クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
幸せのドーナッツ
2007年02月28日 (水) | 編集 |
先日、万歩計のためにめずらしく新宿へ徒歩で行ったら、サザンテラスに大行列が。いったいなんだ、なんだと思って、おうちに帰ってすぐネットで検索。アメリカで有名なドーナッツ屋さんの1号店が12月にオープンしていた。知らなかった、私としたことが。サザンテラス内は自転車は通行禁止なので、こんなことになっているとは露知らず。1時間待ちは当たり前、というその大盛況ぶりに、好奇心の塊の私は気になって気になってしょうがない。ただ、内心はたかがドーナッツに1時間並ぶのはいかがなものか、とも思っている。でも気になってしょーがない。そんなに美味しいのか!?

折しも広島の弟家族と姉が来ていたので、彼らが帰る最終日の朝「今日、行かないのなら、きっといつまでたっても私は買いには行かないだろう。Hチャン(弟)のためなら行くぞ、おーっ」と自分に言い聞かせ、朝7時の開店時ならすぐに買えるかな、と思って、6:45am起床、6:53チャリで出動、サザンテラス6:58到着!(女子なのに、新宿なのに、ノーメイク、ご近所犬散歩の格好の私)

しかし、やはり世の中はそんなに甘くはなかった。
すでに50人ほどの行列。いったい日本はどうなってる!??

しかし、冷たいすがすがしい空気の中、誰がこんな平日の朝っぱらから買いに来るんだろうと、興味津々でもある私。待ち時間中、あたりを興味深く伺っていました。
旅行カバンを持っている人、多かったな。新宿で泊まって、今からどこかへ帰るのかな。スノボらしき大きな荷物を抱えている人もいる。旅行先にお土産にする人もいるのかもしれない(現に夕方、羽田空港でここのドーナッツ2箱ぶら下げている人発見!)
それから、会社服の若者。OLさん。ダズンボックス(12個入り)を8箱も買ってる! 行商人のようにカートに乗せて帰ってるぞ。会社のお遣いか? おもしろい。
そして2階でも食べられるので、1人でモーニング代わりに寄っている人もいるようだ。
私のような近所の人が「朝食のパンを買いに」というのはいないとみた。
それにしても日本はなんてミーハーな平和な国なんだろう。と思ひました。私もその一人ですが。

並んでいたら、いちばん人気のオリジナル・グレーズド・ドーナツをお店の人が一人1個ずつくれました。あつあつ、できたてで、ふわふわ! たしかに感激的な美味さ。おもしろい食感。でも寒いなか並んでいたから、よけいに感激したのかもしれない(笑)。

結局7:22に、無事ドーナッツゲット! ボックスで買う人は、列の途中からディズニーランドのファスト・パスのように前に行かせてくれます。そのかわりアソートも、自分ではチョイスできません。

ダッシュで、あつあつのまま、帰宅しました!(チャリでは箱がでかすぎて大変でした)
そしてドーナッツとの感動のご対面!
20070228154336.jpg

うひゃー! すごいぞ!並んで買ったから、ありがたみもひとしお。
20070228154434.jpg

娘も大量のドーナッツに大喜び!
私は、並んだ勢いで、4箱も買ってしまいました(あほ)。
でも、これだけドーナッツの山(12個×4箱=48個!)があったら、これはこれで幸せ♪ 好きなだけ喰ってよし!

ただし、当然残りました。広島土産に持たせました(笑)。ここで教訓。いくら並んで、やっと自分の番が来たからといって、何箱もうっかり買うのはやめときましょう。とくに油っぽいものに弱い方は、当分ドーナッツを見たくなくなります(爆)。腹6分目くらいに抑えておく方が、今後のためにも賢明です。

でも、食べ過ぎなければ、美味しいよ、クリスピー・クリーム・ドーナツ。並ばずに買えるように、早く落ち着いたらいいな。それと「ドーナツ・シアター」と呼ばれる、ガラス越しに製造過程が見える仕掛けも楽しい♪ ドーナッツさんたちが、油のプールに飛び込んでいき、ひっくり返され、白いシロップの滝をあびて、できていく。今度はマチュにも見せてあげたい。果たして次回行くのは、いつの日か。
http://www.krispykreme.jp/
20070228154939.jpg


目がかゆい
2007年02月26日 (月) | 編集 |
昨日からいきなり冬に逆戻り。窓を開けて換気していたら、いまバドが文句を言いに来ました。ついでに目を掻いてしまったらしい。毎日1日3回2種類の目薬を注していて、充血も減っていたのに、また目が真っ赤。
20070226160831.jpg

