クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
ニュー携帯
2008年10月31日 (金) | 編集 |
すっかり寒くなりましたね。
私は今週、結局髪もまだ切りにいけず、映画にも行けず……そのくせブログもアップしてない(笑)、なんだかぼんやりとした1週間を過ごしていました。いや、一応〆切はかろうじてこなしていますけどね(笑)。いろんなことの燃え尽き症候群かな。

そんで今週新しい携帯を買いました。
ソフトバンク→auに鞍替えしちゃった。おばあちゃま用超簡単携帯がauしかないし、ということで急遽変更。長年ボーダフォン時代から(いや、ボーダフォンの前の東京なんとか?時代から)愛用していたんですけどね。

えいやっと、心機一転。

31ニュー携帯

ソニーのやつです。
私にこんなカメラ機能使いこなせるわけないのですが、「0円」というのに心が揺らいでしまいました。昔乗ってたホンダCR-Xとよく似たハニーゴールドメタリックの色が気に入った。

でも、でかい。機能がいろいろつきすぎてて、わからん。私はほんと通話と短文メール機能だけでいいんですけどね。

だけど、今回オレンジ本でご尽力いただいたカメラK林さんに厚かましくもお願いしちゃって、今度の本で撮影したバド写真1枚、使用の許可をいただいたの♪ すんごくカッコイイ携帯になった。うふふ。

というわけで今まで私にスカイメール(ふるっ)を送ってくれてた、ただ友のみなさん。
これからはスカイメール届かないから気をつけてね~。
そんでauの方はCメール送ってください(笑)。

今日は今から原稿1つ入稿したら、ダッシュでマチュの学校公開(授業参観)。体育の授業でハードルするそうな。今までオレンジ本で母親業をおろそかにしていたので、なんとしても行かねば!

そして午後から銀座へ。ついにオレンジ本の印刷入稿! おおおお~、ついにこの日が来た! もうじきですよー、書店に並ぶのは。

そんで、うちのバカ王子は元気です。
心臓の薬が効いてきたらしく、すっかりワルさ復活。おとといはテーブルの上のコップ落として割ってた。愕然。
しかも昨日は「寒い、寒いぞ」と、何度かワン!と吠えた。
冬が来るんだから、我慢しろーっ。

寒くなってきたね


お魚ブーム再来
2008年10月25日 (土) | 編集 |
なんとかお仕事の修羅場を越えたみたい!な、ばど吉です。
うふふ~開放感~。
ああ、見られなかった映画(SEX AND THE CITYは一応抑えたかった)(マチュとの約束を反故にしていたアルビンだっけ、リスの映画も)、まだやってるのかな~と検索してみたり、
いつ髪の毛切りに行こうかな~、と考えたり、
ようやくフツーの人間に戻ろうとしています(笑)。

というわけで、本日は近所の新宿パークタワー、リビングデザインセンターOZONEで開かれた「犬と暮らす家」トークセミナーにいきなり行ってきました。
dog decoの池田さんと建築家の黒崎さんのお話しはおもしろかったです。
dog decoさんがもうじき小金井にオープンさせるdog deco HOMEのプロダクト展示は10月28日(火)までやってるので、もう日にちがあんまりないけど興味のある人は行ってみてね。

2週前に会ったばかりのジナンママともまた会えて少しお喋りできたし、ひっさしぶりにコンランショップものぞけたのでウキウキ気分になりました。もう世の中はもうじきクリスマスらしい。マチュの部屋にかけてあげたくなる可愛い鏡(彼女はよく窓ガラスを鏡にして、新体操のポーズを練習している。その健気さゆえ買ってあげたくなる)やイタリア製の革の椅子も素敵だった。ああ、こういう華やかなセンスのいい場所にもちょくちょく顔出して、いろいろインプットしないといけないね~。パソコンに向かってアウトプットばかりしてるとアイデアもお肌も枯れちゃうわ。

いったんバドの午後散歩に戻りまして、
夕方6時くらいから、マチュと約束していたので、これまた久しぶりに(2年以上ぶり?)ちょっくら熱帯魚屋さんへ。
ここんとこ忙しさを言い訳に最低限のお世話しかしていなかったわが家のお魚さんたち(もともとは4年前にマチュがメダカを飼い始めたのがきっかけ)。だんだんとひとり減り、ふたり減り……水槽がすっかり過疎化してたのだ。
群れで生活するのが好きなコリドラスのカネイちゃんは相棒に先立たれ、寂しさのあまり赤コリに近づいても嫌がられ(同種じゃないとだめみたいね。同じコリドラス同士なのに赤コリは冷たいのであった)1匹で隅っこにじっととしていた。コリちゃん不憫(涙)。

と、ここんとこずっとコリちゃんに申し訳なく思っていたので、今日うっかりお友達をいろいろ増やしてしまいました。
いやー、楽しい。コリドラス、可愛い~♪ 私は断然ナマズ派でして、コリドラスやプレコ好き。マチュは地味なコイ系が好きで、やたらラスボラ好き。

