棄することによりこの惨状を二度と起こさないですむのなら)、失敗は二度と繰り返さないようにするべきではないのか。

いろんな感情がうずまき、ただ涙がこぼれてくる。


5月から渋谷の映画館はじめ、全国でロードショーされるそうです。
チラシやポスターの配布を手伝ってくれる「応援団」も募集中。
私も、公私ともに、できることは微細だけど、手伝いたいと思います。
上映映画館などが決まったら、プレスリリースをもらえることになったので、ブログでお伝えします。

動物福祉に関心のある人、原発問題に関心のある人(別に反原発を叫んでいる映画ではない。粛々と現実を映してるだけ)、子供を育てている人、人も動物も命の尊厳とは何かと考えている人、など、みなさんにとりあえず「現実」を知るひとつの手段として、この映画を観てもらえたらなと思います。


おうちに帰ったら、いま普通に一緒に生活しているクパメルまめのことが愛しく思えてなりませんでした。

当たり前の幸せ。動物と一緒に暮らせる、当たり前の幸せ。
これが当たり前でなくなってしまったエリアの人たちが、この日本にいるのです。
2年経過したいまも、手探りの状態で、日々、頑張って闘っておられるのです。

私たちにできることはなんだろう。
日本の動物の福祉、動物の最低限の命の尊厳を守るためには、どう世界を変えていけばいいんだろう。

年末にはドッグショーにも行きました

今さらではありますが、年末12月23日には、FCI東京インターのドッグショーにクパとトールと行ってきました。

スクリーンショット 2013-01-08 15.31.34

マチュはおうちでお勉強デーだったため、メルはマチュとふたりでお留守番。

私は骨折ぶりのドッグショー。つまり2年半以上ぶり。クパの実家にもご挨拶したい。
でもこの2年半で、クパもすっかり成犬に。こんな不特定多数の犬がわんさか集まる会場、大丈夫かなとハラハラ。

クパのきょうだいのミントちゃんやジャーポ友達のシオンちゃんちにも「行くからね−」と行ってくせに、昼くらいにのこのこと出かけた。でも今回は駐車場すいてた。前ほどドッグショー、大賑わいではないみたいね。いやーね、こういうとこにも景気が影響しているのかしら、などと思ってみたり。

そんでおおかたの予想通り、クパは最初大興奮で引っ張りまくり、私は、汗だくだくで会場入り。ドッグショー観戦のはずが、れっきとしたスポーツ(格闘技?)のようだ。まったく、クパの野郎っ。

スクリーンショット 2013-01-08 15.32.11

7グループのリンクでお友達に無事に会え、そして噂のクパの同胎のサスケちゃんに初めて会えた(↑や↓)。サスケさんはジャーポ界の星。ショードッグです。もうとっくにチャンピヨン完成しているんじゃないかな。
クパよりも、茶色が薄い。頭の鉢もがっちり。骨格も骨太。いいねぇ、可愛いねぇ、素敵だねぇ。
クパの13頭きょうだいの中で、やっぱ、クパ・マツ・サスケが似ているのは間違いないと確信した。

スクリーンショット 2013-01-08 15.32.34

マズルはクパより太いかな。がっちりしてるね。
しかもとても堂々としてる。いつもショーに参戦している百戦錬磨のおにーちゃん。心がしっかりしていて、いいなぁ。

スクリーンショット 2013-01-08 15.32.54

左の背中の真ん中に、サスケさんはポンがあるんだね(笑)。可愛いポンだ。

肉の付き方もいいね。いつも広大なお庭を、同居犬のグレート・デーンとボーダー・コリーとサルーキと走り回っているんだって。ボーダーコリーたちはサスケより年下で、最近はサスケがずっと子守りをしているそうな。みんなショードッグだから去勢してないオスばかりだというのに、サスケは面倒見がいいんだなぁ。意外とジャーポって、そういう優しいところがある。

