クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
すっかり晩秋の寒さ
2008年09月30日 (火) | 編集 |
昨日も今日も東京は寒いです。こないだまでTシャツだったのに、急に長袖2枚です。
昨日は11月下旬の気温だって。
バドちんが寒くて、きゅーと丸まってます。

30ツインズ

あんことこしあんが、ツインズになってます。
ぼにままが2年前にガンのタビィのために買ってくれた白ボアちゃんベッド、別々に利用してます。このベッド、ものすごくバド気に入ってる。そんでまめちゃんも。

ああ、今日で9月も終わりかぁ。
怒濤の9月、いつのまにかもう終わりなんだね(しんみり)。




シルク・ドゥ・ソレイユへ
2008年09月29日 (月) | 編集 |
29ソレイユ2

今年のマチュへのプレゼントは、モノより思い出!ということで
シルク・ドゥ・ソレイユへ!(音が出るのでクリック注意)
10月1日から本公演となる「ZED」のトライアウト公演に土曜日に行ってきたよ!

29ソレイユ1

イクスピアリのとなりにできたシルク・ドゥ・ソレイユのシアター東京です。
きゃーきゃー、ワクワクするぅ!
娘へのプレゼントとかいいつつ、いちばん盛り上がっているのは私であった。子どもの頃からいまも私はサーカス大大大好き!

29ソレイユ3

東京の常設シアターで行われるのは「ZED」です。
このチケット、5月くらいからとってたの。
マチュは新体操やってるからさ、シルク・ドゥ・ソレイユは見るべきだと思ったんだよね。

いやー、ほんとすんばらしかったです!
人間の肉体の限界、超えてるよっ! ほんとすごい。
衣装も音楽も素晴らしかった。
ニューヨークのブロードウェイのミュージカルもいくつか見てるけど、シルク・ドゥ・ソレイユはミュージカルとサーカスが融合した感じだよね、ストーリーのある劇としても見応えあるし、サーカスの醍醐味もしっかり味わえる。

日本のシンクロナイズド・スイミングのメダリストが出ている「O」がすごく見たいけど、ラスベガスまで行かないと見れない~っ。いつか日本に来ないかな~!

マチュも大興奮。「すごすぎるよっ!」と、体の柔らかさなどについて解説してくれました。ラストはとくに盛り上がったなぁ。アンコール鳴りやまず、スタンディング・オベーションでしたよ。日本の観客もなかなか成長した(笑)。

そして興奮冷めやらぬまま、となりのイクスピアリへ。
レインフォレストカフェで早い夕飯を食べる。

インフォレストカフェ

しかし、揚げ物が多くて脂っぽいし、冷凍肉だし、美味しくなかった。
熱帯雨林のカバさんやゾウさんに惹かれてついうっかり入ってしまい、毎回失敗している私……でも子どもには楽しいからよしとするか。
ここは食べにくるところじゃありません。アミューズメントだと思わないと。

29レストラン

このあと惨劇が。
このサーカスのチケットは、タビィが元気なときからとっていたんだけどね、バドを自宅に留守番させるのが心配で(鳴いたりすると、すぐ警察を呼んだり、窓から叫ぶ隣人が週末にはいるので)、気温も低い予報だったので、連れて行ったのよ。
しかも午後2時公演だったので、屋外駐車場よりも少し遠いイクスピアリの地下駐車場にわざわざ入れて、はしっこの静かなところに窓を少し開けて駐めたんだけど……

大失敗! ここの地下駐車場、熱気がこもるの。
バドが熱中症になりかかった!
不安でよけいにハアハアして車内の温度も上がったのかも。
バド、本当にごめん!!!

死ぬかと思った。
このあとすぐポカリ飲ませて、外の公園に行き、泥の地面の上に横に寝させ、体を冷やし、落ち着かせたら、なんとか40分後には、バドのハアハアが止まり、少しは立って歩けるようになった。

こんなことでバドを死なせたら、後悔どころじゃない。
ああ、でもバドって車で待つのは平気だったけど(普通の温度なら)、そういえば、タビィなしで1匹で待たされるのは初めてだったね。そのストレスも大きかったんだね。
おうちで休んでいる方がストレスはないよね。
でも最近バド、情緒不安定だし。留守番も心配だよ。連れて行ったら、ぎりぎりの時間に膀胱を空っぽにできるし、また帰り道にすぐ葛西の公園にでも行ってオシッコさせてやれば膀胱炎にもいいと思ったんだけど……うーん、老犬の扱いはほんと難しいです。
もうこういう家族3人での犬が連れて行けない遊びは当分自粛かも。

土曜の夜はバド、食欲もなし。ごめんよ~。人生でバドがごはんを残すのは2回目(タビィが具合が悪くなったときぶり)。
しかも、もううちにはスイーパーのコーギーがいない。
今まで誰かが食べなくても、ほかの犬がたいらげてくれてたからフードを捨てるってことがなかった。あーあ。タビィがいれば、パチがいれば「チャンス! ラッキー!」とばかりにがっついて食べてくれたのに。

29スイーパーまめ

一応、スイーパーまめがいた(笑)。
でもさすがに全部は食べなかったね。
ま、まめちゃんがいるだけでも、笑えるのはありがたい。

バドは土曜の晩、よだれまみれで臭かったので、体力は心配でしたがシャンプーし、お詫び&急変チェックのため、私とベッドで一緒に寝ました。人生2回目。私は(バドも)すごく実はハッピーでした。パパは狭くてつらかったそうですが。
そして昨日、伊勢丹のdog decoさんでオーガニック・フードの缶詰も買ってきました。
良心の呵責から(笑)。昨晩も今朝もよく食べてくれた。ひと安心。もう大丈夫そうです。

ほんとバドちゃんには申し訳ないことをしてしまいました。
飼い主、反省することしきりです。
みなさまもシルク・ドゥ・ソレイユ等で舞浜に行く際は、熱気のこもるイクスピアリの地下駐車場には十分お気をつけください。(うちだけか、こんな馬鹿なことするのは。反省)




マチュ10歳!
2008年09月28日 (日) | 編集 |
28パーティ1

いろいろとハートブレイクなシライシ家ではありますが、毎日の時間は動いています。
9月25日には、うちの4号、人間の娘・マチュが10歳になりました。
1歳過ぎまでハゲチョビンだったマチュを知っているみなさんもいるでしょう、あいつも無事に10歳、身長138センチ、体重はバドとほぼ同じ32キロに成長しました(笑)。
今日は遅れちゃったけど家族でお誕生日会です。
伊勢丹にケーキを買いに行ったのが運の尽き(!?)、名古屋コーチンのチキンのレッグスを焼きました(マチュのリクエスト)。伊勢丹さんの肉屋さんは、なんで名古屋コーチンしか売ってないのかな?(子どもの誕生日なんですから、普通のチキンでよかったんですけど)。
でも、オーブンで焼くととても美味しかった。肉汁豊富。肉厚。味しっかり。美味いからヨシとする!

