FC2ブログ

来年のスケジュール帳

来年のスケジュール帳を買った。
私の仕事を知っている人ならご存知の人も多いであろうマンスリーのでかいスケジュール帳。
私は見開きマンスリーじゃないと〆切を落としそうになる。
この黒くて味も素っ気もない、手帳とはいえないでかいサイズのスケジュール帳ではあるが、私にとっては手放せない一品。毎年リピートしてる。

そして、毎年いちばん最初に書き込む、私の来年の予定。
11月11日、バド誕生日。

DSC_1519.jpg

ここのところ毎年恐る恐る書く項目。
来年は、バド、16歳誕生日だ。
スケジュール帳に早々に書いていて、その日にいなかったどうしよう。と、毎年不安になる。

DSC_1515.jpg

バド。来年の11月も、一緒にいれる?

DSC_1514.jpg

一緒にいてね。
やっぱり今回も書いちゃうよ。2010年版にもちゃんと記入しちゃうからねっ。
祈りも込めて。今回もピンク色のでかい文字で書いてやる。

頑張ろうね。大事にしてやるからね。


DSC_1361.jpg

ま、2009年こんだけ元気なんだから(笑)。
来年もその調子で!

(今日の素敵な写真たちは、4月にみっちさんが撮ってくれたもの。上手ぅ。私もいいカメラが欲しくなる。あ、腕も磨かなくちゃだめか。笑)


茶マスク

ふぅ、2週間ぶりの大人プールでくたびれて帰ってきました。
やはりバタフライはよぉわからんです。

さて、つむじちゃんへのコメントにも書きましたが、
クーパーにはいろんな別名があります。

ひとつは「ワニオ」。嬉しいと人間に向かって飛びついてパクパクするからです。
ぼにままに「ミドルネームにするよっ」と命名されました。
いまはまだ子犬とはいえ、いつまでもパクパクワニオでは困ります。どこまでも問題行動と感じるかは、その家族次第とはいえ、あのでかさでパクパクはまずいでしょう。
ま、子犬ゆえの可愛さでもあるんですが、すぐに成犬になっちまいますからね。今のうちにワニオを卒業させるよう、教えてやらんとね。

もうひとつの別名は「茶マスク」。転じて「チャマ」。
クーパーは茶色いマスクをかぶった覆面レスラーみたいに見えます(ぷぷぷ)。

28茶マスク

(↑ ミカン狩り後に、ルナ家にてステイのときの写真。よそ様んちでもわが家のようにくつろぎまくりのクパっち)

クーパーは、ときに白目も見えるので、ほんとまるで中に人間が入っているかのような表情をするときがあります。バドのときでは感じたことがないへんな顔(失礼)。おもろいヤツだ。

覆面レスラー・クパっちは、最近毎週毎週ワルさがひどくなっているので(苦笑)、悪いことすると「おいっ、茶マスクっ!」とあきれられる場面が増えてます。「茶マスク」では長すぎるときは「おい、チャマ!」と転用されます。
「チャマ」という名前にしておけばよかったか(涙)。

でもチャマ(もといクーパー)は、今日も可愛い。
可愛くて可愛くてしょーがないよ。
バド爺もクパのせいでガムの取り合いとかしてるし。否が応でも老犬によい刺激となってます。

28ひっぱりっこ

(↑ 同じくルナ家にて。アンナとひっぱりっこ。譲りません。アンナのオモチャなのに、ずうずうしい。涙)

明日は、ジャーポ大好きなドッグ・トレーナーの先生のところに、クパっち初お披露目&取材に行ってきま~す♪


Let's ミカン狩り!

ドッグショーの翌日は休む間もなく
ルナアンナんちプレゼンツのミカン狩りへGO!
おなか壊したジョジョが来られなかったのは残念だけど~
我らは行くよ~いざ真鶴半島へ~。
真鶴は伊豆半島といえば伊豆半島、でもぎりぎり神奈川県。
意外や近いぞ! 小田原の先、熱海の手前。
こんな近くで、犬連れミカン狩りが楽しめるなんて、知らなかったぁ。

なんとドッグラン付きなんです。正直言うとミカン狩り中は、犬は別行動。
犬係はドッグランにて犬を愛でながらマチュが運んできたミカンを食う。
ミカン隊は、本来の趣旨に添ってミカン狩りを楽しむわけです。

なかなかドッグランも貸切状態で楽しく、穴場で、もぎたてのミカンはこんなにひゃっこくて(ヒンヤリしてて)美味いのかとちょっと見直しましたが(ほれ、私は広島育ちですから、瀬戸内のおミカンで育ってますんで、ミカンにたいした憧れはなかったわけですよ)、
しかし、ここは妙な農園でして、おそらく犬は大好きなんでしょうが、バックヤードブリーダーのさえたるもので、一般常識でいう<劣悪な>環境で子犬繁殖をしていたので、あえてここでは農園名は紹介しません(それでも知りたい方はこっそりメールください。笑)。

でも、それを除けば、楽しかったです。

では、写真たちをどーぞっ!

26ミカン狩り1

↑ 往路。2家族が強引に1台に乗っかり、幼稚園バス状態で盛り上がりました!
クパっち、バドに手なんか乗っけちゃって、仲良しなんだか、生意気なんだか。

さー、ついたよー! 走るよー!

26ミカン狩り2

いやーん、バドが嬉しそうだよ~! ちょっと走ってるよ~!
やっぱり自然の中は、嬉しいんだね(涙)。バド、よかったね。

26ミカン3

↑ 小僧も嬉しくて嬉しくてたまりませんって顔!
ここんとこ、ドッグラン自粛命令が下されていた(興奮抑制練習のため)ので、久しぶりの解禁でクパっち大はしゃぎですわ。まー、ルナとアンナ様なら、迷惑をかけないので、本日はとにかく思う存分走りなさい!

26みかん4

ルナ姐さん、ついていきますっ!
お、やっと後方にミカン畑がうつりました。

ほんとはもっと広大なミカン畑が広がっているようなんですが、
我々はドッグラン周辺でちまちま収集。
マチュとMかはずっと初志貫徹でミカン狩り。でも大人3人はドッグラン内で犬を愛でてばかり(笑)。だってぇ、犬が喜ぶ姿を見るのが、幸せなんだもん、私。

26みかん5

“姐さ~ん、待ってぇぇぇ”
9月の九十九里爆走のときと変わらない構図ですな(笑)。
姐さんのスピードにはまだかなわないようです。華麗なサイトハウンドに対し、ダンゴムシのように猪突猛進するクーパー(爆)。
だけどクパっちはずいぶん大きくなっちゃいましたよ。あのときはパピパピ体型で可愛かったのにぃ(笑)。

26みかん6

↑ バドはひとっ走りしたら落ち着いて、大人の振る舞いになりました。
クーパーは相変わらず走りっぱなしです。

26みかん7

↑ おおーっ、やっと犬ちゃんず全員集合の写真です。
ミカン狩り中のマチュたちを犬たちが観察してます。
なぜかバド爺だけカメラ目線(笑)。お子様よりママさえいりゃーいいもんね、あんたは。

26みかん8

↑ まだまだ若犬たちは遊び続けます。
ルナが拾ってきた棒きれをワルワルクパが奪おうとしている。
奥ゆかしいアンナは奪い合いに参加できずに周りをちょろちょろ(笑)。

