クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
メルサッカー観戦
2011年01月31日 (月) | 編集 |
31メルサッカー

土曜の深夜のアジアカップは、盛り上がりましたな~~~~。
日曜は朝から仕事だったのに、見ないわけにはいかなかった。

でも頑張って見た甲斐のある、すんばらすぃ~試合でしたね。
長友も川島も岡崎も本田もサンフェレッチェ広島の李も、いやいや素晴らしかった。

みんな、よく骨折しないなぁ~、サッカーボールでも私と同じよな螺旋骨折するから気をつけなくちゃいけないよ~、でもみんなやはり折れないように受け身が上手いなぁ~、などと違った視点で観察を怠らず、ハラハラドキドキしておりました(笑)。

メルは、サッカー観戦好きです。深夜でもずっと起きてました(いつもはパパの終電タイムの頃の12時半にはネムネムちゃんなのに)。メル実家もワールドカップ好きなので、なんとなく覚えているもんなのでしょうか? 韓国戦のPKや、李のゴールで大騒ぎをしていると、メルまで「ぶぶぶぶー」と首を振ったりします。ちなみにメルが枕にしているのは、トールの膝付近です。

かたやクパは、前回のワールドカップのときと同様に、深夜のサッカーはお好きではない。ひとりで暗い寝室に引きこもっていました。人間の異様なハイテンションを不気味に感じている模様。相変わらずクパは、妙なとこがピンポイントでチキンなヤツです。

バドは耳が遠いので、どんなに我々が騒いで盛り上がって拍手をして興奮しても、我関せずで寝ていました(笑)。


小林さんの写真展へ
2011年01月29日 (土) | 編集 |
先週の土曜日、家族3人そろって、公私ともにいつもお世話になっているフォトグラファー・小林伸幸さんのプラチナ・プリントの個展に、目黒通りの裏道にあるギャラリーに行ってきました。
骨折中でも、どうしても行きたい、行かねばならん(笑)、個展です。

小林さんの写真は、犬を撮ったのも最高にいいし(『東京犬散歩ガイド』都内編(青本)、武蔵野編(オレンジ本)も彼が撮ってくれました)、人物を撮る方が有名だったりするんですが(この私でも小林さんが撮ってくれたらなんとかなった♪ えへへ。奇跡の腕だ)、

このプラチナ・プリントの作品たちには、圧倒されます。

モノトーンの階調が、普通の写真の比じゃないので、写真なのに、写真以上にリアル。
そして写真なのに、水墨画にも似た趣というか、侘び・寂びを感じる、なんとも希有な作品なんです。現代アートなのに、なんか和風っぽい。日本人の心の染みいるのに、モダン。

うーーーーん、今回もすごかった。
マチュもくぎ付けになってた。マチュは小さい頃から小林さんの作品を見ているけど、うん、こういうチャンスを子どもにもらえるのもとても素敵なことだと思う。本物の芸術を子どものときから感じておくって、とても大事なことだと思うの。大人とはまた違った感性で感じ取るから。「マチュのいちばん好きな作品はどれ?」などと、最後に家族で言い合うのも楽しい。三者三様だったりするんだよね。へー、マチュはこんな作品に吸い寄せられたのか、へー、トールがこの作品を選ぶとはちょっと意外、などと家族の新しい一面を知る機会にもなる。

そして私が今回、個人的に感じたこと。
前回の個展では、「水」「滝」のようなキーワードの作品がお気に入りだったのですが、
今回は、「巨木」「息吹」「再生」を感じる作品に吸い寄せられました。
「水」はつねに流れるもの。力強い「動」。
それに対し、「木」「植物」はその場から動かないけど、でもしっかり生きている。命のパワーに溢れてる。「静」なんだけど、実は奥の方で逞しく「動」。
今回、骨を折っていて、いろいろ心が凹んでいるのかな。だから、そういう作品を見ると、なんかこう生きるエネルギーをお裾分けしてもらえるような感じがした。
ほんと小林さんの写真は、日本の崇高な自然の「八百万の神(やおよろずのかみ)」を映し出しているというのは大げさな表現ではないと思います。目黒にいながら、昨年流行した「パワースポット」的な御利益を感じることができました。

個展は、2月12日まで。
写真の好きな人、自然が好きな人、アートが好きな人、ぜひ見に行ってみてね。
絶対オススメです。
ちなみに通りのそばに数カ所コインパーキングもあるので車でも行きやすかったです。

小林さん個展

----------------------------------------------------------

小林伸幸 写真展 「Nature Feel」 (ネイチャー・フィール)

  日程:2011年1月7日(金)~ 2月12日(土)
  時間:13:00 ~ 19:00
  休廊:日曜日・月曜日
  場所:ブリッツ・ギャラリー / 入場無料
  住所:〒153-0064 東京都目黒区下目黒6-20-29 TEL 03-3714-0552
     JR目黒駅からバス、目黒消防署下車徒歩3分 / 東急東横線学芸大学下車徒歩15分

 ・現代人は再び自然に神を見いだせるか?
 ・日本的エコ・エコノミーの可能性を探る
 ・珠玉のプラチナ・プリントは日本人の記憶を呼び起こす

----------------------------------------------------------


バドも病院帰りのドッグラン同伴
2011年01月27日 (木) | 編集 |
最近、バドは寝てばっかり。心臓がじょじょに弱まっているのかなぁ。心配だけど、心配してもどうにもできないから、穏やかに過ごしてもらうしかないんだけどね。

先日の火曜の私の病院では、お天気いいし、今週はリハビリも血液検査もレントゲンもなくて、キズのチェックとパッドの交換だけだから早く診察が終わると見込み、バドもクパメルと一緒に、府中の病院に同行させたんだ。往きの車の中で、ウンチぽろりんしちゃったたけど、まぁ、運転中でも助手席の人間がすぐに対応できるなら、最近ではウンチ処理班も手慣れたもんです。