クパも、サスケにーちゃんに負けないように、いい筋肉をつけるよう頑張りまっす。
クパは、たぶん姿・形はけっこういい線いってると私も自負しているけれど、でもなにしろ心がなー、弱いからなー、リンクになんか上がれないですよ(苦笑)。ま、君はマスコミ作業犬として私の仕事の手伝いを頑張ってくれ(モデル犬の修行もまだまだ。結局、心を鍛えないといけません。ま、気長にいきますよ。いつかは心の耐性が強い子に育ってくれることでしょう)

スクリーンショット 2013-01-08 15.33.16

久しぶりに、ジョジョにも会えました♪ なんかジョジョ、タキシード着てるみたいで可愛い。

スクリーンショット 2013-01-08 15.33.31

並べて撮ってみた。
ああ、せっかくいい写真が撮れた!と思ったのに、ジョジョ様の頭が切れているではないか! 失礼!
よく見たら、ジョジョの足先もフレームアウトしている。ちゅーことはですよ、ジョジョの方がオスワリの体高がクパより高いってことなんですね。足も長いんだろうな。首も長い。ついでにいうと耳も長い(私はワイマの長い耳が大好き)。

だいたいジョジョはシャンと座っているのに対し、クパは捨てられて心細くなってるアシカのような顔。情けなか。目を細めるなって。しっかりしろよー、クパ。ママは目の前にいるんですから。

スクリーンショット 2013-01-08 15.33.58

ジョジョの頭もしっかり入るよう、もう一度やり直し!
うん、ジョジョは余裕で笑ってる。いいね。
それに比べて、やっぱクパはアシカみたい(涙)。

このあと、馬アキレスやおもちゃのお土産をいろいろ買って帰りました。久しぶりでお買い物も楽しかった。ショー会場は最後におもちゃのたたき売りもあったりして、やっぱ楽しい。

スクリーンショット 2013-01-08 15.34.28

帰り道の、夜の東京タワー。
そう、このときはクリスマスの週末だったから、街じゅうがキラキラしていました。

おうちに帰りました。
メルちゃん、ただいま〜。
悪かったね〜、退屈だった? でも、ちいちゃいおかあちゃんと水いらずできたでしょ。

ほれ、お土産。ピキュピキュ緑のブルちゃんだよ。

スクリーンショット 2013-01-08 15.34.57
“にーちゃん、わたしをおいて、ひとりでどこいってたのよっ。だまされないわよ、こんなもんじゃ”

まぁ、そう仰らずに。
ひとりずつ活動するってのも、たまには練習した方がいいんだってば。
自立心をつける練習ね。

スクリーンショット 2013-01-08 15.35.22
“おれは、やっとおうちにかえれてうれしーよ。いろいろ気疲れしちゃったぜ。走れるわけでもなかったしさ” 

クパには、水に浮かぶキジちゃん。激安だったから、クパに2つ購入。いま思えば、予備にもっと買っておいてもよかったな。適度な大きさと重みがあり、本物の鳥っぽい。あれからクパは毎日キジちゃんをリトリーブしてくれます。

スクリーンショット 2013-01-08 15.35.41

しばらくしたらメルの機嫌も直りました。ブルちゃんお気に入り。でも翌日には足をちぎって、もうピーピーと鳴らなくなりました(涙)。でも壊れたまま、いまもまだ遊んでます。

久しぶりのドッグショー。クパの実家にもご挨拶できたし、「クパ、こんなふうに大きくなりました!」と報告ができて、よかった、よかった。サスケちゃんちのパパといろいろお話しできたのもとても嬉しかったし、情報交換ができたのもよかった。きょうだいと会えるってのは、ほんと興味深いし、どの子でもきょうだいと思うと手放しで可愛く思え、親近感が沸く。これが親戚の良さってもんですね。
そういう点でも、やっぱりペットショップなどで買うよりも、しっかりブリーダーを探して、吟味して、子犬を譲ってもらうというのは価値のあることだと思います。

横浜ペット博に行きたい方、います?

あわわ、年末に告知しようと思ってたのに、ぎりぎりになっちゃった!

