クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
噂のFUGLEN TOKYOに行く
2012年10月28日 (日) | 編集 |
月末を前にして、気ぜわしく、お山に遊びに行く暇のない私。
クパをお山に連れていってあげられなくて申し訳ない。
でも、お散歩タイムはやってくる。ウィークディよりは長めに出かけてあげたい。
と、いうわけで、
こないだブルータスに載ってたFUGLEN TOKYOに、クパメルとトールで行ってみた。雨でも行くもんねー。
とっても美味しいと評判の、ノルウェー・オスロ発のコーヒー屋さんである。

スクリーンショット 2012-10-28 14.45.43

ヴィンテージの家具や食器(購入可能)の並ぶ店内で飲みたいのはやまやまだけど、
クパメルがいるので、我々は外で十分でございます(笑)。

今日のコーヒーはブラジルだった。うん、美味しい。香りがいい。
浅煎りなので、苦みはないけど、噂どおり香りは豊か。何杯でも飲めそう。
トールにはカプチーノ。うん、こちらも美味い。

ついでにノルウェーサーモンのサンドイッチもいただく。サーモンもパンも美味しい♪

気に入った♪
今度、原稿に煮詰まったら、ここで美味しいコーヒーを飲みながら校正をしよう。そのときはクパちんは留守番させよう(悪いねークパっち。でも一度は店内で飲んでみたいのよ)。

そんでもって、帰り道に、ルヴァンのパン屋さんに寄る。久々だ。相変わらず、美味ちー♪ マチュにお土産だといって、ついうっかり買い込んでしまう。

日曜のちょっこり散歩2時間コース。
お山で自由運動ではないけれど、飼い主とリードでつながっていっぱい歩くってのも、大事な関係づくり。クパはまだ踏切音が怖いし、よそのちび犬を見かけると吠えそうになるけど、「我慢」と教えているので、少しは相手を見ても吠えないでぎりぎり我慢ができるようになってきた。まだまだ練習中ですが、練習しないとますます悪化するので、気長に社会化、般化トレーニングを繰り返していこう。

スクリーンショット 2012-10-28 14.45.16
“筋肉はそんなに使ってないけど、脳味噌は使った!” ( byクパ)

カフェで、店内で、落ち着いてコーヒーが飲めるのはいつの日か(笑)。

でもまー、「カフェでまったり静かにフセしてずっと待てる犬」もすごく羨ましいけど、「野山ではじけて走る若犬。おうちで同居犬とプロレスしてはしゃぐ犬」も好きなので……。ジャーポを選んでいるのは私の意志なので、若いうちはしょーがないね。ニンゲンの都合で、そう簡単に犬のスイッチを入れ替えるのは難しい。まぁ、完璧にトレーニングすればできるのかもしれないけど、若いジャーポにそれを強いるのもどうかと。ならば、飼い主が「飼う前に犬種を選べよ」ってことですよね。にゃはは。

ま、バドと同じく、あと8年くらいすれば、クパもおとなしく、カフェでまったりとして、私に付き合ってくれることでしょう。でも、そのときには、もう今みたいにお山で戦車みたいには走らなくなる。それも寂しい。

二兎を追う者は一兎をも得ず。いまは、若い時代ならではの楽しさを満喫するしかないね♪
だから雨の日でも、外でコーヒー飲んじゃうもんねーーー
クパメル、またフグレン、行こうね。

----------

追記。
自宅→代々木公園交番交差点→フグレン→ルヴァン 片道2.4キロ×2=4.8キロ。8493歩。

たぶんルヴァンに寄らなければ、片道2キロくらいなんだろな。意外と近い。毎日歩いてもいい距離だね(無理無理。笑)



冬の風物詩・カラスのカンクロー
2012年10月26日 (金) | 編集 |
おはようございます。
季節の変わり目のせいか、はたまたぎっくりが致命傷にならない程度に長く続いてて右のお尻が痛いからそれをかばうために骨折足に過重がかかっているせいで、昨日午後から、左足骨折部が赤く盛り上がってしまい、痛くて痛くて意気消沈してました。犬の散歩も無理。クパの瞬間的な引っ張りをされたら転ぶか、足が折れる予感。
情けない。
しかも来月、抜釘手術をするから気が重い。もう一度、2本、長く切られる。プレート2枚やビス14本をほじくりだされる。あーあ、気が滅入る。やっぱり痛いよね、きっと。湯船にとうぶん浸かれないし(あるいはビニール袋ぐるぐる巻き)。

そんで昨夜は、痛いから、もう寝るしかなく。
痛いから立っていられないのでベッドに横になってたけど、よく寝ちゃった。痛いと体力も使うのだろうか。


そんで今朝。先ほど。

二階のベランダにカラスが遊びに来た。
代々木公園周辺は、冬場はカラスが集団生活をするので、急にカラス人口が増える。
生ゴミの日の被害も、冬の方がだんせんひどい。冬は食物が減るんだろうね。ニンゲンとカラスの知恵比べの季節。うちは黄色いネットをかけているので、やられない。でも、ときどきめくろうとしている賢いカラスがいる。頭いいし、工夫しているし、彼らは毎日賢くなる。

さらに、食事のすんだカラスが、暇な時間になると、遊びに来る。
うちの狭いベランダをのぞき込みに来たり、仕事部屋の窓の外、となりのおうちの屋根の上をカシャカシャと音を立ててスキップしてる。私や犬が、カラスに注目するのを楽しんでいるように見える。
(私はすべての遊びに来るカラスを「カンクロー」と名付けている)

ヤツらは、賢い。
でも、遊びに来るたび、クパちんがカラスをロックオンするので、気が気でない。

スクリーンショット 2012-10-26 9.55.43

ベランダの植木鉢にとまっていたカラスを見つけて、その後、当分の間、観察を続けるクパちゃん。
そりゃー、大きな鳥ですもの、気になるよね。

先週や昨日は自分だけ長野などに撮影に行き、可愛いよそのおうちの犬たちを屋外で愛でて過ごしてきたけれど、クパとは全然お山に行けていないので、申し訳ない。
いつ行けるかな〜〜〜、お山。くくく。



さよなら,カオス
2012年10月23日 (火) | 編集 |
週末、長野県蓼科高原近くで、楽しい撮影隊をしてきました。過酷だったけど、犬馬鹿の私は見渡すかぎり大型犬ばかりのイベント会場で、チョー幸せでした。