そんで、病院帰りにまた深大寺のドッグランに寄らせてもらいました。誰もいなくてラッキー♪ 
最近、バド、オシッコが空になっていない予感がするのでね。本人にももう尿意とか残尿感とかがよくわかってないんだと思うんだ。でもいつもオシッコが残っている状態だと、菌が増える可能性があり、膀胱炎を再発しやすくなる。たまには長時間、お外でぷらぷらさせて、膀胱を空にしないといけないと思った。

27深大寺バド1

空が青いねぇ。風もなくて、バド爺お散歩日和♪
お洋服も脱がせて、日向ぼっこさせよう。皮膚も外気にあてて刺激を与えないとね。お日様はビタミンDもつくるらしいぞ(ビタミンDは、骨の再生によい。私も犬の遊びに便乗し、日向ぼっこする)。

なんだかいい写真

↑ なんだかこの写真、好き。
(本日のドッグランでの写真はすべてトール撮影。私は、松葉杖で手一杯ざんす)

27バドの裏側

↑ バドのアゴの裏側。
年をとると、アゴの下のたるたるが、もっとたるたるになってくるんだよ。
いろんな場所の筋肉が落ちて、痩せてしまうからなんだろうね。かといって太らせると、今度は足腰に負担がかかる。でも足のために制限しすぎると、今度もし内臓の病気で食が細くなったときに基礎体力がなさすぎても困る。老犬の体重管理は、さじ加減が大切だなと思ってる。

27クパ走る

クパは爆走。

でも、この場所も3回目。慣れてきたせいか、フェンスごしのとなりエリアのウェスティーさんやボーダーコリーズさんに興奮して吠えまくり、追い駆けっこしようとする。バカもん! 興奮が強すぎる!!
ウェスティーさん、ボーダーコリーズさんのそれぞれの飼い主さんに「(うちのアホがうるさくて)すいませーんっ」と平謝りでお声をかけると、みなさんにこやかに笑顔で挨拶してくれる方々でよかったです。けど、ほんとにもうクパの野郎っ!

あまりに何度も興奮してフェンス側に行く上に、ついに私の口笛で制止がきかないほど興奮が強まってきたので、もうこれはいかんと強制捕獲!
親分の声を無視する状態を許しておくと、どんどん不良になるから、クパ、久しぶりにママの教育的指導を受ける。クールダウンさせるために、とにかくビシリとね。殴りゃしませんけど(笑)、厳しいオーラは出します。犬のトレーニング論には多種ありますが、私は基本はタイミングよく誉めてしつけるトレーニングがいいと思ってますけど、犬種や個体によっては誉めるばっかりじゃダメなときもあると思っているので、びしりと「それをするのはよくないっ!」とクールダウンをさせるときは厳しい口調でやります。
まぁ、「失敗をさせないように、興奮させそうな場所には最初から連れて行かない」という作戦をとればこんな場面にもならないとは思うけど、そうはいってもたっぷり運動や刺激を与えてやりたいとも思うのでね。ガンドッグ・チームは活動量が高い、ハイエネルギーな犬だから、そういう意味ではほんと素人向きの犬ではないと思います。でも、この手強さがまた私にとっては魅力なんだよなぁ。でも、トールには「オレだったら次は飼わん」と言われてしまったクパなのであった。アハハ。まーね、トールさんには無理だと思うよ。トールは7ちゃんずをチャリでたっぷり運動をしてくれる体力や運動力はあるけど、基本優しいので、いざというときのビシリという精神力、気合い、オーラが足りない。そうです、自分の力量にあった犬を選ぶべきです(でもコーギーもけっこう気丈な犬ですよ、トールさん。笑)。

27クパ教育的指導うける

とはいえ、興奮状態の30キロ級の犬を、両手松葉杖の骨折女子が、抑制をかけるのは、けっこう命がけです(爆)。しかし、ここで気力で負けるわけにはいきません。

ベルリンのK子さんがいうように、クパには、猟犬としての悦びを与えてあげるのがいちばんなんだろうーなー、と痛感する今日この頃。クパは代々アメリカのショードッグ家系とはいえ、もとの遺伝子はドイツの猟犬なんだもんなー。しかもただいまクパ1歳半すぎ。そろそろ脂ののりきったお年頃に突入ですからね、これからしばらくは気合いを入れないといけない大変手強い時期になってくるだろうな。ああ、そうわかっているのに7ちゃんずが好きな私って、よほどのバカかもしれない。

27おやつは持ってないってば

クパだけが叱られていると、叱られている=かまってもらえてる、と犬は思うことも多々あるようで、説教後にみなが集まってきた。「おでもかまってほしい」甘ったれなのか、「なに、なに、なにしてんの~~? メルもメルも」の野次馬なのか、よくわからん(笑)。でも可愛い。おやつは持ってないってばぁ。危ない、押すな、寄るな、転んだらどうするっ。

足を粉砕骨折していても、毎日安静になんてしてられないのが、犬の飼い主ってぇもんです(笑)。

あ、ちなみに今週の足の診断。キズは、ゆるやかに回復傾向(歩みは遅いが)。頑張れ、早く肉芽ちゃん、盛り上がってくれ。不味い粉サプリのフィッシュコラーゲン、文句いわず摂取します。
骨は、今回から「20キロ加重」リハビリが許可されました! わーい、少し進歩だ。
でもまだ1/3加重以下(言及すると体重がばれる。汗)。先は長い。
しかも、20キロってどれくらい? やりすぎて、粉砕された骨がずれたりしないかまたレントゲンでチェックされるわけですが、20キロの力の入れ方が難しいです。でも頑張る。

最後に、病院に行く往路のワクワクメルちゃん。↓

27ワクワクメル

甲州街道の往来を眺めるのが楽しいらしい。
3回呼んで、やっと振り向いてくれた。まったくメスって、バドクパとは違い、独立心があるというか、従順じゃないというか。犬って、みんな、一長一短がありますね。人間もだけどさ。いいとこばっかりの完璧ないい人間や犬はいないのであーる。