26みかん9

↑ ぐわーん、ワルワルクパが、棒きれを奪って逃走してるー!!(涙)
ルナ、奪い返して! やっておしまいっ! 手加減はしてなくていいからっ。
それにしても、なぜかクーパーにピントが入っている奇跡の1枚。

26みかん10

↑ そうこうしているうちにバド爺様はこんなところで巣作りを(笑)。

いやー、楽しかったよ、ミカン狩りドッグラン。
ほんともぎたてのおミカンは美味しかった。なんでも新鮮さに勝るものはないんだね。ビニール袋満杯のお土産袋1000円をいまもおうちで堪能してます。

ついでに帰りに意地でも砂浜爆走もちょっとしてきました。
クーパーの後ろ肢強化のために、砂浜を走らせたかったの。

26みかん11

ではでは、美味しいオマケは続きで。

クーパー2回目のベビー戦

11月21日(土)、
横浜市・TBS緑山スタジオで開催されたドッグショーに参加してきました!
ゆる~いショーチャレンジャーとしては(おほほ)、「開催地が近い」というのは大事なポイント(笑)。
それでもベビー戦は全部の中でいちばん最初に審査スタートなので、9時には始まる。
8時集合(=朝6時半出発)は、不摂生なライターさんの私にとって、まずそこからが修行な感じ(涙)。

25緑山

でも前回の雨の川越ドッグショーと違って、今日はいい天気! 寒くない!
しかもオープンエアの会場なので、気持ちいい~♪
この緑山スタジオは、TBSの「サスケ」とかを収録するとこらしいです。ほほぅ~。

ショー会場って、室内もあれば、お外もあるんですねぇ(素人はいちいち驚く)。
さらに聞くとですね、お外の会場では、雨でも、雨ざらしの中で審査が進むそうですっ。ひょえー。長毛種のショードッグや、チワワのようなちびちゃんたちは大変だー。それに寒いに違いない。ショーって想像以上に厳しいんですね。今後、雨が降らないことを切に願う。

前回はバドも連れて行ったがストレスのせいか寒さのせいかひどく下痢したので、バド爺に無理はさせまいと今日はバドはパパとお留守番。年齢差のある犬ちゃんずを飼うとこういう配慮が必要です(涙)。
今回は、クパっちとマチュと来ました。

本日は暖かいし、私もクーパーもショー2回目なのでなんとなく心に余裕があるらしい。
実家のCちゃん(プロハンドラー)と練習中のクーパーの足取りも軽い。

25ステイ

おおお、なんとなくいいじゃん。できてるじゃん!(ママはステイの練習さぼっていたのに、すごいぞ、坊ちゃん!)

25ステイ2

“ちろり~ん”と、流し目でこっちを向くのはやめなさい(笑)。
Cちゃんに集中しなさいっ。

いやはや、プロハンドラー(通称プロハン)は、やっぱりすごいねぇ。
なぜか、ワルワルクパっちが、すっ、とステイしちゃうんだよね。
決して、力で押さえているわけでもなく、言葉で脅しているわけでもないのに、いったい何故なんだろう。飼い主の私を大好きなはずなのに、なぜかCちゃんに身を委ねるというか。
何故だ? 謎だ。
この謎の解明のため、今後さらにCちゃんを観察していきたいと思います(笑)。

あと「場慣れ」ってやつもあると思います。前回の川越のときより明らかに落ち着いてる。「社会化」(=社会勉強。人生経験)は何事も大事ですねぇ。クーパーの場合、ハンドラーさんちで育っているから「人慣れ」はすでに赤ちゃんのときからできてるけどね。プロハンとの相性とかもあるのかもしれないねぇ(私はCちゃん以外にハンドリングをお願いするつもりはさらさらないけど、勝ち残っていくためにはプロハンを変える人もいるんだろうしねぇ。犬は動じないのかな。強いショードッグたるもの、そういうこともできるのかな)。

いずれにせよ会場の雰囲気に飲まれないようになることも、きっと勝敗に大きく関係する気がします。神経質でシャイな子は、家庭犬でもショードッグでも苦労しちゃうから、なるべく社会化を促してあげることがどの犬でもやっぱり大切だね。

はい、まずは犬種ごとの審査ですが、本日もジャーポさんはベビーにとどまらず、すべての部において参加1頭(寂しい)。それでもちゃんと審査はされます。ドキドキ。やはり「クーパー、頑張れ~~」と心で叫ばずにはいられません。

25ステイがんばれ

クーパー、ステイ、頑張れ~。
しっぽ、上げろ~~。(しかし、しっぽ、すぐ丸まる。涙)

25触診1

ジャッジの先生の触診中。
よその人にお口をムニュと触られても、嫌がってはいけません。
うん、こういう練習はショードッグでなくても、いい社会化の勉強になるね。

25触診2

しっぽもチェックされてます。
よしよし、それでもじっとできて、えらかったね。
なかなか立ち姿、きれいじゃん(親バカ)。

25走る

ステイではしっぽがすぐ下がるけど、
走ると、ピンと上がるよ~。よしよし。クーパー、ショーを楽しむんだ!

んで、ジャーポは1頭しかいないので、もれなく「1頭1席」をいただきました。

それにしても、7グループは、クパを入れてたった3頭しか出陳されていませんでした。
クパ(ジャーポ/ベビーちゃんの部)と、アイリッシュ・セッター(YA/ヤングアダルトの部)と、ワイマラナーのメス(ベビーちゃんの部)。
ほかの各グループは、二ケタ以上の参加頭数があるのに、あまりに差があり過ぎませんか。
トイプードルなど小型愛玩犬ほど人気がないのは自覚していたけど、
ほかの大型犬の犬たちのいるグループよりもこんなに少ないなんて。
なぜだ、なぜ、日本では、7Gの人気がないんだ。こんなに可愛いのに(7Gバカ)。
なんかさー、7ちゃんず好きの私としましてはね、日本における7ちゃんずをもっと盛り立てたいという気持ちになりますねー。

そして、次は2時40分のBIS戦までは休憩。
長い。この待ち時間がつらい。
今日は、本や校正紙も持参(ぷぷぷ)。車の中でちょっと仕事してやる~。

でも今日は横浜に住むR家が応援に来てくれました。
R家には、人間の女の子Mがいるので、マチュも退屈にならずにすみます。助かるぅ! ありがたや。しかも、お昼ごはんの買いだしにも連れて行ってもらったし。

25お弁当タイム

ピクニックシート広げて、カツサンド食べて、遠足気分♪
おかげで、長い待ち時間(4時間ほど)があっという間に過ぎました。

そしてベビー戦。
今回は、前回の反省をふまえて、早めに準備。心にゆとり。
ベビーちゃんオスは、14頭ズラリ。さー、クーパー、頑張れ~!

