ドッグラン通いは続く

いやー、連休直前ですねー。
みんなお仕事は片付いてますかー?

しかも雨が多いね、今年の4月は。都心は、至上最大の雨量だというじゃないですか。そりゃ、走るマシン・クパっちがぶーたれるのも無理はありません。

というわけで、またもや日曜、午前中の用事を片付けて、午後、横浜の貸切ドッグランにクパのガス抜きに行きました。

28山手トンネル

首都高の中環状線、初台南インターから大橋ジャンクション経由東名ルートのおかげで、青葉インターまで20分で行けるようになった! これは便利(渋滞していないときは最高!)。
ドッグランをいつも予約をしてくれる横浜在住、いつものルナんちより早く到着してしまう、ゴールドのプジョーちゃん(笑)。ドライブは楽しいぞ~。

28グラン

でもルナアンナが来ないと、クパも走らない。犬の幼なじみは運動のために非常に重要である(笑)。
その後、ルナアンナが到着するとクパ炸裂。バド爺もぽれぽれとよく歩き回る。

28こぎず

ドッグラン後、ルナんちご近所さんのコーギーズに会う。1頭はカーディガン(右)、1頭はペンブローク(左)。カーディガンはやっぱり体でかいし、耳もでかいし、頭の鉢もでかい。チョー可愛い。当日、トールは徹夜明けなうえ髪を切る予約をしており、代々木に残してきたため、飼い主さんにお願いしてコーギー馬鹿のために写真を撮らせてもらう。コーギー、やっぱ可愛いなぁ。

夕方、マチュが憧れる(笑)大型郊外店でお買い物~。伊勢丹や高島屋とは違う悦びがあり、お買い物に拍車がかかる。生鮮食料品も安いし、商品の品揃えが豊富なので、とにかく楽しい。今度は隣のでかいホームセンターにも行きたい(意味もなく行きたくなる。笑)。

そしてルナんちに帰宅。最近、すっかり別邸(笑)。
さっき買った、つぶ貝を料理してもらう間、犬たちはまたプロレス。これもよい運動。

28さといも食い

よく見ると、ルナが里芋に齧り付いています(爆)。いつも里芋丸かじり状態です。でもキャンとは言わないので、ただのプロレスなんですね。仲良しですな。

28とりあい

今度はアンナ姉さんとぬいぐるみのとりあいです。
クーパー、よかったね、おねーちゃんが2匹もいて(笑)。

こうしてセカンドハウスでたっぷり心も体も満たされて、翌日は、都会でまったり満足して寝てくれるわけです。感謝です。バドもドッグラン&ルナんちおでかけの晩はよく寝てくれる。明け方に何度も「毛布かけろ」と起こされないので、私もぐっすり眠れる。助かる。

28ちょい寒い

ちょっと寒いし、くたびれていると、クパがくっついてきても文句を言わずに、ひっついて寝ているバド。ついでにまめちゃんまでご一緒に。この位置は私のパソコンのすぐ左横。オス3頭、みんな分離不安らしい(苦笑)。

さー、連休直前。お仕事もうひとふんばり頑張らねば。

新しいプラズィオンちゃんのお話しは続きで。

競走馬クパライアン

土曜日のこと。
最近やたらデコ好きのマチュ。私が生んだはずなのに、手先が器用なうえ、ちまちました作業が大好き。

そんな彼女に、先日買ったクパのジェントルリーダーの説明書を読みながら、
「ねーねー、鼻の当たる部分にフェルトを縫ってあげるといいんだって。フェルトあるなら、クパのためにやってあげてよ」と言うと、あっさりOK。(お裁縫の苦手な私は、お金をもらってでもやりたくない作業だというのに。苦笑)

そして、じゃーん。

24競走馬

テープの部分だけカバーしてくれればよかったんだけど……
マチュの美意識的には「これが可愛い」と。
そうですね、可愛いといえば可愛い。馬みたいといえば馬みたい(笑)。
いやはや、なかなか素敵ですわね。

そして、ワンポイントにスパンコールの飾り。
なんだかわかる?

24マチュの愛

よーくみると、クパっちの横顔なんだな。左向いた垂れ耳犬。
色味的には、バドっぽい色だけど、それはたまたまあったシルバーのスパンコールを代用しているからだね(笑)。

マチュの弟への愛。(4号マチュの弟は、5号まめちゃん、6号クーパーなの)(将来やってくるメルちゃんは7号。マチュの初めての妹であると同時に、マチュは<メルママ>になるんだそうだ。笑)

茶色い顔の弟よ、マチュの愛をしかと受けとめ、おとなしくお散歩するように!

