昼寝をしたり、お散歩したり

毎日暑いですねぇ。
私は昨夜、首まわりに寝汗をかき(今年初めてエアコン除湿で寝たのに)、寝苦しくって、安眠できず。
これって更年期障害スタート!?と焦っております。
ストレスでも、のぼせとか寝汗はあると今日仕事場の友人に言われたけど、どうなんでしょーねー。
ばど吉よりも先輩な女子のみなさん、更年期対策のアドバイスがあったら教えてね~(笑)。

そんでもって今日、午後、うっかり、バドを観察しながら犬部屋で不覚にも昼寝をしてしまった私。
そしたらいつのまにかバドが私の足元に移動して、寝てました。
か、かわいい。何歳になっても、こういう甘ったれなとこがたまらんです。
じーちゃんなりに私のそばに来たかったのかな?(それとも畳チックなマットがひんやり心地よかったのか?)

30バドと昼寝

そのあと、5時すぎに西日の中、お散歩。
今日はザーッと通り雨があったから、昨日よりは気温が下がり、少しはしのぎやすい。湿度は相変わらずかなり高いけどね。まだまだ5時くらいは暑いんだけど、バド爺は、膀胱のバルブが壊れているから、夜まで待てないの。
やはりこういうとき、室内でトイレができるといいな、と思う。この蒸し暑い中歩かせると、また失神しかねない。また倒れやしないか、毎回ドキドキだよ。

30夕方の散歩

だけど、じーちゃん、まだちゃんと自分の足で歩いてます。
公園でいつも会う、ポッキーちゃん(イングリッシュ・コッカースパニエル)のパパは外人さんで、欧米の人らしく犬への知識の深い方なのですが「(バドは)まだ自分で歩けているから立派。まだ大丈夫だよ。うちの先代のコッカーも最後はトイレがオムツで大変だったけど、老犬はみんなそうだよ。よく頑張ってるね」とエールを送ってくれた。

毎日毎日が大事。だけど、バドはフツーに頑張ってます。


ついでに、可愛いつづきを。

じーちゃんと一緒に

28じーちゃんと一緒

みなさま、ご心配をおかけしております。
コメントや直接メールや電話をくれたバド・サポーターのみなさん、本当にありがとう。

バドは今日も生きてますよ。
でも夕方、まだ暑い4時前にオシッコを垂らしつつ散歩に行きたがったから、日陰を探して少し散歩に行ったら、帰宅するなり玄関で足拭き中に崩れ落ちそうになり、焦りました。
エアコンの部屋に抱きかかえて移動、扇風機を当てて、保冷剤で大腿部冷やして、牛乳少し飲ませて(水は飲まなかったんだもん。じーちゃん、意外とわかってる。笑。爺は牛乳飲んでも下痢しないから、とりあえず水分補給ね)……そしたら落ち着きました。

日曜日の夜、獣医さんのお友達K先生が寄ってくれたので、大腿での脈の取り方を教わりました。バドはすんごく不整脈なんだなー、というのが素人にもよくわかりました。少しショック。老犬は不整脈、普通なのかもしれないけど。

それと今日の散歩後に具合が悪くなりかけたから、いま、急いでトールに会社帰りに登山用品店に売っている携帯用酸素を買いに行ってもらってます。これもK先生からのアドバイス。これからの季節、心疾患でも脳貧血起こすだろうし、熱中症でも酸欠になりそうだから、とにかく酸素は用意しておかなくちゃと思って。

可愛い平和な寝姿を見ているだけで、幸せな気持ちになりつつも、切なくなったりします。
じーちゃんと一緒に、3頭セットでいられるのは、いつまでだろう……。


クパも日曜から、なんかおかしいの。しおらしい。おとなしい。
散歩はチャリでガンガン走るし、ごはんもよく食べてるけど、それ以外の時間はなんとなく不安げな顔してる。
そんで今日はなぜかひとりだけ下痢。同じもの食べて爺と1歳児がおなか壊してないのに、なぜクパだけが下痢する?
クパやバドなどの7ちゃんずは顔に似合わず、繊細で敏感。
もしかしてバドの体調不良を察しているのだろうか。
そう考えるのは非科学的だが、でも飼い主の不安や緊張を読み取る能力はあるから、私の不安感を察知して、クパまで不安に同調している可能性はある。

28クパも

可愛い里芋、チョコチップのクパっち。
君はしっかりしてくれ。
いま私はバドで手一杯だからさ。

ちなみにメルは、まったくもってフツーに元気です。
あじぃい、あじぃいと、ハアハア熱気を放ちつつ、すり寄ってくるので暑いです。

バド、失神

土曜日の午後。編集仲良しのKもとさんが遊びに来て、昼飲み。タカシマヤの肉屋のおばちゃんにならった塩豚の煮豚が上手にできた。Kもとさんとはいくら喋ってもいつも時間が全然足りない(笑)。犬の話、仕事の話、骨折の話……と話題は多岐にわたる。
さらに夕方前に、ルナママがいきなりピンポン(笑)。またもやサンタクロースさんのようにバドのために生馬肉のでかい袋をぶらさげて登場してくれた。なのに、そのまま帰るというから携帯に電話して呼び戻した。ルナも連れているっていうんじゃない、寄っていきなよー。
クパはルナ姐さんがきて大喜び! すでに宴たけなわの私は写真を撮るのを忘れて残念無念。
みんなで煮豚やケーキを食べました。

しかし。その夜。


バドが寝る前の深夜散歩で、失神した。
トールがいつもどおりに散歩に行っていたので、現場に私はいなかった。

バドはいつもどおりにぷらぷら近所を歩いていたら、いきなりキューとまるでお尻を舐めるような体勢に縮こまり、次にガタガタと痙攣し、カッと目を見開いて倒れ、泡を吹いて意識を失ったそうだ。

トールは携帯電話も持って出ていなかった。こんなことが起きると思ってないからね。
私に連絡ができず、かといって家まで走れば1分もしない場所だけど、西参道に泡を吹いた老犬を残していくわけにもいかず、きっとトールもかなり狼狽したはず。
「バドがもうこのまま死ぬと思った。花絵に合わす顔がないと思った」、そうだ。
(それはトールのせいじゃないんだけど。そう焦る気持ちはわかる)

でも幸い、バドはまだ心停止せず、意識が戻ったので、
トールはバドを抱きかかえて、家に帰ってきた。
私は報告を聞いても、あまりに急なことだったので、けっこうキョトンとしていたと思う。
現実をすぐに飲み込めなかった。

でも8年くらい前、うちの黒猫の先代のたねちゃんが急死したときも、体がキューッと突っ張ったのを覚えている。心臓に違いない。バドはてんかんの既往症はないし、親族にもいない。それに数分で意識が回復しているあたり、恐らく脳に酸素が廻らず倒れたのではないか(まぁ、獣医師の診断はないので素人考えだが)。