25ベビー戦

25ベビー戦2

拍手するのも忘れて、「神様、お願い~~~っ。クーパー頑張れぇぇ」になっていた私。

また「エクセレントグループ」のリボンをもらえました。
14頭中の4~6位ってことだね。

う~ん、1~3頭に入れないかなぁ!なんて淡い期待をしましたが(だって今日クーパー調子良さそうだったんだもん)
やっぱりそう簡単にはいただけないようです(涙)。
ベビー戦のキングは、可愛いフォーンのフレンチブルちゃんがカップをもらっていました。
いいなぁ、いつか欲しいもんだなぁ、カップ(人間て、欲深い動物。笑)。
だけど、ベビー戦のうちだけではないのだろうか、勝てる可能性があるのは。私のようなゆるいショーチャレンジャーは……。しかし、もうクーパーは12月2日で生後6か月になるのでベビーちゃんの部は卒業になります。今度はパピーちゃんの部になるそうです。

ベビー戦は、全犬種だし、みな夢のようにオモチャのように(笑)可愛い子が並ぶので、楽しいよ。よその子を見るのもとても楽しい。可愛い。

25エクセレント

いや、しかし、
合宿にも行かず、我流の筋トレと、わずかなステイ練習で、
エクセレントのおリボン(ロゼット)をもらえただけ、素晴らしい。
クーパー、よく頑張ってくれた!
ママは嬉しいぞ!!!

映画「犬と猫と人間と」

inuneko1.jpg

金曜日、渋谷ユーロスペースに「犬と猫と人間と」を、マチュと見に行きました。
クーパーももう4時間くらいのお留守番は大丈夫になったので
ようやく見に行けたの。
渋谷での上映は、先週金曜でラストだと知り、何が何でも行ってきました。

素晴らしい映画でした。
自分の生命保険を差し出して、映画製作依頼をしたおばあさまは、本当にすごい。
そして映画監督さんも、なまじ犬猫の関係者でなかっただけに、
淡々と、現実を、疑問を、映し出していて、
よけいに響いてくる。

犬を飼う、猫を養う、犬や猫を愛するとは何か。
人間とは何か。人間がしていることは何か。

自称・愛犬家、愛猫家、みんなに見てほしいなぁ。
そして、未来の日本の犬猫を取り巻く中心人物となる、子ども達にもぜひ見てもらいたい。
犬や猫を捨てる大人たち、それは「普通」のことじゃないんだよ。
保健所で犬や猫を安楽死させている人たちは、本当は犬や猫が好きなんだよ。
そんな仕事、誰にもさせちゃいけないんだよ。

そして犬や猫たちは、
人間に裏切られるために、生まれてきたんじゃないんだよ。

守ってあげられない、養ってあげられない命は、
産ませてはいけないんだよ。
犬や猫は野生動物じゃない。人間が飼養できない犬猫は、殺される運命にあるのだから。

離婚や転勤や転職やクビや引っ越しや、そして自分の病気や……
飼い主側の人生にもいろいろなことが起きる可能性がある。
でもそういう人生の転機が来ても、
自分の犬猫を捨てない覚悟のある人だけが、犬猫を飼う決心をするべきだ。
自分の子どもを、離婚や引っ越しや闘病のために捨てる人はいないもんね(いるかもしれないご時世だけど。怖い世の中だけど)。でも、普通は捨てないよね。
犬や猫の命にも同じ責任と使命を自覚するべきだ。
軽々しく、飼ってはいけない。
私も、安易に頭数を増やしてはいけないと再自覚する。
私だって、いつ離婚するか(経済的に助っ人的に環境が変わる)、この家のローンを払えなくなるか(ペット可住宅を探すのはまだまだ日本では難しい)、自分がハンディキャッパーになるか(誰が自転車でクーパーの散歩に行くんだ)、など未来に保証はないんだもん。

動物愛護、にもいろいろな形や価値観がある。
私にも、共感できる価値観と、相容れない価値観がある。
盲目的だったり、非冷静的だったり、寄付金集めの偽物の場合もある。
全部の動物愛護の活動が善かどうか、私には判断できない。
それにヨーロッパ式の愛護の活動が全部正解かどうかも私にはまだわからない。
でも、少なくとも今のままの日本じゃだめだ。

だけど、イギリスだって60年前までは市場で犬を飼っていたと、
映画の中でイギリス人のおじいちゃんが語ってる。
日本も数十年後には、きっといい未来に変えていくことだってできるはずだ。

私も、犬や猫が大好きないち人間として、
そして、動物の原稿を書いて、お金をもらっている身として、
ちゃんと世の中に伝えていくことには責任を持って書いていきたい。
ペットブームなどと煽ることなく、
「この犬種は飼いやすいですよー」などと無責任に書くのではなく、
犬猫と暮らす、素晴らしいことも、大変で苦労することも、
ちゃんと伝えていきたい。
コンパニオン・アニマルの権利の向上を確立する一助になることが、私にできる動物愛護のアクションだ。


みんなもぜひ時間を取って、
この映画、見てください。

渋谷のユーロスペースでは上映が終わりましたが、
全国ではいまから上映が始まるところも多いです。
また東京でも、映画館でもらった号外によると、11月28日~12月11日までの2週間、吉祥寺バウスシアターでも緊急上映追加が決定されたそうですし、2010年1月下旬には、下高井戸シネマでも上映が決定したそうです。今から横浜・川崎でも見られます。

お金のいっぱいある、配給会社の力の強いハリウッド映画と違って、上映期間が短いんだけど、心ある映画館や公共性の高い映画館、子どもの教育に関わるような場所でも今後地道に上映の機会が増えていくかもしれません。そう願いたいです。

今、犬猫と暮らしているご夫婦、家族、恋人同士、
また今から飼いたいと考えているファミリー、
いろんな人に見てもらい、
犬猫を愛する本当に優しい気持ちを、思い出してもらえればと思います。

ちなみにマチュは、淡々とした映画だし、ツライ場面もあるので、寝ているんじゃないか、こういう映画に連れてきてママを責めるのではないかと10%ほど危惧しましたが、
マチュは「見てよかった。先が気になって、寝るに寝れなかった」と言ってました。
「それでもメルちゃんを飼うの? 純血種を飼うの? レスキューした犬を飼うという選択は考える?」と聞くと、
「いろんな犬を助けたいけれど、メルちゃんを飼うことは諦めきれない」という答えが返ってきました。
私はその意見はそれでいいと思います。
彼女はいろいろな現状を知った上で、また子犬が生まれるのを1年以上待ってでも、
どうしても憧れのボクサーと暮らしたいという。
それだけの知識の蓄えと、どうしようと悩む気持ちと、それでもそうしたいという決心が揺らがないのであれば、その気持ちにはかなりの覚悟ができていると思います。
親子でこういう会話をすることも、とても大事なことだとも思いました。

ぜひ、みんなもお近くの映画館で見てね。

inuneko2.jpg



クーパー生まれて初めてストーブを見るの巻

19ストーブ

今日の東京は真冬並みの寒さだって。
昨夜、パパに強制命令して、ストーブ(正確にはガスファンヒーターだが、未だに<ストーブ>と言ってしまう私)を出してもらってて正解でした。バド、今日ストーブなかったら困るよね。