追伸:さっき使ってみた。滑りがよくなった分、ストップ(マズルと目の間のくぼみ)が浅い独ポのため、ずれてお目々が隠れていたから、首のテープの方をギュッと締めた。そしたら快調。スパンコールも夜道でキラリと光り、なかなかイケテル。しかしですね、一般の人から見ると“わっ、あの犬、咬むのかしら? 口輪してるわ”と勘違いされるかもしれないな~。ま、いいか。勘違いされるくらいがちょうどいいかもね、不用意に小型犬に寄ってこられるよりお互いに安全かも(笑)。

業務連絡:オットへ。週末だというのに、徹夜、お疲れさーん。今夜、犬ちゃんずはパパが帰ってこない帰ってこないとソワソワせずにおとなしく朝まで寝てくれるでしょうか(願)。

びっくり&スッキリ

昨日、衝撃的な事件がありました。
笑えるけど、びっくりする事件です。

2週間くらい前から、うちの1階のトイレが詰まり気味になったの。
パコパコとかで頑張っていたのですが、どーも完全によくならない。
諦めて、初めて水道110番みたいなところに依頼しました。

プロ用のバズーカみたいなパコパコや薬剤をしてもやはりなんか中途半端にダメで、「もしかして外の配管の問題かも!?」とまで言われ、暗雲が立ちこめた。「とにかく便器をとりはずしてみましょう。それでダメなら配管です」。
便器とりはずし代は、25,000円もかかるというが、仕方ない。やってもらった。

そして、ついに原因が判明!!!!
(犬を飼っている人は、ウンチくらい見たって平気だと思うので、あえて事実を掲載)

24ほね

幅4~5センチ×長さ7~8センチくらいの、この白い物体はなんだ!???

ドライバーでつついてみた(笑)。硬い。
答え。こりゃー、牛の骨だ!


つまり、クーパーが室内トイレでウンチをした際、トイレに流してた(トイレ不調後、クパウンチをトイレに流すのは禁止にしたが)。そのウンチの中に、こんな大きな固形物が隠れていたのだ!
おいおい、もっと噛み砕いて飲み込めよ。丸呑みすんなんよっ。

しかしですね、下痢便ならトイレには流さない。そもそも下痢便ならこの物体に私も気がつくだろう。
すなわち、何がすごいって、クパの大腸は、こんなデカイ固形物入りウンチをそのまま何食わぬ顔をして下痢もせずに排出したことだ。クパの大腸は、TOTOの便器より、排水管よりも優秀ってことね(とほほ)。さすが、ウンチの太いジャーポさん。お見事。
と、妙なところに感心して、マチュと盛り上がったのですが、水道職人さんも、この道長いそうですが「骨は初めて」とびっくりしてました。

でもね、クパのようなデカイウンチはもちろんのこと、小型犬のウンチでも塊になると詰まる事例はわりとあるそうです。ほぐして(苦笑)流すようにしないとヤバイとのこと。ましてや、トイレットペーパーでなく、ティッシュでとってトイレに流すのは御法度。
また、このたびのクパのように、ウンチの中に何かが隠れているケースもやばい。ビニールとかサランラップとか、ウンチの中に紛れていると詰まる原因となります。小型犬でも充分に気をつけてください。

なにしろ、今回、クパのウンチのせいで、作業費総額約5~6万円ですよ(涙)。強力パコパコ代、消毒代、便器とりはずし代、汚物処理代、出張代などなどで。ま、クパのせいではない、流した飼い主の責任なのですが、いやー、まったくクパっちと暮らすと諭吉が飛んでいく事件が多いわい(涙涙)。
でもね、もしも便器下にひっかかっていたのではなくて、排水管の方で詰まっていたら、地面を掘って40~50万円の大仕事になっていたそうです。恐ろしい。片手の金額くらいで済んでラッキーと思わねば。

そこで七転び八起きの私はどうせ出張代かかるのならと、ついでに調子の悪かったウオッシュレットも新調。これでまた機器代と設置費などで6万円。高いねー。

でも、原因もわかり、詰まりもスッキリ解消されて、気持ち晴れ晴れ。
排水管の詰まりは、おうちの「気」も悪くなるっていうじゃないですか。
いやー、よかったよかった。新品のウオッシュレットも嬉しいし。

と、まぁ、お天気のよい週末に、汚いお話しですいません。
だけど、みなさまも愛犬のウンチ処理には十分お気をつけくださいませ。

バド大学病院定期検診

22バド病院

今日はバドの3か月ぶりの大学病院。
体重が26.8キロになってた。あちゃー、痩せてしまった。
最近、後ろ肢が痛そうなので食事制限を少ししてたんだけど、これは減りすぎ。ごはんを増やそう。でも1度にたくさん与えるとウンチがゆるくなるので、1日3食にしよう。

