クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
犬トレ部BBQ inすいらんドッグパーク
2011年11月21日 (月) | 編集 |
土曜は雨で野川公園BBQが流れたけど、日曜日は晴れた!
そんで、昨年10月の骨折後初めての犬トレ部招集。まだ私はトレッキングは無理なので、犬連れOKのドッグランBBQを企画した。

しかし、備長炭はなかなか火がつかないし、メルやクパは(とくにメルがいかん)すぐガウるし、ガウっても私は走って制止にいけないし……と、いろいろブルーになることが多くて、私は1日中シュンとしてました。

メルクパが威嚇し、騒ぎをおこし、みなさんすいませんでした。
メルの肩にも牙がすっぽり入った傷跡がありましたが、みなさんは大丈夫ですか。

クパメルがシニアになって落ち着くまではもう他犬種、多犬種とトレッキングやドッグランはもう諦めようと思いました。
メルは、クーパーがいると群れの強気がわかりやすく表に出ます。それにかなり気が強い。
問題行動が強化されないためには、そういう状況を作らないことがてっとり早い対処法です。
これだけ多くの犬と会えるのは、社会化の勉強のひとつになるし(やっぱりさすがにくたびれたみたいで、昨夜はよく寝てました。そういう意味ではとてもよい刺激的な1日になったのは間違いないです)、私も、こんなにたくさんの犬に会えるのは嬉しくてしょうがないのだけれど、我慢した方がよさそうです。
私の足が完全に治るまではまだ踏ん張ったりできないから、オビィディエンスもなかなか練習できないし。情けないし、悔しいけど、メルが攻撃することを覚えて楽しくなる前にそういう環境をつくらないようにすることが先決。

とまぁ、反省することしきりで、凹みまくりでしたが、
いま写真を見ると、楽しいこともやっぱりあった。

210ぜんけい
バーベキュー全景。犬トレ部5家族とその友達2家族で全部で7家族集まりました。えーと犬は全部で何頭いたんだろう

たぶん犬は全部で13頭。
ワイマラナー、ゴールデン、ラブラドール、フラットコーテッド、イングリッシュ・セッター、ボルゾイ、アフガンミックス、チワワ、パピヨン、ジャーポ、ボクサー。全部で11犬種。バラエティーに富んでる。

2111ろっくおん

マチュはスペアリブの骨をこっそりクーパーにあげようと離れたら、ほかの子に見つかっちゃった(笑)。

2110どうぢよう
「ママ、どうぢよう」(困)

2112.jpg

「ケンカになるから、解散しなさい」というと、マチュは骨を自分の口に入れて、そそくさと退散。
よくケンカにならなかったね。それはえらい。

212にく
美味しいお肉、ごちそうさまでした。
うちは焼き鳥やサンマ、ハーブのソーセージも持っていってたのに、凹んでてだすの忘れてた


215セッターメル
おとなしくって、ずっとお椅子の乗ってたセッターのメルちゃん(メルと同名だけど、こちらはおとなしいよい子)

218かいちゃん
毎度おくゆかしいカイちゃん。カイパパ、バーナーで火興しありがとう。カイちゃん、足がもう普通に歩けてて安心しました(そういう話をする余裕もなかった私)

219あんもに
これまたいつお会いしても落ち着いたジェントルなアンディと以前よりもレディーになったモニカ。クパがあんなにお尻のニオイ嗅ぐなんて、よほど特別な優しいフェロモンがでているのかな

216かわいいしり
可愛いおしり。ジョジョとアテナちゃんはとても仲良し

そういえば、真っ先に私は、あそこでジョジョの頭を撫でさせてもらった。
久しぶりのワイマラナーの手触り。嬉しかった。
ジョジョはバドよりももっと極スムースヘアでつるつるしてたけど、あの手触りは懐かしい。ありがと、ジョジョ。