28パーティ2

ついでに傷心のトールさんを励ますため、北海道産の毛ガニも奮発して買ってきた。
メインがローストチキンだというのに、なぜか毛ガニ。ちょっとメニューがおかしいね。

パーティ3

なのに、娘は毛ガニ、喜んでいます。パパの血ですね。子どものくせに渋い趣味です。
私は、カニを剥くのがめんどくさいので、パパが剥いてくれなければ食べなくてもいい派。
なのに、父子は、寡黙になって剥き続けます。血は争えません。

28パーティ4

カニ好きのオットは、箸置きタビィちゃんにこんなことをしています。

28パーティ5

アップにするとこんな感じ。
美味しいものはコーギーズに分かち合いたいもよう。パパ、ワインで酔ってます。

28パーティ7

ケーキを買いに行ったとき、マチュにマカロンをせがまれました。
プジョーの新車発表会のときに食べたマカロンの話を聞いたときから、マカロンに異様な憧れを持っていたようです。そんなに恋い焦がれているなら、ケーキの前座に食べさせてあげましょう。マチュ、超ハッピーそうです。

そして、今年の(マカロンと)ケーキは、パティスリーサダハルアオキ。

28ケーキ

去年、お仕事でお知り合いになったS田さんがここのチョコケーキ買ってきてくれたんだよね。あの味が忘れられず、日曜の夕方、小雨の中、伊勢丹までチャリで走りました。
例年なら渋いチョコケーキが好きなマチュですが、今年は飴細工の芸術性に惹かれて、オレンジムースとチョコのケーキをチョイス。

28ケーキ2

ハッピーバースディ to マチュ! おめでとーっ。

うーん、ケーキ美味しい。私、サダハルアオキ、ケーキ界の中でいちばん好きかも!と言いたくなるほど、ここのケーキ好き。上品な甘さ、下のサクサクも大好き。

28バドもお祝い

ばどじーちゃんもさっきまで寝てばかりだったのに、一応挨拶にきました。
マチュの10歳の誕生日にはコーギーずがいなくなっちゃった……のは寂しいけど、マチュの人生にはコーギーの思い出がいっぱいです(涙)。
生まれたときから犬や猫がゴロゴロいて、美味しいケーキが食べれるマチュはけっこう幸せな子どもだと思うぞ!

来年の11歳のお誕生日には、きっととなりにマチュの犬が座っていると思うよ。たぶんね。
おめでとう、マチュ。ハッピーな10歳を!




バド膀胱炎と外耳炎悪化
2008年09月26日 (金) | 編集 |
昨日のオット・たび吉のコメントを読み、ふにゃふにゃに力が抜けてまた涙しました。
彼があんなに打ちひしがれているとは。あの感情表現の乏しい彼が。あの、物事に打たれ強い彼が。天にも叫びたい心情だなんて、そんな激しい感情、21年付き合ってて初めて見た。
一緒に住んでいてもわからないほどの悲しみに実は包まれているんだなとよくわかりました。
まだダメージの多いシライシ家です。病院代のカードの請求書のダメージも大きいです(苦笑)。

そして。バドじーちゃんのダメージも未だ癒えません。
先日「コバド」とも呼んでいた友人のワイマラナーが10歳になったばかりで今月初めに胃捻転で亡くなったと聞き、私まで胃が痛くなり、吐きました(私も犬なら胃捻転になりやすいタイプに違いない)。やっぱり、ワイマラナー、胃捻転で死んじゃう子、よく聞くよね。バドは2~3歳で3回もやって奇跡の復活劇をしたけど、老犬でも多いよね、バドの母犬は胃捻転で死んじゃったし、ほんとやばい。ああ、でもMーちゃんが死んじゃうなんて……かなり悲しいです。Mーちゃん、夏休みに会いに行けなくてごめんね。もう一度会いたかった。タビィと会えたかな。

Mーママに「バドを大事にしてあげてね」と念押しされたので、おとといの晩はもう1頭で勝手に夜中に階段を上がり下りさせるのはやめさせようと思い、人間の寝室のドアを閉めて寝ました。そしたら、タビィを探しに行きたいのに行けないせいか、夜中の2時半すぎ、バドが2回吐きました。胃液しかでないけど、やっぱりやばい! 胃捻転になっちゃう!と焦り、その後、以前タビィにしたように、また私も床に寝て、バドのおなかをさすって「よしよし、心配するな。自分で自分を追いつめるな。ほんとあんたはおなかの中に時限爆弾抱えてるんだから。犬のくせに自殺行為をしちゃだめだよ。こんなんであんたがタビィを追って死んだら、タビィが天国で、しっかりしろっって追い返すよ」と話しかけ続け、おなかを撫で撫でしました。

やっぱり手当ては効くみたい。しばらくしたら、落ち着いて横になってくれて、ようやく首も下ろして寝てくれました。でも、撫で撫でを止めると、首をムクッと持ち上げる(苦笑)。まったく、どこまでが甘やかしで、どこまでが必要な手当てなのか、境目が難しいです、ワイマラナーのアホは。だけどあの晩は胃捻転で死なれるのが怖いので、1時間ほど付き合ってやりました。

昨日の朝からは吐き気は止まってます。
そのかわり、オシッコ垂れがひどくなった。がびーん。

先々週、タビィの最後の病院のとき、バドもついでにオシッコ検査をしてもらった結果が出て、膀胱炎と判明。抗生物質を2週間分もらってたの。そしたら、オシッコ垂れがすっかり改善し、飲水量も減り「ああ、膀胱炎だったから、バカみたいに水飲んでたのね」とわかり、安心してたんだけど、お薬を飲みきったとたん、以前以上にと思えるほど、オシッコの蛇口が壊れた! おいおいおい~。またバド廻しをした。それにタビィが死んでから、すっかり使わなくなってた消臭剤やペーパータオル、トイレシーツがふたたび大活躍。くー、手間がかかりますわ。

26ばどおしっこ

ついでに、免疫力も下がっているんでしょうか、外耳炎も復活。
ザイマックス・イヤープロテクターをしないと! 耳だれ、すごい。クサイ。それに耳が痒いと目もこする。目の角膜を以前傷つけたことがあるので、2次災害を防がねば。

26バド耳

ザイマックスくんはほんと私、信頼してます。以前『愛犬の友』さんで連載している「動物医療の最前線」でも取材しましたけど、ほんと難治性の外耳炎で困っている垂れ耳犬の飼い主さん、おすすめですよ。ザイマックス・イヤープロテクターは動物病院専売品だけど、直接問い合わせたら、近所の取り扱い病院を教えてくれるし、ない場合は直販もしてくれるよ。ダメだったら私に連絡ください。日本の社長に電話するから(笑)。


ほんと、まだまだシライシ家、いろいろ大変みたいなんだけど、
まー、なんとか頑張ります。
それにね、ブログ更新しないと、犬友達がバドのその後を心配してくれてハラハラしちゃうみたいなので(笑)、ちゃんとじーちゃんリポートしなくちゃね。

