クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
早起きポーチュラカ
2010年06月30日 (水) | 編集 |
昨夜の日本×パラグアイ、残念でした~。PKで惜敗。ああ、残念。でも、サッカーの歴史の長い南米、ブラジルとアルゼンチンに挟まれたパラグアイ相手に、非常にいい試合をしたと思う。ベスト8進出できなかったのは残念だけど(もう深夜に熱のこもった応援ができないのは残念だけど)、日本サッカーの成長を見た気がするね。それにしても本田選手のPKの冷静なシュートはすごいなと思った。極度の緊張とプレッシャーの中、平常心で打てるってのはすごい。カッコイイ。クパ、やっぱり平常心は大事だぞ(笑)。でも誰も駒野選手を責めたりしない。勝負の女神がパラグアイに微笑んじゃったね。元気だして、次に向かって頑張ってほしい。

ちなみに、クパは、サッカー観戦がお好みじゃないということが昨夜発覚。いつもは24時間、私に金魚のフンなのに(いまも私の椅子のすぐ横で転がって寝ているのに)、昨夜は延長戦の前、1階に降りたがったので下痢かなにかで散歩に行きたいのかと思ったら、そそくさと寝室に引きこもっていった。ブブセラの音が嫌いなのか、応援する私たちの声が不安なのか(昨日はデンマーク戦ほど騒いでないぞ)、はたまた「サッカーのときは夜になってもなかなか寝ない。付き合いきれない」なのか?? バドはいかなる理由があっても、私のそばから離れない最強の分離不安タイプだけど(じーちゃんになると私よりも眠気が勝つことが増えたけど)、クパの新しい一面を発見し、おもしろかった。

30ポーチュラカ

さて。めずらしくお花の話し。
さっき、うちのポーチュラカが咲いているのを撮影。
日照時間によって開花時間が左右される花らしいので、私が午後ちんたら活動を始めたときには、すでにしぼんでいることが多い。早起きしないと、咲いているときが見られなくて、さみし~と思っていたら、いまはガンガンに咲いている(いま代々木は久しぶりに晴れている)。可愛い花だ。
このポーチュラカさん、普通は耐寒性がないので1年草とされるのに、我が家で昨年越冬した2年もの。えらいぞ。

そんで写真を撮り終えて戻ると、

30避暑

爺様が、リビングから勝手に降りて、暗い1階の寝室にいるではないか。
う~ん、たしかに1階は涼しいんだけど、こんな暗いところに昼間いたら、昼夜逆転しちゃうぞ。

足が悪くても、やっぱりアウトドアに連れ出さないと……脳味噌が今度は使い物にならなくなる。老犬は、脳、筋肉・骨関節、心臓、それぞれに負担をかけないよう刺激をくわえるさじ加減が難しい。


ペットボトル・シュレッダー
2010年06月29日 (火) | 編集 |
本日も蒸し暑い。窓を開けると蒸し蒸しした熱気が入ってくる(泣)。窓を開けない方がいい、っていう日が続いてます。
エアコン嫌いなバドも、除湿なしには心臓が辛いようでハアハアする。
心臓の悪いじーちゃんは大事にしてあげないと。でも電気代が怖いよ~。バドのいるリビング(2階)と仕事部屋(3階)、そして湿気がたまる寝室(1階)と、すべての階のエアコンをつけるときもある。なんとかならんもんですかね、日本の梅雨。毎年こんなに蒸したっけ??

クパとチャリ散歩しても、汗が滝のようにでます(ほとんど行きは全力疾走だもん)。
クパにとっては、人生2回目の夏だけど、どうせ去年の夏は(6月生まれ)エアコンの効いた子犬部屋で快適に過ごしていたのでしょう。けっこうクパもよくハアハアしてる。子犬や若犬は、暑さに耐性ができていないから、熱中症になりやすいと文献で読んだことがある。だからクパも「ポインターなんだから大丈夫よ」とタカをくくらず、用心はしてあげないとね。だけど、こいつは熱中症寸前くらいに疲れさせないと、いい子にならないんだけどね。ガハハ。

29三ツ矢サイダー

エアコンをつけると、元気が湧いてきて、ゴミ袋にまとめてあったペットボトルを、ご丁寧にリトリーブしてきて、リビングでガジガジするのが日課。1歳になってもペットボトル好き。三つ子の魂百までも。
でも、子犬の頃は破壊することはできなかったのに、いまは、口の部分からとりかかり、ペットボトルを上手に粉砕できるようになった(苦笑)。ラベルもいつのまにか上手に剥いでいる(笑)。

そんでもってペットの破片をくちゃくちゃガムのように噛んだ後、ちらばらせるんだけど、床に落ちているガジガジになってる破片をうっかり踏むと、すごく痛い(怒)。ま、飲み込まれるよりはいいが。

そんで、ひととおり遊んだら、仕事部屋に来て、いまはエアコンのお部屋で腹を出してバンザイして寝ている。まったく、おまえは悩みがなくて、いいなー。

とも昼寝
ヤラセでなく、こんな寝方をしているときもある

ついでに、まめちゃんもいつも悩みがない。あるとしたら「お腹がすいた」だけだろう。

猫もだれる

はい。保護者は、お仕事、頑張りますよー。
ぎっくり腰とぎっくり首の痛みもだいぶ楽になってきたから、本気で早く単行本1冊取りかからないと(涙)。



ビーちゃん、いらっしゃ~い
2010年06月28日 (月) | 編集 |
28ビーちゃん
ビーちゃんちにも猫がいるから、まめちゃんとは大丈夫。また、まめも相変わらず犬に対して普通に堂々としてる

昨日は午後から、M子がベイビーKれんちゃんを連れて遊びに来ました。
水天宮をクパとお参りして無事に産まれたKれんちゃん、頭の毛がちょんちょりんですごく可愛い。
でも毎日の育児はそれなりに大変。「大人と喋りた~い!」というM子の気持ち、わかります。というわけで、久しぶりの家庭内七輪の会となりました。ルナアンナ家もホルモンいっぱい持って、Kれんちゃんに会いに来た。

さらに。そーだ、近所のビーちゃんちも誘ってみよう(前からずっと思っていたんだ)と、いきなり電話してみた。そしたら夜に白ワインぶらさげて、ビーちゃんとご主人と揃って登場。ビーちゃん、我が家はお初。いらっしゃ~い。さぁて、クパとやり合うなよ、メスのルナっちと仲良くできるかな。

狭いリビングに犬も猫も人間も子どもも赤子もわらわらいるシライシ家。あまりのアウェイさに、ビーちゃんも臨戦態勢に入るヒマもなく(笑)、問題なく過ごせました。ま、1回、ルナとのニアミスはあったけどね。飼い主同士がちゃんと自分の犬を制御でき、また相手の犬にも愛と理解を持てば、為せば成る。ビーちゃん、3歳の社会化練習、滞りなく成功です。

それにしてもボクサーって、人間に対して愛想がやたら良い、ていうか、最高に可愛い笑顔。イギリスなどで攻撃性が高く危険犬種に指定されているアメリカン・ピットブルとかスタフォードシャー・テリアなどの鼻ぺちゃ犬も、人間に対してはすんごくチャーミングでたまらない犬なんだと聞いたことがあるけど、鼻ぺちゃ犬って、そうなのかもしれないね。またマズルが短く、顔が平面なためか、表情が豊か。犬っぽくない表情がキュートなのかも。ずっと「エヘエヘ♪」って顔してた。可愛い。いい子だね、ビーちゃん。

もうじきやってくるメルちゃんのために、ボクサーの勉強に余念がない私とマチュ。マチュはビーちゃんにハグして「やっぱりボクサー最高~♪」と、ごきげんでした。

ビーママ、これからも近所のボクサー先輩として、いろいろ教えてね。


ミイラマシンの番犬
2010年06月26日 (土) | 編集 |
扇風機

お暑うございます。
おとといみたいに気温は高くても湿度がないと過ごしやすいけど、今日みたいな湿度80%(いまの仕事部屋内)は本当に不快指数マックス。
バドは今年も、扇風機の前に陣取ります。まだ1歳児のクパは、扇風機の実力に気づいていないけど、バドは15年半も生きていればいろんな知恵が蓄積されています。

足はカエル色のラバー靴でなんとかしのいでいますが、破けてしまうので、しっかりとした靴を買うところ。二人がかりで採寸しないと、ちゃんと立ってくれないので、この週末にパウの大きさを測るつもり。足はまだフラフラだけど、そのほかはバドは大丈夫。下痢も実はクパだけだった。バドはシカの糞を喰っても平気だった。クパは茹でたキャベツが消化不良だったのかも。しょせんまだ1歳なりたての未熟な腸。爺様は年をとっていても丈夫なところは丈夫。

さらに、爺様にとっては、今となっては人生最大の楽しみは「食欲」。
ミイラマシン稼働中は、キッチンに張り付き、クパの侵入を許しません(笑)。

ミイラマシン

昨夜、レバーをでぃはいどれーと(乾燥・脱水)していると、明け方4時にうらうらの足でキッチンのある2階に上がりやがったっ! そしてそのまま2階リビングで寝るのかと思いきや、しばらくして(私はうとうと寝ていると)カチャと階段を下りようとする爪の音が!! 危ない、降りるのは落下するっ!と私は飛び起きて、階段の上から3段目にいるバドをキャッチし、抱っこしておりました。飛び起きる、ってのは、ぎっくり腰に非常によくない。まして寝起きの力の入らないときに30キロを抱っこするのは自分まで落っこちそうだよ。夜、狭い寝室でエアコンを付けるとバドが寒いと思い、ドアを開けているのだけど、まったく油断も隙もありません。でも、ミイラマシンのニオイがきっと気になったんだと思う。バド爺、鼻はちゃんと利いてます(笑)。