心音は可もなく不可もなく。
でもここんとこの寒暖差で少し咳が出ているのが心配なところ。でも、もう15歳5か月、いたしかたないね。

今後もっと悪くなったらエースワーカー(ACE阻害剤)を増量したり、血管拡張剤や心臓のポンプを強く動かす薬を増やすことになるって。でも増量したり、種類を増やした薬たちは、ひとたび増やすと死ぬまで飲み続けることになる。増えることはあっても減ることはない、それが僧帽弁閉鎖不全症。
だから、薬を増やすのは、もう少し様子を見ましょう、ということになりました。
次に行くのは3か月後。それ以前に咳が増えるなど異常がみられたら、電話して早く診てもらうことにした。
次は心エコーして、血の逆流ぶりなどを測ったうえで、お薬を増やすことになるだろう。
心エコー代は5諭吉くらいするから、イタイけど、しかたないね~。はい、私は働くよ、バド。

だから、16歳のお誕生日目指して、頑張ろうね、バド。

待合室でおとなりだったラブちゃんは、14歳半。
この数年のうちに3回も癌の摘出手術をしたんだって。

老犬は大変。老犬の医療費も大変。
だけどラブちゃんは穏やかないい顔をしていたし、飼い主さんのお母さんとおばあさんも悲壮感はなく、穏やかに老いを受けとめている感じがした。
こんな風に大学病院にわざわざ二人ががりで連れてきてもらって、幸せな子だなぁと思った。

14歳、15歳にもなったら、人生カウントダウンなのは否めない。
だけど、
バドもラブちゃんも、いま幸せそうだ。それがいちばん。


うちのもう1匹の7ちゃんずは、いま……は続きで(笑)。



ジェントルリーダー買いました

今日の東京は暑かった。
でも昨日までは雨続き。クパお、ストレスばりばり。
だけど、バド爺もいるし、傘もあるし、引っ張られると困るんだよっ。

21ジェントルリーダー

というわけで、ジェントルリーダーを買ってみました。
正しく装着しないと鼻面が禿げると聞きます。
クパは前足でマズル部分を抜かないようにも注意です。
様子見で、注意深く使用してみようと思います。

でも第一印象としては、たしかに引っ張らないです。
人間より体重のはるかにでかいお馬さんをコントロールするのと同じ原理を使っているジェントルリーダー。
理にかなっている気はします。
今後の活躍ぶりに期待。


そして今日は夕方、晴れたのでチャリで爆走!
数日ぶりだからクパは興奮しまくり。
しかし、今日は暑い。
泡を吹きながら、ベロだらりんで走るクパっち。おいおい、大丈夫か。
少しお水も飲もう(でも胃捻転には注意だからちょっとだけね)。
そしてクールダウンしよう。

21あちゅい

これからの季節はどんどん暑くなるんだから、
あんたも「セーブ」という言葉を覚えなさいね(笑)。

バド若返り!?

なんか、バドがごはん食べてもすぐ寝ないゾー。
私のそばに来たり、文句鳴きしたり。
寒くて文句を言っているのか、なんだ?

と、思ったら、クパが気に入らなくてリビングで鳴いてる。
なんだよ、うるさいな、と様子を見に行くと、

16バド若返り

ありゃ、オモチャの取り合いしてるよ!

じーちゃん、元気だねぇ。
どうしたの? 今日は寒いのに。調子よさそうじゃん。
k子先生に教えてもらった新しいサプリメントが効いて、関節痛が減って、やる気が起きているのかな!(なら、嬉しいな♪)

16バド2

お、バド、牽制してる(笑)。そしてクパっちも負けじと手を伸ばしてる。

16バド3

15歳半になっても、オモチャが欲しいなんて、
やっぱり新しい犬を迎えたのは、バドにとってはいい影響を与えたと思う。
脳に刺激を与えることは、大事。
昼間、なるべく活動させることも大事。昼夜逆転しはじめると、痴呆が進みそうだから。
そして寝てばかりじゃなくて、立ち上がり、クパに文句を言い、骨ガムやロープを取り合いすることは筋肉も使うこと。それも大事。寝たきりにならないために。

先住犬の性格もあるので一概に言えないけれど、
バドにとっては、クーパーを迎えたのは成功だったと思う。
そんで生後10か月になり、お外でマーキングもいっぱしにやるようになったクパっち(まだたまにしゃがんでオシッコするけど、先々週くらいから不器用に足を上げるようになり、ちょこちょこ分けてオシッコをするようになってきた。テリトリー意識、成長中。都会暮らしとしてどうかという賛否両論はあるだろうが、犬としては正しい発達である)。