猫の七不思議
2011年01月24日 (月) | 編集 |
ダンボール猫

まめちゃんは、その昔、山に捨てられたダンボールの中で瀕死の状態だったときにたまたまバドに発見され(きょうだい5頭中、2頭はダンボールの中で餓死)、いまはドイツのボッシュの「ヘア&スキン」10キロ袋(を、3パックに分けてパウチしてもらう)を1頭飼育の猫の分際で喰っているわけで(小型犬よりよく食べてますな。さすが巨猫)、とうていもう餓死する心配はない毎日を送っております。

それにしても、なぜ、まめちゃんは、餓死寸前の悪夢だったはずのダンボールだというのに、ダンボールを見たら入らずにいられなくなるのでしょう?
猫の七不思議です。
まめちゃんは、毎日このボッシュのダンボールに入って寝ているので、なかなか資源ゴミの日にこのダンボールをだすことができません(涙)。リビングでかなり邪魔です。


追記:バドはシニア用、クパは成犬用、メルは子犬用、まめは猫用、それぞれをみな10~15キロ袋を毎月のように完食するわけですが(猫はもう少し長くもつけどね)、みんながそれぞれ別名柄のデカ袋を注文するので、わが家のキャビネットはやつらのフードでパンパンです。置き場所がないよぉ~~~。


メルは眠らない女
2011年01月20日 (木) | 編集 |
先月くらいから感じていたんだけど、

20まだ遊ぶ

メルって、昼間はなかなか寝ない。
クパとひととおりプロレスして、大騒ぎして、クパとバドがようやく静かになって寝始めても、
メルは全然寝ないで、まだひとりで遊んでる。

20眠らない

クパがケージに入っていっても、引き続きメルは1人遊びをしている。↑ これはスリッパの残骸を噛んでいるところ。せっかくバド爺が日向ぼっこしてうとうとし始めたのに、となりで騒ぐでないっ。

クパとメルはちょうど1年違い(誕生日が1日違い)だけど、去年の1月のクパはもっと寝ていたよ。
子犬だから活発で元気があるとはいえ、なんかメルの寝ないぶりは、バド、タビィ、パチ、クパでは経験したことがない感覚。不思議。クパたちも子犬時代はパワーはあったけど、ガーッと遊んで、ぱたりと寝る、そんでまた起きたらバーッとはしゃいで、ぱたりと寝る、の繰り返しだったような。
なぜだ、なぜメルは寝ない? 夜は寝るけど、食後も寝るけど、なぜメルはそれ以外は昼寝をしないんだ??
ボクサーはこういうものなのか? メルがたまたまそうなのか?

不思議に思い、昨夜別件で久しぶりに実家と電話したので、ついでに質問してみました。
実家のゴッドマザーは笑いながら
「メルも寝ませんか? ドナ(メルのおばあちゃん)やマギー(メルの従兄弟)も寝ないんです」と言った。ボクサーの中でも、血縁でも、クパなどのほかの犬と同じように遊んで寝てまた起きて遊んで寝るタイプもいるそうなんだけど、メル型も存在するらしい。おもしろい。ふーん、その活動っぷりの性格はなんなんでしょうね。おもしろいねぇ。メルは7ちゃんず(猟犬型)と違い、勤務時間外も無駄にエネルギーを浪費しているように見えるけど、基礎体力があるのかねぇ、ドナばあちゃんも長生きだから起きている時間が長いとはいえ体(心臓など)に負担がでるわけでもないなら、いいか。メルは夜中にものすごく効率よく眠る短時間睡眠ナポレオン型なのかなぁ(笑)。
まぁ、こうして親戚犬の様子を聞けると、メルだけが特殊なのではないとわかりました。と、同時にボクサー全員がそうではないということもわかりました。新しい犬と暮らすと、犬種差なのか個体差なのか、身体的な形状の違いによる習慣や行動差なのか、新しい疑問がわいてきて、おもしろい。私の場合、疑問や知的好奇心=ネタでもある。短吻種と暮らすのは人生初なので、いちいちおもしろいです。たぶん、それぞれの犬種、それぞれの個体で、いろいろ違うんだろうね。1、2頭その犬種を飼ったからと言って、その犬種全部をわかったような口を聞くのは思い上がりかもしれません(自分も気をつけよう)。もっと言えば、複数頭いても、同じ犬種であっても別の血統だとまた違うでしょうしね。犬学は、奥が深いですな。

20遊ぶ

仕事部屋に上がってきても、また遊ぶ。
クパはもう私が仕事モードなのを感知し、お昼寝モードだというのに。

20好奇心

好奇心の塊のメル。マチュのスティッチのゴミ箱、メルが気に入っているからいまはゴミを入れないようにしているが、囓らないでくれ~。

20囓る

あまりに誰も相手にしてくれないから、ようやく行き倒れのように寝た。↓

20やっと寝た


……と思ったが、20分ほど寝た後、またいまはプラプラと歩き回って、次の獲物(囓るもの)を物色中。ボクサーは頭がいい犬種のひとつなので、知的好奇心の欲求が高いのかもしれない。いくらでもお昼寝してよい環境と立場にありながら(トールだったらずっと昼寝したがるだろう)、お昼寝しない勤勉?なメルなのであった。

犬は、個性があっておもしろい♪ あ、人間も同じだけどね。


でかいボール好きなメル
2011年01月19日 (水) | 編集 |
昨日は私の病院デー。

19行くいく~

“おれたちも行く行く~~~っ! ワックワク~~~~!”なクパメル。クパ、しっぽだけ高速回転のため写真がぶれてます(可愛いね)。
ありゃ? 若犬にまぎれて、黒い猫までいちばんドア近くでスタンバイしているけど、猫は連れて行きませんよっ。