27バド失神

帰宅後、1階のベッドに寝かしたが、挙動がおかしい。
まるで、昔、タビィが熱中症になったときの行動に似ている。目の焦点が定まらず、しんどいはずなのに意味不明な行動をしようとする。

27外へ行きたがる

意地でも立ち上がり(立ち上がれるだけ立派だが)、外へ行こうとする。
やめなよ、なんで外へ行きたいの?
ああ、バドが3~4歳のとき、胃捻転で三途の川を渡りかけたときも、あんたは意識朦朧としながら外へ出ようとした。遠くへ、外で死のうとしているの? やめてよ、家にいなよ。

だけどベッドに寝かせてもまた行こうとする。そんなに外に行きたいの? よけいな体力は使わせたくないけど、それがバドの望みなら。

でも玄関をでて、数メートル歩いたら、玄関前を2周して、また家に入ろうとした。
こういう挙動不審さは、やはりタビィの熱中症のときと似ている。脳が酸欠で朦朧としているのではないか。

そんで2階にあがりたいというから、クパたちのいるリビングへ抱っこして上がる。
今日はもう私は2階で寝よう。

27キャンプマット準備

バドベッドの横にキャンプくるくる銀色マットを敷く。
そしてマチュのDSで、失神や脳貧血やてんかんを検索してみる。

土曜は疲れることしてないし、涼しかったのに、なぜ??
でも3日前くらいに急に東京は蒸し暑くなったから、そのときの疲れが今頃でるのか、あるいは気温変化がきついのか。
いずれにしても、バドの心臓は、ギリギリのところで生きているんだということが身に染みた。

27まだ死ぬなよ

バド。できたら、まだ死なないで。


あれから、発作は起きてはおらず、いつもどおり一応自分の足で歩いて散歩に行き、食べてる。でも今朝は少しフードを残していたけど。

ルナママがあんなにバドによくしてくれるけど、
ごめんね、バドはもう17歳のお誕生日は無理そうです。
この夏、この1日1日、いつ死んでもおかしくない心臓のような気がします。

最近調子がまたフツーに戻っていたから、先週金曜に8月のキャンプ場の予約を入れたのに。
バド、高原は涼しくって湿度も低いんだって。一緒に行こうよ。
行けるかな、バド。

泣けてくる。

心疾患の犬は(なぜかドーベルマンを除き、と書いてあったが)
どんどん痩せてくるそうだ。
バドは、この週末でますます痩せた気がする。

日本の蒸し暑い夏が憎らしい。
バド部屋は今日も除湿で快適だけど、外を歩かないと筋肉がなくなる。寝たきりになればきっと食べなくもなるだろう。

バド。頑張れ、って言っちゃいけないんだろうけど、
私はバドとお別れするのは、いやです。やっぱりわかっているけど、納得できそうにありません。

こすずめちゃん

最近、家の前の電柱の上が、ちゅんちゅんと賑やかだな~と思ってはいた。
今年もヒナの孵る季節がきたのね。毎年、微笑ましくなる。
たぶんヒナがおかあさんを呼ぶ声なのかなぁ、けっこうちゅんちゅん可愛い声がずっと聞こえる。

そんで昨日帰宅したら、ありゃ、こすずめちゃんがうちの植木鉢にとまってる。

23子スズメちゃん

全然、逃げない。
小さいし、羽根もまだケボケボだ。今年卵から孵ったヒナちゃんで、まだ空を飛ぶ練習中なんだろう。
全然、逃げない。というか上手に飛んで逃げられないから、とりあえずじっとしているんだと思う。

あのー、私、そこに自転車駐めたいんだけど、だめですか? びっくりしちゃいますよね。

しばらく観察していたら、お向かいさんが帰宅してきて、「あら~、ほんとだ、可愛いね」と、みんなで携帯で撮影大会。それでも逃げない(笑)。

そしたらおかあさんすずめが、電柱の上からじっとこっちを見ている。
おかあさん的には、こすずめがこのピンチをどう切り抜けられるか、ハラハラしていることだろう。

あんまり観察していたら可哀想なので、結局、私はいつもと違う場所に自転車を駐めて、おうちに入りました。

猫やカラスに捕まらないうちに、早く飛ぶ練習をするんだよ。

初夏は野鳥が生まれ、巣立つ時期。
都会でもこうして野生生物がちゃんと生きているのが嬉しい。わが家も生態系の一部なのかな(笑)。
あ、ちなみにわが家の山椒のいもちゃんは産まれてはいなくなり、また新しい黄色い卵が山椒に産み付けられるの繰り返し。
あ、まさか、いもちゃん、電柱上にすむスズメ一家のごはんになっていたりして。あちゃー。
ま、それも自然のシステムだ。スズメもいもちゃんも頑張って生き残るんだよ。

週末とおとな塾課外授業レポート

今日は暑いですなぁ、私の携帯・カシオのG'z Oneは万歩計だけでなく、温度計もついているのですが、ただいまこの3階パソコン部屋は33.9℃! 窓開けているし、扇風機まわしているのにこの暑さ! 犬にはつらい季節の到来ですなぁ。ただし、犬ちゃんず部屋(=リビング)は今朝からエアコン稼働中。2階は快適空間。バドのためには、私は我慢。節電しなくちゃね。

*******************************************

さてこの週末もあっちこっち行きました。
土曜日は、昼間私は出稼ぎに行き、帰宅後ダッシュで正装に着替えて、グランドプリンスホテル高輪へ。

22せこパーティ

パンキース主宰者兼有名アスリート兼マチュの保育園友達のご夫婦の、結婚25周年(正確には26周年)銀婚式のお祝いの席が設けられた。さすが世界のSさん。やることが違う。司会は某国営放送出身のフリーアナウンサー&現在の国営放送のメインキャスター。贅沢。しかもやはり日本有数のニュースの顔だけあってトークが上手い。第一線のプロは違うなぁ。そしてお客様にもオリンピアのみなさんがずらり。柔道、レスリング、バトミントン、ビーチバレー、そしてマラソンと、テレビで見たことのある顔ぶれ。やっぱりメダリスト級のアスリートは、凡人と体型が違うなぁ(笑)。
銀婚式、おめでとうございます!
ちなみに調べると、うちは象牙婚式らしいですぞ、トールさん。いつでもお祝いを受け付けます(笑)。みなさんは何婚式でしょう?

*******************************************

そんで日曜日は、マチュの陸上部デビュー戦の応援へ!

