クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
またもや山遊び(あきる野編)
2012年11月26日 (月) | 編集 |
3連休の中日(渋滞を避けたがる習性)で日帰りでまたもやクパを走らせに行きました。
マチュがボーイスカウトキャンプで、あきる野市に行くというんで、あわよくば冷やかしてやろうと思って(困った親だと娘に苦笑されるが、ヤツもまんざらでもなさそう)。(昨年は冷やかし成功。笑)

最初、自分で運転はクラッチ左足がマズイかな?と思って、トールに運転してもらったけど、やっぱり自分で運転したくなり、初台で交代してもらった(はやっ。自宅からすぐじゃん!)
うん、運転もできる! 私の足、これでもう人並みに復活だ!(自転車も先週やってみた!)
ただし、日帰り温泉だけはトールに反対された。「そんなフランケンな足を人様に見せたら、驚かれる」という理由で。しくしく。フランケン卒業はまだ少し先。

武蔵五日市駅から徒歩20分程度のキャンプ場だというのに、今回は拡大地図をプリントアウトしていなかったから(金ちゃん号はナビなし)、深沢周辺へたどりつく道を間違えて、30分ほどロスをした。それでも自宅から、永福IC→あきる野IC降りて、武蔵五日市駅はわりとすぐ。便利だわ〜、やっぱり。1時間半くらいでクパの天国。

ようやくマチュたちのキャンプ場発見!
しかし、道路から木立に囲まれていて、ボーイスカウト隊が見えない。う〜〜〜ん。ここで派手な2頭を連れてキャンプ場内に入るのは、自主自立を促すボーイ隊のみなさんにご迷惑か。そう思い、断念する。数回口笛は吹いたけど、マチュ反応ないし(苦笑)。ちえっ。

ま、しょーがない。じゃ、マチュに挨拶するのは諦めて、クパメルを走らせに先へ進もう。

この集落をそのまま進むと行き止まりになるはず。
よしよし、舗装路が終わって、林道になった。よし、今日はここにしよう。

スクリーンショット 2012-11-26 19.30.02

ひゃっほ〜〜〜〜〜! とメルは大はしゃぎですよ!
動きがゴムまりのよう。すごく可愛い。

スクリーンショット 2012-11-26 19.30.24

クパも少し遠くにわざわざウンチしに行って(だからウンチ拾い後のパパが向こうから歩いてくる)、そのあと、ひゃっほ〜〜〜〜〜っとダッシュですよ。

スクリーンショット 2012-11-26 19.31.15

スクリーンショット 2012-11-26 19.35.38

深沢取水所だって。だから上流ではキャンプや川遊びは禁止。
それだけお水がきれい。いいとこだ。

スクリーンショット 2012-11-26 19.33.15

武蔵五日市駅前の大通りで買った、おじいちゃん手作りのヤマメの笹巻寿司。注文してから、おじいちゃんが巻き巻きしてくれたそうだ(買いに行ったのはトール。私はクルマで犬と待機。なかなか帰ってこないからどうしたのかと思ったら、注文受けてから巻き巻きするので時間がかかる。なんとものどかでよろしい)。
それに美味しかったよ。

スクリーンショット 2012-11-26 19.31.58

振り返ってみると、うちの金ちゃん号。紅葉に似合うな(笑)。

スクリーンショット 2012-11-26 20.05.39

↑ にーちゃんが斜面を駆け上がっていくと、ついて行けずに困るメルちゃん。
画面右上の、チョコチップ柄の迷彩犬、わかりますか? しっぽがピンとあがっているのが目印。

