クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
ぷちマイブーム万歩計
2007年01月31日 (水) | 編集 |
20070131160820.jpg

ただいまのマイブーム(この言い回しも古いが)は、万歩計。(バド、かなり迷惑そうな顔です)
形から入る私は、オムロンのちょっとおしゃれな万歩計を選びました。
20070131160842.jpg

きっかけは、某編集長が昨秋から「万歩計」「と「耳ツボの鍼」をしていたと聞いたこと。そしたら、会うたびに体の幅が狭くなるような感じでみるみるお痩せになられて、先日会ったときには秋から8kgも減量したというじゃありませんか。うらやますぃ~。今はもう鍼はやめているけど、歩くのは継続。「ジムに行くより何よりいちばん続けられるのは歩くこと」。いやはや説得力あるお言葉です。それだけ痩せたら美人にもなるけど、もちろん健康にもいいよね。最近自分の体が重たくて、よけいに負荷がかかり、腰痛になっている気がする私としては、もうチャレンジするしかないと!(ほんとは秋から聞いていたんだけど、辛いことは後回しにする性分なので、数ヶ月案件として放置していました)

厚生省の推奨は、大人1日1万歩。某編集長の目標値は15,000歩。渋谷~表参道、渋谷~恵比寿は徒歩で移動するそうな。すごすぎる。でも、私はそのときはまだ本当のすごさに気がついていなかった。
ウキウキで赤い万歩計を先週金曜購入し、週末の箱根旅行に持参した。一応、私なりに不摂生な生活は自覚していたから、たいして万歩計がカウントされない予感は十分していたので、まず旅行で使ってみて、15,000歩がどれくらいか体感してみようと思ったわけです。
しかし。
土曜日(代々木~箱根移動日)/3,964歩
日曜日(箱根~代々木移動日)/3,479歩
月曜日(娘夕方学童館とプール送迎)/4,391歩
火曜日(娘の送迎無し。家で原稿書き)/1,112歩

なんですとー!? たしかに箱根のユネッサンでは水着だったので万歩計は携帯できなかったから、本当はもっと歩いてはいる。でも、翌日は終日付けてたんだよ。いくらロマンスカー移動だからといって、3,000歩台とは!
月曜日、自転車時も秘かに多少はカウントされるもようですが、学童館(原宿)~プール(外苑)まではお友達家族と歩いたのに、それでも4,000歩台ですか!?
そして、娘の送迎をしないで家で原稿書きの日は、厚生省推奨の10分の1、某編集長さんの15分の1だよーッ(大泣き)。いかにわたくしが日々不健康な状況なのか、身に染みた。くーっ。会社員の方なら、通勤だけでも駅で階段上がり下りとかあってちゃんと体を動かしているんだよね。ああ、もう、だめだー。

しかも本日はすでに夕方4時半だというのに現段階で、358歩。おいおい、まだ3ケタかい!
バドちん、一緒に今から郵便局に付き合ってくれ~い。
ついでに言うと私が1万歩を越えるためには、健脚な若い犬をもう1頭飼うしかないのかも……だって、タダで歩くのいやなんだもーん。犬と一緒じゃなきゃ歩けなーい。

[READ MORE...]
ドゴの映画『BOMBON』
2007年01月30日 (火) | 編集 |
1週間前くらいから目が痒くて、涙目で、「なんか免疫力落ちてるなぁ」と思っていましたが、やっと昨日、娘の保護者会でのほかのお母様方の会話で、世の中にすでに花粉がはびこっていることに気がつきました。どーりで集中力がないわけだ。いや、花粉症のせいなのか、ほんとに。でも実際目がやたら痒いし、ボーッとしちゃう。やだやだ。魔女のお茶、タビィと飲もう。
ボーッとしたついでに(ついでか?)、長年欲しかったBOSEのウェーブミュージックシステム買っちゃった。前のSONYのCDラジカセがぶっ壊れて、仕事部屋で曲が聴けない日々だったので(もう今はラジカセとは言わないんだろうな)。それに今から子犬の単行本を1冊書くので、2月は撮影以外ほとんど仕事部屋に缶詰なんです。だから、音楽は必要。と、自分を正当化してみる。タビィの病院代も大変なのになぁ……でも数ヶ月我慢生活していた反動かしらん。ともあれ、BOSEを買った以上、もう言い訳できないから一生懸命、子犬本を書くしかない。うむ。スガシカオの1月24日発売のベストもいい。ノリノリだ。さあ、働け。(ウィルコムかなんかのCMコピー、私いちいちびびってます)

と、話がそれましたが、その花粉症の始まりらしき先週の火曜日、某出版社の編集長さんのはからいで、映画の試写会に行ってきました。なんと、ドゴ・アルヘンティーノとおじさんが主役の映画です。めずらし~。さすがドゴの故郷のアルゼンチン映画。タイトルの「BOMBON」(ボンボン)は、その立派なオスのドゴの名前。リストラされて、貧乏で、やたらツイてないおじさんが、未亡人から半ば強引に犬をプレゼントされちゃうのが物語の始まり。その未亡人のだんなはフランス人だったから、BOMBONなんて可愛い名前ついてるのね。
BOMBON2.jpg