今日はね、オレンジ本のあとがきを書くの(ようやく)。でもね、タビィのことをなんて書いていいのか、今週ずっと考えてて、悩んでて、泣きそうになってます。
だけど、タビィのためにも、しっかり上梓しないとね。

おまけ。
22、23日は、うちの近所のお祭りでした。

23お祭り

タビィのいない、14回ぶりの秋。


残されたコーギー馬鹿
2008年09月24日 (水) | 編集 |
タビィが死んで10日ばかり経ちました。
バドはまだ夜中に2~3回起きて、ウロウロしています。暗いし、階段あぶないから、行かせたくないんだけど、本人が納得しないと何度でも行きたがるので……ワイマラナーはこういうとき頑固者。
バドはまだ不安が強く、ちょっと心配。すぐ不安でハアハアになる。昨日は近所の祭り囃子すら不安だったみたい。早く心が安定するといいんだけどな。

そして。
バド並みに、あるいはバド以上にダメージを受けているのが、うちの生粋のコーギー馬鹿(つまりトール)。彼の名誉に関わるから詳しく書けないのは残念だが、やっぱりね、つらいようです。夜中のバドの散歩でこっそり涙を流しているもよう。男の人は人前で泣けないしね、もちろん仕事場でそんな話もできないしね、家庭内でも毎度毎度女々しくこの話題ができないしね、だけど女性と変わらぬ深い悲しみの淵にいると思うんです。男だって、悲しみを押し込めてたら、心と体に悪いと思うのよ。男女平等。だから、今後、みなさまの知り合いの男性のおうちで愛犬(または愛猫)が亡くなったときも、大きな広い心で見守ってあげてくださいね。男でも泣きたいときゃ、泣くべきだと思うぞ。

24はしおき

彼は日曜日にいきなり一人で(私は原稿中)、自転車で(笑)代官山のJUST DOG MARKETさんに行き、2年前の私の青本(東京犬散歩ガイド)に載っているときから欲しがってたコーギーの箸置きを買いに行ってました。私が2年間も「今度行こうね~」と言いつつ、放置していた案件だったんだけど、まさか、ひとりでエイやっと行くとは。

しかもオーナーに頼んで、箸置きね、タビィ柄とパチ柄のを選ばせてもらったんだって。ほら、手前右側の「妖精の腰掛け」(スタンダードのコーギーで欠かせない首うしろの白。イギリスではこう呼ぶそうです)は、ダイヤマーク◆でしょ。これがタビィ柄。奥左の妖精の腰掛けは、1周襟巻き式につながってて、ノーズの白ともつながってる。これはパチ柄。
ううう、泣かせるなぁ。

毎日のように「オレはコーギーを飼う!」と断言してるのも切ない。いつもは私やマチュの意見に文句を言わない優しいオットであるが、今はもうそんな余裕無し。いつものトールらしくない。これもペットロス症状なんでしょうね。シライシ家、今度から犬は家庭内で2頭までというルールにしているのだが、マチュはボクサーかジャーポが欲しいし、私はワイマラナーだし、パパはコーギー、と意見がバラバラ。さあ、果たして今後どうなるんでしょうね(笑)。

でもほんと「生きてるコーギーに触りたい」らしいです。
愛すべき茶色の立ち耳の短足がいないと、寂しすぎるんだって。
「短足の猫、マンチカンも可愛いよ~」と教えると、お気に召したようで「可愛いっ」と絶賛。「オレはコーギーとマンチカンで、パパ帝国をつくる!」と訳のわからん主張までする始末。パパ、壊れ気味です。

でもそれもこれもすべてはタビィへの愛情の裏返し。
トールのコーギー馬鹿はすべてタビィから始まった。
タビィ、それだけおまえが魅力的でいい犬だった証拠だね。

24タビィ

--------------------------
その後もみなさん、タビィにお花やプレゼントをありがとうございます。
タビィはいまもお花にいっぱい囲まれて幸せそう。
そして人間家族もお花が届くたびに幸せな気持ちになります。
マチュは「タビィはこんなにみんなに好かれてたんだねー」と言ってます。
本当にありがとね。



 
残されたバド~胃捻転注意報発令~
2008年09月19日 (金) | 編集 |
タビィが死んじゃって5日目。
溜め込んだ仕事を必死にこなしてます。
そのくせ暴飲暴食で胃が痛いし(食欲がないように見せかけて、やたらジャンクな物を食べたがる私)、夜中に夢ばかりみて、どーも寝た気がしない。
今朝はなぜかタビィと温泉に行った夢を見た。「硫化水素は下に溜まるから、タビィが苦しくなっちゃうっ」とか焦ってる夢。何なんでしょね。心、壊れているわ。

そしていちばんハートブレイクなのは、13年半、いちばん一緒にいた時間が長いバドでしょう。私が会社に行っているときも、取材に行っているときも、とにかくバドはタビィとセットでお留守番だったもんね。

タビィが死んだ晩から毎晩、夜中の2時とかから1~2時間おきに、1晩2~3回バドは深夜に起きて、いきなりカチャッカチャと1階から3階まで上がり、うろちょろしてまた1階寝室に下りてくる……を繰り返してました。今までは、私が寝室で寝ていたら、バドは朝まで一切起きない子なのに。やっぱりタビィを探しているとしか思えない。不憫だ。
でも昨夜は夜中に起きなかった。少しはあきらめついたのかな。なら、いいけど。

また昼間も、今週バドは挙動不審です。なぜか、こっそり別の部屋(3階のマチュの部屋など)の隅でひとりで丸まって寝てるの。へんなの。今までのバドは、私がいる部屋に常にいるタイプ。真夏の暑いときに涼しい1階で寝るとか、エアコンが寒すぎて移動するとか、お客さんがうるさくて(笑)静かな部屋に移動するということはあったけど、私が仕事中は、ずっと同じ部屋で爆睡するのが常なのに、

どうしたの? なんで一人きりになりたがるの? あんたらしくないじゃん。
どう見ても「傷心」中、といいますか、なんか引きこもりっぽい。
心配になりちょっと調べてみると、犬も人間と同じく認知障害、痴呆症になると本に書いてある。人間の認知症は、配偶者の死や引っ越しなどを引き金に悪化すると聞く。まさか、バドちゃん。おまえは大丈夫か。

それに水曜、木曜は、水ばかり飲んで、へんだ、お腹も食べた後なのにクルクル鳴ってる。やばい。まさか、胃捻転になるかも!?と直感したので、急遽、わが家に10年ぶりに「胃捻転注意報」が発令された。胃捻転は、精神的なことも大きく関与されると唱える獣医さんもいる。私もそう思っている。人間もストレスで胃酸がいっぱい出て、胃潰瘍になるじゃん。たぶんそういうときにガスが溜まりやすいというか、胃袋がひっくり返りやすいというか、私は科学的には立証できないけど、そういう予感がするんだよね。バドも含め、胃捻転になる犬は「新しい家族(赤ちゃん、別の犬)が増えた」「飼い主が旅行などで長期不在になった」などの環境変化のタイミングでなる犬、多いもん。

