クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
野子ちゃんと遊ぶ
2009年04月30日 (木) | 編集 |
連休前でなぜか忙しいのか、ブログの更新が滞ってました。失礼しました~。何してたんだろ、私。あ、家庭内七輪でもパンキースでも飲んでましたね。アハハ。

今さら、こないだの日曜日の思い出を。

予告どおり、わんわんカーニバルに行ってきました。

30カーニバル

今日は、陸家とも一緒。陸がいないのが寂しいけど、妹分の野子ちゃんは健在♪ コーギー馬鹿のオット、目を細める。私もマチュも、久しぶりにコーギーを撫でると、懐かしくて心があったまる。車の中を舞う、コーギーの抜け毛すら懐かしくも嬉しくなる(笑)。

30のこ

野子もね、バドに久しぶりに会った瞬間は大はしゃぎで、バドに「遊ぼう遊ぼう!」と可愛いポーズをしてた。陸ちゃんがいなくなって、久しぶりに仲良しそうなオス犬がそばに来たから嬉しかったのかな。今まで2頭飼育だったのに、1頭になって、犬なりに寂しいんだろうなぁと思わせる1場面でした。この写真ではすでに野子、もうツーンとした顔してるけど(爆)。

30ベト林トン

イベントは大盛況でしたね。土曜はさんざんの大雨だったけど、日曜はよく晴れたから、みんな一斉に飛び出してきた感じ。いっぱいいろんな犬が来てました。ベトリントン・テリア2頭とスタンダード・プードル連れている人もいた。素敵~。いやー、日本にもいろんな犬種を飼っている人が増えてきましたね~、嬉しくなります。

30パンちゃん

3か月のボストン・テリアのパンちゃん。チョ~可愛くって、激写(笑)。
そういえばお友達の編集者が子犬のしつけ本をつくるにあたり、子犬の撮影モデルを探していたことを思い出し、パンちゃんママに連絡先を教えてもらった。ナンパ成功(笑)。パンちゃん、来月撮影よろしくお願いしますね。

30ラウンジ

そのあと、ぼにままloungeに行ってきました。仲良し奥となりのMりんも一緒です。
また私がブログで予告していたので、お友達も来てくれてました。

ほ~ら、可愛いマイちゃんも。

30枚ちゃん

マイママは、マチュに「家庭の味」のお弁当まで作ってきてくれました。
マチュ、みなさまの愛で、心と胃袋支えられて生きてます(笑)。

トイプーのジョエルママもバドの写真をいっぱい撮ってくれたのに
私はジョエルの写真撮り忘れた。失敗。

30骨のこ

バドと野子ちゃんは、イベントで買った「ウシのおちんちん」ご堪能。
(私って、こういう単語を普通に書いちゃうから、へんなトラックバックがついちゃうのよね。苦笑)。

すんごく楽しい1日でした~♪ また遊ぼうね~。

心温まるオマケの1枚。 ↓



[READ MORE...]
大雨だ
2009年04月25日 (土) | 編集 |
今日ほんとは代々木公園へ行くつもりだったけど、
大雨なので、明日に延期。
雨の日はなんだか眠たくなる(=狩りができない)肉食獣気質の私。
今日はダラダラと過ごすしかない。

世の中の人は、今日から大型連休に突入の人もいますよね(姉夫婦もいまプジョー407SWで本州縦断中。雨とともに西日本から北日本に北上している)。高速道路、どれくらい混んでいるのかな。このGW、犬連れ旅行に出かける人も多いのでは。みなさん運転気をつけてね~。

明日は晴れるはず。
犬友達(犬親戚)が来るから「代々木公園わんわんカーニバル」に顔出して、そんで、ぼにままloungeでビール飲む。
(余談。昨日午後、マチュの小学校の個人面談に行くと、頭上にヘリコプターが3機、テレビ中継車2台が横を通り過ぎていった。草なぎくんがいる原警<はらけい・原宿警察署の近所の人の言い方)はすぐそば。大騒ぎしてますな。しかし、酒好きとしては、ちょっと同情したくなる。全裸はまずいが、「どんなときに飲むのですか」と聞かれても、酒好きだと返答に困るよなぁ。「いつでもです」って答えるわけにはいかないしね~)

バド、明日は足大丈夫かな。
オシッコ垂れは膀胱洗浄がよかったのか、いま治ってます。
だけどね、昨日、アホバドは、夕方の少しの留守番中に、サプリメントとケチャップとバドの心臓薬を襲撃! ああ、おまえ、まだこんなことするんかーっ!
心臓薬、1錠280円、60錠! おまえー!!! なんてことを!
幸い、飲んでいなくて、クダクダになっているだけだからよかったけど。
全部飲んだら、死ぬかもしれないぞ。心臓に負担がかかるだろうがっ。
(でもお金的には泣く)。

そして私のサプリのカルニチンを飲んだせいか、
昨夜から水下痢です。
やめてください、そういうのは(涙)。
ほんといくつになっても、油断大敵なヤツです。
でも薬類は危ないから、ちゃんと引き出しに入れないとマズイなぁ。これは飼い主の責任。反省。

ここで、小学校の廊下に貼ってあった子どもたちの川柳にちなんで、一句。

---------------------------------------------------
ワイマラナー
   じゅうしになっても
      暴れん坊    (ばど吉)
---------------------------------------------------
知るもんか
   留守番させた
      ママのせい   (バド爺)
---------------------------------------------------

25日常




『ある日 犬の国から手紙が来て』
2009年04月22日 (水) | 編集 |
22本

先日、お友達の編集者Mしろちゃんから1冊の本が届きました。
『ある日 犬の国から手紙が来て』という小さな単行本。
彼女が某犬雑誌(残念ながらいまは休刊になってしまった。中味のある、いい雑誌だったのに)の編集部にいたときから親交を深めていた作家さんと長年温めていた企画が実現したそうです。

