3歳記念!パンダまめ

20070430103039.jpg

ゴールデンウィーク、東京はとてもいい天気です。
本日4月30日は、3年前、広島のお山で、まめちゃん入り捨て猫ダンボールをバドが発見した日です。なので、正確なお誕生日は不明なんだけど、4月30日をまめちゃん記念日としています。

拾ったときは、それはもうちいちゃくて、手のひらにのってました。駆け込んだ獣医さん(私が小学3年生からの付き合いなので、定休日でも強引に治療してもらった)曰くたぶん生後1~2週間。本当の誕生日は4月中旬かな。顔の大きさはゴルフボールよりも小さかった。なのに、今では、こんなに立派になって、巨猫になって(笑)。

5匹いたきょうだい猫はダンボールの中で薄いグレーの2匹が餓死、1匹「やんばる」と呼んでいたイリオモテヤマネコ色のトラ♂は私の管理ミスで階段から落下して死んでしまいましたが、まめちゃんと、もう1匹のグレートラのメスは(広島で拾ったから)「もみじちゃん」と名付けられ、先住猫2匹と、夫の元同僚の千葉のお宅で幸せに暮らしています。やんばるの分も、グレーの2匹の分も、まめちゃんをたっぷり幸せにしてやろうと思ってます。

Bママのお友達である、トイプー2匹と暮らすみっちさんブランド、club koo
http://www.clubkoo.com/
のHPを見て一目惚れしたパンダハーネスを、先日まめちゃんに買ってあげました。
20070430104322.jpg

これなら首輪抜けもしないんじゃないかな(期待)。
みっちさんとBママは、サイズを心配してくれたけど、ばっちり。
猫(まめ)って、首がやたら細くて、おなかがビア樽。犬とは基本構造が全然違うね。
20070430104349.jpg

背中にパンダちゃんがついてます。最高にキュート! 黒猫に似合うぞ!
ぷわぷわリードも最高に可愛いです。
20070430104615.jpg

ちょっと、ふてくされるのはやめなさい。
キャンプ行くとき、迷子札とリードは絶対必要なんだからさ。
パンダハーネスは、ママの愛なんだよ、愛。早く慣れてちょうだい。

業務連絡:みっちさんへ。まめちゃんの写真、HPに掲載どうぞ~。えっと、画像の大きさとかどうすればよいのかな。教えてください。

家庭内キャンプ

ゴールデンウィーク初日です。
みなさん、いかがお過ごしですか。
20070428141418.jpg

私は、まだ校正のお仕事中で、娘の相手ができないので、
そこで! 先日新調したテントをリビングに張ってみました。
(何が「そこで!」なのか脈絡がないけど)。

マチュはいま喜んで、テントの中で本を読んだり、ゴロゴロしてます。
そりゃ子どもは楽しいと思うぞ。(あとでパパに怒られるかもしれないけど。笑)
白石家のママは、かなり豪快だと思います。自分でも。こんな遊び、なかなかやらせてはくれないだろう、普通の良識のある母親ならば。はっはっは。

ついでに、猫も喜んでますよ。
20070428141826.jpg

抗ガン剤治療8回目

ゴールデンウィーク前にやっつけておかねばならないお仕事が多くて報告が遅くなりました。仕事があっても何が何でも、こないだの木曜日、A大学へタビィの2週間おきの抗ガン剤治療に行ってきましたよ。朝4時起床、午前中に原稿を2本書き終えてから行ったぞ。やればできるじゃん(エンジンかかんないときは全然ダメなくせに)。

もうすっかり初夏の暑さ。プジョーちゃんについてる温度計では26℃だった。バドじーちゃんも退屈しのぎ(呆けると困るのでお昼寝ばかりの日々をたまには休憩させる)ため、バドとパチも同行させたけど、いやー、もう車内留守番は暑い熱い! 本当は大学病院って重病患者、感染性の患者も多く訪れるので、用事のないやつを車から降ろすのはよくないんだけど、こんなに暑くなるとは……読みを間違えた。仕方ないので、全員降ろして(木曜日は腫瘍科だけの日なので、感染の危険はあまりないとも判断)、待合室には入らずにお外のタバココーナー的スペースで待ってました。
20070428132444.jpg

しかし、アホバドは30分以上経つと“こんな外じゃー、座れない、休めない、寝られない、落ち着かないっ”とバウバウ吠えやがって……車は熱いんだってば。あんたの要求も理解できるが、そうはいっても熱中症にさせるわけにはいかないんだよ。
それに比べて、よい子で待てるコーギーズ。同じ飼い主が同じように育てているのに、この違い。やっぱワイマラナーは手がかかる。恥ずかしい。(ま、コーギーがダメダメで、ワイマラナーの方が優秀なシーンもある。長所ばっかりの完璧な犬はいないってことさ)。

でも、あんまりにうるさく、いくら広大な土地のキャンパス内でもご迷惑ですし、車も校舎の陰になったので、窓を少し開けて、アホバドだけ車に入れました。暑がりのコーギーはまだ心配だし、パチは静かにしているのでそばに置いておきました。