ちなみにクーパーは。
ドイツのK子さんに送ってもらった、コーシング・レース用(ハアハアと息したり、お水を飲むことができる)マズルガードをしてみた。

213じぇいそん

ジェイソンなクーパー。使用したのは2回目なのに、もう部分的に壊しちゃった。前肢で上手にひっかけて脱ごうとしたり、ネットに顔をこすりつけてはずそうとしたり。やれやれ。まあ、まだかろうじて使えるけど。

みんながバーベキュー中、私はクパメルととなりのアップダウン広場へ。
誰もいなかったから、2頭で爆走。ふぅ。しっかり走っておくれ。

2113.jpg

クーパーやメルが悪いんじゃないもんね。飼い主のせい。

昨日、メルがまた首輪抜け(対策のためにチョーク式革首輪だったけど、それでもウナギのようにスルリと抜いて)ドッグランの引き戸から飛び出していった。キャー。
というわけで、今日、ハーネスを注文してみた。今度、遊びに行くときは、ハーネス&首輪とダブルにしてみようと思う。
まずすぐできることから、取り組んでみよう。

犬トレ部、取材されるの巻(告知)
2010年12月10日 (金) | 編集 |
お知らせでーす。

明日、というか今日、12月10日(金)発売の
日経MJ』(日経流通新聞)に、犬トレ部のことが取り上げられます。

実は、骨を折って入院中に、記者の方からご連絡いただきまして……ハイキング中に骨折した情けない隊長、犬のせいで転んだわけではなくても、取材を受けるのはどうかと考えましたが……そもそもわたくし、取材するのは得意ですが、取材されるのは苦手なのでそれ自体も大変いたたまれない気持ちでもありましたが……。

でも、犬と一緒に登山とかハイキング、犬を山に同伴することには賛否両論ございます。
私は犬と一緒に行きたいですが、観光地としてのオーバーユース(人間だけでもオーバーユースになっている場所は多いし)、生態系への影響(タヌキやキツネなどと共通の感染症の媒介を予防する必要性およびライチョウなど地面に巣をつくる野鳥や野生動物のうち希少な生物への繁殖期のときなどのエリア侵入制限など)、そして基本的なマナーの問題(山だからといってノーリードにして他の登山客やハイカーを驚かせてしまったり、「自然に還るさ」とウンチを拾わないなどのモラルの低さ)など、まだまだ日本では頑張らないと認めてもらえない状況にあると思っています。犬と一緒に野山に行きたいのなら、まず「犬の市民権を日本のお山でも認めてもらえるよう、マナー向上に頑張ります。自然への配慮も怠りません」という姿勢を示さないと、対立の構図になってしまい、「犬は禁止」となりがちです。残念ながら、まだ日本ではヨーロッパのように「犬はパートナー」という当たり前の地位にはなっていない。でもそれは裏を返せば「犬はパートナー」だったら当たり前のトレーニングをしていなかったり、社会的ルールを守れていない飼い主がいるということ。まだまだ発展途上なのです。

やるべきことをちゃんとしないと、日本のお山から犬が排除されてしまう。
ただキャーキャーと「山ガール」の流行の延長で、犬連れ登山・ハイキングを流行らすわけにはいかん。

ということで、僭越ながら、取材をお受けすることにいたしまして、
入院中、わざわざ病院のティーラウンジに記者のSさんにご足労いただき、お話しさせていただきました。

犬トレ部の未来を背負った、いい記事になっていますように!

12月10日(金)の日経MJ、バックフロント「トレンド面」に載ってるはず。
新聞は、東京メトロのキオスクで買えるそうです。
興味がある方、ぜひご一読くださいませ!

10おやま万歳

(栄えある第1回犬トレ部 in 御岳山。あれは2010年2月のことでした。ばど吉隊長、第3回目の犬トレ部活動日に骨折したわけです。涙。骨折した日の夕方は「もう二度と骨折したくないからクパと山登りに行くのは無理かも」とマチュに泣き言を言いましたが、翌朝には意見撤回。別に骨折したのは、犬同伴のせいではなく、40代、人生下り坂の己の体力がもたらしただけのこと。中年ハイカーなら誰でも条件は同じさ!と、開き直りました。これからも犬トレ部は続けますよー!! だってガンドッグにとってお山は遺伝子に組み込まれたフィールド。猟犬じゃなくても、ボクサーのメルにとっても、飼い主と共同で行動する、互いの絆を深める大事な場になると信じてます)

