クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
バドまた膀胱炎再発
2009年01月30日 (金) | 編集 |
昨日は、NJ大学病院へ。

*肝臓
肝臓の数値(ALTだっけ?)が、まだ正常値内にはないものの、秋の検査に比べれば1/3以下の数値になり、よくなった。晩秋から私とともにセサミン飲ませているのも幸いしているのか。バドはお酒飲まないけど、セサミンは肝臓にいいと取材で研究所所長さんからじかに聞いていたんだ。効果があったのなら嬉しいな。
ウルソが1日1回3錠→2錠へ減量。
スカパールは今までどおり1日2回各1錠。

*腎臓
ph値が前よりもよくなった。
ここ2週間ほど、こないだ原稿に書いた、動物性タンパクはお魚(サーモン、タラ、ニシン)だけを使い、穀類は一切使わず、ポテトとサトウ大根オンリーの「FISH 4 DOGS」というイギリスのフードを、ボッシュに混ぜている。バドのオシッコは、アルカリ性に傾けたい。高タンパクはダメなんだって。だから親心で牛肉などをあげるのはよろしくない。ならばお魚の方が、よいかな~と素人考えで。サーモンは抗酸化オイルも豊富だし。それとなにしろドイツ犬バドは、ジャガイモが大好き。
このフードがよかったかどうかはわからないけど、腎機能もまずまずの結果。老化による全体的な機能低下はもう完治することはないけれど、少しでも負担が減るように食事療法でだましだまし長く緩やかに機能を維持したい。

*膀胱
しかし、またもや膀胱炎再発。菌が3種も検出。
1日3回オシッコ散歩させているけど、老化のせいで尿道の閉まりが悪くなってて、濡れていると雑菌も入り込みやすいし、老犬だから抵抗力も低く、すぐ膀胱炎になってしまうらしい。1か月抗生物質飲んで、治って、薬をお休みすると、また1か月後には再発……というのを秋からもう3~4回繰り返しているなぁ。抗生物質はけっこう高いんだよなぁ。それに耐性ができてしまうのが心配。しかし、カテーテルを入れて膀胱洗浄を試みるという作戦もあるが、それでよけいに膀胱癖を傷つける怖れもあり、老犬にはオススメできないみたい。
ともかくオレンジ色の抗生剤「パセトシン」1日2回各3錠ずつ。けっこう大量(涙)。とりあえず2週間分。菌はただいま培養中。耐性も心配なので、正確な菌を見極めることに。
投薬以外でできることは、
1,お水をなるべく飲ます。
2,トイレは頻繁に行かせる。
3,尿道口をイソジン(人間がうがいするときと同じ濃度に薄めて)で拭き取り、バイ菌の混入を極力減らす。
この3つに取り組みます。オット、協力よろしくお願いします。

29薬

*心臓(僧帽弁閉鎖不全)
こちらも今後悪くなることはあっても、よくなることはない。死ぬまで投薬。
エースワーカー1日1回2錠。エースワーカーってけっこう高いんですよ。1錠280円。
でもバドはこれを飲んで、てきめん、元気・やる気快復してます。
だから切らさずにちゃんと飲ませてあげたい。

1か月分の心臓・肝臓薬と、2週間分の膀胱炎抗生剤と、尿検査・血液検査で
今回は3.6諭吉。うん、そんなに高くなくてよかった。
とはいえ、冷静になると、私は毎月バーゲンに行っているようなもの!?
そう思うと、ほかのもの切りつめないといけないな~と真摯に思う。
だってバドは死ぬまで毎月最低この出費が続くわけで。
大型犬は投薬代は大変といえば大変です。10キロ未満の犬の3倍お金がかかるわけですから。そう思うと、大型犬多頭飼育に手を出すのには勇気がいります。
しかし、
私とマチュはボクサーへの野望は捨てておりません。
いえ、むしろ、その夢に向かって、頑張るしかない!
(ボクサーは~、大型犬じゃないんだよ~、中型犬さぁ。笑。いや、ほんとですよ)
とにかく! 母(犬の母であり、マチュの母)は、もっともっと働かなくちゃ。

29日獣

バド、薬代のことは心配せずに、長生きしてくれ!
(って、まったく心配しているつもりなし。今日も、毛布かけろ、朝が冷え込んだとうるさいぜ)

ついでに。
武蔵境の大学病院の帰り道、新たな楽しみを見つけました。

29農協

JA直売所(笑)。お野菜も、お花も、新鮮でみずみずしく、しかも安いの! 
三鷹でこんなに大根やカブやホウレンソウがとれるんだね~。朝摘みイチゴも新鮮で甘いし450円! なんとキウイまであります。素晴らしいぞ、武蔵野!(オレンジ本以来、すっかり武蔵野びいきな私)
病院の帰りに、東八道路沿いのこの店にちょっと寄って、お野菜をしこたま買うのが、通院日のささやかな楽しみとなりました。

人間、いつでも前向きに、ポジティブに♪
逆境を楽しむくらいでなくちゃ 
バド、腎臓のためにも一緒に野菜食べよーぜ(笑)。

そして私は本日、(今さらながら)オレンジ本の打ち上げに行ってきま~す♪
(全然、慎ましやかな生活にシフトするつもりのなさそうな私。ふふふ)



なんだかバタバタ
2009年01月28日 (水) | 編集 |
またブログさぼってました。えへ。
週末に広島の弟家族がオーストラリア旅行の帰りに寄ってくれて、マチュにウォンバットのぬいぐるみをお土産にくれました♪ 私は4人きょうだい(女2,男2。私は次女。どう見ても雑草的強さのある次女キャラクターなのは周知の通り)でして、高崎の弟夫婦も遊びに来てくれまして、夜中じゅうお喋り。