オビにはこう書いてあります。
-----------------------------------------

ごめんね ありがとう いつまでも大好き

ボクの弟か妹を飼うことをゆるします。

-----------------------------------------

もう私はこれだけで涙がじんわりでますよ。
読むのが怖くて(仕事にならなくなりそうで)1話だけ読んでみました。
やっぱりうるうると泣けてきました。いかん、続きは夜にしよう。

マチュなんか、これが届いた日に、一気に読んでました。
号泣しては、いちいち1話読み終わるごとに、おいおい泣いたり、怒ったり(車に轢かれて放置されたお話しがあるらしい。マチュはこんなことされたら相手を殺しに行く、とまで過激な発言をしていた。教育を間違えたか、私。でも子どもの心って純粋でまっすぐだからね)私にあらすじを話ながら泣いていました。
これだけマチュの心を震わせる本です。
そのあと、マチュは、いま犬の国にいるパチとタビィそれぞれに手紙を書いていました。
それを読んで、私もオットも、夜、目頭を押さえました。

いやはや、やられちゃう本です。
私のブログを読んでくれている人なら、間違いなくやられちゃうでしょう。
でもそれ以外の人でも、この本を読んで泣けるなら
日本でも犬を心から愛する人が増えた証拠だと思います。

ペットロス中の方が読むとあまりにどんぴしゃかもしれません。
でも、これを読んで、思いっきり号泣するのも、アリだと思います。
悲しみを、悲しんで、どこが悪い。

またいつの日かやってくるお別れを想定し、少しずつ覚悟を決めていくために読んでおくのも悪くはないかもしれません。
感受性の高い小学生、中学生に、命の大切さをくみ取ってもらうためにも、よい本だと思います。

Mしろちゃん、いい本を贈ってくれてありがとう。

-----------------------------------
『ある日 犬の国から手紙が来て』
絵・松井雄功 文・田中マルコ
小学館 1,260円
-----------------------------------



バド爺、まだ怒る
2009年04月21日 (火) | 編集 |
昨夜トールさんは徹夜。ご苦労さんです。
今日、頑張ってゴミ出し任務完了したよ(業務連絡)。

私が朝ごはん作りで火を使ってるとき、バドがオシッコしたそうに挙動不審になった。そしたらマチュが「じゃ、軽く散歩行ってくるよ」と。
なんて、ええ子なんだ。

しばらくして「まだかな」と思って窓から往来をふと見ると、向こうで、犬(ジャックラッセルの子犬。たぶん4~5か月くらいのサイズ)を連れたおじさんに、マチュがぺこりと謝っている姿が見えた。わー、なんかやっちまったか!!?

聞くと、ジャックちゃんがワンワン吠えて、長々スルスルリードで、バドの懐に飛び込んできたらしい。マチュはリードを10センチくらいに短く持って遠のこうとしたが、ジャックちゃんがスルスルと突進してきて、そしたらバドがガウッと吠えついたらしい。
幸い、噛んではないが、
どー見ても、バドが悪人に見えるからなぁ。
失敗した。
バドはパパが昨夜帰らず、多少不安でイライラしてたのかもしれない。
そうはいっても、いくら相手がスルスルリードで近寄ってきても、
「子どもなんかに大型犬を散歩させて」と思う人もいるだろう。
失敗した(たぶんオットでも同じ失敗をする気がするが。苦笑)。
幸い、おじさんは怒ってなくて「こちらの方こそすいません」とのことだったらしいが、もし初めて子犬を飼い始めた人なら、ワイマラナーなんかに吠えられたら、びびるよね。
スルスルリードは勘弁してほしいですけどね。

メルちゃん(仮名)が超フレンドリーでも、人から見たら、ボクサーを凶暴犬と感じる人もいる。小学生に散歩させる以上、都市部ではたくさん人がいるし、歩道の道幅も狭いので、人に恐怖感を与えないように散歩させる術を徹底的にマチュに教えないといけない。

それにしてもバド爺、ほんとは足の踏ん張りがきかないじーさんでも、他人から見たらわかんないんだし、その年になってまでジャックの子犬に喝入れないでよ(涙)。
ジャックちゃん、すいませんでした。
今度会ったら謝ります。

4ねる

爺は、そんな飼い主の気持ちなんて知らず、心地よさそうに寝てます。
おとといから立ち上がるときにオシッコを少しこぼすので、
昨日今日と毎日ベッド洗濯です(涙)。やっぱり洗濯機で洗えるベッドが楽だわ。
今日は今から雨の予報。早く乾けばいいけど。



老犬取材2連発
2009年04月20日 (月) | 編集 |
土曜と日曜は、老犬介護の特集のため、2日連チャンで老犬ちゃんずに会いに行きました。
土曜は、バドとタビィの幼なじみ、3月で15歳になったラブラドールのラブちゃんちに行ってきました。

20ラブちゃん

昨年11月から夜中に徘徊と夜鳴きが始まり、排泄コントロールもできなくなったと聞いて、2月下旬にも会いに行ったけど、ラブちゃん、今回は取材にも活躍してくれた。
ありがとう、ラブちゃん。
だけど、撮影中、アシスタントベストを脱いだら、やせ細ったラブの体がよく見えて、仕事中だというのにこっそり涙が出た。樽胴の立派な体格のラブちゃんだったのに……老いは切ない。

だけどね、ラブママは江戸っ子らしくチャキチャキで義理人情厚く、世話好きな飼い主さんだから、ラブ、本当によかったね。この調子でママに迷惑かけてもいいから(笑)、もう少し頑張りなよ。