第2回犬トレ部~鋸山(千葉県)~<後編>
2010年06月16日 (水) | 編集 |
お待たせ! 鋸山の午後です。

鋸山は、鋸山登山というより「日本寺」観光という方が実は正解だったので、犬たちにとっては(とくにうちの悪クパにとっては)“おいおい、いつになったら遊ばせてくれるんだよーーーーっ”という気持ちだったに違いない。
というわけで、近くの海岸で走らせてあげよう、ということに。
まだ海水浴客はいないことを祈りつつ、アンモニ家とはバイバイし、残りのメンバーで海へ GO !

ひと気のないところを探すのが得意な隊長(この技術は、バド時代から養われております。人相の悪い、運動欲求の高い犬の飼い主にとっては不可欠な能力です)、さっそくよさそげな浜を発見!

よーし、思う存分、遊べー!走れーっ!!

14-16.jpg
ジョジョとアテナちゃんは大の仲良し。それを邪魔する悪クパ

14-17.jpg
人の物を横取りするのが悦びの、独占欲の強い悪クパ(涙)

ジョジョは優しいから、譲ってくれちゃう。クパ、いま1歳と2週間。今後どんどんオスとして性成熟し、支配性が強くなるのではないかと予感し、不安になってくる私。でも、タマはとるつもりはいまのところないからな~、これから手を焼くことになりそうだけど、頑張らないとな。横取り防止と今後の攻撃防止と、それと謎の魚の骨などを回収してきたり、喰ったりしないようマズルガード買います。

14-03.jpg
“それよこせー” ものすごくジャイアンな悪クパ(怒)

14-18.jpg
スイスイスイ~なアテナちゃんとジョジョ。あっぱれ。それに比べてへっぴりごしのクパ

妙なところがチキンなクパは、泳ぎの達者なジョジョやアテナちゃんのように海には入れません(笑)。

14-00.jpg
海に入るも、これが精一杯、というチキン野郎

14-19.jpg
ジョジョとアテナはちびネッシーのように沖をゆうゆうと泳いでおります

オレンジのオモチャに夢中でジョジョ&アテナ組をロックオンばっかしているクパですが、ルナっちもいるよ~↑。ルナはこのあと海に入り、砂でゴロゴロし、みんなから拍手喝采のドロンジョ様に変身。

14-01.jpg
画面右端、バド爺も砂浜をポレポレしているよ

14-20.jpg
砂まみれのアテナちゃん。これまた私のツボ。じゃじゃ馬ちゃんで可愛い~♪

アンナとリムとカイちゃんとビーちゃんもいたんだけど、写真なしですいません。
クパの管理で手一杯でございました。
悪クパは、ビーちゃんが遊んでいたでっかい黒い浮きまで横取りしようとして、怒られ、大騒ぎにもなった。ビーちゃん、ごめんなさい。クパがこれ以上、暴君にならぬようご指導よろしくお願いいたします。
さらに悪クパは、浜千鳥を見つけて、追いかけて、とおーーーーくに走っていってしまい、焦った。遠くなると、波の音にかき消されて、私の呼び声も口笛も聞こえない。犬笛のトレーニングをすることを今回決意した。

でも、犬たちが思いっきり駆け回り、ふざけっこし、ちょっと小競り合いになりながらもまだ遊び……という姿を見るのは、飼い主として至福の時でございます。
カイちゃんもやっとちょっと遊ぶモードになり、パパから少し離れてプラプラとしたけど、“ハッ! パパがいないっ”と気がついて、焦って、パパを追いかける姿を見るのも、すごく幸せな気持ちになれた。みんなに遠慮してロングリードをつけたまま大きな浮きと遊んでいるビーちゃんを見守るママの優しさも見ていて心温まる。人んちの犬を見るのも、そして、よその犬と飼い主のいい関係を見るのも、これまた至福。