広島弟んちの次女のEおちゃんが、チョー可愛い。
ああ、マチュも昔はこんなにちいちゃくて可愛かったもんさ(笑)。
赤ちゃんは人間でも子犬でも無条件に可愛いもんだね。

28ごろね

みんなで床暖でごろ寝(笑)。
あ、しかもEおちゃんは、Bママがバドの誕生日にくれた犬用ちび毛布をかけて寝てます(汗)。よいんでしょうか、こんなことで。しかし意外と次女は丈夫です(爆)。問題なしです。多くの人が思っているほど、犬猫は病気や雑菌の塊じゃーないんですよ。犬や猫と生活したって支障はありません(動物アレルギーの子どもに無理はいけませんが)。

28接近

おおぅ、まめちゃんが異常接近!
バドが近づくよりも私はハラハラしますよ。猫はね、何するかわかんないからね。
バドほど堪え性がないし、弱者をいたわる心がないからね。ま、それが猫さ。
スヤスヤ寝ているEおちゃんを起こすなよ~、つつくなよ~。監視、監視。

28接近2

あ、でも、異常接近しつつも平和にやっている。よかった。ついでにEおちゃんに猫アレルギーがなくて、よかった。

日曜は、なぜか、というか友人に頼まれて、わが家にテレビカメラが入り、ロケ。
主役は、マチュとパパ。お子様番組の親子クッキングに出るそうな。
私は、自分が取材されるのはいたたまれないタチなのですが、最後だけ「いただきますのときだけはお母さんも」と言われ、しかたなくこっそり登場(涙)。

28テレビロケ

月曜は、弟家族とお墓参りに行き、羽田に送った。
火曜は、たまった原稿を焦って書いた。
そして今日は水曜日、なんだかまだいろんなことがやり終わっていない(汗)。

だけどバドはいつもどおり元気です。
明日はバドの病院に行ってきます。

おふたりさん





ラブラドールLOVE
2009年01月22日 (木) | 編集 |
ラブ


 [ニューヨーク 21日 ロイター] 愛犬団体の米国ケネルクラブが発表した同国での純血種の犬の人気ランキングで、ラブラドール・レトリバーが18年連続首位になった。
 同団体は声明で、ラブラドール・レトリバーについては昨年、ほかの犬種の2倍以上となる10万匹余りの新規登録があったとしている。
 2位は、4万2000匹近い登録があったヨークシャー・テリア。これに、ジャーマン・シェパード、ゴールデン・レトリバー、ビーグル、ボクサー、ダックスフンドの順で続いた。

------------------------------

仕事を必死にしているつもりが、こんなニュースにすぐ引き寄せられてしまう私(笑)。

アメリカでラブは18年連続人気?1ですか。
うん、やっぱりコンパニオンとして、最高にいい犬だもんね。

あ、いま、映画「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」(音が出るから注意よ)、アメリカで大ヒットしてるよね。以前、私も犬クレアで書評を書いたことがあるけど、いい本だよね。笑えるし、最後はダーダーに泣ける。やっぱりさ、ラブは、たまらなく愛すべきキャラだと思う。この映画、日本は4月公開だよ。私もタオル持って、映画館に行くぞ。
ラブラドール、遺伝性疾患をできるかぎり淘汰し、これからも、いい犬種のままでいてほしいな。

2位はヨーキーなんですね。ちょっと意外(と思うのは私だけでしょうか)。それだけ魅力のつまった犬なんだろうなぁ、ね、ボニちゃん♪ うん、この中で唯一、使役犬でないね。セレブが小脇に抱えて、撫で撫でしてそう。

シェパード、ゴールデンはわかる。これまた優れた犬です。いや~日本もこれくらい大型犬が上位を占めてくれると、大日本大型犬推進委員会会長(自称)としては嬉しいけどな~。供血だって、たっぷりできるしね♪(さ~ジョジョたん、1ちゃいになったらそろそろ東大へgo!)
(でもうちの犬が来るまでお待ちいただいてもよし。一緒に行こうぜ!)

スヌーピーのビーグルちゃんもアメリカ人、やっぱ好きなのね。ラブもビーグルも大らかで楽天的だからな~(&大食漢)、カリフォルニアの風土に合いそうだ(笑)。

おおぅ、次いでボクサーですか! マチュ、聞いて聞いて、ボクサーだってさ!
それだけコンパニオンとしての資質が高い犬種なんだと思う。期待。
サイズも意外とコンパクトで、ほどよいサイズなんだよね。私には小さめだけど(笑)、女子にはよろしいサイズではないかと思います。
そのかわり流行犬種は、遺伝性疾患もでやすいので心配だけどね。正しい志の高いブリーダーさんを見つけないとね! 頑張りますわよ、マチュのため(自分のため!? ドイツ原産ツルピカ犬LOVEですから)

次はダックスさんか。でもミニチュアとは書いてない(笑)。きっとぷりっとした存在感のあるスタンダード・ダックスだろうな♪ 昔、そうねかれこれ30年以上前、おばあちゃまんちにスタンダード・ダックスもいました。昔は、ドイツ犬、幅をきかせていたよな~。シェパードとかボクサー、ジャーポも多かったよね。日本は戦中戦後、ドイツと関係が深かったから文化が入りやすかったのだろうか、それとも日本人気質とドイツ人気質は似ていて、ドイツの犬は基本的に馴染み深かったのか。たしかに日本犬とワイマラナーとか似ているとこもある。ワンオーナーで頑固。外では淡々としていて、表情が読み取りにくい。ただし、ワイマは日本犬のように独立心は強くない(涙)。寒さにめっぽう弱く、根性もない(涙)。