痛々しいほど、人相が悪い。
20070226160959.jpg

皮膚も痒いらしい。ずっと床暖房の上で寝てばっかりだから、乾燥するのかな。

そうそう先日、夜中の犬の散歩から帰ったときに、わが家のガスのマイコンメーターがピコピコ赤点滅しているのを発見。こりゃ大変と説明書を読み、復旧作業を試みたけど、点滅が止まらない。結局、深夜1時過ぎ、東京ガスに電話したらちゃんと来てくれました。真夜中にすいません。原因はどうやら床暖房を冬の間ずっとつけていたために、ガスが数ヶ月間ずっと途切れなく使用されたことを不審に感じたマイコンメーターくんが「これは異常かも」と警告してくれたのだ。ちゃんと働いてるな。
ガス屋さんが点滅を止めてくれました。床暖房は1か月に1度、1時間程度、スイッチオフにしてガスを使わない時間を作った方がよいとのこと。そうだったのか。

今年はバド12歳の冬。初めてノンストップで床暖房。
老いてゆく愛犬を見るのは、ちょっとせつない。
でも、エリザベスカラーをつけていても、なぜか「ううーん、うーん、ううーん」と鼻歌を歌うような声をだして耳を掻いているアホバドを見ると、なぜエリザベスをつけているのにそのカラーの内側の耳の根元が掻けるのか、あまりの器用さに愕然とし、まだまだ長生きしそうだよ、こいつは、と思ってしまうのでした。

カキパ!
2007年02月25日 (日) | 編集 |
白石家恒例冬の風物詩・牡蠣パーティ(通称カキパ)が、今年も盛大に昨晩行われました!
どーだ! ジャン!
20070225133757.jpg

広島から牡蠣を毎年送ってくれるお姉ちゃまが、東京マラソン参加のお友達の慰労会を兼ねた箱根旅行に行くというんで、ついでに今年はカキパにもゲスト出演! というか、牡蠣フライ担当!お客様とは名ばかりで(笑)、2キロ近くのむき身の牡蠣を延々揚げてくれました。お姉ちゃまサンキュー♪
20070225134058.jpg

この2倍も3倍も、牡蠣フライちゃんがありました。あー天国、天国。
20070225134149.jpg

いつもの仲良し<飲んだくれ>チームが、ごちそうやワインをいっぱい持ってきてくれて、いやいや極楽、極楽。
2キロのむき身&殻付き牡蠣のオーブン焼き30個をほぼ完食~♪ 殻付き焼き、最高~♪ 熱いうちにすぐ食べていたから写真も撮り忘れ~(笑)。生ガキも最高に美味でございまする~♪ ヒロシマ、ばんざーい♪ 地御前(じごぜん)ばんざーい♪ 地御前とは、広島・宮島にお向かいに位置する港町で、牡蠣で有名なとこなんです。広島の牡蠣の中でもたぶんいちばん美味しい。瀬戸内海よ、ありがとう。

そして親たちが食いまくり、飲みまくっている間、お子様たちはいろいろなところで勝手にご歓談&踊り&DS中。床暖房の上のバドのベッドが暖かくて気持ちいいともぐり込み、バドちんまんざら悪い気はしないらしくご一緒してたけど、なんだかだんだんバドが隅っこに移動しているね(笑)。バドは女子供に昔から弱いからなぁ、譲っちゃうんだよね。
20070225135411.jpg

いやー、昨夜もほんと楽しかったし、美味しかったです。
そして、飲んだくれ達の宴でうるさくって安眠できなかったせいか、今日は犬ちゃんずは爆睡中でございます。
20070225135534.jpg

20070225135552.jpg

お騒がせしましたね。今日はゆっくり寝てください。
そして本日は、広島隊&マチュは、ネズミーランドへ出かけてます。私は爆睡している犬とともにお留守番。今日こそは、ああ今日こそは、原稿いっぱい進めるぞ~!

抗ガン剤治療5回目
2007年02月23日 (金) | 編集 |
あぎゃー。というくらい子犬本でお尻に火がついている上、またお仕事依頼のお電話がつい嬉しくていま受けてしまって、さらに、友達と箱根旅行に行くついでに姉が昨日新幹線で来てうちに泊まってて、しかも弟家族が(東京初上陸の2歳のマチュの従兄弟を連れて)10年ぶりくらいに1週間滞在するため、昨日羽田に飛んできました。なぜ、こうも忙しいときが重なるのでしょう。ヒマなときはヒマなのに(涙)。フリーライターはヤクザな稼業でございます。でも時間がもう足りないことはわかっているのに、イヤとは言えないこの性分。「編集者はMじゃないと、やっていけないっ」と仲良し編集者Kさんが先日ベルギービール屋で断言しておりましたが、このことなのでしょーか。たしかに自分を極限状態に追い込むの、キライじゃないかも。いや、しかし、このままでは私のクローンが2~3人必要になってしまふ。