ミイラマシン2

朝はこんな感じ。ワクワクの7ちゃんずです。ミイラマシン、買った甲斐があるねぇ。

レバーは、最近歯茎の色が薄いバドのため。レバーを少量でもいいので毎日与えることが貧血対策になるんだって、というと、トールがレバーを買ってきた。ありがとね。

そんでいま昼間は、下痢回復期のクパと、お芋大好きのバド爺のため、サツマイモをミイラマシン中。まずオーブンで焼いて、そのあとでぃはいどれーとしてます。バドは肉系のおやつをあげすぎると、尿にストロバイトが出やすいので、おやつはいちばん安心なのがサツマイモさんなの。市販のサツマイモ・トリーツを買っていたけど、防腐剤とか入ってそうだから(だって冷蔵庫に入れないのに腐らないし、きれいなオレンジ色ってのもあやしい)今度ミイラマシンで作ってみよう、と言ってたら、さっそくいまトールがやってくれている。いいオットだ。しかし、ミイラマシン途中のお芋をマチュがつまみ食いしてばかり。はたして犬の分が残るのかしら。ま、人間の子どもも、手作り乾燥芋をおやつにする方が体にいいかもしれないね(笑)。

それから、今日、バドの新しいフードが届いた。boschの新製品の「リーナル&リダクション」というやつ。タンパク質とミネラル量が制限されている、アレルギーサポートの食べ物に敏感な成犬用。バドはアレルギーじゃないけどね。尿代謝タンパク質産物の形成を減少させ、尿路の負担を減らしてくれるそうな。足腰の麻痺が進むと、散歩の距離も減りがちだし、麻痺すると排泄のコントロールも利きにくくなる。少しでも膀胱の負担が減らせればいいなと思う。ま、バドはboschのフードの他に、ペットパティースのバーフ・ダイエットK9ナチュラル・ローフード(生食)や生の馬肉や生卵やお魚や玄米やジャガイモなど、なんでもあるものをトッピングをしている。いろんなものを食べられるようにしておくのは、いざ療法食になったときに特定にフードしか食べられないような喰わず嫌いにさせないためによいし、ずっと同じ銘柄を食べ続けていると特定の物質にアレルギーを起こす可能性が高まるそうだから、うちは適当にいろんなものを与えている。まめちゃん(猫)だって、なんでも食べるようになってるよ。ただし、猫は野菜や玄米は一切食べない。さすが犬よりも肉食獣(笑)。
そうそう新しいこのフードは、ジャガイモやキビが主たる炭水化物。ドイツ人(犬)のバドはジャガイモが大好き。おなかに合うといいな。boschはドイツのメーカーというのも、ドイツ犬飼い主としてはなんとなく信頼してしまう(笑)。

26新

蒸し暑い日々がまだまだ続くけど、みんなの犬ちゃんたちもご自愛くださいね。


湿度が高いと困るものについてのオマケは続きで。


[READ MORE...]
丹沢山系大山のお水とり
2010年06月24日 (木) | 編集 |
実は、先月から、わが家に名水「お水とり」ブームが来ています。
お姉ちゃまに言われて始めたんだけどね。験をかついで、恵方か富士山の名水を現地に出向いていただき、土地のいい空気をたっぷり吸い込み、土地の根菜をいただいてくる、というもの。宗教がらみのことは苦手だけど、水・空気・地の自然の恵みや「気」をお裾分けしてもらうっていうのは、素直にいい気がする。自然の神様にお参りな感じね。だから「お水とり」にはいろいろ占術的な細かいルールもあるようだけど、そういうのはあまり気にせず、気軽に「名水をいただき、きれいな空気を吸い、美味しいお野菜をいただこう!」というノリでやってます。オットの休日出勤分の休暇もいっぱい残っているから、トールを会社を休ませて、平日に夫婦でドライブ~♪っていうのも、かなり楽しい。トールも忙しくて、会社に缶詰な生活だったから、東京を離れて、気分転換にもなるはず。

というわけで、1回目の前回の分をまだ紹介していないのに、昨日行った丹沢山系の「護摩屋敷の名水」のレポートを先にします。

東名高速を秦野中井インターでおりて、県道を30分くらい、ヤビツ峠頂上超えたところにある名水です。秦野盆地は、丹沢山系の湧水が多く、環境省の名水にも選ばれているそうな。東京のおとなりの神奈川県で、こんなに美味しいお水があるとは、ちょい驚き。私はWWF時代に、丹沢にはツキノワグマもいると聞いて興味を持ってたけど、来たことなかったんだ。でも、ほんと東京から近いのに、すごく自然が豊か。植林の山だけど、道路沿いの木々たちは苔むしてて、いい感じ。昨日は、水曜で4時間授業だったマチュを、校門で待ちかまえて拉致して(笑)連れて行ったんだけど、マチュも「雲よりも(自分が)高い~」「霧だぁ。霧大好き~」(なぜ霧が好きなんだ? 子どものツボはよくわからん。笑)と大喜び(宿題ができないと文句は言っていたけどね)。まー、塾の宿題も大事だけど、これは理科と地理の勉強さ。

24大山の水
ジャブジャブと出っぱなしの「護摩屋敷の名水」。飲食店などの人もタンクで水くみにくるそうで、いつも行列ができるそう。天気が悪かったので、今回居合わせたのはおじさん1人だったけど、何十本も焼酎のペットボトルみたいなので汲みまくっていた

24お水取り
自然のお水はやっぱり甘い。美味しいんだよね。やっぱりポリタンク買っちゃおうかな~

24山歩き

そして、お水のあとのお楽しみは、当然これ! ガンドッグ飼い主としては、お山で犬を走らせてあげたいじゃないですか!
車両通行止めの林道を発見し、歩きました。バドのために土の上を歩きたかったんだけど、雨の後だったし、ヤマヒル注意の看板が多かったのでやめました(ヒル対策用の粗塩など何も用意してなかったので)。

実は、バドの後肢が、月曜日から具合が悪いんです。すごく麻痺してる。梅雨の湿度は、関節炎や麻痺をひどくさせるのかな。麻痺がひどく、足を引きずるように歩くので、爪が削れて、血管が剥き出しになり、けっこう大量に血が出てしまいます。でもバドは外でしか排泄しない。切なくて、心配で、泣けてきた。火曜に靴とか歩行補助ベストをネットで探したけど、大型犬介護用品を扱うお店が折しも火曜・水曜が定休日。がっくりしていたら、ルナ家が心配してくれて、火曜の夜、いざというときのために買い置きしていたというラバーの靴と背中に持ち手のついたベストをわざわざ届けてくれた。私を励ますお刺身など夕飯のおかずもいっぱい持参して。犬友よ、ありがとう。

24カエル靴
カエル靴を履いたら、血はでませんでした! ありがたや!


こんな体調のときに、バドを山なんかに連れてきていいのか、とも思った。
だけど、やっぱり連れてきたのは大正解。やたらバドが生き生きと歩く。ついには私たちよりも早く小走りに走り続ける。その理由がわかった。

「あ、シカだ!!」

山の斜面を赤い大型の動物が走り去った。シカって、けっこう明るい赤なんだね。アカカンガルーみたいな色。「タビィみたいな色だった」をマチュが言った。そうだね(笑)。
バドが、目をランランさせて、足は麻痺しているだろうに、痛みもあるだろうに、テッテケテッテケ走るのは、きっとガンドッグを魅了する獣の香り、山の香りがあるからなんだと思う。連れてきてよかった。ちゃんと自分の意志で、自分の筋肉で山を楽しんでいるバドを見て、そう思った。長く生きることよりも、ガンドッグとしてのQOL(人生の質。命の質)の高い余生にしてあげたい。

だけど、バドちん、帰りにもう歩けない、とか、大量出血したら、帰りには抱っこになるから、もうそろそろ折り返そうよ(笑)。私とトールは帰り道が少々心配になるくらい、バドは元気。あ! 何、喰ってる!?? げっ、シカの糞だー(涙)。活動的になればなったで、苦労の多いヤツじゃ。

24駆ける
クーパーは、最近、側対歩なのが心配。山の斜面をわざと走らせてみる。足腰、強化! 若いときつくった筋肉が、バドのように15年後にも歩かせてくれるんだよ

幸い、ラバーのカエル靴は破けることもなく、出血もなく、車までバドは自走してくれた。助かった。でも今後は、こういうときのために大型犬用バギーの購入を本気で考えねばと思っている。

帰り道に、秦野盆地や湘南平、伊豆半島まで見渡せる展望台に寄ってみた。昼までの雨がウソのように眺めがいい(さすが最強の晴れ女)。きっと夜景もきれいだろうな。

24展望台

さ。来月はどこのお水をくみに行こうかな。自然を楽しむ、新しいささやかな楽しみです。


追伸:今日は、バドもクパも下痢です。あいつら~、2頭そろって、なんかの動物の糞でも喰ったな!(怒)
しかし、そんなことには動じないのが、ガンドッグの親分というもんです。

映画『アイアンマン2』
2010年06月22日 (火) | 編集 |
330416view001.jpg

土曜の深夜25:20スタートの『アイアンマン2』を、オットのたっての希望により見に行く(日本×オランダ戦を見た後に。笑)。
自転車で新宿バルト9にチャ~ッと行けるのはとても便利。
マチュも「犬がいるなら全然平気~」と留守番してくれるので助かる。

トールが大好きなタイプの映画。私は彼に誘われないといかないタイプの映画だけど……
おもしろかったですね(爆)。
勧善懲悪、どーだ強いアメリカだっ! って感じね。
それになんだかやったらお金かけてるぅ。どーだ、ハリウッド大作だっ! って感じね(笑)。
モナコのレースシーン、すんごいわ。うん、ここまでやってくれたらすごい。映画って、やっぱり夢の世界ねぇ。巨額をつぎ込んだ超娯楽だねぇ。

ロバート・ダウニー・Jr. なかなかいい。ドーナツの上でたたずむいい男だ。アイアンマンははまり役。
スカーレット・ヨハンソン、なんであの人はいつもあんなに艶っぽいいい女なんだろう。

パーッとしたいときにオススメの映画でございます。
深夜3時にごきげんで帰宅しました♪

あ、そうそう悪役はミッキー・ロークだった。ナインハーフのときが懐かしい(笑)。


おまけ。アイアンベイビー。ちょー可愛い♪


吉報!子猫ちゃんず新しいママが決まりました!
2010年06月21日 (月) | 編集 |
先日紹介した2匹のきょうだい子猫ちゃんず、いまABママより電話をもらいました!
新しいママが無事に決まりました!