そしてクパっち(生後5か月半。6月生まれ)は
生まれて初めてストーブを見ました。

明らかにびびってます(笑)。

だけど、あったかい風が出てくることはわかってるみたいで、
遠巻きに(わざわざ椅子の上に避難して)そばにいます。
可愛いです。

「なりた」と「四川飯店」

昨夜は、おなじみ煮込みや「なりた」の宴。
1年ぶりに会う、チャーミングな酒飲み(笑)Aグリちゃんを呼び出して、あともう一人はトール。
ほんとは仲良し隣人Mりんが行くはずだったのに、仕事&急遽ぎっくり腰になるアクシデントが重なりまして、でも平日火曜に急にOKのでる人がいなくて、仕方なく(苦笑)トールを抜擢。
クパ坊主、初めて夜のお留守番は大丈夫かっ(汗)。
Mりんに「遠吠えしたらすぐ帰るから、連絡ください」とお願いし、骨やガムやコングやウマアキレスなどを7つもバリケンに投げ入れ、ドキドキしながら行って参りました。
その前には(雨で運動不足を懸念し)さんざん室内でロープのひっぱりっこやボールのモッテコイをやりまして、体も発散させた。
ほんとにもう、出かける前がひと苦労だわい。

18なりた

でもそんな苦労もすぐ忘れる、相変わらず美味しくて、目にも美味しい「なりた」さんのお料理。これはホタテのサラダ。前回とフルーツが違う。

そのほか、いつものキャベツ、エスカルゴ、メインは「ヒラメのなんとか」(また失念。ヒラメとキノコがパイに包んであるの)、「和牛首肉の煮込み」(ジャガイモと)、ビール2杯、白ワイン1本(トールさん用の甘くてフルーティなやつ)、赤ワイン1本(大人用渋くてしっかりめのやつ)をいただきました。が、食べるのに夢中で写真なし(笑)。

やっぱり~、なりたさん、大好き。幸せいっぱい、腹いっぱい。
ご機嫌で、オットと歩いて帰りました。

帰ってすぐ、犬ちゃんずのお散歩に行き、そのあとMりんにメールしたら、分離不安行動もなく、静かだったそう。ああ~、よかった。ひと安心だよ。
我々の帰宅時に激しくピィピィ言ってないってことはたぶん分離不安症状は出てない。
バドはよく寝てたしね(そのために床暖房と毛布で、ぬくぬくなハッピー環境も整えていきました)。

クーパーがうちに来て2か月、ただいま生後5か月半。
まだまだ心は赤ん坊だから、無理は禁物だけど、
着実に成長しているようで、嬉しいな。


では、ついでに、先日行った赤坂「四川飯店」の美味しい思い出も、続きに紹介しましょう。



犬づくしの1日(午後の部)

さて続きです。
日曜日の午後は、
クーパーの兄弟に会いに行きました!
ザイオン、久しぶり~~っ。2か月ぶりだね。どんぐらい大きくなったかな。
ああ、楽しみ! と、はやる気持ちで向かいました。

千葉の実家から同じ日に東京へ連れ帰った兄弟犬。
しかもザイオンママは、それこそほぼバドと同じ年数のお付き合いの、犬友達の中でも古い仲良し。しかも7グループ好き! 先代はワイマラナー、先々代はイングリッシュ・ポインター。仲良くならないわけはありませんな(笑)。

ザイオンちは世田谷にあり、車で混んでなければ約15~20分ほど。
今までお互いの犬の初期トレーニングのため、2か月会うのを我慢していましたが、
電話やメールでは密に連絡を取り合ってました。

「トイレ・トレーニング、成功してる?」と、お互いで慰め合い(笑)、
「クレイトで寝てる? 吠えない?」と、ともに途方にくれ(爆)、
「下痢しやすいけど、どう?」「うちも、うちも。子犬だから仕方ないけど、下痢でトイレ失敗は勘弁してほしいよね~」と、ともに嘆き……
同時期に、同じ血統の子犬を迎えたからこそできる情報交換。
これはとてもありがたかったです。励みになり、慰めにもなり、勉強にもなります。
ブリーダーさんちから子犬を譲り受ける、大きなメリットだと感じました。

そして待望の再会。これも、大きな大きなメリットです。
ご対面でっす! 覚えているかい、きょうだいの匂ひを!?

17*1対面

オレンジ色のリードがクーパー。
後頭部がザイオン。
あ、同じ柄だね。私でも一瞬見間違えた。

17*2座らない

犬以上に興奮状態の飼い主たちとしては、
さっそく記念写真を撮ろうとするが、くぱおは全然座らない。
おい、ショードッグだからって、えらそーにするな。
はよ、スワレ。
その間にザイオンが、バドにチュッ♪(笑)

17*3ザイオンとジナンと

↑ はい、左から、ザイオンちの先住犬のジナン(シッパーキ。かわゆい。でも気は強い)と、ザイオン(真ん中)、そして目をつむりかけた人相の悪いおっさんクーパー(右)。

クーパーは完全な「茶マスク」(中に人間が入っているというウワサ)ですが、
ザイオンはマズルに白が入っており、お耳もダンボっぽく長めのせいか、
優しいお顔に見えますね。オスだけどね。体高・体重はほとんど同じでした(クーパーは昨夜計ったら21.5キロでした。生後5か月半だよ)。

17*4靴下

↑ クーパーは右おしりに●のポンがありますが、ザイオンは右後肢に長靴下をはいてます。

はじめのうちは、クーパーが午前中の自転車びき&ドッグランでくたびれていたせいか(わざとくたびれさせて行ったんだけどね。ザイオンといきなり大騒ぎするとマズイと思ってさ)、ザイオン坊ちゃまはほかの犬と遊んだ経験がなかったからか、飼い主が期待するようなおはしゃぎが見られなかったんだけど、
だいぶ経って、お互いがなじんできたら、
始まりましたよ、大運動会&プロレスが!

17*5遊び

ひゃー、可愛いー!!
こういうのが見たかったんだよ!
兄弟だからこそ、遊び方が似てる。体格も同じ。見てて安心。
ザイオンはよく跳ねる! 後ろ肢がしっかりしてる証拠だね。

17*6遊び

おりゃ、おりゃーっ!!!
激しい。激しすぎる。すごい顔だ。
テーブルに近寄るなって。お膳の上の食器が壊れたらどーする。
遠くでやりなさい(汗)。ザイオンちは、犬専用体育館とドッグラン(そのほかに芝生のお庭もある)もあるんだから、広いとこで暴れなさい。

でも、吠えたり、唸ったりは、一切なく、無音で遊ぶ。こないだの、ふくちゃんのときと同じだ。対等に正しく遊んでいるときと、ケンカ中との違いは、声の有る無し、かもね。

17*3遊び

飽きずにやり続ける2頭。
その奥で、ゆうゆうとガムを噛み続けるバド爺様(笑)。↑

17*9人んちで

やっと休憩になったと思ったら、
バドもクーパーも人んちで爆睡(笑)。チャージ中。
マチュは人んちでいきなり宿題してるし。みんな、マイペース過ぎる(涙)。

ちょっと休んだら、クーパーすぐに復活。
ついに、カナリアちゃんに気がついた(焦っ)。↓

17*カナリア発見

襲いかねない。なので、すぐ鳥かごは撤収していただきました(苦笑)。

そして夜になっても、延々とプロレスは続く。

17*10寄るになっても

仲良しだね~。疲れを知らない7Gの子犬たち。パワー有り余ってます。
そろそろおいとましましょう、という空気を察知するのか、
なかなか帰らせてもらえない(笑)。

ああ、本当に楽しい時間でした。
ザイママ、美味しいごはんもごちそうさま。
ザイパパ、最高級ウィスキーと、秘伝の焼酎も美味しゅうございました。

そしてザイオン、いっぱい遊んでくれてありがとう。
また、すぐ来ちゃうからね(笑)。

17*11ザイオン

犬づくしの1日(午前の部)