121226_1142~02

今度のウィークエンドの3連休、1月12日(土)〜14日(月・祝)の3日間、横浜でペット博が開催されます。
そのチケットを仕事先の方から多めにいただきました。
こんなにぎりぎりになっちゃったけど、欲しい人がいたら、連絡ちょーだい!
差し上げます。
(ああ、でも郵送じゃもう間に合わない? 近所なら、クパ散歩で届けるよ)

生体販売もするという噂で、いろいろ問題も多いイベントな予感もするけど、そこは百聞は一見に如かず、現場に視察に私も行ってみようと思ってます。

あ、でも、マイクロチップの無料装着会(登録費用1000円は自己負担)もあるよ。これは、いいんじゃないかなと思います。まだマイクロチップ入れてない方はこの機会にいかがでしょう。震災や、雷迷子とか、いつなんどき必要になるかわかんないからね。

ただ、生体販売やイベント専用犬(お散歩体験コーナーだって。涙)もいるし(つまり一般愛犬家が飼養していない犬たち。ちゃんと愛情をかけてもらってない可能性も想像できる)、不特定多数の犬が集まるイベント会場です。飼い主さんのレベルもピンキリです。愛犬の健康管理もピンキリです。たくさんの犬が集まる場所ってのは、たくさんの菌やウィルスや寄生虫が一堂に集まる場所でもあります。つまり感染症(内部寄生虫も含む)が感染する危険があるってこと。
体調が思わしくない(免疫が低い)持病のある犬や老犬、子犬は愛犬を連れて行くのはオススメしません。また混合ワクチンを打ってない犬はもちろんリスクが高すぎます。ワクチンが定着している犬だけ行ってね。

スクリーンショット 2013-01-10 15.12.15
“おれも、よこはま、つれてってくれるの?”

ほかの犬見てワンワンしない練習のために、一緒に行こうかね。

初日の出ドライブ

めったに早起きできない私が、今年は頑張った。いつもなら朝日を浴びると灰になりそうな私なのだが、ああ、なんと新春の朝日は気持ちがいいことか。
それに朝日ってのは、きれいに写真が撮れるねー(笑)。

というわけで、新春初ドライブのレポートを。
とはいえ、私は前夜から酒気帯びのため、運転はトールにお任せした。

今年は、関東一円、晴れマークの予報。マチュは高尾の方にボーイスカウトで初日の出登山にでかけた。こりゃ、いっちょ親も頑張ってみるか!
といいつつ、5時半起き(寝たのは3時半)は、やはりチョー辛い。くーーーーっ。
「やっぱり行かないっ!」とダダをこねたくなる気持ち200%だったけど、くーーー、頑張れ私!と、とりゃーーっと5:50頃起床。よろよろと厚着し(当然ノーメークで。だってまだ真っ暗だし。笑)、いざ出発。ああ、急がないと、6:50の初日の出に間に合わないぞ。

スクリーンショット 2013-01-09 14.04.17
早朝の青山246。ベルコモンズの前あたり。まだ空は紺色

スクリーンショット 2013-01-09 14.04.59
皇居ほとりのペニンシュラ。だんだん空がしらみはじめた

スクリーンショット 2013-01-09 14.05.41
築地を越えて、勝ちどき橋

スクリーンショット 2013-01-09 14.06.15
豊洲方向の空がピンク色になってきた

スクリーンショット 2013-01-09 14.06.57
新木場あたり。巨大建造物が美しく浮かび上がる

初日の出に間に合うかな、もうまもなくだ。きゃー。
でもここで事故したら、元もこもない。だめなら、だめで、どこかにクルマを停めましょう。

と、焦り気味で進むと、若洲公園手前の橋の上で、大勢の人が初日の出の瞬間を待っている!
わわわ、どうする? クルマ停める? でもこれ、いいのか? 無法地帯?!
トールが「おれはクルマで待ってるから、見ておいで。ほら、急いで!」
すまん、トール、行かせてもらうぜ!

