クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
めでたく運行!
2008年02月29日 (金) | 編集 |
乗り物好きなのか、ミーハーなのか、自分にとって待ち望みまくったラインのせいか、自分でもよくわかんないけど、本日2/29(富士急バスのふ・じ・きゅー語呂合わせ?)運行のハチ公バス(神宮前~千駄谷ライン)にさっそく乗って、神宮前&青山に打ち合わせに行った!

29バス


ほら、ハチ公、可愛いぞ!

29バス3


ここはチィん家バス停さ! ああ、便利便利。
20時半までなら、いつもの上総屋眞吉で飲める。平日なら、そういうルールを自分で作るのも悪くない(果たして約束を守れるかは不明)。

午前中はおばあさん、おじいちゃんが3人ほど乗ってました。
夕方は、12人定員号で、立っている人がいっぱい。繁盛しているのか(今まで交通手段がなく、必死に歩くか、チャリか、タクシーしかなかったもんね)、もしくは話題性に負けてうっかり乗っているのかわからないが、おばちゃんが多かった(笑)。乳母車のちびちゃん連れママもちらほら。区のコミュニティバスなだけに、おばあちゃんが、乳母車のお母さんに席を譲ったりしちゃって和やか。渋谷っていうと「都会~」「ギャルギャル~」と思いがちだけど、意外と住んでいる人は普通で、人情味あふれる街なんです。そういうのが気がつけるってのも、いいな、このバス。

これで青山のピーコックでお遣いできる。嬉しい。それでも大根は重かったが(笑)。
桃の節句用のお花も、青山で買えました。青山は大きなお花屋さんがあって好きです。

29桃の花


いけたのはマチュ先生です。
あ、ハチ公バスがあれば、生け花教室も一人で行かせることができるな~。

ハチ公バスのおかげで、ますますママ業の手抜きができそうな予感。うふ。



ハチ公バスの新路線
2008年02月27日 (水) | 編集 |
26ハチ公バス


雨がやっと少し小降りになったから、急いで夜中の散歩へ。
そしたらね、29日(金)からスタートする、渋谷区の「ハチ公バス」のバス停が、こっそり設置されてました! つい嬉しくてパパの携帯カメラでパチリ。

神宮前~千駄谷~参宮橋をつなぐこのバス。わが家にとっては、待望の夢のラインなのです。マチュ関連施設である小学校や学童館や小児科があり、マチュのお友達(兼ママ飲み友達)も多い。まさに白石家のテリトリー(チャリ・エリア)をがっつり網羅している。ほんと嬉しい。学童館がこの3月末で閉館なのが残念だが……もっと早くこのバスがあれば、自転車二人乗りを強行せずにすんだのにな。ま、これで登り坂の多い青山での打ち合わせもチャリで上らなくてすむし、仲良しの美容院の予約日が雨でも焦らなくてもよい。表参道ヒルズも(明治神宮を斜めに横断して)歩いて行かなくてよい。しかもどこまで乗っても100円。税金払った甲斐がちょっとある(笑)。

ただし、20時台で最終だから(区のコミュニティバスだから仕方ない)、飲んだあとには使えないけど(笑)、でもでも、十分ありがたいです。

青いハチ公バス、乗るのが楽しみ~♪(子どものようにおめでたい私。なぜこんなにワクワクしているのか自分でもよくわからんのだが、とにかく楽しみ)。

犬好きのみなさん、渋谷といったらハチ公、ハチ公といったら秋田犬……ではなくてこの春話題はハチ公バス。わが家への飲み会の往路にどうぞご利用ください(帰路はだめだよ、飲んだくれているから20時には帰さないさっ)。


カキパ2008
2008年02月24日 (日) | 編集 |
土曜日は白石家恒例・カキパ開催! 冬といえば、2月といえば、カ・キ・パ!
カキパって一般名詞じゃないのに、もうすっかりわが家とスイカ隊(マチュの保育園「スイカ組」友達)の間では固有名詞化してますね、「牡蠣パーティ」のことでございます。

23カキパ1


今年は、牡蠣の殻付き焼き40個!
ほらほら、熱いうちに召し上がれ!