日曜日は、久しぶりの犬友達と会うダブルブッキングの日でした。

まず午前の部。アンディ&モニカ家♪

セミが飛び交う夏、元気溌剌~なフラットちゃんずの散歩中に、犬がセミに驚き、パパがうっかり滑って転倒し、足のすねの骨を折ってしまったというパパ様、(明日は我が身~~~汗っ)(だっていくらフラットが陽気で活発でも……絶対にジャーポの方がパワーがあり、タフなのでやばい)
足の回復を待って、わざわざクーパーに会いに来てくれました。
まだチタン合金の入っている足で、ご足労いただき、恐縮ですっ。

代々木公園ドッグランは、久しぶりのお天気の良さもあり、午前中から駐車場満車で、大盛況。こんなに多いとクパっちは他犬様に迷惑かけるし、おきゃんな「3ちゃい♪」(3歳だけど、3ちゃい、という響きがぴったり)のレバー色のフラット・モニカもいるので、パパがまた骨折するわけにもいかないので、ランの外でお喋り。

クーパーは、事前に自転車でまず発散させましたとも。
ほんとはまだ自転車引きは早いんだけどねー、人間の歩行スピードくらいじゃ、ヤツは満足させられませんから。

さ、15歳の星でも意外とフツーに散歩しているバド爺も一緒にみんなで記念撮影を。
あら、素敵な絵だわ。愛しのガンドッグのみなさまよ♪

16記念撮影カット分

次の瞬間っ!!!!
ぴょーーーーん!!

16ぴょーん

モニカ、ジャーーーーーンプッ。
後ろ肢、すごく健康(笑)。こんだけ飛べれば股関節もばっちりですな。素晴らしい。
せっかくの美人さんのお顔が完全フレームアウト。
クパっちもバドも「あれぇ~」みたいな顔で見てるし(笑)。
だけど、アンディさんはいつも見慣れているせいか微動だにしてないし(笑)。

おもしろい。もう、こういうのだけで、犬最高!、と思えちゃう私。ふふっ。

せっかく遠路はるばる来てくれたのに、Mき様Pく様、時間が短くてごめんなさい。
また今度ゆっくり会いましょう。
Pく様、居酒屋シライシでよければ、いつでも開店いたします。
火災報知器がつく前にお越しください。

午後の部は、またあとに続く!

今日は、クパが来て初の平日の(つまり留守番)仕事打ち合わせに行くぞ!
クパが来て、ちょうど2か月経ちました。
やっと母は出稼ぎに行けます(涙)。
クーパー、お留守番、いい子で、静かにね。頼みますよ。


赤十字写真展と盲導犬カレンダー

昨日は、クーパーが来てから初めての長時間(4時間)留守番に挑戦。
『東京犬散歩ガイド』2巻ともお世話になり、それ以外でもいろいろお世話になってる私の大好きな写真家・小林伸幸さんの写真展をどうしても見に行きたくて。
久しぶりに電車に乗って、有楽町マリオン11階朝日ホールに行ってきました。昼休憩のトールも来てくれました。

13日赤

日本赤十字社主催「赤十字写真展 Believe in tomorrow 明日を信じて」です。

スマトラ島沖地震後の復興の光を
鮮やかに切りとってた。
子どもたちの笑顔が素晴らしかった。

写真展は今日までだったのですが(紹介が遅くてごめんなさい)、
日赤さんのHP右上の[WEB写真展]で小林さんの写真が見られるようです。

とりあえず募金してきた。今度は献血を行こうっと。

---------------------------------------

そしてもうひとつご紹介。
盲導犬を育成するアイメイト協会のチャリティ・カレンダーです。

9カレンダー

仲良し編集者・Mしろちゃん経由、このカレンダーを撮影したカメラマン・内村コースケ氏からご連絡をいただきました。

日本には盲導犬育成団体が9つあるそうです。
その中でもいちばん古く歴史ある団体がアイメイト協会なんだって。
でも、マスコミ露出度が低いせいか、認知度が低いのが残念なところです。
しかし、怪しいわけでは決してなく、地道に活動を頑張ってらっしゃる。
これはぜひ応援しなくては。

---------------------------------
アイメイトサポートカレンダー

・繁殖奉仕、飼育奉仕、訓練、不適格、リタイアの各ステージにいるアイメイト候補犬たちを、毎月写真と解説文で紹介。
・A4 見開き 12ヶ月+2009年11月&12月+表紙、裏表紙
・価格1000円 = 収益(販売価格の約半額)は全額アイメイト協会へ寄付

申込みは「アイメイトサポートカレンダー」をクリックしてみてね。

ちなみに撮影した内村さんは、フレンチブルドッグ2頭と雑種1頭と暮らす犬好きさんだそうです。どうりで(笑)。カレンダーの写真たちも、犬への愛が溢れています。

ワイマご長寿の星☆祝バド15歳!!

バド、本日11月11日、無事に15歳を迎えることができました。
ワンワンワンワン、しかも15年前の戌年生まれ。
すごいぞ、バド、大型犬のくせして(笑)
よくぞこんなに長く一緒にいてくれてるね。ありがとう!!

もう12を過ぎた頃から、毎年毎年「来年はいないかも」としんみりしていたのに、この健在ぶり。
さすが、ワイマご長寿の星☆
私の自慢の犬! 私の最愛の相棒!!!

1115歳

後ろ肢や胃腸や心臓は衰えたけど、顎の強さは、まだまだクパ坊主には負けていません。現役です。
こんな大きな牛の大腿骨も粉砕できちゃう。爺様と思って、甘く見てはいけません(笑)。
でも歯は大事にね。

ほんとは犬友達を呼んでぼにままlounge貸し切って大々的にパーティでもしたかったんだけど(笑)、でももうバド爺は騒々しいとストレスがかかり、下痢したりするので……バドのためにならんことはやめておこうと、家族だけでお祝いすることにした。

バドが喜ぶものといったら……いまはなんといっても食い物です(笑)。

そしたら、バドの仲良しからサプライズで贈り物が届きました。

まずは、タビィの命のササミロール、ちょっと大きいバージョン(キャンドルが灯ってるやつ)。ぼにままから♪ ありがとー! これを食べて、タビィの分も長生きするんだよ(涙)。

11いろいろ

それから、ルナんちとジョジョんちからは、こんなでっかいキッチンドッグのケーキが!

11贈り物

こんな贅沢なケーキ、バド人生お初です。ありがとう(涙涙)。
バド、生きているといいことあるね~。
お店のスタッフからのメッセージカードも心温まりました。
15歳のお祝いなんて、きっとめずらしいだろうね(しかも食欲満点、好き嫌いなく、なんでも食べる)。

さあ、バド、好きなだけどーぞ!!

11ケーキ

もしゃもしゃ、もしゃもしゃ。
美味しい? 初めて食べるでしょー、こんな素敵なケーキ。

11ケーキ2

はぐはぐ、はぐはぐ。
食欲があるってことは、生きてるってことだよ。
バド、よかったね。

11ササミロール

ぼにままのお手製チキンロールも速効パクリです。
おいおい、味わってるかい?(笑)
ほんとは丸ごとあげたい気持ちでしたが、丸呑みされそうだったので、切り分けましたよ。

さ、ついでにクパっちにもお裾分け。

11クパケーキ

どーすか、坊ちゃん。これを食べて、キミも長生きできるように頑張りなさい!