その報告はまた今度するとして、
先ほど悲しい訃報が届きました。

20060702152857.jpg

バドやタビパチの時代から仲良しだった、古くからの犬友達のカオスが、今朝亡くなったそうです。
ドゴ・アルヘンティーノです。

カオスには、さんざん、私のお仕事の撮影モデルに出動してもらいました。
ありがとね、カオス。いつもいつも困ったときのカオス頼みだったね。

それに、そもそも私は、カオスのおかげで、モロッサー種(闘犬種)への理解と愛が深まりました。
カオスはもちろんやるときゃやるオンナでしたが、それは雌犬同士のオンナの順位争いのときだけ。こういう犬種にしては珍しく、自ら望んで他犬に喧嘩をふっかけるタイプでもなく、意外なほどいいヤツだった。もちろん喧嘩になったらチョー強いから、飼い主ともども十分に注意はしてたけどね(笑)。
ニンゲンに対しては奥ゆかしい愛情表現をするすごく可愛い子だった。大型犬だし、こんなごつい頭骨でも、すごく可愛いもんだって、カオスが教えてくれた。

ああ、そういえば野川公園のバーベキュー撮影では、私が喧嘩の仲裁に入って、私の右手の人差し指に牙が入ってしまい、粉砕されちゃって、しばらく右手がドラえもんになったこともあったなぁ(笑)。カオス、私はね、あれ以来、パソコンのキーボードを打つとき、右手の人差し指をあまり使わないのがクセになったよ、フル稼働しているのは右手の中指。これからも、中指キーボードの自分に気づくたび、ずっとカオスのことを思い出すよ。

カオス、いい子だったね。大型犬でもけっこう長生きしたね。頑張ったね。
ママのこと、いつも支えてる存在だったね。偉かったね。

天国には、バドも、うちのコギたちも、カオスの同居犬の歴代のコギたちも、み〜〜んないるから、寂しくないよ。寂しいのは、ママと私などこっちのニンゲンだけだね。

カオス、ありがとうね。可愛いカオス。もう一度、そのでっかい頭を撫でたい。

1かおす

(あ、だめだ、やっぱり泣けてきちゃう)


車イスでも犬は幸せに生きる
2012年10月19日 (金) | 編集 |
スクリーンショット 2012-10-19 14.00.20


先日、江戸川河川敷に、後肢麻痺のミニチュア・ダックスさんの取材に行きました。掲載許可を飼い主さんにいただいたので掲載するね。

いちばん最初に感じ、いちばん印象に残ったことは、

犬って、車イスでも、すごく人生楽しそうだな、ってこと。すごく普通だってこと。

普通の犬とまったく同じで、原っぱに来たら嬉しくって嬉しくって、すごいスピードで走り回る。車イスでも、この子は前肢は元気だから、すごくすばしこい。こりゃ、捕まえられない。写真もぶれる、ぶれる(笑)。

そんでもって、すんごい笑顔! 笑いながら走ってる。楽しいんだね。
モッテコイ遊びもできちゃうの。普通だ。普通のただの犬だ。

犬は、ニンゲン(当時の私)みたいに「車イスはかっこ悪い」「自分はハンディキャパーなんだ」「差別されると恥ずかしいから、外に出たくない」みたいな感情は、微塵もないんだね。車イスでも走れるから、(痛みのない症例でもあるから)まったく不自由さを感じてない。悲壮感もない。ふさぎ込まない。卑屈にもならない。

「原っぱ大好き〜〜〜♪」
「体を動かすのって、楽しい〜〜〜っ♪」
「ママ、大好き〜〜〜〜♪」

この基本は、なんら変わってないんですね。ある種の感動を覚えました。犬は強い。明日を憂いて生きてない。いまの幸せを全力で楽しんでいる。素晴らしい生命力じゃないか。

昔、大学病院の待合室で、断脚した猫ちゃんに会ったときも、最初私は同情のまなざしでみてしまったことがあります。なんて不憫な子なんだと。でも、飼い主さんは「脚がなくても、ジャンプ力すごいんですよ。テーブルでもソファーでも、上手に飛び乗ったり降りたりして、普通に生活してます。テーブルの上のおかずもすぐ盗んでいくの」と笑ってお話ししてくれました。へーーっ、そうか、脚を1本失っても猫は猫のまま、猫らしい人生をちゃんと送れるんだなぁと感慨深くなりました。

むしろ、同情される方が、飼い主さんにとっては、辛いみたいです。
これは、犬でも猫でも、もしかするとニンゲンのハンディキャッパーでも、同じなのかもしれません。
同情ではなく、普通の存在として扱ってほしい、と思っている気がします。人にもよるのかもしれませんが。

とにかく、シャルルちゃんに会えて、私はまた大事なことを学んだ気がします。
ありがとう。

ここ数年、車イスや台車のようなもので散歩している犬も、たまに見かけるようになりました。昔と比べてだんだん増加していますね。それだけ、全力で愛犬を愛し、少しでも QOL(人生の質。生活の質、命のクオリティー)を高めてあげたいと、本気で取り組む飼い主さんが日本に増えている証拠だと思います。

私はそういう子に会うたび、「すごくこの子は可愛がられているなぁ。いい飼い主さんだなぁ。この子は、幸せ者だね」と感じます。そして「がんばれ」と、心の中でエールを送ります。

なんだか、日本も、捨てたもんじゃないな。
きっと、もっと数年後、数十年後には、さらによい犬と共生する社会ができあがっていくと思うな。がんばろうね。

スクリーンショット 2012-10-19 14.01.48


BWP(ビッグワンパーティ)に行くぞ告知&カニ
2012年10月16日 (火) | 編集 |
大型犬・超大型犬の好きなみなさん!
飼っている人も、憧れている人も、パラダイス!なイベントが、今週末(10月21日)、長野県のスキー場(長野県北佐久郡立科町芦田大字八ヶ野)で開かれます。

そう、その名も、「ビッグワンパーティ」!!

いやー、ずいぶんもう何年も継続して開いてますよね。私もずーっと昔、某犬雑誌で何度も取材に行きました。
今回、久しぶりに主催者のSさんに電話したら、しっかり私のこと覚えていてくれた。嬉しい。10年以上前のことなのに。この間にSさんちのグレート・デーンも世代交代。うちの7ちゃんずも世代交代(涙)。でもこんなに時間が経過しても、犬馬鹿の絆、健在!というのは嬉しいです。

私も週末、行きます。撮影のお手伝い、あーんど、自分の悦びのため(!)