バドは、病院待機中(2~3時間かかる。血液検査やレントゲン撮影、リハビリによってはもっと長時間になることも)、寒空の駐車場車内で待たすのは老体に障るし、人間が一緒にいないときに後部座席でウンチぽろりんをしてしまうと、それを足や体で踏んづけてしまうことが多く、車内がウンチまみれの大変な惨事になるので、バドは私の病院には同行させず、床暖房のリビングで暖かくお留守番してもらうのが常。
だけど、クパメルは、毎日ヒマで、とにかく何らかの刺激が必要な活気あふれるお年頃。幸いクパメルはたぶん分離不安症ではなく留守番中に鳴くようなことはないんだけど(ときどきクパの「解せない!」ご立腹爆発鳴きはあるので要注意)、でも、同伴可能な用事ならなるべく連れて行き、外の環境に触れる機会を増やすように心がけている。そういう日々の小さな努力の積み重ねが、愛犬のQOL(人生の質)を向上させるのではないかと私は信じて実行しております。

だってさ、毎日毎日同じ部屋にいて、同じ空気を吸って、刺激のない生活をしてたら、犬だってつまんないに決まっている。鉢植えの植物を飼っているんじゃーないんだからさ。動物なんだもん、外の世界に関心があってしかるべきですよ。しかも好奇心あふれ、体力も有り余っている若い犬ならなおのことです。もし問題行動(イタズラが多いとか無駄鳴きが多いとか)が発生しているのなら、トレーニング以前に犬の環境改善、生活スタイルの改善を検討してみることも大事ではないでしょうか。問題行動は飼い主にとってもストレスになるけど、そもそも犬の側も日々大きなストレスを抱えているから、そうした行動を起こしてしまう可能性も多いと思うの。ぜひ犬の気持ちや状況を考えてあげてみてね。


というわけで、クパメルをプジョーに積んでGO。
クパはバリケン内ですが、メルは(バリケンを積むスペースがないため)クパバリケンと犬ネットの隙間に乗ってる。メルは往路はよく窓から外の景色を見ています。メル、楽しいかい? 動く外の景色を見るだけでもいい刺激になるはずだよね。まー、ここで外に向かってワンワン吠えてしまう犬の場合は、外を見せない方がいい(=外を見ることがマイナスな刺激になっている。落ち着かない。怖いとびびってる)とトレーナーさんが言っていたので、それは個体に応じて選択された方がよろしいかと思います。

私の病院は、まー、急な進展はないけど、悪くもなっていない、少しはキズが回復傾向にある、という診察でした。縫い目の下からお肉が少しは盛り上がってきていて、進歩はのんびりペースではあるが、回復に向かっているらしい。頑張れ、私の肉芽ちゃん。この調子なら植皮手術はしないですむかもしれない。
骨に関しては、腓骨は仮骨形成が見えてきていい感じだけど、脛骨(太いすねの骨)の方はどーもまだはっきりとした仮骨は見えないので、加重を増やすのは見合わせ。骨の癒合には干しシイタケ(ビタミンDかな)がいいそうなので、毎日干しシイタケ食べてやるぅ~~~。それと血流を良くするため、生姜も毎日食事で食べるようにして、たびたび生姜湯も飲むように努力中です。お、いまビタミンDを調べてみると、きくらげ(乾燥)にいっぱい含有してるね。ふむふむ。きくらげ、食べよう。骨粗鬆症など骨が弱くなる世代の大人の女子のみなさん、干しシイタケ、干しきくらげを摂りましょーね。カツオやあん肝もいいみたい♪ ああ、憧れのあんこう鍋ツアーが実現するのはいつの日か。


そんで病院後、帰り道にある深大寺のドッグランに寄り道。誰もいなかったら、遊ばさせてもらおう!

19深大寺

やった。誰もいない。おじゃましまーす。

19クパ大喜び

クパ、大喜び。よかったねぇ(涙)。ママが骨なんか折って、いつもすまないねぇ。

19ボール好き

となりのランにあったサッカーボールをお借りしてみた。
メル、でかいボールに夢中。

19楽しいね

メルとトールはサッカーもどきで盛り上がる。砂埃を巻き上げながら(苦笑)。
クパは勝手に走りまくってる(笑)。
トールさん、骨折には気をつけてね(ドイツの友人の近所の人は、庭で子どもとサッカーしていたら、ぐにゃりと私と同じ箇所を螺旋骨折の粉砕骨折をして、仕事を6か月も休んだそうだ。ひゃー。だけどさ、ドイツだから6か月も会社休めるのかもね。日本ではひどい骨折で会社をクビになった人もいたと聞きました。可哀想)。

19水のみ

メルはサッカーしたら、ベロを真っ赤にして幅広く広げてました。ふふ、短吻種ならではだね、おまえたちは熱交換が下手くそだもんね(笑)。
やはりポインターよりもすぐハアハアになるね。
ちゅーか、クーパーさんはこれくらいの自由運動ではまずハアハアにはなりません。ましてや冬ならなおのこと。ポインターチームは、悲しいほどタフで持久力のある犬種です。ちょっとは疲れてくれよー。

19クパ、牛っぽい

それにしても。
私にも、クパが牛っぽく見えてきました……。和牛か、おまえは。


犬友のお見舞い
2011年01月17日 (月) | 編集 |
昨日の日曜日は、犬友達のP&M夫妻がお見舞いに来てくれました。
美味しいシューケーキと心潤うお花を持ってきてくれた。きれい。ありがとうございます。

17犬ともの見舞いお

しかーし。衝撃の事実、発覚。
私より1年以上前に、私と同じ箇所の左足の脛骨と腓骨を骨折していたP様。私はヘリで運ばれたあとも「Pちゃんだって同じとこ折って、頑張って、我慢して、不自由しつつも華麗に復活したんだ。私だって頑張るぞ」と、ずっと彼を心の支えにしていたのです。でも今回、やっと詳細を聞けて、レントゲン画像も見せてもらったら……Pちゃんは粉砕骨折ではなく、美しく潔くパッキリ折っていた。すなわち回復が速い。腓骨の骨折の方は治療しなくて自力で癒合するのを待つレベルだったそうだ。よって、Pちゃんケースでは、骨折後5週間目にはすでに片手松葉になって退院したそうで。はやっ! 退院時には2/3も左足に体重をかけていいだなんて! 骨折2か月後には、松葉杖なしにまで回復していたそうだ! なんと!