25お魚ブーム

実を言うと、仕事で修羅場っていた頃から(恐らく現実逃避で)3年越しの野望を思い出していた私。実は1か月前くらいからネットでいろいろ検索してた(タビィのペットロスか!?)。
でっかい水槽が欲しい。でっかいというか、基本サイズの60センチ水槽。その方がお水掃除がラクだし、魚に負担が少ないんだって。

うーん、やり始めると凝り性な私。どうせ買うなら、妥協はしたくない。
やっぱし、水槽はADAでしょー。
今度はインテリアに似合う照明も欲しいわよね。
コリちゃんのために、砂にブクブクもさせたい。……と夢は膨らむ。

そうすっとですね、お魚の原稿でも書いて稼がなくちゃ(笑)。
今日のビールを我慢してる(飲んでないわけではない。本数を減らしているだけ。笑)くらいじゃー足りませんわよ。
まったく、私ってば興味の対象が多過ぎて、まったくお金がたまりません。トホホ。
しかし、これも動物ライターのインプットのための投資ということで!(言い訳!?おほほ)


犬に美容整形!? 
2008年10月24日 (金) | 編集 |
ブルセラ症について、いろいろ検索していたら、
こんなニュースも見つけてしまった。

中国では、いま、ペットに美容整形が流行っているんだって……。
おいおい、どうなっているんだい……。

ピクチャ 1

中国ニュース通信社の記者は、断耳や断尾も「美容整形」と書いているけど、たしかにそういう側面もあるかもしれないけど、もともとたとえばワイマラナーなどガンドッグが断尾するのは、藪に入るために裂傷を起こしたり、凍傷を起こすといけないし、当時の獣医療ではそのケガが発端で致命傷になる怖れ(破傷風とかの感染症ですかね?)もあるので短くしていたという。

だいたいいまはEUでは、愛護の精神から、断耳・断尾はほとんどの国で禁止されている時代。中国、時代に逆行していると思ってしまうのは、私だけ?

犬を人工的に二重にするとか、豚や羊の姿に変えて、何がいいんだろ。
なんだか悲しくなってきちゃう……人間って、すごく自分勝手だね。

詳しくは「続き」に新聞転載します。
東京にもブルセラ症発生
2008年10月24日 (金) | 編集 |
バタバタしていて気がつかなかった!
ブルセラ症が、都内のペットチェーン店(五反田、浦安)で10月3日に発生してた!
昨年、大阪で非衛生的ブリーダーの元で大発生し、愛護団体などと問題となっていた病気なのでご存知の方もいると思うが、ブルセラ症は、人畜共通感染症でもあるので、犬・人ともに感染予防が必要。ついに東京にも上陸しちゃったか。

悪戯にパニックを起こす必要はないけれど、大騒ぎしないためにも欠かせないのは正しい知識と情報。これ以上、感染エリアが広がらないためにも、みんな気をつけて!

詳細は「続き」を見てね。

いろいろ出来上がってきました
2008年10月23日 (木) | 編集 |
おととい、昨日と、白いワニに追いかけられてて
(江口寿史の白いワニ、知ってる人、手を挙げて~)
寝ようと思っても全然寝られなくて、オットのイビキに殺意を覚え(笑)、
とにかく昨夜なんとか入稿できて、少しラクになりました~。
はぁ~。
今日は、もう1本原稿書かなくちゃ。あと校正1つ。
オレンジ本1冊分の最後のチェックも止めてます~。はぁ~。

さて今月に入り、いろいろと、いつもの連載分以外の単発のお仕事のものが上がってきましたよ。

10月仕事

犬クレア、北海道犬の「お父さん犬」、青空のようなブルーと白がよく栄えますね~。
私が担当したのはDog Travellerんとこ。犬と泊まれる(ついでに猫もOKかマーク入れたよ)お宿一覧。保存版として役立ててもらえれば嬉しいっす。

今回は珍しく猫ちゃんもの単行本も2冊。部分的にお手伝いしただけです。
どちらの本にも「白石まめぞう」(まめちゃん、本名は<まめぞう>だった)のエピソードがこっそり載ってます。両方とも猫飼育初心者向けの本です。

それといつもの『愛犬の友』『I'm home』でも引き続き、書かせてもらってます。
あ、もうじき日本野鳥の会さんの会報誌も印刷上がるはず。無事にできたかしら。

ニフティ×ミサワホームさんの毎週月曜更新の「犬と暮らす家」も引き続き、頑張ってます。毎回、犬友達に突然のお願いをしながら(こんな写真、撮って送って~とか、写真撮らせて~と来襲する)頑張ってます。毎週更新、ネタは尽きないのですが、写真がね、もういまうち犬が1頭しかいないしさ~(普通はワイマラナー1頭いりゃ十分のはずですが、もう体に多頭飼育が染みついている)わが家の家庭内の犬仕様も限りがあるので、苦労してます。犬友達のみなさん、これからも協力よろしくね。来月は大掃除ネタです。みんな、大掃除、どんなことやってる? 犬に関する家庭内の大掃除。真面目な家庭的な犬好き奥様、私にご指導ください。