けれどもタビィの抗ガン剤治療はキャンセルはできませぬ。ただでさえ今回は忙しくて間隔を延ばしてしまったので、もう今週をさぼるわけにはいかず、昨日行ってきました。
20070223112509.jpg

そんな親の焦りにおかまいなしで、往路の助手席で、お日様をサンサンと浴びて、いびきをかきながら眠るタビィちゃん。大事なぷじおが毛だらけです(笑)。

血液検査、エコー検査、今回も問題なし。先生にちょっと笑われちゃうほど、健康体です。
待ち時間中も、患者とは思えぬ、でかい態度です。
20070223112706.jpg

ついには、まったり伸びて寝ておりました。
20070223112830.jpg

お隣で待つ、笑顔の可愛い、とても人の良さそうなゴールデンさんは、笑顔ながらもやはり落ち着かないのかずっと立っていたのに、うちのコーギーはふてぶてしさすら漂います(笑)。
今回もタビィの体重の規定量どおりの抗ガン剤2.0mlを注射しました。
投薬は、ステロイドがさらに半量になり、1錠の1/4に。体の負担も減ることでしょう。

大学病院の入り口には、桜の並木がありました。まだ固いつぼみだったけど……それを待ち時間中に眺めていたら、タビィは今年も桜の咲くのが見られるんだなぁ、と、しみじみ思いました。とてもとてもありがたいことです。神様に感謝せねば。だから2週間に1度の通院くらい、頑張らなくちゃ。

でも、昨日はトレーラーの宙づり事故の影響で、首都高、びしびしに混んでいた。泣。その中を、いったん帰宅し、タビィをおうちで休ませて、今度はディズニーシーに行っていた弟家族をお迎えにイクスピアリに移動。
20070223113616.jpg

アメリカ西海岸式でっかいハンバーガーをいただくも、途中で胃が痛くなり、断念。弱ってる、私?
まぁなぁ、昨日、合計5時間運転していたからなぁ。東京→神奈川→東京→千葉→東京の1都2県の移動だ。そりゃ、くたびれるわな。渋滞クラッチ踏みすぎて、左足のふくらはぎが今朝、筋肉痛。万歩計は4740歩しか進んでないのに(苦笑)。

でも、タビィの抗ガン治療やバドの目玉やパチの関節炎のために、ママは働くぞ。頑張るぞ。おーっ!(と、自分を鼓舞しないとやっていけない!)

小林さんの個展開催中
2007年02月20日 (火) | 編集 |
ただいま、写真家・小林伸幸さんの個展が、神保町の有名な喫茶店「さぼうる」2階の画廊で開かれています。小林さんは、いっつもいっつも仕事で頼りにしている、私の大好きな犬の写真を撮ってくれる人です。でも今回は、犬とは関係なくて、彼のいちばん芸術性の高い作品群の展示です。プラチナプリントというとても珍しいプリント法で、しかも和紙に焼いている。非常に趣のある写真たちです。
http://nobuphoto.com/platinum/
モノクロプリントなんだけどね、これが水墨画のようで、繊細な階調のグラデーションなの。ぜったいに印刷では表現できない。すごい、ほんとすごい。犬は写ってないけど(笑)、作品に吸い込まれちゃいました。白~グレイ~スミの濃淡がとても綺麗。葉っぱがね、モノクロのはずなのに、透明感があるというか、透き通って見えるんだよ。

しかもね、すごい大きなカメラで撮影しているのだ。約30キロもあるらしい。うーん、コーギーが入るサイズくらいのケージの大きさを想像してください。それをかついで、彼は、自然の中へ繰り出しているわけです。プラチナプリントというプリント法ももちろんすべて彼の手作業。このデジタル万歳な世の中で、このアナログぶりに拍手!! 職人といいますかね、やっぱり人の温もりが作品の中からちゃんと伝わってくるよ。

そして小林さんのセンス、情熱もすごいんだけど、もうひとつ。被写体である<自然>がすごい。自然って最高の芸術品だね。あんな優れた造形物は、人間には作れない。小林さんがこの個展のタイトルを「自然画」としている理由がわかる気がします。

写真が好きな人、自然が好きな人、印刷技術に興味がある人(!?)、ほんとぜひ見てほしい。
そして一緒に行った夫か恋人か家族か友達に「あなたはどれが好きだった?」と最後に尋ねてみるのも一興です。私は、たまたま、夫と同じ作品が好きだった。ちょっと驚いた。性格は真反対なのに。でもちょっと嬉しかった。