貧乏ながらドゴと暮らすうちに「わらしべ長者」のように、少しずつ運が向いてくるおじさんの話なんだけど、とにかく全編とてもゆる~い感じ。なにしろ主役のおじさんは、本職は本当にガレージで働く普通のおっさん。犬も「あの興奮しやすくて甘ったれでそのくせ頑固なドゴが、いったいどんな演技を見せてくれるのか!?」とワクワクしていたけど、いやー、そのまんま、ドゴなんです(笑)。でも、それがいい。
私はフランス映画とかの、また~りとした、人生まぁいろいろあるけどね、それでも人生意外と悪くはないかもね、みたいな明確な答えのない映画も好きなので、この映画はけっこう好き。1本道が延々と続くパタゴニアの乾いた空気の景色も好き。
ハリウッド大作の勧善懲悪、ドンパチ系が好きな人は途中で眠たくなる危険性大ですが、なんかこう、日々のストレスがたまってキーッとなってしまいそうな人こそ、こういう映画でほんわり、くすっとなってほしい。ドゴやフレンチブルなど、あれ系の短吻種の犬が好きな人も必見です。ドゴが主役の映画なんて、そうそう見られないし。
ちなみに配給会社の担当の方の愛犬もブルテリアなんですって。犬好きの方が、日本にこういうメジャーじゃないけど個性的な魅力のある映画を持ってきてくれるのも嬉しいよね。試写会では、センスのいいパンフレットとともに、国の失業対策のプロジェクトで作られたというホネもいただきました。うちの犬は一撃で壊しそうなので、もったいないから私は犬にはあげないけど。
BOMBON1.jpg

4月、シネカノン有楽町ほか全国でロードショーされるBOMBON。春の愛犬家の文化活動の一環にいかがでしょう。
http://www.cqn.co.jp/movies/index.html#bombon

冬の箱根旅行
2007年01月29日 (月) | 編集 |
昨日おとといの週末は、娘の保育園時代からの仲良しチームと箱根旅行に行ってきました。新型ロマンスカーに乗っていったよ。
20070129124115.jpg

20070129124204.jpg

先頭がガラス張りで客室だから、運転手さんがこんなはしごで上段の運転席に上がっていった。こんなことでいちいち感激する(私たちを含む)1車両目の乗客。運転手さんが白い手袋で手を振ってくれたから、みんなで喜んで手を振っている図。

箱根では、ユネッサンに行ったよ。温泉テーマパークのようなユネッサン、露天はチョー寒くてなんでこんなくそ寒いのに、みんな水着着て(しかも雪の残る外でビキニで歩いている女の子もいるよ)何が楽しい~!?って内心思ったけど(男は、ひしめきあうジャグジーの中で水着の女の子と急接近できて嬉しいのかもしれない?)、我々のようなママ6,ちび8人のご家族連れご一行様は、盛り上がりましたね。なにしろ子どもが喜ぶんですわ。お茶風呂とかチョコレート風呂とか洞窟風呂とか、極寒のウォーター・スライダーとか。まー、もちろん私も好奇心で一発スライダー滑りましたけどね。飛んでいったバナナになるかと思うくらい体重で勢いがついてしまいました。

あ、いちばん気に入ったのは「ドクター・フィッシュ」!。一時期流行ってましたね、トルコかなんかの温泉で本当に生息している2~12センチ程度の魚で、皮膚病を食べてくれるってやつ。ほんとに足に吸い付いて、ウマウマしてくれた。くすぐったい妙な感覚でおもしろいし、去年湯たんぽで火傷して残ってしまったお馬鹿さんの私の左足の黒いアザもウマウマしてくれて、ほんとに薄くなった。となりのMちゃんは周囲の人が驚嘆の声をあげるくらいお魚が群がり、かさぶたをすべてはぎとられておった(爆)。ああ、おもしろかった。この魚、飼いたい。
20070129130339.jpg

そして夜は宿で温泉に入り、意外にも(失礼)美味しいお夕食。
さらにお楽しみはこれから。とうぜん繰り広げられる酒宴ですよ。なぜか(当たり前か)酒豪ばかりがお友達として君臨しているので(笑)、夜通し宴は続く。大バカ笑いしながら仲良しと飲むお酒は美味しいね。最高に楽しかった♪

翌日は朝から露天風呂に入り、宿でのんびりして、登山列車に乗って戻ってきました。本当に楽しい週末でした。

ちなみに、パパと犬ちゃんずはお留守番。おかげで道中ロマンスカーの中でさんざんビールが飲めた(笑)。普段は犬がいるから旅行はもっぱら車で移動のわが家。たまには電車の旅もいいもんです。パパ、ご協力ありがとーございました♪ 温泉饅頭と干物でも食べてくれい。
20070129130257.jpg


抗ガン剤治療4回目
2007年01月26日 (金) | 編集 |
昨日は2週間おきの抗ガン座治療第4回目。A大学に行ってきました。10月から初診+放射線治療4回+抗ガン剤治療4回、合計9回目ともなると(さらにこの間、別の仕事の取材でも1回)、道中も慣れてきて裏道なんぞを開拓するほどになってきた。往きは代々木から車で1時間。でも帰り道は、高速道路代セーブのため(ルートにもよるが片道1200~1500円くらいかな。ETCだとよくわかんないのよね、中央道はちょこちょこゲートがあるし)鶴川街道~世田谷町田線~世田谷通りと一般道を通るので渋滞もあり2時間ちょいかかる。そのため、やはりくたびれて早寝になってしまう。

でも、おかげさまでタビィは順調です。再発はありません。昨日の血液検査、レントゲン検査の結果もOKで、再発もなく、肝臓が悪くなるなどそのほかの臓器への影響もないようです。ステロイド投薬のせいでのどが乾きやすく、飲水量が増えるためにときどきオシッコの失敗はあるけれど、それ以外は副作用らしきものはまったくなし。よく食べます、よく動きます。免疫力が下がった様子もなく別段普通どおりの生活をしています。当初よく起こしていた下痢もないので、ただ単にあれは親バカの間違った愛情で生肉にあげすぎだったような気がします。まぁ、多少は初めての抗ガン剤で体がびっくりして免疫が下がり、下痢しやすかったのかもしれないけど。
というわけで、今回から肥満細胞種用として最も一般的な抗ガン剤「ビンブラスチン」量が増えました。
1回目……0.8ml(初回のお試しのため少量)
2回目……1.8ml(下痢はあったがその他問題ないので増量)
3回目……1.5ml(水下痢を心配し、減量)
4回目……2.0ml(副作用がないのでこの体重のコーギーの基本量に増量)
20070126110956.jpg

