クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
クリスマス歩け歩け会~恵比寿編~
2011年12月27日 (火) | 編集 |
みなさーん。クリスマスはいかがでしたか~。

27ブッシュドノエル

うちはトールがグラマシーニューヨークのビターチョコのブッシュドノエルを選んできた~。美味しかったよ~。辛口のシャンパンもナイスだったよ~。
家族揃って、クリスマスケーキが食べられるなら、十分幸せじゃないか。

27バカは風邪をひかない

今回風邪が長引いているマチュ。マチュは2年に1回くらいしか学校を休むような風邪はひかないのに、今回は続けて別のウィルスにやられたらしく、やや弱っている週が続いている。
パパに「バカは風邪をひかないっていうけど、よかったじゃん、バカじゃなくて」と言われて
「いえ~い。バカじゃなかった♪」と喜ぶマチュの図。
おめでたい、いい子に育っておる。

******************

というわけで、23日(祝)、3人ともの休みの都合がついた祝日。
シライシ家のクリスマス・イベントは……
泣く子も黙る、マチュも嫌がる(笑)、歩け歩け部~恵比寿のバカラを見ようツアー!!
クパメルと一緒に、恵比寿を目指すぞーーーー!
と、夕方5時に出発。風が強くて、超寒いけど、世の中はクリスマスでウキウキな夜よ。

山手通りを進む。

23遠足1

いつもクーパーがお世話になっているヤマサキ学園の校舎の前にいる犬の銅像と一緒にパチリ。
クパは子犬の頃、この銅像が本物の犬かと勘違いして、ピョーンとびっくりしたことがあります。
もう今では、ちゃんと嗅覚もきくようになったらしく、大人の落ち着きがでてきたせいか、もうびっくりしなくなりました。成長したらしい。

代官山を通過して、さあ、やっと恵比寿だーーー。
(片道だいたい1時間半か2時間弱くらい。途中マチュがどうしてもおなかがすいてローソンでからあげくんを買った休憩あり)

23えびす

恵比寿ガーデンプレイスは、幸せそうなカップルやファミリーでごったがえしていた。サンタさんの装いのたしかゴールデンさんとコッカーさんもいました。ああ、クリスマスやね~。

そしておめあてのバカラのシャンデリア!

23バカラ

世界最大級のシャンデリア。すんごく綺麗。
私はもうこの恵比寿のバカラ、何回、通っているんだろう。
去年は足を折ってて見てないけど……とにかく、辛いことがあった年は、このバカラのクリスマスが見たくなる。
そして、まだ生きている悦びが、幸せが、元気が、湧いてくるのだ。

23バカラ2
そして20数年、トールとまだ別れずに(笑)クリスマスを一緒に迎えられることに一応感謝しよう

そして、バドとタビィとパチと世代交代して、
私をこんなに幸せにしてくれる犬たちがいることに感謝しよう。

23クパメルえびす参上
そんなことより、寒いよ~~~~~~~~~っ! by  ご立腹メル

若いくせに、クパメルは軟弱で、本当に寒いらしい。ちょっと私とマチュが恵比寿三越のトイレを借りている間に待たせているだけでブルブル。少々怒り気味なくらい「寒い!!」と主張。はいはい、上着を着せてこなかったママが悪ぅございました。でも、若いくせに~~~っ。バドは同じスムースヘアでも若いときは全然もっとシャンとしてたぞ。

そういうわけで、外カフェに入ることはおろか、デパ地下でお買い物もできずに、すぐ撤収(涙)。
往復4時間10分、ノン休憩。

マチュは風邪ひきで寒がっていたため、帰りも付き合わすのはさすがに気の毒かなと思って、ハチ公バスを2路線乗り継いで帰宅させることに。ああ、犬もハチ公バスに乗れれば、もっといろんなとこに遠足に行けるんだけどねぇ。さ、犬ちゃんずと私とトールは、頑張って歩いて帰りましょう。

だけど、結果的に、おうち到着は、バス利用のマチュと10分くらいしか変わりませんでした。
表参道のイルミネーションとか、とにかく23日もそこらじゅう大渋滞だったからね。

<ルートメモ>
うち→山手通り→代官山経由恵比寿ガーデンプレイス(5.9km)→渋谷・道玄坂・東急百貨店裏経由(5.7km)→うち

----------------
本日の頑張り記録。
22,400歩。11.6キロ。
往復4時間10分の遠足
----------------

だいたい1万歩が5~8キロくらいで、時間にして犬と歩けば1時間半から2時間くらいみたいです。うちのペースだと。ときどきクパを引っ張らせないトレーニングも交えて歩いてますしね。