11まめも

まめちゃんもチキンロール1ついただきました~。
すぐさま泥棒猫のように持って逃げました~(苦笑)。
よほど美味しい匂いがしたのね。

ついでにルナママがいろいろ手作りジャーキーも持ってきてくれたんだけど(人間ももちろん食べられる)、マチュがこんなこともしてました。↓

11鮭とば

5か月(クパ)、5歳(まめ)、15歳(バド)。
ついでにマチュ11歳。
バドがいかにシライシ家の大事な家族として存在してくれているか。
いかに長い時間をともに過ごしているか。

本当にバド、ありがとう。
おまえがいるから、犬ライター白石花絵がいるんだよ。

これからの時間がカウントダウンなのもわかってる。
でも、
そんなこと怖れずに、いま一緒にいる時間を、大切に過ごそう。

バド、大好き。
私の宝物。
これからもバドが“生きてて、よかった”と思ってもらえるように、
長生きも大事だけど、生きている喜びのある毎日を過ごさせてあげたいです。

Quality of Life.  「生活の質」と訳されるけど、私には「命の質」とか「人生の質」という方がしっくりいく。
バド、まだまだ最高の人生にしてあげるよ。


笑える(でも私はちょっと感動した)オマケは、続きで。↓


バド排泄コントロール危うし

月曜日、陸運局に用事があり、鮫洲に行ってきた。
4時に事務所の内の電気を半分消され、ものすごく事務作業に巻きが入る財団職員&陸運局職員たち。絶対残業するもんか、ってこと? 人も半分くらい4時になったらいなくなるし。だったら最初から半分の人数でできる仕事量じゃないのか?
世の中こんな不景気で、職探しに大変な人が溢れているこのご時世に、
この横柄な職場の空気に驚いた。ムッとした。
社風(団体風)なんだろうけどさ。ほかの一般企業と比べていかにサービス精神が薄いかなんて、職場の空気に慣れちゃって一度も考えたことないんだろうけどさ。
公務員や天下りの外郭団体職員って、税金を資金源とする国民に対するサービス業なんじゃないの?
だいたいマイカーの名義変更するだけのために、なんで3団体も回らねばならんのだ(ま、税金に関する都税事務所はわかるけど。今回は苦手な税務署の人が親切に見えたよ)
しかも書類も6枚以上書いたぞ。説明してくれる人もいないし。もっと合理化したら、紙も人も時間も削減できそう。
民主党、頑張れ、と思わず言いたくなる経験でした。ふーっ。

気を取り直して、せっかく鮫洲まで来たので、
城南島ドッグランに寄ってみました。今日はトールも振替休日だから一緒♪
城南島=つばさドッグランなんだね。

10城南島ドッグラン

公園が広くてどこにドッグランがあるか最初わからなかった。
海辺で、夜景もキレイで、芝生もあって気持ちのいい公園だね。
昔(ドッグランなどができる前に)来たときよりも広くなってる気がする。

つばさドッグランは登録が厳しいようですが、
遊んでいた人に尋ねると横浜方面にはドッグランがないので、けっこう神奈川から来る方も多いそうです。
管理がきちんとしている分、穴掘り処理用所コップや土も用意してあるし(ボンちゃん、正解、つばさドッグランでした。人間が穴ぼこのせいで骨折しちゃったことがあるんだね)、定期的にしつけ教室も開催されているし、いいね。
車じゃないと来れない場所だし、木が少ないので夏場の昼間は厳しいけど、
広いし、開放感あるし、頑張ってるドッグランだなぁと思いました。

-------------

でも昨日もバドが車内で突然ウンチした。代々木→鮫洲間で。
ウンチする理由が見あたらない。
ということは、やはり脊椎の老化等で、排泄コントロールが厳しくなってきているんだと思う。
帰宅後もリビングでいつのまにか脱糞。
少し軟便ということもあるが、たぶんウンチング・スタイルもしていないまま、つまり本人の意志に関係なく、でちゃったのではないかと思う。私たち人間3人もいたのに気がつかないくらい、いつのまにかでてた。

いやー、これくらいの爺様と暮らすなら、床や車内のシートは、拭き掃除できる(または丸洗いできる)ようにしておくことが必須ですね。

排泄コントロールができなくなってくる老いたバドを見るのは、切ない。

でも、バド、いいんだよ。
ウンチ漏れちゃったって、掃除すればいいんだもん。
気にするな(気にしてないかもしれないけど。擬人化はいけないね)。
ちょっとパパは朝4時にお散歩連れだしがあり、睡眠不足で申し訳ないが、
いいんだよ、バド、年とったんだから、仕方ないよ。
年取れば、誰だって(人間だって)排泄コントロールきかなくなるんだから、同じだよ。

ちょっと今朝、咳き込んだのも気になった。
軟便で抵抗力下がったかな。心臓、頑張れ。

バドが好きなだけ長く生きてくれ。

炎症止めの入った骨関節用サプリメントを増やそうね。
赤外線治療器あったかランプも毎日しようね。

今日のバドちゃんは、粗相もなく、平和にお昼寝中です。



クパ、不良化!?

母が遊びに来てたり、〆切があったり、マチュはインフルエンザ学級閉鎖でずっとおうちにいたり、
たまたま母と同窓のルナママと一緒に母は60年ぶりに広尾にある某女学館の文化祭に遊びに行ったりと、なにかとバタバタしていましたが、
それでもクーパーは毎日運動が必要です(笑)。
ドッグラン通いもだんだん板に付いてきました。中間サイズのマグライトも新調したぞ。

平日の夕方の部では、ローズちゃん(フレンチ)、プーさん(スタンプー)、しげるさん(ハスキー)と激しく遊んでもらってます。日に日にクパ坊主の遊び方や走りっぷりが激しくなり、肩身の狭い飼い主ですが(苦笑)、犬の行動を理解してくれる、神経質ではない飼い主さんのおかげで助かってます。
飼い主が神経質じゃないと、犬も大らかに育つのかしらね~。みんな犬も細かいことは気にしないタイプなので、クパ坊主でも気兼ねなく自由にさせてもらえる。感謝。
でも、夕方はもうほんと暗いから、レギュラー陣の写真が撮れないのが残念。
犬の幼なじみ関係も普通は1歳ぐらいまでだから、早くみんなの写真を撮りたいな~。

8ランラン

週末や休日の部でも、だんだん気兼ねしないですむ顔見知りさんも増えてきました。
チャップちゃん(ケアンテリア)とか、切り株にいつも座ってマテの練習している賢いボーダーコリーさんとか、ニライカナイ(ブリタニー親子。でもママにはしばらくお会いしてないね)、バドバドブログを今までも読んでてくれているボンちゃん(ワイマ)やラフアレ(ワイマ2)とか。あとクーパーと体のサイズがほぼ同じの9か月のダルちゃん(ダルメシアン)とか。クーパーは今週、小型犬がびびって逃げる姿を追うときは、ちょっと遊びを超えて、「狩り」になっている気がするので(勘弁してよ~)、ほんと小型犬さんが大型犬用ドッグランに入ってくるときは私はハラハラドキドキ、クパを捕獲しまくり、謝りっぱなし(苦笑)なんだけど、ダルちゃんがいてくれたら、安心♪
同じサイズ、同じくらいの心の強さだから、お互いがよく遊んでくれる。