なんと2匹きょうだいセットで飼っていただけるそうです。
子猫にとっては、ストレスが少ないね。願ったり叶ったりです。
しかもとっても猫好きな方で経験も豊富で、完全室内飼育をしてくださる。
さらに! 息子さんが獣医さんだったという素敵なサプライズ付き!

みなさま、ご協力とお祈り(笑)をありがとうございました!! 
子猫ちゃんず、幸せになってね。
AB家のみなさんもお疲れ様でした。先週の雨の月曜日から1週間、ずっと毎日子猫ちゃんのことで頭がいっぱいだったけど、本当によかった。きっと神様が見守ってくれてたと思うよ。今夜はぐっすり寝てください♪


祝!メルちゃんに会いに行く
2010年06月21日 (月) | 編集 |
20日(日)、ついにこの日がやってきました!
マチュのメルちゃんに会いに行きました!!!!!!!

思い起こせば、マチュのメルちゃんへの道は、すでに4、5年くらい前から始まっていました。
マチュは小学生に上がった頃から「バドはいつもママを目で追っている。タビィはいつもパパを見てる。マチュリもマチュリの目を見てくれる自分の犬が欲しい」と切望していたが、「自分のこともできないうちに、何を言う。生き物を飼うってのは、手間もお金も愛情もかかる。責任重大なんだから、いまのおまえには無理」とママにあっさり却下されていた。でも「自分とアイコンタクトをとれる犬こそが、自分の犬」と気がついていた小学生低学年に、私は内心、マチュはなかなかやるな、と感心しておりました。

その後、2007年6月。コーギーのパチが他界。3頭飼育が2頭になり、通常であれば、それでも2頭もいりゃ十分だろという範疇ですが、なんだか家庭内に空席があいている感じ。それにタビィもバドもすでに高齢。そろそろ次の犬を考える準備を始めてもいいだろうとうっすら思っていた2008年春の頃、マチュがトイレの中から(ママの書いた)犬種図鑑を持って出てきて(トイレの中で犬種図鑑を熟読する小学4年生もどうなんでしょ。笑)、少し興奮気味で大きな声で私にいきなり言いました。
「ママ、ボクサーはどうかな!?」

そうきたかー、と笑いが出ましたよ。ツルピカ大型ドイツ犬の好きなママがイヤと言えない犬種で、あなたの好きな短頭種をついに発見しちゃいましたね、と苦笑いがでました。小学4年女子が欲しがる犬種か。おぬし、やるな、と。

それまでもマチュはボストン・テリアやフレンチブル(コキチやデニの影響かな。笑)が好きだったけど、私は「とてもチャーミングな犬種なのは知っている。でもママは小型犬を飼ったことがないので、うっかりけっ飛ばしてしまいそうだし、鼻ぺちゃ犬は暑がりさんだから、ママのアウトドアの遊び方に付き合わせることが難しい。バドたちと一緒にキャンプや旅行に行かれない犬はバドにも迷惑をかける」と却下していました。そこへボクサーというプレゼンをされたわけです。ボクサーも暑がりさんではありますが、小型犬の短頭種よりは足が長い分、暑さにへばりにくいし、体力もあります。涼しい季節であれば、アウトドア同行もできるでしょう。警察犬をやれる犬なんだから、体力も訓練性能も十分ある。

ボクサーは、最近の日本ではすっかり見なくなったけど(私が子どもの頃はわりと東京にはいた)、いまも欧米では家庭犬としてとても人気がある。つまり、それだけコンパニオン(伴侶)として、(正しい血統を選べば)飼いやすい犬という証し。ドイツ系とアメリカ系だとあーだこーだ言っているウワサも耳にするけれど、ともあれ、バド(ワイマラナー若いときは37キロ)に比べれば小さい。欧米では、いわゆる「中型犬」とされるサイズである。かつメスを選べば、性差があるのでオスよりも少し小さめだから、小学生高学年のマチュがハンドリングすることもなんとか可能な範囲であろう(正しく親が監督すればね)。私だって、小学3年生のときから体重22キロくらいの大型のハウンド(唐津ビーグルみたいな子)を毎朝毎晩散歩していたわけだから、私の娘ならできるはず(笑)。

しかしですね、「ボクサーはコンパニオンとして人気があることからもわかるように、飼いやすいよう犬種改良が進んでいるので、その分ね、心臓や骨関節の遺伝性疾患が多いと聞いたことがあるのよ。また、性格もね、たまにやたら興奮の強い犬もいるの。だから、まず病気のことを調べよう。そして、なるべく家庭犬としてふさわしい、マチュがコントロールできる性質の血統を探さないといけない。それから考えようね」と、返事をしました。そう、それが2年前の話し。

そこで私は、仕事の合間に、ボクサーのかかりやすい病気のことや、犬舎(ブリーダーさん)を調べました。愛犬雑誌の編集の人にも意見を聞いたりね。警察犬系とショードッグ系でこれまたいろいろ派閥(?)もあるらしい。ふむふむ。そして私が行き着いた先が、埼玉県春日部市のボクサー専門犬舎「ドナルーケネル」(許可をいただき、紹介するね)。HPを熟読すれば、私はライターという職業上、文章からにじみでるボクサーへの愛情、真面目な取り組み、ボクサーバカ(失礼。ボクサー・ファンシャー)の情熱を感じ、「ここだ!」と直感。心臓病の多いボクサーのホルターチェックや股関節のOFA検査などもちゃんと実施しているのもポイントが高い。ただ「可愛い可愛い」とか「ショーで勝つ犬」というんでなくて、性質や遺伝性疾患のこともちゃんと取り組んでいるブリーダーは、ボクサーに限らずまだ日本では少数派なので、信頼できると思った。また、アメリカやカナダにも毎年のように渡り、外国とのケネルとのパイプもあり、研究に余念がない。ボクサー一直線、ボクサーオンリーの犬舎、というのがいい。その分、簡単には子犬を譲ってもらえないかも、という心配もあった(笑)。でも、お金をだせばすぐ売ってくれるっていうブリーダーよりも私はいいと思う。
そこで私は、当時、編集Sさんが、グラビアで子犬を探していたので「春日部の犬舎で可愛いボクサーの子犬が産まれているよ~」と教えてあげた(笑)。そんで、私は撮影には関係ないのに、同行させてもらって、ブリーダーさんに会いに行こう!と画策したの。

しかし、その撮影の直前、2008年夏、急にタビィ(コーギー)の具合が悪くなったのは、古いバドブログファンの方はご存知の通り。タビィが心配で、早朝の撮影に同行するのは断念。それから2~3か月、シライシ家はタビィとの闘病・介護生活に突入したので、ボクサー捜しは一時中断した。


そして2008年9月、タビィが他界。バドじーちゃんだけが残された。しばし、悲しみに暮れるシライシ家。

そして2008年12月、いつまでも悲しんでばかりもいられないぞ、元気だしていこう、そうだ、マチュは本物のボクサーの成犬を見たことがない。ちゃんと、おとなのボクサーを見に行って、大きさなどを実感してみましょう!というわけで、ドッグショーへマチュと行く。たくさんのボクサーをマチュとあーだこーだと見学。さらに私は、ドナルーのIさんを発見、勇気をだして声をかけてみたのです。

そしてそのときにBOB(ベスト・オブ・ブリード)をとったのが、パリス。
マチュは、メスのブリンドルのパリスが強烈に印象に残ったようです。

すでに、そのとき、私とマチュの中では、ドナルーのボクサーを、できればパリスの子を譲り受けたい!と心の中で決まっていましたね。2009年春には、ドナルーさんの犬舎にも家族で出向き、お願いをしてきました。


しかし、子犬ってのは、工場生産品ではございません。しかも欲しいのはメス。パリスの子。しかもパリスと同じブリンドル。となると、狭き門でありました。2009年春の発情、秋の発情でも、お目当ての子は生まれず、毎回、マチュは落胆。涙目になってその報告を黙って頷いていたこともあったね。
でもマチュはすごいの。「メルちゃんが産まれないのは誰のせいでもない。生き物だから仕方がない」と言い、「私はパリスの子を待つ」。そんな小学生、そうそういないぞ。わが娘ながら、カッコイイ。
ドナルーさんにもそんな小学生の情熱は大きすぎて、プレッシャーをかけてしまったかもしれません(笑)。
すでにマチュの愛犬の名前は「メルちゃん」と決まっていたのも、バドブログ読者の方はご存知ですね。

そして2010年春、パリスのヒートが遅れるかも、とのことで、ついにマチュは少し譲歩します。「ドナルーさんの犬なら、パリスじゃない子でもきっといい子だから、早く産まれる子を譲ってもらいたいな」。そうだね、そうだね、じゃ、ピッピもこの春、交配させるそうだから、お願いしてみようか。


とまぁ、ボクサーを研究しだして3年あまり、犬舎を決めて約2年、子犬を予約して約1年、
ついについにこの日がやってきました!!
前振りが長くてごめんよ~、さぁお待たせ~、写真だよ~~~!