やっとでた週間天気予報を見ると、おっ、晴れるみたい! やった! 頼むぞ!
というわけで、超大型犬、大型犬を飼っているみなさん、または、「いつか飼ってみたい」と思っているみなさん(小型犬同伴だってもちろんOKだって)も、ぜひどうぞ! 大型犬の成犬を見ておくって、勉強になるよ。また超大型犬・大型犬の飼い主同士のネットワークを広げたり、実際にその犬種と暮らしている人の話を聞くのは、すごく参考になるよ。
そして、もしかしたら、ばど吉たちの写真のモデルとしても声をかけさせていただくかもしれません。
いろんな犬種に会いたいのです! どーぞ、よろしく!!

ちなみに、わたくしは、公私ともに認める、デカ犬好きです。

前回、名古屋で、仕事を忘れてこんなことをしちゃうくらい、デカ犬大好き!
飼い主さん、ここで載せてもきっと許してくれるよね〜〜載せちゃうよ〜〜〜。

ほりゃ!

スクリーンショット 2012-10-16 11.48.48
きゃ〜〜〜〜、幸せ〜〜〜の抱きつき

グレート・デーンのアポちゃん。すごく優しいんだよね、デーンって。
デーンが「怖そう!」と思っている日本人に、声を大にして言いたい。デーンほど、優しい犬はいないんじゃないか(もちろん血統差や飼い方もあるけど)。「優しい巨人」と言われるんだよ。ほんと、穏和で、いい犬。憧れ。ただし、シライシ家はリビングが2階で階段を利用しないといけないので、憧れの君とは暮らせない(涙)。平屋に住むか、エレベーターをつける余裕のある家じゃないとだめだから、泣く泣く諦めております。でも、アポちゃんにハグできたから、幸せ! ちなみに、アポちゃんちのパパとママも、背が高くてスラッとしてて、優しかった。犬と飼い主は似た者同士が引き合うのか? (やばい、アドレナリン大放出のクパの飼い主の私はどうすればいい!?)

それと、名古屋でもう1頭素敵なビッグワンに、飛び入り参加してもらうことができました。

スクリーンショット 2012-10-16 11.49.41
むぎゅ〜〜〜〜とハグさせてくれる。こんな包容力ある人間のオトコがいるだろうか

ピレニアン・マスチフのクースちゃん。ピレニアン・マスチフ、初めて会った!
おいおい、こんなに穏やかで、いい子なのか、ピレニアン・マスチフ。護羊犬だからもっと荒々しく、警戒心強く、他人をよせつけないタイプかと思っていたのに、なんだ、私がハグしても「しょーがないな。いいよ」という他人も許容してくれるいい子じゃないか。クースが特別にいい子なのか、それともクースの飼い主さんがきちんと正しく育てたからいい子なのか。他のピレニアン・マスチフもぜひ会ってみたい。
それにしても、このモフモフをぎゅーーーっと抱きしめる感覚。かなり、幸せ。恍惚。

(ちなみに。私もでかいので、私と比較すると、そんなに大きな犬に見えないかもしれません。本当は、もっとでかいです。マチュにこの写真を見せると「ママが小さく見える!」と言われました。おいっ!)

というわけで、みなさん、
ぜひ今週末、長野で会いましょう。国宝級犬馬鹿ばど吉に会えます(笑)。
私は前日入りして、バーニーズのいるお宿に泊まってます。早起きします。


**************************************

そして、昨日のカニの続編をオマケでどうぞ。
こちらも掲載せずにはいられない、幸せと恍惚の夜でございました。


[READ MORE...]
水辺ロケハン
2012年10月15日 (月) | 編集 |
一番下の弟が「かえちゃんのブログは字が多くて読み切れない」とのことだったので(笑)、および、ブログを長々と書いて現実逃避している場合ではないので、当分の間、なるべく短いブログをこまめにアップするようにしたいと思っている。果たして実行できるかどうかは未知数だけど。

さて、昨日の午後は、水辺のロケ地でいいとこないかな〜〜〜と、クパメルとトールと出かけました。
本日は、半分、業務連絡ブログです。お許しを(笑)。

スクリーンショット 2012-10-15 14.08.40

荒川区の、とある公園。
なかなかきれいな水辺で、犬散歩やジョギングの人、多い。

スクリーンショット 2012-10-15 14.10.20

遠くにスカイツリーも見えた。
クパが、オスワリとマテの中間のポースでカッコ悪いなぁ、もう(苦笑)。

スクリーンショット 2012-10-15 14.12.13

広い原っぱも気持ちいいですね。犬を放したくなりますね。でも、放しちゃいけません。クパメルは勘違いしてて、うるさいです。

スクリーンショット 2012-10-15 14.13.04

なかなかよい葦原ですな。小魚も泳いでた。空間が広くて、いいね、隅田川や荒川沿岸。犬散歩に最適です。

このあと、もうひとつ公園を回る。でも暗くなっちゃった。だから写真なし。
なぜ、日没に間に合わなかったかというと、道に苦戦したからでござんす。
なぜ荒川区は、あんなにも一方通行が多いのか。そして、一方通行のとなりの道も同じ方向の走行なのか。いつまでたっても右折できないじゃんか! うえーーーんっ! よそ者には運転しずらくて、何度も迷宮にはまりました。しかも川の蛇行に沿って、道も町も蛇行してるから、私の中のジャイロが狂う。私、方向音痴じゃないんだけど、この町は苦戦しました。

ふぅ。でもなんとか任務を遂行したところで。
トールに付き合ってもらったお礼に、彼の行きたがってたスカイツリーへ。

スクリーンショット 2012-10-15 14.14.01

おおぅ、開業してからは、初めて来たよ。まー、なんて美しいライトアップ。夜景、きれいだねー。ロマンティックだねー。新しいカメラ欲しいねー(笑)。

スクリーンショット 2012-10-15 14.15.02

この水辺もロマンティックだけど、犬が水遊びするわけにはいかないねー(笑)。

スクリーンショット 2012-10-15 14.15.39

対岸に駐車できた。白いワンボックスのとなりが、私の金ちゃん号。クパメル、悪いな、ちょっと待っててね。

このあと、ソラマチを探検して、ほんとはここで食事したかったけど、マチュがまめ(猫)と留守番中のため、お買い物をして帰りました。ソラマチの中にもデパ地下のような生鮮食料品も売ってた。スイーツは、まぁ、新宿や東京駅でも買えるものも多かったけど、なかには「おおお? これは見たことがないぞ」という美味しそうなのとか、この下町界隈の名店っぽい和菓子屋もあって、楽しかった。

スクリーンショット 2012-10-15 14.16.22

今度は、マチュを連れて、ゆっくり来ましょう。


*************

それでは、こないだ水辺の公園にもうひとつ行ったから、ついでにその紹介と、
いましがた到着したばかりの海の幸話題をオマケで!


