人生いろいろ痛みもいろいろ

ジャスミン咲いたし!
元気だしていこー!

(ただいまモルヒネ1.5倍に増量中! 眠くなりませんように! 息が止まりませんように!)


スクリーンショット 2017-04-27 15.10.01


2017年今年もよろしく♪

へーんな病気になって1年ちょい。
2016年は、慣れない病気との闘い、鎮痛剤との闘いでしたが、でもそのわりにはそこそこ連載をいただくこともでき、人間らしい生活、QOLの高い人生をめざし、頑張ってみました。
ひとえに、家族と友人とクライアントの理解のおかげです。あとクパメルの我慢と忍耐かな。笑。

通院時間に時間をとられたり(結局その日は通院だけで疲れて寝込むとか)、モルヒネ飲んだら痛みはとれるが眠くなるとか、寝てばかりの自分に嫌気がさして、反省して、もう自分がイヤになることもありました。薬の副作用のせいもあるのか怒りっぽくなる薬のときもあったし、忘れっぽくなる薬もあったし、寝てばかりで仕事が遅れたり、そんなこんなで大事な人を怒らせてしまったのも昨年の反省です。

でも、黄色靱帯骨化症になり、骨髄手術後遺症になってしまった自分を責めても、もうしょうがない。

クパメルと、晩秋の裏高尾のお山の上で、穏やかな青空をバッグに赤や黄色に染まった森の木々を眺めていたら、そういう気持ちになりました。その頃から少し気持ちが楽になりました。吹っ切れたのでしょう。

またトールも仕事に家事に犬の散歩に追われ、同じ頃に小さく爆発しました。
でも私が「私だって、できない自分がいやなんだ。できない自分が情けないんだっ!」と泣いて訴えた夜から、
なんだかトールもお互い無理するまい、できる範囲でやればいい、という気持ちになってきたみたいです。

人生山あり谷ありです。
でも、山や谷あり、嵐ありだから、人生は飽きない。そして本当に私を必要としてくれる人が残る。
そういうもんだと思います。

今年の目標は、目の前のことをひとつひとつ丁寧にクリアしていくこと。
焦らない。腐らない。でも投げ出さない。
また昨年、こんな私にもかかわらず忍耐強く原稿を待ってくださったクライアントに、今年は一層報いたいと思います。

これは仕事だけでなく、家事もそう。
トールの負担が減るように、おつかい(重たい荷物を持ってはいけない。それに自転車に乗れないからなかなかお出かけしない)や洗濯(濡れた洗濯物を3階まで持って上がるのはつらいし、それに手を上に持ち上げる動作は背骨が反るのかヤバい)もそろそろ頑張りたいと思う。お風呂掃除や床拭きは難しいけど(かがむ姿勢は厳しいのです)。
トールもね、アラフィフだから、いたわってあげないとねーーーw
でもほんとです。彼が倒れたら、シライシ家全員が倒れます。大事にしないとね。
男性の更年期もあるっていうしね。誰もがみんな老化していくから、今までと同じ体力、気力、持久力ではなくなる。病気ではなくても。

いろいろあるけど、今年も頑張るぞ。
背骨や座骨神経は慢性疼痛だけれど、心は元気だもの。
心は元気。これさえあれば、なんとかなるものさ。
反対に、心がしんどいときの方がもっと辛いものだもんね。

シライシカエのお友達のみなさま、トール、マチュ、クパメルまめ。お仕事先の仲良し様。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
去年よりさらに飛び立つつもりです。酉年だもんね!