いま、バドまで胃捻転で死んだら、私、耐えられない。
バド、頑張れ。大事にしてやるから。

19生きてると2

生きていると、いいことあるんだよ。バド。
Jちゃんがチキンロール、くれるしね(笑)。
私も今週はついつい甘やかして、お行儀悪くパンの端っこあげちゃったりして、いちいち「バド、生きてると、いいことあるでしょ」と食べ物で釣っています。「ああ~、ママ、そんなことして!」と、私は家族に失笑を買っています。

そして、散歩後には1時間以上、ごはんと水もあげない。ごはんはよくふやかす。消化のいいものを与える。など、胃捻転の危険リスクを減らすための基本的な注意を徹底しています。ここ数年は精神的に落ち着き、だいぶ克服した感じだったから、けっこうルールが甘くなってたけど、いまはやばい気がする。こういう飼い主の直感は大事。あとで後悔しないためにね。

それと、やはりときに急に寂しくなるのか、誰かとひっついて寝てますね。

19寂しい

マチュのおへそが見えています。バド、くっつきすぎ。

19誰でもいい

もうこうなったら誰でもいいみたい。
本当にあんたは心がか弱い。依存心高すぎ(涙)。

痴呆症を進めない手段のひとつとして「新しい子犬を迎える」というのもバドには必要かもしれない、と本気で考えてしまうよ。
まぁ、私は、前回のパチのときよりも冷静でして……、それはパチで一度経験して少し強くなったからなのか、はたまたトールのダメージを察し、ここは私がしっかりせねばと思っているからはわかんないけど、わりと冷静(のつもり)。だからペットロス中で冷静な判断ができないうちに勢いで子犬を迎えるのはいけないと思ってる。でも、バドがこのまま引きこもりっぽくなるなら、新しい脳への刺激は必要かもしれないとも思う。バドの大きさで痴呆症になって徘徊されたり、歩行障害で前にしか進めなくなったり、しつけを忘れたり、夜中に鳴かれたら大変だ。

19タビィ探してる

私もバドも傷心でなにもやらないから、こないだぼにままLOUNGEにいっちょ元気出して行ってみたんだけど、バドがね、なぜか落ち着かず、外ばかり気にしているの。タビィとここで合流するんだと勘違いしているのではないかという素振り……おいちゃん、不憫だ。

でも生きているといいことあるから。バド、頑張れよ。頑張ろう。

ちなみに、今月10歳になるマチュは昨年のパチのときより、よく泣きました。9歳のときよりも、より「死」を実感できるのかもしれません。また、今年、タビィが具合が悪くなった時期はちょうどマチュの夏休みと重なりましたから、タビィが弱っていく様を毎日見ていて、悲しみが強くなったのかも。大学病院にも何度も一緒に行ったしね。闘病、という言葉の意味がより理解できたのかもしれません。
タビィは、マチュにかけがえのない勉強をさせてくれたね。

ついでに、まめちゃん。
タビィが死んだときは、やはり1メートル横くらいで、パチのときと同じく、じーっとご遺体を凝視していた。そして翌朝は、これまたパチのときと同じく、その朝だけはいつものうるさい「ごはーっん、ごはーん」催促鳴きをしない。家庭内の悲しみの空気を察知し、一応、ヤツなりに遠慮をしているのか。でもその後は、いつも通りですね。さすが猫。

バドちんが早く立ち直れるよう、みなさんも念じててください。



明日のコーギーのために~献体~
2008年09月17日 (水) | 編集 |
みなさん、たくさんの温かいコメントをありがとう。
直接メールをくれた方もありがとう。
いちいち読んだ直後は涙するのでお返事ができませんでした、ごめんね。

すぐお花持って駆けつけてくれて、タビィの寝顔を最後に見てくれたマイママ、みどりちゃんママ、れんちゃん夫妻、ぼにまま、Jちゃん、ベン&ももん家、ありがとう。タビィには会えなかったけど泣きながらお花を持ってきてくれたリリーちゃん家もありがとう。
お花を贈ってくれて、シライシ家の心をなぐさめ、タビィに天国への花道を作ってくれたアンディ&モニカママ、まこママ、ジーク家ありがとう。カードのお言葉が身に染みます。

日曜になったばかりに死んじゃったタビィのその後を書きます。

日曜午前、トールと相談後、勇気をだしてNJ大学の担当医の大先生に電話しました。
3連休の中日にいるわけはないと知りながら、あえて連絡を取りたいと守衛さんから獣医内科学の学生に電話を回してもらいました。
そこまで焦って電話したのは、
タビィの肺が、これからのコーギー(およびもしかしたらそのほかの犬種)の肺高血圧症の原因解明、研究、治療法の確立に役立てるのなら、献体を申し出たいと思って。

でも私もさすがに自分の犬を献体するなんて初めてのこと。
本当に先生は必要なのか、献体したものをちゃんと活かしてくれるのか、タビィの体は戻ってくるのか、ちゃんと開いた胸は縫合してくれるのか、臓器は冷蔵や冷凍するのか、……などなどわからないことだらけ。不安だらけ。そして、可愛いタビィの胸を開き、臓器を提供することへの迷い、私はひどい飼い主なんじゃないか、とかいろいろ思ったけど、

トールが「タビィの肺を献体しよう。今後、野子たちのためになったら嬉しいじゃないか」と言った。

びっくりした。
だってトールは、私のドナー登録を今までものすごく反対している人だから。
死んだ私の体が持って行かれて、刻まれることは、絶対に嫌だ、誰かの役に立つのはわかっているけど絶対にそれだけは嫌だ、と今までずっと反対していたのに。
タビィが死ぬまでは、彼は絶対に献体なんて反対していたと思う。
だけど、トールはえらい。ほかのコーギーの犬種の未来を考えたんだね。
さすが、本物のコーギー馬鹿だね。

大先生とも話がついた。先生は都内にいなかったのに携帯でいろいろ大学へ連絡を取ってくれた。
先生は私の心に配慮し、言葉を選びながらも、きっぱりと
「タビィちゃんの肺動脈がほしいです」と言った。
そっか、肺ではなくて、いちばんの欠陥は、肺動脈だったのか。
肺動脈はコーギーの場合、4~5センチ程度の長さだそうだ。そんなに小さなパーツが壊れてタビィを苦しめたのか。でも小さなパーツひとつひとつが全部大事なんだよね。
肺動脈は肺と心臓をつなぐ大事なパーツ。
タビィは、肺、肺動脈、心臓を献体することに決まった。
「先生、ちゃんとタビィの体は返してくれますか? 胸はちゃんと縫ってくれますか?」
「と、当然です。ちゃんとさせていただきます」
先生にとっては当たり前のことだったけど、私にとっては大事な確認事項だった。

午後2時半、NJに到着。
タビィをよろしくお願いします。

17献体

タビィの胸を開く時間は、1時間か1時間半。
今回は麻酔も何もいらないもんね。
私、昔、高校生の頃、バイトしてた動物病院で犬の解剖を手伝ったことある。
だからだいたい想像はつく。