そして8歳半の娘は、違う作品をお気に入りで、本気で欲しがっていた。渋すぎるぜ、小学2年生のくせに(笑)。でも子どもでもこうした芸術に触れるってとても大事だと思います。こんな機会を与えてくれて、小林さんありがとう。

会期は3月3日(土)まで。日曜はお休みです。神保町駅A7出口でたらすぐ。ぜひ、ぜひ。
バド左目炎症
2007年02月19日 (月) | 編集 |
20070219135617.jpg

私の可愛いバドちんの左目に異変。10日前くらいからかゆがったり、目がしょぼしょぼしている。わりかし近所に腕のいい眼科の専門の先生がいるので、先週予約し、やっとさっき行ってきた。

幸いたいしたことなさそうで、抗生物質と消炎剤の目薬を2種もらって帰ってきました。病名はブドウ球菌の感染症なのか、いま自宅で書籍で調べたら「ぶどう膜炎」というのもあるんで、どっちを指したのか不明。インフォームドコンセントなんてまったくやる気のない先生なので、原因とか今後の対策なんて聞いても「不明」とあっさり言われてしまう。この私といえどもそれ以上つっこんで聞けない。そしてあっさり15000円くらいかかった。だけどね、それでも「眼科のときはK先生」と思っている。昔気質のお医者さんで、学者肌といいましょうか、感覚器は大好きらしくとても詳しい。愛想はないけど、腕はある。パチの耳血腫も、タビィのマイボーム腺の炎症も、バドの角膜潰瘍も、いつも診断と治療は適確だった(うちのメンバーも10何年も生きてると、けっこう眼科耳鼻科の特殊な病気やってますな)。ホームドクターにするには親身な感じがないので難しいが、愛想ばかりよくて中味のない先生も多い昨今……口ばかり達者で営利追求の営業マンのような先生もいるからなー、ほんとホームドクター探しは相変わらず難航してますが、でも頼りにできる専門医がいるのはありがたいことだと思う。

バドの前肢が目玉にヒットすると、一撃で角膜潰瘍になる。目薬を刺すとよけいに目をいじろうとするので、しかたないからエリザベスカラーをつけた(ほんとはタビィ用。バド用は径が大きすぎて家庭内では武器になるので小さい方をつけてみた)。パラボラアンテナ犬になった。
20070219141356.jpg

でもほんと、失明とか手術とか、こわい病気でなくてよかった。バドちん、早く治るといいね。カラーつけたからって、そんな恨めしそうな顔しないように。
20070219141752.jpg


パチバギー登場!
2007年02月18日 (日) | 編集 |
20070218183501.jpg

近所の公園に、もう桜が咲いていました。伊豆に自生する河津桜という種類で、早咲きの桜です。白梅と同じ時期に咲く。
20070218183756.jpg

この公園は去年できたばかりなので、まだ桜の木が細くてボリュームはないけど、やっぱサクラが咲くと嬉しいね~。

ちなみにこの公園、ご近所の乳幼児連れの家族や犬連れの人の憩いの場。低層規制区域の住宅地内にあるので高いビルがそばになく、南斜面にあるせいか、空が広く見えて気持ちいい。夜間はホームレス対策のためか門が閉まるので散歩に行けないけど、わが家の定番散歩コースです。
20070218184442.jpg

20070218184421.jpg

右側の三角っぽくとんがっているのが都庁のすぐそばにある新宿パークタワー、左側の背の高い方がオペラシティ、低い方はNTTのビルだっけか。都会のわりには空間が広い。年末の高崎旅行の河川敷の光景と似ている気がするのは私だけか。


そう、そして本題。パチバギーが登場しました!
名古屋で診察した結果、股関節形成不全は再手術後が順調で後肢は両脚ともほとんど痛みはないようなのですが、問題は前肢。左右ともに、ひどい関節炎でかなり痛みがあるそうで。やっぱりか。すごく曲がっているんだよね。散歩もすぐに座り込んでしまうのはそのせいだね。でももう手術ではどうにもできないって。検査の結果、リウマチではなかったので、それはまぁよかったけれど、病名がわかったとはいえ、どうもしてあげられない。リマダイル(痛み止めの薬)を飲むくらいの対処療法しかないとのこと。レントゲンを見ながら、そして触診しながら、先生曰く「これはかなり痛みがあるはずです」。そっか、パチ、仮病じゃなくてほんとにかなり痛いんだね。ときどき「抱っこ、抱っこ」と目をキラキラさせるのは、ちょっと仮病っぽく見えるときもあるんだけどさ(ちょい笑)、無理強いは前肢をよけいに痛めちゃうね。

