クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
またしてもフラットくんレスキュー願い
2007年08月31日 (金) | 編集 |
8月も終わりますね~。
マチュは昨日から新学期。ようやく私もマイペースでお仕事ができます。う、うれしい。

さて。先日、このブログでお願いしていた川崎で保護されたフラットくん。愛護団体を通じて里親を探すことになったそうで、無事(?)里親探しは終了となったそうです。いろいろな方がブログでリンクしてくださったようで、フラットくんに代わり、御礼申し上げます。ありがとう。迷子か捨てられたのかわからないけど(悲)、素敵な第2の人生をスタートされることを祈ります。

そのお知らせがあったフラットとミックスと暮らしているチャコナツ家のブログに、またもやフラットくんのレスキューのお知らせが。うーん、またフラットか。なぜフラットが。という気持ちでいっぱいです。

フラット飼い主さんが(リトリーバー飼い主特有の)人のいい飼い主ばかりで(なんだかリトリーバー好きな人は、飼い主もフレンドリーで博愛主義者で親切な方が多い気がします)、ネットワークが速いということも理由のひとつでしょう。フラットがとくに飼いにくい犬種でないことは、私が断言します。ワイマラナーの比べ(苦笑)、はるかに気のいい、我慢強い、朗らかな犬です。そもそもリトリーバーの仲間は、ラブでもゴールデンでもフラットでも、もちろん犬種や血統の違いなどで多少のハイパーさに違いはあれど、基本的に攻撃性も少なく、素直で、健気で、神経質じゃなくて、フレンドリーないい犬です。だから、世界中で愛され、人気の高い犬種なのです。誰とでも仲良しになりたがるから番犬が欲しい人には不向きだけど(笑)、私は、小さなお子さんのいる家庭には小型愛玩犬よりもむしろリトリーバーをオススメするくらい。いま双子の小学生と黒ラブがハッピーにやっている友達んちもあります。

でも、やはり大型犬ですから力もあるし(当たり前)、ごはんだって小型犬よりは食べるから食費とかもそれなりにかかるし(当たり前)、鳥猟犬ですから運動量も多いし(当たり前)、毛も長いから室内では抜け毛もあるだろうし(当たり前)、覚悟なしに飼っていいはずありません。勉強もせずに飼ってはいけないのは、どの犬種も同じですけど。10年15年、共に暮らす覚悟もない奴に、犬を家族に迎える資格はありません。

今回の黒フラット・バディくんは、とんでもないバカ飼い主に、飼育放棄されたケースです。いきさつを読むと、怒り、呆れ、「こんな飼い主、まだおるんかいっ」と、言いたくなる、ひどい話です。でも、こういう覚悟も責任感もない奴が、うっかり犬を飼い始めてしまう原因のひとつは、マスコミのせいもあります。私も、そのマスコミのはしくれです。私にも責任があります。

なので、こういうのも何だけど、こういうツライ話を聞くたびに、初心に戻って原稿を書かねば、と思う次第です。

とにかく、フラットのバディくんに、幸あれ。
フラットは、どんなにバカな飼い主でも、人間好きをやめない犬です。痛々しいほどに、いいヤツです。
ほんとに、犬は、飼い主を選べない。(選んだのは、飼い主のくせに)。
だけど、犬は、人間を憎まない。
涙がでそうになりました。
ほんとにもう、人間って奴は。

20070829191321.jpg


詳しくは、チャコナツ家ブログまで。左上にバディくんの里親募集が載ってます。

うーん、明日は、楽しい話題を書くぞ。




追伸:nちゃんブログにあった、迷子のアフガンのココちゃん、新しい飼い主さん見つかったかな。アフガンちゃんにも幸あれ。

追伸2:本日のこのブログもリンクフリー! みなさまのサポート、よろしくお願いいたします。



雷だ!大雨だ!(LIVE)
2007年08月28日 (火) | 編集 |
ただいま渋谷区、久しぶりの大雨です! 雷、すごいです!

20070828202637.jpg


元来、雷の大嫌いなタビィちゃん、ビクビクで(この耳と表情に注目!)、ママのそばから離れません。そして、目の前のビルの避雷針にバリバリドッシャーンと雷が落ちたら、珍しくバドまでテーブルの下にもぐり込んできた。年寄りになると、不安が強くなるってほんとだね。

まめちゃんはどうかというと ↓
20070828202957.jpg


急いでおかま猫と化し、窓からお外を眺めていますっ。
ピカッ

20070828203126.jpg


ほら、窓の外が、閃光で昼間みたいに明るくなった。
まめもマチュも(私も)実はワクワクしてる。左の窓ガラスにマチュの笑顔がしっかり映ってます(オバケ写真じゃーないよ)。ま、まめはワクワクなんだかどうだか知らないけど。猫って好奇心強いよね(まめだけか? 雷嫌いな犬は多いけど、雷嫌いな猫もいるんだろうか?)

とりあえず、これでプランターの植物たちが生き返る。それに涼しくなった。嬉しい。だけど、オットは今朝、駅まで自転車で行ったらしい。今夜は雨だよ~と言ったのに。このジャンジャン降りの中、チャリで走るのか。お気の毒さま。

あ! というか、まだ犬の散歩行ってなかったっ! どうしよう!