私は、今日で骨折してちょうど丸3か月。なのに、完全両手松葉杖。左足加重はタッチ(5キロ程度)のみ。まったく比較するのもおこがましい状態だった。なんとまぁ、全然私の方がPちゃんより重症だったらしいーーーーっ!! そうだったのかーーーーっ(←自覚するのが遅すぎるとも言う)。

勝手にPちゃんを同志と思っていたのに。くすん(←Pちゃんのせいではまったくないよ。勝手に一方的に私が心の支えにしていただけ)。なんで私、こんな重症になっちゃったんだろう。たかだかあんなしょーもない下り坂で。己の不運を呪う。
まぁ、いまさら呪っても怨んでも折ったもんはしょーがないけどね。ガックシですよ。

でも、いろいろお話しが聞けて、「ビール禁止」と愛あるお叱りを受けて(爆)、楽しいひとときでした。

アンディ&モニカはクルマで待機。せっかく来てくれたんだもん、ひとめお会いしないとバチが当たる(笑)。と、駐車場まで会いに行きました(あんもにの写真を撮り忘れたのが悔やまれる。両手松葉杖だとろくに写真も撮れませぬ)。
あんもに、春には(たぶん)復活してみせるから、隊長も犬トレ部、連れてってね(涙)。

**********

そーだった、先週は、ご近所犬友達のビーちゃんも、シライシ家大絶賛の目黒五十番の肉まん(以前もビーちゃんにお見舞いにいただいてまして。すんごく美味しいのよ。いま、缶コーヒーのサントリー・BOSSのCMにもトミーリー・ジョーンズとガッツ編にでてますな)をふたたびぶらさげて遊びに来てくれたのでした。いつもありがとう。クパは、ビーちゃんとの恒例「緊張状態」になりまして(笑)、よい刺激となりました。駆けっこできなくても、ビーちゃんの存在だけでクパにはいい脳味噌の刺激になってます。だってぇ、クパ、毎日ヒマなんだもん(涙)。

17ビーちゃんも

骨折は不自由すぎてイヤになるけど、
犬友達の愛のおかげで、なんとかなってます。
ちゅーわけで、カイパパ、今週は電話取材協力もよろしくね♪(笑)
立ってるものは親でも使え、よろしく、骨を折ってる中は犬友達を頼れ。
犬友達様々なばど吉なのでありました。


活動開始
2011年01月14日 (金) | 編集 |
今週から、ゆるゆるとお出かけするお仕事開始。
ま、いままでもたまに出てたけど、毎日のように出かけるのは10月の骨折以来。
外でお仕事するのは、松葉杖移動はハンディが多く、消耗度が激しいとはいうものの、新しい知識を学ぶチャンスがあって、シャバにでて新しい人と出会えるのは、すんごく楽しい!
肉体的に疲れれば、ぐっすり眠れるというのも気持ちが良い。

バドクパメルは「なんかママが急に不在が多いな」と感じているかもしれない。許せ。
でもこれでバドのエースワーカー(心臓薬)代も安心だ(笑)。
それになんといっても、労働のあとのビールの美味しいこと、美味しいこと!(爆!) 
労働って、尊いわね~♪ 幸せ。

14バド年賀
“おでの薬代、しっかり稼いできてね”  おぅ、がってんだ!

卯年のわが家のお年賀状の主役。お耳がウサギのようなバドちん。
うちの年賀状がいったみなさま、加工前のバドの写真がこれでございます。
バド、16歳超えても、じゅうぶん可愛いお顔だわ(←親バカ)。



ドッグトリガー
2011年01月10日 (月) | 編集 |
朝ごはん前、バド爺がよく鳴く。うるさい。いまはわりと元気でクパメルに対抗意識が強いのか、それとも具合が悪いのか。ストーブ(ガスファンヒーター)や床暖房もつけているし、冬の乾燥がひどいせいか、たまに少し咳が復活するということは心臓が少し悪化した可能性もある。しかも耳が遠いから、声がでかい。とにかく文句が多い。しかしこんな爺犬に「吠えるな」のトレーニングも難しい。
なにしろ今日もチェックしてみたところ、目も耳も、ほとんど機能していない。まるきり感覚ゼロではないが、呼んでも全然聞こえないらしく、近くで体をポンポンと触って合図してから「バド、おいで」と言わないとわからない。呼ばれても、どこに私がいるか見えないらしく、「どこ?ママどこ?」と探してはいるものの全然違う方向を見ている。うーん。明るいならぼんやりとシルエットは見える、とか、意識しているときなら少しだけ聞こえる、という程度なのではないかと思う。

とはいうものの、視覚も聴覚もこんなに乏しいのに、日常生活はわりあい普通にできているってのが犬はすごいね。

ともあれバドにしてみれば老いゆえの事情があるのだが、少しでも無駄吠えが減るように、刺激を与えてみましょー。視覚、聴覚がダメでも、嗅覚は多少は機能している。いまは寒くて長時間の外の散歩も心臓や足腰に悪いので、だいぶ前に買った(今まで放置してた。苦笑)、スウェーデン生まれの犬用知育玩具「ドッグトリガー」で頭に刺激を与えてみよう!