我ながらよく歩くなぁ、と思うけど、ハイキングや登山にでかけたら、4時間歩くくらい普通だもんね。
猟犬のクーパーにしたら、この倍を歩いたって平気なわけで。

もっともっと一緒に歩いて、クーパーとの絆を深めていきたい。
ワルワルメルちゃんともね。メルは夏場はどうせ活動できなくなるから、寒い時期にしっかり歩いておかねば。

イヴの夜に、金ちゃん車検完了!
2011年12月25日 (日) | 編集 |
25プジョー

イヴの夜、わが家の金ちゃん号の車検が終わったとの知らせを受けて、原工房さんにクルマを迎えに行きました。

そしたら、あ~ら、びっくり、サプライズで、犬友&プジョー友達のカイちゃんちがいた。
カイちゃん、メリークリスマス!

25クリスマス・会ちゃん

うちは車検のときは、行きは電車で来たから、犬はなし。寂しいわい。

うちの金ちゃん、まだ総走行距離は58,000km強だけど、9年目の車検。
なのに、税金合わせて16万円を切る車検代!(重量税や自賠責で8万円かかっているのに)。
なんて金ちゃん、健康優良児!!!!
親孝行だ~~~~(涙)。金ちゃんは、本当にえらい。206SWは、本当に故障知らず。メンテナンス代がかからない。ありがたいったらありゃしない。ラテン車が壊れやすいってのは、うちの金ちゃんに限っては、そんなのウソだね。日本車の車検代より、お金かかってないです。2年前もそう言ってたが。
主治医のプジョーの神様・原さんの腕がいいおかげもあると思う。

そして、車検のたびに、ピカピカにきれいにしてくれるSちゃん、ありがとう~~~(涙)。
日本一汚いプジョー乗りを許してくれたまえ。

ピカピカになった金ちゃんと、ちょっとクリスマス・ドライブ。
幻想的なスカイツリーを通過して、
お台場通って、ツリーを眺めて、
東京タワーのハートマークのクリスマス・イルミネーションを堪能。

25金ちゃん

金ちゃんもずっと長生きしてね。
私の大好きなSWのテール。
こんなカッコイイ、リアビューのクルマはそうそうないぞ。

25メリメリークリスマス

メリーメリークリスマス。
今年は、骨折リハビリあり、震災あり、バドの死あり、のいろいろツライことの多い1年だったけど、
来年はもっともっといいことが降ってきますように。

みなさまも、よりクリスマスを。


ささやかで、自堕落なシライシ家のクリスマスの朝の様子は、続きで(笑)。

歩け歩け部2回目~外苑イチョウ祭り編~
2011年12月24日 (土) | 編集 |
今日は、肩甲骨あたりが筋肉痛。
昨日もいっぱいおうちから歩いて遠足してきた。
が、その前に、12月4日(日)に、クパメルとトールと行った外苑イチョウ祭り→また青山ファーマーズマーケットコースの記録を。今さらですが、記録記録。

まずはおうちを出て代々木駅方面へ。すると、およよ、こんなおしゃれスポットがいつのまにかできてる! いつもクルマか自転車で通る道からほんの少しずれているから気がつかなかった!

代々木VILLAGEだって。神宮前や表参道にあるkurkkuと同じく小林武史氏のプロジェクトですな。代々木もだんだんおしゃれになるんじゃない~(笑)。美味しそうなパン屋さんがある。今度行こう。おしゃれすぎて、トイプードルちゃんを連れた素敵なカップルがいたため、クパが騒ぐと迷惑なので、ゆっくりするのは我慢する。

24代々木おしゃれスポット
おれは外にて待つ

さー、歩こう。千駄ヶ谷駅前を通過して、外苑へ。

24神宮球場

神宮球場の横を通って、

24イチョウ祭り
今までは、パチとタビィとバドと来てたのに(涙)。
世代交代を感じ、いまは亡き先代たちを思い出して、少し寂しくなったが、
ま、クパメルと新しい思い出をいっぱい作っていこう


イチョウ並木へ。

イチョウ祭りの会期中、最も今年イチョウの色づきがベストなタイミングがこの12月4日だった気がする。
それだけに、すんごい人出~~~。
社会化には好都合……ちゅーか、やりすぎ?
クパ、知恵熱が出そう。やりすぎもよくない。よけいパニック癖がつくと困る。