23カキパ2


今年は、コック長・Bママが、ちゃきちゃきとお料理をしてくれた!
いろいろ手を変え品を変え~、むき身1500gは、どう料理しようかねと工夫してくれました。おかげで今年はバラエティーに富んだ牡蠣料理に! 
↑ これはムニエルのバター焼き! うんまーい! でも写真を撮らなきゃっ、と思ったときには、ハイエナたちにほぼ食い尽くされてます(笑)。ほかにも牡蠣のフリット、牡蠣と野菜炒め、Nみちゃん(小5)にじきじきに注文されて追加で牡蠣フライ(フリットじゃダメらしい。こだわりなのね、子どものくせに)も。だけど、すでに酔っぱらっているので、全然写真なし。撮る理性と脳みそなし。牡蠣といえば白ワイン。M輪ちゃん、シャブリをありがとう。
ああ、幸せとはこーいうことだ。

23カキパ3


チィのおうちのT一家も来てくれました。
チィが病に倒れなければ、チィもカキパに参加予定だったのに(涙)。
だけど「何かあったら参加できないけど(そんなこと考えることじたい運が悪くなりそうだから)とにかく参加するから!」と気丈に参加を表明してくれたM輪ちゃん。そうだよ、それくらいの気持ちで、負けない気で闘わなきゃね!
そして、みんなでチィの回復を祈って、ワインを飲み続けた。

T一がね、タビィをずっと撫で撫でしてくれていました。
T一の姉、牡蠣フライを食べたがったNみちゃんも、ふっと見たら、バドの隣りに座り込んで、ずっと撫で撫でしていた。
自分のおうちの犬がもう3週間も入院しているもんね。寂しいんだろうね。小さな胸の中で考えるところもいろいろあるだろうに。その姿にじ~んときました。T一もNみも、今回のことできっといろいろチィから命の大切さ、命の儚さ、命の尊さを学んでいるだろうね。早くチィが退院して、お家に帰ってこれるといいね。チィ、みんなが待っているから、頑張るんだよ、頑張ってほしい。

いろいろ心の中によぎるものはありますが、とにかく牡蠣は美味かった。今年も広島産(今回は宮島産でござる)の牡蠣を、牡蠣打ち場から直送してくれたお姉ちゃまに感謝です。 
1日経ちましたが、今日はノロウィルスには感染してないもよう(爆!!)
今回は、Bママとトールが敵のようにごしごしと牡蠣を大根おろしで洗ってくれてますし(笑)。
命知らずの強者どもが集合するカキパ、無事終了です(たぶん。もしも死亡者がいる場合は、来年の傾向と対策のために申告するように!)。


友達の犬が
2008年02月22日 (金) | 編集 |
仲良しの犬が、昨日、危篤になりました。
まだ2歳の若さの、トイプードル。あれほど元気いっぱいだったのに急に元気消失し、入院したら2,3日で元気になり退院したけど、点滴をしないとすぐにぐったりして、即入院……を繰り返し、3週間。

どうやら自己免疫性疾患の血液の病気で、重度の貧血になる病気らしい。珍しい病気で、原因も不明、治療法もわからないという難病。うちの犬は血液の病気は経験したことがない(そういえば内科にかかったことがない)。まだこんなに若いのに、死に至る病気があるなんて。ガンやボーダー・コリーのCL病は知っていたけど……。

でも、彼は昨日頑張りました。ママの祈りが神様に伝わりました。
今日も、いま彼は生きています。

免疫不全の病気っていうのは、難しい。治療法も確立されていないので、今後も楽観はできませんが、でもでも、どうしても頑張ってほしい。
私も調べますが、もしこのブログを読んでいる方で、血液の病気に関する知識や優秀な先生をご存知の方がいたら、ぜひ教えてください。コメント欄でも、左側にメール欄もあります。どうぞよろしくお願いします。


バドやタビィも、もうすっかり年寄りで、いつガンになるだろうとか、いつ心臓が壊れるだろう、と日々切ない気持ちになっていたけど、13歳になるまで一緒にいられたことは当たり前じゃないんだと、改めて思った。ある意味、この年齢になったら、死ぬのは当たり前だ。こんな高齢になるまで一緒にいられてむしろラッキーだと思うべきである。

2歳かそこらの若さで、死んでしまう病気もある。交通事故もある。
まさか、自分の犬が、そんな若さで夭折するとは、とても信じがたいことだ。
この辛さは、想像を絶する。

でも、遺伝性疾患としてわかっている病気なら淘汰するようブリーダーは務めるべきだけど、やっぱり生き物だから、死んでしまうような病気はゼロにはできない。人間は神様にはなれやしない。


今週は、仕事でいろいろへこんだり、急展開もあったり、
へこんだついでにどうせブルーな気持ちならこのままやっちゃいますかと確定申告の領収書整理を頑張って、昨日確定申告も済ませてきたけど(去年の教訓を生かし、今年は早めに提出)、そんな私の悩みなんて小さいもんだ。いま病気と闘っている彼と、そして泣いて見守る飼い主のMちゃんとその家族の気持ちを思うと、ほんとに、もう、なんと言ってよいか、言葉も見つからない。何もしてあげられない。祈ることしかできない。無力だ。