……でも、すでにバド爺には難しすぎたようだ。うーん、数年前のバドなら、頭の回転、理解力がすごくよかったので一度要領を教えれば問題なくできたであろうに、呆けの入った老犬には教えるのももう厳しい感じ。ならばと次にやらせてみたクパご愛用のドッグピラミッドも、リスコングUFOコング(勝手に命名)より難しいので、今日のバドには理解不能だった様子。ああ、あんなに聡明だったバドなのに……ちょっと寂しい。結局、バドには、私の右手と左手で「おやつはどっちだ~?♪」遊びをしてあげました。どっちかの手にトリーツを隠し、鼻をつかって探させる単純な遊びです。これなら、できた。必死に「おやつはこっちだーーー!」と鼻とベロでぐいぐいと手のひらをこじあけようとする(笑)。可愛い。この程度しかできなくなったとはいえ、これでも頭を使うはず。バド、簡単なゲームでもいいから脳味噌に刺激を与え続けてみようね。

せっかく老犬バドのために買ったドッグトリガーだけど、それならクパっち、やってみなさい!

10ドッグトリガー

しかーし、クパもバタバタするばかりで、すぐには理解できない。おいおい、裏に回ろうとするな。ズルするな。
(裏におやつが隠してある。スライド式の筒を押したら、おやつがポロッと落ちる仕組み)

じゃ、とうてい子犬のメルにも難しいだろうが、とりあえず挑戦してみよう。
メルはドッグピラミッドもまだ理解できてないんだけど。しかもクパのように根気よく考えず、すぐ諦める。メルのせい?ボクサーのせい? ワイマやジャーポはけっこうしつこい執着質な性格なので根気よく意地でも考えて、手に入れたいモノは手に入れるタイプだけど(その才能は、人間にとって都合のいいときと悪いときがある能力です。苦笑)、メルはけっこう「わたち、これ意味がわかんなーい。ぷいっ」ってタイプなのよね。
ドッグトリガーはどうよ?

10ドッグトリガーメル

案の定、「においはするけど、意味不明っ。わかんなーいっ」という感じでした。
でも、これで飼い主も諦めず、気長に教えていきましょう。犬はわからないなりに、脳味噌は使っているので、知的作業として少しは疲れることでしょう(そう望む)。

ドッグトリガー、だいぶ前に買ったから改めて公私ともにお世話になってるスマイヌさんHPで確認したところ、ありゃりゃ、ドッグトリガーは上級者編だった!
賢いバドのために買ったが、教える時期を逃してしまった。残念。
爺犬や飽きっぽいメル(そういえばまだ生後6か月だしな)のためには、もっと初級編にしないとだめだな、こりゃ。ドッグトルネードなら嗅覚を使う初歩的なゲームだから、バド爺でもできるかな。
業務連絡:ジョジョ、ドッグトルネード、その後どうですか? すっかりマスターできましたか? 

さ、明日も病院だから、今日は原稿だ。トールも今日、会社に行った。病院は平日しかやってないので、最近、休日になんだか仕事している方が多い気がするな。ちえっ。


久々の銀座
2011年01月09日 (日) | 編集 |
え~、トールにせがまれて、バドブログのプロフィール写真をドイツツルピカ3点セットに変更。やっと3頭で並んでくれるくらいにメルが成長した証拠(笑)。
使わなかった方の捨てポジ(いまはもうデジカメ時代だから、そう表現することもなくなった死語)の写真をここにも。クパちんのお口がへん(笑)、だけど可愛い。

9次点

いつまで黄金の3頭時代が続くかな。長く続いてほしいな。バド爺、頑張れよ~~~。


昨日は、銀座おとな塾講師のお仕事。10月の骨折以来、初めてひとりでハチ公バスと銀座線を乗り継いで外出。「はじめてのおつかい」状態。バスに乗るときの、歩道と車道のわずか10センチばかりの段差、車道とバスの段差(ノンステップバスでも怖いっす)、地上から地下鉄ホームまでの階段、ホームと電車の隙間、ホームや歩道の人波、エスカレーターのスピード……どれもこれも怖いモノばかり。銀座松屋の前の歩道で真っ白いコートを着た長い髪の若い女性に体当たりされた(怒る以前に倒れまいと必死)。ただでさえ松葉杖は異様に消耗するのに、ひどいじゃんか。

松葉杖をついていようが、全然見ていない人がこんなに世の中にいるんですなぁ。携帯メールしてて前を見て歩いていない人もいっぱいいる。でも意外や30~40代の男性は親切、ということに人生初めて気がつきました。松葉杖に気がついたらサッと道を空けてくれたり、地下鉄でサッと椅子を譲ってくれたりするのは、ほぼこの年代の男性。妊婦の奥さんをいたわる経験者なのか、親の育て方がよい世代なのか、大人のたしなみなのか、理由はよくわからないけど。10~20代の男子は、携帯ばっかり見てて完全無視タイプと、茶髪のイマドキの子なのに見かけによらず(失礼)すぐに配慮してくれるジェントルタイプと二極化してる。団塊の世代以上のおじさまは男尊女卑感覚が強いのか、席や道は譲らない。ということが最近の観察結果です。ニッポンの若めの男性は世界に負けないレベルの優しいジェントルマンが多いみたい。とわかったことは今回の骨折のメリット。そんで、女子は若く小綺麗にしている子もおばさんも、やはり弱者よりも「我が道をゆく」(=ぶつかってくる)タイプが多い(おいおいっ)。いかんですね。私はいずれ健常者に戻れるタイプのハンディキャッパーなので、足が普通に回復しても、松葉杖の人、ハンディのある人、健康上の弱者に優しい人間になりたい、とこのたび勉強しました。

お教室が終わったら、来期の仕事の打ち合わせをして、その後、トールさんが会社帰りに迎えにきてくれた。クルマじゃないけど(笑)。でもひとりで移動するよりは全然心強い。鞄を持ってもらえるし、他者からガードしてもらえるから、私は松葉杖歩きだけに集中できる。そんでせっかく(通院以外の)シャバにでたので調子に乗って、トールが見たいという銀座三越での「山口晃展」を見に行きました。