右下に、頑張って(私にしてはかなり努力して)リンクも貼ってみましたよ。毎週月曜、チェックしてくださいね。それと写真の応募やアイデアの応募もあるから、どんどん送ってくださいな。ミッフィーちゃんの図書カードもらえるって。
なんとトイチのママ、当たったんだって!?
すごーい。ありがとね、応募してくれて(涙)。
トイチのママはそのミッフィーちゃんで私のオレンジ本を買ってくれるんだそうな!(爆)素晴らしい、模範的な行動です(笑)。

dog actuallyは、そのほかのページもすごく読み応えあって楽しいです。外国の犬暮らしの様子がとても興味深いよ。この前からニュージーランドのライターさんも加わってました。
読み応えありすぎて、読み始めると、ついつい仕事を忘れて読み込んでしまうのが玉に瑕でございます。

夏から、毎月、時事通信社のペット欄の原稿も担当させてもらうことになりました。
時事通信が配信する全国の地方新聞などに、私の原稿と写真が載る。なんて嬉しいことか。
新聞って、わざわざお金を出して犬の本を買ってくれる層とはまた違う読者層。今はまだ犬を飼っていない人、近いうちに飼いたいなぁと思っている人、犬は飼っているがそこまで気合い入れて愛情を注いでいない(あるいは注ぐ方法を知らない)人、はたまた犬のことあんまりよく思ってない人だって、うっかり読んでしまうかもしれない媒体。さまざまな層の人に、犬のこと、もっとよく知ってもらえるチャンスだと思うから、すごくやりがいがある。
栄えある1本目は、以前書いた、東大の献血プログラムの話を書きました。1人でも多くの飼い主さんの目に触れて、参加してくれる人が増えると嬉しいなぁ。

てな感じで、ばど吉、お酒も控えてなんとか真面目にやってます。
いつまでも現実逃避してると、また白いワニが追いかけてくるので、このへんで。

おあっぱっぴー

それにしても猫のくせに大股開きはいかがなものか???
おまえもたまには白いワニに追いかけられた方がよいのでは。
(&マチュのお部屋、汚すぎーっ! きーっ!)
忙しいくせに乗馬体験
2008年10月20日 (月) | 編集 |
先週のタビィの献体原稿で心身ともに消耗し、仕事が滞り、今週はひと月前から予約していた「なりた」のごはん会も超不本意ながら参加を断念するほど、
(くやしいからアップするのを忘れていた8月のなりたりあんの会の写真を掲載)

なりた1
なりた2
なりた3
なりた4
なりた6
なりた7

ああ、おなかがすいてきた~。
とにかく今週のなりたをあきらめねばならぬほど、今週はもりもりに原稿が溜まっておりますが、
そんななか、昨日の日曜日、近所の乗馬倶楽部で行われた区民乗馬体験に、オットと仲良しとなりのMりんとちょっくら行ってきました。

19乗馬

やる気満々で行ったのに、1周しか乗れなくて、不完全燃焼だったけど、それでもお馬さんに触れて、心癒された。
レディース乗馬クラスが復活すれば、絶対に行きたいなぁ。正規の会員になるのは、本物のお金持ちしか入れない乗馬倶楽部なので高嶺の花。しかし庶民でも乗馬できるチャンスがあればぜひ挑戦したいところです。きっと腰痛も治り、よい運動になるに違いない!(私はほかのスポーツの継続はできないが、お馬さんなら継続できるかも!)

となりのポニー公園も久しぶりにのぞいてみる。

19ポニー

19ポニー2

めちゃ可愛い。癒される。
いつも公園沿いの道路は犬散歩で通るが、犬がいると園内に入れない(お馬さんを驚かせてしまうので)から、なかなかポニーのそばに寄る機会がないが、たまに来ると、やっぱりこういう大きな動物が身近にいるってすごくいいことだと思う。子どもたちで賑わってましたよ。

そんで、本日、気持ちのよい秋晴れ、窓全開のなか、まどろむうちのポニー。

20うちのポニー

心臓のお薬を飲み始めて10日ほど、いや~な感じの咳をまだしているのは気になりますが、
おとといくらいから、なんだか調子がよいらしく(ほんとのところは調子がよいのか、具合が悪いのか不明だが、とりあえずオシッコ垂れは軽減している)(散歩も今まで以上に足取りは軽い気がする)、元気が良さそうだと、うざったい、要求の高い(文句の多い)やつ(通称ウザム君)になっている。昨日、我々が乗馬中に、なんと久しぶりに(何年ぶりだろう)ダイニングテーブルに上がり、キッチンの中のモノを物色するという強引かつ老犬にあるまじき愚行をしていた。
元気がでてくると、ヒマになって悪さはするし、前足バタバタカツカツ踏みしめてなんだか要求が高くなるし……元気のよいワイマラナーは注文が多くて困る(苦笑)。