[READ MORE...]
クパ、池袋参上
2012年10月14日 (日) | 編集 |
スクリーンショット 2012-10-14 13.11.59

昨日、私はなぜか冬眠していたので
トールが、自分とクパのストレス発散のために、自転車散歩に夜8時くらいにでかけたら、
クパがやたら元気炸裂だったため、
調子にのって走り続けて、池袋にまで行っちゃったらしい。

山手通り経由だったので、いまグーグルしてみると、8キロ×2=往復16キロの駆けっこだったようです。所要時間約2時間で帰ってきた。

さすがにクパは満足(疲労)したらしく、夜と今朝は、まぁまぁおとなしかったです。
恐るべし、ジャーポのアホ体力。

トール、ありがとねー♪ クパを大事にしてくれたら、私もトールを大事にしてあげる(たぶん)。


ささやかな幸せ
2012年10月11日 (木) | 編集 |
ぎっくり腰、なんだか少し痛みが減った予感。ちょっとは回復の兆し。
そこで、9月25日のマチュの14歳のバースディのレポートなんぞを今さら書いてみよう。

仕事をやっつけて、トールと夜7時すぎに伊勢丹で待ち合わせ。ケーキを探す。
そのあとタカシマヤに移動。チキンレッグスを買うつもりが、違うものをうっかり買ってしまう。
普通、子どもの誕生日会は鶏の足のはず……なのに、うちの子の場合、

スクリーンショット 2012-10-11 12.19.58

カニを茹でちゃったぜ〜〜〜ぃ。あと、お寿司。和食万歳なシライシ家。

そんでケーキ。
マチュのリクエストは「マカロンのタワーみたいなケーキがいいな」。
しかし、伊勢丹にもタカシマヤにも(こないだミッドタウンでも聞いたけど)ない。

じゃ、作ってやる!(無謀)(しかも自分で焼くわけではない)

スクリーンショット 2012-10-11 12.22.41
“ボクもお手伝いします” なぜかピントが茶マスクに(汗)

グラマシーニューヨークの栗のロールケーキに……(ほんとは立てたかったけど、トールに却下された)

スクリーンショット 2012-10-11 12.23.35
“ボクも見てます”

パパが生クリームを塗りたくり、
パティスリーサダハル・アオキのマカロンラスクを貼り付けてみた!

スクリーンショット 2012-10-11 12.24.37
“ボクも食べさせてくれるんだろうか”

完成!
可愛くできた!

スクリーンショット 2012-10-11 12.25.12

マチュ、14歳、おめでとう〜〜〜♪
20年後には、日本のペットショップ販売を変革してやろうぜ〜〜〜。(昨日も我々はこの話ししておりました。犬オタクな娘に育っております。大変よろしい。その純粋で熱い気持ちを忘れるな)

そんでプレゼントは、マチュが前々から密かに欲しがっていたものを、事前にパパが下見に行ってて、

スクリーンショット 2012-10-11 12.25.48
“なに?なに? でかいですね。まさか子犬じゃーないですよね?”

答え。抱き枕!

スクリーンショット 2012-10-11 12.26.41
“それは囓っていいものですか?”

その夜から、マチュは毎日愛用しております。よかったね。

スクリーンショット 2012-10-11 12.27.35

メルと一緒に、14歳もハッピーな1年を!
メルの散歩はいっぱい行ってあげるんだよ。

********************************************

そして、昨日は、15回目の結婚記念日でした。ぎっくりが痛くて私は忘れてました。

スクリーンショット 2012-10-11 12.38.46

いくつになっても、お花をもらうと嬉しい。
トール、ありがとう。
15年も離婚しないでくれて(笑)。

犬がいて、猫がいて、お花があって、マチュがいて、バドタビパチの家族共通の思い出があって、トールがいて。金ちゃん(プジョー)がいて。

けっこう私は幸せです。
家族よ、ありがとう。ママは、せめて早くぎっくりを治すよう,頑張ります。


いろんなものが故障中
2012年10月09日 (火) | 編集 |
マチュのいない連休。
彼女は、広島にひとりで新幹線で遊びに行った。
鉱物好きの娘は山口県の秋芳洞や、萩のホルンフェルス大断層にいたく感動したり、弟が大学OBしている馬術部のお馬さんに乗せてもらったりと満喫していたらしい。

かたや親は、夜中に酔っぱらいブラボーな映画『ハングオーバー2』を見て、大笑いしたり、大混雑の代々木公園・北海道フェスに行って、クパメルもいたからチョー気を遣って、へろへろになって帰ってきたりしておりました。北海道フェス、年々、混雑がひどくなる〜〜〜っ。ラーメン買うのに、2時間待ちだって。さすがに無理〜〜〜っ。

でも今回、唯一お話できた、北海道・東川町のおじさんたち。(私はこういう風に現地の人とお話できるのが、実はいちばん楽しみで行くのです)

な、な、なんと、上水道普及率0%の町なんだって!! すんごくない!!?
それだけお水が最高に美味しいってことでしょう!

というわけで、2kgのお米を買って帰りました。
すぐ食べてみた。すんごく美味しいっ!
ついでに言うと、同じく北海道フェスで買った、たらこと一緒に食べました(笑)。最高です。

この米、おじさんに今度また頼もうと思う。

と、まぁ、幸せなこともありましたが、
週末は、いろんなものが壊れた日でもありました。

まずは、炊飯器。新橋のカタログハウスに修理にだしにいく。(でもいま電話がきた。型番が古くて、もう部品がないらしい。悲しみ)

メガネ。先月壊して修理した右ツル部分に続き、テンプル部の金属が折れる。トールに代官山に修理に行ってもらう。(立て続けに2カ所も壊れた。新品を買った方が安上がりだったかもしれないけど、先月直したばかりだし、このメガネ、気に入っているから、やっぱり直した)。でも、毎回親切に修理してくれるのは嬉しい。