まぁ、おうちに帰るとこんな調子。でもこれは抗ガン剤注射で疲れたというより、ドライブで疲れたという感じでしょう。同行したバドとパチも、帰宅したらグウグウ寝てたからね。昨夜と今朝の散歩でも下痢なしなので安心しました。ただ、抗ガン剤がいちばん体内にまわるのは注射後1週間ほどなので、今からも注意深く様子を見てあげないとね。

昨日はエコーはなくて、レントゲンの日だったせいか、25000円くらい支払いました。エコーよりレントゲン検査の方が高いのかな。って、相変わらず丼勘定な私ですが。あ、そうだ、2週間後と3週間後の木曜はどうしても取材と撮影が重なり、夕方娘の世話係も必要なため、夫を連日休ませるわけにもいかず、次回予約を4週間後にしてもらった。だから今回は薬が4週間分出ている。それでいつもよりは高いというのもあるな。

昨日はお友達の同僚の方ん家の、一度ガンになったけど無事復活したシーズーちゃんちのパパに、病院待合室でお会いしましてご挨拶しました。定期検診だったようです。15歳というのに、子犬のように可愛い顔した子でした。でも15歳ってすごいね。パパとママの愛を受けて、長生きしてね。お互い頑張りましょう。

それにしても夫に言われて気がついたんだけど、どうして犬の病院ってご夫婦揃って来ている人が多いのかな? たしかに大学病院に通院している子は、町医者で無理だった大病の子が多く心配なのもあるだろうけど、でも町の動物病院でもご夫婦やカップル揃って来ている人は多いと思いません? 人間の娘の小児科では、わざわざパパまで会社休んできている人は見たことないぞ。ママなしでパパだけが連れてきているケースはあるが。なぜだ? 大型犬で車を出さないとだめだから運転手パパが必要なのか? いやしかし、半数以上は電車に乗れる小型犬だぞ。夫に意見を聞くと「犬は喋れないからよけいに心配なのでは」。うむ、なるほど。喋れない分、オロオロと心配になってしまい、別の人にも寄り添って(責任を2分割?)したくなるのだろうか。
……それか純粋に、こましゃっくれた人間のガキよりも何歳になっても愛しく、心配が募るからかなとも思う。やっぱり犬は(猫も)、かけがえのない存在なんだろうなぁ。
老夫婦が大事そうに愛犬を抱っこして、顔を撫でてあげている光景は、見ていてほんと心温まる。犬はかすがいといいましょうか、夫婦で犬を大事にしている人っていいなぁと思う。共通の、守るべきものがあるって、素敵なことだと思います。


バドタビィ撮影出番
2007年01月23日 (火) | 編集 |
えー本日は昨夜の楽しい宴をひきずりまして、ゆるゆる~としております。今日は車の運転をしたら、まだ酒気帯びかもしれないからやめとこう(笑)。
さて土曜日の午後、うちで某犬種団体の機関誌特集記事のため、サクッとバドとタビィの撮影をしました。犬種団体用なので垂れ耳で雑種のように見えるパチはモデルお休みです(雑種だってめちゃ可愛いのにな~)。
20070123141709.jpg

バドちん手慣れたもんでございます。さすがです。仕事が早いです。12年間、ライター(企画・編集含む)のママの相棒を勤めてきただけある。
20070123142014.jpg

サクサクッと完璧なポーズをとり、私の顔をまっすぐ見るためにカメラ目線も思いのままのバドを見ていると、いつもの甘ったれの分離不安なアホも、こんなときには最高に役立つと思ってしまう。
20070123142348.jpg

某犬種団体の会員のみなさま、次号くらいの特集でこの顔にピンと来たらニヤッとしてくださいね。それにしても目が離れていてマヌケな顔だ(でも世界でいちばん可愛い)。柴犬飼っている私のおじちゃまはバドのことを「うなぎ犬」というけど(爆)。

このあと代々木公園に移動し、お外でのロケもタビィちゃん完璧。2テイクであっという間に終了し、ブログ用写真を撮るヒマもなく、小雨だったのでサッサと撤収しました。
みんなご苦労さん。いつもありがとう。
カンパチ万歳
2007年01月21日 (日) | 編集 |
1週間風邪をこじらせ、鼻をかむたびに鼻血がでておりますが、もう〆切に猶予はない状態でございます。でも鼻水はまだ出るけど、お酒が飲めるくらいには復活しました。お酒が飲めるかどうかは私の健康のバロメーターです。

このように仕事山積状態でありながら、昨日、となり町にできた、安くて、魚も新鮮で、しかも駐車場完備の、この界隈の救世主のようなスーパーマーケットに、家族全員(もちろん犬も)揃っての初詣(今頃になってしまいましたが、八幡様、今年もよろしくお願いいたします)の帰りに寄ってきました。そこで発見した、カンパチの頭、なんとたった500円!!
20070121151605.jpg

すんげー! でっかい! 刺身でもいいって! でもオーブンでカブト焼きでもいいんでしょ。ちょっと買ってみちゃう? って、相変わらずバーバリアンな白石家。キャッキャッ言いながらカートに乗せていたら、鮮魚売り場のお兄さんが「焼いてももちろん大丈夫ですよ。シール貼りましょう」と、さらに30%引きのシールを貼ってくれた(うち以外に買う人はいないと思われたかしらん?)。
20070121152003.jpg

「うわー、ベロがあるぅ!」と、マチュもまめちゃんも興味津々。まめちゃんはカンパチの脳天に食らいつきました。おいおい、やめろー。
20070121154828.jpg