しかし、犬友達にどんなにお勧めされても、小型犬ワンちゃん用乳母車に抵抗のあった私。ほら、私にはどう考えてもラブリー過ぎて似合わないっしょ。それに夫もね、毎日散歩行ってくれますから、彼もちょい恥ずかしいというからさ、買っても使わなかったら意味ないしなぁと思って、なかなか買う勇気がなかったのよ。
でもパチの関節炎は待ったなしの状態とわかり、いよいよどうしよう……と思ったとき、そーだ、昔マチュがバブバブだったときに使っていた人間の赤子用バギーがあったじゃん!と思い出したのだ。広島の姪っ子にお下がりしていたんだけど、彼女も最近はもう使っていないというんで送り返してもらったのであーる。Hちゃんありがとう。こんなデカイもの、宅急便で送ってくれて。
20070218185810.jpg


どう? すごくいい感じでしょ。パチもすごく嬉しそうなのよ。アスファルトの道はなるべくバギーに乗せて、公園の芝生や土などの柔らかい路面では、筋肉が落ちないように自分の肢で歩かせる。痛がるようなら、帰り道はまたバギーに乗せる。よしよし、大変よい感じ。このバギーはもともとジョギング用乳母車なので頑丈だし、タイヤも大きくてクッション性もよい。大人の男(または男気のある女)が押していても許されるデザイン。リユースしましょ、リユース。
肢の悪い中型犬さんの飼い主さん、この作戦、オススメですよ。愛犬のQOL(クオリティー・オブ・ライフ)の向上のために、お互いめげずに頑張りましょう♪ ちなみに肢の痛い子は、バギーに乗るとラクなのをすぐ覚えるので、嫌がって下りようとはしないはずです。でも万が一にも、気になる犬が突然現れたとか、大きな音にびっくりして飛び降りようとする可能性もなきにしもあらず。万一をつねに想定し、リードはちゃんと握っていましょう。パチは乗馬クラブの馬のニオイに反応して、急に興奮したりするから注意してます。
春うらうら
2007年02月17日 (土) | 編集 |
好きなものは好き、キライなものはキライ。
仕事のできないヤツはキライ。感度の違う人は苦手。
好きな人と飲むと、お酒が美味しい。好きでない人と飲むと悪酔いする。
やるときはやる。やらないときはやらない。明日でもいいことは明日にやる。
そんな「大人しくない大人」ばど吉でございます(笑)。みなさま、春のはじまり、いかがお過ごしでしょう。
私は、今日は久々にまったりとした休日です。昨夜は昔から仕事でお世話になりつつ、仕事仲間から立派な仲良しに昇進にしちゃった大好きな編集者&カメラマンさんと、楽しくベルギービールを飲み干しました。いい酒だったな。公私ともに盛り上がれる、信じられる方と仕事も遊びもできることは、とっても幸せなことだ。きっといい本ができあがる。

さて、本日はわが家のちいちゃいカメラマンの仕事を紹介しませう。<撮影(c)マチュ>
20070217145610.jpg

テレビで動物カメラマンがアドバイスしていた「楊枝をカメラの下に置いて撮る作戦」を一人で実行したそうな。こうするとぶれないし、低い目線から撮れるらしい。なるほど、なかなかよいアングルだ。
20070217145832.jpg

ついでにクマちゃんもとなりに置いてみちゃったりして(笑)。

20070217145923.jpg

ついに、タビィが抜きになっちゃって(笑)。
いろいろなものを床の高さで撮影していました。
けっこう子どものアイデアって、新鮮で楽しい。独創的。
大人になっても、こういう頭の柔らかさ、大事にしたいもんです。

追伸:「大人しくない大人に」という車のCMコピー、すごくカッコイイ。あ、そういえばいまHONDAの車のCMにはワイマラナーが2頭でてるね。あれ、撮影は国内なのかな。日本にいるワイマラナーだろうか。ちょっと顔や体格が違う気がするけど。やっぱりワイマラナーはフォトジェニックな犬だね。

朝は眠いです
2007年02月16日 (金) | 編集 |
おはようございます。二日酔いじゃないのに、太陽がまぶしいです。数時間前まで校正のFAXやりとりしたり、原稿書いたりしてたのに、昼寝分ほどちょい寝て(でも〆切前だから夢ばかり見て安眠できず)、もう朝が来てしまった。