取材後にこれまたバドたちの幼なじみ、黒ラブのサリーちゃんちもラブの顔を見に寄ってくれた。サリーちゃんも14歳。バドタビィの幼なじみはみんな14歳以上だけど、よく頑張ってる。サリーちゃんはお顔が白くはなったけど、足腰はとてもしっかりしてて、14歳には見えない若さ。昔よりは頑固になったかもしれないけど(笑)、昔と変わらずサリーは可愛い。タビィも空の上から見ていたかもしれないな。ねぇタビィ、ラブもサリーもバドもみんなもうこんなに年をとったけど、頑張ってるよ。


20サリー

サリーと一緒にいるのはラブちゃんちのミニチュア・ダックスのジャック(5歳)。ラブが10歳過ぎて大手術後にガックリと元気がなくなったときに、ラブちゃんが元気になるようにと迎えたダックスちゃん。もうそれから5年もの歳月が。はやいね~。

サリーちゃんちには同じく黒ラブのヴィッツ(9歳)もいて一緒に来てくれたけど、動きが速くて写真ブレブレで撮れず(笑)。

ちなみに前回2月にお邪魔したときは、バドも連れて行ったの。ラブと久しぶりのご対面。

20対面

ラブはほんとに気のいい優しいオスでね、バドが大型犬でもケンカしない数少ないオス犬だったの。大事な幼なじみだよ。

20ラブ

私たちが引っ越して犬同士は7年半ぶりに会ったのに、
お互い、なんとなく記憶があるみたいね。
そしてバドは、ラブが老いていることも理解してるようで
まったく手が出せないというか、なるべく見ないようにしてるというか(笑)。

老いって切ないけど……
だけど、こんなに長く一緒にいられるってのは、幸せなことだよね。

昨日は、東武伊勢佐木線に乗って越谷に住む、15歳のハスキーちゃんと13歳半の秋田犬ちゃんちのお家を取材してきました。ここでも愛情いっぱい注がれていました。

このもようは来月の『JKCガゼット』6月号(5月末に届くやつ)の特集に書きます。老犬との暮らしに関心のある方、ご一読ください。

老犬ちゃんずを取材に行くと、ますますうちのじいちゃんが可愛く思えて「じーちゃん、今日は水分飲んでないじゃないですか。飲むヨーグルトはいかがですか?」などと、つい甘やかしてしまう今日の私です(笑)。


贅沢な苦悩
2009年04月17日 (金) | 編集 |
マチュのメルちゃん(仮名)家族に迎えるぞ計画内に、
新たな問題(!?)が発生しました。

とにかくですね、昨日からの新しい局面としましては、
ボクサーの中で、どの系統を選ぼうかという悩みが浮上したのです!

すっかり我々が信頼して「もうこの人の信念のもと生まれてくる子犬を待とう!」と思っているブリーダーさんちで、

<ボクサーらしい顔、骨量、明るい(悪い!?)性格、運動能力も上>のAママの血統にするか、
<いまのショードッグ界では優秀な成績を残せる、ちょい小ぶりで、お顔がベビーフェイスで、女の子はいつまでたっても可愛い顔で、性格もマイルド>なBママの血統を待つか、

昨日から私一人、浮き足立っています。
ブリーダーさんのブログを2006年から読み返し
それぞれの産んだ子供またはその同胎犬の産んだ子、および本人の
成長ぶり(顔、形、性格、行動)などを比較分析(笑)。

どっちもいい、どっちもそれぞれに魅力がある。
調べれば調べるほど、なんかすごくおもしろいの!
考えれば考えるほど、のめり込んで来ちゃって(笑)。
私は繁殖に関してはほんとよくわからなくて、
ましてやボクサーの有名な血統なんてのも知らなくて、
もうそこはプロにお任せする(素人は口出しなんてできない)んだけど、
それにちょっと囓ったくらいでえらそ~に講釈たれる身分じゃないんだけど、

同じボクサーという1犬種なのに
ラインによって、ほんとに違うんだな~と思って。びっくりする。
ちょっとわかってきた気がする。
同じ犬種なのにね。すごく悩む。
同じイケメンの中で、オダギリジョーと水嶋ヒロ、どっちがいいって感じ?(笑)

悩んでいるうちに思いついた。
まるで、別犬種のワイマラナーにするか、ビズラにするか、悩んでいる感じにも似ている。両者ともガンドッグで、ヨーロッパ原産で、スムースヘアで、あんな目つきで(笑)、一見シルバーとゴールドの色違いにしか見えないけど、

つまり(誤解されると困るけど、わかりやすく簡略化しています。お許しを)

でかくて(ちょいごっつくて)、骨量も十分で、運動量も多くて、イタズラ好きで、ちょい気が強いかもしれなくて、うざったくて、だけど運動性能もより高く、欲求の強いワイマラナーと、

小ぶりで、お顔もマイルドで可愛らしくて、性格もマイルドで、ちょい奥ゆかしくて、(ワイマよりは)ハンドリングしやすいサイズと性格で、飼いやすい優等生タイプに思えてしまうビズラと、

そんな感じなのー!
心身共にエネルギッシュでパワフルな犬が好きな人には、きっとわかってもらえるんじゃないかしら!? 私のこのジレンマ!
(オットにはわかってもらえないのよ。何を私がワクワクと困っているのかが)

しかし、マチュは冷静です。この人は子どものくせに待てるらしい(私より大人)。
しかし私としては来年まで待つと6年生とかで忙しくなるのでは(別に受験はしないけどさ)とも思うし、
もしも万が一、待ったのに何かのアクシデントがあったら!?という心配もある。
私やオットの犬ならば、2~3年待ってもかまわないが
(オスのワイマラナーを次に迎えるのなら、私の体力の限界もあるけど)
マチュの子ども時代の1年2年は大きい。
マチュの心の成長に大きくかかわるこの時代に、
メルちゃんにぜひマチュのそばにいてほしいと私は願っている。