スクリーンショット 2012-11-26 19.36.18

にーちゃん、山、楽しそうだねー。水を得た魚、山を得たクパ。

スクリーンショット 2012-11-26 19.36.41
“あたちだって、鼻から泡が出るくらい楽しいわよ” by メル

スクリーンショット 2012-11-26 19.37.05

林道をはずれて、山道も少し入ってみた。
いいね〜、こういう獣道! 誰も歩いてないねー。夏ならヤマカガシがいそうだねー。沢沿いだしね。

スクリーンショット 2012-11-26 19.37.29

呼び戻せばダッシュで帰ってくる。かわいーいー(←親バカ)。

スクリーンショット 2012-11-26 19.38.07

メルはまるでイノシシのようだ。イノシシ色(撃たれるとまずいな。本気で。イノシシと間違えられても無理もない)。

さっき、鳥猟をやってる犬友達から、前回の檜原村ブログを見て連絡がきた。「あの辺は猟区だから、ほんと気をつけて!」って。ありがとう。そんで調べてみた。東京都は、インターネットで猟区や禁猟区を公開していなくて、都庁で「ハンターマップ」たるものを購入しないと、どこが猟区なのかわかんない。うちは人気のない山コースに行きたがるので、そのマップを入手しないとアブナイね。それとクパメルに誤射除け用セーフティベストを着せないとまずいな。以前買ったのはもう小さくなったから別のを買わないとなー。先日、山梨県でも登山客の女性の太ももを撃たれていましたよね。やはりドクターヘリで運ばれたそうな。「命に別状ない」って言われても、すごく痛いと思うよ(足のアクシデントにすぐ心を通わせてしまう私)。

ちなみに神奈川県と山梨県は、サイトで公開してました。親切ね。参考までにリンクしておきます。
神奈川県
山梨県

これだけ山ガールとかいるんだから、東京都もちゃんとオープンにすべきだと思うな。
国立公園内であっても猟区はあるそうですし、私がクパと遊んでいるような場所はバリバリ猟区だったみたいです。鳥獣保護区は思ったより少なくて、意外なとこでも銃器を使った猟が可能らしいよ。気をつけましょう(って、いちばんあぶないのがどう考えてもうちのような気がする)。

それと、鳥猟ではなく、大物猟(シカやイノシシですね)に使う猟犬は、血気盛んで、たぶんクパメルに遭遇したら、ものすごい勢いで襲ってくると思います。人間にもやる(襲う)んだろうか? 少なくともクパメルにはやるに違いない、犬も獣だから。へたれなクパだが、あいつ怒らせるとやばい予感。(アドレナリンでると怖いもの知らず)(バドだったら死闘だよ。マジ)。クパが喧嘩上等な犬になられても困るし、プロの犬にケガされても困るなぁ。ちなみにこんな商品もあるそうです。ボディ・プロテクターだって。

とにかく東京都の猟期は、11/15~2/15(ニホンシカは2月末)。みなさん、気をつけましょうね。

スクリーンショット 2012-11-26 19.38.48

ま、人から見たら、じゅうぶん狩る側の犬に見える、カッコイイクパちゃん(しかし、写真機すら怖い、へたれ犬)。
お山は楽しいね。よかったね。
安全対策をして、また来よう。(だけど猟期はちょっと本気でコースを考える必要があるな〜)
リサママ、貴重な情報をどうもありがとうございました。

スクリーンショット 2012-11-26 19.39.26

マチュのキャンプ場近くの道沿いにたくさん並んでいた「コロボックル」(と、勝手に私が呼んでいる)。
マチュに見せたら「ほんとに来たんだな〜〜〜っ。もうっ」と、苦笑いされました。ママに二言はない。家庭内「つきまとい」だ。ガハハ。(ただし犬を連れて行ける場所限定)

では、帰りの道中のオマケは続きで。

手術前に檜原村で山遊びしたお話し
2012年11月20日 (火) | 編集 |
手術から2週間。こんなに順調に回復できると当時思っていなかった私は、
入院する前々日「当分山遊びはできなくなるかも」と、意地でもクパと山歩きすることを決行。
ほんとはトールや、犬友達から、「入院直前に、もしもなんか(再骨折)があったら、どうする!」と止められておりましたが、でも、クパをひと月以上、自由運動させられなくなったら申し訳ないもん。

というわけで、さくっと檜原村に行ってきました。
東京都、唯一の「村」でございます。

私が2年前に足を折ったお山と表裏一体の場所でございます(笑)。
(その山を見ながら「ちくちょー! 手術が終わったら、リベンジに来てやるぜ」と言ってきた)

檜原村はオレンジ本(『東京犬散歩ガイド 武蔵野編』)でも行きました。ジャガイモが美味しいんだよね。キノコも。

永福からちゃっと中央道に入り、圏央道経由であきる野ICおりて進むと、けっこう近い。インター降りてから少し下道走る時間があるけど、1時間半くらいで、緑豊かなエリアに入る。クパちゃん大喜びエリアだ。

地図を見て、「ここを入ると、よさそうな林道がありそう〜〜」と、普通の人が行かない道を突き進む。

ほらねーーー、いい林道ミッケ!