というわけで、イチョウ祭りは屋台で何も買い食いせず、飲まず(くすん)、そのままスルー。
ま、いいんです、クパメルと一緒に歩け歩けが今日の目的ですから。

だけど、このまま手ぶらで帰るのはシャクなので、また青山・国連大学前にファーマーズマーケットに寄って、野菜や果物やルバーブソースを買って帰った。

24青山ふぁーまーず
“ここは知ってる。前も来た気がする”という感じのクパメル。刺激が強い新しい場所&何度か来たことがあるちょっと安心感のある場所をまぜるルートにするのも、神経質な犬にはよい気がする

<ルートメモ>
うち→(3.4km)→イチョウ並木と246の交差点→(1.6km)→国連大学のファーマーズ・マーケット→千駄ヶ谷&お馬さん通り経由(4.0km)→うち

----------------
本日の頑張り記録。
17,233歩。9.0キロ。
----------------

前回は、トールのリュックに携帯(=万歩計)を入れていたせいか、今回の方が距離は長いのに、歩数は少ない。誤差があるけど、まぁ、気にせず。

2回目のご近所歩き部で気がついた素敵なことは。
1週間前に初めて歩いたときは、そのあと2日間、足がひどく筋肉痛だったのに、2回目には筋肉痛にならなかった! 少しは脂肪が筋肉に変わったということではないか。嬉しい。

このイチョウ祭りコースの翌週は、東京モーターショーで12,000歩くらい歩いたしな。よしよし。
継続は力なり、だ。来たるべく3月の再手術に向けて、少しでも足を強化したい。

24くったり

それになんといっても、遠足のあとは、犬ちゃんずが、くったりとよく眠る。
これがいちばん嬉しい。

ちらかしメル
2011年12月22日 (木) | 編集 |
入稿をしないといけないのに、うっかり有吉とマツコの「怒り新党」を見てしまい(ここんとこ最も好きなTVプログラムのひとつ♪)、遅くなってしまった。
今年の入稿は、これで最後。
年初にすぐある〆切分を、年内に書いておけばより理想的だけど、さ~て、果たして実行できるかどうか(苦笑)。

ちょっと今日、お片付けをして、洗濯したての絨毯を敷いて、うん、少しはきれいになったと思ったのも束の間、メルったら、オモチャバケツから、ご丁寧にひとつずつオモチャを出してきやがる。

22ちらかしメル

なぜ!? なぜ、ちらかす!?

オモチャがひとつも落ちていない整然とした床は落ち着かないのか。
実に困ったお嬢さんである。

22クパもオモチャ
“おれも、遊んじゃおうかな~っと”

今日から床暖房をつけたので、それも嬉しいらしい。
まめちゃんまで喜んで、駆け回っていた。猫のくせに単純というか、感情表現豊かというか(笑)。

銀座仕事
2011年12月20日 (火) | 編集 |
本日は、銀座おとな塾へ。
朝日のあたる、銀座のカルティエ。ビルごとクリスマス・ラッピング。素敵。

20銀座

今日のお話のお題は「ペットロス」。
今回は心を入れ替え(初めて会う方が複数来る予定だったこともあり、その方たちのニーズがわからなかったため)レジュメも作っていった。レジュメの原稿を書きながら、朝っぱらからさっそく涙する始末。
果たして、本番、お話し途中に泣き出すのではないか、仕事なのに大丈夫か、私。と少々心配になりつつ、銀座入り。

ケイティさん、お会いできて、嬉しかったです。可愛いシーズーさんち。
若いときから先天性の心疾患がありながらこんなに大事にされて、あんなに長生きして……幸せな犬がいるんだなぁと感じ、私も嬉しくなりました。そして体験談を聞く途中、うっかり涙がじわりとこみ上げてきました。
パスちゃんちも、今日のお話しはどうでしたか? お役に立ちそうですか。

仕事中だという気合いで、涙ボロボロにはならず、なんとか大人として乗り越えることができました。ふぅ。とはいえ、今でもバドやタビィやパチやたねちゃんとのお別れのシーンを思い出すと、やっぱりいくらでもすぐ泣ける状況になるもんだねぇ。ペットロスは、可愛がってた分だけ涙するものだというけれど、ほんとだね。それくらい大事な相手と人生をともにできたことに感謝しなきゃだね。

あ、銀座おとな塾の講座は、3月まで継続することになりました。
1月のお題は何にしようかな~。考えるのもまた楽しみです。
もしリクエストがあれば、お待ちしてますよ(笑)。


