バドバドサーカス

Category page - メル持続性発情

Categoryメル持続性発情 1/2

メルレポート(10/22分)とアレルギー疑惑

メルレポートがすっかり後手後手になってう(汗)。たしかに外陰部は手術後、1か月、小さくなってきました。乳首はそのまんまかな。わずかにしぼんだかな。それよか持続性発情のため、子宮と卵巣を摘出したのが9/26なのですが、10/20に撮影したメルのおなかの傷跡を見ると、あ~ら、びっくり、こんなにきれいにくっついてる!どこが縫い目かほとんどわかんない。私の骨折縫い目のフランケンぶりとはえらい違い。犬だから再生が早...

  • Comment 13
  • Trackback -

メルレポート(10/13分)術後17日目

ちょっと間があいてしまったメルリポート。先週の木曜日に計測した結果を、「続きで」で報告しますね。今日は、クーパーちゃん、松濤の学校に行ってる。相変わらずの興奮屋。アウェイでほかの犬をみると大騒ぎ。最近少しは我慢が効くようになりつつはあるんだが。クパ、早く落ち着いてくれ~。とかいいつつ、落ち着いてないのがこれまた若犬の醍醐味なんだよねー。苦労はするけど、カワイイんだな、こういう血気盛んな時期も。シニ...

  • Comment 2
  • Trackback -

メル抜糸と城南島ドッグラン

7日(金)は、マチュが秋休み中。トールも前日までに仕事を完了できたので急遽お休みをとってくれた。それで家族揃って、メルの抜糸へ。まだ出血はしているけど、やはりそれは膣と子宮の境の部分にたまった血や、切りとった部分の癒合がまだ完全ではないためではないかということになり、もう少し様子を見ることになった。膣と尿管が重なる部分があるので、どうしても子宮に近い膣の部分を残さないといけないそうだ。なるほど。そ...

  • Comment 5
  • Trackback -

だんだんいつもどおり

今週から新しい仕事が動きだし、この3日間は慣れないことでへとへとになりました。明日は休みだー、嬉しいな。メルは術後1週間もしたら、今までどおりのお茶目な性格が復活。よかったぁ。そして分離不安気味のアシカのような鳴き声(マチュが学校に出かけたあとに鳴くやつ)もしなくなった。これはラッキー。ホルモンでっぱなしがおさまり、少しは心が穏やかになったのかもしれぬ。だけど、土曜の夜くらいから、出血する。この血...

  • Comment 0
  • Trackback -

メルレポート(9/29分)

9月26日に子宮・卵巣摘出手術を受けたメル。はたして陰部や乳首の肥大はおさまるのか。専門医でも診たことがないという(日本ではね)犬では珍しい持続性発情(牛などの家畜では多い病気とのこと)。繁殖科の専門医に頼まれたので、その後の経過をリポートすることにします。一般的にアップにするには見苦しい部位ではありますが、医学的見地で見守ってください。一般バドブログファンにはつまらない話題ですが、ここにアップする...

  • Comment 6
  • Trackback -