よし、行け〜〜っ! 走れ〜〜〜っ!

スクリーンショット 2012-11-20 16.08.02
“まずはウンチをしてスッキリ”メルちゃん。パパはウンチ拾い中(笑)

スクリーンショット 2012-11-20 16.09.22

こういう林道は、(私が)コケないから、好きです。
犬にはほんとはもっと狭くて、山の中のトレイルの方がいいんだけどね。
それは私の足が完全復帰してからにしましょう。

スクリーンショット 2012-11-20 16.11.10

でも犬は、わざと藪の中を走ったりします。じゅうぶん楽しいはず。

スクリーンショット 2012-11-20 16.09.58

11月3日(土)の檜原村は、紅葉はまだだった。
たぶん今週末くらいがいいんじゃないかしら。
マチュが犬と一緒に走ってます。陸上部を休んでいたから、体が発散したがっている模様。犬も、ニンゲンの子も、野山に来るとストレス発散なんでしょう(笑)。

スクリーンショット 2012-11-20 16.10.33

林道沿いには渓流があります。いい感じです。
犬もときどき降りて、水を飲んでました。
檜原村はいい名水もあるので、きっと美味しい水でしょう。

スクリーンショット 2012-11-20 16.11.48

広々として、いいね。
都会のちまちましたところにばかりいると、ガンドッグは心が腐ってくるからね。

林道を1台の軽トラが降りてきたので、すぐ犬を呼び寄せた。すると、その軽トラが停車したのでちょっとドキドキ。なんか怒られるのかなと思ったら、窓をあけた30代〜40代くらいの男性が、クパを見て
「独ポ(ドッポ)?」と聞いてきた。
「はい、独ポです!」(独ポ=ジャーマン・ポインターのこと)
「猟するの?」
「いえ、うちのは家庭犬です。ですが、山が好きなので走らせに来ました」
「そう」と、微笑んでくれました。

林道は「林業関係者以外、立ち入り禁止」と書いてある道も多いですが、
今までみんな親切で、怒られるどころか、けっこう大型犬には好意的です。嬉しいです。
とはいえ、毎回、ちょっとドキドキものなんですけどね。

でもそういえば、クパは前のように、久しぶりに山に来たからと行って、大暴走するのがなくなりました。1〜2才のときは、たまに山に行くと、5分くらい、鉄砲玉になりハラハラしたもんですが、3才も過ぎると少しは協調性がでてきたみたい(笑)。峠のコーナーあたりでちゃんと「ついてきてる?こっちでいい?」って振り向き、私の視界外に消えることはあまりなくなった。もちろんたまに藪の中や道なき斜面に消えていくが、口笛を吹けば飛んで帰ってくる。よしよし。

メルは、にーちゃんのあとを金魚の糞のように走ってる。藪こぎは、にーちゃんにはかなわない。

スクリーンショット 2012-11-20 16.12.27

切り倒した木が積んであった。
夏に撮影に行った災害救助犬のトレーニング場を思い出したので、ちょっとやらせてみた。

すると、メルもクパも、初めて丸太のぼりさせるのに、何の躊躇もなく、自由自在に登っていく。

スクリーンショット 2012-11-20 16.12.51

すごいなー、恐怖心ないんだな。それに、機動性もたいしたもんだ。
でも「足を折らないでね〜〜」と内心心配してしまうちょっと過保護な私(笑)。
犬は、ニンゲンが思っている以上に、身体能力が高い。