私たちはこないだAとBの両方に会っている。
それぞれのきょうだい犬やその子の産んだ犬などの血縁犬にも会わせてもらった。
そのときからして、姿や性格、いろいろあるなぁと思ったの。
そんで私はそんときからAの性格はすごく好きだったの。悪くて(失礼!いい意味です)。
やんちゃでおきゃんで陽気で遊び好きで可愛かった。
マチュの背中に乗ったり、踏んづけたりしてた(笑)。
そんで、Aの産んだオスが、私、すんごく顔形が好み。
でもBちゃん家系の女の子はほんとすんごく可愛いお顔なんだよなぁ。お目々くりくりで。頭も小さめなのかな、だからとっても優しそうな印象なの。

もーう、
私がAの子ども、マチュがBの子ども、
って2頭欲しくなるくらいよー!!! (やばい)

しかしマチュは冷静。
「私の犬だから、私が決める」
ごもっともです。はい。

はぁぁぁぁあぁ。
どうしよ。

だけど、これって贅沢な悩みだよね。
先代や親戚を見ながら、比較して、どっちの血統がいいか選べるなんて。
すごく幸運な悩みだと思う。
普通は、親兄弟すらわからないで売られているんだから。
もっといえば、親、祖父母がどんな病気になったのか(死因や骨関節の遺伝性疾患など)もまったくわからないことも多いんだから。

日本でも、家族の一員を迎えるときに、まず犬種を検討し、
さらにその犬種の中でも系統により、いろいろ差があるってことを教えてくれるような、本物のファンシャー(愛好家)のブリーダーさんが増えると
犬と暮らす生活がもっともっと豊かになるような気がする。
(同時に、そういうブリーダーさんを一生懸命探し、犬種を学ぶ姿勢を持った飼い主が増えることも大事)。

だからいいブリーダーさんは
自腹を切って(笑)、その犬種の原産国の単犬種ショーを見学に行ったり、本国の優秀なブリーダーさんとコネクションを作り、なんとかいい血統を日本の遺伝子プールに譲ってもらえるように努力しているだろうなぁ。


はぁぁぁぁぁ。
いやはや、こんな風にいろいろ思考をめぐらせるきっかけを与えられたことじたい、
私(犬ライター)にとっても、いい勉強です。結論はすぐにはとても出せないけど(笑)。

17ためいき

“ママ、浮き足だってないで、早く原稿書かないと、やばいんじゃないんすか?”


アジアインターの思い出
2009年04月16日 (木) | 編集 |
お待たせしました、やっとアジアインターのレポートです!
長いよー、心して読んでねっ♪

4月5日(日)、ボクサーとワイマラナーの日を目指して2日目に、家族総出(猫は除く)で行ってきました。今回は珍しくパパも同行。未来の家族(ボクサー)をみんなで勉強しよう!

しかしボクサーは朝8:30~。
マジですか。午前中は活動できない私になんて過酷な試練。
しかしそんな軟弱な発言、メルちゃん(仮名)の未来のオーナーが許してくれるはずもありません。ええ、行きますよ、頑張りますよ、ママは起きますとも。

おおー、朝早いと駐車場もまだ入れるね(当たり前。いつも12時過ぎにのろのろ行くからいけない)。7:50には到着。私がこんな早く会場に来るなんて、ショーのお手伝いに出動したとき以来だよ(だから親しい友には「早いじゃん!(ばど吉にしては)」と驚かれました)。

たまたま前を走っているワゴン車に、なんだか見慣れた後頭部が。
「あ、前の車、ワイマラナーだ!」
私、運転中でもワイマラナー・センサー、つねに作動中(笑)(だからオタクって言われるのか)。

16ショー1

ああ、お名前失念。えーと、えーと、漢字を使った名前だったような。ごめんよ~。車のナンバーは北関東だったような。
若くて可愛いオス。お父さんお母さん娘さん、総出で可愛がっている~というファミリーでした。しかも、なんとバドを知っていた(驚)。バドバドサーカス、ご愛読いただいているそうで。ありがとー! それにしてもバドの顔って、やっぱ特徴的なのね。みんなよくわかるなぁ。公園で花見で飲んだくれているとやばいなぁ(笑)。

16ショーボクサー

わーい、間に合った!
ボクサーのリング、かぶりつきで観賞。
ムーママもここに来れば私に会えると知ってたから、来てくれたよ~。

16ボクサー

私はこの場にマチュを連れてきたことで、本日の仕事完了~くらいの気持ちだったけど、マチュは静かに食い入るようにリングを見ていました。よしよし。こういうステップを踏んでから、自分の犬を見つけることは非常に重要だ。ペットショップで一目惚れしたくなる気持ちもわかるが、子犬は工場生産品じゃない。心あるブリーダーさんは、こんな風に真剣に取り組み、真剣に育て鍛錬し、真剣勝負で闘い、そうして健全で美しい子犬は生まれてくるんだよ。

16影丸

オーナーハンドラーで出陳していた影丸くんと記念撮影。
影丸くんは、いつかマチュが手に入れるメルちゃん(仮名)の親戚かも。
もうマチュも若くして犬馬鹿全開。いい笑顔だ。
夢が叶うといいね。

16バドも観戦

“今日は7Gのリンクじゃなくて、鼻ぺちゃのとこに長くいるんですねぇ”
おいちゃん、我慢してください。

お友達にも会えました~。むむちゃんち~。
だけどワイマのむむちゃんは欠場(どこのおうちも若いワイマを連れてきたら、お買い物ができないからと嘆く。笑)

16むむ

ワイマのショータイムには、ワイマ・ファンシャーがぞろぞろ。
きゃ、るーたんの写真がないっ!
1年3か月前に会ったときはお子ちゃまだったのに、こんなに大きくなって、まぁまぁ立派に育ってと目を細める私(代々木のおばちゃまの気持ち)。

そしてワイマと暮らし始めたドーベルの子犬チャンも!きゃー、可愛い~! 