20ばど

でも、そういう、うざったいワルワルなワイマラナーは嫌いではない(笑)(むしろ好きかも。我ながらアホだと思う)。
苦労するとわかっていても、ワイマラナーは可愛い。
バドじーちゃん、悪さができるうちが花。しっかり余生を楽しんでくれよ。


タビィに捧ぐ
2008年10月16日 (木) | 編集 |
いま、動物医療の原稿を書き始めようとしている。
んだけど、タイトルを書いただけで泣けてきて。

-------------------------------------------------------------------------------
~愛犬のからだを次世代の獣医療のために役立てるという選択肢~
「献体」を考える
-------------------------------------------------------------------------------

5-11の.Jタビィ
(今年の5月11日。代々木公園にて。この頃はまったく元気だったタビィ)

タビィが死んで1か月と1日経った。
でも、やっぱり涙ですぐには書けないもんだ。

タビィ、私に力を。
タビィのからだが、次の世代のコーギーや肺高血圧症の犬のためになりますよう。
日本の獣医療の進展について考えるきっかけになりますよう。

16正月のタビィ
(今年のお正月。はしゃいでうかれて勝手に房総の海に入るタビィ)

ペンは、ときには剣よりも強いと、私は信じてる。


鬼怒川温泉取材
2008年10月15日 (水) | 編集 |
昨日、日帰りで鬼怒川温泉取材に行ってきました。
バドじーちゃんはもう撮影助手(モデル)はつらいので(やっぱりさー、私にはあと2頭くらい撮影助手犬がいないと、仕事になんないわね~。笑)
急遽、犬友達にほうぼう電話をかけまして(急に電話をしちゃったみなさん、すいません!)
でも平日だから会社員の友達は出動難しく(急に取材日決まったしね)、
それに温泉に犬も入ってもらうので、トイプードルなどの毛の長い犬は乾かすのが大変で風邪をひかしてしまうと悪いので、スムース・ヘアの子を探しました。

そして快諾してくれたのが、イタグレのジェニちゃん♪
ううう、ありがとよ~。助かったよ。

14ジェニ

飼い主Kちゃん的には「イタグレらしいローズイヤーじゃないし、しつけも残念な感じなんだけど、うちの子でいいの?」なんて言ってたけど、ショードッグのページじゃないんだし、家庭犬として可愛がっていればローズイヤーじゃなくたって気にするな。それに、イタグレにしては珍しくシャイじゃなくて、非常に撮影に適しているよい子であった!

14スペーシア

新宿駅からスペーシアに乗って
(新宿から鬼怒川まで直通で行けるなんて初めて知った。乗車時間は2時間だったよ)
ラクラクで鬼怒川に到着。
鬼怒川は紅葉はまだもう少しあとって感じでした。

カメラマンのH本さんもよい方で、ラブラドール&バセンジーをこよなく愛する方で、
撮影は楽しく、順調に進んだ。ジェニちゃん、ほんとナイス・モデルさん♪
ジェニママKちゃんもナイス・モデルさん。いやー、楽しいメンバーだったから、お願いして撮影風景をもっと写真で撮ってくればよかったなぁ。

14鬼怒川温泉

イタグレって体温が高いんだね。すんごくポカポカしてるの(ムダにエネルギーを放出してる?)一緒にお布団に入れて寝てみたい(笑)。
足とかパウとかちいちゃ~い。折れそうなんだけど、私の腕とかにその細い足をつっぱったりして可愛いの。あと、小さな宿のドッグランや畳のお部屋で子鹿のようにお猿さんのように飛び回っている姿もキュートであった。

取材と撮影が終わったら、旅館さんのご好意で、お夕食をご用意いただき、

14夕飯

束の間の旅行気分を満喫。ああ~、楽しかったなぁ。
(でも夕方、マチュのヤツがお家の鍵を忘れて家に入れず、バドの午後の散歩にも行けない事件が勃発。マチュの所在が30分ほど不明でハラハラしておりました。結局仲良しのおとなりさんのおうちからお電話をいただき、事なきを得ました。いつもすいません。パパも焦って帰宅。たまにママが遠くにロケに行く日に限ってマチュ携帯の電源もなくなってるし!怒)

ともあれロケは楽しく無事に終了~。
みなさんお疲れさまでした~。ジェニちゃん、ほんとありがとう~。

14おつかれ

このもようは『愛犬の友12月号』(11月25日発売)で掲載されます。
冬にまったり犬連れ温泉旅行を企画されている人、ぜひ読んでね。
って、今から頑張って書くところだけどね~。頑張らないと、今週はもりもりに原稿がたまってますよ~(涙)。

業務連絡:Kちゃんへ。Kちゃんは、この写真、無断使用OKよん! そもそも肖像権はジェニ家にありまする。

ムテキ&ジナン家に遊びに行った♪
2008年10月13日 (月) | 編集 |
今日は、人間家族3人&バドがご招待を受けて、
長年の犬友達であるムテキんちに遊びに行きました。
とても残念なことにかつて「コバド」(ちいちゃいバド)とふざけて呼んでいたムテキ(ワイマラナー)は10歳の若さで先月亡くなってしまって……早すぎる死。でも、ムテキママはそれこそ何十年という長きにわたり(強調したら怒られるかも。笑)生まれたときから犬と暮らしているお方。素人とはいえないレベルの玄人飼い主さんですから、ここはバドでも連れてって、元気出してもらいましょう!