待ち時間中、私はタビィの実の息子、陸家に電話をした。ご自宅が大学から比較的近かったから。もしもタビィに会いたかったら、タビィはいま近くに来てるよ。

陸家もつらくて迷ったようだけど、勇気出して来てくれた。
陸ママったら「陸と野子を連れて行っていいですか?」となぜか私に聞く。
「もちろん!なんで?」
「いまは会ったら思い出して辛いかと思って」
そんなことないない!
でも実はオットは一瞬そう思ったんだって。
だけど、陸たちに再会したとき、すごく嬉しかったって。

17陸家が

「生きてるコーギーに触りたい」
トールは、すでにタビィを失った日の午後からそんなことを言ってる。
たぶんそれもペットロス症状のひとつ。何とか何かで悲しみを埋めようとしているんだよね。

17献体後

タビィ、無事に献体を済ませ、帰ってきました。
毛を剃られることもないので(もう消毒は必要ないもんね)、一見するときれいに、そのままの姿で帰ってきました。安心しました。
さすがの私も、タビィの胸の毛をかき分けて、縫合の様子を確認することはできませんでした。もう先生を信じるしかありません。
大学からは、とても感謝され、きれいなお花がタビィの棺に入っていました。

昨日、都内に戻られた大先生からも丁寧なメールが来ました。

病理学教室にて、肺動脈にどんな障害が進行していたのかを調べてくださるそうです。
「その結果を新たな治療法の開発につなげること、そして可能であれば今後、遺伝的な関係についても調べてみたいと思っています。遺伝的な背景が関係しているなら、将来、遺伝子を特定すると共に発症をなくすことが可能になるはずです」

よかった。タビィの肺動脈によって、少しでも研究が進めば本望だ。

だけど、献体した晩は、またも大泣きしました。
献体なんかしちゃったけど、タビィが今度生まれ変わるときに、心臓や肺がない子になったらどうしよう、心臓や肺に欠陥のある子に生まれ変わってしまったら、私のせいだ。
と、大泣きしてしまいました。
迷いがあるくせに、そんなことするからいけないんだけど、
だけど、タビィのパーツはこれからのコーギーの未来に役に立つと信念をもってしても、理性ではわかっていても、私は弱い。感情では、タビィになんてことをしてしまったのか、と思ってしまう。
そしたらトールに諭されました。献体のことを後悔するな、間違ってないから、と。


月曜日朝9時、タビィを荼毘にふしました。
バドも連れて行きました。(1頭で留守番させたら、何が起きるかわかったもんじゃない)

17荼毘

バドはお寺の中に入ろうとします。
ここんとこ、バドが引っ張るなんてこと、何年もないのに、こんなに引っ張って。
どこへ行きたいのかとやらせてみたら、
まっすぐタビィを焼いている部屋の扉の前に行き、くんくんくんくん執拗にニオイを嗅ぎ、いまにもドアを開けろ、と言わんばかりでした。びっくり。さっき、タビィがここへ入るときはバドは車の中で待たせていたのに。タビィのニオイがわかるんだね。タビィがここにいるのがわかるんだね。犬って、わかるんだね。泣ける。

2年前、抗ガン剤も半年やったし、いまも強い薬を1か月以上飲んでいたタビィの骨は、崩れそうに小さかったけど……
タビィ、えらかったね。よく頑張ったね。気丈な最強のしっかり者だもんね。
タビィは、誰の前に出しても恥ずかしくない、美人で、すっごい他人にもフレンドリーで、ほかの犬ともケンカしないから飼い主的には楽ちんで、バドを女好きにしないように厳しくしつけてくれて……本当にシライシ家の優等生だった。タビィがあんまりに可愛くて、いつも知らない人が駅前とかで撫でてくれてて、コーギーを好きになっちゃって「うちでもコーギーを飼うことになりました」と教えてくれたおうち、何軒もあったよね。すごいよね、タビィのパワーは。

17お骨

タビィ、たくさんのお花、きれいだね。いい匂いだね。
ほんとは食いしん坊のタビィのためにチキンロールとかいっぱいお供えしてあげたいんだけど、まめちゃんに襲撃されるからやめとくね。

みんな、本当にありがとう。
犬友達の温かいお気持ちをいただいて、シライシ家、少しずつ立ち直っていきますから、
ちょっと待っててね。



タビィ永眠しました
2008年09月14日 (日) | 編集 |
日付変わったばかりの9月14日、0:45頃、タビィ永眠しました。
享年13歳9か月。

私が昨夜ブログを書き終わったときの頃、
トールが抱っこして近所を1ブロック回って外を見せてあげてました。
タビィは抱っこされて嬉しそうで、でもちょっとベロ出してハアハアしていたので
ベッドに寝かせ、休ませました。

その10分後くらいに
ベッドで寝ていたら、
ウンチしたから大丈夫かなと思っていた、トールの手の中で
苦しまず、スーッと眠るように、息絶えました。

呼吸困難で苦しむことなく、咳き込むとか、痙攣するとか、
そんなこともなく、スーッと。

みんなの撫で撫でと思いのおかげです。
本当にありがとうございました。

14タビィ永眠

タビィは、シライシ家の、トールの自慢の
美人でしっかり者の最強のコーギーでした。
タビィ、ありがとう。タビィは最高にいい犬だったよ。

14最期にバドと

バドはタビィとそのまま寝ていました。最後の2ショットだね。
でもバドは夜中に何度も起きて、廊下へ行き、珍しく硬い床で寝て、またタビィの隣に戻ってくる……を朝まで4,5回繰り返していました。
ときどき、起きてはタビィのこと、じっと見ていた。
もう、タビィの魂がいなくなったってこと、気がついているね。

ああ、もう、バドだけになっちゃった。あ、猫のまめはいるけど。
タビィも、心肺は強いが心のか弱いバドを残して先立つのは、
気が気じゃないだろうけど、
残された者は頑張って生きていかないとね。






タビィ生きてます
2008年09月13日 (土) | 編集 |
13日23:30pm現在、タビィ生きてます。
今日午前、自分で利尿剤のアンプル注射液を手配し、自分で注射しようかとすら考えまして、ホームドクターに電話しましたが。相談の結果、「腎臓も肝臓も多臓器不全の状態だろうから、これ以上するのは可哀想では」という見解をいただき、私も、やっぱり想っていたとおりだと思い、あとは自然に任すことにしました。

昨夜、タビィはこんな水下痢をしました。(汚くてごめんよ。でも医学的見地で見てください)

13血便

イカスミのように真っ黒で、水のようにサラサラで、もうウンチのように臭くはありません。こんな便を昨夜8時くらい、朝の4時、朝の9時半、夜の9時、夜の11時くらいにしています。腹水を抜いた木曜の午後以降、オシッコは1度も出ていないけど、便で、脱水になりそうです。それにしてもウンチがこんな黒くて、それがこんなに何度も続くなんて。腸が今までにない緊急事態になっていることがわかります。なんで、こんな黒い血まじりなウンチになるんでしょうね。金曜の夜の大先生の話では、すでにタビィの胃腸は浮腫になっていて、薬も吸収できない状態になっているようです。