21メル1
パリスと、パリスの産んだメルちゃん候補1(略して「パリメル」)

きゃ~~~~。5月30日生まれと、6月1日生まれの子犬、全部で7頭~~~~~~~!
ピッピ母さん、パリス母さん、よくぞメルちゃんを産んでくれました!!!!!

21わらわら

21メル4
マチュ人生最大の悦びを味わう。願い続ければ、願いは叶う!

21メル2
ブリンドルのメス「パリメル」(仮称)。ピッピメルより誕生日が2日遅い分、なんだかまだちんまりしてる。可愛い~~~~

ドナルーさんは、マチュに好きな子を選んでいいとおっしゃってくれます。な、な、なんて夢のような! し、しかし、こりゃー、困った。どの子もみんな可愛いっ!

21ピッピメル
ピッピの産んだブリンドルのメス、略して「ピッピメル」。美人で骨量あり

ブリンドルのメスということで、この2頭の写真は「メルちゃんかな~」「メルちゃんかな~2」と産まれた日に送ってくださっておりました。それってペットショップ販売ではありえない体験だし、マチュにとってはすごい幸せなことだと思う。
でも、ボクサーって、ワイマラナーと違い、血統によりブリンドル、フォーンと色違いがでるし、オスメスもあるから、けっこうブリンドルのメス、という指定になると狭き門なんだよね。しかも、柄がみんな違う。これまたお好みが分かれるところね。難しいのね、ボクサーって。私は、オスの子がなぜか好きなんだけど(笑)。骨太な感じが好きなのかなぁ。いやん、どうしよう、今後、7ちゃんずから浮気しちゃうかも(笑)。ボクサーと暮らしてみたら、すっかり飼いやすさにノックダウンしたりして(たぶんクパよりは格段飼育しやすいと思います。はい、正直なところ。でもいいんです、悪くてハイパーな7ちゃんずもたまらんのです)。

さて、意外なことに、マチュは「う~~ん、なんだかこの子もすごく可愛いの」と言いだしたのが、フォーンのメス。えええ、フォーンだし、パリスの子じゃないのに、あら、まぁ、意外。

21茶メル
フォーンのブラックマスクのメス、略して「茶メル」。たしかになんだか可愛い。フォーンのお父ちゃん犬はカナダチャンピオンの持ち込み腹。父犬似になるのかな?

実際に会ってみないとわからんもんですね。ブリンドルもフォーンも、オスもメスもみんな可愛すぎる。みんなちゃんと個性があるの。鼻ぺちゃ犬の子犬はとにかく可愛いもんだね。なんなんだろね、この愛らしさは。どの犬種もそりゃ可愛いけどさー、でも生後2週間くらいの子犬を抱っこさせてもらえる機会なんて、犬ライターをしている私だってそうそうありません。いやーー、みんな誘拐したくなる可愛さ(笑)。

どの子にするかは、まだ未定。ドナルーさんも「成長段階でまだ顔も変わるから」と、いますぐ決定しろ、なんてことを言わないのでありがたい。けど、嬉しい悩みがとうぶん続きそうです。でもとにかく決定するのはマチュです。ものすごい贅沢だ。

「この時期の成長は早いし、二度とない時期だから、どんどん会いに来て」。そう言ってくださるブリーダーさんに会えたことも、すんごく幸せなことだと思う。

そう、マチュの、メルちゃんの飼い主時代はいまついに幕を開けるところだけど、実はマチュはもう3年くらい前からメルちゃんの飼い主になっていたのかもしれない。自分にふさわしい犬種をゆっくり吟味する、人としても信頼できるブリーダーさんを探し、子犬が産まれる前からお互いの人間関係を深めておく、そしてヒートや受胎や出産を一緒に喜ぶ……こういう子犬との出会い方が日本でも増えることを願います。
マチュは昨日言ってました。
「これだけ待っただけ、よけいに大事に思える。子犬はうっかりお店で買ったり、お取り寄せするもんじゃないと思う」
わが娘の発言ながら、涙が出そうになりました。そうです、子犬は商品なんかじゃないんだよね。えらいぞ、マチュ。

21感激<
マチュ感激のあまり、なかなか帰れません 

21不器用な私
子犬を抱くのが恐る恐る。不器用な私。マチュの方がよほど自然に子犬を抱く

21悶絶2
悶絶してしまうほど可愛い

21悶絶
茶メルと、オスのブリンドルかな。ああ、もう最高に可愛い

誰が来ることになるのかな~~。乞うご期待!!


ではでは、これくらいにして、オマケは続きで。



[READ MORE...]
子猫2匹の里親さん募集!
2010年06月17日 (木) | 編集 |
オス1,メス1の子猫の飼い主さんを募集しております!

172匹

私の犬友達、イタグレの AB ちゃんちの自宅のマンション(1階)の庭の片隅で、今週の雨の月曜日にみゃーみゃーしていたところを救出したそうです。そのいきさつはこちら

うーん、雨の中、母猫も来ない、となると、このまま衰弱死という心配もあろうから、救出しないわけにはいかない気持ち、わかる。うちのまめちゃんもそうだったからね。
だけど、そのあと、救出したものの、先住犬と折り合いが悪い場合に途方にくれてしまう気持ちも、すごくわかるよ。

だから、みなさん! HELP!
子猫の里親になってもいいよ~という方、いませんか!


まずオス。サバトラ色というんでしょうか?

17ねこオス1

うん、なかなかのハンサムくんじゃん!

17ねこおす2

オス猫は、オシッコをひっかける、などと心配はご無用。
去勢をすればそんなことはなし。
オスの去勢猫って、最も甘えん坊さんでかわゆい子になるって、猫の専門の先生が言ってました。
うちのまめちゃんを見れば、それは本当だと思います。
バドブログは、犬の飼い主さんが多いと思うけど(いや、意外とまめちゃんファンもこっそりいるかな。笑)、犬が先住犬で、あとから来る猫がこんだけチビちゃんなら、うちのように、犬は許容してくれるケースが多いと思いますよ。ただしA太郎(保護したお宅のイタグレちゃん)のように、以前から猫に異様に執着して興奮しちゃうタイプは難しいかもしれないけどね。


そしてメス。あわ~い色の三毛猫ちゃんです。

17ねこめす1

なんとも、儚げでポチョンとしたお顔が守ってあげたくなる。

17ねこめす2

しかし、この子の右前肢には、先天性の奇形があるそうです(1枚目の写真も見てね)。
詳しくは、こちらを。
獣医さん曰く、今のところ、歩行には問題ないそうです。
うちの近所の野良ちゃんも、片方の前肢が、先天性の異常なのか、後天的なケガ(交通事故など)なのかわからないけど、5センチくらい曲がった子がいますが、別段問題なく普通に生活しているよ。また、パチの抗ガン剤治療のときに、ガンで足を切断したネコちゃんに会ったことがあるけど、普通にベッドやソファーに飛び乗ることができ、私が見たときも上手に歩いていましたから、生きていく上で支障はないと思います。でも、見た目が悪い、と感じる人には不適でしょう。そんなハンディキャップは気にしないよ、という大きな慈愛の心のある方をお待ちしています。


いま、この子たちは、目黒の動物病院にお泊まり中。
というのも、イタグレちゃんちでは、A太郎がいるから、家庭内で預かることも難しいようで。
どなたか、このちび猫たちを幸せにしてあげてくれませんか?

現在、健康状態は良好ですが、この間にもし何か不調があっても、健康体でお渡しいたします。
お届けも、こちらでいたします。
ABママは「この子たちを幸せにしてくれるなら、どこへだってお連れします」と、必死に言ってます(涙)。子猫の体調を考えると、北海道など飛行機便とかになると私個人としては心配ではありますが、とにかく費用はABんちが負担してくれるそうです。車でお届けできる市町村なら、なるべく車でお届けします(私も手伝う所存)。


ご不明な点がありましたら、ばど吉にでも、ABママ直接でも、なんでもお問い合わせください!
ABママは、子どもの頃からずっと猫を飼っていた方なので、ほんと今週は毎日子猫のことで頭がいっぱいみたい。
どうかいい飼い主さんが見つかりますように!!

リンクフリーです!(ABママの許可も済み!)
どんどん広めて、この子たちのパパかママを見つけてください!

どうかご協力のほど、よろしくお願いいたします!

猫も、あんがい、可愛いもんだよ~~~~~♪

くっつき2
“おれは、バドに助けてもらって、よかったと思う~。毎日のんきにハッピーさ♪”

第2回犬トレ部~鋸山(千葉県)~<後編>
2010年06月16日 (水) | 編集 |
お待たせ! 鋸山の午後です。

鋸山は、鋸山登山というより「日本寺」観光という方が実は正解だったので、犬たちにとっては(とくにうちの悪クパにとっては)“おいおい、いつになったら遊ばせてくれるんだよーーーーっ”という気持ちだったに違いない。
というわけで、近くの海岸で走らせてあげよう、ということに。
まだ海水浴客はいないことを祈りつつ、アンモニ家とはバイバイし、残りのメンバーで海へ GO !