昨日、日本GP後、原稿少しやって、ダッシュでぼにままloungeに行って、仲良しなのをいいことに、大型犬はほんとはバスのサイズ的に無理なのに強引に頼んで酵素入りマイクロバブルバスお風呂コースしてもらって、

12ばどしゃん

キャラにあわないおリボンまでJちゃんがしてくれて(爆) ↓

12ばどかわいい

やわらか~い手触りの、いい香り~のお坊ちゃんになって、
今日、遊びに行ってきました!

ムーママがレストランかと見間違う素敵なランチを用意してくれてて
ムーパパ自慢の美味しい球磨焼酎をうっかり昼から飲んじゃって(笑)
すんごく楽しかった! 美味しかった!

そしてバドが、やたら楽しそうだったのもよかった。
なにしろお庭にマイドッグラン、そして芝生の庭。日当たり抜群、ガーデニングも素敵。

13ムテキんち1

13ぷらぷら

楽しくないわけがないですな。
バドちゃん、人んちで超リラックスですわ。
自分がリラックスできる場所ではハアハアにならないんだね。こないだのバーベキューを見ていたら、もうお出かけは厳しいのかと思ったけど、そんなことはないようだ。よかった。
笑顔でプラプラしてました。よかったね、バドちん。

お食事のあとには「バドバドサーカスのファン」(りあり~っ!?)というムーママのお友達のむむちゃん(ワイマラナー)&しふちゃん(キャバリア)ママと、えっと今日は犬はお留守番のゴールデン2頭ほかのN藤さん(以前、取材でも登場いただきました~。その節はどうも~)、コーギーやジャックなどうちのオットと同じジャンルの犬(お口がゴムパッキン犬だって。笑)が好きなコーギーさんちも遊びに来てくれて(すいません、私ったら、犬の名前は覚えられるのですが、人間の名前は本当に暗記力のないヤツで)、楽しいお茶タイム(まだ私は焼酎タイムともいう)。

13むむちゃん

むむちゃんは、7歳のメスのワイマラナー。
チャカチャカよく動く、走る、跳ぶ。超可愛い。若いワイマラナーって、ああ、こんなに可愛かったんだよなー。老犬暮らしなので、すっかり忘れてましたぜ。動きがほんと若々しくて、可愛いの。バドも、同犬種と遊ぶチャンスなんて滅多にないから嬉しそうに一緒にワフワフッとちょっとふざけたりしてた。バドじーちゃん、脳みそにいい刺激をもらえてよかったね。これで半年は呆けないんじゃないかな(笑)。

犬友達との楽しい楽しいお喋りの時間は瞬く間に過ぎ……、ああ、本当に楽しかったです。
ムーママ、ありがとう。ごちそうさまでした。

13ジナン

故ムテキの弟分(次男)だからジナン。シッパーキ。
長男坊の分も、ママをよろしく頼むぞ。

ほんと楽しかったし、バドも実に笑顔だったので、
また遊びに行っちゃいますよー!



ついでにこの3連休のもうひとつの目玉イベントのお話しは、ちんまりと続きでどうぞ。


白熱した日本GP
2008年10月12日 (日) | 編集 |
はぁ~~~~~~~~
F1日本GP、おもしろかった~~~~~~~~~~~~。
マチュとうっかり、きっちり見てしまった~~~~~~。

今日は原稿書く日だったのに~~~~~~
キミ・ライコネン、ハミルトンが気になって~~~~~~~。
いつもならF1は夜中だからテレビ見られるけど、
そういえば日本GPはライブだった~~~~~。

ああ、おもしろかったね。
来週は上海だ。

超可愛い

「まま、仕事はいいんですかい?」ばど談
バドついに心臓病発覚
2008年10月10日 (金) | 編集 |
昨日の木曜日、バドを連れて、またタビィとの思い出の地、NJ大学病院へ。
膀胱炎が抗生物質を3週間飲んでも治らないので、結石を心配して、膀胱の検査に。

ところが、バドが「コホッ」と1回咳をしたのを
循環器の大家は見逃さなかった。
「心臓も検査していいですか?」と。

昨秋くらいからときどき夜中に咳を1~2回してたから、そろそろ心臓かなとは思っていた。だから獣医師さんの学会の催事場で、聴診器も買った。そんでこの2月くらいからバドの心音が、シュコシュコヒュコヒュコ、なんか変な音がしてるとは思っていた。心配だったから、取材ついでなどに何人かの先生に聴診してもらった。2人の先生が「雑音がするので要観察」と言い、2人の先生が「たしかに少しへんな音がするけど、薬を飲むほどではない」、1人のおじいちゃん先生が「この子は心臓強いな。長生きするよ」と言われ、ちょっと嬉しくなってた。4月には心電図も一応とった。でも薬を飲むほどではないと診断された。