1484124463458 のコピー
メルちゃんの心音をマイ聴診器で確認するマチュ。メル、ボクサーだけど長生きしてくれよ


1484124624998 のコピー
昨日はマチュと渋谷のBunkamuraの「マリメッコ展」に行きました。あのデザイン、素晴らしいわ

おまけ。
3連休の福ちゃんは、大学の馬術部の餅つきに参加したそうです。
分離不安になりかかっているので、いま、日本最強の分離不安ワイマラナーと暮らしていた私が全力で分離不安対策のアドバイスをしております。

1484124610599 のコピー


腎盂腎炎にて安静中

15年ぶりになっちまったぜ、腎盂腎炎。
いま、おとなしくおうちで療養中でございます。
先週土曜日、39.1℃とかの熱。久しぶりだぜ、39℃台。
でも39℃、38℃もあれば、highになり、元気(?)だったんだけど、
その後、37℃台ってのが、よけいにつらいね、とくに37.5℃までだと片頭痛に似た頭痛、吐き気に襲われる。
ちょうど昨日テレビで見たけど、血管が膨張して、血管周辺の神経に膨らんだ血管が当たるから痛いんだって。
あの模型、よくできてたな〜。

スクリーンショット 2016-10-19 18.28.09
クパあんか、あったかい。心の支え

早く元気になりたいよー。
仕事もできないしー。ほうぼうにご迷惑おかけしておりまするーーーー。

でもおとなしくしていないと、今週中に熱が下がらないとほんともう体力の限界で、入院させられちゃう。
もう観念しよう。そうしよう。
こんなときに原稿書いても、いいもの書けるわけなし。

DSC_5633 のコピー
早く治して、お山にも早く行こうよ (クパより)

クパが私が発熱中は心配して、近寄ってきます。どーん。

スクリーンショット 2016-10-19 18.28.33

発熱→寒気→発熱→寒気……の繰り返しだった週末は、クパを抱きしめて、寒気から助けてもらいました。
犬はニンゲンより体温高いから、ほんといい。ま、クパはまめちゃんより剛毛で、ときにチクチクするけどね。
まめちゃんもあんかで役立ってるよ。猫の毛は柔らかい。

緑のクマちゃんとか、へろへろキツネとか、どんどんベッドに配達もしてくれるの。貢ぎ物。可愛いねぇ。
早くよくなり、早くお山に遊びに連れて行ってやらねば。

1476872848323.jpg

湯たんぽLOVE

ついに沖縄にも雪が降る!?かもという予報がでるほど、強烈な寒波が、明日やってくるそうですねー。

スクリーンショット 2016-01-22 17.28.19
クパちゃん、ドイツ人なのに、寒がりすぎ

床暖房、新しい十数万のマシンを買い換える勇気もなく、ファンヒーターだけでやり過ごそうとしておりますが、乾燥が辛いね。

それにとにかく足先が冷える。黄色靱帯骨化症になる前から筋金入りの冷え症でありましたが(骨折後にひどくなったのもあるし、老化現象、更年期障害で冷え症がひどくなったのも考えられる)、そのためドイツの友に室内用羊毛のブーツも買ってきてもらい、昨年から愛用しているけど、やっぱりこの冬の冷え方は尋常ではない。黄色靱帯骨化症の影響で、末梢神経の反応も悪くなり、ひどければこの病気のせいで麻痺からくる冷えもあるらしい。いまの氷のような冷えっぷりは、やはり黄色靱帯骨化症の影響も関係しているといって間違いではないと思う。おふとんの中にいても、リビングはとても暖かくても、室内履きの羊毛ブーツを履いていても、足先に血が通ってない感じなのだ。

そこで湯たんぽである。

今までも、トールが冷え症の私を案じ、バド色の湯たんぽを買ってくれたし(おおぅ、2009年に買ってくれたのね)(愛称:バドたんぽ)、その前から赤ちゃんだったマチュにも使えるように、緑のカバ湯たんぽ(愛称:カバたんぽ)も活躍していたが、

スクリーンショット 2016-01-22 17.21.05

今回病気が発覚後、お湯の量がもっと入り、暖かさが持続するウサギの湯たんぽ(愛称:うさぽん)も買ってきてくれて、毎晩、お湯を入れてくれる。愛だな、愛。

写真

うさぽんは、お湯がたくさん入るから、暖かさ(熱さともいう)が強力。最悪の冷え症の私にはちょうどいい。うさぽんを左足太ももの下の置き、太ももをそこに乗せるようにすると、太い血管があるので、足先もすぐに暖かくなる。足先にうさぽんを奥よりもその方が早く効率よく足先が暖まるのだ。大腿には太い血管があるからだろう。ちまちまと末端の血管を温めるより、太い血管を温めた方が早いのだ。