お山遊びは、2時間くらい。昼から出発したから、もう暗くなっちゃった。
次はちゃんと朝から遊びに来たいね。

帰り道、紅葉レジャー客で高速道路が渋滞していたので、あきる野のショッピングモールで時間つぶしをした。マチュは郊外店にすごく憧れているので、大喜びですわ。

夕飯も食べてから帰ったので、渋滞も解消、また楽々で帰宅しました。

クパちん、私の足も無事に治りそうだから、また山に行こうね。

抜糸完了!!!!!(&ムカデ写真)
2012年11月19日 (月) | 編集 |
スクリーンショット 2012-11-19 13.25.59

本日、日赤広尾に行ってきました。
そんで、予告どおり頸骨と腓骨とも、無事に抜糸完了できた。
チタンプレートとボルト抜く手術をしたのは、先々週の火曜日(6日)なので、2週間−1日で抜糸ができたことになる。

2年前に骨折したときは、腓骨(ひこつ。ふくらはぎ外側の細い骨)は2週間で抜糸できたけど、頸骨(けいこつ。ふくらはぎの内側の太い骨。いわゆるスネの骨)は、4か月も抜糸までに時間がかかった。
私がよほど冷え症で、出来の悪い足の持ち主なんだと2年前は嘆いたけれど、今回ちゃんと頸骨側も2週間でキズがくっついたということは、私の肉体のポテンシャルが低かったせいではなく、2年前はやっぱり粉砕骨折がひどすぎて骨も血管も皮膚も神経もズタズタだったために、治りが遅かったんだとわかった。
よかった、人並みの修復力があることがわかって(涙)。

年内にもう一度通って、最後のレントゲンして、それでOKなら、ついに本物の完治になる。
重症患者すぎな私ですな(苦笑)。
苦節2年と1か月ですよ。担当医も「長かったね~っ」という。先生たちも初めての体験という大骨折と長時間手術。(&麻酔が超人的に効かないというとんでもないオマケ付き)。

嬉しいなぁ。ついにこの日がきた。
お風呂も明日から濡らしてよし。ルンルン。

でも抜糸直後はパチンとはじけやすいそうなので、2、3日はまだおとなしくする。
それとボルト抜いた穴が骨で埋まるのは年単位だって(ながっ)。クパチャリ散歩での転倒は厳禁だね。

スクリーンショット 2012-11-19 13.25.39
“親分、懲りずにぼくと走ってくれるつもりなんですね。ぼくも平日昼間の代々木公園、走りたいです。いまの季節はカラスがいっぱいでしょうね”

だけどとにかく嬉しい。バド、治ったよ~っ!

それでは、「つづき」で世にも汚いムカデ足(抜糸直前)の写真をアップしておきます。記録のため。でも、人間のものとは思えないので、普通の人は見ない方がいいと思います。R-18だよ(苦笑)。
イングリッシュ・コッカー・スパニエルの飼い主様!
2012年11月16日 (金) | 編集 |
ただいま、わたくし、犬種図鑑のための原稿を頑張っております。
犬種のいいとこも、大変なとこも(性格面とか、運動面とか、コスト面とかいろいろ)、
ぜーんぶ書いて、
そういう覚悟のできた人に、その犬種を迎えていただきたい! それを伝えていくのが私のライフワークです。

その中で正直いって最も私の苦手(ちゅーか、よくわからない)のが
毛の手入れの毎日の大変さの実態でございます。

ほれ、だって私は、毛、ツルピカ犬が好きですから。
いえ、本当をいうと、毛の長い犬もすごくステキと思うんですよ、でも私のようなズボラな女には、お手入れをする自信がないので手をだせないわけです。

とくにトリミング犬種(あるいはそれに類する犬種)。正直、シライシにとって、未知の世界でございます。
自分で飼ったことがないから、ほんとはどれくらい大変なのか、実感がないのです。
長毛種でも自宅で手入れしていい犬種とか、友人が飼っていてなにげなく聞いている犬種なら、まー、なんとなく想像はつくのですがね。

でも毎日のブラッシングが必要な犬って、ほんと大変と思うの。でも、本当にその犬種が好きな人にとってはその手入れの大変さもコミュニケーションの一端で、悦びの時間になるんだと思います(えらいわ)。
しかし、その手間のかかり方やトリミング代をケチって捨てられる犬もいるかもしれない。
「毛が抜ける」って、捨てられちゃう犬もいるくらいなんだから(ゆるせんっ)。