それだけオスとして成長している証しだけど、昨夜もバドに一喝されたら、クパはちゃんとベッドから立ち上がり、バドに寝床を譲っていた。爺さんをやっつけてやろー、爺さんより上になってやろー、という行動は(まだ)していない。今後どうなっていくかは未知数だけど、今後それを観察するのも興味深い。

去勢していないオスは、本来のオスとしてオスらしい。バドがそうだったけど、オスには厳しいが、自分より弱いもの、小さいものには手を出さなかった。子犬やメス犬には咬まれても、我慢してた。クパもそういうオスらしい正しいオスに育ってほしいと思う(タマをとらない以上はね)。本当に力をつけた成犬になったときにも、爺さんには偉そうにしない犬になってくれたら嬉しい。

本当に強いオスは、自分より弱いものに対して、強さを誇示しない。(ああ、昔、私が子どもだった頃、近所にいた白い秋田犬のハクがほんとにそうだった。いつも黙って、堂々としてた。かっこよかった。男の中の男だ)(人間のオトコもかくあるべきである!)(猫や子どもを虐待するなんて弱いものイジメのさえたるもの。強くない証し。私はまだ怒っている)。

クパがバドにこれからも生きる刺激を与え、
バドがクパにオス犬の威厳を教えてくれると、嬉しいなぁ。


さ、現実逃避してないで、プードル原稿、やりましょうっと(泣)。

ドッグピラミッド

クーパーは、ほんとは毎日のように(昨日のブログのとおり)某横浜にあるダニの森(勝手に命名。6月にはホタルの森に改名する)を散策するか、貸切ドッグランでルナと爆走するかを希望している。和田堀公園(杉並区。日曜日、マチュが数検を受けている間、2時間半お花見散歩)も行かないよりは楽しいけれど、爆走できないと欲求不満(涙)。ダッシュしては止まり、ダッシュしては止まりで、こちらも腕が痛くなる。人間が歩いて散歩くらいじゃー、全然満足させられない7ちゃんず(ガンドッグを示す7グループのこと)。

日曜日の和田堀公園(2時間半)→貸切ドッグランでルナと爆走、アンナとおもちゃのとりあい(1時間)→ルナんちでプロレス(1~2時間)して、ようやく満足した茶マスク。月曜日は運動と心の刺激が満ち足りたため昼までいい子で、私が午後出稼ぎに行くときも、おとなしくすぐハウスした。やっぱり運動欲求を満たしてあげることは本当に大切。

だけど、月曜夕方取材から戻ると、もういい子ではなくなってた(涙)。散歩いこー、走りにいこー、と、うるさい。ルナ姐さんに毎日揉んでもらわないとだめなのか、おまえはっ!(ルナ姐さんじゃないと、私はあんな暴れん坊、一般のドッグランで野放しにはできません。よそ様に迷惑をかけますから。犬にも幼なじみってあると思う。タビィとバドにとっての黒ラブのサリーちゃんのように。気心しれた犬と、気心しれた<クパに理解と愛情を示してくれる>飼い主さんとじゃないと気疲れしてしまい、私が遊びにくい)

そんで昨日は、代々木公園チャリで爆走(携帯カメラで撮ってみた!)。

16チャリ

前半はほんと全力疾走。ママは命がけ。
中盤戦、やっと普通の駆け足になる。
そうしたら、公園のすみっこで少しオビディエンスの練習。運動が足りていると、ツケ(脚側行進)もマテも、スワレマテ、フセマテで離れて、オイデも完璧! やればできるじゃないか、クパっち!
つまり運動が足りていると、引っ張らない、興奮抑制もできる。そういうときにオビディエンスを練習すれば、理解・学習が早くできると思う(まぁ、駆けっこなしで本物の落ち着いたいい子になるには数年かかるだろうが。笑)。10~15分程度、体の休憩(熱中症予防のためのヒートダウン)がてら行うんだけど、トレーニングのときは知恵を使うからそれはそれで疲れる(脳に刺激がある)はずだ。
後半戦は並足でまた公園を何周も回る。持久力は赤筋だっけ白筋だっけ?(どっちかが瞬発力を発揮するときに使う筋肉で、どっちかが持久力用) 赤筋と白筋の両方を鍛えるために、後半はトロットで走る。

約1時間半、クパにお付き合いしたら、今度はバド爺の番。近所の公園までゆっくり歩き、たっぷり草のニオイをクンクンさせてあげる。膀胱が空になるまでプラプラする。約30分。