じゃ。昨日、マチュに「またブログに載せて!」と頼まれたマチュ作品2。

ストーブの前で、とろけるチーズのようになりかかって、ぽひゃ~~~としているメルの顔。

20マチュ作品2

マチュにとっては、メルは何年分のクリスマスプレゼントに匹敵するんだろう。
たぶんメルの寿命分、毎年サンタさんに感謝する存在だと思う。
そういう相手に巡り会えて、毎日ギューッと抱きしめて、毎日のように写真撮って騒いで可愛さを噛みしめて……犬と暮らすって、かけがえのない幸せ。毎日繰り返してるとありがたみを忘れそうになるけど、「となりにいてくれて当たり前」は、本当は当たり前じゃない。会えたことは奇跡に等しい。いま一緒の時間を過ごせていることはサンタさんがプレゼントしてくれたことくらいにラッキーなことなんだということを忘れないでいたい。

私の可愛いクパちんもね。
バドがいなくなった悲しみを
思い出すヒマも与えぬほど強烈な毎日を与えてくれているから、私は忙しくて、幸せなのよ。
クーパー、ありがとう。
だから、ハンズでセールしてた、不気味にリアルで可愛いオクトパスのオモチャをプレゼントしてあげる。
あ、クパは獣っぽいリスの方がお好みかな?
じゃ、ヒモ好きなメルにタコ(タコ足)の方をあげるね。

タコリス


ますます冬らしく寒くなってきたし、冬至間近で日は短いし、仕事は年末進行で気忙しいし、クリスマス直前で公私ともにバタバタしがちな時期ですが、みなさまも楽しいクリスマス・ホリディ&忘年会シーズンをお過ごしください♪

2011 東京モーターショーの思い出
2011年12月16日 (金) | 編集 |
やっとこさ新聞用の原稿を書き終えた。ふぅー。ただいま某獣医大学の教授に、原稿チェックを送ったところ。
毎月、新聞にペットコラムを書き続けて、もう3年半になるかな。
我ながら、よくもまぁ、ネタに尽きないと思う。
でも、ほんとまだまだ知りたいこといっぱいあるし、伝えたいことは次から次へと溢れてくる。
いつまでもこういう場が持てるように、頑張って発信して、誠意をもって原稿を書いていきたいと思う。

……と、本日の仕事がやっと終わったところで、
日曜日に行った東京モーターショーのリポートを。
今日は犬ブログじゃなくて、車ブログ(笑)。好きな方だけ読んでって~♪

16モーターショー1

ビッグサイトでのモーターショー。久しぶりねーーー。キャーーー、ワクワクするぅ。

ビッグサイトは、今年の2月、東京マラソンのパンキース(トールたちのお歌の会)の応援に来て以来。あのときは、両手松葉杖のかなりの重症患者で、ビッグサイトの階段の多さに泣いたもんでしたが、今ではこんなに元気に歩けてる(喜!)。だけどそれでも階段にはまだ要注意さ。

と、思ったら、階段の下にいきなりマックィーン号が!! きゃーーーー。実物大よぉ! 子どものように大興奮する私(←お馬鹿な40代)。マチュに「ママ、階段から落ちるよっ」と叱られる。

16-2まっくいーん

ああ、夢が溢れる。クルマって、子どものロマンがつまっているのよ(大人のロマンも)。

おっと、ついマックィーンに吸い寄せられちゃったけど、次はとにかく我らがプジョー・ブースへ!
なんてったって、今回、シライシ家3人に招待券を送ってくれたのは、犬友達兼車友達のHさん。プジョー・シトロエンの広報のために国内外を駆け回る、鼻ぺちゃラバーよ(マチュを鼻ぺちゃの世界に誘った張本人ともいう)。

16-33008.jpg

↑ 3008 ハイブリッド。うん、実物、なかなかかっこいい。写真で撮るよりかっこよかった。コックピットもスポーティでカッチョイイ。今回のモーターショーは、エコカーがないメーカーは出展できなかったそうです。だから、イタリアのメーカー(フェラーリ様とか)がいなかったのね。

16あーるしーぜっと

↑ RCZのエンジン。RCZは、外観も最高にしびれるが、エンジンを見るだけでもしびれる。マチュは「次はこれにしよーよ」と言う。「パパとバリケンが積めないじゃん」と言うと、「じゃ2台目」と、さらりとのたまった。ママだって欲しい。

16-4しとろえん

↑ シトロエンさん。このカラーリング、かっちょいいい。日本でもこういう遊び心あるボディカラーのクルマ、もっと公道走ってほしいもんです。

16-5みにかー

↑ これくらいカラフルなクルマがいっぱいいたら、元気がでそう。可愛いミニカーたち。
ちなみにこれは、これまた犬友達兼車友達のジョジョんちがお勤めの原工房さんが手作業で塗ったらしいぞ。素晴らしい。心躍るディスプレイ。

16-6とよた

↑ トヨタブース。ドラえもんとのび太(恐らく等身大)が飛んでいるのが見えますかー!
右下には、どこでもドアも!
それにしても、最終日の午後だったのに、すごい熱気だー!!