スクリーンショット 2013-01-09 14.07.24
6:51,初日の出!

クルマから降りて、歩道に入り、橋の欄干にむらがるアベックの隙間に入り、カメラを向けたちょうどそのとき、まさに日の出の瞬間!
たぶん私ったら、10秒もしないうちに、ちゃっかりこの瞬間を拝めたのでした。
周囲のアベックたちは「でた? でた? でたね!」と言ってたので、ほんと私はちゃっかり節なナイス・タイミング。みなさん、寒いなか何十分もお待ちだったでしょうに。すいませーん。

でも初日の出は、素晴らしく、感動的でした。

スクリーンショット 2013-01-09 14.07.48
橋の上はこんなことに。3重駐車だよ。ひゃーーー。後ろの緑色のジャンパーの人は、クルマの屋根に登ってます。橋の上には大きなカメラを三脚でかまえている人もたくさん。ナイスなビューポイントだったみたい

スクリーンショット 2013-01-09 14.08.18

だけど、初日の出は感動的なんだってば(笑)。
空がどんどん明るくなってくる。綺麗だね、綺麗だね。
トールに「交代する?」と聞きに行くと、「いいよ、おれも見えてるから」と親切なお言葉。さんきゅー。
彼は、私が人一倍こういうものに感動するのを知っている。

でも、交通の邪魔だし、みんなが動き出すとこれまた危険なので、ここは早めに退散しましょう。

スクリーンショット 2013-01-09 14.08.42
朝焼けの中のパタパタ。がんばれ、風力発電。2013年、もっと自然エネルギーが普及しますように

スクリーンショット 2013-01-09 14.09.10

ほい! クパメル、新春撮影第1号!
2013、一発目のお散歩は、若洲の埋め立て地!(笑)

スクリーンショット 2013-01-09 14.09.33
新春から、ちんまり座りのクーパー

スクリーンショット 2013-01-09 14.10.04
あ、朝のお月さんだ

スクリーンショット 2013-01-09 14.10.39
左後方にスカイツリーも見えます。メルちゃん、ぐにゅーんと振り向きすぎ

さ、新春初ウンチもだしたことだし、ゲートブリッジへ行ってみよ!

スクリーンショット 2013-01-09 14.11.06
ゲートブリッジ、きれいーーー。左に初日の出、右に富士山よ!

スクリーンショット 2013-01-09 14.11.41
左手には、さっきの初日の出がもうこんなに空高く

スクリーンショット 2013-01-09 14.12.20
右手には富士山がばっちり! ああ、今度、ここ歩いて渡りたい!

スクリーンショット 2013-01-09 14.12.50
富士山とお月様。きれい。冬の空はほんとに空気が澄んでて見晴らしがいい

スクリーンショット 2013-01-09 14.13.15
初日がすっかり朝日に変わってた。今年も頑張ろう

そしてゲートブリッジおりて、お台場方向へ戻る。

スクリーンショット 2013-01-09 14.13.51
テレコムセンターだっけ? 空が青いなー

スクリーンショット 2013-01-09 14.14.24
お台場埠頭公園付近(たぶん)。朝日に浮かぶ巨大クレーンも、夜景に負けずいいね

スクリーンショット 2013-01-09 14.14.42
首都高(1段目)ではなく、一般道(2段目)のレインボーブリッジからフジテレビ方面をパチリ。私は普段は運転席だから、こういう助手席の風景が珍しくて嬉しい

スクリーンショット 2013-01-09 14.15.07
お台場の観覧車を照らす今年いちばんの朝日

スクリーンショット 2013-01-09 14.15.35
赤羽橋交差点から東京タワーをパチリ。朝日の東京タワー、きれい! こんな時間に見るの初めてかも

スクリーンショット 2013-01-09 14.16.02
麻布十番から六本木ヒルズを見上げる。朝日でキラキラしてるよ

スクリーンショット 2013-01-09 14.16.31

そしてドライブ最後の1枚は、神宮外苑方向からおうちに帰るときに見えるドコモタワー。
この景色、好き。

2013年、朝日をたっぷり浴びた幕開けです。

今年こそ、早起きできるニンゲンになりた〜いっっ!