だけど、じゅうぶんそろそろやばいなとは思っていた。
だから春先に、そもそもNJの循環器の先生に心臓病について取材に行き、記事にしたのだ。
(そのおかげでタビィを診てもらうなら、この先生にと思ったわけで)

なにがやばいとうすうす感じていたかというと、
まず明け方や季節の変わり目に、乾いた咳をちょっとするのは、心臓の悪くなったサインだと知っていたから。
そして、獣医さんによって診断基準、薬を必要とするかどうかの基準は、それぞれに先生の経験、技量、価値観などによって異なるともわかっていたから。
バドがまだぜったい大丈夫とは、年齢的にも思ってはいなかった。

だから、やっぱりか、ついにきたか、ついに宣告されちゃったか、という感じだった。やっぱり僧帽弁閉鎖不全症か。僧帽弁ってのは左心室と左心房の間にある弁。肺から戻った酸素がいっぱい入った血液が左心房に戻り→僧帽弁を通過し→左心室へ入り→左心室が大動脈に向かって拍動し、血を全身へ送る。そこの弁が故障し、左心室から左心房へ血が逆流するために慢性心不全を起こす。それが僧帽弁閉鎖不全症。つまり僧帽弁がちゃんと閉じない病。わかりやすい心臓の図はこちら。人間の図だけど、基本は同じ。

とはいえ、やっぱり、
いざはっきり診断名がつくと、ちょっとはへこむ。
老犬だからよく寝たり、疲れやすかったり、ストレスに弱いのかと思っていたが、
雷が怖かったのも、
バリバリ→コワイ→息切れ、動機がひどくなる→よけいに心臓が働いてオーバーヒートになり、虚血になる→苦しい→(バドには心臓病との因果関係はわからないから)雷が鳴ると苦しくなる、と学習してしまったのかもしれない。推測だけど。

バドごめんね、もっと早く、いたわってあげるべきだったね。
バーベキューも、サーカスも、だからつらかったんだね。ごめんね。

でも安静第一というが、ぼんやり毎日365日、お家の中でまったり、うつらうつら過ごさせることが、ハッピーなことなのか、わからない。それについては今後ゆっくり考えていこうと思う。

とにかくお薬が始まった。

バドはこれから一生、死ぬまで、心臓の薬、ACE阻害剤を飲むことになる。
そもそも僧帽弁閉鎖不全症とは、老化や遺伝的に僧帽弁の先っぽなどが少しずつ劣化というか変形とかして、弁がぴったり閉まらなくなる、すると血液がもれて、逆流してしまう。すると酸素や栄養が運ばれる量にロスがでるので、血液が足りないと体は判断し、心臓に「もっと頑張れ、もっと働け」と指令を出す。そのため心臓が肥大し、血液が足りないのは水分が足りないからかもと思って今度は水をいっぱい飲む指令をだして腎臓に負担をかけたりして、全身性でいろいろなところに悪影響を及ぼす。心臓=血液を運ぶ。血液は全身に栄養や酸素を運ぶ。血液の病気や心臓の病気はだから怖い。局所的な症状ではなく、いろんなところを蝕んでいくから。

遺伝性で多いのは、コンパニオンとして最高なキャバリアちゃん。若い犬は5歳以下からでも発症する。また老齢性では通常は、トイプードルやパピヨン、ヨーキーなど小型犬に多い。それはそもそも小型犬の方が大型犬よりも寿命が長いので、とも言われる。つまり、心臓は生まれたときから毎日24時間休みなく働く臓器なので、年月とともに経年劣化していくという感じかもしれない。
大型犬でも長生きしていればなる確率は増えるわけだけど、やっぱりバカ飼い主としては「大型犬だからならないかも」という淡い期待を持っておりましたが、やっぱり、あのヒュコヒュコ音は、ビンゴだったわけだ。

僧帽弁がぴったり閉まらなくなったことから血圧が低下すると、心臓は血管を収縮させて血圧を上げようと努力するが、そうすると心臓に負担がかかるという悪循環が起きるので、「血管を収縮させよ!」という指令をACE阻害剤がブロックし、結果的に血管は収縮せずに拡張したままなので心臓が楽になる。

僧帽弁閉鎖不全症は、もう治らない。弁を人工的に交換することはできないから。昨年の学会で人工弁の手術についての講演も聴いたが(つまり私は昨年からこの病気に関心があったわけね)そうした最新治療もごく一部で始まっているけど、ものすごく高額だし、弁に血が固まってしまい、なかなか難しいようで、まだまだ一般的ではない。だいたい大型犬の人工弁はまだ需要が少ないから、ないかもしれないな。