たまには犬仕事の話
2007年08月28日 (火) | 編集 |
炎天下の中取材に行っただの、すんごく楽し~取材だっただの、〆切でぴーぴーしてるだの、と書くわりに、犬ライターのくせに成果物の報告が最近とんとなかったので、たまにはしましょう。ほんとはね、パチが死んだ頃、チャコナツ家に紹介していただいたフラット2頭さんちの素敵なバラのお宅訪問記事とかね、写真も中味もスッテキ~な記事も掲載されたんだけど、あの頃は頭が真っ白だったからね、報告できなくてすいませんでした。

20070828150731.jpg


20070828154023.jpg


いつも連載させてもらってる『愛犬の友』9月号(8/25発売号)では、以前ブログにも書きましたターミナルケア(終末医療)の記事が掲載されてます。パチが死んだ翌日に、取材に出かけて、パチと似たような鈍い咳をする黒いミックスちゃんがホスピスにいました。あの記事です。重たいテーマではありますが、日本が世界でも類を見ない「犬のためにホスピス」を先駆けてオープンしたというのは興味深い話だと思います。外国のメディアもちょうどロケに来てました。

それとJKC(ジャパンケネルクラブ)の会報誌『Gazette』9月号(会員のみなさまにはもうお手元に届いているはず)では、9月1日の防災の日にちなんで、「災害発生!愛犬を守るためにやっておきたいこと」の特集を任せてもらえました。書いてる最中に大きな台風が来たり、新潟県中越沖地震が起きたりと、本当に書きながら「明日は我が身」と真剣になりました。ほんとね、うちみたいな多頭飼育、万が一というときは事態は深刻です。大型犬もいるし、しかも老犬だし。それにね、単身で犬を飼っている人ももちろん心配だろうけど、家族がいたって、地震はいつ起きるかわからない。オットが会社に行っている時間、私も取材に行ってる時間という可能性もあるわけで。マチュと犬と猫だけ留守番中、という時間帯だってある。となると、私が助け出さねばならない命は、犬2,猫1,娘1。両手でも足りない。つまり災害発生時の時間帯で、そして災害の規模によって、シチュエーションはさまざま。1コのマニュアルで対応できるわけがない。だけどそこであきらめるわけにもいかない。少しでもいろんなケースをシュミレーションして、心の準備やフードなどの準備はしておいた方がいい。人間の命は(生きていたら)、税金で守ってもらえる。でも犬は、後回し。それは犬を飼っていない人もいるから税金の公平性という点で、当然でもあると聞き、納得はした。だからやっぱり大事なのは「自助」。そして、犬好きのコミュニティで協力し合う「共助」。まぁ、いつかはイギリスやアメリカのように愛護の法律が強くなれば「公助」でヘルプしてもらえる日も来るかもしれないけど、日本はまだまだだって。善意のフードメーカー団体や獣医師会、NPOなどがサポートしてくれるのを「当たり前」とは思わないで感謝しないといけないなと思いました。

ともあれ、災害の準備として私が知っててほしいポイントは3つ!

(1)犬猫のフードと水は3日分は確保。
→道路の寸断状況にもよるが、おおよそ2~3日後には善意のフードが届くとのこと。

(2)持病などのお薬が必要な子は1週間分キープ。
→医薬品はすぐ手に入りません。

(3)マイクロチップはオススメ!
→災害時には救援本部が設置されますが、今の日本ではそこには必ずマイクロチップ・リーダー<読み取り機>が用意されるそうです。と、いうことは、災害周辺部で迷子になった犬猫が捕獲されたら、きっと必ずマイクロチップが入っているかはチェックしてくれるってこと。チップには飼い主の住所や氏名などの情報が入っているから、再会できる確率がかなりアップする! だけど猫は迷い猫なのか半野良猫か判別が難しいうえ、捕まらないことが多いから確率は下がる。

ちなみに災害時にかかわらず、東京都の動物保護管理センターには、今はマイクロチップ・リーダーが設置されてるって。だからもしも迷子になって、あわやガス室送りになる前に、必ず(たぶん)リーダーを当ててくれる。そしたら処分されずにすむ。うちも、この老犬連中に今さら入れるべきかは検討中だけど、次に子犬が来たら、私は迷わずマイクロチップを入れるつもりです。
ただし問題点は、都内から県境を越えて、埼玉県や神奈川県や千葉県で捕獲されたとき……。そこにはまだすべての保健所にリーダーは設置されていないらしい。早く全国のすべての動物保護管理センターや保健所に設置してもらいたいものです。もっと欲をいえば、各警察署にもあるとベスト。そうしたら近所にいるうちに連絡がもらえる(=発見が早い)。迷子の犬は通報により、おまわりさんのところがまず預かるケースが多い。そんで持ち主から連絡がなければだいたい翌日か翌々日に、保健所に移動となる。警察にいる間のフードなどは、どうやら人のいいおまわりさんが自腹を切ってポケットマネーから出してくれてると聞いた。だから警察に置いてもらえる期間も、バラバラなんだと思う。予算も規定もないからね。私はネズミ捕りのオマワリは嫌いだけど(笑)、中にはとっても心優しいおまわりさんもいるんだと迷子犬を探し回ったときに思いました。

犬仕事の話が、災害対策話になっちゃったけど(笑)、とにかく9月1日は防災の日。せめてこういうときくらい、たまには真面目に考えてみるのも悪くないかな。


穴蔵で昼寝
2007年08月27日 (月) | 編集 |
まだまだ毎日暑いです。
今年は夕立も全然降らない。金曜夜にはオットの会社のある中央区はどしゃぶりになったようだけど、渋谷区はとんと降らない。都内でもこんなに差があるとはね。中央区まで頑張れば自転車で30分ちょいで行ける距離なのになぁ。

そして最近、バドちんは、おしゃれにいうとカーブ(ワイン地下貯蔵庫のこと)のような、普通にいうと暗くて湿気も多めなわが家の1階奥の納戸のような人間の寝室で、昼寝をすることが多くなりました。日当たり悪いから、けっこう午後でもヒンヤリしてるの。