16ドーベル

ワイマより、おでこが狭い? ワイマより鼻筋が長い?
賢そうな利発そうなお目々だね。いい犬に育つんだよ~。

レア犬種にもすぐ話しかけちゃう私。
外人さんが連れていたメキシカンへアレス。
けっこうシャイでした。この会場じゃ緊張もするよね。

16メキシカンへアレス

触らせてもらった(嬉)。ほんとに無毛だった。ゴムの仲間のような感触というか。
そんですんごく温かいの。ベッドの足元に入れて、一緒に寝たい!

そして今回いちばん強烈に印象的だったのが、この子!
セントラル・アジア・シェパード・ドッグ!

16レア犬種

オス80kgだって。でかい~。かなりやばそうなくらい強そうよ。
こないだスウェーデン在住の同業者(笑)動物ライターのR子さんともお話ししたけど、コーカシアン・オフチャッカとかこの犬種とか、たぶんカンガル犬とか、チベタン・マスチフとか、中央アジアやロシア方面の長毛マスチフは、素人が簡単に手を出してはいけない犬。子犬はぬいぐるみのようで夢のように愛らしいけど、ほんと最強の護羊犬ですよ。
カッコイイし、素敵だけどね~。いやー、日本にも入ってきてますなぁ。
ちなみに後ろで寝ている子も同じセントラル・アジア・シェパード。こっちはオス60kg。山の子と草原の子でサイズが違うのだとのこと。ショードッグとしてのスタンダードの確立の歴史はまだまだ浅そうです。土地犬だもんね。なんかさ、今後商業ベースに乗ってきたら、ちょっと心配。

ま、このようにショー会場に行くと、最新の日本の犬界の動きがわかるから、私は楽しいんだけどね。

一方、バドじーちゃんのショー会場のお楽しみは「みちのくファーム」さん。

16鹿スジ

今回もオヤツをいっぱいいただいちゃって。いやはや、ありがとうございます。
じーちゃんよかったね、一緒に来たらハッピーなことあるでしょ。
老犬でも消化しやすい(そのくせ噛みごたえはわりとある)鹿スジと鮭とばロングを買ってみました。

16ばく1
16なく2

おいちゃん、元気炸裂です。
14歳半には見えません。

おっと7Gも応援行くよ~。急げ~。
ジャーポとイングリッシュ・セッター(Bママ名義ちゃん)を大きな拍手で声援。

16ジャーポ

さすがでございます。
ジャーポ、やっぱり好き。
死ぬまでにもう一度飼いたい。

16ワイマ

オスのワイマのリングも見て、
そろそろバドじーちゃんの挙動が不審になってきたので撤収しました。

ああ、楽しいハッピーな1日だった。
その後のランチの様子と戦利品の発表は、さすがに長すぎなので(笑)「続き」で紹介しましょう。


[READ MORE...]
春眠
2009年04月15日 (水) | 編集 |
15春眠

昨日は久しぶりに雨が降りましたが、
今日はまた気持ちのいい晴れです。

今朝の明け方(4時とか5時くらいかな)、バドが3~4回立ち上がって咳き込みました。そのあとケーッと吐くような咳も。
う~ん、これは心臓っぽい咳だね。
心配で(急に心不全起こすなんてことないよね!?と内心少しびびりながら)
バドをポンポンしながら「大丈夫だよ、寝なさいね」と何度も話しかけました。

昨晩は春の嵐だったので
気圧の変化とかで咳もでるのでしょうか?
(気温は低くはなかったけどね。季節の変わり目は心臓に負担があると聞くしな)

それとバドはこの1~2か月で、目もだいぶ白くなりました。
夜中の散歩で、郵便ポストや工事現場の黄色い移動式柵みたいなのに、激突します。
「ああ、見えてなかったんだ、ごめんごめん」と思います。

そういう老いを目の当たりにすると切なくなりますが、
でも、今も私のすぐ横で、バドは気持ちよ~く、まめちゃんとお昼寝しています。

穏やかな老後です。
バド、のんびりゆるやかに長生きしような。



週末は代々木公園
2009年04月13日 (月) | 編集 |
先週のドッグショーのレポートもせぬまま
陽気もよく桜もよくて、ネタが豊富。
ドッグショー報告はまた後回しにして、新鮮な思い出の方を書きます。

土曜日は、ヒマだったので日曜日の桜の下見とアースデイ・マーケットに野菜を買いに行くつもりで代々木公園へ行きました。
代々木公園、すんごい人出! うおーっ、みんなお花見ですか!
だけど桜はもう散りまくり、葉桜だけど(1本だけ白い桜が奥に咲いてたけど)、
みんな陽気にピクニックシートを広げ、お弁当を食べ、ビールを飲み、ボール遊びをしていました。平和な光景だ~。

バド爺、チャリで走らせていたら
どこかで「シライシさ~ん!」という声。
どこ? この公園なのに人混み(笑)の中、私を呼ぶ声はどなた?