オバマ氏は、ファースト・ドッグ、何を飼うのか、楽しみだ(笑)。



大寒
2009年01月21日 (水) | 編集 |
昨日20日は「大寒」。寒い日が続きますね。
うちの1階は、留守中でも換気できるように白石家語通称「くるくる窓」(正式名はなんていうんだっけ? 細いガラスが何枚もあって、バーをくるくる回して開閉する窓)を多用しておりますが、1階の湿気のたまる夏は便利だけど、冬はすきま風があるらしくてすごく寒いんだ。だから先日、ガス屋さんが点検に来たときに、後付床暖房について聞いてみた。30万円くらいでできるらしい。へ~、それでバドも人間も極寒から逃れてホンワカとできるのなら……と、ほくそ笑んだが、それをマチュに報告すると
「ダメダメ、贅沢贅沢。メルちゃん貯金するんだから」と、あっさり却下された。
(メルちゃん=マチュが飼うであろう憧れのボクサー。仮称)
母よりしっかり者である。

さて。バドの右耳が、昨夜、異臭を放っていることに気がついた。
超臭いんだけど、どこか高級チーズのような、その手の匂い(笑)。
実は私、このニオイ、耐えられる、というか正直嫌いではない(爆)。
酵母菌か。何菌だ? とにかくまたザイマックスくんをせねばな。

それにしてもこれだけひどくなるとは、どうした? 免疫が下がったか?
と、心配になったが、もうひとつ考えられるのが、耳の蒸れ。

バドは毎晩はおろか昼寝でも、毛布を全身に(頭にも)かぶり、シュウマイの皮をまとうように寝ている。灰色のボディはまったく見えない姿。
毛布をどこかに持っていって放置したままにしていると、「ワン」と文句鳴き。うるさいから、その辺に転がっていた犬猫用クッションを頭にかぶせたら、それで満足して寝た。

21ほっかむり

頭が隠れると、なぜか安心するらしい。
最近は、テレビの音や、お客さんの声がうるさいと、部屋を移動するくらいだから、
頭や耳が隠れると、暗くなるし、音が聞こえにくくなり、安心感があるのかも。
老犬との暮らしは初めてだけど、やってみて初めてわかることがいろいろあります。
(しかし、どの犬でもなるのかは不明。アホバドだけかもしれない。笑)

でもほっかむりをしている状態が長すぎて、耳が蒸れて、外耳炎になりやすくなっている可能性もあるのではないか? ただでさえ床暖房や自分の体温でぬくぬくな状態なところで毛布をすっぽりかぶっているんだから。
バドじーちゃん、快楽の追求のため、いろいろな副作用が起きている気がします。

ついでに、まめちゃん。
なぜ、猫ってヤツは。

21漬け物石

残業続きで、万年睡眠不足のパパがベッドに横になるなり、なぜ当然のように胸と腹部に乗っかるんだ?
だいたい7~8キロの漬け物石ですからね、かなり重たい。上半身をすっぷり覆うボリューム。トールがいつのまにか心停止したらどうするっ。

だけど~、目を細めてグルグルのど鳴らされたら、邪険にはできないんだよね~。
猫も、可愛いもんです(重たいけど。涙)。


12月の新潟旅行(後半)
2009年01月19日 (月) | 編集 |
19旅後半1

さて、新潟2日目です~。長文です。心してお読みください(笑)。

12月の新潟の朝は寒い。窓が白くなってる。
私はバドが人間用布団にもぐり込まぬよう、右手にリードをからませて寝た。
あいつがノソノソしたらすぐに感知できるように。
おかげで少し寝不足な気もしたが(笑)、まあ、クレートトレーニングができてないお布団好きの堪え性のない犬に育てた私の責任だからしかたないか(爆)。

19国安3

朝、明るくなってやっと写真が撮れた~、これが「国安」さん。
文化財指定されている茅葺き屋根の古民家なんだ。ああ、素晴らしい。
こんなところに犬も泊まらせてくれるなんて感激だよ。
建物も、そしてオーナー夫妻のお人柄も優しくて、なんだか田舎の親戚のお家を訪ねてきたみたいな心地よさがありました。マチュはふと気がついたらオーナーパパさんと朝っぱらから茶の間でTVアニメの「鬼太郎」を見てました(笑)。マチュ、どこでも馴染みすぎ。社会化ありすぎ(笑)。

19べく2

しかもね~、4か月半のバーニーズの「べく蔵」ちゃんがいたんだなー! タビィを失ったトールの沈んだ気持ちを和らげておくれ。
10何歳のシニアのバーニーズどどちゃんと、これまたまだ若い(1歳くらいだっけ)ゴールデンのお縁ちゃんもいます。ひゃー♪
べくちゃんは、お子ちゃまだから、まー、はしゃぐはしゃぐ。超可愛い。
全然じっとしてくれないから全部写真がブレブレだー!(笑)。
ここは土間です。バド、子犬にはまったく抵抗できないので、吠えられて困り顔(笑)。

19-4里山散歩

宿の目の前には田んぼが広がってます。
里山をバドとお散歩。いい感じ。
バドも山の匂いが嬉しいようで、駆けだしてました。
バドが走る姿を見るのは何年ぶりだろう。
まだ、おまえ、走れるんだね。嬉しかったら駆けだして、ジャンプして、飛び回れるんだね。そういうバドの姿が見れて、嬉しかった。

ああ、また来ようね、国安さん。今度は夏がいいかな。お世話になりましたー。

19-5大池

さあ、ドライブ再開。
宿で教えてもらった、地元の人しか知らない「ハクチョウの大池」に寄ってみた。
瓢湖のように観光地化されておらず、素朴な、正しい生態系という感じでよいな。
鳥の写真は望遠じゃないと撮りにくいけど、でもこっちの方が正しいと思う。
鳥たちは人間に媚びていなくて、もくもくと湖面の中に頭をつっこみ、食物探ししてた。