しかし、そういう日々のメンテナンスがどれくらい手間がかかるのか、お金がかかるのかって、ペットショップは都合の悪いこと言わないから、知らないままうっかり購入しちゃう人もいるでしょ。ダメだけど、でも、誰もが最初は初心者なので、「犬を初めて飼う悦び」で浮かれポンチになっちゃう気持ちもわからなくもない。そうであれば、いかにマスコミが、伝えないといけない情報を、ちゃんと発信していくか、が重要だと私は思うわけです。(でも、探してみるけど、あんまり「大変なこと、面倒なこと」をちゃんと書いている犬種図鑑って、書籍でもWEBでもほんと少ないね。それにコピペで流用した原稿がいかに多いことか)。

というわけで、今後も、取材ができていない犬種について、みなさまの豊かな経験値をお借りしたく存じます。
どうか、ばど吉にご協力願えないでしょうか。

今までもいきなり友人や撮影モデル犬さんちに電話してみちゃったりしているけど、
いま、原稿に取りかかる前にはたと悩んでいるのがイングリッシュ・コッカー・スパニエルです。

インギーの飼い主さーーーん、あるいはいまはいなくてもかつて飼育経験のある方、電話取材させてもらえませんか。

お連絡お待ちしております。
コメント欄(管理人がみられるにチェックね)か、メールフォームでご連絡くださいませ。
また「こんな友人がいるよ〜〜」情報でも大歓迎でございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

うちのツルピカ犬は、今日もストーブ前で惰眠をむさぼり中。

スクリーンショット 2012-11-16 19.48.39

↑ クパちん、体の折りたたみ方がなんか妙ですよ。

スクリーンショット 2012-11-16 19.48.55

そしてストーブ前の熾烈な闘い。
ツルピカ犬は、寒がりさん。

長毛種にとっては、もしや今からがベストシーズンなわけですよね!?
不思議だわー。

ボジョレー解禁日にストーブ解禁
2012年11月15日 (木) | 編集 |
ボジョレー解禁ですねーー。
今年も、チィのワインショップにオーガニックのボジョレーを注文してます。今年の出来はどうかな。楽しみだな。
週末、飲もうっと。

そしてここんとこメルのオシッコちびりが多いので、最初は子宮・卵巣をとった弊害かなと思っておりましたが、寒さも関係しているかと思い、今日からタビィのコートを室内でも着せて(私は家にいると、天気のいい日はつい昼間窓全開にしてしまう。するとメルのちびりがひどくなる)、そんで先ほど夕方、勉強中のマチュの膝掛けの中に強引に潜り込もうとする姿を見て、ついにガスストーブをだしてあげました。

スクリーンショット 2012-11-15 18.54.11

さっそくストーブ前に陣取るメル。やはり寒かったのか。

それにしても、ブログで記録を振り返ると、前回は11月24日に初ストーブ、その前は11月19日だった。
ちゃくちゃくとストーブだす日が早くなっている。バド爺がいなくなったんだから、もうちょっとエコな暮らしをしてほしいのに。まだクパ3歳、メル2歳ってのに、どういうことだ。

メルは、寒い季節は暖かければ暖かいほどいいらしく、
夏は涼しければ涼しいほどいいらしい。まったくもー、ボクサーさんたら。

スクリーンショット 2012-11-15 18.54.33

クーパーはメルほど寒がりではないが、やはりストーブ前の暖かい空気は気になるらしい。


いま私が3階の仕事部屋にあがると、いちおう犬たちは私について上がってきた。
体が温まったのか。それともまだそこまで寒くないので、いちおうストーブより私のそばにいたいのか。

5分後に見ると。

スクリーンショット 2012-11-15 19.13.15

まめちゃんだけが、ちゃっかりストーブ前のイスの上で、惰眠をむさぼっておりました。

猫にとっては、飼い主なんかよりはるかにストーブの方が魅力あり(涙)。

予想外に回復中!
2012年11月12日 (月) | 編集 |
本日、日赤に消毒に行ってきました。
ぐるぐる巻きの包帯を初めてとると、巨大ムカデが2本、ふくらはぎの両脇にいました。
写真を撮りたかったけど、今日はいつもの主治医ではなかったので、恥ずかしくて言い出せませんでした。