でも、チィ、頑張れ。頑張れ。頑張れ頑張れ頑張れ頑張れ頑張れ頑張れ頑張れ。
持ち前の気の強さで回復し、可愛い笑顔とぴょんぴょん飛びをまた見せてくれ。


理想と現実
2008年02月19日 (火) | 編集 |
昨日の夕方から、珍しくへこんでいます。
仕事の話で。でも私の場合、仕事=犬なので、ビジネスライクに全然割り切れず……。
私の大好きな「近所の姉御」にも、昨夜愛あるお叱り(愛のあるアドバイス。私の身を案じてのご指摘)を受け、ほんとごもっとも。私ってばバカちん。「すぐ人を信用しすぎ」。昔も、これで痛い目にあってるのにね。人間、「性善説」で見る癖は一生直せないんでしょうね。

犬グッズ店と、生体を扱う店(生体販売もショービジネスに近いトリミングも)は、似て非なるものなんですよね。わかっていたけど、改めて現実の厳しさを感じます。

理想は、はるかに遠い。
ただ、犬とハッピーに暮らせる日本にしたいだけなんだけどなぁ。
ライターはおとなしく原稿書きに専念していればいいんだろうけどなぁ。

19がんばれ


ね、タビィ。やっぱり私は間違っているのかな。


腫瘍マーカーの撮影
2008年02月17日 (日) | 編集 |
いつもの『愛犬の友』動物医療の連載のために、実際に「腫瘍マーカー」(少量の血液の検査で、ガンを早期発見できるテスト)のための採血がどれほど簡単であるかを見に&撮影しに、腫瘍マーカー事業を行ってるDNAラボさんと杉並犬猫病院(よい病院として人気が高いです)のご協力を得て、杉並犬猫病院のサテライト病院が中野にあるので、そちらへバドとタビィ連れで行ってきました。

17バド検診


↑ じーちゃん(13歳3ケ月)のくせに、全然病気をしないので、去年のワクチンぶりの検診のバドちん。緊張したら顔がおマヌケで可愛い。

17バド採血


↑ チューと採血。こんな写真、仕事ついでじゃないとなかなか撮らないから、珍しいのでアップしてみました(笑)。

17タビィ


↑ タビィちゃん、採血、ちょっと苦手らしい(笑)。注射を見ないようにそっぽを向くそぶり、人間の子どもみたいじゃん。

17コーギは難しい


↑ 足の短いコーギーは、採血するのはちょっと難しいらしいです。
小型犬も難しいだろうなぁ。そう考えると、獣医さんって、いろんなサイズの子の採血をせねばならず、血管の細い子もいるだろうし、人間よりも大変だね。

このガンのテスト結果は、1週間後くらいに出ます。
結果を聞くのが、ほんとはすごく怖いです。仕事じゃなかったら、ほんとはやりたくなかった、というのが本音です。もう2頭とも13歳ですからね。
でも、10歳以下とかの若い犬なら、こんなに簡単にガンの有無がわかるなら、早期治療、存命率アップのためにすごく有効だと思う。科学の進歩はすごい。
詳しい内容は『愛犬の友4月号』(3/25発売予定)にて。ガンに関心のある飼い主さん、ぜひ読んでみてください。

……、それよか、ショックなことが2つ。
ひとつめは、バドの体重が25.6kgだったこと。
10歳くらいまで35~36kgを誇る、立派なオスだったのに。涙。
筋肉が衰えて、年々、小さくなっている。
去年のワクチンのときには30kg近くあったはずなのに。悲しい。
最近、階段を抱っこで下ろすとき、なんだか軽々と持ち上げていたのは、自分が力持ちになったのかと思っていたが、そうじゃなかった、バドが痩せて小さくなっていたのだ。

そして、ふたつめは、心臓の雑音。
こちらも前回のワクチン時に、指摘はされていたものの、まだ薬を飲むほどではなく、様子見、ということになっていたが……。たしかにね、ヒュコンヒュコンとへんな音がするのは知っていた(私、そのために去年、聴診器買いました)。病院により「すぐ薬」「もう少し様子見」と診断の差はあるだろうけど……、まぁ心臓は年々悪化していくのが世の常。バドの心臓もだんだん壊れてきているに違いない。僧帽弁が壊れて(閉まりが悪くなり)、血が逆流しているらしい。(ちなみにタビィの心臓音はしっかりしていた。ガンにはなるが、心臓には毛が生えているらしい)。