20070827132511.jpg


バドは長時間エアコンがダメみたい(軟弱なヤツ)。
だけど、今年の夏は、年齢もあり、ハアハアが例年よりも多い。心臓が弱まっているのだろうね。老犬だなぁ、と感じて、切ない。タビィもやっぱり去年よりもしんどそう。

といいつつも、昨日また昼間に代々木公園のドッグランへ。
タビィは行き帰りはパパの自転車のカゴだけど、バドは私と歩き。年取ってんのに、飼い主が厳しすぎ? でも、たまには昼間にお日様の光を浴びないと。昼夜逆転しちゃうから。

それと、いつか来るべき日に備えて、バドとタビィが別々で行動する時間を作っていこうと思っているの。どっちかに先立たれたあとに、すぐに後を追うように2頭目が死んじゃうケースが多いそうなので。いつもセットで散歩ではなく、単独で行動する時間も作っていくことも大事らしい。1匹でも生活できるようにしておかないとね。

そんで、玄関でたら、オット&マチュと「じゃー、あとでね」と分かれ、別方向へ出発。なぜ犬の散歩なのに、別行動?と思われそうな夫婦仲悪そうな感じにも見えるが(笑)、ま、これもトレーニングの一環。
でもバドはやっぱり10分も歩かぬうちに“あの~、タビィもいないのにこんなに遠くに来るのも何なので帰りましょう”と言わんばかりに、くるりとUターンして帰ろうとした。初めは「暑いからイヤなのかな?」とも思ったけど、でも違うな、タビィと一緒ならこないだ同じ道の先のオリンピックセンターまで昼間にマチュをお迎えに歩いたときは、全然そんな素振りしなかったもん。やっぱり、もしもタビィが先に死んだら、バドはダメになっちゃうタイプに違いない。今後も練習を繰り返さないと。

かたやタビィちゃんは、バドなしでも全然問題なく、楽しく自転車で移動していたようです。さすがコーギー、しっかり者。しかもメスの方がしっかりしてんのよね、犬も人間の子どもも(人間の大人もかな。笑)。

20070827134134.jpg


そんでもってバドは、猫でもいいから、そばにいてほしいらしい。

20070827134156.jpg


こんなに暑いのに、そんなにひっついて寝なくても……。


あのフラットくん、里親募集中
2007年08月26日 (日) | 編集 |
先日、このブログでも飼い主さん探しの情報をお願いしたあの黒フラットくん、残念ながら未だ情報ないらしく、もう3週間を超えてしまい、里親募集に切り替えたそうです。飼い主さん、迷子になっても警察にも保健所にもどこにも連絡してないなんて……初めて犬を飼うからパニックになっているのか、それとも、飼育放棄なのか……わからないけど、預かってくれている方も先住犬がいたり、先住猫がいたりと、いろいろ事情がありますからね。断腸の思いでの、いたしかたない作戦変更だと思います。

すでに1件、お申し出があったようですが(よかった!)慎重に譲渡先を選ぶという趣旨から1週間、里親募集をするそうです。
みなさま、ご協力をお願いいたします。
詳しくは、チャコナツ家のブログの左上の、黒フラットくんの写真をクリックしてね!

20070822130304.jpg


小学生はいいな
2007年08月23日 (木) | 編集 |
娘の夏休みも1週間を切りました。この近所の小学校は、夏休みは29日までなの。早く学校行ってくれた方が、仕事しやすいんだけど、ま、たまには娘の相手をする月間もあった方がよいに決まっているから、母は適当に頑張ってます。
今日は縦笛(今どきは「リコーダー」と言わないと通じない。子どものくせに、英語化もどうかと)の猛特訓をしました。あんなに吹けない子がいるとは。ママはトホホになりましたよ。まぁ、私も体育はできるが、音楽は音符や楽器の才能ゼロだったから、これも血統でしょうか(つまり私のせい?)

マチュはのびのびと夏休みを満喫中。月曜日は銚子沖でスナメリクジラのウオッチングボートに乗って、スナメリさんの50~60頭の群れを観察できたって。よかった、よかった。昨日今日明日は新体操の集中レッスンにも行ってるけど、小3にもなると意外に体力があり、昼寝もしないで普通に生活している。小学生は、1~2歳の若犬と一緒でやたら体力有り余ってる(笑)。

20070823235648.jpg


そして楽しそうに「cars」の映画を見てた。なぜかプジョーのライオンちゃんも隣りにちゃんといるのが可愛い。「cars」、初めて見たけどおもしろかった。車好き&新婚旅行(という名の大家族旅行)でカリフォルニア~ネバダをレンタカーで爆走した私としてはなんだか思い出深い景色でよけいに好き♪ さすがピクサーだ。

もうすぐ「TAXI 4」も公開だね。今からS 石家、やる気まんまんですよ。
(あ、初めて、文字だけクリックすればよい作戦ができた! きゃっ。嬉しい。アナログな私だけど、お許しを!)