若犬と老犬、2頭の7ちゃんずを満足させるのは、夕方散歩だけで2時間が必要なのね(涙)。
そのほか朝の散歩が約30分(パパの仕事)、寝る前の散歩(本来は爺様の膀胱炎対策のためだが、もれなくクパも付いてくる)が約20~30分(パパお迎えがてら)。1日24時間中、最低でも3時間は犬のためにあけとかないといけないのですね。
さらに週末には半日~1日仕事で遠出のお付き合いも必要。
たしかに7グループの犬を「飼いやすいよー」とは口が裂けても言えませんわい(苦笑)。
だけど、私にとっては、これに幸せを感じちゃうのだから仕方ない。クパとバドの喜ぶ顔を見るのが、私の幸せ。


さて本日は雨。チャリ散歩は行けません。
だから今日のクパのランチは、ドッグピラミッドで。おもちゃの中にドライフードを詰めて、転がしてフードをゲットしていくオモチャです。

16ドッグピラミッド

お仕事でもお付き合いのあるsumainuさんで購入。ここのグッズはシンプルでモダンでカッコイイ。バイヤーが男性だから、実用的で機能的なものが多いので気に入ってる。ニーナ・オットソンの木の知育玩具「ドッグ・トリガー」も買ったんだけど、まだ試してない。今度時間があるときにゆっくり実験してみる。バドの痴呆症対策になるといいな。ジョジョんちとルナんちも別の種類の知育玩具を買ったから、犬が技を習得したら飽きないように、犬友達同士で貸し借りっこする予定♪

ドッグピラミッドでも脳味噌を使うらしい。ハアハアしてくるんだよ。雨の日はこれで我慢してくれ。

16うるさい

……しかーし、かなりガラガラとうるさい。仕事の電話がかかってきたらどーするんだっ。
それにエキサイトして、くわえて壁に投げるのはやめてくれっ。家が壊れるっ。

ツクシと桜と

せっかく昨日のショックの事件をくつがえす、楽しい長文ブログを書いたのに、消失した!

がーん。

頭きたので、写真だけで。
あとはご想像にお任せするわん。

14山手トンネル
152つくし
143ダニの森
144バドも一緒
144ルナお土産
145つくしとり
14つくし
146菜の花
147千鳥ヶ淵
10ケーキ
147和田堀1
和田堀-
1410バドと桜
1411借り切りラン
1411爺ねる
1412クパもねる
1413おっともねる
14夜桜


衝撃

今朝、自宅から代々木駅へ向かう道中。
猫の、後ろ肢1本だけが歩道に落ちていたのを見つけてしまった。
体も頭もない。まるで名古屋コーチンのもも肉のように、足だけが1本。
でも猫のピンク色の肉球が見える。

目を疑った。思わず振り返り、確認してしまった。
でもやっぱり猫だ。

血もでていない。大腿骨から関節をきれいにはずされている感じで、まだ肉の色はピンク色だった。
死後、数時間しか経っていないはずだ。

気が動転して、すぐオットに電話した。
でも「(約束しているのだから)とにかく撮影に行きなさい」と言われた。
頭がまっ白になり、駅に向かった。手が震えてきた。

だけどこのまま放置していくわけにもいかない。と思った。
思わず駅前の交番に飛び込み、おまわりさんに「猫の足が落ちているんですけど」と伝えた。
おまわりさんは、一瞬びっくりして、でも「交通事故じゃないんですか?」と苦笑して言った。
「動転していて、車道をちゃんと見ていませんが、ガードレールがあるのに内側の歩道に足だけ1本ありました。場所はここです(地図を示しながら)。猫も可哀想ですし、動物の虐殺が、子どもに向けられることもありますから……」、気が動転していて正しい日本語が言えてない感じだったけど一生懸命伝えたら「わかりました、見に行ってきます」と言われた。


とりあえず私は電車に乗り、仕事に向かった。

交通事故で、カラスが足だけ運んで、歩道に落としていった、という可能性もあるかもしれない。
だけど、それにしては、足だけがきれいに1本、という感じだった。

神戸のサカキバラの事件でも、アメリカの猟奇殺人でも、
まず手始めに野良猫や小鳥など、小さな獲物を殺して快感を確認するという。
犯罪心理学、児童心理学の先生を取材したことがある。
加害者の自宅には、トロフィー(手に入れた証し)として、切りとった複数の猫の舌の瓶詰めなどがあったそうだ。そして、もっと大きい獲物なら、もっと大きい興奮を得られるとエスカレートしていく。