心臓の薬って、飲み始めたら、死ぬまで飲むんです。もう治ることはない。
薬漬けにすることはよいことなのか。
薬がないと生きられないのか。
それって延命処置なの?
だって13歳の大型犬って、もうじき寿命でしょう。
筋肉だって、こんなに衰えてきている。
動けなくなって、寝たきりになって、
それでも、心臓だけは動いている、、、って状態は、いいことなんだろうか。
それって、犬は幸せなんだろうか。
バドはそれでも生きたいだろうか。
(甘えん坊のバドは、それでも私のそばにいたい、っていう気もするけど。涙&笑)

よく考えたいと思います。

でも、このままだったら、きっと暑い夏は越せない気がしてきた。
それはいやだ。もう少し、まだまだバドと一緒にいたい。


春はすぐそこ
2008年02月17日 (日) | 編集 |
16梅


週末、いいお天気でしたね。東京マラソン、今年は晴れてよかったですね。
うちの近所の公園では、梅がもうこんなに咲いてたよ。
河津桜はあとちょっとで咲きそう。
春がもうすぐやってくるね。

ちなみに、お花ものといえば、マチュの趣味。
小3(9歳)でありながら、彼女は盆栽や苔玉好き。
先日、お年玉をはたいて、どれにするか悩んで悩んで。こんな素敵な盆栽を購入。
渋すぎるぞ、小学3年生の趣味にしちゃ(笑)。

10:2盆栽


この愛称「コケちゃん」を買ったのは、去年の終わりに近所の裏通りにこっそりオープンした隆龍さん。それまでは三宿にあったそうです。

柔らかな物腰の素敵な男性がオーナーで、すごく植物を可愛がっている感じが滲み出てる。ショップカードとHPには「植物を消耗品と思っている方や育てる気持ちの無い方にはお売りいたしません。隆龍のしつらいと命ある植物に興味を持っていただいて、末永くパートナーのように可愛がっていただける方。そのような方を大切にしていきたいと思っております」とある。うんうん、賛同。植物も、ペットショップの犬猫も金魚なども、本来こうあるべきだよね、と、素直に感銘を受けました。

オーナーさんは、トイ・プードルを飼っているそうで、植物だけでなく、犬も大好きみたい。バドやタビィにも親切にしてくれます。こんなデカイ犬でも「寒いからどうぞ」と店内に招き入れてくれたり。恐縮です。盆栽、倒さないように厳重注意(笑)。

いやいや、こんな心温まる素敵なお店がご近所にできて嬉しいかぎりです。

10-2盆栽2


(追伸:マチュへ。いつのまにか毎日のお水やりをママにやらさないように! 隆龍のお兄さんとの約束をちゃんと守るんだぞ)


忠犬ハチ公の悩み
2008年02月15日 (金) | 編集 |
ビールが美味しくなれば元気な印♪ ノロちゃん完全復活です。
メール、コメントいただいたみなさま、ご心配おかけしました~。

ついでにノロちゃん以外の最近の体調管理上の悩みも暴露します。
ここんとこ(秋くらいから)オットが、毎日、平日は残業で終電。夜中の1時前に駅に到着します。そのときお迎えがてら、犬ちゃんずの散歩に行くのが最近の日課です。ま、その帰り道が、ほぼ唯一オットとお喋りできる(&本日のマチュの様子を教えてあげる)時間だし(最近土曜も会社行くし)、犬もね、パパが帰る姿を発見すると、ぱ~っと笑顔になるんですよ(とくにタビィ)。それが可愛くてね。オットもくたびれて帰ってきて、お迎えが来るのは嬉しかろう。

だいたいね「いつ帰ってくるのかな?」「バド、オシッコ行きたいかな」「まさか終電逃してタクシーとか徹夜だったら、散歩行かなくちゃ」「玄関の鍵が開いて犬が鳴くと、夜中だからご近所に悪いな」とか考えちゃうので、寝られないのだ。というわけで、忠犬ハチ公は見たくもないテレビなんか見て「帰るメール」を待っている。

そんで深夜に散歩に行く→1時半くらいに、彼の夜食をつまむ(だから太る。これも由々しき問題)→そのあと犬は夜ごはん→アホバドは満腹感がくるまでガサガサする。さっさと人間が寝室に行くとワンと吠えたりしてこれまた近所迷惑。なのでバドが丸くなるまで、リビングでまたくだらないお喋りしたりテレビ見たり→そういうわけで、ベットに入るのは毎日2時半とか3時。これがまたこの時間になるとすぐには寝付けなくて、さらに本とか読んじゃったりして……ああ、悪循環(ちなみにオットはとなりでとっくに爆睡)。