11ルークくん

アメリカン・コッカーのルークくんちでした。
バドが気になって、ちらり~んと視線を向けてます。可愛い。

アースデイ・マーケットは日にち間違いで野菜は買えず。
そこでアウトドアグッズ(コールマンとかテントやさんなどなど)のイベントをやっていたので、そのままそこでビール飲んでました。
M子とEりんも遊びにきたし♪

11パピヨンチーム

うわ、可愛いパピヨンチームがいるよ~、みんなこっち見てるよ~。
ママが買い出しに出かけているに違いない(笑)。
ヨーキーちゃんもいるし、全部で8頭!

11お疲れ

じーちゃん、さすがに渋谷に近い代々木公園遠征でくたびれています。
人混みを嫌がる(タビィの死後、不安に感じ、ハアハアになる)のは減ったものの、無理は禁物。足もね。だけど、気持ちのいい風、日光浴と脳に刺激は大事だと思うよ。それにしてもあんたの色ってコンクリとか石とか木肌と同じ色。保護色だね。

しかし、帰り道は足が痛くなったようでした。ごめんよ、ちょい無理させちゃったね。
夜は、くたびれたのか、無言の抵抗?(笑)。

11くたびれたらしい

なぜ、わざわざマチュを座布団にするんだ? 新手の嫌がらせか(爆)。

****************************

そして翌日曜日。
前から約束していたルナ家の子ボル(ボルゾイのパピー)を愛でる会♪
毎度おなじみ、1歳ワイマのジョジョたんもいるでよ~。

12じょじょ

若いジョジョたんは、人のフリスビーに目が釘付けです(笑)。

11るなたん

相変わらず可愛いルナちゃん。薄い色の下毛がフワフワ。
性格もサイトハウンドらしく、飄々としている印象(笑)。
ルナ家のお友達のボルゾイ&ミニチュアダックスさんちもたまたまいたから、
おとなりに陣地設営。
今日はサイト・ハウンド濃度高し(笑)。

12あんな

ボルゾイのアンナちゃん。本日の主役。5か月。
かわいー!
ボルゾイ(というかサイト・ハウンドって)いろんなものが長い。マズルも足も胴もしっぽも。
ガンドッグとは体格がまったく違うからおもしろいよぉ。
アンナちゃんも飄々としている(ワイマやコギと違い、表情が読み取りにくい?私が不慣れなせいかしら)んだけど、食いしん坊(笑)。いっぱい食べて大きくなりなさい! だけど食い過ぎで下痢には注意してねん。

そしてドッグランも大盛況でした。

12アイリッシュ

うおっ、アイリッシュ・ウルフ・ハウンドのパピーもいるぞぉ!
3か月だって。でっかいね。だけどもっとでっかく(あと3倍くらい!?)なるんだよね。楽しみですね。

12大盛況

私、1Gなら、オーストラリアン・シェパード(オージー)ちゃん、好み。
なんだか目が追ってしまいます。
よく遊び、よく駆け、タフでいい!

12ブリタニー

オージーと同じくらいやっぱり気になっちゃうのはブリタニー・スパニエル。
こいつらもずっと走り回ってる。タフだ~朗らかだ~。いい、やっぱり7Gは好きっ!
って私って、ほんと運動量の多い犬ばっか欲しがってない?
ああ、自分がおばあちゃまになってもガンドッグ飼いたいよぉおおおお。
スーパーばあちゃんの体力を身につけないと難しいなぁぁ。だけどほんと7Gは可愛い。マイ・フェイバレットですよ。

もうドッグランを眺めているだけで、幸せ。何時間でもいられる。
やっぱり犬オタクらしい。
それにしても、いろんな犬種がいるなぁ。
こんなに東京近郊に、いろんな犬種が住んでいるんだなぁ。ボルゾイもサルーキもいっぱいいるよ。道ではほとんど会ったことないけど、住んでいるんだね。デーンもニューファンもプチバセもスムースのボーダーコリーもピットブルも狆も(笑)。
それだけで楽しくなる。酒が飲める(笑)。
3か月の黒いフワフワ毛虫みたいな可愛いボーダーコリーちゃんもいたよぉ。超可愛かった。

写真を忘れましたが、大きくて立派なオスのワイマラナー、ラファエロさんとアレックスさんとも会えました~。5歳。若くて頑丈そうで、なつかしい。だけどみんなオスのくせに(くせに、と言うな。笑)オスオスでケンカしないの。いい血統だなぁ。こういう性格ならドッグランでも遊ばせやすいからいいね。

12ボストンちゃん

5歳のフレンドリーなボストンちゃんが寄ってきて
「遊んで遊んで」攻撃をされたら、バド爺もなんだか嬉しそうにはしゃぎだした。
お、珍しいな。相手がいい子だからだろうけど、
これならメルちゃん(仮名)が来ても大丈夫かな(笑)。

12また飲んでる

まだ飲んでる、また飲んでる私(笑)。
いやー、犬と過ごす、犬友達と過ごす週末は、ほんと楽しいです。


花よりワイマラナー♪
2009年04月09日 (木) | 編集 |
9大島桜

日曜、ドッグショーの帰りにお昼ごはん食べたあと、ふと見ると、
有明の海辺の小さな公園では大島桜が満開だった。
つい寄り道してしまう、おめでたいシライシ家。
ソメイヨシノはうっすらピンクだけど、大島桜は白緑の印象。きれいだね~。

9さくら

花よりワイマラナー♪
いや、桜もビールも大事だが(笑)。
だけど桜をバックにしたバドを愛でるだけで、どんぶり飯が食えそう。

9マチュと

さて。
マチュのご愛犬様、やってくる日は!?(もうマチュ、ショー帰りでやる気まんまん)
とりあえず、バドじーちゃんで、今のうちから一人で安全に散歩をさせる練習を積んでおきましょう。しかし若犬は、バドじーちゃんみたいに決してジッとしてくれないぞ。心しておきたまえ。

そう考えると、老犬との毎日ってのも、けっこう優雅で(笑)楽しい。
ワイマラナーの若いのと暮らしているみなさん、
12歳くらいになったら、優雅に落ち着いて、ショー会場でショッピングを楽しんだり、花見を楽しんだりできるようになりますよ~(って12歳じゃ遠すぎか!?)