足をもがれた猫はもう生きてはいまい。
なんてことだ。
そして、これからも猫を殺し続けるのか。
さらには、もっと大きな獲物を探し始めるのか。


怖くなる。マチュも心配になる。
でもとりあえず撮影を終えて、車で送ってもらって帰宅。
あれは夢だったのかもしれない、もうおまわりさんがなんとかしてくれているとは思うけど、確かめに行こうか。
そしたらマチュが学校から帰ってきた。

「マチュ、朝、学校行くとき、なんか見た?」
「猫の足」と悲しそうにつぶやいた。

やっぱりあれは幻じゃなかったのね。マチュも見つけちゃったか!
マチュも十分怒りと怯えを感じていた。
でも、さすがマチュだな、とも思った。歩道を行き交うたくさんの大人たちは誰も猫の足には気にも留めず、進んでいたのに、マチュは気がついたんだね。
そう考えると、やっぱり子どもの心に与える衝撃だってあるんじゃないか。

動物愛護法では、猫を殺すだけでも罪に問われるはずだ。
ましてや、地域の安全のためにも、交通事故とカラスの仕業じゃない可能性があるのなら、ちゃんと調べてほしい。


とりあえず。
代々木界隈にお住まいのみなさん。
近所に動物や子ども(や女性)を殺せる人間が住んでいるかもしれません。
夜道などには十分気をつけてください。
(でも猫の足を放置していたのは、かなり往来のある道なんですけどね。しかも代々木保育園の斜め前くらい。怖いよ)
そして、小型犬・中型犬などをコンビニの前につないで目を離すのも危険ではないかと思います。
(まぁ、そういう犯人は基本的に大型犬には手を出さないと思うけど、でも大型犬でも注意するにこしたことはない)
何かあったら大変です。十分気をつけてください。

それからもしも、「うちの猫がいなくなった」という人がいたらどうしよう。
茶トラの猫ちゃんでした。子猫じゃない、でもまめちゃんほどでかくもない。
恐らく体重2~3キロの子です。

ああ、哀しい。なんてことだ。


クパ、初モデル仕事お披露目

12グッズプレス

クパっちが初モデルをした、Goods Pressが、先週から発売されてまーす。
3月半ばに取材して撮影したものです。

12初モデル

愚息、意外やかなりカッコイイ(親バカ)。
生後9か月半の坊主のくせに、ちゃんとモデルの仕事がこなせてえらかった。将来が楽しみだ。
私にとって、これがいちばんのお誕生日プレゼントだと感じちゃうほど、嬉しいお仕事でした。

本屋さんやコンビニにも並んでいると思うので
ぜひクーパーの美男子ぶりを見てくださいませ♪
あ! Y先生、その節はご協力、誠にありがとうございました!!


さー、東京は今日冷たい雨ですが(昨日あんなに暖かかったのに、今日は寒い。涙)
今から国立感染症研究所に取材に行ってきます。
最近、頭がプードルとお出かけウキウキ取材モードだったのですが、気持ちを切り替えて、かたーいヘビーな話題を取材して参ります。ふぅ。がんばろっと。

にっくき画鋲

本日、無事に第1回銀座おとな塾も終わりまして(コーギーのルナさんちありがとう!!)、
そのあと五反田ゆうぽうとに、マチュのお友達のバレエ発表会を見に行き、完全燃焼気味でいまビールを飲んでいるところですが(今からまだ犬友達が乱入してくるというウワサはある)、

忘れちゃならない報告があるので書きます。

先日、夜の散歩で、バドの肉球に、画鋲が突き刺さりました。

10がびょう

最初、気がついてあげられず、急に足の動きが悪くなったので、麻痺が起きたのかと思いました。
でもそのあと、バドは普通に歩き出す(いま思えば、画鋲が刺さったまま)。犬というのは、本当に痛みに強いというか、我慢強い生き物です。

家に帰り、また足を気にする素振りをしました。
どうした? 麻痺にしてはおかしいぞ。
バドを寝かせてチェックしたら、パウにぷっすりと錆びた画鋲が刺さってる!(驚き!)

10がびょう2

バド、ごめんよ、すぐに気がつかなくてっ。痛かったね、痛かったね、可哀想に!!