14-21.jpg

そんで、砂浜をポレポレしたあと、巣作りして休む爺様を見るのも、幸せ。
バド、今年も海に来られたね。意外とあんたはちゃくちゃくと記録を更新しているね。
波の音、砂の感触、お日様の光、潮のにおい……五感でしっかり感じてね。
このあと、バド爺は「帰るよ~」と言っても、なかなか起き上がらず、まだ寝る、という感じでした(笑)。

14-22.jpg

砂浜をあとにすると、めずらしくクパが早々にクルマに乗り込んだ。ドアが開いているのに、出てこないでまったりしている。初めて見た。いつもなら、すぐ飛び出してくるし、出せー出せー走らせろー、まだ走りたーい、とうるさいのに、人生初の満足でしょうか(笑)。鋸山でも興奮しすぎてたし、暑かったからハアハアしていたので、その興奮と暑さも重なり、消耗したのでしょう。クパが、もう疲れたよ、って顔するの初めて見たよ。



と、千葉の海を満喫しまして、……しかし、まだ解散いたしません。
ジョジョ&アテナ組とバイバイして、残りのメンバーは、また高速道路に乗り、南下。
安房自然村の不老山薬師温泉の茶色いお湯に入ってリラックスしてまいりました。ふー、山登りのあとの温泉は極楽じゃ。
翌日、私は階段登山のせいでふくらはぎが筋肉痛、バド抱っこのせいで両腕が筋肉痛、しかもぎっくり首&クーパー肩を悪化させ、右腕をもいでしまいたいくらい痛くなりましたが、温泉に入っていなかったらもっと大変なことになっていたのではないかと思う。


犬トレ部、今回は階段地獄ではありましたが、それなりに(たぶん)成功! 幸い、翌日、バドも元気で問題なし。
でも今度こそ、ゆるやか~なトレイルのトレッキング・コースを探してやるぞ!と、すでに隊長は検索を始めております。
でも真夏は避けないとね。次はいつかな~。
犬トレ部およびゲスト参加のとなりのMりんもみんなありがと~♪

では、さらに美味しいオマケは続きで。

第2回犬トレ部~鋸山(千葉県)~<前編>
2010年06月15日 (火) | 編集 |
2月に第1回目の山歩きをして以来、4か月ぶりに沈黙を破り、
6月13日(日)、犬トレ部2回目の活動先は、千葉県鋸山へ!

14-1.jpg
前回に引き続き、今回も一緒のボクサーのビーちゃんと日本寺の石仏

このたびは、大型犬10頭&小型犬(パピヨン)1頭、人間大人10人&子ども1人の大所帯パーティで行ってきました。前回は真冬でお休みしていたバド爺も今回は一緒です。

14-2.jpg

アジサイが咲き始めできれい。新緑も深い。曇り空とはいううものの、ときおり日も差してきます。
梅雨入り前にぎりぎり間に合って、よかった!

しかーし!!
ばど吉隊長、失敗しました。(朝4時まで飲んでいたのも失敗ではあるが)行き先を見誤りましたね。
鋸山は、犬には不適です。とくに、爺犬や関節の弱い犬には御法度。
なにしろ、階段ばっかなんだもーん(涙)。
これでも東口駐車場から入ったので、中腹以上には登っているのですが……

14-0.jpg

おーまいがっ、な階段坂がひたすら続く山なのであった(滝涙)。(↑写真提供は犬トレ部写真部長のPさま)

14-4.jpg
階段2639段だなんて。しかもスロープはほとんどない。階段が9割以上

14-3.jpg

というわけで、じーちゃんの足が心配になり、数少ないスロープ以外、私はオットと交代で、バド爺を抱っこすることに。もう、これはかなり修行です。しかし、じーちゃんのためには頑張らないと。我ながら、私って、バドのこと、こんなに大事なんだね~と冷静に思ったりして(笑)。

14-5.jpg

でも、奇岩、巨岩の道はなかなかおもしろかった。アバターな感じよ(笑)。
ひんやり湿った空気がこれまた浮き世を忘れさせてくれる感じで、よい。

14-6.jpg

でっかい観音様もあった。こんな大きなものを彫るなんて、すごい。うん、なかなか見応え有り。

そして私が、階段があることも一応知りながら(こんなに階段ばっかとは知らなかったけどさ)
どうしても鋸山に来たかった理由は、

14-8.jpg

あの、飛び込み台のような先っぽ、「地獄のぞき」!
あのお立ち台の岩の上が展望台になっているのよ! ひゅ~っっ!