いよいよ日本海が見えてきましたよ。
しかも柏崎刈羽原発のすぐとなりの海岸ですー(涙)。

19-6原発

こんなところで宿で作ったおむすびをほおばる私たち。
ここの原発が大事故を起こしたら、東京までも壊滅するんだって。マジですか。でっかい核爆弾みたいなもんなのね。
全国版ニュースではなかなか伝わってこないけど、地元では連日、小さな事故やニュースでもちきりだそうです。昨年かなんかの放射能流出事故では、新潟の海水浴場が遊泳禁止になり、海の家や宿が廃業になったところも多いんだって。
でもここで作っている電力はみな東京(首都圏)に来るそうな。なんか不公平。
けど中越沖地震でこの原発も壊れたとき、稼働中止になったけど、別に東京は停電もせずにフツーに生活が送れたよね。巨大なリスクがありながら、誰が必要としているの、原発って。
かたや地元の雇用先としては重要だったりもするらしい。
うーん、いろいろ考えさせられる。マチュ、社会見学だ。

と、母が難しい環境問題を語っていても、
マチュは石ころ拾いに忙しい。
日本海の荒波に洗われた石っころは丸くてツヤツヤ。いろんな色がある。

19-7日本海

でもその前に我々にはやるべきことがある。
タビィにお別れを告げるのだ。
お別れ、というか、魂はこれからもお別れはしないけど、タビィの肉体は現世にいなくなっちゃったから、区切りをつけよう。
3人で、海に向かって、せーの、で叫んだ。

「タビィ~~~~~~~~~~~~~~!! タビィ~~~~~~~~~~~!!!」
3人で、腹の底から大声で叫んだ。
でも日本海の波の音が消してくれるから、どんな大声で叫んだって大丈夫。
思いきり叫ぼう。
涙がでた。たぶんトールも泣いていたようだ。

タビィ、13年と9か月、一緒にいてくれてありがとう。
タビィは白石家のかけがえのない宝物だよ。
これからもトールを守ってあげてね。

ついでにマチュが「パチ~~~~~~~~~~~~!」も叫んだので、
海の向こうの天国にいるパチにも挨拶してきたよ。


さ。元気を出して、生きていこう!
私たちはいまを生きている。

19-7日本海バド

そして、日本海に叫んだあとは、もうひとつのメインイベント、カニの食い倒れ!
当初の予定では、寺泊へ行くつもりだったが、これまた貴重な地元情報をゲット。「寺泊の漁港ではカニはとれない。(観光地化されて有名だが)あそこはほとんどロシア産。なかには北海道産もあるかもしれないけど。地元の人はあそこには行かない。買い付けに行くのは、糸魚川の能生漁港。富山湾に近くて、魚も豊富だし、湾が近いから冬でも毎日漁に出られる。新潟の海岸線は湾がないから、海はあっても、荒れる冬場は船がほとんど出せないんだよ」。
なんと、貴重なご意見! なるほどね~!

それを聞いたら、能生に行かないわけにはいかないっしょ。
当然、南下しました。明日マチュは学校、パパは会社だけど、もはや寺泊のカニで満足できるわけがない。妥協はいかん。行くぞー、走るぞー! 

そして到着~! 道の駅みたいになってるとこです。地元の方も魚介をお買い物に来ているところを見ると、よし、間違いない。

19-8能生

でもその中でも、観光地バージョンになっているお店とそうでないお店があるので、
よくよく検討。

1-9かに

本ズワイガニだ~!! 
お店のおじちゃんのお話しでは、鳥取など山陰でとれたら「松葉ガニ」、福井や糸魚川では「ズワイガニ」「越前ガニ」、山形では「ヨシガニ」とも呼ばれるそうだけど、みな同じ種のことなんだって。
お値段の差は、重量。大きくてもスカスカしているのはよろしくない。ズッシリしたものを選ぶ。また甲羅に茶色いツブツブ(ヒルの仲間らしい!)がついているのが、日本海の地物の特徴であり、ヒルつきの方が一般に身が詰まっていて美味しいらしい。カニが長生きしている証拠なのか?

ボイルしてあるカニも売ってるけど、やっぱ新鮮な生でしょー!
数あるお店の中で2軒ほど、その場で、生ガニを茹でてくれるサービスをしてくれる。
40分ほどかかる。茹でたてを食べるに決まってます! おとなりに無料休憩所があるので、そこで食べます。

さー、待ちに待ったカニですよー!

19-10まちゅとかに

19-11かにみそ

カニミソがたんまり入ってて、うんまーい!
日本酒が欲しい~っ!(運転手だから涙を飲んで我慢! 今度は近くに泊まりたいわ。そうすれば運転手はオットに任す)

19-12茶えび

地元の茶エビとやらも食べました。生です、お刺身です。お刺身というか、かぶりつきです。甘くて美味しい。緑色のプチプチ卵がいっぱい入ってる。

19-15かに

カニをハサミでバチンバチンと切り、ほじくるオットとマチュは、食べてる最中、ずっと無口。私はめんどくさがりさんなので「どう?美味しい?やっぱり本場は違う?」と話しかけても、誰も応えてくれない(涙)。おいおい、家族旅行なのに、会話を楽しもうぜ、みんな~、と言っても、カニ剥きに集中する二人。マチュはやたら真剣な顔。

ご堪能いただけたようで何よりです(笑)。

19-16かにまちゅ

ほぼ食べ尽くして、おなかが膨らんだら、満面の笑みでございました。



というわけで、1泊2日の新潟の旅も終わり。
しかし日曜の夕方5時半に、限りなく福井県に近い新潟県の海辺にまだいるシライシ家、小学生を持つ家庭としてこれでいいのか!?と思いつつ、帰路につきました。