急いで消毒し、抗生物質を塗っておきました。
(いまはもう完治のもよう)

それにしても、悪気はないにしろ、歩道に画鋲が落ちるのはやめていただきたい。町内会の掲示板とか選挙のポスターとか。犬は靴を履いていないので、こういう事件につながる。
まして、うちはかつて画鋲で週3回パンクをさせられた。自転車屋さんに「警察に言いなさい」と言われて、初めて誰か悪意のある犯人がいるケースなんだと気がついた。まぁ、今回のバドの画鋲はうちの敷地近くではないので嫌がらせではなく、たまたま掲示板の画鋲などが落ちていたのだと思うけど……バドも痛かったけど、小・中型犬の小さな足の裏だったら被害はもっと深刻だったかもしれない。こういう痛そうな事件はどうにかならぬものか。

みんなも気をつけて……と言っても、避けようがないかもしれない。
でも、こういうこともあるんだと気に留めておいて、愛犬の歩き方が急に異常を示したら、足の裏のチェックをしてあげてください。

連日のプードル&ショップ撮影

桜がチラチラ散り始めるのを横目にしながら、めずらしく連日出稼ぎにでております。
おととい、昨日、今日と3連発でプードルちゃんと一緒です。今回は編集の仕事。

9プードル撮影1

おとといなんか朝から6か所もロケ。死にました。
でも私以上にカメラマンさんとモデルのプードルちゃんはもっと頑張ってくれました。

9さつえい

プーちゃんは、フォトジェニックでたしかにカワイイわ。
ちいちゃくて、私は抱っこするのが怖いんだけど。壊しそうで(笑)。

9ぷー4か月

この子は生後4か月。なんか成長過程のアンバランスな感じがチョー可愛い。かなりツボ。チェブラーシカっぽい。

さー、今日も今から吉祥寺3本ロケ。頑張りますわい。

9でかせぎ

しかし、連日の母の出稼ぎで、悲しんでいるのはこのお二方。とくに茶マスク。
自転車散歩に行くヒマも体力も残ってないため(自転車は暗い時間は禁止にしている。歩行者を驚かせてしまうからね)、クパっちは心と体の欲求不満が昨日炸裂していました。歩き散歩じゃ許されないんだよぉおおお。
やっぱ、若い犬は、エネルギーの塊だー。
でも明日も仕事だから……日曜にどこかに連れてってあげるね。それまで我慢してくれ。


ついでにオマケは続きで。


とんでもない話

昨日とはうって変わってお天気もよくなってきて、気分もいいところなんだけど、
こんなニュースが。
朝っぱらから書きたくない話題だが、許せないし、こんな悪質業者が横行していることをみんなに注意喚起したいから、紹介するね。

----------------------------------------

山林にペット100匹の死体、業者が不法投棄か
4月6日3時11分配信 読売新聞
 犬や猫約100匹の死体が埼玉県飯能市内のがけ下に捨てられていたことが、県などへの取材で分かった。

 県や市などが回収した死体は、衣服を身に着けたままのものも多く、ペットだったとみられる。県警は悪質なペット葬儀業者らによる不法投棄とみて、廃棄物処理法違反容疑で捜査を始めた。

 県や捜査関係者によると、多数の犬や猫の死体が見つかったのは、飯能市から同県横瀬町に抜ける正丸峠(標高636メートル)の道路沿い。「ペットの死体が投棄されている」との通報を受け、県などが3月26日に現地を調べたところ、白骨化したり、野生動物に食い荒らされたりした死体が見つかった。

 この中にはリボンや服を身に着け、ペットとして人気の種類の犬の死体などもあり、約80体を回収した。31日にも、捨てられていたごみ袋から、死後10日以内とみられる犬15匹の死体が見つかった。

 道路からがけ下の山林に向けて投げ込まれたとみられ、市は近くに監視カメラを設置した。

 ペット葬儀会社でつくる「日本ペット訪問火葬協会」(東京)の藤本政光理事長は「当協会ではありえないが、引き取った死体を供養せずに捨てる業者が一部にあると耳にする。しかし、これほど大量の不法投棄は聞いたことがない」と話す。

 ペットの火葬・埋葬業者は全国で増えているが、規制する法律はなく、飼い主と処理や料金などを巡ってトラブルを起こす悪質な業者もいるという。

------------------------------------------

お金を払ったのに、可愛がっていた愛犬がまさか火葬されることなく、供養されることなく、
無惨に野山に捨てられたことを知ったら、飼い主さんはどんなに胸を痛めるだろう。
愛犬と死別しただけで悲しく苦しいのに、
こんなことされたら私だったら気が狂ってしまうくらい動転する。

こんな悪質業者、絶対に許せない。

でも私も今まで取材中、こういうウワサは何度も聞いた。
訪問火葬や委託供養をしているところが全部悪質なわけではないが、
自分の目で確かめられないことはあまり信じない方がいい。と、私は思っている。
だって、日本は、こんなひどいことをしても取り締まる法律がないから、
金儲けのために、こんな人の心を踏みにじるようなことを考えつく奴がいる。

日本における犬の立場はそう考えるとまだまだ弱い。
だから自己防衛のため、いつかやってくるお別れの日のために、犬が元気なうちから、犬友達と情報交換したりして、確かな業者を選定することが重要だ。愛犬家の口コミはかなりたしかな有益な情報源だと思う。