14-9.jpg

そして、頂上付近の広場からの眺め!
海辺のお山なので、眺めが抜群~! そう私が見たかったのはこれなのだ!
(それでみんなをこんな過酷なお山にお連れしてしまった。すいませ~ん。隊長、反省してます)

14-10.jpg

飛び込み台の別にもうひとつ、大きな岩の展望台も奥にあったよ。突端にいるのは、トールとクーパーと、ビーママかな?

しかし、お馬鹿な隊長は、このあと山頂にておなかが痛くなりまして……(悲劇)、でも山頂にはトイレがないっ。大ピンチ! というわけで、バドとクパをオットひとりに託し、いったん下山。大仏のとこにあったトイレへ走る(大人のくせに情けなか。涙)。子どもの頃は山登りでもトイレにこんなに困った覚えがないのだが……大人になるって大変だわ。登山って、基本的に山頂にはトイレはないものよね。もっと高い山ではみなさんどうされているのだろう?と本気で泣きそうな思いでダッシュで下山、事なきを得ました。ふぅ。

でも、バド爺は、階段は上り以上に下りが危険。けれどパワフルクパのリードを持ちながら、バドを抱っこしたら、トールも犬も落下しかねない。バドとトールが階段からもろとも落ちたら、明日から困る。シライシ家、家庭崩壊しちゃうっ。
というわけで、トイレを済ませた私は、ふたたび走って階段を駆け上がっていきまして、オットと犬ちゃんずを迎えに行きました。
おなかを壊したのは自業自得とはいえ、私は2回山登りしたのと同じ。ま、1.7回くらいかな(笑)。そして、オットと交代でバドを抱っこして下山しました。帰りのルートの方がより急だったので、ほとんど階段だったねぇ。我ながらタフな女だと思ったよ(爆)。

大仏のところでみんなに合流できて、ひと安心。ああ、苦行は終了、楽しいお弁当タイムだ!

14-11.jpg

なんかとっても楽しい~♪
大人の遠足って感じよ~♪
大人になっても、遠足は、子どものときの気持ちを思い出させてくれるね。

14-12.jpg
人間がお弁当中、くたびれたバドは、砂利と一体化

お弁当のあとは、そーだ、記念撮影しなくちゃ!
私ね、鋸山のトレイルがちゃんとあると信じて疑わなかったので、地獄のぞきのそばにある、山頂に行けるものと思っておりました。しかし、ここは日本寺の私有地(拝観料600円を払う)のせいか、山道とはつながってなかったの。これは想定外。ハイキングマップとかには書いてあったのにな~。なんでだ~? 解せない、と1人でちょっとぷんぷんする私でありました。本当は、犬トレイル部たるもの、山頂の看板とともに記念撮影したかったんだけどね。

でも、ま、楽しけりゃ、よしとしますか!
よ~し、撮るぞ、撮るぞ。
と、言っても11頭を撮るのに、これまたてんやわんやですよ(笑)。

14-13.jpg
奇跡の1枚!(↑写真提供は犬トレ部写真部長のPさま)

11頭いるの見えるかな~?
左から、カイちゃん(ゴールデン)、ビーちゃん(ボクサー)、リム(パピヨン)、ルナ(サイトハウンドのミックス)、アンナ(ボルゾイ)、アンディ(青Tシャツのフラット)、モニカ(オレンジTシャツのフラット)、ジョジョ(ワイマラナー)、アテナ(イエローのラブラドール)、そしてお尻むけてるバド爺(ワイマラナー)、クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)。
よくもまぁ、こんなバラエティーに富んだ犬種が集まるもんですね。楽しいですね。

おおっ、なんと今日は、リトリーバー御三家が勢揃いじゃありませんか! 写真、撮ろう撮ろう!