生魚は苦手です、というドイツ人のバド様は、恐る恐るニオイを嗅ぐだけ。
20070121152246.jpg

そしてパパによる解体ショー。てっきりカブト焼きにするものと(ものぐさな)私は決めつけておりましたが、パパは「お刺身にできるとこは、とーぜん生で食べるでしょ」と、強引におろしてくれました。これがね、最高に旨かったです!!脳天のあたりの肉は、イカのお刺身のように甘いとろみがあったし、ほっぺのへんはかなり食べるとこありました。親子3人(&猫のまめちゃん)でまな板のそばで立ち食い状態で、わさび醤油を用意し、身がほぐれたところから次々と食べちゃいました。
そしてそのあとオーブンでカブト焼き。いやー、最高に美味! 目玉のちゅるちゅるしたとことか、軟骨というかコラーゲンっぽいとこ(魚もコラーゲンっていうのかな)もまるで豚足のようにプリプリだった。肉も意外なほどついてて食いでがありました。

さらに。30%引きで買ったくせに、ここで終わらないのが白石家。第2部、犬猫ちゃんずのお楽しみタイムです。焼いたら、バドでも大丈夫なのさ。でも、最初はキッチンでいつもどおりお茶碗で食べてたのに、大きなかたまりは、コーギーズはほかのヤツにとられまいとケージに持って逃げるし(尻しか見えないので写真なし)、バドはベッドに持っていき、寝転がりながらゆうゆうと楽しんでました。ああ、大事なBママプレゼンツのベッドが魚くさくなる~っ。
20070121153225.jpg

20070121153505.jpg

かなり時間をかけてご堪能。よかったね。今朝、下痢することもなく、問題なし。なので今日の朝ごはんもまた残りのカンパチちゃんを食す。大きなかたまりを床にボトンと落としたから「今日はもういらないのかな?」と思ったら、あとで食べるために楽しみをとっておいているだけだった。ああ、床も拭かねば。しかしそんなに美味しいのか、カンパチって。バドがこんなに食べる魚は珍しい。それに前回マグロでおなかを痛くしたかもしれないパチのことも心配していましたが、カンパチの方が骨が硬くないみたい。
20070121153849.jpg

20070121153822.jpg

こうして大きな大きなカンパチの頭は、容器を残して骨ひとつ残らず食い尽くされました。ついでに言うと、カンパチの入っていた北海道の漁協の容器はひっくり返してバドのお茶碗台にしたら、ちょうどよい高さでした。リユースじゃ。
さらにオチとして、スーパーの袋に残っていたレシートを見たら、レジの人ったら30%のシールを間違えて、50%割引になっていた! 私たち、250円でこんなに楽しんだのね……。すごいコストパフォーマンスだ。ごちそうさまでした。
こんなふうに、週末のささやかな幸せに興じる白石家。カンパチの栄養をもとに、今から私は原稿書きまーす(ちょっと泣)。


年末年始の美味しい思い出(2)
2007年01月19日 (金) | 編集 |
日曜日からダウン気味だった風邪がようやく治ってきました。長かったぁ。でも水曜日は雪が今にも降りそうな冷たい灰色の空の下、伊勢原に災害救助犬の取材に行ってきたよ。外国の地震の救助にも派遣された優秀なマリノアにも会えた。でもその輝かしい成績より惹かれたのはあの性格! マリノアって可愛い~性格してるね。あの子が特別に甘ったれな可愛い子だったのかもしれないけど、ほんといいヤツだった。オスのマリノア、けっこういいぞ。コンパニオンにするにはかなり手強そうだけど(笑)。頭のいい、甘ったれな犬は大変だけど、最高に可愛いね。

さて、前回の続きで美味しい思い出を書きます。今回はわが愛する代々木の名店「ひつじや」さんです。
20070119110750.jpg

私は、羊肉だーいすき! 未年、牡羊座で、共食いと言われようがなんだろうが、くさい(!)と評されるジンギスカンもあのクササが大好きだし、また臭味のまったくない生肉でもどちらも大好き。だからこんな近所に、東京でも有数なひつじ肉の美味しいお店があるなんて「代々木に引っ越してよかった(涙)」と思ってしまうほど。ちなみに代々木にはこれまた昔から有名な広島と同じ味のお好み焼き屋「お多福」もある。浪人生とオヤジの街・代々木、あなどりがたし、ですよ。そうだ、もっとハイカラな美味しい店もあるぞ、有名なピザのお店「IL PENTITO」や予約が取れないフレンチ「キノシタ」とかね。

そうそう話を戻してひつじやさんは、もうほんと美味い。コックさんやウエイターはインドの方なんですけどね、インドでもひつじ食べるのかな、スモークドチップのスペアリブ(写真上)、あの香り、香ばしさ、たまらんです。それと、これは賛否両論あるのは承知ですが、羊ちゃんの脳みそのガーリックバター炒めや唐辛子風味(↓の写真の奥の2皿)も美味しいのよ。ちなみに娘も脳みそ好きです(なんて親子)。みなさん、びびってはいけません、白子と思ってください。それに頂戴する命、余すところまで食す、これ大事なことです(バーバリアンな自分を正当化する私)。
20070119112324.jpg

それと↑写真手前はケイジャン料理のソフトシェルクラブ。殻も柔らかくて食べられちゃう。そう、このお店は羊料理以外にケイジャン料理も楽しめるんですね~。ガンボスープも毎回必ず頼む。大好物。