さて同じくお外で待っているゴールデンのハリーくん(左)とぴよちゃん(右)んちと、お喋りしつつ待ちました。
20070428134126.jpg

9歳のハリー君は、歯茎にガン(骨肉腫の疑い)ができ、2月に下アゴの一部を切除したそうです。でも、いまは再発もなく、経過観察中とのこと。やっぱS田先生、手術うまいですね。ガンを取り残さないようマージンを考えつつ、うまいこと取りますね。一見すると、アゴの一部がないのは気がつかないレベルです。よかったね、ハリーちゃん。先生、言うことは怖いけど(笑)、やっぱり犬のことを最優先で考えてくれてるのかもしれない。

ちなみに美人のぴよちゃんは、わりと最近里親でひきとったとのこと。「ぴよぴよ」鳴いていたから「ぴよちゃん」なんだって。可愛い名前。でも飼い主に車庫に放置されたままいなくなられて、不安が強くなっちゃったんだね。可哀想に。いかなる事情があるにせよ、やはりこういう飼い方は許されない。ぴよちゃんの心は深く傷ついたはずだ。だけど、いいママに巡り会えて、ぴよちゃんはまんざら運は悪くないぞ。今からハリー兄ちゃんと楽しい人生を過ごしてね。それに、アホバドに比べれば、全然ぴよぴよ鳴いてないいい子です。さすが奥ゆかしいゴールデンさんです。

ハリーちゃんちのおかげで、待ち時間もあっという間に過ぎ、今回もタビィは問題なく健康体。8回目の抗ガン剤を前回同量打ち、お薬も前回どおり。問題があるとすれば、体重がちゃくちゃくと増えていること(汗っ)。おかしいなー、ごはん量減らしているんだけどなー。運動量が減った分もっと減らすべきなんだね。しかし、がっつき早食いさんだから、減量もコーギーは大変です。

抗ガン剤治療は、このまま問題なければ次回を持って終了ということになりました。わーい。

ちなみに帰り道がそこそこ混み、またもや娘の学童館お迎え遅刻。今週もチータロー(トイプーの名前)家に緊急避難させていただきました。タビィの通院は、こうしてみんなに支えられ、続けさせてもらってます。感謝です。

追伸:帰りにバイバイするとき、ハリーちゃんちもプジョーだった♪ ハリー家は407SW。ゴールデン2頭だとやはり307か407の大きさは必要ですね。いいなぁ、407。でもうちの狭小車庫には無理無理……。ハリー家の407、シャンパンゴールドのような色で、その色も私の好み♪ ああいう色は、ホコリが目立たないのよね(笑)。ハリーママ、またお会いできるといいですね。
いつか“犬好き・アーンド・プジョー好き”の会を開けると、盛り上がるかもなぁ。以前取材したフラットさんで206SWさんちもいるもんね。K-9ゲームを取材したとき、407SW乗りのワイマラナーも発見したことある。やはり大型犬のお宅なのかしら。

ガタピシ筋肉痛

20070425124543.jpg

今週は月曜、火曜と分刻み(オーバーだな)で打ち合わせや取材や所用(小学生を持つ母は、なにかと4月は忙しい。学校に呼び出しが多い)が立て込みまして、バタバタ中。昨日はね、オーストラリア大使館に取材に行った。セキュリティーチェックがすごくて、要塞みたいな建物で「ひょえー」と、いちいち感嘆しながら、すんごくワクワクした(好奇心の強さがボーダーコリー並みの私)。取材内容もすんごく楽しくて(このネタは次回の『I'mhome』さんで書きます)。オーストラリア行ったことがないけど、いつか行ってみたいなぁと思いました。ワインも美味しそうだよ。

そうそう、月曜は夜7時から、半年ぶりにママさんバレーボールに参加。
これは娘が1年生の夏、お引っ越ししてしまった人の欠員で、9人制バレーの人数が足りなくなった!とクラスメイトの母に頼まれ、断り切れず参加しているものです。仕事があるので、けっこうしんどいです。でもやると、うっかり楽しい(笑)。小学校のときはバレーボールで県大会でメダルもらったし、中学・高校はテニス部とばりばりの体育会系だったから、スポーツはやっぱりすごく楽しい。それに、肩こりが治るんですよ、アタックもサーブも肩を大きく回すしね、トスも両手を持ち上げるし。パソコンばかりしてて弱まる筋肉に喝を入れられる。

……そのおかげで、火曜と今日(水曜)は激しく筋肉痛。とほほ。肩は張ってるし、笑うと腹筋は痛いし、自宅内階段を上がり下りするだけで太ももがガクガク。翌朝より、翌々朝の方が痛いって、もう……悲しいわね。両手の親指のつけねの筋肉まで痛くて、えんぴつを握ると震える(アル中みたいだ)。

本日はまたもや死ぬ気で、鳥ちゃんの原稿を書き上げねばならんのに、こんなことでよいのか。とは思うけど、まぁ、体を動かすことは大事なことさっ。私のようなヤクザな稼業、体が資本です。

試合は秋なので、とうぶん練習は2週に1回。時間的には助かるけれど、でも、もしかすると筋肉的には毎週の方がいいんだろうな。だって2週ごとに、この筋肉痛に襲われる方が仕事に支障をきたす気がするぞ(笑)。

そしてパチも(雨続きで運動してないくせに)いま死んだように寝ています。死んだかと思って、焦って呼んだら、このままの形で、薄目を開けました。そして、また寝た。
20070425130714.jpg

ところで犬も、筋肉痛になるのかな?