そうすっとですね、当然、私は朝、眠いわけです。そこで朝寝坊します。朝寝坊という言葉を超越した朝寝坊で、すでに昼近い。朝、活動しないというのは、自律神経的に非常によろしくないです(ついでに母としても、よろしくないです。マチュにお迎え等の業務連絡を伝えるためにちょっとは起きるけど、それでいいのか母親!?って感じ。洗濯物干すのはお昼になっちゃうし)。

ただ、午前中から仕事があったら残念ながら寝られません。気合いで活動します。そうすっとですね、夜8時くらいに、急激に睡魔に襲われる。そんで寝る。1時間くらいしたら何気なく起きて、また「帰るメール」を待つ。夜8~10時くらいに、いわゆる「昼寝」って感じ? どう考えても、リズム乱れてます。

いかんです、こんな生活。自律神経が乱れます。自律神経が乱れたら、精神的にもデブ的にもお肌的にも、さまざまな弊害が出てきます。いかんです。仕事の能率も下がるに決まってます。いかん!

しかし、改善策が見つけられません。
渋谷駅前で飼い主の帰りをひたすら待つハチ公の気持ちになりつつ、ヒトとして「これでは、いかん」と悶々としている最近の私です。

30ハチ公

(撮影:マチュ。学校で鳥取の小学校と文通していて「ハチ公の写真を送るんだ!」と勇んで撮影に日曜にパパと行ってました。後ろはサクラの木ですかね~)

あ、パパから「帰るメール」が今(11:47pm)きたよ。約40分後に、代々木駅に到着するよ。
バド、タビィ、ばど吉は、今日もハチ公になってお迎えに行くのだ。え~ん。
早く普通の人間に戻りたーい!
(闇にかーくれて生きる♪ 私はベムベラベロか。悲)



[READ MORE...]
ちょっくらノロウィルス感染
2008年02月13日 (水) | 編集 |
また、やっちまいました。牡蠣であたっちゃいました。
やっぱり酢ガキが原因? だって、マチュとオットは大丈夫だもん(Hさんは発症。ごめんね~)。新鮮でも、だめなときはだめなのは2枚貝の怖いところ。加熱すりゃいいんですけどね。

いやー、飲み過ぎにしちゃ、タイムラグがあったからおかしいなと思ったのよ。
厚生労働省HPによりますと「潜伏時間(感染してから発症するまでの時間)は24~48時間で、主な症状は、吐き気・おう吐・下痢・腹痛で,発熱は軽度」とあります。だからかぁ、翌朝は普通に元気だったのに、私は25時間後くらいに吐き気がしてきたよ。
それと熱。さらに日頃の行いの悪さが加算され、たぶん胃潰瘍の残骸との複合汚染で胃けいれん勃発。嘔吐や下痢は我慢できるけど、胃けいれん症状はツライ。寝られないし。ぐったり。(バドは感染してないのに毎日くったり↓)

のたれ寝


脱水症状にもなるし。でもお水飲むと吐くし。お家で点滴ができればいいのに。

でもね「通常、これらの症状が1~2日続いた後,特別な治療を必要とせずに治ります。後遺症もありません」とあります。

ま、私は牡蠣であたるのは、これで1回や2回じゃーありません。
5回か、6回、いやもっとかな(笑)。
死にそうに吐きまくる経験を何度もしていますが、
それでも私は、牡蠣を食べるのをやめません。
美味しいもん食べてんだから、文句はいえないよねー。
(って、ただ学習していないだけ? 犬以下?)

ま、幸い、1日でほぼ復活。今日は余波でのらりくらり過ごしてたけど。今夜は鳥粥食べた。もう明日からはお酒も飲めるでしょう。ただし家庭内感染には気をつけて。おトイレのタオルは完全別々に。手洗い激行!

次回のカキパも、臆せずに開催いたしますよー!(バカまっしぐら)


鼻ぺちゃ犬のお客様
2008年02月12日 (火) | 編集 |
土曜日のドッグランのあとの続きです。
あまりの寒さにお友達は早々に車で帰宅するのをあきらめ(誘ったのは私だけど)(飲酒運転は絶対ダメだからね)、車を代々木公園の駐車場に置いたまま、みんなでうちの車にぎゅーぎゅーに乗り込みました。大人3人、子ども1人、犬4頭です。