22どこへいくのでしょう?
“今日はどこへ行くの~? お山じゃない予感。海のにおいだ"

夢の島競技場に行ってきました。
私は、6年間テニス部だったから、試合はテニスコートばかり。それなりに駆けっこは学年でも速い方だったけど、こういう立派なトラックで走ったことはない。人間の娘がいると、これまた新しいジャンルの世界が広がって興味深い。

22マチュ大会

マチュは100M走に出場!
タイムは14.92秒でした。1年生女子の出場者(116名)中、60位。
もっと練習して頑張れよ~。
でもタイムよりも大事なことは、中学生のときはとにかく体育会系で心と体を鍛えること。そして先輩後輩との人間関係をうまくやっていくこと。これからも頑張ってくれたまえ。

そんでマチュの競技(たった15秒間)を見終わったら、親の任務はもう終了。
というわけで、マチュがはけるのを待つ間、となりの公園をお散歩しました。

22夢の島散歩

クーパーはマテができるけど、
じーちゃんもメル坊も勝手気ままで困ります(苦笑)。

22夢の島散歩2

まぁねぇ、目の前に広大に広がる芝生のトラック級の広場ですからね。クパもメルも、野放ししてくれることを待ち望んで興奮が止まらない。うん、その気持ちは分かるよ。
しかし、ルールだから、ここで放すわけにはいかんのだよ。我慢してくれ。

22野放し希望

↑ 放してくれないから、メルはクパにいちゃんに八つ当たり(爆)。

*******************************************

そして昨日は、銀座おとな塾の野外授業で代々木公園へ。
生徒さんに、バド爺に会ってもらいました。
16歳7か月のバドを見れば、一生の最期まで面倒をみる嬉しさ、切なさ、尊さがいちばんよくわかってもらえるのではないかと。
バドはいまなお私の最高の仕事の相棒を務めてくれるの。ありがとね、バド。
メルも連れていったよ。
クパは、落ち着いて2時間管理できないと思ったから、クパだけはトール同伴でチャリで顔出し参加(トールさん、会社を休んでくれた)。

生徒さんはみな、バドを愛おしそうに撫でてくれた。
そういうふうに(他人の犬なのに)老犬を大事にしてくれる人は、絶対にいい飼い主さんだ。と思う。自分の犬だけでなく、犬全体に愛のある人。

ゴールデンさんちはママが「区内限定ドライバー」(笑)ということなので、犬は不参加。パスちゃんにいつか会いたいわ。
そして可愛いパグちゃんずは初めて会えました

22ぽうちゃん
フォーンのぽうちゃん。11歳のオス。しっぽが表現豊かですんごく可愛いの

22たまごちゃん
黒パグのたまごちゃん。5歳かな。小ぶりのキュートなメス。ブリーダー不要犬(すごい言葉ですね。涙)を引き取ったそう

パグLOVEな飼い主さんちに来てよかったね、たまごちゃん。
飼い主さんに聞くと「パグを飼い出すと、もう次もパグしか考えられないな~」だって(笑)。
パグ・ファンシャーはそういう人、多い。きっと一緒に暮らしてみると、この代々木公園での2時間じゃわかんないパグ・ジャンキーになっちゃう魅力が詰まっているんだと思います。ま、ほかの犬種も同じだと思うけどね。

22短頭種

“短頭種は、かわいいにきまってるのよ"  byメル。こいつは、世界は自分を中心に廻っていると信じてる(爆)。

売れてるかな~

今週はWワークを通り越し、トリプルワークの日もあったりして、生きている悦びを感じつつ、でも今日はついに風邪気味。いかん、明日以降もいろいろ盛り沢山だから風邪なんてひいている場合じゃない。気合いだー、ダーッ。

昨夜、編集者やってるお友達から写メールが来たよ♪

17富士丸のとなり

「隊長!本日夜のジュンク堂新宿店であります!
 富士丸の隣です。
 このとき三冊。私が買ったからあと二冊」

ああ、富士丸さんの隣だなんて、バド、光栄だね。嬉しいね。
新宿は、紀伊國屋本店・南店だけでなく、ジュンク堂も置いてくださってるのね。嬉しい。

でも渋谷とか、ほかではちゃんと売っているのかしら。
あ、アマゾンはちゃくちゃく売れているみたい。みなさんのおかげですぅ。ありがとー(涙)。
アマゾンで買った方、カスタマーレビューを入れてくれると嬉しいわーーー。
楽天で買ったじぇにんちは、楽天でレビューを書くように!(爆)
セブンの人はいる? クチコんでね~(へー、「クチコむ」という言葉がいまはあるんですねー)


こないだの日曜は、ビーちゃんちがご夫婦そろって、シャンパンと赤ワインと私の大好物・豚肉のリエットなどを持って「夢の印税生活にカンパ~イ♪」とお祝いしてくれました。(ベストセラー作家じゃないからそういうことは別世界の話しなんですよ。ガハハ) だけど友人に祝ってもらえるのは嬉しいものです。

14仲良しらしい

ビーちゃん、お祝いしてくれてありがとう。よく見ると、クパのチョコチップ柄の背中に足をのっけてますね(笑)。
クパは正しいオスに成長しているようで、メスのビーちゃんには実に紳士的です。ま、裏を返せば、正しいオスに成長すればするほど、同サイズのオス犬に対してテリトリー意識やライバル意識が強化されている可能性が高まるってことだから、対オス犬と接近するときは今後は注意が必要だなと思う。

14プロレス

実に仲良し、な2頭である。
ハグハグ、プロレスばっかり。犬のじゃれる姿はいつ見ても可愛い。リエットと並ぶ最高の酒のツマミ。

14ビーちゃん

やったり、やられたり。いいバランスだね。同体格、似たような遊び好きの性格の幼なじみ犬がご近所にいて、ほんとクパよかったね。

ついでに言うと、メルは後輩のくせに、ま、犬には年齢によって年上に敬意を払うつもりなんざーないから(子犬や老犬に対しての手加減はあるでしょうが)、ビーちゃんとオンナの闘い勃発。メルも幸か不幸か正しい気丈なメスに成長中(苦笑)。だからメルとビーちゃんは交代でバリケン休憩をしておりました。

14お祝い

もっともっといっぱいの人に読んでもらえると嬉しいな~。
みんな、そろそろ読み終わったら、ぜひ感想を聞かせてね!

イヌブログ(バドブログではなく、誰か別の人のブログかな?)を見て、この本を知り、読んでくれたという「イヌすきこ」さん、ありがとうございます! 「もし、読んでからだとー犬を飼うって大変なんだ~やっぱやめとこうとなったかも( ´ ▽ ` )」 そんなぁ!(笑) 本当に好きな人なら、これ読んで気合いを入れて、イヌを迎えてくれると信じてます。犬4頭も相棒がいるならきっとわかってくださると思うけど!