9画廊

すんごい緻密な描写で、浮世絵っぽい感じもあり、テーマもユーモアとペーソスに溢れ、軍事批判?開発至上主義への批判?的な風刺もあり、絵としても感情としても非常にいい刺激になりました。上半身が馬で下半身が大型バイクに乗った武者、格好良くもあり、社会批判的でもあり、かっちょいい。とにかく一言では感想は言い表せない。電線・電柱への不思議な着眼と愛着も素敵。明日まで銀座三越でやってます。現代アート好きな方はお時間があったらぜひ。

ついでに三越と松屋の食器売り場へ。クパちんのドイツから送ってもらったお茶碗、気に入っているんだけど、最近クパには小さくなってて。生肉とかとトッピングするとこぼれちゃうの。だから、人間用のでかい陶器のサラダボールのような器を探しに行きました。そんで、白いフランス製のシンプルなボウルを購入。

9クパ茶碗

わかりにくいけど、直径30センチくらいあるでかいボウルです。写真はふやかす前だけど、ふやかすとフードも容積が増える。生卵や生肉や生骨とか果物とかお刺身とか、これでトッピングもこぼれないぞ。よしよし。

9ウツボクパ

クパはいつもごはんをふやかし中、ウツボのように出たり入ったりしてせわしいです(苦笑)。

そうそう、いきなりケージの前に体重計がありますが、この冬休み中、クパとメルを少し太らせる計画で栄養・運動管理してみました。
1月2日 / メル17.8キロ、クパ26.5キロ
それが
1月7日 / メル18.4キロ、クパ27.4キロ
食後わりとすぐに測ったとはいえ、ずいぶん簡単に太るな、おまえら(笑)。

トールが冬休み中は時間もあり、クパはもちろんメルも数回ゆっくりで西新宿の公園まで自転車で運動かけてもらったから、二頭ともお尻や太腿がプリプリといい筋肉がついてきて、胸あたりの肉も厚くなってきました。いい感じ。クパも自転車で走っていれば、左足を舐め壊すこともない。
犬の筋肉づくりをするのは、けっこう私、好き。これ、犬と暮らす楽しみのうち、けっこう上位にいる私の喜びかも。とはいえ、私はいまは走れないんだけど。早く自分で運動かけたいよ~。
それにしても、なぜ犬の体重を増減させたり、筋肉つけたりはこんなに巧みにできるのに、自分の体にはできないのか。イヤになっちゃう(涙)。ああ、犬には酒量の管理はないしな(爆)。


マチュとトールは、いま映画「チェブラーシカ」に行ってます。
私は、銀座おでかけのせいで、今日は全身筋肉痛です。とくに右のお尻、肩、ふくらはぎ。
来週から、机上でできる仕事の出稼ぎに行くことが増えるんだけど、こんな体力と筋肉で大丈夫かと、我ながら不安。でももうおうちにいるのも飽きた。バドのお薬代も稼ぎたい。だから、頑張る。動いているうちに体力も筋肉も戻るだろうさ。骨癒合のためには運動した方がリハビリになる。(傷口に負荷がかかるのは、キズが開くのでよくないが)。

そういえば金曜日、病院で「まだレントゲンで見ても脛骨には仮骨が見えない。腓骨には仮骨ができてきているけど。これじゃ、まだ加重は増やせないな。骨はバラバラ、粉々だったからなぁ」と言われた。粉々!!?? 
「膜(骨膜のことかな?)がなかったら粉々に散らばっていたでしょう」というレベルの粉々(涙)骨折だったことが判明。粉砕骨折にもかけらの細かさでランクがいろいろあるんだな。
折った当時は、よけいな不安を与えまいと先生たちがオブラードで包んで表現してくれていたんだろうなぁ。けれど、最近ではバシバシと本当のことを言われる……むぅ、そうだったのか……ううう、やっぱりショック。傷口は少し肉が盛り上がってきたけど。タンクローリーに轢かれたわけでもなく、自分の体重だけでひねって骨を粉々に粉砕してしまった私って、いったいどうなのよ(涙涙)。ひねって折る、って特殊な折り方らしいが。ちくしょー。

昨日から(今さら、ぷちブーム)「少女時代」の「GENIE」キレイなおみ足にうっとりしている私です。キレイなうえによく動く。ああ、健康な足ってお宝だね。


さー、現実逃避してないで(苦笑)、原稿書こうっと。

あ、忘れてた。昨日、書き初めの宿題をしていたマチュに去年に引き続き、今年も書いてもらいました。
2011年の私のテーマは、これだ!

9健やか





銀座おとな塾、アドバイスお願い
2011年01月06日 (木) | 編集 |
110106_1648~01

今年も、私の仕事を邪魔するかのごとく、でかい体でキーボードと画面の前に居座るまめちゃんどす。
いま、デジカメをちょいと取りに立ち上がるのもままならんので、画素数の高い写真の撮れる携帯が欲しくなってます。

今日からトールさんは仕事始め。ちゅーことで、わが家もようやく平常運転化。
でもランチを与えてくれる人がいなくなってしまったのはツライ。ま、まだ冬休み中のマチュがいるのでランチにはありつけるけどね。両手松葉杖子ちゃんは、相変わらず手も足もでない状態で、3階の仕事部屋にコーヒーを持ってあがるのも大変。水筒にコーヒー入れて、首から下げて、マチュのボーイスカウトの割れないコップを手に持って、うらうらと階段を上がります。毎日が3階へ遠足(トホホ)。
わが家のような細っこ3階建ては、ほんとバリア有りー住宅。不自由な体になるとよくわかります。30年後もここに住むのは正直危険きわまりないかも(涙)。まだうちは1階と3階にトイレがあるのでずいぶん助かってるけどね。こういうときマンション(または平屋)って、やはりいいわよね~~と思います。平らな生活って体に優しい。しかし死ぬまで大型犬と暮らしたい私にマンションは無理。集団行動、苦手だし(爆)。となると、平屋がいいけど、代々木じゃー無理だから、どこかに隠居しないとだめかも。お魚が美味しくて、犬を放し放題できるとこがいいな~(正月早々、夢見がちな私)。