16-5どこでもどあ

↑ やっぱり並んでても通りたいよね、どこでもドア。
前日、前々日と発熱のために学校休んだくせに「絶対モーターショーには行く」と言って、譲らなかった娘。
マチュはマチュだけど、やっぱりカエルの子はカエルなのかもね。犬とクルマが大好き。女子なのにね~(犬もトイプードルとかキャバリアとかのラブリー系ではなく、ガツンとマッスル系好きだし)。

16-7るのー

↑ ルノーのキャプチャー。うひょーー。
タイヤ、薄っ。ドアの開け方、すんごいですな。うちの車庫では無理ですな(笑)。
業務連絡:ジョジョんちへ。キャプチャーのリアビュー、ほんと「うひょーーー」にしか見えなく思えてきた。爆笑。

ああ、もう人が多いし、時間はないし。駆け足する丈夫な足もないし。マチュはすぐきれいなコンパニオンのお姉さん目当てでスーッとステージ側に消えるし(なぜ女子のくせにコンパニオン狙いなのか不明)、トールは反対側のマツダのコンセプトカーが見たくてスーーーッといなくなるし。おいおい、おまえらーーー! 私だってもっと見たいのにーーーーーっ。マチュを迷子にさせるわけにはいかない母心。葛藤。あっちにはトラックコーナーもあるのにーーー! (私はパリダカなどのでかいトラックにもしびれます。またトラックの顔だけのやつにも萌えます)

16にんじゃー

↑ おっと、忍者だ!弟・Hに写メ、写メ!!
ちなみに、弟Hと私も、限定解除持ってます。Hは、カワサキ派。乗ってたのはニンジャ1300だったっけ?
私はホンダ派。VF400→CBR250→VFR750と乗ってました。ああ、懐かしや。
ついでにもう一人の弟Sは、いまは亡き2スト好き。スズキ派。ガンマ。峠の王者だったよね。ああ、懐かしい。あの音、あのニオイ。もういまは感じることはできないのね。(排ガス規制でもう2ストは製造禁止なんだっけ?)

バドたちと暮らすと、バイクには犬は乗せられないので、すっかりご無沙汰。まだ体はバイクの運転、覚えているのかな。あんなに頑張って限定解除とったのにな。ま、それも青春の思い出か。

16-7あうでぃのるまん

↑ アウディのル・マンにでた本物! キャーーキャーキャーーーーッ。なんてカッコイイの!!!

16-8びばんだむくん

↑ このビバンダム君も一緒にル・マンを走ったのねーーー。
レースタイヤのビバンダム君は大きいんだね。やっぱり庶民のビバンダム君とはちょっと違う(笑)。

16-9ぽるしぇ

↑ そして閉場時間5時ぎりぎりにポルシェ・ブースへ。やっぱポルシェ・ブースは寄っておかないと!
しぶーーーい!
私は、このクルマに釘付けになっているとき、あやうく迷子になるところでした。(トールとマチュは関心がなく、先先と進まれてしまったため)

そんで最後、閉場時間を過ぎたあと、またプジョー・ブースへ。ジョジョんちたちが、撤収にくるというんで顔を見に。Sちゃん、お疲れ様でーす。

最後にまとめ。
最終日の午後にのらりくらりと出かけたのに、とにかくすんごい人出でびっくりしましたよ。
まぁ、閉幕前の最後のフィナーレがあるため、そういうのを知っている観客やマスコミも多かったんだと思うけど。
日本は景気がよくないって言うけど、なんか、こう、出展側の自動車メーカーも、自動車好きの観客側にも、これだけパワーがあるなら、まだまだ日本も捨てたもんじゃない気がしました。
東北の自動車部品メーカーさんにもこれからもいっぱい頑張ってほしいです。日本の巧みの技は世界一だと思ってる。私とマチュは、ベアリングのメーカーさんのブースでもけっこう遊んでました。

クルマ好きというと、エコではないので叱られちゃうこともあるんだけど(笑)、
やっぱりクルマが大好き。なんでだろーね、このDNAは。
私にとってクルマは、未だに豊かさの象徴、ゆとりの象徴、そしていちばんは遊び心の象徴なのかもしれない(犬は、もう生活必需犬というか、生活に欠かせない相棒なので、クルマとはまた違う存在)。
とにかくニッポンのクルマ産業、頑張ってほしいな!