とにかく美味しいひつじやさん。広島の姉夫婦も大ファンで、東京に遊びに来たときは必ずひつじやさんの宴が催されます。なんと今年は新春、2日と5日と、連チャンで行っちゃったよ。仲良し奥隣りのMりんも羊肉はNGとのことでしたが誘っちゃいました。羊のレバーのお刺身とか脳みそはさすがにダメみたいだったけど(笑)、ほかはけっこうイケてたみたいよ。
ひつじやさんは、代々木駅からも歩けるけど、新宿南口からも意外と近い。
http://hitujiya.ddo.jp/hitujiya.htmlここも犬はNGですが、子どもは大丈夫。外国の人って、子どものこと可愛がってくれるよね。子どもに否定的な日本の風潮は心が狭いと思っちゃう(まぁ、犬も子どもも飼い主のマナーとモラルによるだろうが)。でも、子ども連れはいつもうちくらいだなぁ……羊の脳みそや刺身や骨付き肉が大好物という子どもって、あんまりいないのかもね(笑)。大人の店です。けっこういつもおしゃれな(自由業っぽい)大人たちで賑わっています。背広系の大人は見たことないです。へんな(!?)個性的な人たちがこよなく愛する、素敵なお店・ひつじやさん。未知なる世界に挑戦したい人、喜んでご案内します♪(そしてスペアリブの骨を犬にドギーバッグしましょう)。

年末年始の美味しい思い出(1)
2007年01月17日 (水) | 編集 |
え~未だ風邪っぴきの私です。今回はしぶといな。年のせいか、ウィルスが強いのか。みなさまも乾燥と菌には気をつけてくださいね。犬の病気ばかり気にかけてないで、人間も大事にしてくださいませ(笑)。

さて、今はのどガラガラと鼻づまりのせいで食べても味がよくわかんない状態だし、なんだか今日からおなかにくる症状もでていて、まったくつまんない体調ですが、そこで悔し紛れに年末年始に書きそびれた幸せな美味しい思い出を書きます。

まず、年末に仲良しマチュ保育園卒園チームと忘年会して盛り上がった、中野の美味しいぃアイスバインのお店。正式にはオーストリア家庭料理のお店なんだけど、とにかくアイスバインが絶品。ドイツ料理で有名なアイスバインとは、豚の塩漬けすね肉の煮込み料理です。アイスといっても「氷」には関係なく、アイスバインとはラテン語の「坐骨」から来ているらしいよ。
20070117011857.jpg

ここのザワークラウト(すっぱいキャベツ・写真左上)も私、大好き。すぐおかわり頼んじゃう。ここは実はお友達の弟さんのお店なんだけど「なんで、今まで黙っていた!?」という感じで、本当に美味しい。ついでにいうとマチュの幼なじみAちゃんのおじちゃまのお店ゆえ、子連れにも優しくしてくれる。こんな本格的な味なのに、子どもにも親切なアットホームなお店はなかなかないのでありがたいっす。ハンガリービーフシチューも香辛料がきいててウマウマ。お任せで頼んでいたら最初に出てきたオードブルやレバーのパテも最高。どれもこれも私の味覚のツボをついたものばかりなのよ。ああ、書いていたらまた行きたくなった。
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000940680/U0002132203/
お店は丸の内線・新中野駅から徒歩3分。「フィーハウゼン49」という中野通りに面した小さなお店です。ちょっと覚えづらい店名の由来は、Aちゃんのおじちゃまがオーストリアで留学していたときに住んでいた通りの名前とのこと。思い入れがあるんだね。ビルの1階なのですが、落ち着いたちょっと暗い照明なので、見落とさないように注意ね。犬はNGですが、お店のはす向かいにコインパーキングがあり、私はよく犬を車で待たせちゃいます。おー、ここには私の大大大好きな薫製のビールもある! ビールの種類も豊富ですよ。ビール好きにはたまらんです。だから帰りは夫が必ず運転ですわい。
20070117012851.jpg

そしてアイスバインの大きな骨を、帰りにドギーバッグするのがわが家のお約束。塩辛いといけないのでひと晩水につけておくとよいです。でも骨を残らず食べ尽くす老犬には最近骨が大きすぎておなかに負担があるみたいなので無理はさせないようにしている。狂喜するんだけどね、じーさんばーさんには消化に悪い。ま、途中で取り上げればいいんですけどね。飼い主も、家に帰ってから犬も喜ぶ、2度美味しいお店です。

追伸:アイスバインは予約制です。塩漬けして、煮込んで……と2週間くらい仕込みに必要なんだとか。パックものを湯煎してサーヴされるのと違うから、だからよけいに美味しいのかも。私はいつもとにかく早めに電話して、アイスバインだけは頼んでおきます。
また一皿がそれぞれボリュームがあるので、大人数で行った方がいろいろな味が楽しめますよん。


羽根布団LOVE
2007年01月15日 (月) | 編集 |
冬本番、毎日寒いですね~。
先日の金曜日の夕刻、バドがバウバウ文句言い出して、ノミ事件以来取り上げていた羽根布団(そうはいっても捨てられず、3階に干しっぱなしにしていた)をついに勝手に腕を使いやがって、自分で引きずり落としたバカバド。そんなに寒いんかい!? 床暖房24時間つけてるじゃーありませんか。Bママからプレゼントされた立派なベッドもふたつもあるじゃないですか。しかしあまりに本気の直談判ぶりに(それまで必死に無視をしていたんだけど)ママはうっかり吹き出しました。寒がりのバカバドにつける薬はありませぬ。ノミにくわれることより、おまえにとって幸せなのは、羽根布団ちゃんにくるまることなのね。
20070115083611.jpg

↑ これは根負けして、新しいネル生地のふとんカバーをかけてあげて、バドに掛け布団を渡したら、とたんに飛び込んでいった図。
20070115083739.jpg

20070115083803.jpg

タビパチも嬉しいらしい。幸せな寝顔だ。私が犬を飼っている最大級の喜びのひとつが、寝顔を見ること。そんな写真ばかり撮っていると、夫に「また寝ブログ?」と言われます。


[READ MORE...]
抗ガン剤治療3回目
2007年01月12日 (金) | 編集 |
冬晴れ、乾燥注意報な日々が続いております。
リビングのコリドラスちゃんたちの水槽の水が日に日に少なくなっていくのは、お部屋が乾燥しているせいなのかとやっと今日気がつきました。早く水替えしてあげないと干上がっちゃう。