今週土曜日は、銀座おとな塾へ行くのですが、往路は初めて1人で公共交通機関で出かけるつもり。でもいま銀座線など地下鉄を調べて見たけど、ホーム~改札~地上、とエレベーターがあるところって意外とないんだね。松葉杖はエスカレーターはとても危険なのだ、手すりがボディを置き去りにして先へ先へと進んでしまうので、右足で飛び乗るタイミングが難しい。さーて、どうしよう。おととい、先方がわざわざお電話くださり、来月に延期してもいいよと申し出てくれたけど、いや、仕事に穴をあけるのはどーしてもイヤなんです、私。意地でも行く。でも階段で落下して、再骨折しないようにせねば。気合いだ。

そうそう本題。
銀座おとな塾の件で、みなさんにご意見伺い。
いまは月1回、土曜日の午後に開いているのですが、当初働くOLさんを主たるターゲットとしてこの時間にしたんだけどね、もしかして平日の昼間(夜もあり?)そっちの方が行きやすいのに、と何人かの人から言われたの。
どーでしょー、みなさん? どう思います? 
そうよねー、私も大事な週末を半年間、必ず毎週第2土曜日を埋める、って意外と拘束される感じがするかもなーと思ったりもした。
もし、ご意見、アドバイスありましたら、コメントでも直接メールでも、お知らせください!
来期の参考にしまーす。よろしくね♪

mame.jpg

だからまめちゃんっ、邪魔なんだってば~。


あけましておめでとー2011
2011年01月04日 (火) | 編集 |
あけましておめでとうございます!
私は、元日(ERにて消毒とキズチェック。正月早々、口がやたら元気な私がER待合室にいるのは非常に不釣り合い。でも10月にヘリでかつぎこまれたときの記憶をたどったのはけっこうおもしろかった)と今日4日にも病院に行ってきました。なかなか傷口が塞がらず、植皮(お尻とか太腿とかから)する説もついに浮上。トールは私のお尻にメスを入れられるのはイヤなんだって。それよか植皮手術したらまた1~2週間、じっとしておかないといけないために入院らしい。私はメスを体に入れられるのは屁でもないが、入院はもういやだー。

と、2011年、お正月だというのに未だこの話題ばかりではありますが、
足さえ治ってしまえば、きっと楽しいことばかりがやってくるに違いないぞ2011年!
今年もどうぞよろしくお願いいたしますよーーーー!

4クパメル

ドイツツルピカ3点セットで迎える夢のお正月。去年のドイツ7ちゃんずセット(2頭)でも十分幸せなのに、この新春は3点セットですよ! 猪鹿蝶(イノシカチョウ。花札)揃いました!って感じで最高よ。
さしずめ猪がクパで、鹿がバドで、強引に(笑)蝶がメルちゃん。
メルちゃんは人生初の大晦日とお正月なんだよねー。おめでたいねー。

メルには人生初のクリスマスだからビーちゃんと色違いのジョリーボールをクリスマスにプレゼントしたので(その晩、クパに部分的に破壊されたが)、クパにもお年玉を。元日に届いた(笑)。

1チャリリード

↑ 壊れたために必要に迫られ、POSEEさんに長さやナスカンサイズ(つまり最大の頑丈なやつ)を指定してつくってもらった自転車用リード(自転車とハーネスをつなぐもの)。年末のお忙しい時期に無理を言いましてすいません。でもこれがないとクパちん泣いちゃうくらい困る。元旦に届いて助かりました。
色も指定できたので、私の大好きなレモンイエロー×ターコイズブルーの組み合わせにした。可愛い。気に入りました。意味もなく自分もこの色の組み合わせのナスカン付き短リードが欲しくなった。携帯を首からぶらさげるか。ちなみに、POSEEさんにお願いして、クパチャリリードには反射テープもつけてもらったんだ! 夜間のお散歩に安全。実用的。

ちなみにクパとトールは、おとといは目黒方面、昨日は目白方面と、2時間も自転車ぷらり旅に出かけて、フレンチのデリでラタトゥユやメレンゲなどを嬉しそうにお土産に買ってきました。

1キジちゃん

↑ さてさて。チャリリードに便乗して、キジちゃんも注文してみた。クパ、お年玉じゃ。

1キジちゃんあやうし

しかし、さっそくキジちゃん、危うしっ。
クパは、ぬいぐるみをソフトに噛んで優しく大事に扱うのに、メルはそんなもん容赦しません。
ああ、ガンドッグと、そうじゃない犬のDNAって、根本的に違うわねー。同じイヌという種なのにね。
メルちゃん、おにーちゃんのキジちゃんを裂かないでくれー(しかも正月早々。涙)。

1バドは寝正月

キジちゃんが断末魔をあげて、ピーピーが破壊された隣で、
バド爺は我関せずスヤスヤと寝正月(笑)。

417回目の春

あとで伊達巻のニオイにつられて起きてきました。あ、もしや栗きんとんのきんとん臭をキャッチしたのかも! じーちゃんはサツマイモに目がないですから。

バド爺、17回目のお正月です。あけましておめでとう、バド。
今年もなるべく元気に、健やかに、7ちゃんずらしくアクティブにいこうね。

みなさま、今年もドイツの老若男女ツルピカ3点セット(+人間の老若男女3点)、なにとぞご贔屓に~♪
「マテ」のできないデカ黒猫(=まめちゃん)も今年もよろしゅう~♪

4まめ