朝パチ(パチは日当たりのいい3階が好き。ひとりでも3階が好き)↓
20070216082502.jpg

朝タビ(もう私の仕事の椅子の下に陣取っている)↓
20070216082534.jpg

朝バド(食後すぐには寝られず、鹿骨囓って遊んでる)↓
20070216082742.jpg

朝まめ(また、おかま猫。おおいかぶさりバージョン)↓
20070216082851.jpg


今日は午前中、マチュの学校公開日(昔で言うところの授業参観)があります。それまでに原稿が終わるかな。行かないとマチュに悪いんだけど、間に合うかな。できるかな。がんばろっと。

鹿肉ブラボー!
2007年02月15日 (木) | 編集 |
犬友達から今年も鹿肉が来ました~♪
ドゴ・アルヘンティーノの兄弟犬が、関西方面で実猟犬なのさっ。そう、その兄弟犬が狩りして捕ってきた、ほんまもんの天然もんです。
わたくし、以前、国際的な自然保護団体に勤めておりましたが、自然の恵みをありがたくいただくタイプです。そのかわり食い尽くさない、取り尽くさない、そういうことに荷担しないというのが個人的ルール。絶滅させないで、持続可能に自然の恵みの一部を感謝して頂戴するのは、悪いことだと思っていない。残酷だともあんまり思ってない(中学生のときから手術の見学も平気だし)。ヒトも動物と同じで、食物連鎖の一部だもんね。生きる者、喰う。喰うから生きられる。

というわけで、バーバリアンな白石家。もちろん犬も野性的に育てております。しかも生食です。
20070215140537.jpg

ま、かっこよく言えばジビエですな。ジビエとは「狩猟による鳥獣肉」。狩猟民族だった西洋人はごく普通に食卓にのるそうです。私は日本人だけど、どう見ても農耕民族っぽくないしな。誰から見ても狩猟民族系と言われそう(苦笑)。子どもの頃からスポーツ・ハンティング(キジなどの鳥だけど)に付き合ってたしな。ライフルやガン(これはLAで)打つの好きだし。それにしてもワイマラナーに鹿の脚はよくお似合いね。ほほほ。あんたもドイツ育ちなら、猟に使われてるよ。
20070215140945.jpg

猟犬じゃないけど、コーギーだって目がらんらん。まぁ、ただの食い意地大魔王なだけですが。
20070215141431.jpg

すげー破壊力です。楽しそうです。バドにとって生きる喜びです。DNAの中の記憶がそうさせるのか。無我夢中です。
20070215141506.jpg

そして、30分後には、3本の大腿骨はこうなりました。↓
20070215141641.jpg

タビィはおばあちゃんのせいか、食い意地は人一倍(犬一倍)だけど、まだ長いまま残っていました。
意外と破壊力が強いというか根性みせるのがパチ。
そして当然バドは、じーちゃんというハンデもなんのその、相変わらずの強靱なアゴの力を見せてくれました。あっぱれ。

でも全部食べると下痢するから、取り上げました(続きはまた翌日に小出しにした)。そして下痢や、腸癖に刺さるとまずいので、翌日のごはんはジャガイモをゆでていっぱいあげたら、大丈夫でした。加熱した骨よりも、生の骨の方が意外と安全なような気がするな。

しかし。生の鹿骨のせいで、またもや部屋が血のにほひ。バドのふとんも血だらけ。これがツライな。くーっ。ママは洗濯の鬼になりました。犬に犬らしい悦びを与えるのは、都会の室内飼育者には大変ですわい。

人間も食べました、鹿肉ステーキ、鹿肉バーベキュー。キッチンで親子で立ち食い(笑!)。柔らかくて美味しかったぁ。まだあるんだ。そして鹿刺し分も大事にキープしてある。うほほほほ。ドゴのお兄ちゃん、ありがとう。ごちそうさま。今度はイノシシ、待ってるからね(笑)。

BOSEちゃん素晴らすぃ!
2007年02月12日 (月) | 編集 |
今日はいいお天気ですな~。気持ちいいです。しかし東京はこの冬、雪が未確認。気候変動が懸念される今日この頃。もう梅も咲き始めました。このまま春になっちゃうのかな。これでいいのかな、いいわけないよな。