13トール

オットもつらそうです。
タビィは、目の玉に入れてもいたくない、可愛い可愛い存在ですから。
オットの、今後が心配です。

12おいちゃん

ちなみにこれは木曜日のバドの大学病院引率の写真ですが、
タビィに先立たれたおいちゃんの今後も、非常に心配であります。

13バドまで

昨夜はぼにままとjちゃん、今日はm子とeりん、m輪とnみとt一が、タビィを撫でにきてくれました。m子は、マカマノママとkちゃんの任も預かっております。みんなありがとう。

13なつみ

タビィは、疲れちゃうかな~と思っているのと裏腹に、虚脱なりにとても嬉しそうで、「もっと撫でて」と首を起こしたりしてました。さすが、人好きのタビィ。それでこそ、タビィだ。やっぱり「手当て」という言葉どおり、みんなの想いが手のひらから伝わっている気がしました。ありがとね。そして子どもたちの心に、タビィの生きている姿がちゃんと心に残れば嬉しい。生き物は、いつか死ぬから、尊いんだよ。

13タビィ

タビィ、あんたは、みんなの心に、いろんなことを教えてくれている。
もちろん、私にもね。



タビィ重体
2008年09月12日 (金) | 編集 |
昨日はタビィの大学病院の日でした。

薬の効き目はなく、肺高血圧症になんでなっているかは症例数がこの大学病院で3例目らしく(しかもみんなコーギーだって! タビィと12歳コーギーと8歳コーギー。みんな気をつけて! といっても気をつけようがないんだけど、とにかく知っておくだけでも)
とにかく原因も分からないし、薬でも改善しないし、もう手の打ちようがないんです。
肺高血圧が改善されないから、右心室が頑張りすぎて肥大しているから腹水、胸水が溜まり続ける。心膜水(心臓の周囲の膜の内側に溜まる水)まであるそうな。

これらの水が体内にいっぱいあるために、肺、胃袋、腸なども圧迫。呼吸困難になるし、食欲もなくなるし、消化吸収もできなくなるから下痢になる。

腹水などを抜くと、ただでさえほとんど食べていないのに大事な栄養も抜けるし(タビィは生き物の元であるナトリウム(塩)すらもう全然足りてない)、どうせ対処療法だから1日かそこらですぐ溜まる。でも、昨日は、これ以上パンパンになるのと苦しすぎるから少し抜くしかない、と大先生が言いました。その判断は正しいと思う。

でも午後1~2時頃、腹水と胸水を抜いたらショック状態になり、重体になってICUに。
若手のエースの先生が、胸水500ml以上、腹水1000l以上、心膜水も無理しない程度にぎりぎり抜いた。大先生がちょっとびっくりする(多めの)量を抜いてしまったらしい。
タビィはもう1か月以上も腹水がパンパンな状態だった。苦しい状態ではあるが、それはそれでバランスをかろうじて保っていたわけで、それを一気に抜くのは、やはり間違いだったと言わざるを得ない。エース先生もタビィを殺したくてやっているわけではないのは重々わかってはいるが、初めて今日タビィを診て、カルテだけの情報で、そんなことをやっていいのか。と、さすがに私も怒りにぶち切れそうになったが、ここで怒鳴ってもタビィは楽にならないと思って、グッと我慢した。なにしろ、その後、大先生がすごくフォローしてくれたからね。でも大学病院ってのは(または大きな個人病院で担当医が変わるところは)、こういうときに困る。週替わりでいろんな先生がタビィを診て、それぞれの先生の判断で、腹水抜く量を決めたり、投薬量を決めたり、投薬の種類を変更するのは危険ではないか。新しい発想、新しい試みってのもときに必要だとは思うが。まぁ、NJは、担当医がいて、うちの場合は、大先生が担当医でちゃんとフォローはしてくれるのですが……。やっぱりね、飼い主が、獣医師任せにしないで、わからないことはちゃんと聞く、確認する、「なんで?」と思ったらちゃんと説明してもらうことが、あとあとしこりを残さないために大事なことだと思いますね。

タビィは夕方5時になって、ほかの手術の子たちが返される時間になっても、呼ばれない。
手術後の犬たちが、飼い主さんとチョー嬉しそうに再会して喜びまくっている姿、
すごく可愛かった。
でも、タビィの名前が呼ばれない。私と、もう1家族だけが待たされてた。
たぶん、本日の重体患者さん2頭なんだろな……。

結局タビィは、ショックで低血圧になり、心拍数が増加。呼吸速拍。
危険レベルの低血圧になったから、若い先生たちが数人で焦って、ドーパミン(急性循環不全治療薬)を打つ。血管を拡張し、血圧をアップさせるため。だけどね、タビィは基本的にいま肺が高血圧で死にかかっているんだよ。ドーパミンを打ったら、末端の血圧には必要だろうけど、肺がパンクするよ! そりゃ、素人の私にもわかるぞ! 目先のことだけでなく、全体像をみてください、この1か月半のデータを熟読してよ!

タビィがICUで、酸素ケージの中で虚脱で、ぐったりしてた。
ああ、タビィ。

(若い先生に)入院を勧められたけど、入院してできることは、酸素吸入とドーパミン注入だけ。ドーパミンはやりすぎもよくない。
それに、タビィの病気は、もう治る病気じゃないし、延命処置をするつもりはないし。
「ターミナル・ケアなら酸素吸入はやるけど、ドーパミン注入など積極的治療はターミナル・ケアではやらないですよね?」と大先生に尋ねてみたら、先生は頷いた。つまり呼吸の手助け以外は、延命処置ってことだ。

また内心、今までのタビィを全部診ていて、経験豊富な大先生が宿直なら大枚(ICU1泊4諭吉くらい。投薬量など除く)はたく価値もあるが、若い先生に妙な強い薬を打たれるのは嫌だと思った。

そして、一番は、とにかくお家で看取りたいという強い意志が私にはあるので(トールも)
1時間ほど悩んだあげく、やっぱりタビィを家に連れて帰ってきました。

11重体

タビィは酸素吸入してくれるICUの方がよかったのかな。慣れた安心する家が一番いいよね。家族と一緒がいいに決まってるよね、という考えは、これまた飼い主の勝手な妄想、エゴなのかもしれない。動物は本能的にどっちを本当は欲しているのかわからない。

だけど連れて帰った。今夜タビィが死ぬかもしれないのなら、こんなとこに置いておけない。うちへ帰ろう。パパの待つ家に帰ろう。タビィはトールの犬なんだから。
治る病気だったらお金はなんとかするし、何泊も入院する積極的治療をしてもいいと思う。

でももういまのタビィの病気には、もう勝てないんだ。

タビィはいよいよカウントダウンに入った。

病院では知ってる大学教授(大先生)がいろいろ親身にしてくださったので、半分仕事モードでしっかりしていましたが、帰りの車の中で号泣しました。今日は、おしっこバドも同伴だったので、バドのおかげで7時間半の待ち時間は持ちこたえたんだけど、やっぱり一人で車の中でガーッと泣いた。東八道路や甲州街道の信号機や車たちのテールランプが、涙でにじんできれいな夜景状態で、運転が危なかった。