犬を愛するのも気合い、風邪に負けないのも気合い(笑)。
体調を崩しやすい季節ですが、みなさまも愛犬ちゃんずもおからだご自愛くださいね~。カビにも気をつけようね~。
(バド爺は、いたってフツーに過ごしておりますよー。大丈夫です。私のチタンプレート入りの骨折左足の方がどうもこの湿気でジクジク痛むような気がいたしておりますが、これも気合いで「気のせいに違いない」と無視してまっす)


業務連絡:ブログで『うちの犬』を紹介してくださってるみなさん、ありがとね~♪
これからもびしばし口コミ宣伝、よろしくお願いいたします。
あ! カイパパ、まだチラシ送ってなかった。ごめん! ああ、やっぱりいろんなことが忘却の彼方に行っている可能性高し(汗っ)

働く女

足もじょじょに回復し、一見すると普通の人間になってきた。
ようやく私らしくバタバタガサガサと活動開始。

足がまだ腫れている頃から(笑)、お手伝いさせてもらった本も完成しましたよ。

14ホットスポット

NHKスペシャルホットスポット 最後の楽園
定価 3,675円 (本体3,500円)  / 2011年6月10日 発売  /  NHK 出版

福山雅治氏がナビゲートしている、映像の美しいスペシャル番組が1冊にまとまりました。
私は、野生動物の絶滅&復活コラムを担当させてもらいました。
古巣のWWF Japanの友人たちにもずいぶん助けてもらいました。どうもありがとう!
そして、骨折中の私に仕事を与えてくれた編集のMさん&Yさん、どうもありがとうございました。
久しぶりに自然保護、野生動物の原稿が書けて、とても充実した仕事だった。
写真もすごくきれいな本です。
先週6/10(金)から発売されています。私の本よりもはるかにいっぱい本屋さんに陳列されていると思うので(笑)、大丈夫、きっとあるはず。本屋さんに寄ったらお手にとって見てくださいませ。

-----------------------------------------------

それと先日6/2、ちょっくらブログでも告知した夕刊フジの記事。
ちゃんとコンビニで売ってました(笑)。

14フジの記事

取材されるのは何度か経験しても恥ずかしいけど、自分では思いつかない言葉で誉めて(笑)もらえたので嬉しい。
いまはサイトでもアップされています。こちらを読んでみてください。
しばらくするとこの記事はサイト上から消えちゃうらしいので下の「つづきを読む」にコピペしたものをつけておきます。私の記念に(笑)。

銀座おとな塾の「ハッピー・ドッグライフ講座」6月分は、来週6月21日(火)です。今回は、課外授業の予定!
私がすでに飼い主と愛犬の素性をわかっている方は、課外授業だけど初参加でもOK!(もちろん単発参加のコーギーのルナさんちとかも歓迎。笑)
それに『うちの犬』を買ってくれて、今回からどうしても参加したい!という人も特別にOKにすることになってます。どうか他人の犬も愛せるみなさん、よその犬も自分の犬も犬なら誰でも好き♪という犬全体への深い愛情のある方、そして「なかなか犬友達ができないから、そういうコミュニティーにちょっと参加してみたい」「犬好きといろんな情報交換したい」という方、ぜひ遊びに来てくださいね。お問い合わせは銀座おとな塾まで。
雨が降ったら、課外授業は延期~。いつもの銀座のビルでやります。
いまのとこ、予報は曇り。降水確率は40%。延期になっても7~9月は暑いから課外授業のタイミングって難しいわ~~~。ま、代々木公園はそれでも木があるから、なんとかなるかもしれないけどね。

------------------------------------------

そんでもって今週は、私にとってはものすごいハイテクマシンである「タブレット」とやらを使った仕事もある。マチュのDSすら使い方のわからん私に、タブレットで手書き入力をしろ、なんて、もうほんとーに苦行。でもお仕事をいただいた以上は、頑張らないと(涙涙)。しかし、このクライアントから届いたタブレットちゃんは、Macではだめだそうで(通信の問題か?)、ウィンドウズ限定。だから使ったことのウィンドウズを使用しなくちゃーいけない。しかも初めてのクライアントさんなので、プロジェクトは掲示板経由など電子的な連絡が多くて、アナログな私にとっては三重苦なわけです。くーっ(涙)。

14タブレットとウィンドウズ
黒い板のようなのがタブレットちゃん

果たして昭和な私に、使いこなせることができるのか……。
とっても不安だけど、頑張ります。

そーゆうわけで、私にせっかく連絡をくれたのに、もし返信がないぞ、と思っている方がいたら、遠慮なく催促してくださいませ。年とともに、いろんなことをすぐ忘却の彼方に追いやっているかもしれませぬ。お許しを。

14おでは元気

“おでは元気。おでもいろんなこと忘れている気はするけど、おなかがすくのは忘れない"

じーちゃん、ともに頑張りましょう。

それじゃ、夕刊フジの記事のコピーと、美味しいおまけは続きで。

今日はニンゲンの病院

今日は、1か月ぶり(松葉杖卒業許可以来)で、私の骨折のチェックアップに行ってきました。

この間、自転車に乗り始めたり、仕事のかけもちを増やしたり……自転車やクルマに乗れるってほんとありがたいね~、行動範囲が広がるね~(喜)。久々にデパ地下にも行けちゃったし! もうひとりでおつかいにも行ける!(←低レベルな自立)

つくづく私って、貧乏性といいますか、とにかくじっとしてられない性分なんだなぁということがわかった半年間でしたね。動いててナンボ、新しいこと見つけてナンボ、な性格なんですわ。
ああ、ほんと五体満足って、ありがたいことです。当たり前のことが当たり前じゃなくなったときに初めてわかるこの普通の幸せ。

でも実は今週の頭の頃、足が4日間ほど痛くなってて、やば~いと思っていました。
先生に「寝てもまだ翌朝痛みが残るようならば、それはリハビリのやりすぎ」と以前釘を刺されておりましたが……まさに、そんな感じ。骨折部位付近の足のしびれも減ってきて、つまり神経や血管が生き返ってきて、ようやく痛みが自覚できるようになってきたのかもしれないが。それと梅雨の湿気とかのせいもあるかも。
いかん、ここで調子にのって、もう一度よろめいてバキッとやったら、ほんとトールに合わす顔がない。
……と少し反省し、おとといから自粛していました。
足を使いすぎると、明け方に両足のふくらはぎがつりそうになることも何回かあり、1度はついに左足ふくらはぎ(骨折部周辺)がこむら返りになった! 地獄の痛みでした……(涙)。中身が粉砕しているせいか、通常のこむら返りとは違う、うーん、パワーアップした鈍くて強烈な痛みだった。足の指をどっちの方向へ曲げていいかもわからんし、足の指を曲げようと足を触ると骨折部が痛いし、ほんとーにつらかった。骨折回復期の先輩たちも、こんな紆余曲折を繰り返しながら、耐えていたのでしょうか。