ほんとの最後に。

16-13あうでぃくま

アウディのフィナーレで、ステージ上の美しいお姉さんから、アウディくまちゃんを手渡しでプレゼントしてもらったマチュ。ちゃっかりしてんなーー(笑)。
発熱に負けず、ここまでやってきた甲斐がありましたね、マチュ。
アウディさん、ありがとう。

12月の銀座おとな塾~予告~
2011年12月14日 (水) | 編集 |
12月20日(火)、10:30~12:30、
銀座おとな塾の「ハッピードッグライフ教室」開講になりました。

業務連絡:さきっぽさん! 開講になったよーーーー!

もしかするとこの講座は、今回限りになるかもしれません。
いつか行ってみたいなと思ってくれた方、ぜひ遊びにきてください。

カリキュラムには12月分はないけど、今回は「ペットロス」をテーマにしたお話しにしようかな。
ラストにふさわしいでしょ(笑)。

よかったら、遊びに来てください。

私の最愛の相棒も、きっと私のすぐ隣にいてくれるでしょう。

14垂ればど

今日はタビィの誕生日
2011年12月13日 (火) | 編集 |
今日は、トールの最愛のタビィの誕生日。

20070723134922.jpg
2007年7月撮影。トールと代々木公園。12歳だったから、長距離歩く日は、アスファルト道路はパパチャリカゴに乗って移動、ふかふかの土の地面の上は自分の足でしっかりで歩かせるようにしてました

タビィは目張りばっちりで、性格も朗らかかつ堂々としてて、神経質とは真逆の優良な性格。
唯一の問題は、海辺で腐った魚や、山で干からびたでかいミミズに体をシュリシュリこすりつける癖(笑)。

流行る前のコーギーだけに、でかい顔、骨太、メスなのに丸太のようにしっかりした体格。一度は肥満細胞腫という悪性腫瘍(ガン)も寛解した強運さも持つ。昨今コーギーは、残念ながら流行犬種になった宿命か、目や神経系などの重篤な遺伝疾患が多くなってしまったけれど、タビィの時代はまだコーギーは全然珍しくて「ずいぶん太った足の短い柴犬だねぇ」と言われていた時代。健全な肉体と、健全な性格で、よい時代だったように思う(流行期も去り、これから日本も本物のファンシャーの手によって、健康で健全なコーギーを守り、育てていただきたいと切に願う)。

コーギーは、ほんとに、いい犬だ。

20061219010638.jpg
2006年12月撮影。バドとタビィとパチの3点セットの時代。コーギー黄金期

ひとり減り、ふたり減り……

20071204020605-1.jpg
2007年12月撮影。パチが空にあがり、バドとタビィの時代。まぁ、まめちゃんはいつもマイペースで存在

コーギーとの蜜月は、2008年9月に幕を閉じた。

2008年9月に他界したタビィ。享年13歳9か月。

昨日、12月12日のときから、「明日はタビィの誕生日だね」と私は朝いちでトールに話しかけ、
トールは昨日、会社でタビィのことを思い出して、うっすら涙したという。
タビィが死んで3年経っても、トールのペットロスは完全に払拭されていないようだ。
トールにとっては、人生最初の自分の犬。自分で選び、毎日散歩に行き、毎日ごはんを与え、毎日会社から戻ると「ぱぱーっ、おかえり!」と言ってくれた最愛の可愛い相棒。娘であり、恋人であり、親友のような存在だったに違いない。

だったら、3年経とうが、10年経とうが、タビィの誕生日くらいは泣いたって全然いいと思う。
それが、トールがタビィをとても愛していた証し。
タビィもトールを愛してくれて、いい絆をつないでいた証し。

あ、やっぱり私まで泣けてきちゃう。

20071027224724.jpg
2007年10月撮影。マチュにとっては、タビィは永遠のお姉ちゃん

タビィと一緒に過ごせた13年9か月を忘れずに、ずっと感謝して、シライシ家はこれからも生きていくんだ。

20070518144628.jpg
2007年5月撮影。肥満細胞腫(癌)を克服し、寛解のお墨付きをもらった人生10の指に入る、すごく嬉しかった日。麻布大学動物病院にて

犬と暮らしていれば、いつかお別れの日はやってくる。
だけど、それでもヒトはイヌと暮らす。太古の昔から。
タビィと暮らした日々に、後悔なんて感じるわけがない。
「死が、タビィとトールを分かつまで」存分に幸せな日々を過ごせばいい。

みんなも、いまそばにいる、自分の可愛い相棒を、存分に毎日可愛がってください。
人生に「あとで」はないんだよ。

ちびダイソンがやってきた
2011年12月12日 (月) | 編集 |
ちびダイソン

わが家には、マチュが生まれる頃に買った、でかダイソンがあり(当時は日本に導入されたばかり。たぶんいちばん日本での初期型)ずっと愛用してますが、先月、ちびダイソンも仲間入り~♪