というわけで、もう治ることはないが、対処療法をしていく。薬でコントロールし、日常生活を普通に送ることは現代の内科のレベルで、かなりできるようになっている。ただし、なるべく早期発見した方が弁の劣化を進めないようにできる。反対に、放置している時間が長ければ長いほど、弁はすきまが大きくなり、心臓への負担は大きくなっている。
また薬のさじ加減も難しいようだ。やりすぎも少なすぎもいけないんだって。

とまぁ、僧帽弁閉鎖不全を簡単に言うとこんな感じだと思います。でも私のブログは獣医さんの監修がついていないので、間違いがあっても赤字を入れてもらえません(笑)。だいたいこんなものか、レベルでご理解いただき、関心のある方はより詳しくは獣医さんに確認してくださいね。

とにかく、まぁ、バドじーちゃん、心臓が壊れてたことが、ついにハッキリを宣告されちゃったわけです。

9バドの薬

ついでに、肝数値も悪いことが発覚。すでに全身性に問題が起き始めているのか!?
それから本来、今日の目的であった膀胱炎のための抗生物質もでました。
心臓、肝臓、膀胱のため3種類。写真下の錠剤、これが1回分です。
検査料を含めて、6.4諭吉(薬18日分)でした。
タビィの病院代のカードの支払いが終わったとたん、またですか。泣きそうでした。

9大量だ

それにしても抗生物質、大量すぎ。前回もそうだったけど。
バド、ただいま31.4kg。やはりですね、大型犬は投薬代が体重換算ゆえ、費用がかさむことは事実です。この先が思いやられます。
(でも私はこの先も大型犬と暮らします。きっぱり)
獣医療代が怖くて犬ライターができるかってんだ(←プチ逆ギレ)。

10ばどちん

バドは、私の大事な相棒だもんね。
オレンジ本のモデルとしてもよくぞ付き合ってくれた。
6月下旬の蒸し暑い日のあの撮影はきつかったかもしれないね。ごめんね、よく頑張ってくれたね。あの表紙撮影のバド(&オープンカー)最高なんだよ。みんな見てね。
超可愛いんだから(親バカ)。

バドは、いっつも頑張ってくれる私の大事な犬。(あ、涙でてきた)
ママは薬代のために働くぞ!

タビィが死んで1か月も経たぬうちに、こんな話題ですいません。
でもこれが老犬と暮らすということなのでしょう。えーい、負けないぞ。
僧帽弁閉鎖不全症は珍しい病気ではありません。同じ病気と闘っている犬はいっぱいいるはずです。みんな、飼い主はめげずにがんばろーね。また大型犬でこの病気を患っている方いたら、ぜひいろいろ教えてくださいませ。


新木場でバーベキュー♪
2008年10月06日 (月) | 編集 |
この週末は、ひっさしぶりの土日2連休だった!
4月くらいから気兼ねなく休めた週末は初めてかも。ううう、うれし~い。

土曜は、オットの会社のレクリエーション、新木場の公園でのバーベキューに誘っていただきました~、もちろんバドちゃんも一緒だよ。

4新木場バーベ

海鮮バーベ、最高!

4たらば!

すんごいでっかいタラバ! 剥きがいがあるね~。うんまい!

4えび!

エビもウマウマでした~。このほかに伊勢エビも! きゃ~。

4たい!

おめでたい鯛もあるよ。

4かに娘

カニ娘、またもかぶりつき!

4snap-on.jpg

私はビールを延々と飲み干しておりましたら、ふと見上げると、公園のとなりにSnap-onの会社ミッケ! 車好きはご存知ですよね。私も工具箱、欲しい。

ここの公園は穴場ですよ。都心部で予約なしでバーベキューができるんだもん。「明日は天気がいいから、ちょっとバーベキュー行くか!」が実行できる。素敵。ただし、お昼ぐらいに駐禁おやじが待ってましたと言わんばかりに湧いてくるので、駅と橋の間にあるタイムスに駐めることを強くオススメします。&下戸の運転手をキープしましょう。あ、ちなみに新木場駅からも歩いて5分もないんじゃない? 小型犬の家庭は電車利用でもよし。

でもね、バドちんがね、アウトドアももう嫌なんだって(涙)。
なんで? 私がそばにいるのに、ダメだなんて。
じゃ、木の下でゆっくり昼寝する?
それも嫌みたいで、ずっとブルブルしてた。
何がそんなにストレスなんだろう。新しい環境はもう疲れるのか? 大人数は嫌なのか?
でもたまにはお日様浴びて、外に出ないと呆けちゃうよ。筋肉も落ちちゃうよ。
難しいね、老犬は。
タビィの悲しみによる一時的なひきこもり現象ならまだいいのですが……
今後はもうアウトドアへ遊びにも行けないのか。うーん、悲しすぎるぞ。

4いたわり

私がわざと無視したら諦めて寝て、休めるかと思ったけど、ずっとブルブル。
見かねた某会長が、ずっとブルブルバドちゃんを撫でてくれました。ありがとうございました。しかしバドが癒されているのか、はたまた会長が癒されているのか、ちと不明(笑)。

バドは心配だったけど、それを除けばとても楽しい1日でした。
いやー、ほんと満腹、満腹。ごちそうさまでした~♪

帰り道、皇居のほとりのペニンシュラ東京がきれいにライトアップしてたよ~。
そろそろクレアDOG、発売ですな~(明日10月7日発売でし)。私が書いた記事、ぜひ探してみてください。

4ペニンシュラ
バドの初の動画!
2008年10月05日 (日) | 編集 |
金曜の夕方、オレンジ本の校正中に、犬友達から呼び出しの電話。
2頭のトイプーを溺愛する(笑)みっちさんがタビィにお花を持ってきてくれたというので、ぼにままLOUNGEへ急遽GO!