だけど順調だって! わーい♪
おとなしくしていた成果がでてるぞ。
ただし、血液の炎症反応はマックス。もう少しじっとして自然治癒させるぞ。(抗生物質と痛み止めは飲んでないもん)
微熱が出ているのは、闘っている証拠だ。
密かな頭痛もやや辛いけど。微熱のせいか、腰椎麻酔の副作用でたまに起きるという脳脊髄液が漏れて脳味噌への圧が減ったために起きる頭痛なのか不明だけど、まーー、仮に脳脊髄液の漏れだとしてもこれはベッドで横になっていれば脳室に液が回るらしいから起き上がらないでおとなしくしていよう。微熱で頭痛がするのは昔からだけど、これも白血球さんが傷口で闘っているから発熱が起きているだけなので、解熱剤を飲むのは嫌だ。安静にして、自己免疫力で復活させてやる。

来週月曜が抜糸だって! わーーい! 早まった! 前回に比べてウソみたい!
(あ、前回も明るい見通しをしていて、実はダメだった経緯があるから、ぬか喜びはいかん)
抜糸までは調子に乗らず、無茶はやめとこう。(←自分に言い聞かせている)
そしたら来週火曜から、普通に戻れるもんね!

スクリーンショット 2012-11-12 20.02.09

術前の週末に届いたペンハリガンのキャンドル「Harmony Tea (Fennel Chai) 調和の紅茶」
すごくいい香り。幸せになる。
お風呂や寝室で炊いて、心安らかにするのにとてもいいです。

そして今日はバドの誕生日
2012年11月11日 (日) | 編集 |
17大学病院
2009年10月、日獣での検診にて。バド15歳。付き添いクパちんはまだチビっこ4か月。

今日、11月11日、ワンワンワンワンの日は、
バドの誕生日。生きていたら、18歳。1994年(戌年!)11月11日生まれ。

バドが死んで1年以上経つのに、まだこんな風にきっちり誕生日を思い出してしまう私。これって、だめなのかな〜〜〜。
でも、いいか。死んでも、バドは私の愛犬だからね。

バド、おまえにも骨折の件ではきっと心配かけて、「ままの足が歩けるようになるまでは、松葉杖がはずれるまでは、おでは心配で死ねない」と思っていたかもね。骨折から2年。骨折時は、バドも一緒に奥多摩のお山にいた、という事実が素晴らしい。誇りに思うね。当時バド15歳11か月。私が入院中に16歳になったよね。

バド−、もうじき私も足は完全に治るよ。
クパはバドみたいに分離不安じゃないのは助かるけど、バドより心が繊細だよ。バドも繊細だったけど、バドは私がそばにいれば百人力に感じて怖いものなかったでしょ。クパはね、私がそばにいても、なんかまだ難しいの。私への信頼感がまだ薄いのかな。それとも、そういう性格かな。

バドのいいところ、クパのいいところ、
バドのだめなところ、クパのだめなところ、
バドの可愛いところ、クパの可愛いところ、
バドの自慢なところ、クパの自慢なところ。
全部、違うのよね。同じガンドッグ、同じ7ちゃんず、しかも同じドイツのポインターでありながら、
犬種由来のおおまかな特徴は同じだけど、細かいところは全然違うね。
これが血統の個性、さらには個体の個性なんだろうね。おもしろいね。

バドもクーパーも、どっちも可愛い。勝ち負けはない。
毎日が発見と勉強と闘い(オシッコちびり掃除!?)(&四十肩。クパの引っ張り肩症候群と名付けよう)。

私には、ガンドッグのいない生活は考えられないです。

(で、早くお山散歩に行きたいぞーーーー!)

真面目に療養中
2012年11月11日 (日) | 編集 |
退院後、私にしてはめずらしく、いい子にしています。
まー、前回の、抜糸に4か月もかかる、という困った期間を経験しているだけに、今回は慎重。
最初におとなしくして、少しでも早く復活してやろうという計画です。

足を冷やさず、むくまないよう、ベッドで暖かく羽根布団にくるまり、足をシュラフ(キャンプ用寝袋。これが足を持ち上げるのに、ナイスな高さと柔らかさ。冬用の寝袋の方が直径が太くてグー)に載せて高く持ち上げています。
体を冷やさず、やることないから寝てばかり……うーむ、やりたいことはやまほどあるのに、なんともはや。