さらに、私の腰。代々木公園散歩でダメージを受けたのか、昨夜から腰(正確には、右のお尻)が激痛。あーあ、椎間板ヘルニアかしら。ぎっくりかしら。なのに、昨日も今日も、いつものカイロプラクティックがお休み。今日はコルセットつけてます。右足が上がらないよ〜〜〜。

週末は、友人の犬の死別の件でも、レプトスピラや毒中毒のことなんかを調べてて、心も折れました。

あ! そうだ、10月7日(日)に、クーパーとメル、8種混合ワクチンも打った。
渋谷区のうちのホームドクター、H先生の病院が、今年お向かいに移転。きれいになってた。
バドが死んで、昨年のメルの持続性発情以降、とんと誰も病気しないから、すっかり動物病院に行くのをご無沙汰しておりました。2〜3歳の若い犬って、健康なのがありがたいね。感謝しよう。

とまぁ、なんだか雑務と故障に追われていた3連休なのでありました。

でもトールはちゃっかり代官山のコーギーのお店で、自分にこんなもの買ってきたよ。

スクリーンショット 2012-10-09 15.30.01

やっぱりコーギーが、大好きなんだねぇ(笑)。

マチュも無事に昨夜東京に戻り(ミーハーな私は、東京駅丸の内口も見てきた)、
今日からシライシ家平常運転です。 あ、早く私の腰も平常に戻ってほしい(涙)。

追伸:そういえば、クルマの右ライトも切れちゃった! ああ、ほんといろんなものが壊れたのが発覚した週末だった!


悲しい訃報
2012年10月05日 (金) | 編集 |
お昼過ぎに、友人からメールがきました。(ありがとね)
犬友達の訃報をご存知ですか?という内容でした。
あ、最近ブログめぐりもご無沙汰してて、と思い、焦って見たら、

大切な、クパの幼なじみのガンドッグが、急死したという悲しいお知らせが目に飛び込んできました。

意味がわからなくて、狼狽しました。
まだ若いし、8月に撮影に協力いただいたときも、元気いっぱいだったし、9月の中旬までのブログでは普通に元気よくお山に行ってたのに。

うそだ。信じられない。なんで。

原因はよくわからないけど、急な腎不全と肝不全のようです。具合が悪くなって10日もしないうちに死んでしまうなんて。心の準備ができてない死は、よけいに辛いもの。彼女の死はもちろん、飼い主さんのショックはどれほど大きいかと思うと、それを想像するだけで、涙がとまらなくなります。手も震えてしまう。

なんで。どうして。

何か毒物でも摂取してしまったのだろうか。同じくお山で駆け回るのが大好きなクーパーんちとしても、まったく他人事に思えない彼女の死。

残念です。悲しいです。

でも、ありがとう。
あなたは、クパの初めての、ドッグラン友達です。
あなたがいてくれたおかげで、私はあなたのパパとママとお友達になれました。
本当にありがとう。

まだあなたが、この近所から天国へ引っ越ししたなんて、信じられないでいるんだけど、
でも、そっちもきっといいお天気だと思うから。
ああ、あなたはタビィやパチには会ってないけど、バドには会ってるよね。
バド爺は、そっちにいるから、相手してやってください。

8月に撮らせてもらった、あなたの走る姿は最高です。
あなたの美しく、元気溌剌な姿を、ちゃんと世の中の人に見てもらうからね。
あなたの犬種がどれほど可愛くてきれいで元気いっぱいか、みんなにしっかり伝えるからね。

でも、やっぱり泣けてきます。写真を見ると、よけいに泣けてきました。
だめです、仕事どころではありません。悲しいです。

だけど、ちゃんと頑張らないとね。
頑張るよ。頑張る。


秩父キャンプ(後編)
2012年10月04日 (木) | 編集 |
さー、後編。翌日は、お山に入ります。意外と晴れてます。台風はどこにいるんだろ。
テレビのない生活なので、台風情報が入らないのが少々心配。だから、山歩きといっても近場のみ。

スクリーンショット 2012-10-04 14.24.20

おおーっ、秩父にはカモシカもいるのね! 素晴らしい自然環境。埼玉県にもカモシカがいるなんて、関東にもまだまだ自然が残っているのは誇りにしていいと思う。

スクリーンショット 2012-10-04 14.28.20

でもこのあたり、ダムがいっぱい(涙)。どれだけ生態系を破壊してしまったんだろう。
とはいえ、このダムの貯水を首都圏の人も使っているんだろうけどね。
いまは噂どおり、お水がカラカラでした。
でもすごいなーと思ったのは、お水がダムに足りないから電光掲示板で「節水しましょう」と村民の方に呼びかけていたこと。地元の方の山のお水を都会の人間が湯水のごとく使っちゃいかんと思いました。

スクリーンショット 2012-10-04 14.25.02

ダム湖にかかる大きな吊り橋。マチュ、びびる。犬は全然びびらない(危機管理能力ないのか?)

吊り橋に貼り紙があった。9月中旬に、初老の男性が甲斐犬と一緒に登山に行ったきり、行方不明なんだって。痛ましい。もしも秩父や奥多摩付近で、放浪している甲斐犬がいたら、秩父警察署までご連絡を。
私は、犬と一緒に登山に出かけたのなら、自殺しに行ったんじゃない。と思う。そう信じたい。どうかご無事で。

と、ブルーになりつつも、吊り橋を渡る。

スクリーンショット 2012-10-04 14.25.36

見事なスパイダーたちが、せっせと吊り橋に巣を作ってる。こんな強風の場所で、蜘蛛って根性あるなぁ。

スクリーンショット 2012-10-04 14.27.20

吊り橋を渡った先は、落石のため通行禁止。ちゅーことは、登山者はいない(はず)。
犬は吊り橋の上を何往復も走っていた。嬉しそうだ。絶対にクパメルはこれがものすごく高い橋の上だって、気がついてない。脳天気なおバカちゃんたち(笑)。

吊り橋散策のあと、クルマで走ってると(運転は私)、「あ! ヘビだ!」と道を少しバック。
マチュがひょーひょーうるさい。おおぅ、ヤマカガシさんだ。伊豆でカエル喰ってた毒蛇さん。秩父のヤマカガシは全身黒っぽかった。でも模様はまぎれもなくヤマカガシ模様。地域個体群があるって、ほんとだね。
写真を撮る前に逃げちゃった。

そしてまた走る。そんでまた私がキキーッとブレーキ。
うたた寝していた(みんなドライブ中はすぐ寝やがる。苦笑)マチュやトールは、どしたどした?と寝ぼけている。
「サルだ!」 と、また私は道をちょっとバック。

スクリーンショット 2012-10-04 14.29.22

「わーお!」と、マチュが喜ぶ。
「クパが窓からでないように気をつけて」と、私は注意を促す。でもクパメルは、爆睡していた(犬までドライブ中は寝やがる。涙)。
おサルさんまで4〜5メートル。写真を撮る。

おお、すると、その先にも小ザルが数頭いるではないか。
あ、その先にはオトナのサルも。

スクリーンショット 2012-10-04 14.30.14

そしたらサルに「キキッ」と高い警戒音をだされた。ごめんごめん。
と、思ったら、その警戒音でクパがガバッと起きた。やばいっ! クパは獣も狩っちゃう衝動を持っているはず。はい、即発進!