夜、呼吸が荒かったので、心配で心配で。考えられる死のパターンは、
(1)肺が圧迫されて呼吸困難(パチと同じ)ああ、もう見たくないなぁ。つらそうなんだよなぁ。陸にいるのに窒息死状態だから苦しむんだよなぁ。
(2)不整脈による急死(心臓が急停止)

夜中じゅう、ちゃんと息しているか、生きてるか、見張ってました。
タビィと一緒に床に寝て。だって、タビィ、人間の布団じゃ暑いっていうんだもん。
ずっとタビィを撫でて。あいつは撫でられたり、「可愛いね」って単語知ってるから。ずっと話しかけてた。「タビィとどこへ旅行へ行ったっけ。ああ、あんたは雪が大好きなんだよねぇ。白馬や山中湖でシュリシュリしてたよね」「あんたは海水浴はあんまり好きじゃないよね~」「パチとはたまに派手に血だらけケンカしたよね~。コーギー2頭はケンカするよね~。でも並んだお尻は最高に可愛いんだよね。そっか、じゃ、オスメスで飼わないとね」とか。酸素よりドーパミンより、家庭でできる最大のターミナル・ケアは、これではないかと思った。

1日の病院疲れか、ずっと呼吸が速くて、苦しそうで、このまま朝までに死んじゃうのかと思ったけど、話しかけているうちに、3時頃に、息が落ち着いて、タビィが寝始めた。
静かになったらなったで、いつの間にか死んでいないか、心配だったけどね。

なんとか朝を迎えることができました。

12強のタビィ

腹水を抜いたら、タビィはガリガリでした。パチよりも細い。この1か月、まともに食べてないもんね。

12ぐったり

頭を持ち上げる力もほとんどなく、くたーとしてます。切ないです。

12いまのタビィ

現在の様子です。この体勢のまま、小1時間動きません。
でもいま確認したら、肋骨が上下に動いてます。息してます。
水飲み茶碗を枕にしています。

タビィが生きているうちに、会いに来てください。



うぃーす、原稿完了~
2008年09月08日 (月) | 編集 |
ようやく、いま、クレアさんを書き終わりました。
今回は、犬連れドライブ旅行の記事を担当させていただいたのですが、
お宿の原稿を書きました。
この3日間、資料を探したり読んだりしているうちに、やたら妄想が広がりました。

きゃー、素敵。きゃー、美味しそう。
あー、ここの料理は絶品だったよなぁ。
あー、ここはバブリー過ぎるほど素敵だったよなー。
なぬー、1泊7万円upですかー、ひょえー。

と、なりながら、妄想は進み、結局

あー、犬と遊び行きたーいっ! 旅行行きたーいっ!!

あー、なんか最近、闘病生活ばっかりで(お金もつぎ込んでいるし)
犬と自然の中へ繰り出してないぞーっっ!    ……と、ひとり心の中で叫ぶ私。

時間とお金ができたら、この原稿の中のお宿にぜひ家族全員で行ってみたい。そう心から切望する私です。タビィもね。行けるかな。行きたいね。薬が効けば、日常生活送れるよね。

そんな病弱なタビィちゃんも、記事用にしっかり働かせます。

8クレア

もしかしたら似た写真が掲載されるかもよん。
タビィ、具合が悪いとこごめんよー。ご協力ありがとよー。

そんで、おいちゃんは、

8狭いのに

なんで、私のイスのすぐ横、雑誌やカバンに埋もれたそんな狭いスペースに強引に入り込んで寝ようとするのか、理解に苦しみます。雷さんも鳴ってないのに。

さすが、天下のアホワイマラナーです(13歳10か月になってもこの甘ったれぶり)。

さーて、明日は動物医療を書くぞー! ママはタビィのために頑張るぞー。



「PEUGEOT Cafe」 京都で期間限定オープン!
2008年09月05日 (金) | 編集 |
タビィは今朝もササミロールをぱくぱく食べまして、快調。
ただし、いま、けっこうハアハア息が荒い。やっぱりエアコンつけなきゃだめですか。
腹水が溜まって、肺を圧迫しているんだね。ただでさえ肺水腫になってるし、少し肺炎もあるのにね。腹水が溜まるのは、肺高血圧が抑制されていない証拠。バイアグラとベルナール、頑張ってよ~、効いてくれ~。また腹水のせいで腸管も圧迫しているんだろうか。だから下痢になる。頑張れ、タビィ。エアコンつけてやるね。

さて。先ほど、京都のプジョー知人からメールが来ました。元々プジョー・ジャポンの広報におられて、それはそれはうちの206SWもお世話になったTろうさま。今はご実家の家業のプジョー京都に戻られてます。Tろう様こと、はんなりプリンス様(命名はイイオカちゃん♪)は、フレンチブルちゃんといるんだよ。パチが病気になったときも今も、京都の空の下からいつもうちの犬を応援してくれてる方です。

ピクチャ 1

そのプジョー京都さんが、来週、期間限定でカフェをオープンするんですって!
-----------------------------------------------------------------------
【PEUGEOT Café】
期間:9月8日(月) ~ 9月12日(金)
場所:京都市北区上賀茂高縄手町75 クルーゼ神山1F
電話:075-702-3307(CAFE SALON)
-----------------------------------------------------------------------

いいなぁ、行きたいなぁ。
ちなみにTろう様に確認したところ、外にテーブルが2~3ありまして、そこなら犬連れOK!
 いいなぁ、京都、行きたいなぁ。

なんだか遊び心のある楽しい企画ですね。東京でもあるといいのに。そしたら絶対行く。
このブログを見ている方で、京都近郊の方、ぜひ私の分も楽しんできてください!
もちろん、プジョー車オーナー以外の人だって大丈夫ですよん。

詳細はこちら、プジョー京都さんのブログまで。


命のササミロール
2008年09月04日 (木) | 編集 |
こないだ軽井沢取材の晩、ぼにままから電話があり、ぼにままLOUNGEの仕事帰りに、手作りのササミロールをJちゃんと一緒にタビィに届けてくれた。タビィは当分ほとんど食べていないから、ウンチも4,5日出ていない。なんでもいいから食べてほしい。もう藁をもすがりたい気持ち。そのタイミングでササミロールがやってきた。

ササミの筋や皮をとってミキサーにかけて、それを伸ばして、キャベツやニンジンを巻いて、蒸したんだそうだ。手がかかってる~。

タビィ、ササミロールいかがですか? ぼにままの愛だよ。

3ぼに愛1

3ぼに愛4

バクリッ!

うわーい、食べた食べた!