さらに帰り道、高速道路で雪が降ってきた。だめだ、パパの運転では危ない。運転は私にすぐ交代。妙高高原では吹雪。
やばい、外は氷点下だ。凍結注意だよ、ひょえ~。

19-14氷点下

見えるかな?「-1℃」と書いてあるでしょ。プジョーちゃんは外気温が表示されて「凍結注意だよ」とアラームが鳴ります。これが鳴ると気合いが入ります。
結局、-4℃くらいまで表示されました。あなどりがたし、冬の信越の旅。冬タイヤにちゃんと履き替えててよかったー。Eオカちゃんの言うとおりだ。ありがとう。
みなさんも、冬にカニを食べに遠征に行くときはお気をつけください。

4時間後ぐらいに無事に東京に到着しました。意外と近いぞ、糸魚川。
またカニ食べに行こうね。それを胸に、今日からまたいっぱい働こうと誓うシライシ家でございます。
(長文のお目通し、どうもありがとう♪)
12月の新潟旅行(前編)
2009年01月17日 (土) | 編集 |
今日は土曜日だけど~、原稿書き~。
しかもテーマは「ペット葬儀」についてだから、ちとヘビーな気持ち。
というわけで現実逃避で(笑)、12月の新潟旅行の思い出を綴ってみましょう。

---------------------------------------------

12月13、14日、家族で新潟旅行へ行ってきた。まめちゃんは初めての1泊留守番。日本海で脱走されるといけないので。

旅行はほんと久しぶり。パチが死ぬ直前に房総へ出かけたぶりだから1年半ぶりだ。
パチとタビィの闘病で、身も心も財布もすり切れたシライシ家(苦笑)。でも、かの糸井重里氏も今週の「ほぼ日」でこう書いている。

*****

花や、おかしや、笑顔や、旅や、おしゃべりや、歌は、
景気の良し悪しに関わらず人には必要な栄養だ。
「それどころじゃない」って、言わないようにしたい。

*****

私はこれを自分の「ハッピー格言」として胸に刻むことにした。
私の場合は「犬や、猫や、酒は」も追加される(笑)。

----------------------------------

さて話を戻そう。


12月13日はタビィのほんとだったら(生きていたら)14歳の誕生日だった。
日本海の荒波を見ながらタビィを偲び、カニ食べて元気をだそー!という旅。

初日、新潟へ行くというのにちょっと遠回りして、東北道を使う。雪をかぶった磐梯山が見えた。
那須高原SAには、ドッグランも。ネタ収集のために写真も撮っておきましょう(毎月、時事通信さんのお仕事も書いていて、写真も毎月必要なの。バドが寝てばかりの写真しか最近ないからさー、ネタ集めできるときにしておかないとね!)

12月1那須高ッグラン

日本海とカニしか目的がなかったはずだったが「冬の新潟→あ、ハクチョウが飛来してるはず→新潟といえば瓢湖(ひょうこ)だ!」と、昔WWF時代(プロレス団体じゃーないですよ、パンダのマークの自然保護団体です)ラムサール担当だった私は思い出した。マチュに前夜に「ハクチョウ見たい?関東や広島じゃ、なかなか見られないからね」というと「見たいー!」というんで、瓢湖へ。

旅2

おおっ!? なんと今年、つい最近、ラムサール条約登録地になったばかりと現地で判明!
いやー、よかったねぇ、よかったねぇ。これで瓢湖の生態系の保全が国際的にバックアップされる。よかったよかった。

旅3

マチュはガン・カモさんに餌付けするのが楽しくて仕方ない。
ちゃんと専用餌を与えているが、私としては、餌付けに関しては複雑な思いがあるけどね。
観光地化するってのも、複雑な思いがあるけどね。

旅4

でも、たしかに、可愛いんだな、ハクチョウさん。
見ているだけで、心が和む。
こういう湖がふるさとにあるって、財産だよね。

旅5

観光客がいっぱい餌付けするから、鳥たちがわんさか寄ってくる。
だからガンドッグは、観光客に迷惑だから、最初は湖には近づかず、遠目に見ていた。
飼い主は交代で、湖面(鳥たち)に近づく。
でも隅っこの鳥と人の少ないとこで、バドにも見せてあげた。興味津々。
じーちゃんだから大丈夫かと思ったが、
湖に飛び込もうとしたから焦った(笑)。老いても、ガンドッグ魂、健在。

そしてお楽しみのお宿は、
「私ってよくここ見つけたな~♪」と自画自賛した犬連れOKの古民家の宿「国安」さん。
トールにはサプライズで連れて行ったの。
ほんと建物も情緒たっぷりで素敵だったし、新潟の山の幸、海の幸をたらふく堪能できて、最高だった。なのにね、バドも畳のお部屋に入れてくれるし、犬はサイズにかかわらず一律1000円。なんて親切な。バーニーズ2頭とゴールデン1頭の飼い主さん夫婦だからね、大型犬への愛と理解が溢れているの。ほんとは秘密にしておきたい隠れ宿だけど、バドバドサーカス読者のみなさんには内緒で教えてあげちゃうわ。

旅6

ただ食事のお部屋は犬はとなりの土間で待つように。バドは土間は冷えるから当然座敷に上がり込もうとするので、食事中は車で待たせた。

旅7

これでもか、これでもか、と、ごちそうがでてくる。このあとつみれ鍋もきた。ボリュームありすぎで苦しい~。でもどれもこれも美味しくて、お腹がはちきれそうに食べた。でもおなかがいっぱいになりすぎて酒どころ新潟の日本酒をたっぷり堪能できなかったのが悔やまれる。

お風呂は普通なので、温泉めあての場合はオススメしません。ただうちにとっては家族風呂で入れるのは嬉しい。
お部屋は純和風で、素敵よ。大型犬も入っていいなんて、ありがたや。今度はまめちゃんも連れてきていいって。ただし、室内で排泄させるのはNGみたいなので、小型犬オーナーさんは確認してください。

旅8

バドはマイ毛布、マイベッド、マイ敷物持参。
おまえの荷物がいちばん多かったぞ。

後半に続く!