秩父の野生動物に会えて、嬉しかった♪
いいね〜〜〜〜、いいとこだね〜〜〜、秩父。

ほんとは地元の有名な神社に寄ってみたかったけど、おなかがすいたと、マチュとトールが言い出した。しょーがないなー。お昼は、地元特産のお蕎麦と決めている。

スクリーンショット 2012-10-04 14.30.58

↑ ちょうど、蕎麦の花が、満開でした。白い小さなお花。素朴でいい感じ。里山の風景だね〜。

スクリーンショット 2012-10-04 14.31.23

キャンプ場のお母さんに、美味しいお蕎麦屋さんを教えてもらっていたの。JAちちぶがやってる「あらかわ亭」
美味しかったよ〜〜〜〜〜〜! オススメ! 私は、1日数量限定の「そば定食」にしました。今日は栗ご飯付きだった。そば湯も美味しかった。そば湯、大好き。

さ〜、お腹もふくれたところで、滝へ行くぞ〜〜〜! ええ、私は滝好きな女です(笑)。
地図を見て、なんとなく、「この滝、よさそう」と勘が働く。
よし、この丸神の滝へ行くぞ!

またも楽しいワインディングをずんずん進む。峠道、楽し〜〜〜(みんなまた寝てるけど。涙)。

はい、到着。なんだか山奥です。鬱蒼としています。

そしてこんな貼り紙がいっぱい。

スクリーンショット 2012-10-04 14.32.09

トールは良識があるので(笑)、少々びびっている。
でも私は「まーーー! ツキノワグマもいるのね! 豊かな自然の証拠!」と、むしろ喜ぶ始末。
加えて「クマが怖くて、ジャーポが飼えるか」と、ずんずん山道に入っていきました。

だけどみんなには「会話しながら歩こう。クマ鈴持ってきてないから。人間がいますよ〜〜とお喋りしながら山に入れば、クマだって人間になんかに会いたくないから、逃げていく」と言った。ああ、昔、WWF時代に、クマの特集原稿、書いたのを思い出します。ツキノワグマ、大好きだよ。

スクリーンショット 2012-10-04 14.33.10

朽ちて人間は通行止めの小さな橋をドカドカと渡るクパメル。顔が笑ってる。山はいろんなニオイがあって楽しいでしょ。湿った地面も走りやすいでしょ。

そして片道30分ほど急斜面を上がると……

スクリーンショット 2012-10-04 14.34.06

おおおーぅ、なかなか立派な滝じゃないか! 丸神の滝!
秩父周辺にはいくつも滝があったけど、この滝は、埼玉県で唯一「日本の滝百選」に選ばれたとのこと。いやー、いい滝を見つけちゃった♪
今回、「いつか滝百選を制覇してやりたい」と新たな野望まで抱いてしまった(笑)。

スクリーンショット 2012-10-04 14.35.04
「いい滝だ」( by ばど吉) 「かーちゃん、何がそんなに楽しいの?」(by クパ)

スクリーンショット 2012-10-04 14.36.03

さぁ、なんだか雲行きが怪しくなってきた。帰ろう。
下り坂、小さな石っころがごろごろしている。湿ってるし。ああ、2年前に奥多摩で滑って転んで骨折した山道となんか似てる。気をつけて、おりなくちゃ。

下って、駐車場に戻ったところで、雨が降り出した。セーフ!
と、思ったら急にジャンジャン降りに。いよいよ台風が関東に近づいたようだ。
でもおかげで気温が急に下がった。
じゃ、犬をクルマで待たせて、温泉に入ろうぜ。(いつでも結果オーライな私)
「道の駅 両神温泉 薬師の湯」へ寄り道。

う〜〜〜ん、いい評判は聞いていたけど、ちょっと清掃面が行き届いていないのが残念。たまたま日曜の夕方だったからかしら? お湯は昔はよかったらしいけど。ちょっとヌルッとした無色透明・無臭の温泉でした。

道の駅で、お野菜などを買って、一路、東京へ。
いやー、しかし台風が本州直撃。新幹線も飛行機も、止まってるぞーーー。山手線まで止まってるなんて。
関越道も中央道も、ついでに東名も、渋滞情報、真っ赤だぞーーー。

と、いうわけで、下道の峠道を通って、入間市に抜けました。
途中、本気の豪雨でした。峠道に太い枝が落ちてるし、風はすごいし、雨もすごくて、ワイパーが追いつかない。道路の白線も見えない。
さすがに私も、べらべら喋る余裕はなく、気合いで峠越えをしました。マチュに「高速道路じゃないけどシートベルトして。滑ってぶつけても、あんたの体が車外に放り出されないように。ぶつけるときはマチュ側には当てないけどね」と言って(コワイ母だ)。

スプラッシュもののジェットコースターよりも、はるかにスリル満点でしたわ。
(でも、やっぱりオットもマチュも犬もぐぅぐぅ寝てたけどね。みんな、ママを信用しすぎじゃないか? 危険感知能力、弱ってないか? 苦笑)

八王子から中央道に乗り、幸い、ぎりぎり渋滞が解消されてて、けっこう順調に帰れました。結局、両神から3時間ちょいで帰っている。往路の高速道路よりも早く帰れた。これまた結果オーライだ。

帰宅したら、
クパちゃん、舟をこいでます。↓

スクリーンショット 2012-10-04 14.37.36

メルは、べろをだしっぱなしで寝ています。↓ おい、だいじょうぶか。

スクリーンショット 2012-10-04 14.38.31


よく見ると、どの足も肉球の根っこのとこが、クパもメルも赤くなってました。
河原の爆走は、肉球に負担があるのでしょう。まぁ、そりゃそうだ、あんな足場の悪い、ごろごろした石っころの河原をあんなスピードだして駆け回っていたわけだから。
ま、すぐ治るでしょう。と、思ったら、だいたい2日で赤みは治まりました。