ひと気のないところを探すのが得意な隊長(この技術は、バド時代から養われております。人相の悪い、運動欲求の高い犬の飼い主にとっては不可欠な能力です)、さっそくよさそげな浜を発見!

よーし、思う存分、遊べー!走れーっ!!

14-16.jpg
ジョジョとアテナちゃんは大の仲良し。それを邪魔する悪クパ

14-17.jpg
人の物を横取りするのが悦びの、独占欲の強い悪クパ(涙)

ジョジョは優しいから、譲ってくれちゃう。クパ、いま1歳と2週間。今後どんどんオスとして性成熟し、支配性が強くなるのではないかと予感し、不安になってくる私。でも、タマはとるつもりはいまのところないからな~、これから手を焼くことになりそうだけど、頑張らないとな。横取り防止と今後の攻撃防止と、それと謎の魚の骨などを回収してきたり、喰ったりしないようマズルガード買います。

14-03.jpg
“それよこせー” ものすごくジャイアンな悪クパ(怒)

14-18.jpg
スイスイスイ~なアテナちゃんとジョジョ。あっぱれ。それに比べてへっぴりごしのクパ

妙なところがチキンなクパは、泳ぎの達者なジョジョやアテナちゃんのように海には入れません(笑)。

14-00.jpg
海に入るも、これが精一杯、というチキン野郎

14-19.jpg
ジョジョとアテナはちびネッシーのように沖をゆうゆうと泳いでおります

オレンジのオモチャに夢中でジョジョ&アテナ組をロックオンばっかしているクパですが、ルナっちもいるよ~↑。ルナはこのあと海に入り、砂でゴロゴロし、みんなから拍手喝采のドロンジョ様に変身。

14-01.jpg
画面右端、バド爺も砂浜をポレポレしているよ

14-20.jpg
砂まみれのアテナちゃん。これまた私のツボ。じゃじゃ馬ちゃんで可愛い~♪

アンナとリムとカイちゃんとビーちゃんもいたんだけど、写真なしですいません。
クパの管理で手一杯でございました。
悪クパは、ビーちゃんが遊んでいたでっかい黒い浮きまで横取りしようとして、怒られ、大騒ぎにもなった。ビーちゃん、ごめんなさい。クパがこれ以上、暴君にならぬようご指導よろしくお願いいたします。
さらに悪クパは、浜千鳥を見つけて、追いかけて、とおーーーーくに走っていってしまい、焦った。遠くなると、波の音にかき消されて、私の呼び声も口笛も聞こえない。犬笛のトレーニングをすることを今回決意した。

でも、犬たちが思いっきり駆け回り、ふざけっこし、ちょっと小競り合いになりながらもまだ遊び……という姿を見るのは、飼い主として至福の時でございます。
カイちゃんもやっとちょっと遊ぶモードになり、パパから少し離れてプラプラとしたけど、“ハッ! パパがいないっ”と気がついて、焦って、パパを追いかける姿を見るのも、すごく幸せな気持ちになれた。みんなに遠慮してロングリードをつけたまま大きな浮きと遊んでいるビーちゃんを見守るママの優しさも見ていて心温まる。人んちの犬を見るのも、そして、よその犬と飼い主のいい関係を見るのも、これまた至福。

14-21.jpg

そんで、砂浜をポレポレしたあと、巣作りして休む爺様を見るのも、幸せ。
バド、今年も海に来られたね。意外とあんたはちゃくちゃくと記録を更新しているね。
波の音、砂の感触、お日様の光、潮のにおい……五感でしっかり感じてね。
このあと、バド爺は「帰るよ~」と言っても、なかなか起き上がらず、まだ寝る、という感じでした(笑)。

14-22.jpg

砂浜をあとにすると、めずらしくクパが早々にクルマに乗り込んだ。ドアが開いているのに、出てこないでまったりしている。初めて見た。いつもなら、すぐ飛び出してくるし、出せー出せー走らせろー、まだ走りたーい、とうるさいのに、人生初の満足でしょうか(笑)。鋸山でも興奮しすぎてたし、暑かったからハアハアしていたので、その興奮と暑さも重なり、消耗したのでしょう。クパが、もう疲れたよ、って顔するの初めて見たよ。



と、千葉の海を満喫しまして、……しかし、まだ解散いたしません。
ジョジョ&アテナ組とバイバイして、残りのメンバーは、また高速道路に乗り、南下。
安房自然村の不老山薬師温泉の茶色いお湯に入ってリラックスしてまいりました。ふー、山登りのあとの温泉は極楽じゃ。
翌日、私は階段登山のせいでふくらはぎが筋肉痛、バド抱っこのせいで両腕が筋肉痛、しかもぎっくり首&クーパー肩を悪化させ、右腕をもいでしまいたいくらい痛くなりましたが、温泉に入っていなかったらもっと大変なことになっていたのではないかと思う。


犬トレ部、今回は階段地獄ではありましたが、それなりに(たぶん)成功! 幸い、翌日、バドも元気で問題なし。
でも今度こそ、ゆるやか~なトレイルのトレッキング・コースを探してやるぞ!と、すでに隊長は検索を始めております。
でも真夏は避けないとね。次はいつかな~。
犬トレ部およびゲスト参加のとなりのMりんもみんなありがと~♪

では、さらに美味しいオマケは続きで。


[READ MORE...]
第2回犬トレ部~鋸山(千葉県)~<前編>
2010年06月15日 (火) | 編集 |
2月に第1回目の山歩きをして以来、4か月ぶりに沈黙を破り、
6月13日(日)、犬トレ部2回目の活動先は、千葉県鋸山へ!

14-1.jpg
前回に引き続き、今回も一緒のボクサーのビーちゃんと日本寺の石仏

このたびは、大型犬10頭&小型犬(パピヨン)1頭、人間大人10人&子ども1人の大所帯パーティで行ってきました。前回は真冬でお休みしていたバド爺も今回は一緒です。

14-2.jpg

アジサイが咲き始めできれい。新緑も深い。曇り空とはいううものの、ときおり日も差してきます。
梅雨入り前にぎりぎり間に合って、よかった!

しかーし!!
ばど吉隊長、失敗しました。(朝4時まで飲んでいたのも失敗ではあるが)行き先を見誤りましたね。
鋸山は、犬には不適です。とくに、爺犬や関節の弱い犬には御法度。
なにしろ、階段ばっかなんだもーん(涙)。
これでも東口駐車場から入ったので、中腹以上には登っているのですが……

14-0.jpg

おーまいがっ、な階段坂がひたすら続く山なのであった(滝涙)。(↑写真提供は犬トレ部写真部長のPさま)

14-4.jpg
階段2639段だなんて。しかもスロープはほとんどない。階段が9割以上

14-3.jpg

というわけで、じーちゃんの足が心配になり、数少ないスロープ以外、私はオットと交代で、バド爺を抱っこすることに。もう、これはかなり修行です。しかし、じーちゃんのためには頑張らないと。我ながら、私って、バドのこと、こんなに大事なんだね~と冷静に思ったりして(笑)。

14-5.jpg

でも、奇岩、巨岩の道はなかなかおもしろかった。アバターな感じよ(笑)。
ひんやり湿った空気がこれまた浮き世を忘れさせてくれる感じで、よい。

14-6.jpg

でっかい観音様もあった。こんな大きなものを彫るなんて、すごい。うん、なかなか見応え有り。

そして私が、階段があることも一応知りながら(こんなに階段ばっかとは知らなかったけどさ)
どうしても鋸山に来たかった理由は、

14-8.jpg

あの、飛び込み台のような先っぽ、「地獄のぞき」!
あのお立ち台の岩の上が展望台になっているのよ! ひゅ~っっ!

14-9.jpg

そして、頂上付近の広場からの眺め!
海辺のお山なので、眺めが抜群~! そう私が見たかったのはこれなのだ!
(それでみんなをこんな過酷なお山にお連れしてしまった。すいませ~ん。隊長、反省してます)

14-10.jpg

飛び込み台の別にもうひとつ、大きな岩の展望台も奥にあったよ。突端にいるのは、トールとクーパーと、ビーママかな?

しかし、お馬鹿な隊長は、このあと山頂にておなかが痛くなりまして……(悲劇)、でも山頂にはトイレがないっ。大ピンチ! というわけで、バドとクパをオットひとりに託し、いったん下山。大仏のとこにあったトイレへ走る(大人のくせに情けなか。涙)。子どもの頃は山登りでもトイレにこんなに困った覚えがないのだが……大人になるって大変だわ。登山って、基本的に山頂にはトイレはないものよね。もっと高い山ではみなさんどうされているのだろう?と本気で泣きそうな思いでダッシュで下山、事なきを得ました。ふぅ。

でも、バド爺は、階段は上り以上に下りが危険。けれどパワフルクパのリードを持ちながら、バドを抱っこしたら、トールも犬も落下しかねない。バドとトールが階段からもろとも落ちたら、明日から困る。シライシ家、家庭崩壊しちゃうっ。
というわけで、トイレを済ませた私は、ふたたび走って階段を駆け上がっていきまして、オットと犬ちゃんずを迎えに行きました。
おなかを壊したのは自業自得とはいえ、私は2回山登りしたのと同じ。ま、1.7回くらいかな(笑)。そして、オットと交代でバドを抱っこして下山しました。帰りのルートの方がより急だったので、ほとんど階段だったねぇ。我ながらタフな女だと思ったよ(爆)。

大仏のところでみんなに合流できて、ひと安心。ああ、苦行は終了、楽しいお弁当タイムだ!