迷子のフラットくん情報求む!
2007年08月22日 (水) | 編集 |
フラットコーテッド・リトリーバー(黒・オス)が、
8月8日の午後9時頃、川崎市多摩区長沢小学校の正門付近で保護されたそうです。

20070822130304.jpg


ちなみにフラットコーテッド・リトリーバーとは、ラブラドール・リトリーバーとサイズや骨格はだいたい似ていて(ラブよりもお顔が細いけど)、ああいう大型犬で、そしてラブは短毛種ですが、フラットは長毛種です。黒いゴールデン・リトリーバーだと思えば、イメージしやすいかもしれません(ゴールデンは、茶色やクリーム色や赤茶色ですが、黒はいません)。

川崎市多摩区で保護されたそうです。このブログを見ている人の中に川崎付近にお知り合いのいる方、近所で必死に愛犬を探している方をご存知だったら、ぜひ教えてください。また夏休みで、もしや川崎方面に帰省された飼い主さんとともにたまたま遊びに来ていた……など、普段は川崎在住のフラットくんではないかもしれません。全国で「黒のオスのフラットを探している」という情報があったら、ぜひお知らせください。

川崎市多摩区長沢って登戸と新百合ヶ丘とたまプラーザの中間付近。日本一犬の人口密度が高いともいわれる青葉区にもほぼ隣接しています。ちょっと離れているけど多摩川を越えれば東京都の狛江市や調布市や稲毛市です。元はガンドッグのフラットですから、本気を出せばこれくらいの距離の移動は難しくはないはずです。

その他の詳細は、このブログにもコメントをくれる私の犬友達、チャコナツ家のブログをご参照ください。

今日23日が、仮預かりのおうちの期限だそうです。情報遅くなりましたが、引き続き今後も情報あればご一報ください。
そして今日の私のブログはリンクフリーです。どんどん犬友達に広めていただけると幸いです。

とてもよい子らしいです。そんなよい子を捨てるわけはない(と、信じたい)。フラットは若いときはハチャハチャに元気だけど、だんだん落ち着いてきて素敵な家族になれる犬だから、捨てたわけはないと思う。きっと、何かのきっかけではぐれてしまったのだと思う。きっと飼い主さんは日々心を痛めて必死に探していると思う。

どうかフラットくんと飼い主さんが無事に再会できますように!!

追伸:機械音痴なワタクシ、なんとか写真の貼り付けには(初めて)成功しましたが、なぜかチャコナツブログアドレス以降の文字が色つきになっちゃった。でも修正できない(涙)。読みづらくてごめんなさい。

ウシちゃん(仮名)
2007年08月20日 (月) | 編集 |
お盆明けです、みんな働いてますか~。私も働いてますよ~。今日も東京は残暑厳しいよぉ。

さて。先週末からわが家で持ちきりの話を。
20070820171614.jpg

えーっと、決して、自慢の愛車と、不自慢の日本一の狭小車庫の話題ではありません。
よく見てください、プジオの屋根の上を。

20070820171733.jpg


ほら、ウシちゃんです。
って、うちの子じゃないよ、ウシちゃん(仮名)です。

20070820173040.jpg


こないだの灼熱バーベキューの日、おとなりMりんからメールが来て「かわいい猫ちゃんがS石家のガレージで寝ていますので、車でお帰りの際にはお気をつけください」とご丁寧なメールが。ありがとね、いつも。そんで、どんな子が寝てたのかな~と思っていたわけ。

そしたら翌日の夜、家族団らんでビデオ見てたら、ガガッと窓から異音が。オットが急いで見たら「あ、まめのやつ!! ついに網戸開けて出て行った!!」と、叫んだ。
え!? 「まめちゃん、私のひざの上にいるよ」と言うと……
よく見ると、おとなりお寺さん側の物置の上にウシ柄の猫ちゃんが。
車庫だけでなく家も狭小のわが家、お隣との距離もわずか40センチかそこら。
どうやら、ウシちゃん、外から網戸を開けて、わが家に侵入しようとしたらしい!

なんて健気な。なんて無謀な。(猫キラーのバドがいるってのに)

それにしてもジャンプして、網戸を外側から10センチも開けるなんて、すごい技だ。
お外が暑すぎて、なんとかしたかったのか。
それともいつもエサをくれる人が、お盆休みでいないのか。
事情はよくわからないが、その健気さに胸を打たれた。
大人でも胸を打たれてしまうのだから、マチュがもっとそうなるのは無理もない。
「中に入れてあげようよ。おなかすいているんだよ。まめちゃんのごはんをあげようよ」

うーむ、しかし、外猫を中に入れるのは、感染症的にやばい。バドもやばい。
避妊去勢していない外猫に、無責任にエサを与えるのも、この都会ではよろしくない。葛藤はあるが、いやしかし、私も一応こんな職業、可愛い可愛いだけで無責任な行動はよくない。
かといって、外の世界を覚えた猫を完全室内飼育にさせるのは難しい。そのうえ網戸開けの達人だ。自分がお出かけの際に、まめちゃんまで脱走させてしまうに違いない。
瞬時にいろいろなことを考え、マチュに説明した。

でも、それから毎日、ウシちゃんは、わが家の車庫かお寺さん側の窓の外で寝ている。写真を撮っても、犬の散歩に出かけても帰っても、薄目を開けたまま穏やかにお休みになっている。
今も、植木に水やりしに行ったら、またプジオの上で寝ていた。
エサはあげられないけど、家の前の道路に打ち水をした。少しはウシちゃんに涼しい風がいくかもしれない。

ウシちゃん、うちのこと気に入ってくれたのは嬉しいけど……。

ウシちゃん(仮名)のことが、朝も夕方も夜も、気になって気になってしょーがない私とオットとマチュです。
神宮花火も最高よん
2007年08月18日 (土) | 編集 |
えーっ、本日、ようやく東京、30℃以下になりました。
エアコンなしで過ごせるこの幸せ。エアコンで寝ると、喉痛いし、なんかだるいんだよね。バドも自然の風の方がいいみたい。それにしても私、ついに4週間も、雨を見ておりません。植木鉢もカラカラです。大丈夫か、東京。大丈夫か、地球! たぶん大丈夫じゃないね、STOP温暖化だよ、ほんとに。老犬はいるけど、なるべく節電、なるべく省エネ。みなさんもよろしくお願いします。エアコンのない国やジャングルや海の生態系では、もっと大変なことになってますから。