今度の土曜日、代々木公園に

バタバタ金曜日もなんとか終わり、土曜日には町田にグランベリーモールにワンちゃんのファッションショー取材に行ってきたよ。お天気もよくて、けっこうな賑わいでした。グランベリーモールは、犬連れショッピングのお客さんがすごく多い。かなり犬の市民権のある街なんだなぁ、と思いました。よいことですね。

さて本日はわが渋谷区の区長と区議の選挙日なのですが、それに伴い先週金曜日、知人から「○○党よろしく~」電話があり、そのときに初めて聞いたんだけど、今度の土曜日28日に、代々木公園にドッグランが開設するんだって。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2007/04/20h4h100.htm
いやー知らなかったよ。何年か前から、ドッグランを作るという噂はあり、私の知ってるかぎり1回は地元説明会のようなものがあったけど、なかなかそれ以上目立った動きがなかった。「オリンピック誘致の関係で代々木公園を選手村に!」という意見もあったらしく、そんなことから計画が頓挫しているのかなぁなどと軽く流しておりました。

でもHPを見ると、4月17日の都の広報で発表してますね。ウソじゃなさそうです。
とはいえ、4/17にプレスリリースして、4/28オープンって、これまた急なお話ね。どうしたのかしらん。

ドッグランができることにより、犬が好きな人と、そうでもない人がお互いに気持ちよく共存できるなら、それはとても喜ばしいことと思う。また、とくに子犬のときにたっぷり社会化を学べる機会があることは、とても価値のあることと思う。

だけど、ドッグランができることによる弊害も正直心配。たとえば「ドッグランという専用の犬の場所以外には、犬を入れるな」と、共存ではなく、隔離のための材料にされるのは困る。また駒沢公園のドッグランのように、路面が舗装されているところしかないのは、運動させづらい。とくに子犬や骨関節に持病のある犬は注意が必要。木陰が少なければ、舗装の輻射熱も心配だ。熱中症になる犬がでなければよいが。まぁ、代々木公園がどんな施設になるかはまだ下見に行ってないからわかんないけどね。あ、それと、小型犬、大型犬の体のサイズの違いによる事故も心配だ。ランを2つに分けるとかの配慮はあるのだろうか。まぁねー、これも飼い主がしっかり自分の犬の動向を管理し、かつ相手の犬の動きも察知していればよいのかもしれないけど。

つまり、いちばん心配なのは、飼い主同士の価値観の違いによる諍いかもしれない。小型犬VS大型犬、うちの子VSよその子、というふうにならずに、わが子が可愛いのはわかるけれど、同じ「犬を愛する者」同士としてのモラルや、相手の立場を想像してあげることが大事。そうでなければ、真の意味でドッグランのある生活が犬のためになるとは言い切れない。
だけど、モラルのある飼い主ばかりではないというのが、昨今の現状。結局、心ある真面目な飼い主さんの方が、ドッグランの利用を敬遠するケースもよくあるみたい。
それともうひとつ。地元の人が利用しにくくなるほど、観光地化してしまうのもいかがなものかとも思う。地元の人がボランティアで、掃除したり、行政と定期的に話し合いをして存続のために努力してくれるのだからね。駒沢がそうだけど、代々木もこのプレスリリースを見るかぎり「各施設の運営は、地元ボランティアグループの方たちによるきめ細かなサポートをお願いしています」と、ある。それにしても、はて、ボランティアグループはいつできたのだろうか。今度、掲示板をちゃんと見てみようっと。

まぁ、しかし、心配ばかりしていても仕方ない! 前向きにポジティブに、犬が暮らしやすくなる代々木公園になることを祈ろう。いざこざや失敗があって、紆余曲折しながら、人も犬も学習していくものだ!(たぶん、きっと!)
そして私もご近所としてできること、協力していかなくちゃなぁ。うちのじーちゃんばーちゃん犬たちはもうランを利用する必要はないけれど、いつ何時、パピパピの子犬ちゃんがお世話になるか、わかりませんからね(笑)。 
↓ ドッグランで走ることはもうなさそうなご隠居生活中のバドちゃん。
(&4月末で拾って3年目(つまり3年前の今頃が誕生日か!)の若いはずだけど寝てばかりのまめちゃん)。
20070422225819.jpg

みんな寝過ぎだっ

私は~今日はぁ、さすがに~焦ってます。
明日の入稿、間に合うかなぁ~。って何が何でもやらねばならんのが、この稼業。
なのに~、こんなに焦っているのにぃ、
20070419130640.jpg

パチ、足下に積んでいる仕事の資料の上で寝るのはやめてくださいっ。だいたいそんな本たちの上で寝たら、体が痛くないんかいっ!?