お誕生日花見
2009年04月08日 (水) | 編集 |
ちょいと事件が起きて、消耗しまくりの1週間でした。
なんと、3月末に入金されるはずのお金がぶっちぎられてしまったのだ。
いやー10年以上フリーライターやってますが、こんなことは初めて。
まぁ、以前からそんな話、カメラマンさんやデザイナーさんから、ちらほら聞いていたけど、まさか自分が渦中の人になるとは。
しかも今回のお仕事は大口。いまのバドの病院代1年半分くらいに相当するんじゃない?
安い中古車買えるぞ~、という私にとっては大事なお金。
いやー、ちゃんと回収しないと、ヤバイですよ、マジで。
100年に一度の不況と言われても、私のような微々たるフリーライターとしては、今までだって甘い汁を吸ったことがないから、もうまんた~い(問題なし)とタカをくくっておりましたが、いやはや、こうやって弱者にツケが回ってくるんですね、資本主義ってヤツは。
はぁ~。

しかし!
負けてたまるもんか。
ピンチをチャンスに!とオバマさんも言ってたじゃないか。

そんな感じで迎えた昨日の本物のお誕生日。
オットは会社を休んでくれてて、ほんとは犬友達の絵画展を見に、上野で桜デートするつもりだったんだけど(モニママごめんね行けなくて)、不履行の相談とか対策を考えていたら仕事が押しちゃって、結局遊べずじまい。
だけど、このままお誕生日を終わらせてなるものかと
家族そろって夕方から代々木公園に(意地でも)お花見に行ってきました。

7代々木

バドちゃん、ゆっくりならまだ自転車で行けるんだよ。
通り過ぎた自転車のカゴには黒っぽいフレンチちゃんが乗ってる(笑)。

7代々木公園1

うおーっ、代々木公園、満開ですっ!

平日の5時くらいだというのに人がいっぱいなのにも驚いた。
みな学生さんか? いや、ビールサーバー持参で激しく飲んでいる大人たちもいるぞ(笑)。会社、お休みか?

7ばく1

バドちゃんにはこないだドッグショー会場で買った、みちのくファームの鹿スジを持参。

7ばく2

酔っぱらい飼い主、お口に鹿スジくわえて、最愛の犬にあげてみた(よい子はマネをしてはいけません)。
私が今日犬のライターとしてやっていかれるのは、バドのおかげです。

7花見

バド、来年も、ここで桜を見ようね。

そして私は、転んでもタダでは起きない雑草のような根性で、
4●歳も頑張りま~す♪






[READ MORE...]
明治公園にて
2009年04月04日 (土) | 編集 |
4明治公園1

桜もいい感じで満開に近づいてきました~♪
今夜も嬉しさのあまり、ちょっくら家族で夜桜見に代々木公園にでも行こうかと思ったけど、あいにく夜からパラパラ雨が降ったから断念した。

でも夕方はプールに行ってきたよ~。
大人プール、いまもなんとか継続してます。
先週は生まれて初めてバタフライに挑戦し(させられ)ました。
全然できなくて本当の意味で「撃沈」しました。
バタフライ(蝶)のように、ドルフィンのように(ドルフィン・キックで)泳げるようになる日は来るのか!? イモムシ以下で溺れかかりましたよ(涙)。
だけどアラフォーの手習い始めて4か月目。相変わらずバタ足の才能はないけど、クロールは少しは泳げるようになったよ。えへへ。人間、やればなんとかなる。

プールは明治公園のとなりなので、
バドも連れて行った(プール中は車の中で寝てた)。

4明治2

ひっさびさに呼び戻しなどのトレーニングもどきをしてみたら、
嬉しそうに駆け寄ってきた。
か、可愛い。
バドじーちゃん、まだまだイケル。

4明治3

本当に可愛いね(親バカ)。

14歳半のワイマラナー、明日、一緒にビッグサイトへ行きます。
今年も、バドと一緒に行けて、嬉しいよ。

(だけど、バドの足腰がしんどそうになったら早々に撤収する予定です。バドを見つけたら声をかけてくださいね♪)



昨日は大学病院
2009年04月03日 (金) | 編集 |
昨日は定期的な大学病院の日。
春休みのため、マチュとその仲良しさんで犬と暮らすのをずっと夢見ているAりんも連れて、NJへ行ってきました。

2大学病院1

ほかの患者さんに迷惑だといけないので、一番奥に行きました。
ペット用グッズの通信販売カタログを食い入るように見つめる小学生と、お昼寝できずに困っているバドちん ↑

2大学病院

血液検査、尿検査結果待ち中には、でろーんと寝始めた。
ああ、若い頃は、外で寝たり、寝転がったりするヤツじゃなかったのに(涙)。
こういう衰えを見るたび、ちょい切なくなる。

結果。
心臓は改善もないが、悪くもなってない。よしよし。
肝臓もそんな感じ。
だけど
ALPだったっけかな、すんごく値が高い。正常の犬に比べたら、かなり高い。なんだかALPやら、ALTやら、似たような検査項目があるので混乱するなぁ。ただ、とにかく説明によると、胆汁か胆管に問題があるのかもしれないし、犬によっては高くても平気な犬もいるとかで、死ぬような重大な問題ではないそうなんだけど……でも、正常値の4倍?かなんかは心配。