14-11.jpg

なんかとっても楽しい~♪
大人の遠足って感じよ~♪
大人になっても、遠足は、子どものときの気持ちを思い出させてくれるね。

14-12.jpg
人間がお弁当中、くたびれたバドは、砂利と一体化

お弁当のあとは、そーだ、記念撮影しなくちゃ!
私ね、鋸山のトレイルがちゃんとあると信じて疑わなかったので、地獄のぞきのそばにある、山頂に行けるものと思っておりました。しかし、ここは日本寺の私有地(拝観料600円を払う)のせいか、山道とはつながってなかったの。これは想定外。ハイキングマップとかには書いてあったのにな~。なんでだ~? 解せない、と1人でちょっとぷんぷんする私でありました。本当は、犬トレイル部たるもの、山頂の看板とともに記念撮影したかったんだけどね。

でも、ま、楽しけりゃ、よしとしますか!
よ~し、撮るぞ、撮るぞ。
と、言っても11頭を撮るのに、これまたてんやわんやですよ(笑)。

14-13.jpg
奇跡の1枚!(↑写真提供は犬トレ部写真部長のPさま)

11頭いるの見えるかな~?
左から、カイちゃん(ゴールデン)、ビーちゃん(ボクサー)、リム(パピヨン)、ルナ(サイトハウンドのミックス)、アンナ(ボルゾイ)、アンディ(青Tシャツのフラット)、モニカ(オレンジTシャツのフラット)、ジョジョ(ワイマラナー)、アテナ(イエローのラブラドール)、そしてお尻むけてるバド爺(ワイマラナー)、クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)。
よくもまぁ、こんなバラエティーに富んだ犬種が集まるもんですね。楽しいですね。

おおっ、なんと今日は、リトリーバー御三家が勢揃いじゃありませんか! 写真、撮ろう撮ろう!

14-14.jpg
左からゴールデン・リトリーバーのカイちゃん、フラット・コーテッド・リトリーバーのモニカ嬢、ラブラドール・リトリーバーのアテナちゃん

それなら、ついでに(ついでか。笑)栄光の7ちゃんずトリオも撮ろう!

14-15.jpg
左からジョジョ、クーパー、バド。私はこのジョジョの顔、ツボです


と、階段には泣かされましたが(トイレにも。笑)、それにも負けないくらい楽しい山登りとなりました。
しかし、遊びはまだ終わりません。だって鋸山は、アップダウンはきつかったけど、たいして距離は歩いておりません。まだ昼過ぎじゃん。というわけで、海へ行くことに。後半は続編にて!



ホタルの会2010
2010年06月11日 (金) | 編集 |
新しいパソコンにしたら、いろいろと不調。んで、また今朝オットが撮影ロケに行く前にわざわざシステムを変更していってくれたが、そしたら今度は使い勝手がわからん(涙)。トールは、いま私が取りかかっている単行本まるまる1冊のため、よかれと思っていろいろ手を尽くしてくれているが……アナログな私は変更されるといちいち四苦八苦。まだ肩も痛いし。お水をすくって顔が洗えないし、髪の毛も上手に洗えないから終電のパパ待ち。昨夜の晩ご飯では、タマネギを切っているとき、自分の親指も削ってしまった。え~~ん。パソコンも肩も、早く本調子に戻ってほしい~~~っ。

***************************************

とか言いつつも、こないだの日曜日(6月6日)に行ったホタルの会レポート。
昨年に引き続き、「横浜のチベット」と異名をとる、ルナんちにホタル鑑賞&BBQ(&宴会)に今年も行ってきました。今年はジョジョんちが来られないのが残念無念だけど。

ホタルが光り始める前に、恒例BBQ!

11ほたる1
じーちゃんは今年もホタルが見られるときまで生きてて、お肉を狙ってます。御年15歳7か月

11ほたる2
緑豊かなテラスでBBQ。う~ん、贅沢な時間

飲めや食えやの楽しい宴会。途中、雨が降ってきたけど、パラソルだして、多少のことでは飲むのをやめない私たち。ホタルも小雨の中、鑑賞。1日もクパの誕生日のときに実はちょっと下見したんだけど、6日もちらほら飛んでおりました。日本人の心くすぐる儚さよのぅ。横浜市でこんな住宅の近所にホタルがいるなんて、やっぱすごい。

ホタル以上に盛り上がっているのが、この2頭。↓

11プロレス1
11プロレス2
11プロレス3

ルナブログに書いてあって気がついたけど、1年前はクパがまだいないんだよね。いまはいちばんでかい顔して大騒ぎしている。1年のうちに何が起きるか、わからないもんですね(笑)。

11ナッツ

今年も可愛いちゃっかりナッツ。(リムの写真がな~い!)

と、今年も大変楽しゅうございました。ルナ家、ありがと~!

***********************************

このブログ中に、6回パソコンフリーズ。もういやっ(涙)。さあ、ついにアップとなるか!?



うががっ、今度は……
2010年06月10日 (木) | 編集 |
おとといの火曜日、朝起きたら、今度は肩が痛いっ。右の肩甲骨の内側。
軽い寝違えとか、ちょっと痛い程度かと思っていたが、ありゃ、パジャマが着替えられない、右腕をあげると痛い。なぬっ!?
それでも気のせいかと(現実逃避)知らんぷりをしていたが、髪の毛を後ろにひとつに結おうとしたときに、現実を直視せざるをえない状態に。

うがががが、痛いー! 手があげられない。なんだー、この痛みはっ!?

あきらめてマチュに髪を結んでもらって、へろへろしていたが、それでも「明日には治るだろー」くらいに思っていた。
が、しかし。その晩、痛くて何度も目が覚めた。寝返りはおろか、少し体をひねる、というか動かすだけで激痛で、「うがっ」とか「ぎゃぴ」とかの短い奇声をあげて目が覚める。ある意味、ぎっくり腰よりタチが悪い。だって、ぎっくり腰は、動けない、移動できないという困ったちゃんだが、あきらめて寝ていれば(横になって、じっとしていれば)痛い思いはしないですむ。だけど、この肩は、ほんの少しの体位の動き、腕の動きで、痛みが走るのだ。

四十肩か!?
しかし、オットやその他仲良し犬友達は「クーパー肩だ」と言う。
クーパーの瞬発的な引っ張り力は、たしかに殺人的である。脱臼していないだけ、えらいと思う(マジ)。トレーニング中でもあるが、でもお山を目の前にしたときの「わ~い♪」のときなんかは、犬だってテンション高まり、引っ張るのは私はしょうがないと思ってる。だから、クパのせいで、ぎっくり腰や肩を痛めたとは思いたくはない親心。バドだってきっとクパと同じか、体重ある分それ以上引っ張ってたはずだ。15年前のことだから忘れたけど。でも、クパが悪いんじゃない、老化した私が悪いんだっ。

昨日、あきらめて原稿を中断、またカイロに行った。お灸や鍼の方がいいかなとも考え、まずカイロの先生に電話して聞いてみた。ま、背中が痛いので、カイロで腰を含めて全身を診てもらった方がよいし、今までの経緯も先生は知ってるからカイロに駆け込んだ。

するとですね、四十肩ではなかったです。四十肩って、本当に肘が肩の高さ以上に全然上がらないんだって。私は、自分のうなじには触れないけど、違う方向ならちゃんと上がるのよ。2年前の春にも肩が痛くて首が回らないことがあったけど、それは3~4日で治った。でも本当の四十肩、五十肩って、治るのに半年~1年かかるんだって(おそろしい)。

じゃー、何か。クーパーのことも言ってみましたが、先生的には、そうじゃないと。
頸椎の椎間板ヘルニアのタマゴらしい。ぎゃー。腰に引き続き、なんたること。つまり、首のぎっくり腰みたいなもんか。首の椎間板の問題が、肩甲骨の方へ痛みを飛ばしているとのこと。ふぅん。いちばんの問題は、パソコンワークだと先生は言います。あと日常の動作ね。背骨や頸椎を曲げない姿勢を保つことが大事。

さんざん先生にイジメられました(涙)。いえ、正確にはトリガーポイントをぎゅーと押す施術をしていただきました。涙と奇声とよだれが出るほど、痛かった。

ついでに腰もしてもらったけど、なんか背骨がいい感じ。なぜぎっくり腰から1か月も経たないうちに今度は首がなったのかと思ったけど、首と腰はつながっているし、腰の痛みの負担をそのほかの背中の筋肉や筋がかばってくれてたわけだし、そういう影響でしょうか。肩甲骨まわりを丁寧に施術されると、なんだか腰も楽になりましたし、いい感じでポキポキと音が鳴ってました(笑)。

でも、ぎっくり腰と同じくらい痛みがなくなるのに時間がかかるんだって。えええええーーー(涙)。
またクパチャリが遠のいてしまったのか。クパ、ごめんよぉ。


しかし、やはり友人とオットは「いや、クーパー肩だよ。先生は、クパの力を見たことないから、普通の犬だと思っているでしょう」とまだ言う。うん、私も全面否定はできない。あいつのパワーは殺人的だ。脱臼しかねない瞬発的な力が肩や首にかかる(とくにいまは自転車散歩ができなかったので、引き綱運動ばかりだったし、腰で踏ん張れない分、肩など腕の力でよけいに頑張っていたのは事実)。首をひねったり、頸椎が毎日少しずつずれたり、そういう影響もあるかもしれない。そもそもぎっくり腰も毎日脊椎に負担が重なっていたのかも。事実、大型犬オーナー2人の証言によると、犬を迎えて半年後に、それぞれぎっくり腰を発症したそうな。私もクパも迎えて8か月後にぎっくり腰になった。うーむ、そういうこともありそうな気がする。

だけど、ネットで調べると、暴飲で肝臓が痛むと、寝違えが起きるんだって~。胃弱やストレスでも寝違えるらしいぞ。暴飲はいつものことだから肝臓が弱っていた説も捨てがたい(笑)。

ともかく。
大好きな7ちゃんず(または大型犬のパワーのある子犬、若犬)とずっと暮らしたいのなら、ぎっくり腰やぎっくり首にならない姿勢と筋肉をキープしなければ。クーパーのせいじゃない、40過ぎて7ちゃんずを迎えるってことはこういうことなのだ! 負けないぞ!