いらっしゃいませ~。
広島の姉からHさんのために、宮島産の牡蠣が先ほど到着しましたよ~♪ 金曜獲れたて、鮮度抜群、まだ活きてるよ~。

10牡蠣


まずは殻付き焼き。うまーい。レモンとか何もいらない。味が濃厚、海の塩味だけで十分!
そん次は、酢ガキ。うんまーい。これはお手製ポン酢でね。
そん次は、牡蠣フライ。マチュも、牡蠣にあたって怖くなってるトールもよく食べてた。
私とH女史は、食べるのと飲むのに忙しい。トールさん、いつのまにか揚げ物の腕もお上手になられて(笑)。オイスターバー・たび吉ですな。

その間、鼻ぺちゃのお客様も、すでにすっかりなじんでました。

10でにお


↑ フレンチのデニお。オス。緑内障で視力がほとんど落ちているので、階段も危険な白石家で気苦労が多いのではないかと心配していたけど、そんな心配をよそにリラックスしてくれていました。よかったぁ。ママのお膝でだらりーんと寝てばかり。ぶーぶー言いながら寝てるのが可愛い。

10コキ


↑ ボストン・テリアの小吉(愛称・コキ)。オス。まだ若いから、元気で、よく「釣れる」(爆!)。めちゃ可愛い。マチュ、もうコキにメロメロ。でもオスのくせにバドとも全然平気。フレンドリーないいボストンです。ボストンには興奮おさまらずタイプもいるけど、コキはほどよい感じで、よく遊ぶけど甘え方も中庸で、いい性格の子だった。いやー、鼻ぺちゃ犬、いいじゃないすか! 可愛いぞ~。うーん、ファンシャーが多い理由がわかった。

10また釣れた


↑ わらわらと、わが家のリビングに10キロ前後犬がいる図。
ドッグランで面会させているし、くたびれさせているから、バドとオス同士でもめ事も起きず、正解。マーキング癖もない子たちだったしね。バドはさっさと寝てたし。だけど、一応、まめちゃんだけはケージに入れて別室においていたの。そりゃ、普通犬は本能的に猫を襲いたくなるもんですから。でも数時間後、コキたちもだいぶわが家になじんだので、まめちゃん、ちょっとリリースしてみますか。

10遭遇


↑ コキ、未知との遭遇。
でも、あっぱれまめちゃん、まったく犬に動じず!!
コキが興奮して攻撃しても仕方ないなと思っていたのに、むしろコキの方がたじたじ。
さすがです、まめちゃん。あんたは、自分が猫だという自覚がなさすぎる(笑)。
そのあとは、まめちゃんも普通にリビングをうろうろしてました。
まめちゃんは、ボストン・テリアとほとんど同じサイズだったことに、私は少しクラクラしました。態度だけでなく、体もでかすぎる。

10マチュとこき


↑ ついにマチュ、おねむ。
すると、コキが遊び相手がいなくなったもんだから、心配する。

10遊ぼう


↑ 「もっと、遊ぼうよ。ほら、ぼーる」
ボールをマチュに持ってくるコキ。なんて可愛いの。

10就寝


東京、雪も積もって参りました。
もう泊まっていきなよ~。
と、いうわけで、床暖房の上でみんなで雑魚寝です。

朝、マチュは憧れの鼻ぺちゃ犬に囲まれて起きたそうです。目の前にコキの顔が。
「夢かと思った」と。

鼻ぺちゃ犬の魅力に感染してしまった白石家でございます。
Hさん、またご子息連れて遊びに来てね~。



雪のちらつくドッグランにて待つ
2008年02月10日 (日) | 編集 |
昨日は、某わが愛車のメーカー関係者で、このたび華麗に犬友達に昇格したHさんと遊ぶ日。雪のちらつく代々木公園にて待ち合わせ。

ちょー寒いぞ。マチュもバドも凍ってました。鼻水も凍りそう。

9サモエド


サモエドさんは、素敵な毛皮のコートを着ていて、さぞや暖かいことでしょう。サモエド・スマイルをふりまいて、はしゃいでました。
オットはあのスマイルが大好きで
「もう少しサイズが小さければ(毛の手入れも頑張れるから)サモエド、欲しいかも」
「じゃ、日本スピッツでよいんじゃない?」
「あのスマイルが好きなの」
と、いたくお気に入り。たしかに口角がキューと持ち上がった、満面の笑顔に見えるサモエド・スマイル、かなり魅力的です。正面から写真が撮れなくて残念ですが。

私がすげー可愛いと思ったのは、金髪の女性が連れていたラブラドードル。オーストラリアで盲導犬などの使役犬として近年犬種改良が始まったばかりの犬。温和で賢く物事に動じない適応力の高さを誇るラブラドールと、抜け毛が少なく(飼い主家族に)アレルギーも出にくい聡明なプードルを交配させて改良中。