この「同じくらいの心の強さ」(気が弱くもなく、強くもない、2頭の精神力のバランスがいい)ってのは、体のサイズ、年齢以上に、もしや大事なポイントなのではないかと感じる。小型犬でも、ケアン・テリア、ジャックラッセル・テリア、フレンチブルなどで気丈だったり大らかで社会性のある子なら、クーパーが無礼なことをするとガウッと教育的指導をしてくれるので、「狩り」の対象になるどころか、クパっちがしっぽをまるめて、その後は数メートル離れるようになる。しょせんクーパーもまだお子様と思える瞬間(笑)。でもひゃんひゃん鳴いて背中を見せて逃げられると、本能スイッチが入るみたいです。どーしたもんでしょう。でも「臆病な小型犬なのに、大型犬用ドッグランに入ってくるんなら、やられる覚悟もして入ってきているんでしょう。覚悟してもらわないと困る」という方もいますが、私の立場としてはそこまで強く言えない(涙)。

8キック

8おりゃ

8首

8教育的指導

こないだのふくちゃんとのプロレス同様に、普通の人から見ると、犬同士が喧嘩してる、うちの犬がやられちゃうっ、と思うくらいに激しいけど、犬って実はそんなにヤワじゃないのよね~(ただし、社会化ができていなくて、シャイで神経質な子は、こんな激しいじゃれ合いはできないでしょう。相手が誰でも怖くて恐怖心でいっぱいなので。そういう子に無理をさせてはいけません。非常にストレスになってしまいます)。

体力、精神力が同レベルで、好奇心のベクトルが同方向の犬同士にとって、プロレスは最高の遊びであり、運動。喧嘩じゃない証拠は、とっくみあいが終わったら、ケロッとした顔で小休止している姿からも見て取れる。

8ほら仲良し

プロレスはかなりいい運動になるみたいね。走り回るのと同じか、それ以上にくたびれるもよう。非常にいい。これは飼い主が満たしてあげられない運動だしね。

ただーし!
ワルクパは、最近、犬同士との交流が楽しすぎるようで、ドッグランを前にすると興奮が抑えられなくなってきた。飼い主の声よりも、犬の存在の方が魅力的なのはわかるが、家庭犬である以上、飼い主の存在を優先できない犬は困る。問題行動の元凶となる。犬との社会性を鍛えることも大事だが、それ以上に大事なのは飼い主との関係。これが正しく構築されていないと、呼び戻しもできないし、さまざまなトレーニングも無視されるし、ひどいときには飼い主に攻撃心を持つ犬までいる。

バドはね、分離不安になるほど、ママ命のストーカーなので、
ママの存在は絶対でした。今もだけど。私の声を無視するなんてありえない。
よく「1歳か2歳頃に、犬も反抗期がある」と文献等に書いてあるんだけど、私はバドやタビィやパチに関しては反抗されたことがなかったので、ピンときてなかったんだ。
でも、クーパーはこのままではマズイ気がする。かなりヤバイ気がする。

犬種差か個体差かわからないけど、
繊細で依存心が強く、飼い主一途で従順なバド(ワイマラナー)に比べ、
肝っ玉が太く、独立心が強く、12匹きょうだいで揉まれてきたクーパー(ジャーポ)は、
精神が安定しているともいえるが、それだけ自分の意志を貫こうとしたり、飼い主の意見なんで意に介さない部分があるように感じる。
同じドイツのポインティング・ドッグ、しかも同性でも、
やっぱり違うんだな~と思って、興味深い。
同時にバドで培った経験だけではダメなんだと焦ったりもする。

ま、タビィとパチのように、同犬種、同性、しかも母娘(同じ血統)ですら、
個体差は大きかった。
人間だってそうだよね。日本人だからって、ひとくくりにされては困るくらい性格もいろいろ。兄弟でも、性格や行動様式はいろいろだもんね。

いやー、そう考えると「犬種図鑑」に書いてあることなんて、
「原則として」くらいに考えていた方がいいかもね~(自分も書いてるくせに。苦笑)。

動物行動学者の先生が「最低の服従訓練(オビディエンス)もできてないのに、ただドッグランで遊ばせていると、そりゃ犬同士で遊ぶ方が楽しいから、飼い主の存在なんてどうでもよくなる犬になる」と指摘されていた。問題行動の温床にもなりうる、ドッグランで遊ばせることは必ずしもいいことばかりではない、そうなので注意が必要。
でも、ついついね~、ドッグランで走るわが犬を見るのは楽しいし、飼い主は走らなくていいから楽ちんなんだよね……だけど、クーパーさんはこのままでは不良になりますよ。

オビディエンス、やろーっと。ショードッグでもやらんと、まずい(笑)。
でもトレーニングするときは、1人と1頭でつきっきりでやらないとね。
バド爺、すまんね。
いやいや、しかし、ほんとバド爺のいまの飼いやすさ、おとなしさ、奥ゆかしさがやたら可愛く思える今日この頃。

8来るです

“ママに呼ばれたら、必ず来るです。当然です” バド、かわいい~。
老犬と暮らせるって、ほんと、いいです。酸いも甘いも噛み分けた関係。
ただし、ドッグランでは、誰かに体当たりされたショックで、うっかりウンチがぽろっとしたりするので、バドちんをノーリードにするときはウンチチェックが重要です(笑)。

ついでに今週近所であったイベントについては、続きで。 

生意気にも足をあげだした

今日も寒いですな。
なのに2時間もバドクパ連れて夕方ドッグランにいましたよ。
ほぼ毎日行くってのに、パーキング代がかさむ……つらい。
クーパーだけなら歩きで行くけど、でもバド爺がいるときは往復の道がつらそうだから時間がない平日はついつい車で出動するはめになっています。

さて、クパっち11月2日で生後5か月となりましたが、
家トイレでは1週間ほど前から秘かに足を上げだしてて、最初のうちは5センチほど、10センチほどって幼い可愛い感じだったのに、今日にはけっこうおとな並みにいっぱしに足を高々と持ち上げてた。生意気~ぃ。
お外では、まだ女の子しゃがみチッコのくせに(笑)。

こうしてどんどん成犬に近づいていくんだね~。

というわけで室内トイレのセッテイング(壁面)にも注意が必要。

5トイレ

強烈にへんなお顔ですいませんよ(爆)。トイレの前でオスワリさせようとしたけど、スワレもマテもできずに、私の手をハグハグするんだもん(涙)。

えー、解説しましょう(つむじちゃん、参考にしてねん)。
大型犬さん用トイレとしてプラ舟を使ってます。本来はコンクリ?とか練り練りするのに使うもの。ホームセンターで売ってる。安くて頑丈。サイズもいろいろ選べます。当時バドの術後用トイレに使ってて、その後パチの避暑用プールや温泉治療のバスタブとしても使ってた。けっこう便利です。

それプラス、これまたホームセンターで購入したインテリア用?ラックみたいなのを壁面に立てて、洗濯バサミで垂直にもトイレシートをぶらさげます。
ほらね、今日はけっこう高い位置まで汚れるようになったよ(お見苦しい画像ですいません。でもノンフィクションとして載せちゃいます)。今後の対策も考えねば。