しんしんと寒い日々
2009年01月16日 (金) | 編集 |
寒いですな~。
お天気はいいけど、朝晩冷え込みますね~。

バドは夜中の3時と6時くらいに立ち上がり、寝室の扉をカリカリしてアピールします。
「毛布をかけろ」と。
寝返りして立ち上がるときに、毛布が床に落ちる。以前だったら、自分で、鼻つらで毛布をちょいちょいと持ち上げてかぶっていたのに、この冬は要求する。無視してたら「わんっ」て吠える。深夜に鳴くのはやめてくれ。そんで私は人間ベッドから寝ぼけながら腕を伸ばして、バドの全身(顔まで)すっぽり毛布をかぶせてあげる。そうすると「ふふふふ~ん」と言いながらドタッとベッドに丸くなる。

明け方は1階寝室の床で寝ている(いや、ちゃんと犬ベッドは3重だし、その下には「バド暖」と命名しているキッチン用の部分的床暖房を敷いているんだがっ)
低いところはしんしんと冷気が入ってくるのでしょう、それで目が覚めるのかどうかわかんないけど、今週は「毛布かけろ」文句の回数が多い気がする。
2~3時間おきに私を起こすのはやめてくれ。

でも、老犬だから、いたわってあげないとな~。
(どこまでいたわりで、どこからがワガママを許しているのか、境界線が難しい)
老ワイマラナー、ますます狡猾になってきて、やばいです。

だけど、やっぱり可愛いから許す(笑。14年経っても親バカ)。
床暖の上でとろけるバド(とくに耳がとろけてます)。こんな風に無邪気に寝られると、ついいじりたくなる(笑)。

14とろけるバド

ついでに、そのとなりでとろけるまめ。

14とろけるまめ

床暖LOVEな2匹。

14床暖ラブ

軟弱なヤツらだ。それに比べて、さっきお外で、野良猫ちゃんがこの冬の日射しの中でウトウトしていた。たくましい。可愛い。

14ひなたねこ 

(これ、携帯カメラ写真です。今までダメだったのは私が接写モードで撮っていたからでした。アハハ、相変わらずアナログな私さ~。今後は少しマシになるでしょう)

お外の猫ちゃん、冬空に負けないで、風邪ひかないようにね。

アラフォーの手習い
2009年01月14日 (水) | 編集 |
お正月休み明けで「今月はヒマだ~」と余裕をかましていましたが、
なんだか原稿書きと取材日が詰まっていることに、昨日気がつきました。ひゃ~。
でも、ありがたいこってす。頑張らなくちゃ。
「バドの床暖代を稼げ~お願い~」と昨日犬友達のメールに書いてあったしね
(Mママ、あなたのことです♪ へ~い、寒がりワイマのために頑張りますわ)。

さて。話変わりまして。
丑年に入り、最初の月曜日、マチュが習っている国立競技場でのプール教室を、たまには見学して待っててあげようと夫婦そろって見ていました。
小4のマチュは、もうバタフライまでやってる。クロールもけっこう速い。ちょっと前までは「プールは必ず保護者同伴で」と看板に注意事項が書いてある年齢だったのに、もう親をはるかに超えている。すごいな~子どもの体力と吸収力は。

そのとき、何を思ったか、オットが突然提案。
「一緒にプール習おうか」

ひょえ~、マジですか!?

でも、体にいいことはたしか。
私は2007年10月にママさんバレーボールでネンザして以来、去年1年は一切スポーツをしていない(ときどきまだネンザの足首が痛いのよ。いやぁねぇ、年とると、完治しないんだもん。涙)。そんでパソコン仕事で1日9時間は軽く椅子に座りっぱなし(オットもデザイナーなので同様。残業が多いので座っている時間はもっと長い)。しかも私は会社員のみなさまのように毎日出勤しないから、たまに駅の階段を使うと疲れる。犬の散歩は毎日あれど、バドのご老体ではゆっくり歩くだけだから、運動というにはほど遠い。

いかん、このまま朽ちていくのか。
しかもオットは今年、本厄。彼も健康管理のために運動した方がいいに決まってる。

……というわけで、マチュの見学直後、勢いでそのまま大人2人分のプール教室の申込みをしてしまい、先週土曜日、初めてプール教室に参加してみました。

ちなみに私は、海女さんになれるかもと思うくらい、潜れます。平泳ぎはできる。
でもクロールはできない。溺れかかって25mが限度。
でも平泳ぎはよけい腰痛になると聞くから、クロールができるようになれたらいいのになと常々思っていた。しかもわが家の近所には、東京体育館、オリンピックセンター、渋谷区スポーツセンターと3つも公共のプールがある。でも平泳ぎでちんたら泳いでいると肩身が狭い。よってクロールは憧れ。

……しかし、このたびの初教室で、私、こんなに自分はバタ足ができないのか、とびっくりした。
全然進まない。マジで。板もって、先生のご指導どおり「膝を曲げずに、歩くように腿から動かす」とやっている(つもり)なのに、となりのレーンのウォーキングの人に抜かされる始末!!

なぜ~っ!? なんで進まない~っ!??