あんまりに痛くて、翌日、足が妙な形に腫れていたので「ビスがずれたかも」とびびっていましたが……

大丈夫だった! 今日のレントゲン、先生も喜んでくれる、骨のくっつきぶり♪
ああ、よかったぁ。順調だって♪ わ~い。

浮かれて帰り際に先生にこんな質問を。
「もうハイキングに行っていいですか?」 (←本当に懲りてないヤツ)
「痛くならないなら、いいですよ~。だけど白石さんだからなぁ、かる~くね、かる~く」
と、笑われました。
いよいよトレッキングポールを探さなくちゃ♪ 自分の足を折るまえに、ポールが折れて回避してくれるように(ガハハ)。

ばど吉、カタツムリ級ののろい歩みながら、回復のゴールに向かって着実に前進しておりますよ。
調子に乗らないよーに頑張ります。

10ママ病院
暑かったけど、やっぱりうっかりクパ同伴。でももう外は28℃。もう次は心を鬼にしてクパは留守番させるぞ

しかし、帰り道に公園に寄ったら、クパ、水下痢。ありゃ、君もか(今朝からまたバドもメルも下痢りん)。イノシシの茹でレバー、よほど強烈だったのね。
だから、この写真のときのクパは、おなかピーピー寸前で、緊張していたんだと思う。
でも犬って限界ぎりぎりまでポーカーフェイスよね。とくにクパはへんなとこが我慢強いの。おもしろいね~、性格に個性があって。タビィは、基本的になんでも我慢強く、しっかり者だったのに、下痢はすぐだしてたなぁ(笑)。

ちなみに病院に行く前、仕事からダッシュで戻り、クルマに乗っていったわけですが、
おうちにこんな置き手紙が。

10メルポンポン

メルケージの中が、下痢で大惨事になっていたのでしょう……。ううう、ご愁傷様。
パパ、9:20って、あーた、それ、完全に会社、遅刻じゃないですか。

粉砕骨折の妻や、3頭の下痢ーずの世話。パパ、いつもご苦労さんです。THANKS♪

『うちの犬♥ あるいは~』でました!!

ばど吉の新著が本日発売しました!

『うちの犬♥ 
あるいはあなたが犬との新生活で 幸せになるか不幸になるかが分かる本』
でーす!

著者 白石 花絵
■発売日:2011年6月8日(水)
■発行:イーステージ出版
■定価:1,300円(税別)
■体裁:B6判 272ページ  (けっこう読み応えのある厚さよ。これでも書きすぎで1/3くらい削ったの。汗っ)

fs3rhr.jpg



アマゾンは早くて、予約してくれていた横浜の犬友達のところへは月曜日に到着したそうです。はやっ。
まぁ、一応発行日は5月30日になってますからね~(業務連絡:陸んち、ロビンちゃんちへ。そうです、パチとみんなのお誕生日です!)。

しかし。
今日の昼過ぎ、ついつい嬉しくって、著者のくせに恥ずかしげもなく(もちろんこっそりですが)、新宿西口のブック1st.に勇んで行ったけど、在庫がなかった。がび~ん
こんなに大きな本屋さんにもないなんて(涙)。いくら発行部数が少ないからって、ひどいっ(涙)。

本当に、本日、世の中に産声をあげているのだろうか……。ちょっぴり不安になる私……。
いくら初版発行部数がチョー弱少数だからって、人様の目に触れないことには、売れるわけないじゃんかぁ……。
売れたら嬉しいのはお金の面ってのもそりゃー少しはあるけど(もしも増刷になれば、の話し)、<「買う」のは一時、「飼う」のは一生>というメッセージを1人でも多くの人に伝えて、1匹でも捨てられる犬を減らしたいっ、という本気の想いもあるんですぅ。

大丈夫か、ばど吉の犬本・第3弾!? あやうしっ?


そしたら先ほど、最愛のうちの犬♥の次次点のオット(バド→クパ→トール)が、写メールを送ってきてくれた(ありがとう、ニンゲンのダンナ♥)。

「八重洲ブックセンター(本店)にはあったよ」

8八重洲ブックセンター
わかる? わかるかな? ウォーリーを探せ状態ですけど

あああ、よかった! ちゃんと売ってる! しかも平積みじゃーありませんか!
(平積み、というのは、背表紙だけが見える置き方ではなくて、表紙も見えるように平らに置いてくれる陳列法。場所をとるので、売れる本とかお薦め本しかしてくれないものです)
八重洲ブックセンターさん、ありがとう(涙)。よかった、ほんとに日の目をみていたのが確認されました。

みなさんもどこかで置いてくれている奇特な本屋さんを見かけたら、ばど吉までお知らせください(笑)。
そして、置いてない本屋さんでは、これみよがしに店員さんに「えー、ないんですかぁ。残念。じゃ、ほかの本屋さんで探します」と、つぶやいてみてください(ガハハ)。あるいは、私から渡したチラシをお持ちの方は、そのチラシを持って予約するとスムースです。必要なら私に連絡してね(faxでもいいならすぐ送るよ)。

でも、いま、書籍ってのは、なかなか売れない時代ですよね。それも寂しいわよねー。
アナログな紙媒体。でもこのアナログさが、心落ち着くってことを、子どもたちにもちゃんと知ってもらえるといいなぁ。ITにはない良さが絶対にあるんだよ。

そういえば昨日、マチュが、この本を読んでくれて(まだ読んでいる途中)、素敵な感想を言ってくれました。
「ママの本にね、<犬は絶対に飼い主を裏切らないから、飼い主も犬を裏切らないでほしい>って書いてあったでしょう。あれ、いいね。マチュもそう思う」
嬉しいじゃーないか、マチュ。そうなんだよ、その文章は、この本の大事な根幹部分なんだよ。

子どもの方でも、ただ「犬が飼いたいよーー。パパママ(あるいは、おじいちゃん、おばあちゃん)子犬を買ってーーー!」と言ってる人には、まずこの本を読んで聞かせていただきたいです。ほんとに。そして十分すぎるほどの家族会議と予習を重ねて、犬を迎えていただきたい。それが、私の願いです。