さて先日、いきおいでついに手に入れたBOSEミュージックシステム、最高に気に入ってます!
BOSE.jpg

いちばん上の白いちっちゃいやつです。CDとラジオが聴けます。こんなにちいちゃいのに、ほんと音がいい! びっくりだよ!
私は幼少の頃から、かなりの道楽者の今でいうオーディオオタクのいた環境で育ったので、オープンリールのデッキや8スピーカーとかのものすごいセットで、SLの音とか民謡とかなんでも大音響で聴かされていたせいか、3つ子の魂とは恐ろしいものでけっこう音質にはうるさい。低音がだめなやつとか、音を大きくすると音割れするようなちゃちなアンプやスピーカーのものは「そんなら聴かない方がいいやいっ」と思ってしまうほど。昨今のi-podちゃんも便利ですけど、あれもなー、なんだかなー、音がなー、硬いっちゅーかなんちゅーか、ちょっと苦手です。一応夫がプレゼントしてくれたので文句は言えませんが(言ってるじゃん)。

その点、BOSEちゃんはそこいらで適当に売っているメーカーのラジカセとは訳が違った。すごいよ。あまりの音のよさに感動し、結局そのままリビングに置いている。本当は仕事部屋用に買ったはずなのに。うーん、頑張って働いて、もう1台買っちゃいたい。ついでに言うと、BOSEのヘッドフォンも欲しいぜ。大きな音で聴いても音が割れないやつ。
仕事に取りかかる直前にね、ガーッと大音響で聴くとね、アドレナリンがごわーっと出る。気合いが入り、集中力がやたら高まる。この作戦は、ボーボーにお尻に火がついた状態の私の荒技なのだ。覚醒剤というか、覚醒音楽? でもあんまりやると耳が難聴になるかも。ははは。

さてさて今日も原稿頑張るぞー。いよいよ(今頃、いよいよってのが問題だが)子犬本、本気でいくぜーっ!!

追伸:もうじき出る記事で書いたんだけど、犬は、高音(犬笛など)を聞き取る能力は人間より優れているんだけど、音階やメロディーや音量を人間ほど聞き分ける能力はないそうな。私がリビングや車の中でノリノリ♪で聴いている音楽は、雑音にしか聞こえないらしい。いつも車内でバドに迷惑そうな顔をされ「ふーっ」とため息をつかれてしまうのは、そのせいなのか。猫に小判、犬にBOSEですな。
20070212133000.jpg


楽しかった「猫だ!パーク」取材
2007年02月11日 (日) | 編集 |
おとといの金曜日、房総半島の先っぽの方にある「猫(にゃん)だ!パーク」に雑誌の取材のために行ってきました。東京駅八重洲南口から「房総なのはな号」という高速バスに乗って2時間。東京湾アクアライン・海ほたる経由で、お天気もよく、ちょっとした旅気分だった~♪

「猫だ!パーク」は、ショッピングモール内の1施設という感じ。たいして広くはない。猫放し飼いブースに入ると「臭い!」というのが第一印象。猫がこれだけいたら、まぁね、マーキングするヤツもいますから、そのニオイですね。排泄物の掃除はきちんとしてあり、糞尿のニオイではない。ともあれ、人間、鼻なんてすぐに慣れちゃうのよね。たぶん数分後にはニオイのことは忘れておりました。そして、猫だらけの空間は、けっこう楽しい。みんな寝てばっかだけど(笑)。おやつタイムは大勢がわらわらと集まってきた。
20070211113536.jpg

その姿をきゃーきゃー見ていて、だいぶ食べ終わったときに、やっと写真撮ろうと思い出した私。ほんとはもっとわらわらおります。
20070211113831.jpg

図鑑でしか見たことのない猫種もいっぱいいて、勉強になりました。

[READ MORE...]
猫ロケ続く
2007年02月08日 (木) | 編集 |
20070208123242.jpg

原稿に手をつけられないまま次の取材&撮影が毎日入ってしまう先週と今週。今日は自宅で、猫の抜け毛特集の一環のハウスキーピングのロケ、明日は房総なのはな号に乗って、また猫の取材に行く。
早くニューファンの原稿も書かなきゃ。くるくるくる~と空回りしている私。焦る、焦る。
そして、まめちゃんは今日もいつもの定位置で、おかま猫。保温中は暖かいし、往来の人やカラスやスズメちゃんが見えて楽しいらしい。バドたちは床暖房の上のベッドで朝寝~昼寝~夕寝~夜寝。老犬は寝てばっかだ。犬猫は今日もハッピーそうだ。ママは頑張りますよ。くすん。


映画「松ヶ根乱射事件」
2007年02月07日 (水) | 編集 |
私が「万歩計の師」と勝手に尊敬している編集長Aさんが「すんごく笑えておもしろい映画だけど、ほかの人はどう感じるのか知りたい」といい、プレス用試写室の案内状をくれました。そんで昨日行ってきました「松ヶ根乱射事件」。
20070207124603.jpg