そんでもってほかのヤツも、どいつもこいつも私の仕事部屋でこれ見よがしに寝てます。

↓ Bママベッドがだんだんバドの体のサイズに合わせて楕円形になってるし。
20070419130924.jpg

↓ タビィは「しゅぴぃぃぃぃ」と、鼻いびきかいてるし。仕事したくなくなる、のどか過ぎる音。 
20070419131103.jpg

↓ まめちゃんは猫のくせに、犬のケージに自ら入って寝てるし。おまえは猫じゃないんかいっ。
20070419131209.jpg


はぁ。また寝ブログになってしまった。ちくしょー、扶養者はせっせと働くわいっ。

アホが鳴く

急に寒くなりましたね。昨日から床暖房をつけてあげましたが、昼間だし、もう4月中旬なんだし、地球温暖化防止に寄与するため先ほど(30分ほど前)に床暖を消したら、いま、寒がりなアホ(バド)が「ワフ」と、つぶやくように文句鳴きをしてます。寒いんだな。

最近、耳が遠くなったらしく、ごはんの「よし」も聞こえないみたいで、コーギーたちがガツガツ食べ出したのを見て「!」「えっ、なんで!?」と出遅れることが多くなっている。そして、耳が聞こえない分、寒いじゃの、ひなたぼっこしたいじゃの、コーギーがいるからベッドに入れないじゃの、という要求鳴きも、以前のように鼻を鳴らすのでは自分が聞こえないのか、いちいち「ワフ!」と吠えるようになった。わが家の某隣家には区の保健所に来ている精神科医から「典型的な人格障害」と言われた人が住んでいるだけに、なるべく刺激をしないよう気を遣って生活をしているので(バドが夜中に鳴いたりしたら~、玄関前の植木鉢にタバコの吸い殻やゴミを投げられたりぃ、無言電話が来たりぃ、窓から怒鳴られたりぃ、ひどいときはチューリップを切られたりぃするので)、無駄吠えは困る(鳴いてない日もやられちゃう日があるけどな)。バドにとっては意味のある要求とは思うんですけどね、つまりバドが文句を言わないように室温管理やベッドの確保をしてあげるべきなんだけど、あまりに「はいはい」と面倒を見ると、つけあがる犬種ですしね。よけいに吠えて要求するようになるので、無視することも必要なしつけの一環。犬が嫌いな人にはなかなか理解してもらえないでしょうが、かいがいしく声をかけたりする方がよけいに鳴く犬を作る、ということも多いんだよね。
ともあれ、ワイマラナーは12歳半になっても手がかかりますわ。ま、彼が欲していることは何か、要求の理由は非常にわかりやすいですけどね。ワイマラナーが人間臭くておもしろいのは、そういうとこでもあるんですけどね。犬と暮らすことが、ごく当たり前の世の中になれば、もっと住みやすくなるんだけど、まぁ、うちは小型犬じゃないし、多頭飼育だし、目立っちゃうから、一応気は遣ってます。でも内心、早くマイノリティー(少数派)が逆転する日を心から望んでおります。犬と暮らすことを普通と思っている人に対し、未だに「犬畜生」と感じている人の方が「心が狭い、へんな人」と思われる世の中はもうすぐそこまで来てると思うよ。でも、そのためには犬と暮らす側も正しいルールや道徳心は持ち続けるべきだと思います。ガンバロっね、みんな。

……などと愚痴愚痴と現実逃避してないで、早く原稿書かなくちゃ。床暖、ONにしたら、アホもようやく寝たみたいだし(笑)。それでは食後に馬アキレスもらってハッピーバドちゃんの写真でもお楽しみください。
20070417145507.jpg

バドと昼寝

昨日も、新宿御苑で小さな友人のお誕生日会を兼ねたお花見へ。お天気もよろしく、最高なお花見日和でした。今週は八重桜がきれいだったよ。
そして当然のごとくそのまま夜まで友人宅で宴会(笑)。

今朝、日曜だけは子どもテレビ番組の関係でやたら早起きのマチュは、朝っぱらからいつもどおり仮面ライダーなどを見たあと、9時すぎから新体操へ。ひと運動したら、昨日のお花見&宴会のくたびれが出たらしく、めずらしくいまお昼寝してます。
20070415162659.jpg

げっ。何もそんな狭いとこで寝なくても! ぎゃー、毛だらけになるぞ。
でも、起こすのもなんだし。
20070415162824.jpg

バドも全然怒らないしなぁ。いいヤツだなぁ。
それにしてもマチュ8歳半、体重28キロくらい。バド12歳半、体重32キロくらい。だんだん同サイズになってきましたな。月日の経つのは早いもんです。
20070415163037.jpg

暑くなってきたらしい……掛け布団、はいでる。
あ、しかも、いつのまにか寝返りしている、というか、頭の位置が反対になってるっ。
20070415163200.jpg

次に見たら、こんな感じ。バドも寝返りというか、のびのび、してる。

あんたたち、そんなんで安眠できてるんですか?
うーん、でもたぶん、安眠できるんだよね。犬臭いのも狭いのも、まんざら悪くないんだよね(笑)。

白線好き

パチは、なぜか「白線好きなコギ」です。
20070414112834.jpg

車道と歩道を分けるあの白線、わざわざ反対側に渡ってまで、白線の上を歩きたがる。
20070414113019.jpg

そして、確実に線上を歩く。
20070414113058.jpg

何回往復してみても、やっぱり白線の上を着実に歩く。

白線の上を歩くときはよけいに笑顔な気がするし(なんとなく)、白線があるときは“足が痛いからバギー乗せて~”という素振りは見せず、チャッチャとよく歩く。白線があると、ついうっかりルンルンと歩いてしまう習性らしい。