14-14.jpg
左からゴールデン・リトリーバーのカイちゃん、フラット・コーテッド・リトリーバーのモニカ嬢、ラブラドール・リトリーバーのアテナちゃん

それなら、ついでに(ついでか。笑)栄光の7ちゃんずトリオも撮ろう!

14-15.jpg
左からジョジョ、クーパー、バド。私はこのジョジョの顔、ツボです


と、階段には泣かされましたが(トイレにも。笑)、それにも負けないくらい楽しい山登りとなりました。
しかし、遊びはまだ終わりません。だって鋸山は、アップダウンはきつかったけど、たいして距離は歩いておりません。まだ昼過ぎじゃん。というわけで、海へ行くことに。後半は続編にて!


犬トレイル部発足記念第1回山歩き~武蔵御嶽神社&大塚山編~
2010年02月22日 (月) | 編集 |
昨日の日曜日は、待ちに待った、犬と山歩き!
犬トレイル部、発足しました!

そもそもは足の手術で自転車散歩が一時禁止となり、欲求不満のクーパーのために思い立ったこの企画。後押ししてくれた犬友達と、いざ行かん、犬連れトレッキング!

記念すべき第1回は、オレンジ本で下見済みの、武蔵御嶽山にしました。ここは「おいぬさま」が祀ってあるので、犬にも親切。なんとケーブルカーは大型犬も同伴可能! まず素人は、犬にやさしいエリアを選ぶこと、そしてケーブルカーで上に上がって楽をしつつ標高の高いお山気分を満喫できるということが大事ではないかと思い(軟弱。笑)、ここにしてみました。

しかし事前情報では、山頂付近は前の週に降った雪が残っており、日中でも-3℃というじゃありませんか!
いきなり遭難したらどうしようっ。
不安がよぎり、事前にビジターセンターやケーブルカー会社さんに雪や道路の路面状況などを問い合わせました。素人は(しかも犬連れ)人様に迷惑をかけないようにしなくては。

さらに日頃の不摂生も大きな不安材料。いつも深夜2時や3時に寝ている私は、急に早寝早起きできるわけもなく……しかも子どものように遠足気分ルンルンで夜なかなか眠れない(お馬鹿さん)。だけど頑張って7:30にお家を出発、近所のボクサーのビーちゃんとママを乗っけて、中央道でGO! 

1時間半くらいで武蔵御嶽山ケーブルカーの滝本駅に到着した。意外と近い。しかし道中「青梅マラソン」という立て看板があちこちに(驚)。なにもよりによって青梅マラソンの日なんか選んじゃって……と、トホホになる。

だけど、すごくいい天気! 往路は渋滞もなかったし。
ゴールデンのカイパパさん、はじめまして~♪

22御岳1

おおぅ、雪、積もってます。ワクワク。
オフシーズンだというのに、ケーブルカーはほぼ満席。なのに大型犬6頭。だけど駐車場のおじさんやケーブルカーのお兄さんもなんだか犬にみな親切。感謝。犬は「ペット料金」を払います。オレンジ本取材のときは「子ども料金」だったけど、いまは安くなっててペット料金は片道120円。恐れ入ります。小学生くらい体重ある大型犬だから(笑)、子ども料金払いたいくらいです。

22御岳2

クパっち、初めて公共交通機関に乗る。
びびることもなく、ちゃんとオスワリしておとなしくできて、母は安心した。
ビーちゃんとジョジョはちょっと不安そうな顔してたけど、それでも平常心で頑張った(笑)。社会化、社会化。

そしてケーブルカー頂上駅から、いよいよトレッキングです(ハイキングともいう)。
上は、雪だよー!!