東京に帰り、2日間は、ほんとクパもメルもおとなしかったよ。
満足したね。よかったね。

でも、もうクパちゃんは、元気復活、お散歩時にぐいぐい引っ張るので、困ったもんですわい。

クパメル、楽しかったね。秩父は近くて、いいとこだね。また行こうね。

スクリーンショット 2012-10-04 14.36.35

ps. 滝の帰り道にあったお花。この可愛いレースみたいなお花は何〜〜〜?(またも他力本願。笑)



秩父キャンプ(前編)
2012年10月02日 (火) | 編集 |
10月1日(月)はマチュが「都民の日」のため学校休み。
ならば2泊3日でキャンプに行けるな!
と、前々から楽しみに計画しておりました。富士山麓、朝霧高原へ行こうと心はずませて。

しかし。
こんなときに限って台風が。
しかも巨大な方がわざわざ進路をかえて、本州に突入するっていうじゃありませんか(金曜日に気がついた)。
なんちゅーことだ。

でも、それでも諦めきれない私。
マチュは土曜日午前中、「きっとキャンプは中止だ」と、ボーイスカウトの献血奉仕活動へ行ってしまう。「自分は月曜日ぐらいゆっくりしたい。塾の宿題も多いし」と、やる気のない中学2年の娘。これが「中学生にもなったら親と遊んでくれない」ってやつか。

マチュ帰宅後、家族で大喧嘩(正確には私ひとりで噴火)。「みんな、犬の散歩が日々足りないの、わかってないの!? 犬が可哀想でしょうが! なら、私はひとりでもクパメル連れてキャンプに出かける!」と豪語。
すったもんだのあげく、トールになだめられ、まぁ大きな台風も来ているのだからと、キャンプ1泊で手を打つことに。

喧嘩してたら、出発が遅くなった。もう土曜の午後3時。なんだよーー! 1泊1日じゃんかよーっ。と、まだ怒っている母。しかも関越道練馬ICに入るまでに1時間以上もかかる。イライラ。
でも、クパとメルはとーってもワクワクした顔をして、窓の外を見ている。
だんだん怒りがおさまってくる私。

関越道入ったら、ルンルンと進む。けっこう関越道、みなさんスピードだしますなぁ。1時間くらいで花園ICに着いちゃったよ。
でもそこから下道を通って秩父までが、これまた意外と遠いですなぁ。
長瀞も見てみたいけど、暗くなる前にできればキャンプ場に着きたいから我慢した。

道の駅ちちぶ」で、お野菜やキノコを調達。キノコ、安い! それに秩父って、お餅や生のおまんじゅう文化がある街なのね。シライシ家、さんざん悩んで、塩まんじゅうやらよもぎもちなどを買い込む。きびもちも食べたかったとあとで後悔するマチュ。

スクリーンショット 2012-10-02 16.07.57

秩父って、花とまつりのまちなんだって。トールが「あ、花絵とまつりのまちかと思った」というんで記念撮影。
この頃にはすっかり私の機嫌が直っている(笑)。

しかし、山道を進むとどんどん真っ暗に。
最近、5時半にはもう暗いんだね〜〜〜。
この道であっているかね〜〜〜。民家もなくなってしまったね〜〜と言いながら、母はひたすら峠道ドライブを堪能(えへへ。かなり楽しいワインディングでしたよ)。

6 :20pm頃、夜のキャンプ場に到着。
急な大雨になると困るので、犬とバンガロー泊できるところを急遽探して見つけたのが、この「中津川村キャンプ場」。素敵そうな源泉の温泉と「ペット 可」のこの言葉を頼りに電話してみる。

うちは、強烈なクパメル同伴なので、一般の「わんちゃん」たちが泊まってて小型犬で賑わっているようなキャンプ場には行けない(迷惑をかけてしまうので)。しかし、ペット不可のキャンプ場にも行けない。ものすごくピンポイントのニーズのおうちなので、キャンプ場探しは非常に難しい。

でも、その分、私とクパのニーズにあったキャンプ場を見極める能力は、バドの時代から訓練されてきた模様。
電話をすると、あっさり犬もOK。でも申し訳ないので「ケージを持って行ったら犬も中で寝ていいですか?」「いいですよー」と拍子抜けするほど温かなお返事。あとで聞くと、その女性は、ボーダーコリーの飼い主さんだった。
「でも今日は、台風でキャンセルがでたので、もうお風呂は沸かしませんけど、それでもいいですか?」
あら〜、温泉はなしかぁ。残念。でもそれでもいい、犬をバンガロー内に泊めてもらえるなら。
「じゃ、着いたら、電話ください。家から5分くらいなので行きます」と、おばさんは言う。
このゆる〜い感じがなんともいい。

てなわけで到着。
冬場だったら絶対無理そうな急斜面の坂道をおりて、河原にクルマを泊める。
そこからは吊り橋を通って、川向こうのキャンプ場に行くの。なんだか楽しい。

さー、とにかく食べるぞ。

スクリーンショット 2012-10-02 16.09.20
キノコの美味しい季節です〜

トールはシイタケ食べられないけど、私とマチュはばくばく食べまくる。
お肉は、東京から持参した。

スクリーンショット 2012-10-02 16.11.44

七厘も持って行ったけど、バンガローのすぐとなりに炊事場(しかも幸いなことにほかのお客様がいないから、貸し切り状態!)だから、ここでまず炭おこししたり、お鍋はこっちのかまどを使ったりと、いつになく効率よく順調に炊事ができた。

そうそう、あと、このキャンプ場で特筆すべきは、トイレがきれいっ! 
スギのいい香り。洋式。しかも、ハンディキャッパー用まで完備。元骨折女としてはなんだか嬉しい配慮。
虫もいない清潔なトイレなので、これなら虫嫌いの女性(だけどキャンプには行きたい人)(某ビーちゃんち。あなたのことです。笑)にオススメ!

あと、ついでに言うと、川は、淵もなく、子どもでも溺れる危険性がほぼないといってよい環境。
だから子供会の利用とかも多いんだろうね。納得。マチュも「今度、ボーイスカウトで来たいな」と言ってました。

スクリーンショット 2012-10-02 16.11.13

食後に、そこらじゅうに落ちている山栗を拾って、ゆで栗にしてみました。
小粒で、そんなに甘くないけど、野生の味で美味しい。
キャンプ場に人がいないと、鹿が食べているんだって。

スクリーンショット 2012-10-02 16.10.40

このでかいバッタさんは誰だっけ?