そんな中、昨日、2007年1発目のA大学行ってきました。タビィの肥満細胞種の抗ガン剤治療第3回目の注射です。
急遽、私も別件でA大学の教授に取材する仕事が入ってしまったので、新年早々夫を脅して(悪かったなとは思っている)有休をとってもらい、大学には一緒に行き、私はそのまま研究室に取材へ、タビィの診察は夫に任せました。うむ、やはりね、通院とお金を稼ぐということを同時にやらねばならないのはいろいろ調整が大変ではありまする。
にもかかわらず、当初のお話しでは抗ガン剤治療はガンが見つかってから「7か月間たてば寛解とみなし一応治療終了」と言われていたのに「できれば10か月までやった方がいい」と大御所のS先生から説明されたそうな。ううむ。そんなふうに言われてしまうと、一度乗りかかった舟だし、そう言われたのに7か月で終了したとたん再発なんかしたら、と思うと、やるしかない、と思っちゃうけれど、本当は時間もお金も苦しいかも。9月中旬にガンがでたので、7か月だとしたら4月末で完了、10か月やるなら7月末か……。けっこう長いよなぁ。もうじきパチの前足の重度の慢性関節炎の治療&リハビリも始まる予定だし(ただいま名古屋の病院の検査結果待ち中)、バドだって12歳、いつ何が起きるかわからない。全体の予算をちゃんと見据えないと家族共倒れになりかねない……と、正直不安。ともあれママは働くでし。でもね、ほんとはね、大好きな(!)バーゲン時期にも一切お買い物にでかけられない我慢我慢の生活、散財魔の私としてはツライんだい。欲しいお仕事用デカバッグも「ああ、抗ガン剤注射2~3本分で買えるのに」と、ときどき思ってしまう不謹慎な私。あさましい飼い主の本音です。でも夫に「バッグとタビィとどっちが大事?」といわれて「はい、もちろんタビィです」とマテ状態になってます。まぁ、こんなふうに思えるのは、いまタビィの経過が順調だから、ちょっと気持ちに余裕があるせいかもしれないな。
20070112132759.jpg

これは帰り道の助手席足下のタビィちゃん。やっぱり少々お疲れ。でも、血液検査の結果も肝臓の数値も問題なし。もちろん再発もありません。このことにもっと感謝しなくちゃなぁ(バッグ欲しがってないでさ)。2回目の注射後は下痢などの副作用もまったくなしです。ときたまオシッコの失敗はある。ステロイドを飲んでいるから喉が渇くせいかね。ま、オシッコぐらいいくらでも掃除してやるぜ。

経過がよいので「プレドニゾロン」(ステロイド剤)も今日から半量になりました。いちばん最初は1日2錠だったのに、いまは1日半錠に減量されました。よかったです。肝臓を保護する「グリチロン」は1日2錠(朝晩に分けて)変わらず飲んでいます。副作用の下痢もないので、薬は2種類のみ。

薬も減量されたし、経過がよいためよけいな検査費がかからない(今回は超音波検査はあり)ので、14,798円だった。もう近頃、動物病院でお金払うとすぐに2万、3万なので「今日は安い!」と思ってしまう自分がコワイ。

まー、いろいろ山あり谷ありだけど、負けないぞ。
バドとパチも一緒に行った。最近ヒマそうだから気分転換に連れて行った。大学病院で妙な感染症をもらうといけないので、車から降ろしてはもらえないんだけどさ(笑)。
20070112134138.jpg

20070112134204.jpg


さーさー愚痴ってないで、原稿書こうっと! とにかくやるべし、働くべし、前に進むべし!
犬クレア発売!
2007年01月09日 (火) | 編集 |
20070109153019.jpg

1月7日、年に一度の『犬クレア』(文藝春秋社発行)が出ました!今年は犬クレアが始まって10回目なんだそうです。今回もお仕事に参加させていただきました。いち読者としても、いちライターとしても、クレアに参加できるのはとっても嬉しい。

しかも今回は、うちのバドとパチも撮影に参加!Dog Travellerのとこに載っています。BMW3シリーズの車の色とバドの色が同じなんだよ。山中湖は寒かったけど、バドちん撮影よく頑張ったもんね。ここは犬友達とグループでお泊まりするのも楽しそう。誰か行きませんか(笑)。パチと行った白馬のオーベルジュも、私の財政状況では高級ではありますが、ほんとっお料理が最高に美味しかったからいつか食いしん坊の某夫を連れて行ってあげたいなと思う。星もとてもきれいだったよ。ああいうところに泊まるのが似合う大人になりたいものだ。

そのほかグッズセレクト記事(ここでもわが犬友達Nちゃんのフレンチのよったん登場&Bママんちの愛娘ご愛用のシルバーチャームも紹介)と、本の紹介記事を担当。『マーリー』という本、とくにラブラドールと暮らしている方、または、はちゃめちゃパワフルな悪ガキと暮らしている方にお勧めしちゃいます。笑って、大泣きするに違いありません。

さて、お正月といえば、もうひとつ。『愛犬の友1月号』(誠文堂新光社発行)です。12月25日に出てたのに紹介が遅れました。
20070109155025.jpg

愛犬の友のお正月特大号のこの分厚さ! ああ、なんか懐かしい! 私が小学生だった頃、毎年買っていました。値段のわりに子ども心にお得感があったのよ~。たとえ広告ページが大量に占めていたとしても(笑)くまなく全ページ熟読していたもんです。

今回は愛犬の友創刊55周年記念号!おめでとうございます! 55年も前からあるなんて、すごいぞ。特集は犬界の重鎮をインタビューしまくった編集Sっちの力作。私もお二方、取材してきました。昔の犬事情がわかり、とても勉強になりました。新しい犬文化もいいことがいっぱいあるけれど、昔に習うべきこともいっぱいあると思うんだよね。