……バタ足。私の人生最大の弱点だったことが判明。

私は子どもの頃から(こんなに大きく成長する前は)、バレーボール、硬式テニスで、県からメダルをもらったこともあるほどスポーツには自信があった。体育の成績はつねによかった(体育だけが成績優秀ともいう)。その私が、インドアのオットにかなわないスポーツがあるなんて! ちょっと凹んだ。今まで私が彼よりも負けるスポーツ(?)はボーリングだけだったのに。

まぁ、しかし、オットに教えてもらうスポーツがあるってのも、たまにはいいか(笑)。

いつもなら運動であれ仕事であれ、できないことは「くやし~。頑張る~っっっ」と思うのに(めっちゃ負けず嫌いだからね)、バタ足に関してはかなり弱気な私。
これから先、大丈夫だろうか。いつかできるようになるのだろうか。

でもプールの帰り道に思ったんだけど、こうして夫婦で習い事ができるってのも、いまバドじーちゃんと遊ぶ時間が減っている(というか、彼は昼寝時間がたくさん必要)だからこそ。若いワイマラナーがいたら、プールなんて行ってるヒマはない。自転車で10km、20kmと連れ回さないと家を破壊される。

いつか愛すべきスポーツバカの大型犬がわが家の一員に加わっても大丈夫な体力と筋肉を維持しておかないとね。アラフォーになっても、アラフィフ(50歳前後)になっても、オスのワイマラナーの散歩ができる女でいたいものだ。

いま、朽ちるわけにはいかないっ。うんっ!

さぁ、私は今年、バタ足のできる人間に成長できるのでしょうか!? 乞うご期待!(ってウソウソ、すんごく自信がないです。でも細々と頑張ってみますぅ)

14まめ

(本文と関係ないけど、まめちゃんの写真でもどうぞ)

おでんの会withイタグレ
2009年01月10日 (土) | 編集 |
昨晩は、肩を痛めたM子を励ます会(お子様に夕飯のお支度もできないから大変だもん)と称し、親が飲む会(笑)。広島風おでん「煮込みや・まめぞう」(「煮込みやなりた」のパクリね)&「焼き鳥白石」開店。ちなみに広島風おでんは牛スジ入り♪ しかも東京産で広島育ちのばど吉が作るおでんは、牛スジ、かつおだし、牡蠣醤油味。けっこう美味しいんだよ。私の性格では色味の綺麗な繊細な料理は不向き(パパの方が断然美しく盛りつける)だけど、煮込み料理と火遊び系(七厘)だけは定評あり(おっと、それって男の料理じゃん!!?)。マチュに「ママのお料理は美味しいけど、茶色い」(ひどいわっ)と言われている。

そんでM子の友人であり、昨秋「愛犬の友」温泉特集でモデルさんとして登場してもらったイタグレ・ジェニちゃんと飼い主Kちゃんもご来店。それとトイプーのチィんちのM輪ちゃんも誘ってみた(今日はチィは留守番)。

ジェニちゃん、本日もフレンドリーで物怖じせず、可愛い~♪
そのうえ、ほっかむりがお似合いで~♪(爆)

10じぇに

なんだか細面のETみたい(笑)。全然嫌がらないんだね~。
おもしろいなぁ、イタグレ。

宴もたけなわ、そろそろみゃーみゃーうるさいまめちゃんをケージから出してやるか(うちの猫は、猫のくせに、ケージレストができるように育ててあります。笑)。
ジェニちゃん、未知との遭遇。

10未知との遭遇

まめちゃん、でかっ!
やはりあなたは縮尺間違ってる。
それに精神的にも間違ってる。猫のくせにまったく初めて会う犬に動じないばかりか、あんたがクンクンとお尻のニオイを嗅ぎに行くのはいかがなものか。
ジェニちゃん、たじたじ(笑)。

10こわいよね

ママのお膝に避難したジェニちゃんを追いつめるのはよしなさいってば。まぁ、ジェニちゃんは謎の物体Xがあまりに堂々としているからちょっと困っただけで、ジェニちゃんも社会化はばっちりある方。
社会化ができてる、物事に臆さない、ということはつまりストレスが少ない人生ということなので、それは長生きの秘訣な気がしますね。犬も猫も人の子も、環境変化に強い子に育ててあげることは、ひいては心の強い子になり、免疫力とか生きる力の強い子になる気がする。

ジェニちゃん、まめにこりずにまた遊びに来てね♪

夜、マチュの疑似妹Eりんはそのままお泊まり。
バドと寝る~と、リビングで雑魚寝。
静かになったと思ったら、こんな感じだった。▼ 

10惑星直列

惑星直列か!?(まめちゃんは、マチュの衛星か)
いや、しかし、ずいぶん幸せそうな4匹だこと(笑)。

そして今朝。私があとから起きたら、こんな感じで「トムとジェリー」のDVDで爆笑しているマチュとEりん。このバド、やらせじゃなんですよ。わが家ではフツーの光景。▼

10朝起きたら

さらにそのあと覗くと、また4匹で団子状態(笑)。▼

10さらにリラックス

ひとりっ子のマチュにとって、保育園時代からの友達と犬猫は、大事なきょうだいです。

初雪~
2009年01月09日 (金) | 編集 |
今日、東京はチラと初雪が降った(らしい)。
いまは冷たい雨です。寒いです。

バドは死にそ~に寒がってます。

9初雪

ライナスの毛布かよ!?
毛布かけたまま上手に移動するもんだ(笑)。

人間用のこの椅子に心臓の薬を飲み始めたら、体調がよろしいようで昔のように飛び乗れるようになりました。足腰が弱っているから飛び乗らないのかと思っていたけど、心臓の苦しさ、貧血状態などのせいで、生きるパワー(気持ちのいいことをやり通す欲求)が失せていたんだと思います。うーん、元気になると、イタズラも復活(涙)。でも、ま、いいか。悪さができるのは元気な証拠だね。

本当は緑の椅子には乗ってはいけない約束ですが、でもちょうど体がすっぽりはまる大きさで暖かいのでしょうか、床暖房の上のベッドよりもここが好きみたい。
う~ん、甘やかしてはいけないはずだが、つい、許してしまうバカ飼い主。
見なかったことにしています。