大型犬なので、生後5か月の小僧でも、オシッコの1回量は多い。
トイレシーツもダンボールで箱買いです。
ウンチもでっかくて、クラクラしちゃうよ(笑)。
でもまぁ、膀胱&大腸のタンク量もちゃくちゃくと成長しているので、だいぶ我慢もできるようになり、なるべく本人(クパ)は外散歩でしたいようですね。
まだ基本は、飲んだらデ~ル、食ったらデ~ルですけどね。

クーパーは最初の3週間ほどでトイレをほぼ完璧に覚えてくれたので助かった。トイレ・トレーニングは個体差、犬種差がありますよね。飼い主には忍耐と慈愛の心が必要(笑)。

ただ、トイレの場所は成功していても、前足にオシッコが引っかかったり、踏んづけたりすることもあるので、排泄が終わる頃に見張っておいて、トイレから出た直後にコストコで買った香り付きウェットティッシュで速効足の裏を拭くことも多いです。
ただし、足拭きを逃れるために、トイレを別の場所でしたがる可能性も考えられるので、とにかく「トイレ成功=めちゃくちゃいい子だね♪」と誉めちぎることが大事です。

うちはリビングが2階なので、トイレはここに設置していますが、バドが術後などはお風呂場も利用していました。あ、クーパーも。夜は1階の寝室(人間のベッドの下)で寝ているので、夜中や明け方のトイレはお風呂でさせていました。お風呂場だと、オシッコも水下痢もシャワーで水洗トイレのように流せるから便利だよ(ただしニオイを残さぬために大量のお水は必要)。室内でトイレができるようにしておくと、水下痢の日や台風の日、そして老犬介護のときに役立つでしょう。しかし、基本、中・大型犬は元気なうちは自分の巣穴内では排泄を好まないものですが。でも教えれば意外とバドはおとなになっても室内トイレを習得してくれたから、成犬でもトレーニングはできると思います。

そうそう、排泄量が多い分、ニオイ対策も必須。
うちはいま、高校時代の仲良しのIろーがこないだ持ってきてくれたプラズマイオンUV脱臭機がよく働いてくれてます。

ほんとに働いているのかな、と疑っていたんだけど(笑)、
一度酔っぱらってマシンを倒したことがあり(おいおい)、そのときスイッチが勝手にOFFになってたらしくてね、そしたら翌朝部屋がやたら臭い臭いと思ったの。
あ、電源OFFじゃん、と気がつき、付けたんだけどね、
そのときしか「臭い臭い」と思わなかったところをみると
ちゃんと働いてくれている模様。素晴らしいぞ、文明の利器。

Iろー、ありがとう。脱臭機くんは立派に任務を果たしてくれてますよ。
ついでに、家庭内七輪の焼肉のニオイも消し去ってくれているようだ(笑)。

大型犬の子犬を迎えるときは、小型犬以上にトイレは排泄量が多いだけに切実な案件ですが、みんな根気強く、愛をもって忍耐で教えてあげてくださいませ。

おまけ。
マチュ先生の本日の激写 ↓

5へんなくぱお

へんな生き物(笑)。

木枯らし1号

今日は寒いですなー。
ついに床暖房をつけました。
クーパー、人生初の床暖です。

3ゆかだん1

足、伸びすぎっ(笑)。

まめちゃんも、すぐ横で気持ちよさそうに伸びてます。

3ゆかだん2

当然、猫は床暖、大好き。ななちゃんず(7グループ犬)ももれなくあったかいとこ大好きだけど。クパっち、今日はお昼にドッグランでたっぷり走ったせいか、床暖のせいか、まめと共にチビクロサンボの虎のバターみたいに溶けっぱなし(笑)。平和だ。

3位置関係

お二人の位置関係はこのようになってます。
クーパーはうちの子になって1か月半、すっかりうちの群れになりました。

床暖大好きなおいちゃんは……
床暖も好きだけど、ライナスの毛布のように愛するピンクの毛布にずっとくるまってます。
この毛布は昼間はリビング、夜は人間の寝室に移動しないといけません。
めんどくさいけど、じーちゃんの心のよりどころなので、毎朝、毎晩移動させてます。

3おいちゃん

バド、木枯らし1号も吹いて、いよいよ冬がやってくるけど、
あったかくしてあげるから、この冬も頑張って乗り越えるんだよ。


さー、ドッグランにでも行くか

ハロウィーンも終わり、新米の美味しい季節になりました。
もう11月かぁー。いや、今年もあっという間に終わりそうだぞ。やばいぞ。

マチュは、昨日検査すると、やはり新型インフルエンザでした~。
しかし39.4℃と発熱したのは金曜のみ。土曜からじょじょに下がり、今日日曜朝はもう平熱。土曜の夕方から食欲も大復活。どんぶり飯食ってるし(涙。金曜の分を取り返そうとしている?) 子どもは回復が速い。というか、マチュが特別に雑菌に強いのかもな(笑)。
でも熱が下がっても2日間は学校には行けないので、彼女はクーパー同様、もうヒマでヒマで、パワー有り余ってる感じです。
ほんとは、今日、車山高原にフレンチブルーミーティング(フランス車の祭典)に行くつもりだったのにぃ。お~い、Eオカ~、そっちはどうだーい?

あ、新型インフルエンザ、先生のお話では、30代以上はほとんどかからないそうです。
私も金曜の夜から土曜にかけて、少し熱っぽくなり、咳も出たけど、すぐ元気回復、昨日は大人プールにまで行っちゃって、苦手なバラフライやらされたら、よけいアドレナリンがでたか(笑)、すっかりフツーに戻りました。ビールも美味しくなりました(健康のバロメーター)。すでに免疫があるみたいね。
新型インフル、持病のない普段健康な大人なら、そうびびらなくてもいいんだなと解釈した、オオザッパーなシライシ家です。乳幼児がいる家庭や妊婦さんは心配だけどね。

さて、さっき、ぼんてん母様に返したコメント(子犬のじゃれ合い)を思い出し、
先日、ぼにままLOUNGEで、撮った写真をば。

ふくちゃん1

ジャックラッセルテリアのふくちゃん。たしか、まだ生後1年未満。9か月くらいかな。
体はクパっちの方がもう全然でかいので、とっくみあいをして大丈夫か~と飼い主さんの顔色をうかがうが、とても理解のある方だったので、そのまま遊ばせといた。

ふくちゃん2
ふくちゃん3
ふくちゃん4

けっこう激しい。ただし、ほぼ無音で遊ぶのが、可笑しい(笑)。
ハムハム、フガフガしてるだけ(笑)。可愛いね、子犬のじゃれ合いは。

噛んでても、牙が見えても(笑)、おなかの上で押さえ込みしてても、これは仲良く遊んでいる状態なんですよ~。甘噛みだから、痛くないんです。ただ、ふざけているだけ。甘噛みや押さえ込みは、ふざけっこやおしくらまんじゅうと同じだよ。

ふくちゃん、遊んでくれてありがとう♪

さー、じゃ、天気もいいし、2日間もお休みしているから、うちの坊主をドッグランに走らせにいくとするか!  誰かいるかな~。ニライカナイちゃんず、会えないかな~。ぼんちゃんちいるかな~(お友達大募集の、大きな子犬の飼い主の私)。

このページのトップへ