ちなみに。
この本には実名はどなたも掲載はしておりませんが、私の大事な犬友達たちから教わった貴重なエピソードがたくさん載っております。今さらだけど(えへへ)、みなさん、ご協力ありがとうございました! 協力したつもりがなくたって、「あ、これはうちの犬の話しだ!」とか「あ、これはばど吉に前に話した内容だ!」とお気づきになるかと思います。もちろん敵意を持った表現はしておりません(訳注:犬友達に対しては。ぐふふ)。
犬を愛する、犬を家族と同じに大事に育てているみなさまの意見こそ、私にとってのいちばんのお手本であり、多くの人に知ってほしい情報ソースなのであります。どうかお許しくださいませ。
「ばど吉~っ、あれはうちの犬の話しでしょー!」とお気づきの方は、これまたウォーリーを探せ状態で、私にご連絡いただければ、「正解でっす♪ その節はありがとー!」と、じかにお礼を言わせていただきます。
本当に、犬友達のみんな、ありがとう。
みんなのおかげと、バドたちのおかげで、ライター白石花絵は成り立っているのです。ほんとに感謝してる!
それと、バドのイラストを描いてくれたデザイナーのKさんにも感謝してます! 一生忘れられない本になります。バド、今週16歳7か月になるよー!(涙。最高の記念の1冊だ)

バドブログ読者のみなさまも、ご一読されましたら、忌憚のないご意見・感想をバドバドサーカスのコメントやメールフォームからお聞かせください。犬ライター・白石花絵の明日の原動力にします。

8寝て待て1
“でもさー、あんまり本屋さんで売ってないんでしょー"

え~い、うるさい。イタイとこ、つくなよ。

では本屋さんに行くヒマのないご多忙な方や、本屋さんが近所にない方向けにご案内をば。

アマゾンにて購入(いまはこの値段でも送料無料なんだねぇ。たしかに便利だねぇ)(アマゾンで買った人は、カスタマービューレビューを書いてくれると、ばど吉、喜びます)

楽天ブックスにて購入(おおぅ、ここも送料無料。楽天のポイントを集めている人にはいいかも! 私は必然に迫られ、楽天愛用者。なぜかっていうと、クパメルの犬トイレシーツをちょくちょく箱買いしているからです)

近所のセブンイレブンにて受け取りするなら(送料無料!)

あと、うちの近所なら、新宿の紀伊國屋本店と紀伊國屋南店にはあるそうです。
ほかの本屋さんもどうか置いてください(笑)。
バドの表紙、可愛いから。
(それに裏表紙は、犬と暮らしている人なら、くすりと笑ってしまうはず!)
(それに装丁カバーをはずしたら、中のデザインも可愛いんだよ! 乞うご期待!)

では、バドバドブログの読者のみなさん。とにかくお友達にいっぱい宣伝してくれたら嬉しいです。もちろん今日のバドブログもリンクフリーでっす! よろしくね~♪

8寝て待て2
“まま、果報は寝て待て、ですよ"
(まめちゃんは単なる黒い丸い物体と化して爆睡中。まめみたいに寝たら、果報もやってくるのだろうか)


だけどとにかく今夜は祝い酒だ~っ♪♪♪ わーい!(←飲む理由があればなんでもよい♪)
誰かお酒持って遊びに来てくれたらいいのに~っ♪♪♪(←明日は私はちょうど休みだー!)

30℃だって

本日は(本日も?)バタバタ家を出たり入ったりしていた私。
今日はエアコンつけていくべきかと悩む暑さでした。結局、メル側の窓開けて(セキュリティーの専門店につけてもらった最強の内格子の泥棒避けはついている窓だけど、心配は心配)、扇風機を2台まわして(メル方向とバド方向)出かけました。

夜のニュースみたら、23区内でも30℃を超えていたらしいじゃん。
まだ6月初旬なのにぃ。もう冷房つけないと、鼻ぺちゃメルとバド爺には厳しいかもしれないなぁ(涙)。
困りましたねぇ。節電の夏なのにね。

でも土曜日に私が仕事に行くとき、ぴょんぴょんと「私も出かけたい!」と大アピールしたメル坊。暑い日だったけど、そこまで切望するなら連れていってやれ(思い知れ)。と、私が促し、トールが自転車でメルと走って送ってくれた。
メルは私の自転車が気になって追いつこうといつも大暴走する。危ないから私が後ろを走ると、今度は後ろを気にして走る。可愛いけど、うしろ振り向きながら走るのはやめなさい。

そしたら私とバイバイしたあと、へばったそうです(笑)。
いっぱい木陰で休憩して、のんびりそのあと帰宅したそうな。口ほどにもないヤツめ(笑)。7ちゃんずはね、暑さにはタフな犬が多いけど(ラジエーター機能が優れているからね)、短頭種はすぐオーバーヒートしちゃうタイプなんだから無謀なことを望んじゃいかん。メル、ちゃんと学習してくれたまえ。以下、トール撮影。

あつい1

↑ 帰宅後のメル。“あづゅい~~~"

あつい2

↑ “あづゅいの~~~"

ずっと前に短頭種特集を書くためにアウトドアで取材したとき、フレンチブルやブルドッグやボストンテリアがみんなこういう横いっぱいにひろがったベロしてて、おもしろいな~と思ったんだよね。自分の吐いた息で、自分の顔に風を送っているかのようにベロが内側に大きく丸まってるの。まるで「うちわベロ」。でも自分の吐いた息は熱気だから冷えるかどうかは不明(笑)。でもとにかく、ああいう形のベロは、ポインターチームやコーギーはしなかったね。ベロの形状が違うのかな。ま、短頭種はベロが幅広なのは間違いない。

あつい3

今から本格的に湿度も気温も高くなるんだから、無理はしちゃだめ。過信は禁物。

毎年、熱中症で死亡する例が残念ながら後を絶たない。
熱中症は、病気というよりも事故。飼い主の心がけでたいていは回避できる症例。
メルも、短頭種のみんなも、そしてすべての犬みんなも、いつ熱中症に見舞われるかはわからない。
みんな、気をつけようね。(スパルタなばど吉がいちばん要注意だ!)

ちなみに知人のドッグトレーナー(ジャーポLOVEな方♪)のブログに、停電対策について興味深い記事が載っていました。停電って思った以上に厄介だと感じ、そしてそれに対する対応策もあるんだと初めて知りました。いまは遠隔操作なんかもできちゃうのか~、ハイテクだわね~。
今年の計画停電エリア内の飼い主さんや雷の多いエリアにお住まいの方には重要な情報だと思います。ぜひ参考にしてみてください。

生肉万歳

だんだん蒸し暑くなってきましたねぇ。
やっと衣替えをしたばど吉です。

さて過日のクパメルバースディでの、骨付き肉をほうばる2頭の様子を。

骨付き肉

↑ ヨダレでてます。あーゆーれでぃ?