あまりの厚さに子どもの頃にようにまだ全ページ読破していないけど、素直で一途だった初心に戻って読みたいと思います。とはいえ見本誌が届いたとき、かなりキャーキャー騒いでページをめくっておりましたけどね(大掃除の手を止めて読んでて夫に注意されました)。

初取材兼パチ名古屋再上陸
2007年01月08日 (月) | 編集 |
お正月休みボケボケ中ですが、自腹を切ってでも取材したい整形外科手術を見学できるというので、名古屋動物整形外科病院http://www.naor.jp/naor/index.htmlに1泊で行ってきました。今回は自費の取材なのでパチも同行。この病院はパチが1年3か月前に股関節形成不全の脱臼で骨頭切除手術(東京の別の病院で失敗した!)後の再手術&リハビリ筋肉トレーニングのために合宿したコパンドッグメディネスと同施設内に10月にオープンしたので、パチの知り合いもいっぱい!
20070108225750.jpg

これは名古屋の地下鉄・東山線。いやー、新幹線口から遠いっ(涙)。8.75キロのパチの入ったケージを入れて&自分の大きなデジカメとお泊まりセットカバンを転がしていくのは、たいそうくたびれましたよ。今も肩が筋肉痛だよ、えーん。

そして午後3時過ぎから朝3時半まで(すごくない? 12時間コースだよ)2つの日本を代表する最新医療の外科手術を見学させてもらいました。いやはや技術や設備もすごいんだけど……夜ごはんも抜きで、ぶっとおしで、立ち仕事で、半袖の服に着替えてんのにオペ室は16℃だったぞ。寒い~っ。でも執刀医の汗が一粒落ちても滅菌したものがパーになるから御法度なのよね。とはいえ素直に軟弱な一般人としてはきつかったです。獣医さんほかスタッフのみなさんの尋常じゃない大変さが身に染みました。「犬が好きだから。獣医になるのが子どもの頃からの夢でしたから」というK山先生の笑顔。すごすぎます。飼い主が望む獣医師の鑑としか思えません。2日間見ておりましたが本物です。営業トークではないです。感服いたしました。でもK山先生、F田先生、Wナベ先生、ほかの獣医さん、ATのみなさま、お体大切にしてくださいね、ほんと。こんないい病院、人間が体調壊されてしまったら日本の足の悪い犬を飼っている飼い主が絶望しちゃいますから!
20070108231149.jpg

そしてパチは古巣で、昨日と今日、プールで軽く筋トレがてら泳ぎまして、今日はK山先生にも診察していただき、前足の重度の疾患も明らかになって詳しい検査結果待ちという状態です……でも完治できる病気じゃないしさっ、ま、パチがプールで楽しそうだったから、ヨシとしよう!

そして正月休みを故郷で過ごした人々でごったがえす名古屋駅の新幹線ホームで、お決まりのきしめん(立ち食い)を食べまして、夕方東京に戻って参りました。

ちょっと留守すると、自分んちの犬が妙に可愛く思えるものでして、寝不足の体にムチ打ち、明治公園に散歩に行きました。バドもママが戻ってきてひと安心、タビィも笑顔、パチも小さないびきをかいて寝ております。
20070108231720.jpg

http://www.naor.jp/naor/index.html

新春ネズミーシーに行く
2007年01月05日 (金) | 編集 |
姉夫婦のはからいで、昨日ネズミーシーに行ってきました。昔マチュが3歳だった頃「ディズニーランド」を「ネズミーランド」と言っていたのよね。人混みは避けたい派の私としては、親戚友人に誘われないと行かないので、そりゃーもうマチュは大喜びですわ。前回も姉と2~3年前に行ったぶりです。ネズミーシーに行くのは2回目。今回はNEW YEARイベント中でした。
20070105165606.jpg

20070105165646.jpg

でも、行くと盛り上がっちゃうんだよね、ラテンなB型としては。ハーバーでのショーでミッキーの登場に、不本意ながら(笑)うっかり鳥肌たてて喜んでいる私。いやはや、すごいエンターテイメントですな。ショーでのいちばんの私のお気に入りは、このキングギドラみたいなヘビちゃんずのフロート ↓
20070105165954.jpg

20070105170035.jpg

チューリップもすごくキレイだった。なんでこんなにお正月から満開なのかな。舞浜はあったかいのか。

今回はマチュも身長制限がだいぶ解除され、レイジングスピリッツ以外は乗れるというんで、大人用ローラーコースターものに初挑戦。センターオブジアース、おもしろかったぁぁ! 私はアメリカのナッツベリーファームでローラーコースター乗り倒したほどこの手のものはだーいすき!! ローラーコースターと花火(とフグ)で死んでも仕方ないねと思っちゃうくらいエキサイティングなものが好き。
しかしマチュと夫は腰抜かしてました(爆!)。センターオブジアース後、へろへろと階段を下りるチキンな二人 ↓
20070105170556.jpg

そのあとインディジョーンズにも乗ったら、マチュに親子の縁を切られそうになりました。

そんなこんなでとっても楽しかったネズミーシー。なんか久しぶりに行ったら、思いのほか楽しめたよ。ネズミーシーはショーが楽しいね。大人向きでいいね。

帰路の首都高では東京タワーがきれいでした。(撮影:後部座席で寝ていて急に起こされた寝ぼけ状態のたび吉)
20070105170900.jpg


犬ちゃんずは留守番で寝正月です。
20070105171029.jpg


お正月明けて、親戚んちでお寿司ごちそうになったり、夜中(朝に近い)まで姉と飲んだりしてて、今からも仲良し奥隣りのMりんと新年会にGO! お正月気分満喫中ですが、しかし、今日から働いていらっしゃる方も多く、フツーにお仕事のFaxや電話がかかってきたりします。が、ワタクシかなり脳軟化状態でして頭が真っ白。毎年のことながら、社会復帰に時間がかかりそうでございます。