今週は、13日炎天下にお出かけし取材→14日原稿書き→15日埼玉県の長瀞近くの「かわせみ河原」で犬友達と灼熱バーベキュー(39℃くらいだったらしい)→16日昼間原稿書いてから、チイタロウんちの屋上で神宮花火観賞→17日脱水症状になりかかりながら取材→18日超久しぶりに涼しい東京、、、という遊びと仕事のサンドイッチの1週間を過ごしておりました。

15日のバーベキュー、すんごく暑かった。嬉しさ余って(3時間半しか寝てないのに)朝5時に出発し(&お盆ラッシュにかかると暑くて犬が心配なので)、6時半過ぎには河原に到着。朝から(そうねぇ日除けテントを設営した9時半か10時くらいからでしょうか)夜まで飲み過ぎた。これで友達失ったらどうしようかと(家に帰って)また猛省。自分の家族やチームと帰宅せずに居残りして、カメラのK林さんに送ってもらっちゃったりして、ほんとダメな私。マチュにも「ママは酔っぱらいでダメダメだった」とご指摘を受けた。しかし、ワイマラナーがうちのを入れて5頭もいて、それはそれは幸せな時間だったのよ。やっぱね~、ワイマラナーは最高に可愛いね~、とくにオス(ジークのことさ)はね~、戦車みたいに川の中をザブザブ入ってたね~、何度もね~、よく飽きないね~、さすがパワーを漏電してばっかのワイマラナーだね~。「やっぱオスのワイマラナーは最高に可愛い」と、つぶやいたら、B ママやK林さんに失笑されてたけどね~、ほんと見ていて飽きないんだよね~。バカだね~私。お友達をお待たせしちゃってね~大人げないよね~、私。でも、よったんの肥満細胞種の治療についての私の老婆心ながらも想いを伝えられたのは、よかった。nちゃん、口うるさい犬友達でごめんよ。でも、私、よったんが少しでも長生きして、QOLのいい、質の高い10代を送ってくれることを本気で心から祈ってるよ。タビィがなんとかなったからね、よったんも乗り越えて欲しい。

このBBQの模様は、カメラ忘れるわ、飲んだくれるわゆえ、写真なし。
ジークん家やよったん家のブログをご参照くださいませ。
http://velvettails.blog114.fc2.com/
http://inumarunouveau.blog.shinobi.jp/

そして16日は、例年どおり神宮前のチィタん家の屋上にお招きいただき、元保育園飲んだくれチームとともに神宮花火観賞~♪
20070818140527.jpg

ビルの立ち並ぶ町中で上がる花火。それこそ神宮花火のおもしろさ。大玉は上がらないけど、音がね、ビルたちに反響して、エコーがかかったみたいになって、これまた素敵なのだ!

だけどね、今年はフィナーレがよくわかんなくて、まだ続きがあると信じていたのに、もう後の祭りになっていたようだ。くすん。ああ、なんて花火って刹那的なの。
20070818141614.jpg

(↑ 屋上から神宮球場を眺める。いつのまにか花火は終わったらしい)

と、いうわけで、今年の花火は終了~。
今度、秋田の花火に行ってみたいという新たな野望がうまれた今年の夏。計画せねば。
花火(とバーベキュー)が終わると、もう夏休みが終わったような裏悲しい気持ちになるのは、私だけかしら。

パチ四十九日
2007年08月14日 (火) | 編集 |
パチが死んで、ほぼ四十九日を迎えました。
私は無宗教なのでアバウトだし、神社にもお寺にも教会にもお祈りを捧げてしまうタイプなので、きちんとした法要をするわけではないですが、「仏教だったら、パチは、ようやくあちらの世界にたどり着いたのだな」と思い、またしんみりしたくなりました。

パチがいなくなって、犬2頭の生活にも慣れてきました。
「今年13歳になる残された2頭にまで何かあったらどうしよう」という不安も、まだあるけれど、当時のように焦ってどうにかしようというのではなく、落ち着いて考えられるようになってきました。
パチがいない海水浴は未だにパチの面影を思い出して寂しいけれど……。

時間の経過とともに、パチのことを忘れるのではなく、
私たちの可愛いパチが心の深い方に沈澱していく、今はそんな感じです。
こんな文章を書いてたら、やっぱりまた泣けてくるけど(笑)。

20070814121336.jpg


こないだ広島に帰ったとき、わが家のルールにのっとり、瀬戸内海へ散骨しようと思ったけど、「まだお別れはつらいから、年末まで、パチをもう少しおうちにおいておこう」と家族会議で決まりました。パチのお骨は、まだリビングの(万が一でも猫や犬に倒されない)キャビネットの上にあり、そこから私たちを見下ろしています。

先週、シンガポールから一時帰国している犬友達と、代々木公園で会いました。
そのとき、こんな素敵なパチを贈ってくれました。

20070814121753.jpg


ちゃんと耳が垂れてる(笑)。オーダーメードしてくれたんだって。
つぶらな、邪気のない瞳がパチっぽい。
受け取ったとき、泣きそうになりつつも、心がほんわりしました。
Y子さん、ありがとう。
おまけの、サンタクマさんも可愛いよ。

パチ、今年の夏は、下界はすごく暑いんだよ。
そっちはどう?