ただし、うさぽんは、硬い。大きさも、バレーボールの直径より大きく(バスケットボール級か)、高さも7センチくらいある。けっこうゴロッとしている。お湯が入っているときは重たいので、下腹部を温めると、漬け物石より重たくて圧迫感がある。

そこで、これまたドイツの友の助言により、「ドイツは軟らかい湯たんぽが主流」と聞き、もうひとつ買うことにした。そういえば病院も、こういう軟らかいのを使っているしね。友に教えてもらった、ドイツのfashy湯たんぽ
私は何事も機能優先、頑丈さ優先なので、医療用のタイプにしてみました。

スクリーンショット 2016-01-22 17.19.53

軟らかい湯たんぽのいいところは、私の体に沿って、形をフレキシブルに変えてくれること。左の臀部、主に座骨神経が痛む私は、右を向いて寝るときに上になった左お尻に、ペトッと湯たんぽをくっつける。いい感じだ。アキレス腱付近が痛むときは、ふくらはぎの座布団にしてもいい。硬いうさぽんだと、アキレス腱には少々ハードだが、軟らかいこの子(愛称:赤たんぽ、または赤ぽん)なら大丈夫。

また赤ぽんも2リットルも入るので暖かさの持続性も申し分ないが(赤ぽんも、うさぽんも、朝になってもまだかすかに捨てるお湯に湯気がでるほど暖かい。こないだは熱帯魚の水槽に入れてみた。笑)、赤ぽんは、湯量を調節して、減らしても、ぺとんとなるので、これはこれで使いやすい。

痛む部位や、使い方により、湯たんぽを使い分けると、非常に効果的。
もう手放せない。とくに、いまの寝たきり病人にとっては、湯たんぽは、いちばんの友達である。

ちなみに湯たんぽがあれば、ガスファンヒーターをつける頻度が減る。なにしろ私はお布団の中で、ひとりでぬくぬくなのだ。ほんとこれはエコですよ。エコ。
おかげでヒーターをつける時間が減り、昨日はついにクパから直談判がありました。私が寝ていたら、夕方4時くらいに、バタバタと文句を言いに来て、おいおい、どうした?と、頭を撫でたら、クパのお耳がしもやけになりそうなくらい、冷たく、かじかんでいた。これは寒かったねー悪かったねー、とストーブつけたら、要求はなくなり、ストーブ前にて静かにクパメルが並んで目を細めておりました。よほど寒かったらしい。室温10℃でした。すまん、すまん。私だけ湯たんぽで、幸せにぬくぬくしていて気がつかなかったよ。

ともあれ、エコな生活に、湯たんぽ、オススメでございます。
私のような靱帯骨化症の人、座骨神経痛の人、冷え症の人、腰痛(慢性期)の人、生理痛の人、寝付きの悪い人など。骨盤内や下半身が温まると、ほんと楽になるから、お試しあれ。エコだし、省エネルギーだし、いいことづくめ。ちなみに、残ったお湯は、外の植物の水まきに利用しておりまーす。

画像縮小テスト(牛のガンちゃん)

どーだ!!?!

DSC_4715 のコピー

昨日から、お友達が親切に教えてくれて、それでもできなくて、
夜の12時くらいまであーだこーだとオットに教わって、
まさかの、画像処理ソフト入れなくても、できるんじゃん、さすがRetinaちゃん!
と、騒ぎつつ、でも本当にできるのか心配なので、テスト。

栄えある1点目は、この夏お世話になった、広島県・神石高原ティアガルテンの、ジャージー種ではないよ、ガンジー種という珍しい茶色い牛のガンジーさん(勝手に愛称:ガンちゃん)です。