10いめーじ

だけど、もうクーパーが人生最後の7ちゃんずになるのかも……と、今週はさすがに弱気になった私です。涙。(写真は裏磐梯キャンプ。イングリッシュ・ポインターのアール部長と一緒に♪)

10くぱ

“おれのせい? パソコンのしすぎじゃね?"
……そうだと思うけど、でもパソコンの前にいないと扶養家族を養えないだろ(涙)。


初夏のお仕事報告
2010年06月08日 (火) | 編集 |
『プードルファミリー』の見本誌が届きました~♪

6新刊

4月初旬にプードル三昧な取材をしていた例のヤツです。
私は犬連れおでかけちび特集のページを担当してます。得意分野(笑)。今回は小型犬向けの本だけど、意外と私が選ぶと実は大型犬OKなとこ多かった気がする(爆)。

いちばん最後の方のインフォメーション記事に、「銀座おとな塾」の告知も掲載してくれました。編集Kさんありがとう~。

6記事


プードルの本に、ワイマラナー連れたマチュの写真ってのが、なんだか異質でおもしろい(笑)。

銀座おとな塾の「東京犬散歩ガイド」クラス、月に1回、ほそぼそと(笑)やっております。まだまだ受講可能でーす。みんなぜひ来てね。全6回とありますが、単発も全然OK。
春から場所を移転し、きれいになったビルなのですが、まだまだ宣伝が行き渡らず、私のクラスだけでなく、うん、私の部屋の前のフィンランド語かなんかの教室も欠員が多いから、そんなに凹まなくてもよいのかな……と思いつつ、ま、でも、わざわざ私に会いに埼玉県から電車に2時間乗って来てくださる親子(セント・バーナードの飼い主さん!)が受講してくれてるってのがすごく嬉しい。ガンバロっと。
裏情報といいますと、そういうわけで人数が少ないので、受講者の希望に合わせた、犬お喋りをしている、って感じです。いまんとこ。個人授業な感じ(爆)。アハハ、ゆるいな~私。ま、これからも受講者の人数が少ないうちは、こんな調子でみんなの希望を聞きながら、ゆる~くやっていくつもりです。犬散歩ガイド以外でも、私に聞きたい犬雑学をなんでも聞いてちょうだい。だって、係の人が教室にいるわけじゃないも~ん(笑!)。

今月は、今度の土曜日12日13時から。金曜でも(もしか当日午前中でも)間に合うから、お時間都合のついた方はぜひご参加を。あ、興味のありそうな犬友達にもぜひご紹介ください(リンクフリー♪)。
そろそろクパバド連れて(バドは無理かしら)、野外授業もしたいタイミングなんだけど、いかんせん暑い季節は無理だしな~。ましていまわかっている生徒さんちはセント・バーナード。タイミングや行き先を考えちゃうな。

ちなみに今後のスケジュール。
6月12日(土)
7月10日(土)
8月はお盆でお休み
9月11日(土)
10月9日(土)
11月13日(土)
12月11日(土)

すべて13~15時です。銀座2丁目駅すぐ。お待ちしてますよん♪

-----------------------

さて、先日のカプノサイトファーガ症の私の書いた配信記事、神戸新聞に掲載されたものを、神戸のジャーポの飼い主・きーやんさんが本紙を郵送してくれました。ありがとーございますっ!!

8新聞

クパが私の手をパクパクしている写真が選ばれたようですな。えへへ、これは悪い例ですよ。感染する可能性が100万分の1ありますよ(苦笑)。
それにしても、バドブログをいつも読んでくださっているとはいえ、クパに会ったことがないのに、よくこの写真で「クーパーだ!」とお気づきになられましたね。嬉しいです。
また、ジャーマン・ショートヘアード・ポインターをコンパニオン(家庭犬)として可愛がっている飼い主さんとお知り合いになれて、とても嬉しい。日本にはまだまだポインターをコンパニオンとして可愛がっている飼い主さんがいっぱいいるのかな~。会ってみたいですね。

8バドチャーム

さらにですね! きーやんさん手作りのバドのチャームもプレゼントしてくれました!
すごーく可愛いっ! きーやんさんありがとう!
さすがジャーポと暮らしているだけあって、マズルのラインとかワイマラナーっぽいね。耳の長さもバドっぽい。バドに会ったことないのに、もうバドブログ、かなり熟読してくださってますね~(笑)。
もったいなくて使えないよぉ。とりあえずパソコンの前に鎮座しております。
今度はクーパーと会った後に(クパの模様をよく観察いただき)、クパチャームもお願いしますよ♪

--------------------------------

そのほかのお仕事としては、ニフティ×ミサワホームの「犬と暮らす家」も、毎月更新しています。
おうちを新築やリフォームしようと思っている飼い主さんのアイデアになるように書いてます。見てね~。

--------------------------------

先日、薔薇の館ステイの日にアンモニパパから、MacのすごいG5?かなんかをお下がりしてもらいました。私の仕事Macがパワーアップして、嬉しい~♪ しかしそれを設置するために、パソコンまわりがぐちゃぐちゃになりまして、私の今まで書いた原稿や資料の山が雪崩状態なんれす(涙)。昨日お片付けをしてみましたが、やっぱりさー、お片付けって下向くじゃない? 腰に悪い体勢なんだな~これが。そして途中で断念。むー。汚すぎる状態なので、仕事する気が起きない……ってそれは言い訳か。

メルちゃんのために、早く本を書き上げるぞーっ!! おーっっ!!!


ぎっくり、順調に回復の兆し
2010年06月05日 (土) | 編集 |
ぎっくり腰、だいぶよくなってきました~。
すでに3週間半経過しましたが、ようやく、って感じかな。でもまだ予断は許さない、いや~な痛みはある。こういうときがやばいんだって。調子に乗って、ついいつもの動きとか過激な動きをしちゃうらしい。こないだガーデニングして、痛みが増したようにね(庭仕事って、すごく腰に負担があるんだって。ひざをついてやるか、小さなお椅子を使うとまだいいらしい)。

でも、代々木駅近くのカイロ「あおいカイロプラクティック」さんのおかげで、だいぶよくなった。カイロは気持ちいい。また、ここのいいところは、おうちでできる体操、日常生活での注意点などを、親身になって指導してくれること。マッケンジー体操とかいろいろ教えてもらったよ(でも1日2~3回、真面目になかなかできない私。反省)( Sーシャさん、本も教えてくれてありがとねー)。

その場のマッサージや施術だけでなく、大事なのは日々の所作や毎日のストレッチ、運動。真面目に体操やって、早くクパの自転車散歩を復活してあげなくちゃ! 体のメンテナンスをちゃんと続けて、10年後、15年後も7ちゃんずと暮らせるもんなら暮らし続けたいです。

5ばど

“おいちゃんの階段抱っこもしてね~。おでもまだまだ生きちゃうもんね~”

神代植物公園バラフェスタ
2010年06月03日 (木) | 編集 |
こないだの日曜日は、運動会に応援に来てくれていた母とマチュと、神代植物公園バラフェスタに行ってきました。
オレンジ本で深大寺周辺はお世話になりましたが、植物公園内は犬 NGなので入ったことがなかったのよね。今回初めて、母はバラが大好きなので行ってみたよ。

3神代バラ1

ひゃ~、きれい! 思ったよりバラ園が広い!
バラフェスタの最終日だったんだけど、バラはまだ十分見応えがあった。人出も多かった。
2年越しのコンクールで競い合っている最中の新種のバラの花壇もあり、変わった品種が多くておもしろかった!