トールは、でかダイソンよりも、ちびダイソンの方がお好き。
ちょこちょこと掃除できるのが好きみたい。
私は、でかダイソンで、一気にガーッの人だけどね。でも、たしかに「今日は掃除機かけなくちゃーーーっ」と一念発起しないとやらない。それに骨折女は、階段をでかダイソンするのは、まだコワイ(掃除機と一緒に落下しそう)。

犬がいると階段とか、毛が落ちるよね。とくにうちは2階がリビングだから。
階段掃除は、ちびダイソンあるとすごく便利。
あとは、まだやってないけど、クルマの掃除にも便利と思う。車内も毛だらけになるよね~。
吸引力は、ちびでもなかなか。ゴミパックなしも好き。
そうそう、バリケンにもぐって、掃除機かけられるのもグーでした。

犬飼育者にはオススメの家電♪ 本日は、家電芸人、いや家電飼い主よりリポートでした。
あああ~、大掃除はいつやるんだ~シライシ家!??(汗っ)

マチュ作品
2011年12月09日 (金) | 編集 |
でかっ!!!!
KC3X00740001.jpg

マチュは、この顔がたまらんらしいです。
自分で撮って、悶絶してます。

短頭種、なんで、こーも可愛いんだろうか。
実にファニーである。顔が平面のせいか、人間チック。

7ちゃんずやコーギーとはまた違う魅力のつまった犬種である。ふふ。

業務連絡:リキちゃんちへ。こないだの競技会の記事、昨日配信されました。日本全国のどこかの地方新聞で、リキちゃんとリキちゃんのお姉ちゃんRちゃんの写真がばっちりと掲載されます。撮影協力、誠にありがとうございました。
また、全国のボクサー・ファンシャー(&鼻ぺちゃファンシャー&バドブログ・ファンシャー♪)のみなさん!
もし自分の住んでいる地域の新聞で、ボクサーと女の子の写真の載った、いかにもばど吉が書いた風の新聞記事を発見したら、ご一報くださると嬉しいです。よろしくね~。

私の意見
2011年12月07日 (水) | 編集 |
うきゃーーー。
今日は、某インテリア雑誌の犬コラムの企画だしをして、できれば毎月の新聞コラムの原稿を書いて、そんでマチュの学校へ三者面談に行くつもりだったのに。

三者面談には言ったけど、仕事は進まず。
結局、本日〆切のパブリックコメントに時間を使ってしまったーーーーーっ。
けっこう時間がかかるもんですね。

でも、これも私の大事なライフワーク。
仕事は明日以降頑張ろう(笑)。

僭越ながら、私のパブコメは、「続き」で。

みんなもパブコメした?
12月7日は今日の夜の12時まで。

間に合うから、やってみて!

ほぼ日のページも素晴らしくわかりやすかったのでリンクしておきます。

それと時間のない人はこちら。
パブコメは選挙じゃないから、票数は関係ないと環境省の人に言われたけど、それはごもっともだけどさ、少なくとも「こんなにみんなが注目してる!」というアクションにはなると思います!

2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可

ふぅ。
ニッポンの犬猫および産業動物、家畜、野生動物含め、みんなの生命の尊厳が少しでも認められる社会になりますよう!

7ファイト!
クパ) ままが今日はまじめだ(仕事はしないまま夜になったけど)
メル) これも闘いなのよ~~っ、女はいつも闘うのよ~~~~~っ(メスのくせにマウンティングしないでちょうだい)


尊敬する動物行動学者のシンポジウムに行き、感激
2011年12月05日 (月) | 編集 |
土曜日は、渋谷区松濤の動物専門学校で開かれたシンポジウムに行ってきました。
私が、ライターになった頃から尊敬するアメリカ、カリフォルニア大学デイビス校の名誉教授の、ベンジャミン・ハート先生と、同じくカリフォルニア大学デイビス校の動物介在センター所長のリネット・ハート先生のお話しを、直接聞けるチャンスがやってくるなんて! 
もう私は前日からワクワクドキドキしてました。

5シンポジウム

そして期待どおりの素晴らしい講演でした。
また、片言英語で、ベンジャミン博士に挨拶をすることもでき、感無量。

犬の行動学、犬種や性差によるライフスタイルにマッチする犬選びなど、ベンジャミン先生のお話しはまさに私の原点。
そして、リネット先生による、動物介在療法や、人と動物の関係に関する研究結果は実に興味深かったです。