このあと、すぐそばの河原におりて、月夜のもと、ノーリードでクパメルを遊ばせた。
中秋の名月の1晩前の月。薄雲がかかっていたけど、月明かりでじゅうぶん歩ける。懐中電灯なくて平気。
写真はやめといたけど、月夜の川を大はしゃぎで走りまくるクパメル。すごーく楽しそう。
ああ、やっぱり来てよかった。
ついでに言うと、やっぱりキャンプに来ると、あれほど喧嘩していたマチュと私も、すっかり仲良しになってキノコを焼いたり、学校の話し聞いたりしてさ、親子の会話的にもいいんだよね。おうちだと、テレビや電気や雑誌や携帯があって、親となかなか対面しない。やることないと、協力して火をおこしたり、栗を拾ったり、バッタや蛾を見て驚嘆したりできる。

夜。クパは網ケージの中で、ごそごそして、案の定、寝付けなかったようだ。でもケージの中の安心感はあるらしく、以前ほど敏感に警戒吠えはしなかった。明け方に獣の鳴き声がしたときは、吠えたけど、それはしょうがないね。でもやはりほかのお客さんがいると気を遣うので、うちはなるべくひとけのない時期を狙おう。

そんでメルはいつもどおり爆睡らしく、バリケンの中で微動だにしない。1度、おならしたのみ(笑)。

朝。6時に村内放送のようなメロディーが流れる。
私はクパあやしをしていたので、ほんとはあんまり寝ていない。クパもほとんど寝てないはず。
マチュとメルはすっきりお目覚め。
トールは、床がベッドよりは硬いから安眠はしてないかな。でもこのバンガロー、柔らかいござが全面敷きだから、けっこう寝やすいと思うよ。そのかわり、犬の汚れた足だと汚しちゃうから、ケージはバンガロー扉に直結させた。

スクリーンショット 2012-10-02 16.21.39

さあ、明るい河原に行ってみよう!

スクリーンショット 2012-10-02 16.13.12
この吊り橋を渡って、キャンプ場に入りました。
クパは相変わらずの保護色です


スクリーンショット 2012-10-02 16.14.23

最初は水に入るのを少しためらっていたけど、

スクリーンショット 2012-10-02 16.15.18

全然平気なクパにーちゃん。さすがジャーポ。水陸両用。

スクリーンショット 2012-10-02 16.17.34

かっこいいね、クパっち。それでこそジャーポだ。

スクリーンショット 2012-10-02 16.17.02
“にーちゃん、置いていかないで〜〜”
岩ぎりぎりのところ(画面左)で、困るメル。水が嫌い(笑)


スクリーンショット 2012-10-02 16.18.01

ありゃりゃー。クパは対岸に渡ってしまった。
一度対岸まで行くことを学習すると、じゃんじゃん何度も行ってしまう。
でも、呼びがきくのが幸い。

スクリーンショット 2012-10-02 16.18.25

口笛を吹くと、じゃぶじゃぶと戻ってくる。意外と賢い。

スクリーンショット 2012-10-02 16.19.09

メルがふてくされるといけないので、じゃ、人間と歩こう。

スクリーンショット 2012-10-02 16.21.01

爆走したら、1度呼び寄せる。これの繰り返し。
でもクパも呼ばれて戻ってくるとき、すごくいい笑顔なんだな、これが。
呼び返してもらうことも、犬にとっては幸せなことなんだと思う。
つまり、犬だけが勝手に遊んでいるんじゃなくて、クパは飼い主と一緒に自然の中の散策を楽しんでいるんだ。

スクリーンショット 2012-10-02 16.22.19
自然の山栗。栗拾いもマチュにとってはいい経験

でも夜中にこの栗が何度もバンガローの屋根とかに落ちてくる。最初は「何の音!?」と、私も犬もびびったもんです。それでクパメル、警戒吠えするし(笑)。24時間、いつでも栗は落ちてくる。栗爆弾、頭に落ちたら痛そうだ。

スクリーンショット 2012-10-02 16.23.39

河原の横には小さい林もありました。
いろんな環境を走らせるのも、楽しいだろうし、いい刺激になる。

メルは、マチュと一緒なら川のそばにいるけど、
マチュがかまどの方にいたら、マチュのことが気になり、私の呼び声にすぐ反応しないときがある。
やはり、いちばんの親分は誰かは、犬が決めるようだ。

スクリーンショット 2012-10-02 16.24.58

クパは、私の声と口笛で好きなように動く。「GO!」と言えば、前へ前へ進んでいくし、口笛を吹けば飛んで帰ってくる。見えない場所からでも、対岸からでも戻ってくる。可愛い〜〜(←親バカ)。
でも、本来、こうでなくちゃいけないと思うんですよ。これが、犬と暮らす悦びというものです。

スクリーンショット 2012-10-02 16.25.48
いいね、クパの筋肉づくりにもなるね

スクリーンショット 2012-10-02 17.52.26

キャンプ場の中にたくさん鎮座している山栗の大木。
神様が宿っているみたいに、大きくて立派な木。
秩父は、大木が多い。自然林が多く残っている場所もあるね。
だから、シカやサルやイノシシやクマが生きていられるんだね。いいとこだ。

帰りにキャンプ場の人のいいおばさまと立ち話。
立派なマイタケもいただく。採れたて。
この辺の人は、マツタケよりマイタケが大事らしい。マイタケの生える場所は、家族にも内緒って言うんだって(笑)。
それから美味しいおそばのお店やいい温泉などの地元情報も教えてもらった。

おばさまは、8月にボーダーコリーを6歳の若さでガンで亡くしてしまったそう。それで、おととい、子犬のボーバーコリーちゃんが来たばかりなんだって♪ まだ名前もつけていないんだって。今度来るときは、ボーダーちゃんに会えるといいな。

スクリーンショット 2012-10-02 16.31.13

吊り橋のたもとに、鉄分の多い温泉が、ばんばん湧いていた。
ああ、いつかこの源泉、入りたいなぁ。

スクリーンショット 2012-10-02 16.30.39


吊り橋を渡って、世俗に戻りましょう。
さー、クーパー、今度は山に走りに行くよ!

続く。