ちなみにタビィにはこの習性はありません。コーギーだから、血縁だから、やるってもんじゃーなさそうです。もちろんバドもしません。
パチと同じく白線好きな女はいませんか? 同胞求む。

抗ガン剤治療7回目

20070413150542.jpg

桜も散り終わったA大学へ、タビィ抗ガン剤治療7回目に行ってきました。
春休み明けの初回なので、患者さんがいっぱいいた。この場にいる子は、みんなガン患者なんだなぁと思うと、ちょっと切なくなった。
20070413153307.jpg

しかしタビィは7回目の抗ガン剤治療。先の放射線治療4回、初診1回も合わせると、秋から通院12回目。慣れたもんです。余裕の笑顔です。

昨日は、連載を担当している「動物医療最前線」の撮影もしてきました。診察室裏側も自由に見せてもらえたし、どんどん質問しても先生方は親切に教えてくれて、非常に興味深かった。おもしろかった~。しかも私は取材者であると同時に「タビィちゃんの飼い主さん」でもあるわけで、先生や学生(獣医の卵たち)は、みんなタビィとは昨秋からの顔見知り。とても親切にしていただけました。タビィがガンになったことを無駄にはせず、いい原稿にしたいと思ってます。放射線治療に関心のある方、来月号と再来月号の『愛犬の友』チェックしてくださいませ。

タビィは私の取材中に、エコーや血液検査をいつもどおりやって、今回も問題なく、抗ガン剤「ビンブラスチン」を前回どおり2.0ml注射。お土産(?)の投薬は、いつもどおり「グリチロン」(肝臓を保護する薬)は前回どおり1日2回、1錠ずつ。そして「プレドニゾロン」(ステロイド剤)は経過がよいので、半量になり、2日に1回、1/4錠になった。
お医者さんに「タビィちゃんは順調ですね」と、言われるのがとても嬉しい。安心する。
タビィ、よく頑張ってるね。えらいぞ。
20070413152256.jpg

↑ 抗ガン剤注射後は、ちょっとくたびれてる顔してるかな。
取材でいろいろ撮影させてもらってたら遅くなり、マチュをチータロー(トイプー)ん家(人間の友達もいるが)へ急遽行かせてもらいまして(M輪チャン、ありがとね!)夕方、帰路へ。ラッシュにかかってしまい、混んじゃった。つらかった。
でもついでにガソリンスタンドにも寄って洗車もしちゃった。都心より安いんだ(笑)。黄砂がひどくてさー。タビィはびびることなく、洗車ブラシを眺めてましたよ。
20070413152351.jpg

そうそう本日は、バドのベッドや掛け布団カバーを洗ったので、バドパチも同行させた。
20070413152500.jpg

↓ おうちに帰ったら、ふかふかの布団にくるまり、バド、至福のとき。
20070413152544.jpg

パチも車内では昼寝があまりできなかったらしく、「やれやれ、やっとおうちに帰れたよ~」てな顔して寝た。
↓ タビィも、くったり寝てました。
20070413152806.jpg

ありゃりゃ、また患者が、床にじか寝してるよ。
タビィちゃん、体は大事にね。

2週間後、抗ガン剤治療8回目に行きますが、そろそろガン発見から7か月になります。再発をしてないので、もしかすると次回で一応治療は終了かも。そのあとは2~3か月に1回、経過観察という感じになるそうです。
そうなると時間的にラクになるな~。そうだ、お金もラクになるんだ。うふ。でもお金は、なんだか抗ガン治療代もすっかりルーチン化しちゃって、びびらなくなってました。人間って、慣れる動物よね~(私が丼勘定過ぎなだけ!?)。

里山ドライブ(その2)

続きです。
カイロプラクティックの帰り道、成田山新勝寺に寄り道しました。私は意外にも寺社好き。子どものころ犬の散歩に毎日、神社に行っていたからかな。子どもの頃はお墓は怖かったけど、バドたちが若かりし頃、東京でひと気のない土の多い場所といえば、河原か、広大な墓地に囲まれた池上本門寺しかなく(笑)、毎日お世話になってるうちにお墓も怖くなくなったよ。
20070411141045.jpg

古いお寺さんの狛犬は立派。歴史が感じられる。狛犬、好き。昨日、となりのとなりのキャバリアちゃんに会ったとき「狛犬に似てる」と思ひました。
20070411141218.jpg

私にとって成田山の印象(かつて子どもの頃にも来たことがある)といえば、写真左手の池にある亀の形をした岩の上でひなたぼっこしているたくさんのカメ。いまだに健在。私が子どものときに見たのと同じカメが長生きしてたりして。

そしてお寺参りのあと、千葉市内で「銚子港直送」と書いてある廻る寿司に寄ってから、高速に乗って帰りました。
20070411141534.jpg

カイロプラクティックの施術のあとよく起きるといわれる好転反応で、やたら眠たかったけど、某夫が泣く泣く泥だらけの3匹を洗いました。そのあと犬ちゃんずはカイロもしてないくせに、好転反応がでたらしく(笑)爆睡です。
20070411141632.jpg