9ラブラドードル


↑ これ、両方ともラブラドードルなんですって。私も初めて知ったけど、ラブラドール×スタンダード・プードルのスタンダード・サイズだけでなく、ラブラドール×おそらくミニチュア・プードルのミニチュア・サイズもいるそうです。

スタンダードは「むむ、あれは何犬だろう? スタンダード・プードルにしちゃ、体高低めだし、がっちりしてるな」という体型です。ミニチュアは「ミニチュア・プードルにしちゃ、やっぱり少しでかめで骨太だな」という感じ。気になるから、私はすぐに飼い主さんに話しかけちゃいます(笑)。

大きい方はスタンダードで、体重30キロ。小さめなのはミニチュアで、体重18キロって言ってたはず。飼い主さんの女性いはく、スタンダードはとてもよい子で飼いやすいそうですが、ミニチュアは苦笑いしていた(笑)。ニュアンスから感じるに、おそらくミニチュア・プードルの血が濃くて、遊び好き、イタズラ好きのはっちゃき娘みたいです。それはそれで可愛いよね、手強いだろうけど(笑)。
また毛質も「フリース」と「ウーリー」とあるそうです。ミニチュアがウーリーで、スタンダードがフリースだったので違いがよくわかりました。ウーリーの方が巻き毛が強く、手入れは大変だとのこと。

ここんとこ、代々木公園では、ラブラドードル、増えてます。私が会ったのは、この子たち入れて5頭目。みんな外人さんが連れてますね。オーストラリアから仕事で転勤してきて、オーストラリアから連れてきた、という家族にも会いました。オーストラリアやアメリカでは認知度が高まっているような感触です。フレンドリーで、快活で、トレーニング性能も高く(トレーニングするのに慣れている飼い主には)とても飼いやすそう。毛の手入れは大変だと思うけどね。またJKCはじめ、国際的な犬種団体ではまだ公認されていないので純血種とはいえないし、まだ発展途上で犬種が固定されていないから、いろいろなタイプが出ると思うので(先日会った子は、ジャックラッセルのラフ・ヘアーのような外観でしたし、少しびびりでした)、素人が手を出すのはまだオススメできないけど、個人的には好きな犬ですね。楽しそうです。しかも今日会った子の大きい方は、目の色が薄い茶色で、鼻も薄桃茶色。私の大好きな<人相悪い系>のお顔でした。すんごい可愛いかった~。よだれ。

さて、雪もちらつき始めました。
待ち合わせた本日のお客様は、フレンチブルとボストンテリアちゃん。
バドもお友達も寒がりツルピカ・スムースヘアちゃんずです。

さーさー、寒いから、早くお家に帰りましょうよ。
こんなに寒くちゃ、熱燗でも飲むしかないよっ(つづく)。

9雪が降ってきた



バドは徒然
2008年02月07日 (木) | 編集 |
7鼻


木曜日夜9時のテレビ「秘密のケンミンshow」が最近ツボの私とマチュです。今日は、北海道の四角くて茶色い「きびだんご」に驚いた。

なんだか今週は毎日お出かけで忙しい。毎日お出かけって、会社員の方なら当たり前ですが。私の場合は、毎日行く場所も仕事内容も違うせいか、脳みその切り替えが追いつかない今週。なんだか忙しい。原稿書く脳みそとは違う脳みそを使っているせいか、よけいに消耗したのかも。

なのにバドは、こんな感じで今日もお昼寝。羨ましいぜ。平和そうで可愛いぜ。

ちなみに「徒然」って辞書をひくと、
①することがなく、退屈なさま。手持ちぶさたの状態。
②ひとり物思いに沈み、しんみりとものさみしいこと。
とある。

老犬にはこのくらいの運動量と刺激でちょうどよい生活かもしれないが、健康な若い犬(ワイマラナーの場合は8、9歳まではパワー炸裂)にとっては、徒然な状態では物足りないに違いないと思う今日この頃。最近のバドを見ていると、そう感じる。

13歳でも毎日、雨でも雪でも、朝30分、夜40分は歩く。そして週末にはドッグランか、車でちょいお出かけくらいの生活はしている。昼間、おやつ入りコングで、食べ物探しゲームもやらせるようにしている。これで13歳のワイマラナー(バドの場合)は、ちょうどよく満たされている気がする。

……ってゆーことはですよ、若いときの毎日自転車5キロや8キロの散歩では足りなかった、という気がするんです。今ほどお昼寝してなかったもん。ま、今は老犬ですから寝る時間は多くて当然だけど、それにしても若いバドは始終がしゃがしゃ家の中でも動いている時間が多かったじゃん。