当然(なにが当然なんだ)ハートランドの生ビールを飲みまくり、
久しぶりにぼにままんちのぼにちゃんとにーたんにも会えて、
降って湧いた楽しいフライデー・ナイトとなりました♪

そしてなんと!
動画や写真の上に文字を載せる、マチュの顔にモザイクをかけるなどは、アナログなばど吉には一切無理、と言ってたら
その場で彼女は携帯でバドを撮って、それを加工した状態で(私はコピペするのみ!)で送ってくれたの。すんごーい技だ。ハイテクすぎる。私には宇宙語よ。

それでは動いてるバドちゃんの映像をどうぞ~(なんとBGM付き♪)。



みっちさんは、犬のお洋服をつくるのがお仕事。以前、まめちゃんのパンダハーネスもお願いしました。
以前から、このブログを読んでてくれておもらしバドのことを気にかけてくれてたの。その場で採寸してくれました。
これでずれないオムツカバーが出来上がったら嬉しい。
床拭きともおさらばできる!

みっちさん、いろいろありがとう~♪
また代々木入りの際は、とりあえず電話ください。また仕事をブッチして(!?)乱入します。それといつか青空の下のバド動画もひとつよろしく(笑)。

ぼにままLOUNGEはうちから乱入しやすい距離なので、やっばいですぅ~(笑)。でも、ひきこもりじーちゃんバドが、ここなら足取り軽く自転車で走ります。チキンロールの記憶がすり込まれているのでしょう。でも、バドのワクワクした顔が見られるのは大事な時間。脳みそにもよい刺激となるはず。ありがたい場所です。


オレンジ本ライター作業は終了!
2008年10月01日 (水) | 編集 |
ついについに、オレンジ本、原稿すべて入稿しました~。
ライター作業は完了です(まだ終わってなかったのかって怒らないでねっ)。

1ロケハンの思い出1

↑ 今は亡きタビィ(涙)や、犬友達、犬関係以外の武蔵野在住の友人を総動員して、
ロケハンに行ったよね~(タビィ、間に合わなくて本当にごめんね)。

1ロケハンの思い出2

↑ こーんな、犬っぽくないお洒落なお店も、今回掲載しているんだよ~。おもしろいでしょ。

1思い出3

↑ 自腹でロケハンだー! マチュ、お味はどうですか? 紹介するに値するお店ですか?

1思い出5

↑ 雨の中も撮影頑張りました。頑張ってくださったのはフォトグラファー隊ですが(笑)。機材も重いし、カメラが濡れたら大変だった。本当に感謝です。

1思い出6

雨だからこそ、美しく撮れる景色もあるんだって。
できあがった写真を見たときは、ホントにそうなんだぁと感動した。
カメラK林さんとアシスタントのKちゃんにはいっぱいお世話になりました。泊まりロケでは、夜中に大酒も飲みました(笑)。バドちんも老体に鞭むち、よく頑張りました。今回のお仕事の功労者です。えらいぞ、わが相棒!

1思い出8

↑ こーんな豊かな緑のお山にも出没!

1思い出7

↑ なんとバドも「子ども切符」で乗れるんですよ~。これまた感激。バドちん、13歳半にして初めて公共交通機関に乗るの巻。ね、行ってみたいでしょ!?

1思い出7

↑ お山の上には「おいぬさま」の神社があるんですっ! これまた感無量。しかも神主さん、犬に理解があり、親切。なんと以前、ワイマラナーを飼っていたそうな! ああ、これも神様の思し召しか。

1思い出9

↑ そういえば途中、現場でこんなアクシデントもありましたが、いまでは笑い話。オレンジ本のために、体、はってます、私(笑)。

1思い出10

↑ 雨で再撮影になった場所もありましたよね~。K林さんのきれいな友人(実は芸能人)も一般の犬好き飼い主として撮影に付き合ってもらいました。プードルちゃん2頭連れてきてくれたんだ。1冊の本の中に、できるだけいろんな犬種を登場してもらいたかったから嬉しかった。

いやー、思い起こせば走馬燈のように……

しかーし! まだ編集作業が残ってます。思い出に浸っている場合ではなーい!
あともうひとふんばり、頑張りますぞー!

たぶん、10月末か11月頭には本屋さんに並びます。
みなさん、お小遣い残して(笑)、楽しみに待っててください!
タイトルは『東京犬散歩ガイド 武蔵野編』でっす!