ボクサー友の会と新春爆走!

冬休み、終わりましたね〜。トールは今日から会社です。マチュは明日から新学期。
年末年始は、私の母が高崎の弟宅より遊びにきて、うちに滞在してました。
大晦日には、今年も母と家族と築地にお遣いにも行きました。シャケ、氷頭、イクラ、酢蛸、かまぼこ、伊達巻、栗きんとんなどなど。築地はやっぱ楽しいね。

1月1日は、マチュが2時に信濃町駅集合で、ボーイスカウト初日の出登山。パパ、送迎のため、飲めず(笑)。そして私も、先に寝るのも悪いので、起きて飲んどく(笑)。そんで今年はお天気がよいというんで「こりゃー初日の出日和!」とやる気になり、2時間睡眠で、東京湾に面した若洲公園付近へ。このときの写真はきれいだから、また今度載せよう。

1月2日は、マチュがおばあちゃまと原宿・福袋お買い物へ。親はダラダラとしておりましたら、マチュから電話。
「ママ! 明治神宮さん前で献血してるの。いまなら、ヘビのぬいぐるみくれるんだって! ママ、来て!」
なぜ、ママ??
「だってパパは11月に献血したから、2月過ぎまで献血しちゃだめだもん」
はー、そうですか。ま、マチュはおばあちゃまの相手もよくしてくれている親孝行な子じゃ。ここは一発、マチュのために血を献上するか。でも献血なんて、マチュを産んでから一度もしてないよ−。大丈夫なのかな。女子の日にはあんなに貧血になる私なのに……と思っていたが、体格も栄養もよいらしく、看護師さんににこやかに「ヘモグロビンもいいですね〜。400mlでお願いしますね♪」と言われた。400。初めてだ。大丈夫なんだろうか。

542076_351122108327999_1520084279_n.jpg
全然大丈夫で、ヘビちゃんゲット♪ 

でもちょっとくらくらしたので、大事をとって、自転車にすぐ乗るのはやめて、3人で代々木公園経由で歩いて帰りました。2日の代々木公園は、ほどよい風があり、家族連れが凧揚げを楽しんでいました。

そして、1月3日!
今までなかなか実現しなかった、近所のボンちゃん&ビーちゃんちを誘って、いつものABCのお庭へ新春爆走へ!
前回は、ジャーポズの会だったけど、今回はボクサー友の会です!!

しかーし!
タマ付きのボンちゃんVSタマ付きクパ! やっぱりバウバウになるの巻!(号泣!)
そのうえ、気の強いそれぞれの避妊済みボクサー(=女性ホルモン低し=男まさりなメス)が、それぞれの群れにいるもんだから、よけいにヒートアップ!

コリャー! ご近所に迷惑でしょーーがっ!
と、クパは、私が手にしていた金属製のマズルガードでガッと私に一撃される。ごめん、クパ、金属で殴ったのは悪かった。君を正気に戻したかったのだが、君は痛みに鈍感なまま、唇から血を流していたね。殴り損。

本来ならば、4頭で、マズルガードしてでも、なにげなく遊んでほしかったのだが、吠えるとうるさいので、順番で遊ばせることに。

スクリーンショット 2013-01-07 19.25.27
“オレは走れれば、なんでもいいんだぜ〜ぃ”

チーム交換をしてみた。
メル(メス)とボンちゃん(オス)なら、諍いにはならない。さすが男子は女子に優しい。
ボンちゃんはメルちゃんに「あそぼ!あそぼ!」をする。(※私はこの間、バックヤードでクパを監督しているため写真なし)
マチュの話しによると、メルは、そこまで遊びたがらない。喧嘩もしないけど。クパがいないと心細くて喧嘩もできないといった風に見えたそうだ。やはり、そうなのか。メルの気丈さは、クパの後ろだてがある自信からくるんだな。群れの心理だ。