きっと日本人が思っている以上に、何倍も、犬って身体的な刺激&知的な刺激を欲しているのではないだろうか。先週今週と友人のトイプードル(ともにオス、2歳)を1日預かって一緒にいたんだけど、小型犬のトイプーですら、やる気まんまん、体力有り余り、って感じがした。若いって素晴らしい。反面、若いって、思っている以上にもっともっと遊んであげなくちゃいけないくらいパワーに満ちている気がしたよ。そのエネルギーを満たしてあげないと、犬はきっと問題行動を起こしちゃったり、ストレスを感じちゃったりするんだろうね。まぁ、人間の生活にあわせてくれる、よい子も多いけれど、ほんとはいろいろ我慢してくれているのかもしれない。

寝てばっかしのバドは、ずいぶん飼うのはラクになった。でも、寂しくもある。
若い犬を満たすのは実はかなり大変だ。でも、すごく楽しくもある。

さて、徒然なるままに書いておりますが、明日は早いぞ、明日は人間のガン治療の権威に会いに行くぞ。人間の医療と、獣医療の相互協力というか相互研究の様子を取材してきます。楽しみです。でも、いつも以上に朝早くの出発は、寂しん坊のバドじーちゃんが心配です。分離不安になるヒマを与えないくらい、体を疲れさせ、脳みそを疲れさせた方がいいんだよね、きっと。アホバドの場合は、母の心配は13歳の老犬になっても続くのであった(とほほ)。

イタグレちゃん無事保護!
2008年02月04日 (月) | 編集 |
本日の午後、イタグレちゃん、無事に見つかったそうです!
よかった、よかった、よかった!!!

この寒い中、華奢な体で8日間もほんとよく頑張りました。
犬も、飼い主さんも、心から安堵されていることでしょう。

今までの捜索日記を読み返してみました。ほんとたくさんの犬の知人が捜索やビラ配りをされていたそうです。犬を愛する気持ちって、すごい。こんなにもたくさんの人を動かすんだね。なんだか、いたく感銘を受けました。ニッポン人もまだまだいいとこいっぱいあるんだね。こういうハートウォーミングなニュースってテレビじゃやらないじゃない。怖い悲しいニュースばっか。でも、日本もまだまだ捨てたもんじゃないですよ。うん。

S りさんもお疲れ様。大田区に駆けつけてビラ配りや捜索、頑張ったんだよね。
飼い主はもちろん、イタグレ・ファンシャーの想いが天に届きましたね。ほんとすごい。けっこう奇跡的なことだと私は思います。無事で何より。よかった。みんなの「諦めない」気持ちに感動した。

アマート君、ほんとよかったね。今夜は自分の暖かいおうちで、いちばん安心する飼い主さんのもとで、ゆっくり休んでね。

bdf68c192db1c286d4a22dad6bb84b48.jpg


節分の雪
2008年02月03日 (日) | 編集 |
わーい、雪だ!
新宿パークタワーも雪で霞んでいる。

3雪


バドは寒いのは苦手。やや途方に暮れている(笑)。

3雪だ


タビィは、雪、大好き♪
(が、しかし、都会の舗装道路の上でシュリシュリするのもいかがなものかと。悲)

3雪だー!


そしてマチュは、近くの公園に、友達と雪遊びをしに行った。
寒いけど、やっぱり雪は楽しい。冬らしい冬って感じ。
今年はあと何回、雪遊びできるかな。

イタグレちゃん捜索願い!
2008年02月01日 (金) | 編集 |
bdf68c192db1c286d4a22dad6bb84b48.jpg


犬友達のイタグレちゃんちの実家(ブリーダーさんち。預かりもやってるみたい)から、イタグレちゃんが失踪してしまったそうです!

とても臆病な子で、ほかの人に「迷子になったの~、助けて~」といえるタイプじゃないらしい。交通事故にあわないよう、隠れていてくれればいいのですが……。

迷子になったのは、1月27日(日)正午頃、
場所は、大田区中馬込です。
ちなみにオーナーさんちは板橋区。帰巣本能で、イタグレちゃんも都内を横断しようとするだろうか……。

ともかく、都内で(ああ、大田区だから、川崎や横浜方面に行く可能性だってあるね)このブログを見てくださっているみなさん、もし痩せっぽちの猫のように華奢で、かよわい、イタリアングレーハウンドを見かけたら、ぜひご一報を!
詳細は、私の友人のブログへGO!
ご協力お願いいたします。