骨付き肉2瞬殺

↑ れでぃーごー!
400gほどの骨付きもも肉、瞬殺。たぶん2秒くらいでなくなった。2歳児のガンドッグの顎は、骨肉の破壊力抜群。(でも翌日、おなかを壊すこともなく、白い骨がでることもない。クパの胃腸は丈夫だ)

骨付き肉3メル

↑ メルはいままで手羽先の骨付き生は何度も食べたことあるけど、骨付きもも肉は初めてなのかな。ちょっと戸惑い、ボウルからだして、ちまちま喰ってました。ケージ内血だらけ(涙)。とはいえ、メルったら、先週くらいからふたたび再出血してるんです。もうクパは反応してないので、妊娠OK時期ではないようですが、掃除が面倒です(だからチキンの血も五十歩百歩)。それにしても、いつ終わるんだろうか、この出血。むー。
(ちなみにメルも翌日、快便。胃腸が頑丈って、いいよね)



今日日曜日の朝には、カオスんちから「白石バド」様宛にクール宅急便が届いた!
クロネコヤマトの人が「しらいしばど様へのお荷物です」だって。にやにや。

じゃん。カオス(ドゴ・アルヘンティーノ)の姉妹犬が現役の獣猟犬をやってるの。その子が関西で獲った天然のシカ肉とイノシシ肉でーす!!

5猪!
犬ごはん用冷凍庫がなかったら入らない量です。実は下の段にも入ってます

Mちん、カオス、そしてTさん、ありがとう~~~。
野生のパワーをもらって、バドじーちゃん、鼻血をだすくらい元気になってほしい。
ガンドッグ(ワイマラナーはドイツでは獣猟もやる)の血が騒ぐでしょ。DNAの中で知ってるニオイのはずだもん。絶対元気でるよ。

ただいま今夜のごはんのためにイノシシのレバーを解凍中。
そんで、明日はニンゲン用にイノシシカレーを作るつもり!(バドにもらったくせに、ニンゲンも食べさせてちょうだい~。だってイノシシ肉って脂が美味しくってカレーとか煮込みとか美味しいんだも~ん。こんなときじゃなきゃ食べられない貴重な味だし。命をありがたくいただかせてもらいます)

家庭犬としてのほほんと暮らす犬も可愛いけど、ちゃんと伝統的な本来のお仕事に従事する犬ってのも、よき相棒って感じがするね。きっと犬は幸せなんだろうなぁ。とはいえ、私はクパに猟の悦びを与えてはあげられないのだが。許せ、クパ。

そして今朝のバドたちの朝ごはんは、ルナママの愛の馬肺の生肉をトッピング。↓

5馬肺

手前がバドのお茶碗(ちなみに奥がメルのごはん)。
バドはミンチにしなくてもちゃんと消化できるようになってきました。でもいちおうバドだけハサミで3センチサイズくらいに適当に切り分けます。

まずバドにごはんをあげて、その次クパにあげて、その次にメルにあげて、
そんで戻ってきたら、あ~ら、もうバドちゃん完食してる! ↓

5完食

はやっ。やっぱり生肉は美味しいんだね。よしよし。よかったね。それだけ食欲があるなら、ぜんぜん問題なしだよ♪

そして馬肺の残りを、ただいまミイラマシンにて馬肺ジャーキー作成中。

5ジャーキー作成中

ジャーキーにしておくと、バドのランチとかにちょこちょこ与えるのに便利なんです。時間がなくても手が汚れずすぐあげられる。先週のバドのランチはロールパンと馬肺ジャーキーの日が多かった。
ジャーキーなら大きめでもなぜかちゃんと消化できるしね。
ルナママの言いつけ通り、生肉の酵素が残るようにただいま35℃の低温にて、でぃはいどれーと(乾燥)中。

5わくわく3頭

するとじーちゃん含み、3頭が狭いキッチン付近にわらわらと集合(↑)。期待いっぱい、胸いっぱい。
まぁ、こういう多頭飼育ゆえの生存競争(美味しいモノをほかのヤツより早く奪わねば的意欲)のおかげで、バドの生命力は維持されているといってもいいでしょう。

5わくわく
“わくわく" “ワクワク" ♪♪♪

新鮮なお肉と、そして関節痛に効くサプリメント、そして赤外線治療器のおかげで、バドはいまいたって普通に生活しております。うん、本当に馬肉は元気がでるのかもしれない。と、信じたくなってきた。ウンチぽろんはあるけど(ウンチのでるタイミングが散歩タイムに合致していないというか、肛門の締まりがなく留めておけないせいだと思います)、でもちゃんと歩いているし、いまは自分で立ち上がれる。自分で立ち上がれるってとても大事。体が痛くなったら自分で寝返りが打てるわけだし(=褥瘡にならない)、喉が渇いたら水茶碗の方へ歩いていくからお水が飲みたいぞという意思表示も飼い主から見てもわかりやすい(=脱水症状を回避できる)。オシッコがしたいぞ、というときは玄関方向に行こうとするときもある(=膀胱炎の予防になる)。
バドの意志がわかる、ってことが、すごく嬉しいの。

バド爺はじめ、結局シライシ家みんな(の胃袋)をワクワクさせてくれ、元気にさせてくれる犬友のみなさん。
ほんとみなさんのおかげです。ありがとう!
この調子なら、バド爺、17歳いけちゃうかも~♪と、ついつい脳天気に楽観視したくなってる私です(泣いたカラスがなんとやら)。

メル1歳、クーパー2歳になりました

昨日6月1日は、メルの1歳の誕生日!
本日6月2日は、クーパーの2歳の誕生日!

そろって2頭とも元気にこの日を迎えることができました!! わーい。クパメル、お誕生日おめでとう

思い起こせば昨年の春から6月にかけ、2年半も(一目惚れしてしまった憧れのボクサーである母犬と同じ色の)ブリンドルのメスのボクサーが生まれるのを待ち続けたマチュにとって、メルちゃんの誕生は、本当に本当に毎日ドキドキハラハラしながら待ち望んでいたものでした。まさに、6月1日は「待望の!」という言葉がぴったりだった。