3バラ4

ちなみにですね、余談ですが、運動会は紅組優勝!
6年生のマチュ、なんと6年間勝ちっぱなし! 6連勝!! すげーな。
今年はマチュは選手リレーも1等だったし、達成感のある運動会だったね。よかったね。
もう娘の運動会で、でっかい声で応援したり、一緒に運動場でお弁当を食べるのも最後かと思うと寂しいよぉ(涙)。

3バラ1

バラたち見事。

3バラ3

オレンジ色とかサーモンピンクのバラが、いま私は好きみたい。
子どもの頃は真紅のバラとか、ガラスの仮面の紫のバラ(笑)に惹かれていたが、年をとったせいか、それかトールと暮らしていると性格がまるくなってトゲが減ったせいか(?)、好みがマイルドに変わってきた気がする。

3ドイツバラ

それともうひとつ気がついた法則。「これ、いいな~」「このバラ、素敵」と立ち止まってしまうバラは、なぜかことごとくドイツで品種改良されたものが多かった! たまたまにしては多すぎた。バラといえば、イギリスとかフランスが本場な気がするけど、なぜ私はドイツ好き? 犬だけでなく、バラの品種まで、なんとなく私のツボを刺激するらしい。やっぱりいつかドイツに旅してみたいねぇ。きっと私のフェイバレットなものがドイツには多い気がする。好みや感覚や発想が似ているのだろうか。謎だ。

3バラ5

それと、すごく気になったバラはこれ ↑。「ジョン・F・ケネディ」という名前。アメリカの品種。
これ、私には血しぶきにしか見えないっ。きゃー。名前の由来はそうなの? どうなのっ!? 検索したけど、よくわかんなかった。私の思いこみ? うーん、ショッキングでドラマチックだわ。

3ベゴニア1

↑ 温室のベゴニアもきれいだった! まるでバラかダリアのよう。ベゴニアもいろいろあるんだねぇ。

3ベゴニア2

↑ これも全部ベゴニアなんだよ。

4祭り

↑ そして、お土産にバラの苗を購入。
実は今までずっと探していた品種。「祭り」というバラなんです。
でも、私、バラの消毒とか苦手だしぃ、なかなか売ってない種類だしぃ、今まで手を出していなかったのですが、先日のアンディモニカの薔薇の館にうっとりしたため、ついに決断しました。

3まつりばら

オレンジのミックス色ってのも、オレンジ色の好きなマチュにぴったり。うん、すごく可愛いバラだ。
というわけで、アンモニママおよびその他のバラに詳しいバドブログ読者のみなさま、マチュのバラが枯れぬよう、これからばど吉にご指導のほどよろしゅうお願いいたします。

追伸:アンモニママへ。実入り山椒もついでにゲットしてまいりましたよ~!(笑)


クーパー1歳!!
2010年06月02日 (水) | 編集 |
21歳!

本日6月2日、クーパー、1歳になりました!!!
愛しの里芋、ワニお、パクお、プーパー(10か月くらいまではくっさいおならをよくしてた! 腸が未成熟だったからかな)と、さまざまな異名を取りながら、大きくなりました。

この1年の間に、
こんなことや(来て早々、最初に泣かされた事件)、
あんなこと(新年早々、二回目に泣かされた事件)
を乗り越えて、無事に成長してくれた。
ありがとう、クパっち。
あんたといると、すごく楽しい。毎日すごく幸せ。

去年の6月、ジャーポを迎えるつもりはなかったけど(マチュのメルちゃんが産まれるのを待っていたので、私の次の7ちゃんずはまだ先の話と思っていた)、
クーパーがうちに来ることになったのも、神様の思し召し。

おかげで、バドは若返り、いまも元気に日常生活を送っている。裏磐梯にキャンプにも行けるくらいフツーに元気。
おかげで、私たち家族は、バドとのいつか来るお別れをカウントダウンするヒマもなく(笑)、日々、忙しく、楽しく過ごしている。
おかげで、若い犬のお友達ができて、老犬生活以外の若犬生活も満喫できてる。

クーパー、うちの子になってくれて、ありがとう。
1歳のクパのこれからの成長もほんと楽しみだ。
クーパー、大好き! 私の可愛い里芋。
オット曰く、私は1日に3回以上「クーパーは可愛いなぁ」「ほんとクパは可愛い」と、つぶやいているらしい。
バドは「可愛い」という域を超え、「愛しい」「かけがえのない」「大事大事」な存在。
もうバドは、クパみたいに、悪いことしでかさない(あ、たまにまだやるけど。苦笑)し、私に金魚のフンみたいにひっついてくることもないし、つねに私をロックオンすることもなくお昼寝しているけど、クパはね、常に私の1メートル範囲内にいて、こっちを見てる。
そりゃ、可愛いわい。こんな可愛い相棒はいない。

クーパー、今年も大きく育て。
いっぱい走ろう。
だから、今日は平日だけど、横浜に走りに連れてってやる。

クーパー、それに来年の6月頭は、メルちゃんと合同誕生日会だよ♪(うほほ~い!!!)
今年は、いいお兄ちゃんになってくれ。なれるかな。ちょい心配だけど(笑)。

2010年の6月頭は、ハッピーでいっぱい。

あ! ザイオン、キキちゃん、松ちゃん!!
みんなもお誕生日おめでとう!!!!!!! 近いうちにお互いの成長ぶりをまた見たいです。


でも、悪クパのオマケは続きで。


[READ MORE...]
大人の社会科見学
2010年06月01日 (火) | 編集 |
わー、6月だー! お天気いいねー! 暑くなってきたねー!
タイ料理が食べたくなった。
でもまだぎっくり腰は痛い。1日外出すると、こたえる(涙)。ま、もうバド階段抱っこはしてるし、昨日ガーデニングで重たい土袋やでかい鉢を移動させたりしたからいけないのよね。安静なんてできない性格(反省)。

ぎっくり腰になって3週間。けっこう長引くもんですな。
でもこの間にもイベント目白押しの私。ブログのネタも溜まってる。なのにもう6月。早く書かないと忘れちゃうし、気持ちの旬が遠ざかる。サッサと書くぞ。

************************************************

先週金曜は、首都高モニターの「トンネルサイン実験」に参加した!(犬ブログじゃないネタですいません)

私ね、今年、首都高のモニターに当選したの。650人中の150人くらいが合格だって。モニターといっても半日参加する用事でも参加費は3000円で、交通費は自腹だから、お小遣い稼ぎにもならんのですが(笑)、でもさー、お金じゃないと思った。だって、工事現場や新品の高速道路とか、見るチャンスってないじゃん!
私は勝手に「首都高タモリ倶楽部」と命名し、ワクワクとしているのです。

そして当日。ぎっくり腰なんかに負けないぞ。
川崎の大師線(今年10月に開通するんだって!)の現場に行ってきました!!

1首都高1
ジャンクションつくってます

1首都高2
ヘルメットかぶって、反射テープ付き安全チョッキ来て、いざ現場へ!
この出で立ちになるだけでもうかなりワクワクな私


1首都高3

とにかく、デカイ! 思ったよりデカイ!
まだアスファルトを敷いてない。コンクリートのまんま。
反対車線の大きな絵は、近所の小学生を招いてお絵描きイベントをしたんだって。今からアスファルトを敷いて埋めちゃうらしい(笑)。

1首都高4

さ~、いよいよトンネルに入るよ。ワクワク~♪
いろいろ説明をしてくれます。いちいちなんでも興味深い。興味津々で真面目に聞く私。消火栓の話とかトンネル掘る工法の話とか。巨大モグラマシンのようなので掘るんだって。すごい技術だ。
「この現場には、何人くらいの人が働いているんですか?」(子どものように質問する私)
「うーん、えーと、(何社もゼネコンが入っている共同事業ですし、その下請けのみなさんもたくさんいるからわかんないよねぇ)、そんな質問受けたことないから~(笑)、150人くらいはいるでしょうねぇ」
2.2kmの現場にたくさんの人が何年間もたずさわっているんだねぇ。
私は自然保護団体にいたので、「必要のない道路をすぐつくるから、生態系が破壊されるんだよっ」と道路族議員やゼネコンが嫌いでしたが、しかし、このように「はったらくおじさん、はったらくおじさん、こっんにちは~♪」を見学させてもらうと、親近感といいますか、尊敬の念といいますか、とにかく感情移入しちゃいますね(笑)(私は実に単純です)。

1首都高5
おお~っ、つくってる、つくってる!!

1首都高6
上下線の間は、いずれ壁を造るので、こんなアングルで写真が撮れる(=上下線が両方見られる)のは、今だけ!

ちなみに、トンネル火事や事故などの緊急時を知るには、いちばんいいのはラジオをつけることなんですって。距離の長い危険そうなトンネルには、いったん受信したラジオを再放送(ほとんどリアルタイムではあるが)をするシステムになっており、万が一のエマージェンシーのときには緊急放送が入るようになってるんだって。へぇ~~~っ。

「緊急時には、とにかく車を置いて、非常口から地上へ出てくださいね」
「自分の車を置き去りですか」
「はい(苦笑)、そうしてください」
「犬も非常口に連れ出していいですか?」
「はい。かつてトンネル事故で、愛犬を一緒に連れて逃げておられる映像も非常カメラに映っていたことがありますよ」

そうですか、そうですか。
犬も連れて行くのは、私からしてみれば当然ですが、お墨付きをいただき、安心しました。

1首都高7

さー、ここからが私たちの出番。
いま表示されているサイン(看板、案内指示図)で、素人さんもいざという緊急時にちゃんと地上に出られるかどうかをテストしまーす。1人で2分おきに出発します。
「遭難したらどうしましょう」(私)(だって携帯も圏外なんだもん)
「大丈夫です、間違えそうな場所に、係の者が隠れてますから(笑)」
小学生並みの質問をする私です。

細くて薄暗くてひんやりとしているトンネル。ちょっと心細い。
ましてや緊急時はもっと焦ってて、半分パニックな気持ちだろう。実際、写真を撮る心の余裕もなし(意外とチキンな私。工事のおじさん達が現れて↑、やっと「あっ、そうだ、写真写真」と思い出した)
でも、トンネル(非常口)ってこうなってるのかー。
1回こういう練習をしておくと、いざというときに心の準備もできそうだ。

1首都高7
わー、お外だー! 無事生還!

空が見えるって、なんて安心するんでしょう。
地面の下とか海の下って、やっぱり生命の危険を感じるものよね。地上ってありがたい。

とまぁ、こんな感じで、第1回目の首都高タモリ倶楽部が無事に終了したのでした。
は~、ほんと楽しかった。

1おまけ
クパはふて寝してたはず。“おれを置いてきぼりにして、そんなことしてたんか~。早く帰ってこいっ”