5ハート氏

今回、初めて、マチュもこうした勉強会に連れていきました。
中学1年生には、大学生以上が集う会はまだ無理かな、4時間も講義に耐えられるかな、と少し心配していましたが、私の大大大好きなアメリカの動物行動学者のお話しを聞けるこんなチャンスはめったにないからマチュも誘いました。
でも、親の想像以上に、しっかり聴講していました。マチュ、なかなかやるな。
メモもびっしりとっていました。これはママの真似だそうです(笑)。よろしい、それでこそライターの娘。

5まちゅまじめ

こんな子どもでも、こんなチャンスを与えてもらい、とても感謝します。
また、こんな子どものときから、こんな勉強をしていれば、日本における犬への理解は少しは進むのではないかと思います。

マチュは、帰宅後、いつもより長くメルの散歩に行っていました(笑)。

M先生、このシンポジウムを教えてくれて、ありがとうございました!

追伸:この会で、チワワのマイちゃんママにも会えました。久しぶりだったのでこれまた嬉しかったです。マイママは、マチュがずいぶんとでっかくなってて、びっくりしてました。マイちゃんにも近いうちに会いたいな。

12月はイベントが目白押し
2011年12月01日 (木) | 編集 |
12月になりましたー。
いよいよ寒さも本格化しそう。やだなー、「タフなイリエワニ」としては、寒いの嫌い(笑)(みんな~、絶滅の危機に瀕する動物データもちゃんと読んでね!)。

クリスマスnsビル
先週土曜に、お仕事で仲良しになった女子5人会を近所のNSビルのイタリアンで開催。みんなに久しぶりに会えて、とっても楽しかったです。このツリー、大きさわかりにくいけど、ツリー左下に人間2人が歩いているから比較してみてね

東京モーターショー2011も始まりました。別件仕事があるので、プレスデーに行けないのが残念(プレスデーはそんなに混んでないから、より楽しいのだが)。12月11日までかぁ、行きたいぞー! いちばん見たいのは、プジョー3008ハイブリッド4! ディーゼルとEVのハイブリッド、かなり期待。まぁ、エクステリアは206に比べて、私の好みとはちょっと違うけど……これからはエコを考えないとねー。

それから近場では、犬ちゃんずも楽しめる外苑イチョウ祭りも始まってます。こちらも12月11日まで。家族揃って行くなら、モーターショーと日にちが重なり、行く日が足りないっ。でも行きたいぞーーー。


それから、ついついアナウンスが後回しになっていた(しっかり書こうと思っているとついつい後回しに。涙)この大事な環境省のパブリックコメントも忘れちゃならないっ!!!!

「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について

前回8月26日に私もブログで紹介したものの続きです。
あのときのみんなのパブコメを受けて、検討され、打ち出されたものがでてきました。
私の知っている先生方もご尽力なさっておられます。
内側から頑張っている方も確実にいます。
それを後押しするのは、世論(ひとりひとりは小さな声でもまとまれば大きな世論!)の声だと私は信じてます。

こちらのブログでも素晴らしくわかりやすくまとまってます。ご参考ください(他力本願お許しください)。

みんなでまとまれば、ムーブメントは起こせる!


では最後に、お恥ずかしながら、私が9月に書いて、10月に全国に配信された新聞記事のコラム原稿を、「続き」に載せます。お時間あったらご一読ください。このコラムの文末にある「9月末には委員会で実験動物や動物虐待について議論され、秋の終わり頃に再度パブリックコメントが募集される。それらを経て12月末に委員会から最終報告が出される予定だ。報告などを踏まえ法改正が必要ということになれば、来年国会に改正案が提出される流れとなる」に注目。今回のパブコメ=私が9月に書いた「秋の終わり頃に再度パブリックコメント」のことです。そして今回のパブコメのみんなの意見を経て、「12月末に委員会から最終報告が出される予定だ」と、環境省の担当さんが仰っていたのを、私はしっかり自分の耳で聞いてきました。

世の中を変革するのは、大変だ。
たしかに壁も障害も反対意見もあるけれど、
声をあげていかないことには何事も変わらない!

ダメでもともと(かもしれなくても)、たたかい続けましょう。
犬の権利も、自然保護(野生生物や生態系の保護)も、私は、ある意味、同じたたかいだと思ってます。
人間や経済活動は、いろんな動物に迷惑をかけて、自分たちの利益や欲望のために利用しているけど、
人間は、たぶんそこまで悪人じゃないと、私はまだ思ってます。諦めていません。諦めません!

パブコメの〆切は1週間後の、12月7日(水)! みんなも忘れずにアクションしてね!