コーギーマンホール
2007年01月01日 (月) | 編集 |
旅行記のおまけ。
四万川ダムで、弟が「うわーっめずらしい、コーギーのマンホールだ!」

……ってそんなことあるわけないっしょ、ニホンカモシカだよ……。
でも、けっこうタビィとパチと似てるね(笑)。
20070101172041.jpg


大晦日温泉旅行
2007年01月01日 (月) | 編集 |
年の瀬も押し迫った2006年12月30~31日、年賀状もまだやってないというのに(くーっ。お許しを)、広島から来ている姉夫婦とともに、群馬県高崎市に転勤した弟夫婦のおうちに初めて遊びに行きました。
20070101161311.jpg

ここは高崎市に流れる烏川の河川敷。上州の空っ風は強かったけど、広々として気持ちよく、バドも久しぶりの広大な土地に喜んでいました。空が広くて、気持ちがいいね~。右後ろに唯一そびえ立つのは高崎市庁舎です。
20070101161524.jpg

高崎はラーメンが有名なんだって。とんこつが多いらしい。それはぜひにと、地元有名店「だるま大使」へ。基本のだるまラーメン(680円)を注文。すんごい、こってり。美味しかったんだけど、半分くらいで脂っぽさが苦しくなってきました。私、とんこつラーメンがいちばん好きだったのに、胃腸が老化してしまったのか、はたまた忘年会の暴飲暴食がたたったか、食後つらかった。もっと若いときに会いたかったぜ、だるまラーメン。

弟Sぶのおうちに泊まり、マチュは従兄弟のTみとKへいに数年ぶりに会えて大喜び。関東圏にいても、今まですっかりごぶさたしていたのですが、チビ同士の従兄弟会って大切な思い出になるよね。

そして大晦日には、四万温泉と草津温泉をはしごしましたよ。M本兄弟(私の旧姓はM本です)、雪道をもろともせず爆走。30日に急いでスタッドレスにはきかえたんだけど(だって弟んちに行くのを決定したのは当日なんだもん私)、高崎で途中でポコポコへんな音がして、しばらく「おかしい、おかしい」と言ってて、結局ナットが4本中3本ゆるんでた(汗!) あぶね~。でも意外と異常にはきちんと気がつけるもんですね。勉強になった(って、そんな前向きに考えてていいのか、私?)1●0キロで走行していた関越道でタイヤがはずれてたら大変でした。ははは。

まず弟のお嫁さんのY子ちゃんご推薦の四万温泉。私もマチュがおなかにいたときに1回行ったことがある。観光地にありがちなガツガツさがなく、素朴で心温まる温泉街です。お湯も最高。とりあえず四万川ダムへ行ったよ。雪景色、きれい~。
20070101162954.jpg

20070101163036.jpg

タビィは雪が大好きなんです! もう大喜び!
ダムまでは除雪していない雪道だったため、よその人の車がこんなとこまで来ていなくて、久々にノーリードで遊ばせました。
20070101163303.jpg


雪でしゅりしゅりしまくる雪好きのタビィ↓
20070101163348.jpg

20070101163407.jpg

よかったね、よかったね。死ぬ前にまた雪と遊べて、よかったね(涙)。はしゃぎすぎて、ときどき凍った路面ですってんころりんしてました。

バドも山の空気を感じて嬉しそうだけど、寒がりとしては雪に対してややへっぴり腰↓
20070101163641.jpg


パチは雪、喰ってます↓
20070101163731.jpg


このあと四万温泉の共同浴場2つも入って、そのあとさらに草津温泉までドライブ。だんだん路面が凍ってきたぞ。でも私とマチュは有名な草津温泉に行くのは生まれて初めて。行けて嬉しい。ちょうど湯畑がライトアップされてて、幻想的で素敵でした(しかし温泉に入ることに気をとられて、デジカメも携帯電話も車に忘れてきた私。ゆえに写真なし)。草津でもまたお湯に入り、焼き鳥食べながら足湯もして満喫。ハッピー♪ きょうだいで行く旅行って、楽しいなぁぁぁ。

でも夜8時頃は、-6℃ですよ!! 鼻息も凍るマイナス6℃。車の中の犬たちが心配だった。バドはケージの中にベッド入れて、毛布入れて、洋服2枚着させていたから無事だったが。ごめんね、お待たせして。

そしてキケンな雪道を走り、しかも峠道を走るのは当然のM本家なので、たぶん普通の女性ドライバーでは通らないであろう地元民しか通らない細い山道をさくさく走り、高崎に戻り、Sぶたちとバイバイして、新年明ける30分前に代々木に戻ってまいりました。

そして草津の地ビールと六合ハムで、新年を祝いました。うまうま。

こんなふうに慌ただしくスタートした2007年ですが、1年の計は元旦にあり、今年も怒濤の激しくも充実した年になりそうです!(いいのか!? 大人としてこんなに落ち着きがなくて)
2007あけましておめでとうございます!
2007年01月01日 (月) | 編集 |
あけましておめでとうございます!
昨年、夏前に始まったわがブログ。おかげさまでなんとか続いております。
この間、タビィのガンを筆頭にいろんな事件が起きましたが、とにかく楽しくやってます。
みなさまと、その大事な相棒の犬ちゃんも、幸多き2007年になりますように!
20070101160353.jpg

このお正月も、3頭と、猫1匹と、みんな揃って迎えることができました。そして老犬だというのに、未だに山に旅行に行っちゃったりして(笑)(詳しくは後ほど)。限界まで遊びますよ~!

そして近所の駅では、いま、駅名を改名したのかと思うような大きな看板がホームに。今頃、ごった返しているのでしょうな。
20070101160716.jpg

今年も犬遊びも犬仕事も頑張ります! どうぞよろしゅう!