愛犬や愛猫が死んでしまう日を想像するのはつらいこと。
でも、だけどその日は必ずやってくる。
しかし、私でもそうだったんだけど、先代の黒猫のたねちゃんが死んじゃったとき、私は東京で犬猫と死別した日が初めてだったから、この亡骸をこのあとどうしたらいいかまったくわからなかった。
ただでさえ、悲しみで、脳味噌が機能停止してたし。頭がまっ白で何も考えられないときに、そんな次のことをいろいろ考えるのはとても酷なことだった。ネット検索もしたけど、情報を取捨選択する正しい判断能力がない状態。

だから、そういう悪質業者の思うつぼにはまりやすい。
私が聞いた数々のウワサもそうだった。
正常な判断ができていたら、みんなそう簡単に、大事な遺体を任せたりしないだろうなと感じるケースもある。

たねちゃんのときは、結局、全部オットが段取りしてくれた。
私がまったく使い物にならなかったから(苦笑)。私の情報量と経験を持ってしても、全然使い物にならなくなるから、犬猫のことでオットに全面的に頼ってしまうのは、いまも火葬のこと。ほかのこと(病気の予防、病院の選定、治療法の選定、トレーニングや動物行動学の知識、フードやサプリ選定などなど)は私の方が得意だけど、供養の日は私はほんと使い物にならない。

普段しっかりしている飼い主さんでも、死別されたときは、正常な判断ができなくなるもの。
だから、前もって、心の準備と情報の収集をしておいた方がいいと思う。


ああ、桜のいい季節に、こんな話題、ほんとやめてほしい。
こんな非人道的な業者を断じて許さない世論をつくっていきたい。


雨に濡れる桜

5さくら

いま、東京は桜が満開です。
雨に濡れる姿もせつなくって、きれいです。

今年は桜の木の下で飲めるのかなぁ。
(あ、土曜の晩、瀬古&パンキースの打ち上げの後、おうちのカギを忘れたために、自宅に入れなかったので<大人としてあるまじき失態>、パパが六本木での二次会を切り上げて急いで帰ってきてくれるまでの間、マチュと柵の閉まった近所の公園の門のとこで二人でプチ夜桜宴会はしたけど、寒かった~)

猫枕

そして、本日なんだか仲良しの里芋と黒豆です。
いま、まめちゃんはアレルギー症状なのか、目の上が線対称に禿げています。フードを切り替えてみているとこ。早く治るといいね。


さ、仕事しよう。やらなくちゃいけないことが山積みです(涙)。
桜の木の下でボーッとしていたい現実逃避な私。


銀座おとな塾

うわーい、4月だ! エイプリールフールだ!!
しかし連日綱渡りの修羅場(笑)な感じの私。
桜はいまが満開だってのにねー、時間が足りないよぉ(涙)。お花見いきたーい!

さて、こないだ紹介した産経学園「銀座おとな塾」で4月から講師をするお仕事の件です。
わたくし、月1回、銀座でこんなお話しをすることとなりました。

*****************************************************

東京犬散歩ガイド(全6回) 

取材先や業界関係者、犬友達から得た情報の中から、犬と一緒に行ける東京・都心部のお出かけスポットをご紹介します。ドッグカフェや犬グッズ店だけでなく、犬に関係のないお店でも犬連れでも入れるショップ、自然の多い公園などもご紹介。最新の東京の犬事情や、外出時に犬の心身に負担をかけないアドバイス、犬文化の向上に貢献するスマートな飼い主として知っておきたいマナーなどもレクチャー、犬も人も社会も喜ぶような犬と過ごす都会の1日を提案します。半期(全6回)で1~2回ほど実際に愛犬連れでお出かけする野外授業もあります。

ジャンル/暮らしを楽しむ
第・2週 土曜 13:00~ 15:00

******************************************************

詳細はこちらまで。右上の検索のところに「犬」とか「野外授業」とか入れてみてください。そうすると見つかります。

受講のご案内はこちらです。


野外授業(私と一緒に愛犬連れLet'sお散歩企画)を無謀にもやるので(笑)、できるだけ安全に楽しんでもらいたいから、受講人数を12人くらいに少数にしていただきました。だからみんな早めにね(笑)。

都心部での犬とのお出かけに関心がある犬好きの方、私に会いたい方(爆!)(会っても全然たいしたことないが)、銀座でお会いできますよう! 初回は4月10日(土)です。

034401.jpg

(↑ チラシなどに載っているイメージ写真は、去年の外苑イチョウ祭りのときのバドとマチュだよ♪)