21メル2
初めてメルちゃんに会った去年の6/20。ほぼ生後20日。メル、いもむしみたいに小さい。マチュにとって一生忘れられない日

4ブリンドルメル
2回目に会いに行った7/4。ほぼ生後30日。だんだん犬らしくなってきた。メルちゃんは左

それがいまではずいぶんボクサーらしくなって、からだも態度もでかくなって……

2メル1歳

毎日、クパをどついております(笑)。

メルは、実に健康優良児。通常は1歳くらいまでの子犬の時期は、まだ免疫も体力も脆弱なので、すぐ下痢したり、妙な病気になったり、飼い主もその子の体質や行動パターンなどをよく把握してないからいちいち心配になったり、事故が起きてケガをさせてしまったりして、動物病院に駆け込むことが多いもんですが、メルはワクチン以外は1度も獣医さんのお世話になったことがない。頭に大きなコブをつくってハラハラしたことはあったけど(爆)。いまも、頭のてっぺんに10円玉くらいの大きさのケガしてるけど(真上にジャンプするからどこかに頭をぶつけたらしい。ゲンタシン塗り塗り中)。実に健康。下痢したこともたぶん1度もないはず。何でも食べるし、何を食べてもおなかを壊さない。皮膚も丈夫。
さらに心も強く、分離不安症にはなりにくそうだ。これは隣家が接近して建つわが家にとって非常にありがたい。

そして性格もチャーミング。そこそこ気は強いが、それくらいがシライシ家向き。イタズラ好きで好奇心が強く、先ほどもキッチンから木べらを持ってきて囓ってしまったが(そういう無駄な出費は多い!)、頭はそれなりによろしく普通にトレーニングはでき、そして何よりも「ちいちゃいかーちゃん」=マチュを誰よりも信頼し、慕っているとこが意外と健気で可愛いところ。マチュの呼び戻しにいちばん反応する。マチュにとってかけがえのない相棒となった。メルちゃん、うちに来てくれて、ありがとう。

そして犬歴がそれなりに長い私にとっても、人生初の短頭種。
いやー、短頭種(鼻ぺちゃ犬)って、実にファニーで可愛いね。表情も、そして性格も、独特なものを持ってる。あ、鳴き声も。基本、あまり鳴かないというのも本当だと思う。でもアシカのような声で要求する(爆)。7ちゃんずやコーギーでは聞いたことのない声。おもしろい。実におもしろい。短頭種の魅力を教えてくれたこともメルの大きな功績だ。

短頭種は、バドのように長命ではないという現実が、すでに今からシライシ家の心の奥底をウジウジさせているが、メルちゃんにもバドの奇跡が来るように、今からしっかりいい運動といい栄養を与えて、マチュとメルのコンビが1日でも長く続くようにしたいと思ってる。

いい子犬を譲ってくれてありがとう、春日部のゴッドマザー様!
メルは想像以上に飼いやすいいい犬でした。ボクサーが大好きになっちゃいました。
そんでメルは、「ボクサーはだいたい20分くらいガーッとボール遊びや自転車運動をしたら、へばる」程度の運動量と聞いていたが、その淡い期待(笑)を裏切り、なぜかクパとずーっと何時間も遊んでも平気な体力がついてしまいました。やればやるだけ、タフになる(笑)。まぁね、警察犬になるレベルの犬種ですからね、鍛えれば鍛えるだけよい使役犬になるってことですよね。
シライシ家と暮らすと、もれなくタフなアスリート馬鹿になってしまう嫌いがあるけど、ま、うちの犬にふさわしい体力をつけております。ガハハ。そうはいってもワイマラナーやジャーポよりは暑さに弱いから、可愛いもんだけどね。

今年の夏は、節電でもあるので、マチュのお部屋にメルを常駐させて、夜間のマチュの護衛犬・番犬としての任務に従事してもらう予定。都会では3階のベランダからでも賊が侵入する例を聞くからね。メルはちゃんといい番犬、アラームドッグにもなると期待してます(意外とクパの方が番犬には向いてない。やはり昔の犬種の仕事どおりだなぁと感じます)。メスだけどメルはテリトリー意識もあるし、鋭敏、けっこう気が強くて、やるときは乱暴者。きっとマチュをちゃんと守ってくれるような気がします。

******************************************

ああ、メルだけでこんなに書いてしまったけど、
2連チャンでわが家には誕生日がやってきます。

クパが今日2歳になりました! 私の可愛い可愛い里芋ちゃん。

黒赤

初めて会った日はすでに生後3か月になろうとしていたからそれなりにでかかったけど(柴犬以上にでかい)、


20090902150331b09-1.jpg

それにすでにおっさん顔っぽかったけど(爆)、

いまではすっかりいいオトコ。

2クパ2歳

昨夜、メルがパパとチャリでマチュの塾迎えに行ってしまい、ふてくされて、メルのケージでこんなアホな顔になってたけど、私にとって最高に可愛いうちの犬

昨日はクパがトレーニング教室の初モデル授業だったんだけど、昼間クパがいないと、まー、わが家が静かで寂しいったらありゃしない。メルとバドは家にいるんだけどね。クパのうざったさ(よく言えば存在感)は、わが家の元気のもと。灯台級の大きさのLED電球のようなもんです。毎回私のトイレについてきて、便器の前で向かい合い「撫でて」という顔するクパおさん。以前はその役割はバドがしていたもんですが(寂しい)、でもクパが立派にバド爺の引き継ぎをしてくれてます。おかげで私は、バド爺の余生を、メソメソしないで見つめることができているんだと思う。

1歳児時代はクーパーも病院知らず。健康優良児。
バドが獣医療費かかるから(苦笑)、クパメルは親孝行犬といえるでしょう。えらかったね~。これからも病気禁止、ケガ禁止でよろしく頼みます。

私がクパの自転車散歩できるのは、何月かな。待っててね、クパ。
歩きの散歩なら、なんとかできるようになってきたから、もうじきだよ。
今からもいっぱいお山に連れていってあげるからね。

それと、バド爺にやんわりと犬の群れの安心感を与えるという重大な役目をよろしく頼む。

2バド爺16歳もうすぐ7か月
“なんでわたちの誕生日なのに、じーちゃんだけ骨を囓ってるの? いいな~、ほし~な~" by メル
いちおうメルもバド爺のモノは欲しいけど奪わないようだ。よしよし。じーちゃんをうやまうというか、じーちゃんをたてる習慣はクパに習ったようだな


1歳児や2歳児なんて若者には、お誕生日ケーキなんかまだまだ百年早いわい。
でも今夜のお誕生日ディナーは、霧島鶏の骨付きモモをご用意しております。
生でバリバリ食べて、生きる悦びを感じてちょうだいね。

可愛いクパメル、本当におめでとう!!


**************************************************
そーだった、業務連絡!

本日6月2日の「夕刊フジ」で、私の「銀座おとな塾 ハッピー・ドッグライフ講座」を先月取材してくれた記事が掲載されるそうです。取材されるのはほんとこっ恥ずかしいんだけど……。どんな記事になっているのかな? どきどき。
キオスクやコンビニで買えるそうです。興味のある方はのぞいてみてね~~。

でも夕刊フジって、つまり夕刊の時間にでるのかな? まだいまは昼間だから売ってないのかな? 夕方のバド散歩で買いに行けばいいいのかな? どきどき。