だけど、いまはちょっとの我慢。早くよくなるために、いまはこの状況に甘んじるほかない。

でも、おかげで順調です。痛み止めも化膿止めの抗生物質も退院後3日分を飲み終わったけど、足をむくませなければもうほとんど痛くないよ。
だから昨日夕方、クパの散歩にチャレンジしてみよーかなと思うくらい。(マチュに叱られて止めたけど)。
まだ足を踏ん張ったら、キズがパンッて破けそうだから、もうちょい辛抱する。

スクリーンショット 2012-11-11 14.29.41

冬眠生活を送る私に、近所のビーちゃんちが、目黒の美味しい肉まんをお見舞いに持ってきてくれた。
ありがとーーーー! 
肉まん好きのシライシ家。私へのお見舞いのはずなのに(笑)、トールが「マンモス嬉しいっ!」と喜び、マチュが「やっぱ肉まん美味しいねーーー♪」と大満足。

肉まんの美味しい季節になりました。

早く普通に歩けるようになりたいな。早く普通にパソコン前に座れるようになりたいな。
今日は、ビニール袋をぐるぐる巻きにして、お風呂に入ります。左足は水濡れ厳禁ね。
早く、普通の人間に戻りたい。
抜釘手術完了(犬じゃないよ、私だよ)
2012年11月08日 (木) | 編集 |
11月5〜7日、日赤広尾に入院してきました。
6日に、左足骨折の抜釘手術、してきたよーーーっ! 無事、生還してまいりました!

23骨折3
2年前。骨折時の手術後のレントゲン。右側のプレートやボルトを今回はずした

苦節丸々2年! ともに過ごした2枚のプレートとボルト15本。
無事に除去できました! 金属、もらってきたぞーー! 近日公開。

今回は、腰椎麻酔だったから、三途の川は渡らずにすんだ。すごく楽でした。

でも腰椎麻酔、ぜんぜん効かなくて(やっぱりか。涙)、麻酔医二人に最初驚かれ、いつまでたっても効かないもんだから、(あきれて?)手術室に笑い声が響く有様。
普通は、5分10分で落ちるというのに、私ったら、いつまでも足が動く。
「指に感覚ありますか−?」「はいーー」
「指、動かせますかーー?」「はいーー」 ニギニギ。
「冷たいのわかりますか?」「はい、冷たいです」
「足、動かせます?」「はいーーー」と、腹筋で二本足を持ち上げたり、立て膝したり。

結局40分後に、2本目の追加麻酔が決定し、もう一度腰の消毒やり直し。
でも、今度は2,3回、針を刺してもうまくいかず、やっとこさ脊柱に貫通。
手術室に入り、麻酔が効くまで90分もかかってしまった。

そんで抜釘は、早ければ40分くらいと聞いていたけど、この世紀の大骨折(整形外科医も今までみたことのないという派手な粉砕ぶり。しかも頸骨と腓骨の2本)なので、案の定、1時間半かかりました。
よって、手術室に3時間いました。
今回は腰椎麻酔なので、先生たちの会話を全部聞いてた。途中でお話しにも参加してしまった(笑)。オペ中は、AKBや嵐やスーパーフライの曲が流れてた♪(軽い)(「白石さんは何の曲がいい〜?」と聞かれた。笑)

病室で待っていたトールとマチュは、AKBを聞いているなんて露知らず、なかなかオペ室から戻らぬ私を心配していたでしょう。すまんねーー。

ボルトを抜いたとこは、まるで赤ワイン瓶(=骨)の底が抜けている感じなので、ワイン(=血)がドコドコとでてくる状態らしいです。しかも傷口はけっこう長いのが2本。いまはまだ自分では未確認ですが。

スクリーンショット 2012-11-08 22.54.19

足を下げていると、むくんで出血しやすいし、
冷たくて血行悪くなると、キズの修復も遅くなるので、
ちょっとおとなしくして、ベッドで足を平ら、できれば足を上げておく状態にして、1日も早く復活したいと思ってます。前回のように、縫い直し、切り直しになるのは避けたいからね。
でも、前回の骨折時よりは、骨は中でくっついているし、全然楽なのは間違いない。
冷やさず、睡眠もとれば、激痛もずいぶん減った気がします。