そして、バックヤードにいるクパとビーちゃん(メス)もまた、諍いにはならない。クパは、女子に喧嘩を売るつもりはない。
……つまり、ものすごく正しい、オスの行動なのだ。
しょーがないねー、こればっかりは。
去勢をすれば、そりゃこういう場でうまくみんな遊べるようになる可能性が高まるわけですが、(あるいは、最終決着をつけさせればいい。でもそれをこの新春の別荘地でやるには、うるさすぎる)
ま、タマ付きオスにはタマ付きのメリットもあるのでね。

ボンちゃん、今度、山で遊ぼうかね! 吠えても近所迷惑にならないとこで。(←日本人離れした発想)
一度決着をつければ、同じ場所に何気なくいられるようになる可能性は高いよ。ドイツの森なら、そうしているはず。別に一緒に遊ばなくてもいい。いちいち攻撃態勢に入らなければいいのだ。そういう社会化練習を積めばいい。ま、歯が入ってキズが化膿するのは避けた方がいいから、マズルガードはしとこう。

スクリーンショット 2013-01-07 19.26.30
左のフォーンがオスのボンちゃん(ドイツ系ボクサー)。右のブリンドルがメスのビーちゃん(アメリカ系ボクサー)

じゃ、クパメルはいつも遊ばせてもらっているんだから、ボンビー、どうぞ〜!

スクリーンショット 2013-01-07 19.27.03

ボンちゃんはまだ若いので、遊び盛り。行動が可愛いのよ。トールもめろめろ(←トール。メルのおかげで鼻ぺちゃ犬の魅力に開眼)(もちろんコーギーへの野望は未だに熱いが)。

スクリーンショット 2013-01-07 19.27.19

1歳半のボクサーは、ほんとよく遊ぶ。脳天気、朗らか。いいねぇ♪

スクリーンショット 2013-01-07 19.28.01

マチュも、ボンちゃんが可愛くてしょーがない。

スクリーンショット 2013-01-07 19.28.29

飼い主以外でも、こんなに遊んじゃう、人が大好きで友好的で脳天気なボクサーは、ほんとコンパニオンとしていい犬だ。ワンオーナー(主君はひとりでいいタイプ)且つ繊細なジャーポやワイマとは違うんだよなー(もちろん私は個人的には、ワンオーナーで繊細な犬が大好きなんだけど、でもボクサーは一般的に飼いやすい、扱いやすい犬だと思います)(ただ対犬関係は一概には言えません)。
きっと震災で一時的に救護されても、お世話をしてくれるボランティアの人にも、朗らかにニコニコしちゃう犬。クパにはまず無理だろう。

スクリーンショット 2013-01-07 19.29.09

見事なプレイパウ(お尻をあげて、前肢下げて、「遊ぼうよ!」のポーズ)。

あれ、この光景は以前にも見たことあるぞ。デジャブのようだ(笑)。

スクリーンショット 2013-01-07 19.30.04
ボン)遊ぼうってばーーーっ!
ビー)騒々しい子ねえ。私はボールがあればそれでいいのよ


スクリーンショット 2013-01-07 19.31.33

今回は、私が(自分の娘にもクッキーなんかただの一度も焼いたことのないこの私が)
犬のために、固い大きなコロッケサイズのクッキーを、犬のお弁当がわりに焼いてきました。クッキーというより堅パン。でも適当に作ったわりに、意外とイケた。エゴマ、冷蔵庫にあった豚バラ肉、鰹節、卵などをぐちゃぐちゃして焼いただけなんだけどね。エゴマの香ばしい香りがいい。マチュにも「意外と美味しいじゃん」と誉められた(お砂糖、お塩などは一切入ってないけど、素材の甘さがある)。ほら、お出かけのときって、すぐクルマに乗せるから、朝ごはんを通常の量をあげられないでしょ。吐く可能性があるから。だから、お弁当みたいに出先であげたいなと前から思ってたの。しかし大型犬用のドイツ製大きなクッキーが販売中止になってしまったし、ほかに大きなクッキーが売ってないから、こりゃー自力で作るしかないと思って。クパメルもボンビーも喜んでくれた。ただクパメルビーは速攻で完食しちゃうので写真撮れず。ボンちゃんは、のんびり食べてくれた(笑)。性格だねぇ。