花火命
2007年08月13日 (月) | 編集 |
土曜日、東京湾華火大会、栄光の入場券のある人のみが入れる晴海会場に、今年も行ってきました~。今年も例年同様、Tちゃん&yちゃんコンビが素晴らしき場所をゲットしてくれて、S石家3名とそのお友達・ファンキーな江戸っ子M子ちゃんとで、感動&お騒がせな幸せな時間を過ごして参りました。

20070813221717.jpg


東京湾では19時にスタート。まだ東京は明るい(広島はもっと明るいから20時スタートだった)。そのうえ広島湾の花火に比べ、ビルやレインボーブリッジがキラキラとライトアップされている。大都市の花火大会だね~っ。「月と花火を愛でる」広島の花火と趣は違うが、東京は東京で未来チックで素敵。

でもここ最近の猛暑のせいでね、お尻の下の土がですね、それはそれは熱かった(舗装されてたのかな。ブルーシートの下だったし、花火前はビール飲むのに忙しくて未確認だけど)。まるで岩盤浴のよう。「冬だったら、バドちんが喜ぶ床暖房だー、この熱を冬まで蓄熱したいぜー」と、スムースヘア犬の飼い主は貧乏性な発想をつい思い浮かべてしまいました(私だけでなくオットも。笑)。

20070813222655.jpg


ああ、ほんと花火大好き。
どんなに電車が殺人的に混んでも、歩道やホームまでも人であふれかえって進めない尋常じゃない人出でも(爆)、やっぱりやめられない夏の一大行事。犬ちゃんずは参加できないイベントでいささか留守番は申し訳ないが、老犬としてもこんなとこに連れてこられた方が困るだろう。打ち上げ場所にハンパじゃなく近いからね(笑)。特にタビィはパニックになっちゃうだろうな(ちなみにバドは平気。さすがガンドッグ。鉄砲の音と火薬のニオイは大丈夫)。

さあ、次は16日の神宮花火だ! チィタロー(トイプー)、よろしくなっ!

東京湾華火に行くための布石
2007年08月11日 (土) | 編集 |
今日も暑いじょ~。
バドがパパを7時半に起こしに来たぞ~。
いつもなら昼まで寝てても起こしに来ないが、きっと「もう暑いぞ。散歩はまだ行かんのかい」ということだろうか。ワイマラナーの要求を飲むのは危険だが、しかしバドの要求はガセネタではなく、けっこう正当な要求のことが多い。

さて。


20070811134458.jpg


バドちんは、なぜ、こんなに愛らしいワクワク顔をしているのでしょう。

20070811134558.jpg


タビィもワクワクです。

20070811134634.jpg


ほんとにタビィがワクワクです。

その心は。

20070811134715.jpg


ブランチで食べたテールスープの骨がもらえそうな気配を感じたから。
さすが、犬ってば、飼い主の動向や心の動きをよく観察してますね~。
「観察の天才」とはよく言ったものです。ただし、観察対象は飼い主に限るけど(笑)。

20070811134845.jpg


ばくっ。

20070811135120.jpg


タビィ(コーギー)は食い意地のあまり、勢い余って指まで噛みますから、気をつけましょう。
アシカショーみたいですな、タビィちゃん。

さらにエアコン後に、久しぶりに馬肉ジャーキー入りコングをあげました。

20070811135326.jpg

20070811135347.jpg


賢いバドは、リスコングをくわえて、高いところから床に投げつけます。すると、中からポロポロとジャーキーがでてくる。投げつけたパワーで、ジャーキーが細かく砕ける、ということまで計算しているとは思えないが、けっこう頭いい。とにかく効率よく中味がでてくる方法を学習したんですね。

20070811135615.jpg


でも12歳を超えたら、長時間立ち上がってコングを投げる作業をするのは後ろ足がつらいらしく、後半は横になり、ガジガジします。

タビィは(パチもそうだったけど)コングを誰かに盗られないように、ケージにすぐに持って入ります。なので、写真が絵になりません。頭隠して尻隠さず、です。

20070811135809.jpg


ちなみに、タビィのおしり(肛門右上付近)の毛、白いでしょ。
これが、昨秋の肥満細胞種の放射線治療の晩発障害(いわゆる副作用)の「脱色」(白毛になる)です。つまり、白い毛になっている部分に放射線をあてたのです。それから半年以上が経ち、こうした副作用が発現しました。想定内です。
毛が白くなるくらい、どーってことないや。ましてコーギーは、おなか側は白いですから、言われないと気がつかないレベルだし。放射線治療や抗ガン剤治療の副作用は、このほかにはありません。タビィ、よくぞ生還したな。えらいぞ。おまえは生き残れて、強運なヤツだ。

と、いうわけで今日も暑いですが、
なぜ犬ちゃんずにこんなにサービスをしているかというと、
今夜は東京湾華火に出かけるからです。
そして帰りの電車ホームも人間で大渋滞で、どうせすぐには帰って来られないのでね。
まぁ、もうバドの分離不安行動はないのですが、一応、万全策として、疲れさせて早寝してもらいたいなと。かといってこの暑さと年齢じゃー、ドッグランで遊ばせて疲れさせることもできません。なるべく、今日は夕方までお昼寝をさせないよう、作戦(いじわる?)をして、夕方、晴海に繰り出す所存でございます。


ついでに物体X
2007年08月10日 (金) | 編集 |
20070810174629.jpg


ワイマラナーの「開き」になっているときは、
くちびるがべろりんとなり、それはそれはおぞましいブチャイクな顔になります。
でも、これもまたアホワイマラナーの醍醐味でございます。