昨日の退院時は、歩くとキズが痛くて、パックリしそうだったので片手松葉杖で帰りました(トールさんは会社を休んで、車でお迎えしてくれた。バスで帰るー、と言ったら怒られた)。
でも、いまはおうちの中でも杖なしでOKです。ちょい痛いので、壁づたいに歩いてます。

けど、パソコンに長く向かうのはまだ無理。ほら、いまももう、足先が紫色になってきた。やばいやばい。

早く回復して、早く原稿に取りかかりたいから、今週はおとなしくします。

そんで1日も早くクパと散歩に行けるようになりたいです。

でも、クパはねーー、包帯のにおいをくんくんしたら、絶対にぶつからない、触らない。ちゃんと血のにおいとかわかってて、「この足はピンチらしい」ってわかるみたい。えらい、えらい。クパのそういう繊細なとこ、好き。
それに比べて、メルとまめちゃんは要注意。物事を深く考えない。とくにまめちゃん。ベッドで寝ている私の足に向かってドカッと着地しそうなので、危険です。まー、猫は、他人の状況に気を遣う生き物じゃないからな(笑)。群れの生き物じゃないもんね。しかし、群れの生き物のはずのメルも、脳天気すぎて配慮がないので、信じていない私。


心配してくれて、メールをくれたり、お見舞いに寄ってくれたみなさん、ありがとねーーー。
ばど吉、完全復活まで、しばしお待ちください!

ボーダーコリーの飼い主さん募集!
2012年11月02日 (金) | 編集 |
2才、メス(避妊済)の、レッド&ホワイトのボーダーコリーを
誰か幸せにしてあげてください!

*********************

<11月8日加筆修正>

預かり先の「諸般の事情により」この告知を削除してください、と依頼がありました。
私にも解せないことがあるのですが……残念ですが削除します。

リンク等で協力してくださった方には大変申し訳なく思っています。ごめんなさい。
また、詳しい状況もご案内できないことも心苦しく思っております。本当にごめんなさい。

解せない点、またはこの件に限らず、今までも感じていた里親募集の際に生じやすい問題点、トラブルなども、今後感じたことを書いていきたいなと思います。

この子の幸せはまだ決まっていないようです。もしもボーダーコリーの里親に関心のある方がいらっしゃったら、こっそり私に連絡ください。コメント欄の非公開でもいいし、メールフォームでもいいです。
また、この子の幸せが無事決まったら(その連絡が私にも来たら)、バドブログで報告させていただきます。

いろいろご協力いただいたり、心配してくださった犬好きのみなさん。
どうもありがとうございました。

きゃー、もう11月
2012年11月01日 (木) | 編集 |
バタバタしている間に、10月が終わってしまった、Haloweenも終わってしまった!
いやーーん、もう11月だ。
成し遂げていないことが山積み。ううう。
そんなことを言っているうちに、あっちゅーまに師走がやってくるに違いない。焦るぅ。

スクリーンショット 2012-11-01 12.53.57
マチュが「ママ〜、ブログに使って〜〜」だって。バカ飼い主(笑)

短頭種の下顎のつくりは、ほんとにプリティーだ♪

そして昨日は、イングリッシュ・セッターを書いたが、
なんてセッターって、いい性格なんだ、可愛い朗らかな、子どもを任せても大丈夫な子たちなんだ、と、嬉しく幸せな気持ちになった。ガンドッグって、総じてみな優しく、素直で、従順でいい。
問題は、バカ運動量の多さをどう満足させてあげるか、である。


昨日は、月末でバタバタしてて、夕飯をつくる時間も気力もなく、マチュを電話で呼び出して、近所でごはんした。
ここの、ごはんはほんと美味しい。しかもいまは新米。サイコー。和食は、ほっとするね。
代々木駅前にお寄りの際は、オススメです。

スクリーンショット 2012-11-01 12.54.33

田んぼ
東京都渋谷区代々木1-41-9

JR代々木駅より徒歩4分。
小田急線南新宿駅より徒歩3分。
南新宿駅から168m

[月~土]
11:00~23:00(L.O 22:00)
[日・祝]
11:00~22:00
ランチ営業、日曜営業。年中無休。