ついでにマチュが連れて行ったサルのスーちゃんと、クマのコースちゃんも、成田疲れで爆睡してました。

里山ドライブ(その1)

土曜日、ちょっぴり遠出しました。遠出といっても片道100kmくらいだから、たいして遠くないけど……ちょっくら成田の先まで、カイロプラクティックの施術を受けに。そんな遠くにわざわざ行くなよっと普通は思いますよね、たぶん。でーもー、車関係のお知り合いEオカさんの長いお付き合いの先生だというんで、きっと名医に違いない!と、万年肩こり腰痛(&夫はひどい腱鞘炎)の我々は、千葉を目指したわけです。ドライブがてら犬も全員乗っけてね。

そんで、噂どおり、とても腕のいい先生でした。真面目で、誠実で、お人柄も腕もいい。整体などの先生はね、やっぱね、こうじゃないと。下手だったらよけい体がねじれそうだし、よこしまなヤツはもっと困る。私はかつて苦い経験がありまして、マンツーマンの男の先生のとこに行くのがイヤになってたんだけど、ここなら安心。夫もいるし、娘までついでに背骨チェックしてくれたり、ほんといい先生でした。ただし、私も夫もかなり手強い患者のようで、やたら硬くて、1回ではポキッと治りませんでした。ははは。長年のねじれは1日では改善不可能。そりゃ、そうだ。また行かなきゃ。

痛くもないし、先生も初回から無理しないでソフトにやってくれたけど、施術後、すごーく眠たくなった。プールとか乗馬のあとに似た倦怠感、といいましょうか。うむ、カイロプラティック、ミラクルざます。おならも出たり、便秘も治るそうな。デトックスですね。

そんなけだるいなか、犬ちゃんずのお楽しみはここから。近くの里山で、久しぶりに遊ばせてあげたよ。やっぱり自然の中は楽しいね。バドたちがすごい笑顔でした。
20070410001147.jpg

20070410001210.jpg

20070410001229.jpg

↑ 休耕田をスキップするようにテケテケ軽い足取りで進むバド。
20070410001344.jpg

20070410001406.jpg

↑ タビィが泥んこにシュリシュリして、野だぬき! 
20070410001527.jpg

↑ 足の悪いパチは、そんな野蛮な行為はしません。「散策」という言葉がふさわしい。
20070410001641.jpg

↑ ワイマラナーは枯れ草や木の幹の色と同化しやすい色なのよね。だってガンドッグ、獲物に見つからないようにしなきゃ。
20070410001735.jpg

↑ コーギーは緑の草がよく似合う。原っぱで牛を追っていたから、目立つ必要があったのかなぁ。
20070410001953.jpg

↑ そして相変わらずベジタリアンな「やぎパチ」。
20070410002035.jpg

↑ マチュは本物のつくしを初めて見たんだって。それは、それは、よい体験ができましたね。ママは佃煮つくれないけどさ。

というわけで、里山のお散歩を満喫。おかげで、犬もマチュの靴も泥だらけ。おい、おまえたち、車に乗せないぞっ。どうすんだよ、そんな泥んこになって!とパパが泣きたくなってたけど、ま、いいじゃーないですか、犬なんだから山で遊びたいさ、子どもなんだから泥んこにもなるさ。

そして泥んこのまま、名刹・成田山新勝寺に移動しました。(つづく)

春キリギリス働きます

20070409084724.jpg

週末もよく遊びました。
土曜は成田の先まで行き、犬は休耕田で泥だらけになって遊ぶ(詳しくは後でアップしますわ)。
日曜はまた新宿御苑で、おでん鍋持参で、お花見。ソメイヨシノが桜吹雪でした。

春休み、マチュとたっぷり遊んだため、脳みそがトロトロになってますが、先週金曜からガッと仕事の〆切が入ってきました。キリギリス生活はもう終わり。喝入れて、頑張らなきゃ。というわけで、本日は、A大学へガンの放射線治療の取材に行ってきますよ。タビィのガン治療で私もだいぶ勉強しましたが、改めてガンの最新医療の様子を聞いてまいります。(『愛犬の友』さんで「動物医療の最前線」という連載を毎月担当してます。この放射線治療の話は6月号に載ります)(もうじき発売の5月号には、マイクロチップの最新情報を書きました。マイクロチップの存在は知っているけど、愛犬に注入する決意をするほど詳しくは知らない……という方、ぜひご一読を。マイクロチップの「へぇ~」がわかります。私もすごく勉強になった楽しい取材でした)

東京はもうソメイヨシノは終わりです。桜が散るとともに、春休みは終了だーっ(泣)。
20070409085925.jpg

新学期スタート

マチュ(人間の娘・犬猫あわせてうちの4号)が今日から新3年生。
やっと(笑)学校に出動してくれました。
この春休みは、基本的にマチュと一緒に過ごしました。毎日2人と3頭でのんびり公園散歩に行ったりね。新3年生ともなると数時間のお留守番も任せられるようになり(バドがいるから平気なんだってさ~)「ちょっくら打ち合わせに行ってきまーす」「はーい♪」「ピンポンも電話も無視してくださいね~」「はーい♪」と、非常に聞き分けがよく、楽ちんになってきました。もうじき親離れしていくんでしょうね。送迎などの手間が減る分、親はずいぶんラクになるけど、ちょっぴり寂しい気もしちゃったりして(笑)。