よけいに暑苦しい画像で失礼しました~。


暑すぎる
2007年08月10日 (金) | 編集 |
暑い、暑いぞーっ!!!
昨日はそんな暑さの中、取材で武蔵境→八丁堀へ移動。会社を抜け出したオットと遅いランチ(牛タンと麦とろごはん。美味し)→時間つぶしのために八丁堀から歩いて銀座へ。日陰がなく、熱中症寸前で松屋デパートに逃げ込む→スナメリクジラのワークショップに参加し、荒川河口に出かけたマチュを銀座でピックアップ→千駄谷へちびっこ引率。そしてとにかくビール、ビール。ママ友と軽く飲む。→代々木に歩いて帰る(またビール)。夜、犬の散歩(汗だくになり、またビール)。……という修行のような1日だったため、万歩計11000歩達成!(最近飽きててほとんど万歩計持ち歩かなかったけど、昨日は持参していました)。そしたら今日は、ふくらはぎがやや筋肉痛(歩いてただけなのに筋肉痛だなんて、かなりヤバイ?)。

それにしても、なにゆえ、こうも連日暑いのか。
私は広島でも1週間ずっとバカっ晴れ、東京戻ったら梅雨明けして連日の酷暑。かれこれ3週間近く雨を見ていないぞ。カッパの皿が割れるぞ。せめて夕立くらい、ザーッと降ってほしいよ。ほんと大丈夫か、地球。

そして、エアコン嫌いのバドちんは、先ほど一人で玄関へ移動し、寝てました。1階は、屋根に近い3階に比べると格段に涼しい。バドがいるなら、窓全開。空き巣もこんなのが寝てたら入れないだろう。

20070810145331.jpg


よく見ると、頭だけ冷たいフローリングの上で、体は痛くないように柔らかい絨毯の上。さすがだな、バドちん。

それでもお昼1時を過ぎると、3階のエアコンの部屋にやってきた。そして、この有様。

20070810145546.jpg


“ひゃーゴクラク~っ。なぁーんだ、3階エアコンつけてるなら、早く言ってよ”とでも言いたそうである。

ちなみにタビィはとっくに涼しい3階におりましたとも。

いやはや、それにしてもほんと暑いから、みなさまもお犬様も熱中症にお気をつけください~。水分補給(&ビール補給)を忘れずに。
夏休み(4)その他の広島遊び
2007年08月08日 (水) | 編集 |
さらにまだまだ遊び続けます。
温泉津の翌日は、お昼に、姉のおうちのウッドデッキから芝生の庭めがけて、素麺流し(娘、大喜び)(でも大人は炎天下でクラクラしながら食べました。笑)。
夜は、広島港、宇品(うじな)の花火大会へ(うちの犬はおうちで留守番。そういえば花火に連れてこられたコーギーちゃんが狂ったように吠えてたな。花火大会は、犬は無理させてはいけないよ~と心配になりました)。

20070808121846.jpg


東京湾華火や神宮花火を毎年堪能している私としては、当初そんなに期待していなかったんだけど、ところがどっこい、なかなかの数と規模でした。それにね、東京みたいに周囲の電灯が明るくなく、漆黒の瀬戸内海に上がるので、花火がとても映える。闇夜に浮かぶのは、満月前夜のきれいなお月さまと花火だけ。情緒ありました~。

そして花火の翌日は、またもや海水浴。今度は瀬戸内海。「海猿」で著名になった呉の先の倉橋島へGO。この日犬は、温泉津海水浴を反省し、おばあちゃまとお留守番。どうせベランダ越しに瀬戸内海を眺めながら、エアコン部屋で涼んでおったことでしょう。
倉橋の桂浜は、広い砂浜で、子どもにも安全。しかし、マチュは「お魚少ないし、ちょっとつまんない」と申しておりました。さすがわが娘、由緒正しい野生児です。

20070808123131.jpg


そんで私は、yっちゃん所有のカヌーで沖まで出かけちゃったりして、海を楽しみました。そしてまた赤焦げです。

帰り道、浜のすぐ向かいにある日帰り温泉に入り、呉の洋食屋で「海軍さんのタンシチュー」を食べて、おうちに戻りました。家に戻ったら、バドはこんな感じ(↓)。人んちでリラックスしすぎだぞ、老犬。

20070808123457.jpg


そしてその翌日午後、広島を出発。東京へ走りました。
これ(↓)は、最後の日の朝日。ベランダから見えます。瀬戸内海から昇る朝日。夕日のように赤く大きかった。

20070808123751.jpg


瀬戸内海よ、今年もありがとう。

そしてほぼ10時間のドライブののち、無事に自宅へ帰還。犬ちゃんずも猫も娘も長旅、ご苦労。
バド、タビィ。来年の夏も、一緒に広島に帰れるかな。来年は13歳半だ。でも、来年も一緒にまた帰ろうよ、帰ろうね。おばあちゃまもMちゃんもyっちゃんも、きっとまた喜んで迎えてくれるよ。

20070808124110.jpg


夏休み(3)島根県・温泉津の磯で泳ぐ
2007年08月07日 (火) | 編集 |
断魚渓の翌日には、また広島から浜田道を走って(連日の高速道路。またも懲りない運転手)、島根県・温泉津(「ゆのつ」と読みます)へ、弟家族と海水浴~♪
私が子どもの頃に泳いだ、きれいなきれいな海。
そして3歳の姪っ子や小3のマチュには、やや危険(!?)な磯。
いや、いいんだ、やっぱ磯は楽しい、危険がいっぱいな海こそ、お魚の宝庫!
お魚もウニもいっぱい、サザエやちびアワビも発見~♪
ちょっと危険なくらいの方が、子どもの危機管理能力が育つってもんさっ。ま、この日は波もなく、絶好の海水浴日和だったし。

20070807135648.jpg


なぜか、タビィがよく泳ぐ。
泳いだ先に浅瀬の岩があるから休憩できるからか、それともスイマーパチの分も泳いだのか、それとも年寄りになり分離不安傾向が強くなり、パパを追いかけているのか。