正直、私にとってはNo goodかな。まぁ、私は母の影響でスカーレット・オハラとかヘップバーンとかヒッチコックとか(全然並列でない例ですいません)で育っており、寅さんやサムライものはテレビでも一度も見たことがないタイプゆえ、邦画独特の暗っぽい画面、重そうな雰囲気に馴染めないだけなのかもしれない。

ゆるい、情けない、根性のない人々の日常。ほとんど車も通らないような田舎。そのくせご近所には素行不良はみんなばれてる。私はそういう土地で暮らしたことがないせいか、感情移入できず、「なんでこんなに情けない生き方で許されるんだ??」と不思議に思い、イライラしてしまう。
でも、独特の「間」や、静かな狂喜とか残虐さ、愚かな情けない人間という描写はまんざら嫌いではない。警官役のコウちゃんのその後が見てみたい。でもあのエンディングだからこそいいんだけど。あ、それとキム兄があんなにいい演技をする方とは。初めて知りました。いい。いけてる。役者さんはみんな味があって、よかった。

てな感じで、なんとも批評しにくい不思議な映画だったけど、新しい世界を見た気がします。価値観、正義感、道徳心、根性……そしてそれを感じ取る側の感覚も、人間いろいろだなぁ。だから芸術って、正解がひとつじゃないのだね。
えーこの映画、2/24からテアトル新宿ほかでロードショーです。
http://www.matsugane.jp/

キッザニア東京に行く
2007年02月04日 (日) | 編集 |
日曜返上でお仕事している“貧乏暇無し”ばど吉です。
なぜかと言うと毎週末、遊び過ぎているからさ~。昨日は「キッザニア東京」に行ってきました。ちびっこが職業体験でき、大人の世界を体感できる、メキシコ発の子どもが主役のテーマパークです。
http://www.kidzania.jp/top.html
20070204185916.jpg

6か月先まで予約がいっぱいという大人気ぶり。噂には聞いていたが……。今回はお友達が誘ってくれたので便乗して初めて行ってみた。

すんご~くおもしろかったよ。正確には、大人は引率に過ぎないんだけど、子どもがめっちゃ楽しそう。マチュのいちばん目当てはCA(キャビンアテンダント)!! ANAのエプロン姿になって大満足。そのために入場前2時間半近く並んだかいがあったよ、……というか親は大変だよ(泣)。

でもね、子どもサイズのミニチュア・はとバスや救急車やクロネコヤマトトラックに乗り込む、本物と同じユニフォーム来た、ちびっこたちの可愛いこと可愛いこと。働いたら「キッゾ」というお給料が貰えるの。そんでその貨幣を握りしめて、みんなくそまじめな顔して、三井住友銀行の口座やJCBカード作ったりするわけですよ。
20070204190019.jpg

20070204190039.jpg

20070204190054.jpg


マチュは、CA→グラフィックデザイナー→救急救命士→倖田來未になりきった歌手→ガソリンスタンド店員に挑戦しました。なぜかガソリンスタンドに憧れていたマチュ。ママがアルコールとガソリンで動いているからね(笑)。それでこそ、わが娘じゃ。

全部で約70種類もの職業があるそうなので、とうぶんキッザニア熱は終わりそうにない。甥っ子や姪っ子も連れて行ってあげたいな~。

撮影でうらうら~
2007年02月02日 (金) | 編集 |
昨日はハウススタジオで子犬本の撮影で、朝の9時半から夜の9時半まで立ちっぱなしだった。
生後6か月のむくむくピレネーちゃんや、壊そうに小さいパピパピの3か月のチワワちゃんなど、いっぱい子犬に会えたのは嬉しかったけど、くたびれたよ~(泣)。しかも万歩計はたった1700歩。がびん。立ち仕事だったが(&コンビニおむすびを立ち食い)ちょこちょこ動く程度で、あんまり歩いていないことが判明。くたびれ損。足がむくみ、今朝ふくらはぎが痛くなっただけであった。しかも大理石の床って硬いから、犬にも滑るからよくないけど、人間もひざが痛くなります。高級品が合わない体なの、私。

そして今日も12:30から続きの撮影がある。ふぅ~っ。
20070202095346.jpg

バドはいいな。朝から乾燥馬レバー入りコング囓って、楽しそうだ。タビパチもケージの中で囓ってる。
20070202095441.jpg

まめもいいな。朝からストーブの前で丸まってるよ。ちぇーっ。

午前中に別の仕事の校正をしてから出かけなきゃ。しかしBOSE買ったんだから文句言ってないで働こう。へいへい。早く春にならないかな~。桜、咲かないかな~。(現実逃避)(あ、でも昨日、スタジオの庭の梅が咲き始めてたよ。いい匂いだった)