2年前の、新1年生のとき、新しい生活環境に身も心もくたびれすぎて埴輪のような無表情な顔になっていたあの頃が懐かしい。「学校や学童館がイヤなんじゃないけど、とにかくおうちに帰ってダラダラしたいの」と言い、バドやタビィのベッドに入り、犬の体にくっついて倒れ込むように昼寝していたマチュ。犬は喋らないし、別に相談に乗ってくれるわけでもないけど、そばにいるだけで、くっついているだけで心のエネルギーをチャージしてくれる存在なんだな~と思ったもんですよ。

さて春休み最後を飾るイベントとして、マチュとペンギンのダンス・ミュージカル的な映画「ハッピー・フィート」に行ってきました。
happyfeet_desktop_sm_10.jpg

前半は、子ども向きの楽しい動物映画で、後半は、ああ、こりゃ環境問題を問うておる映画なのね、という感じでした。WWF(当時、私が働いていた自然保護団体です)的な言い方をすれば「人間の経済活動のために、南氷洋の魚を乱獲しないで。生態系が壊れて、南極の野生生物が困ってます」ということを訴えており、うっかり、ああ、ほんとにまたもやうっかり、こんな子供だましなペンギン映画でツーッと涙を流してしまった私であります(マチュに「ママったら、また泣いてるよ~っ」と鼻で笑われた)。
あ、サントラはよかったな。懐かしのプリンスが主題歌を歌っていた。アース・ウィンド&ファイヤーやクィーンがリミックスで流れ、それでペンギンちゃんが踊るの。私と同じ年代の人が作っている映画なのかな、と思ったりもしました。アデリーペンギンの5人組みアミーゴが、フランク・シナトラの“My way”をスペイン語でジプシーキングス調に熱唱してたのもいい。ちょっとサントラ聞きたいな。

さーて、ずいぶんたっぷり休養したこの春休み。脳みそがすっかり仕事から離れておりましてゆる~くなってます。社会復帰をするのが大変そうです……。

3月の刷り上がりたち

20070403141920.jpg

ちゃんと働いた証しが、今月も刷り上がってきましたよ。2~3月はすんごく忙しかった気がしますが、あんまり刷り上がった印刷物の数は多くなかった。単行本を書いていたからね。あれはいつ印刷あがるのかしら。ありゃ、そういえば届いていないのもある気がするけど、気のせいかしら(かなりアバウト)。編集者のみなさんも年度末でお忙しかったのでしょう(笑)。確認してみよっと。

いちばん左は『I'm home』というインテリア・建築雑誌です。いつもコンパニオン・アニマルのコラムを書かせてもらっています。すごく写真がきれいな、おしゃれな本。私も、もともと単なる愛読者の一人なのです。今回は最近私が得意な(というか必要に迫られ、詳しくなった。笑)ハイドロ・セラピーの話で、バドちんを撮影に使いました。慣れないプールで「いや~ん」というアホ面をしています。ぜひご覧ください。3/16発売の雑誌ですので、まだ大きな本屋さんにはあると思います。

先週金曜には横浜パシフィッコで開かれていた「2007ジャパンペットフェア」に取材兼ネタ探し兼個人的興味(笑)でプレス・デー(&業者さんデー)に行って参りました。でも従来より規模が小さめだったので、ちょっと残念だったかな。でっかいニワトリやカメレオンがいたのは楽しかった!

そしてその帰り、わざわざ遠方からベンツに乗った奥様が馬込まで買いに来るという大學イモを、犬友達からおみやにいただきました~。
20070403144327.jpg

すんごくうまかった! 普通の大學イモと、チップスっぽい薄切りの2タイプ。ほんと美味しかった、絶品。以前近くに住んでて今回食べるの2回目だけど、私の人生1美味しい大學イモに決定したね。マチュもばくばく食べてました。Mっちさん、ごちになりました~♪(いかん、犬ブログが、またもや美味しんぼブログになってしまった!)

アジアインターDOG SHOWに行く

20070402111201.jpg

昨日4/1(日)、東京ビッグサイトで開催されたアジア1の規模のドッグショーに行ってきました。出陳する友達の犬の応援と、あと仕事関係者および犬友達にいろいろ会えるので、顔見せを兼ねてです。一人で行くのは寂しいので、また今年もじーちゃんバドに無理言って同行してもらった。
20070402111430.jpg

取材以外の日は絶対朝寝坊な私が頑張って早起きしたのは、Bママの大事なジャーマン・ポインターの姫ちゃん(今までそうそうたる賞歴をすでにゲットしている)のラストランになるショーだというんで、7グループ(ポインターとかセッターのガンドッグのグループ)がいちばんLOVEな私としては姫ちゃんの応援に駆けつけたのです。某夫に「ポインターのためなら早起きできる」と言われ、私が慣れないことすると雨が降るかもと思ったけど、頑張りました。姫ちゃん、とーぜんのごとく1等賞のリボンもらいました~! パチパチパチ~。
20070402112053.jpg

「まま、まだここにずっといるんでふか?」
じーちゃん、かたい床ではご不満のもよう。すまん、許せ。せっかくなんだから7グループ、全部見ましょうよ、こんな朝から会場に来るなんてそうないんだから。
20070402112351.jpg