スクリーンショット 2013-01-07 19.32.47
“なんか今日はわたしの出番が少ないんじゃね” と少々ふて気味のメル。我慢せぃっ。そしてこれもまた社会化の勉強のひとつなんだ

でもボンビー夫妻ともいっぱいお喋りもできたし、楽しかったよ♪

スクリーンショット 2013-01-07 19.33.11
“ボクはかなり楽しかったです” byボンちゃん(「茶坊主」「ちゃー坊」とも勝手に呼ぶ私)

冷たい風の中、4時間半。新春からバカ飼い主街道まっしぐらです。

Sさん、今年もクパメル爆走、お世話になりますぅ。よろしくお願いします。

そして、ボンビー家とバイバイ後、我々はマチュ懇願の木更津のアウトレットへ。冬こそ、犬を駐車場に置いて(笑)、いざ、私も店内へ!(←前回はずっとタリーズの外テーブルでマチュを2時間待った私)。
海ほたる、どうせ混んでるしね。と思ったら、アウトレット周辺の道路も激混みだったよ(涙)。
到着したのは、6時半くらい。アウトレット物販は8時まで。というわけで、マチュはものすごい勢いでお買い物。でも彼女は意外としっかり者で、欲しいものは前々から決まってて、原宿などで下見済み。ちゃんと自分の予定どおりにちゃくちゃくとパンツやポンチョや靴をゲットしておりました。
私は、木屋やゾリンゲンとかの刃物屋さんに夢中。南部鉄の鉄瓶、欲しい〜〜〜っ。でもまた今度ね。

物販終了時間になると、ほんと見事にクローズされる。なんだかアメリカのモールのようだ。日本人のおもてなし精神、半減? ま、お正月三が日だもんなー、残業なんかしたくないよね。
そんでフードコートは9時まで。オーダーは8:30まで。とかいいつつ、8:15くらいから続々と「本日終了」とする店多し。ひどい(涙)。焦って選んで食べた。

スクリーンショット 2013-01-07 19.43.29


は〜〜〜。よく遊んだ、よく遊んだ。

そして、私はこの3日の夜から、38℃近くのお熱がでまして、ほんとなら4日に母を高崎に送る約束だったのに、クルマの運転はとうてい無理となった。ごめんなさいーーっ。
熱が下がっても、咳がひどくって。咳するたびに、ギックリ腰になりそうだった。
本日、ようやく微熱程度になり、咳も減ってきた。でも右の扁桃腺が腫れてる。2晩、明け方の蕁麻疹もひどくて、痒くて痒くて困ってます。扁桃腺炎のウィルスのせいの突発的な蕁麻疹かな。

早く完全復活したいですね。
でも、もうじきです。

というわけで、みなさん、今年もこの無茶・無謀・バタバタなばど吉とこのバドバドサーカスブログをどうぞよろしくね♪ 

初日の出2013

スクリーンショット 2013-01-01 8.28.42

6:51 amの初日の出。
若洲公園に、トールとクパメルと見に行った。
(マチュはボーイスカウトで初日の出登山に奥多摩に行っている)

新年の朝日を浴びて。
今年はなんだか頑張れそうだ。

ゲートブリッジからは、雪をかぶった富士山がとてもきれいに見えました。
今日の東京は、快晴の青空。空気が凛としてて、遠くの景色までよく見える。
東京のビル群も、パキッと見える。

朝って、こんなに気持ちのいいものなんだっけ。
と、2013年、トールと感激したのでありました。

みなさま、
今年も私と、ばど吉家と、クパメルとまめ(黒猫)をどうぞよろしくお願いいたします。