20070807135844.jpg


小さなビーチで、もうひと家族・大阪から来たというみなさまのターフに勝手に上がり込み、可愛がってもらう始末。おいおい、人様に迷惑をかけるんじゃないぞ、タビィ。

かたやバドちんは、もう12歳半を超えた大型犬。
かなりハアハアが激しく、水に浸かったのも最初だけ。あとはわずかな木陰を探して、横たわっていました。だんだん心配になってきた。老齢の大型犬に無理をさせていかん、とまたもや反省。やっぱね、心臓に負担があるのかもしれない。ごめんよ、やっぱり炎天下の海水浴はもう厳しいね。

20070807140321.jpg


バドも心配なので、午後2時前には早々に撤収。
このたび世界遺産になったことで地元で湧いている石見銀山のゆかりの温泉地である、昔ながらの小さな温泉街・温泉津(ゆのつ)温泉に寄りました。

20070807140523.jpg


評判高い薬師湯は、ほんとお湯が最高だった。日焼けあとには痛いくらい高温だけど(笑)。全国的にも数少ない「レベル5」に認定された本物かけ流し天然温泉施設らしい。レトロな建物もgood。私は、こういうこっそりとした名湯が好きです。
http://www.yunotsu.com/

20070807141152.jpg


私がのんびり入浴中は、オットがダッシュでお風呂から上がり、エアコンをガンガンにかけた車内で犬ちゃんずと待機。こういうとき、車のキーを2つ持って行くとよいです。エンジンかけたまま(=エアコンかけたまま)キーロックできる。これはドッグショーの巡業(?)のお手伝いをしているBママに聞いて以来、そうしてます。地球温暖化問題的にはこんなエンジンかけっぱなしというエネルギーの無駄遣いは御法度なのですが、しかし車内に置いてきぼりにされて熱中症で死亡する犬の例はかなりあります。熱中症は、ほんの数分で発症して、致死に至ることも少なくない怖い事故です。みなさんも夏のお出かけにはじゅうぶんお気をつけください。
ま、うちの場合、カラスの行水型オットで助かってます(笑)。おかげで私はお湯を満喫できます。

そして広島に戻り、姉夫婦と合流し、夜ごはんはカープの選手がよく来る「焼肉・福ちゃん」へ!
20070807142216.jpg

狭~い、脂ぎった~小さなお店なんですけど、もうお肉は絶品よ。コウネが美味かったなぁ。ユッケもテールスープも最高よ~ん。日焼けして全身脱水状態の体にビールが染みこむぜぃ。yっちゃん(義兄)、ごちそうさまっす!

きれいな日本海での海水浴&美味しい焼肉&ビール、という至福の1日でございました♪
(ただし福ちゃんの前に、母のお家でバドとタビィは大シャンプー大会でしたけどね。犬連れ海水浴は、これが大変だよね。とほほ)

バドちんも無事生還(ほんとシャレになりませんわ)。お疲れさんでした。ママん家のエアコンの効いたリビングでのソファーで寝るのが、あんたにとっていちばん至福のときだね。

20070807142637.jpg


夏休み(2)断魚渓クイズ
2007年08月03日 (金) | 編集 |
20070803162527.jpg


さて、断魚渓クイズです。
岩がゴロゴロ転がってますね。
だけどどこかに犬がいます。見つかるかな?

答え。

20070803162710.jpg


ワイマラナーってね、都会的だとかカッコイイとか言われる容姿だけど、ほんとはね、山の中だと、岩や灰色っぽい木肌に紛れるただの保護色なんですよ(笑)。

夏休み(1)断魚渓に行く
2007年08月02日 (木) | 編集 |
広島に着いた翌日は、運転疲れと、母の弾丸トークの相手でおうちでのんびりしてたけど、その次の日には、広島から島根に向かい、中国山地の山あいの美しい緑の中をドライブしたよ~(また運転だよ~。懲りないね~)。
20070802112549.jpg


ここは、島根県の断魚渓。私はけっこう滝や渓谷好きで、ここも昔から好きなバイクでのツーリング・ポイントでした。
すごいでしょー、まるで西遊記、孫悟空のロケができそうでしょー。
素晴らしい景観だと思うんだけど、島根県でマイナーなせいか、観光客はおろか人っこひとりいなかった。でも野生のサルがいた! 群れでいた! バドを見て、大騒ぎになってた。私も野生のサルは初めて見た。あ、屋久島や青森では見たけど、中国山地では初めて見た。しかもこんな民家の近く。いるんですね。

20070802112948.jpg

バドもタビィも嬉しそうです。

20070802113035.jpg


マチュも嬉しそうです。

20070802113117.jpg

でもこのあと、バドが川から上がるときに足がガクッとなっちゃって、そのあとかなり憔悴してました。このバドが、数歩歩くと、ばたんと地面に横になる。すごく心配した。もう年寄りにはあまり無理はさせていけないねと痛感。山歩きはすごく楽しそうなんだけど……この最強だったワイマラナーがですよ、かつて若かりし頃行った登山ロケでは1日1回もフセしたりオスワリもせずに、ずっと立ちっぱなしだったバドが、この弱りっぷり。年をとった姿を見るのはちょっと切なかった。

でも、サルを見て、今にも崖を登って追いかけそうなくらい、気は若い。
よいねよいね、そうでなきゃ。年をとっても、自然の中へ繰りだそうぜ。

そしてマチュは、いちばんバドの足腰を心配し、甲斐甲斐しく世話をしていました。この後ろ姿、夏休み~って感じだよね。

20070802113653.jpg

(夏休み編。つづく)