↑ リングサイドのいちばん前列の席で、ドテッと寝るワイマラナー。マイペース過ぎです。すいません。おとなりのたぶん台湾の美しい女性が親切な人でよかった。
20070402112553.jpg

Bママのクラブ活動のCちゃんさん、見事なハンドリングです。デーンはやっぱカッコイイね~。背の高い人がデーンを引く方がやはり美しく見える気がします。やぁ、デーンも見事な犬だった。拍手喝采しまくってました。私は各犬種の「スタンダード」を熟知しているわけではないのですが、やっぱり素人目に見ても「きれいな犬」は「きれい」、「健康な犬」は「歩様も筋肉も姿勢も美しい」。これ、ドッグショーの基本ではないでしょうか。そして自分が知り合いでもないのにうっかり拍手してしまった犬が、リボンを取ったりすると、自分の目もまんざら悪くはないな、「きれい」と思ったら観客も拍手していいんじゃないか、と素直に思いました。イギリスやアメリカのショーのように、一般ギャラリーもショーにもっと積極的に参加していいと思うんだよね。そうすればジャッジももっとやる気が出ると思うし。拍手に包まれてるリンクって、いいよね。ただしみんな公平にね、名誉とかお金とかに関係なく、ほんとに自分が「この子がビューティだ」と感じる犬に拍手してほしいですね。
そうそう「私はこの10頭の中ならやっぱこのおおっきいワイマラナーがいちばん好きだなぁ」と感じ拍手していた、知らないヒゲのおじさんがハンドリングしているワイマが1等賞のリボンをとり、心の中で「やったぁ」と思った瞬間、後ろで「キャー!!!」という歓声が。あれ、なんか聞いたことのある声だぞ、と思ったらNちゃんじゃん! つーことはこのでかいワイマはなんだジークか!!(なんだ、は失礼!) びっくり。でもジークすごいじゃん、アジアでオスのワイマで1等賞なんて、すごい快挙だよ! バドちん、今度から間違ってもジーク殿をどつかないように。大事な体ですからね(笑!)。

ショー以外のお楽しみは、いろいろな犬と会えること。そして初めて会う人ともうっかりお喋りしちゃうこと。
20070402113858.jpg

↑ プリティーなローデシアン・リッジバックちゃん。こんなに人(犬)がよさそうな笑顔だけど、もとはかなり最強のライオン狩り犬よん。この子はメスだから、すごくニコニコしてた。ラブラドールと一緒に暮らしているからかしら(笑)。

それにしてもめずらしい犬連れているギャラリーが年々増えてますな。ピットブルも多かった(内心、大丈夫かしら、と思いつつ。でもカエル顔でチョー可愛かったけど)。スムースのワイヤーフォックス・テリアとか、なぜかチャウチャウの子犬もよく目に入ったな。毛の手入れはできないし、感情表現がわかりにくい犬だけど、なんだか私、チャウチャウやペキニーズ、けっこう好きみたいなんだよね。自分でも不思議だけど、よく見つけちゃう。最近増えているのかしら。スタンダード・プードルも増えましたね~。バニバニ(バーニーズ)ファンもいっぱいいましたね~、オフ会みたいになってましたね。デーンもいっぱいいた。みんなこういうときに同じ犬種を飼っている人と集って、情報交換するんだよね。よいことだ。アジアインターは土日開催だったので、土曜日はまた違う犬種たちが集まってたことでしょう。
20070402114846.jpg

↑ 思わず声をかけちゃったとっても可愛いミックスちゃん。メスのルーちゃん♪ 絶対うちの某夫好み! 日本スピッツくらいのサイズで、ふさふさの巻き尾、でも顔と背中の色は、ブラックまじったコーギーじゃん! 目張りも入ってます。でも親は由緒正しい普通の(笑)茶色い雑種ちゃんらしい。不思議~。ほんと可愛い。
20070402115145.jpg

↑ そしてルーちゃんの同居犬は、マチュ(うちの人間の娘)の憧れのオールドちゃんでした。ここのおうちは子犬のシェパもいました。みんな毛が長い。えらいな~、すごいな~。毛の長い犬の手入れがちゃんとできる人、尊敬する。

20070402115358.jpg

さて午後になり、ほんとは姫ちゃんとジークのグループ戦を応援したい気持ちはやまやまだったけど、じーちゃんの足がカクカクしてきたので、おとなしく撤収することに。駐車場の車は灼熱状態。もう車内に犬はわずかな時間でも置きっぱなしにできない季節だね。バドちん、今日もお付き合いありがとうございました。あんたを連れていると、いろいろな知り合いが私に気がついて声をかけてくれます。バドのおかげだよ、ほんと。
20070402115707.jpg

そして、馬アキレスを2kg分も買って帰り、夫に「いちまんにせんえん!?」「そう」「えっ、いちまんにせんえん!??」「そっだよ」と2度も聞き返されました。なんか問題でも?(笑)。ドッグショーのもうひとつのお楽しみはやっぱお買い物でひょー。
よその犬をいっぱい見ると、帰宅したら自分ちの犬をやたら可愛がりたくなる性分なのです。バドタビパチにお土産、さっそく大判振る舞いしました~。