すると最近はまったく悪びれることなく、堂々とえらそ~にしているばかりか、私がテレビを見るときに座っていると「ワン」とか文句言っちゃったりして。
態度ワリ~っ。でも、それだけ自分の都合のいいことはすぐに学習できちゃう賢さがあるってこと。14歳になってもまだ学習できるよ。

ワイマラナーは飼うのは大変で、非常に手強い犬だけど、バカじゃーないんです。
頭よすぎて、困るってことね(笑)。


[READ MORE...]
お仕事始動
2009年01月07日 (水) | 編集 |
昨日から平常運転に戻った私(昨日はちゃんと原稿入稿したよ。初日から珍しくフルで働いた)。
しかし、まだマチュは今も必死に宿題をしている(新学期は明日から)。
ほんとは今日、冬休み最後のイベントとして、銀座にマカロンを買いにいくつもりだったのに……その条件は「すべて宿題を終わらせ、学校に行く準備も全部済ませたら」だったから、延期となりました。マチュ、さっき半べそだった。
「ママはいつもこんな感じで〆切なのか~」と、ぼやいてました(笑)。
そうさ、ママは冬休みや夏休みの最終日と似て、毎日お尻に火がついているのさ。

そんなわけで今日の私は時間に余裕がある。そんでさっき、セブンイレブンの本の通販サイトを見ましたら、
本日現在オレンジ本(『東京犬散歩ガイド武蔵野編』)は

オレンジ本表紙,jpg

数あるペットの書籍の中で売り上げ第12位!!(1月7日現在)
うれし~♪
またこれまたどなたか存じませんが、愛読してくださり、コメントまで書いてくれたお方に感謝です。

つい嬉しくてオットにメールしたら、
「タナゴの方が上なの?」と返信が。がびん。
きっとタナゴも奥深い素晴らしき世界があるに違いありません。

今後もオレンジ本応援よろしく!
御岳山のロケの日にたまたま現地で居合わせ、登場してもらった柴犬のあやめちゃんからも嬉しい写真付きメールが届きました。オレンジ本P146に載っている子です。

あやめちゃん

あやめちゃん、可愛い~♪ ナイス笑顔。
あやめの乳母さま(笑)、いきなりだったのに撮影快諾していただき、ありがとうございました。今回のオレンジ本も「いきなり」現場で声かけて登場してもらった犬とその飼い主さんがいっぱいいましたが、ほんとみなさまのおかげでいい写真が撮れました。

私も御岳には今度家族全員で行ってみたいと思ってます。もう1回、バドとケーブルカーに乗るぞ!
でもいまは葉っぱも落ちてて、寒いかな~?
青梅のそばだから、梅の季節になったら素敵かもね!

のんびりお正月
2009年01月05日 (月) | 編集 |
今日から仕事始めの方もいますが、うちのオットは明日から。
マチュの新学期は8日から。
というわけで、最後の冬休みを満喫中のシライシ家でございます。
でももう、お雑煮には飽きてきた(笑)。

5おせち

ちなみにばど吉作のお雑煮は、
スルメと昆布でダシをとり、骨付き鶏肉と鮭(頭も入っている。あの軟骨が大好き)、大根、人参、シイタケ、三つ葉入り。もちろん、お餅は焼いた角餅。母が東京産だから、その味を受け継いでいるわけですが、鮭が入るのはご先祖に新潟や宮城がいるからでしょうか。鮭入りのお雑煮、私は大好き。これを食べないとお正月が来た気がしない。
お雑煮は全国各地に特色があって、楽しいよね。みんなのおうちのお雑煮は何ですか~?

さて、新春嬉しかったことは、紀伊國屋書店新宿南店(高島屋隣の方)で、
私の本にポップをつけていただいてたこと!

090102_1759~01

(画像の悪い携帯写真で失礼!)
ああ、数ある書籍の中から、私の本を選んでもらえたなんて感激(涙)。
本屋のスタッフさんの中に犬を好きな人がいるんだろうなぁ。ちゃんと読んでなければ、わざわざ書かないよね。嬉しいなぁ、嬉しいなぁ。どなたか存じませぬが、どうもありがとうございます。ばど吉、ライター冥利に尽きます。

そんで、新年からオットと毎夜、DVD映画鑑賞三昧。三谷幸喜の「笑の大学」、松尾スズキの「クワイエットルームにようこそ」、死んじゃったジョーカー、ヒース・レジャーの「ダークナイト」。「笑の大学」は、新春初笑いによい映画でしたが、あとの2本はお正月に見る映画じゃない?って気がするが(笑。だってクワイエットルームもジョーカーも、イカれてるもん)3本ともおもしろかったぁ♪ 「ダークナイト」は映画館で見たかったなぁ(オットだけは映画館で見た。なんで私は行かなかったか思いだしてみると、去年8月公開だったから、タビィの闘病中だったためみたい。ああ、そうだったのね。涙)。

……と、親は毎晩のように深夜3時くらいまで映画見てて(仲良しおとなりMりんとカラオケ&新年会して朝4時までお喋りした晩もある。笑)、午前中は朝寝坊。これも冬休みならではの醍醐味。とはいえ、マチュは規則正しく朝にはおなかが減って起きる。適当に食べていてくれるわが娘(えらい)。それでも、ひとりぽっちでヒマになってしまった彼女は、おとといの朝、いきなり書き初めをしたそうな。

5梅酒

………、書き初めが「梅酒」って、どうなのよ(爆!)。
今年も飲んだくれな予感のするばど吉家のお正月は、こんな感じです。

Let's  丑年!!
2009年01月01日 (木) | 編集 |
いくぜー、丑年っ!
私、牛柄、大好き!
今年もはりきって行きましょーっ!
みなさん、今年も公私ともにどうぞよろしくーっ!

1バド