ただそのためにスパカールをずっと何ヶ月も飲んでいたけど、飲んでも飲まなくても数値が変わらないのなら、身体的にも経済的にもよけいなことはやめてみようということになり、除去法で、とりあえずスパカールをお休みし、1か月後に数値がどう変わるか見てみることになった。

また肝臓によいとされるセサミンなどのサプリメントも休憩。
吉と出るか、凶と出るか。ああ、心配。

胆管とか胆汁によいとされる食事管理があれば、知りたいな。
肝臓にいいものなら、よいのかな? その辺がよくわからないな。
今度気合い入れて調べてみよう。

3ホカホカバド

赤外線治療器は、とてもいい感じです。
やたらハッピーそうです。先生も、なんでもかんでも薬を飲ませるのではなく、必要なものだけを飲ませ、そのほかこうした赤外線治療などで痛みや症状を緩和させてあげるのを薦めてくれたけど、私もその意見に賛同します。

ちなみに健康体のまめちゃんは、赤外線に当たっているのではなく、床暖で爆睡しているだけです(笑)。


[READ MORE...]
赤外線治療器
2009年04月01日 (水) | 編集 |
大学病院の獣医さんに以前から薦められていた、赤外線治療器を
買ってみました。
バドの膀胱炎の再発を緩和するためです。

*老齢化による脊椎症、ヘルニアの影響で、排泄困難の症状が出ているかもしれない。関節炎は温めると痛みが緩和するし、進行も抑制できるかもしれない。

*ヘルニアなどで排泄困難でつねにペニスの先が漏れていると、雑菌が繁殖しやすく、膀胱炎になりやすい。

それに人間でも、冷えは膀胱炎によくないもんね。
さらに年取ると、バドの四肢の先も冷たくなってる。血行が悪い。
冷えは万病のもと。温めるのは基本的によいことだ(急性の炎症以外は)。

そういうわけで、買ってみました。少しでもバドが楽になればいいなと思って。
いろいろ調べたけど、医療機器メーカーとして信頼のあるオムロンを選んでみた。

じーちゃん、どうですか~?

2赤外線治療器

基本的にバドは、機械を信じていない。機械のような硬い物体は信用していない(アルマイトの湯たんぽなんて若いときから大嫌い)(布や毛布のように柔らかいものは好き)。
だから、このオムロン赤外線治療器も、一度嫌いになると(不信感を持つと)、二度と利用してくれなくなる可能性が高い。どの犬もそうだろうけどね。

だから、出会いは慎重に(笑)。
いい印象を持ってもらって、
“あれ? なんだかあやしいけど、あったかいぞ。気持ちいいぞ”と認識してもらうことが大事。

腰部を温めてみます。

2治療器2

“チラリ”
やや不信感を持ちつつも、暖かいことを認識した模様。
立ち上がったり、嫌がったりせず、そのまま寝てくれている。よしよし。

2治療器3

30分近く当ててると、
足がぐい~んと伸びてきました(笑)。
ポカポカしてきたようですね。よしよし。

このあと、四肢の先もホカホカだし、耳の中まで赤くなってました。
この調子で、毎日30分、焼き芋バドちゃんにしてあげよう。

ついでに、そのあと万年腱鞘炎のオットと、小学生のくせに冷え性のマチュも(おねしょをしている時代にこれがあればよかったか)、バドの後に順番にやってました。
私も寝る前に足を温めたら、いつもより寝付きがよかったよ。私も最悪の冷え性・雪女の足なので(笑)。

赤外線治療器、老犬だけでなく、家族全員で楽しめそうです(笑)。

それと、黒ラブのサリーちゃんちから薦めてもらった「大高酵素」というのにも3月からトライアルしてます。ごはんに大さじ1杯入れる。甘酸っぱいドロッとした液体です。

2バド酵素

健康食品だから、効果・効能はhpに記されていないけど(薬事法の関係で、サプリや健康食品は効果・効能をうたってはいけません)、代謝がよくなったり、免疫力アップに効果があるようです。バドの膀胱炎を心配してくれて教えてくれました(kおりさん、ありがとー♪)。ついでに私も飲んでみる。ダイエットに使っている人もいるんだって(笑)。

バドに効果があるかどうかはすぐには見えてこないけど、
とりあえずバド酵素(と、命名)をスプーン1杯ほど飲み水に入れると、ジャブジャブよく水を飲んでくれる。膀胱炎の緩和のためには、水分補給はとても大事。それだけでも十分価値があると思う。バドちん、いっぱいお水飲んでね。

西洋医学だけでなく、民間療法や東洋医学も理解できる範囲で取り入れつつ(できれば科学的に少しでも立証されている方法が私は好きだけど。でも漢方薬とかインディアンの民間療法のハーブティーとか昔ながらの自然のパワーものも意外と好き)、
とにかくバドの残りの人生が少しでも楽に、楽しく、動きやすくなるように、
バドの個体にあった方法を模索していきたいと思います。

ああ、また今日も現実逃避。
今日は「犬のデンタル・ケア」の原稿〆切!
あ、昨日は東大に取材行ってきた。犬の運動能力の秘密の話。すんごい興味深い取材だったんだ~。犬ってね(グレーハウンド)、哺乳類の中で(って、生き物の中でってことか!?)チーターの次にスプリンターとして瞬発的なスピードがでるんだって~。しかもウマ(などの草食動物)ほどじゃないまでも、持久力もあるの。その理由は!? 
へ~、ほ~、ひゃ~。すんげー、おもしろい!

これは次号の『JKCガゼット』特集にて(笑)。
さあ、ブログばっか書いていないで仕事しましょう(えへへ)。
(そして~明日は~バドの大学病院の日~。だから~、すべては今日中に終えなくちゃ~。涙~)