3ぼに愛2

ネクスト プリーズですか? 美味しかったのね。鼻にササミついてるよ(笑)。

3ぼに愛3

真剣。食い意地大魔王、復活のまなざし。う、うれしい(涙)。

3ぼに愛6

これがササミロール(キャベツバージョン)です。やっぱり手間かけて作ったメニューは美味しいんだね。それか添加物とか少しでも肝臓に負担がかかるような物は本能で受け付けないのか? でも昨日今日は生肉もお刺身も食べないのに。やはり、愛がこもっているからなのか。
ぼにまま、Jちゃん、ほんとにありがとう。ありがとう。

3ぼに愛5

まだ欲しい? 欲しいと言われても、急にいっぱい食べると吐くかもよ。時間をおいてからにしようね。

そして5時間後、また第2段を与える。やはりよく食べる。可愛い笑顔でよく食べる。

3ぼに愛7

ああ、なんて可愛いんだ、タビィは。

ぼに愛あまり

可愛いけど、食べてないくせに大きくなってる。毛皮で見えないけど、きっとむくんでいるのかな。顔と体が斜めになってる。パチのときと似ている。呼吸が苦しいのかもしれない。

なんとか生きてよ。もう少し。

……そして食べ過ぎたか、もう胃腸や肝臓の消化吸収機能がダメなのか、翌日の夕方ぶばーんと下痢。オムツ決壊。ああ、栄養にならないで出ちゃった(涙)。

そのササミロールの晩から丸2日間、何も食べない。大丈夫? なんか食べてよぉ。水しか口に入れてないじゃない。
それで今夜、半泣きでぼにままに「明日でもあさってでもいいから作ってもらえませんか? あれなら食べるかもしれないから」とお願いの電話をしたら、あっさり快諾してくれて、また仕事帰りにさっき寄ってくれた。ササミロールは最近お店で出してる犬メニューなんだって。だから、今朝作ったヤツの残りをすぐ持って来てくれたの。

玄関先で久しぶりにタビィにも会ってもらった。そして、その場でササミロールを差し出してくれた。

食べた。ササミロールは、目をランラン輝かして、鼻でちょいと催促するくらいに欲しがった。おいおい、まさか、ワガママで食わず嫌いしてえり好みしているんじゃーないんですか、と思いたくなるほど、よく食べる。すごい、ササミロール。タビィの命綱だ。

でも、またぶばーんと水下痢すると脱水になるから、今度こそ小分けにしましょうね。
明日に残しておこうね。

ぼにまま、Jちゃん、本当にありがとうございます。食べる気力があれば、もう少し生きてくれそうです。

4腹水

いまのタビィ。腹水、かなり溜まってます。今週、増えてる。利尿剤、効いてないみたいだね。悲しい。それに昨日くらいから少しハアハアしているときがある。もうダメなのか。もうじき死んじゃうのか。

わからない。わからないけど、タビィ、もう少し頑張って。
涼しい秋になったら、またみんな誘ってバーベキューしに行こうよ。
もう一度、お外へ遊びに行こうよ。みんなで。



ちょっと夏休み気分(の取材)in軽井沢
2008年09月03日 (水) | 編集 |
2軽井沢

昨日、朝もはよから軽井沢取材へGO!
大宮から長野新幹線。しかし、びっくり、指定席も満席、自由席は通路もデッキも満杯!
えーっ、今日はもう9月でしょー、平日でしょー!?
熊谷などへ新幹線通勤の方もいるのかと思いきや、結局、軽井沢までは満席状態。立ちっぱなし。さすが、避暑地の王様・軽井沢。軽井沢の夏は9月なってもまだまだオン・シーズンなんですな。
もう軽井沢駅に着くまでの間に、かなりの体力を消耗してしまった私。
フリーライターは体が資本、
こういうときのために基礎体力つけとかないとだめですなー(笑)。

晴れてまいりました。
やっぱり涼しい。風が爽やか。
そして、こんなほのぼのした、しなの鉄道に乗り継いで、

2しなの鉄道

ちょっと夏休み気分になってきました。老犬ちゃんずは心配だな~と思いつつ、心はバカンス気分。

2信濃追分

郷愁を誘うこんな駅に降り立ち、

2桔梗

うわ~、桔梗の花だ~、なつかしい~、おばあちゃまのおうちによく咲いてたな~と思い出して、写真撮ったりなんかして。

いかん、いかん、今日は仕事だった(笑)。

……そして無事に2件取材をこなし、ロケ隊のみなさまと信州そばを食べて、ついでに帰り道に旧軽井沢の目抜き通りでジャム買って。すんごい人出でした。すごいねー、軽井沢。犬連れもいっぱいいたよ。なぜか目に付いたのは、スタンダード・プードル。わずかの間に3頭も見た。さすがおハイソな軽井沢、選ぶ犬もひと味違いますな。

帰る前にマチュに焦りながら連絡をとったら、タビィも無事だし、おしっこの粗相もなく部屋も無事という連絡を受け、ひと安心しつつ帰路へついた。マチュ、ごく普通に、犬のチェックをし、バドを散歩に連れ出し、タビィのオムツを替えてくれたらしい。私は、小4のあいつにできるのか、タビィのハアハアは大丈夫かと内心すごくハラハラしていたのだが、マチュはいたって普通。平常心で犬の世話をしてくれていた。物心ついたときから犬と暮らしているマチュは強い。さりげなく、当たり前に、犬の世話ができるのには感心した。こういう人が大人になったら、分離不安の犬をつくることが減る気がする。犬との歴史が長い欧米人のような犬との距離を保てる日本人を育てるためには、やっぱり子どものときから犬と暮らすのがベストだね。
犬は、特別な存在じゃなくて、普通にそばにいる存在に。
いやー、今回のマチュには親の方が1本とられた感じです。

そして、あつーい東京へ戻って来ちゃった(悲)。
軽井沢とは全然違いすぎる光景だ。ふぅ。
コンクリートと排気ガスに包まれて、新宿駅から歩いて帰った。

2新宿

私の束の間の避暑な1日は終了~(涙)。
さーて、今週はダッシュでこれらの原稿書きだー。頑張らねばねば。


ウホホの取材
2008年09月01日 (月) | 編集 |
今日は、ちょうど1年前の今日オープンしたペニンシュラ東京に取材に行ってきました。

1ペニンシュラ

おおぅ、ゴージャスです。さすが超高級ホテル。エントランスにはロールスロイスが停まってるよ~。
思ったよりロビーはこじんまりしてたけど、ホスピタリティはさすがでした。

1ペニンシュラ2

今度は仕事抜きで、アフタヌーンティーに来たいです。

さて、なんで犬ライターがこんな場違いなホテルにロケに来ているかといいますと、10月に『CREA Dog』が出るからです。ムックです。お洒落な愛犬家のみなさんお待ちかねですよね。乞うご期待♪

明日は早朝から軽井沢にロケに行ってきまーす。
タビィちゃんのオムツがパンパンになり決壊するのではないか、バドじーちゃんの膀胱がパンクしないか、非常に心配ではあるのですが、ママは出稼ぎに行ってきます。
マチュ、小学校終わったらダッシュで下校して、じーちゃんばーちゃんを頼むぞ。

かわいい