22御岳3

すごいよー、思いもかけぬ雪トレッキングに!(第1回だし、素人団長のパーティなのに)
「アイゼンが必要」(登山靴に装着するスパイクみたいなやつ)という前情報は、大げさではなかったんですね。でもアンディパパいはく、犬と歩くときは万が一犬の足をアイゼンで踏んだらケガをさせてしまうので危ない、というのはわかる。

前方からハイカーのご婦人が。犬連れだけに、ご挨拶は明るく元気よく大きな声で(笑)。
「この先は、誰もいませんよ~」の優しいお言葉をかけていただき、犬ちゃんず(正確には7ちゃんず)リリース!

クパとジョジョ、大喜びで駆け回る。
クパ、呼び戻しは大丈夫か、そんなにテンション高くて、と少々焦ったが、意外と呼び戻しがよくできるし、定期的に私の元にニコニコ顔で戻っては離れるを繰り返すので、母はまた安心した。ガンドッグの血って、そういうところにも現れるのかもしれない。ちゃんと親分の様子を見に来る。そんなに勝手に離れない。よしよし。こういうのもやってみないとわかんないもんなぁ。だけど若僧クパ太郎は信用がないから、マイクロチップ&迷子札は万全に準備しましたけどね(笑)。

大塚山山頂に到着~。片道40分。うん、これくらいなら楽勝。
だけど思ったより、暑い。汗をかく。こんな雪の中だというのに。お天道様はありがたい。眼鏡が曇る(笑)。今度はコンタクトレンズにするべきか。

22山頂

さぁ、記念すべき第1回登頂写真を撮ろう!
栄えある犬トレイル部の本日のメンバーは6頭!
ゴールデンのカイちゃん、ボクサーのビーちゃん、フラットのアンディとモニカ、ワイマラナーのジョジョ、そしてジャーマン・S・ポインターのクーパー(今日、バド爺は寒いのでお留守番)。

写真撮影のためにつながれただけなのに、ママを求めて鳴くジョジョ&ジョジョにつられて興奮するアホクパっち。甘ったれ7ちゃんずがバウバウ吠える。そのうるささに“いったいなんでそんなに吠えているの~?”と困惑&不思議顔のアンディとモニカ↑(可愛い)、まわりの犬のことなんか気にせずパパとママだけを見つめるビーちゃんとカイちゃん。それぞれの性格がよく表れてて、おもしろい。

22よい子チーム

↑ よい子チーム(笑)。

227ちゃんず

↑ 甘ったれ悪い子チーム、もとい爆走チーム(笑)。

そうね、他犬種の集まりってのも珍しいかも。普通、同犬種のオフ会とかが多いもんね。
犬種差だけでなく、個体差で性格は違うけれど、だけど、なんとなく各犬種ならではの特徴も垣間見えておもしろいな。

22楽しい

でもほんとはモニカも爆走娘なんだよ(笑)。

22トレイル

じゃ、次は御岳神社へ向かいましょう。
こんなトレイルを進みます。

22凍ってる

凍ってる。きれい。
だけど、そんなに寒くない。歩いているからかな、気持ちが高揚しているからかな。

22つらら

つららもあるよ。80センチ以上もあるね。
気温は何℃なんだろう? お日様がでているから寒くは感じないけど。やっぱり下界とは違うなぁ。

22雪原

お弁当を食べて、ほかの登山客がいないのを見計らってまたひとっ走り。
お、ジョジョたん、オチッコ中に失礼。
遠景の奥多摩の山も、雪をかぶってます。

22明るい

ほんとはずっとお天気がよい。でも雪の撮影はとんじゃって難しいね。
だけど一眼デジカメを持っていく勇気はない(クパの制御が大変で、ちびカメをいちいち出すのすら大変なんだもん。荷物が重くなるのも体力的に自信ないし、いつ転ぶかわからんし。笑)。アンディパパに期待(他力本願)。

ジョジョとクパっちは、7ちゃんずだからなのか、同じテンポでよく走り回る。
クパ、よかったねぇ、お山に来られて、一緒に遊んでくれる犬友達がいて。
こういう姿が見たくて、ママは頑張ってお山に来たんだよ(涙)。
このあと、カイちゃんもしっぽをまっすぐあげて、楽しそうに走ってたね。
このあと、アンディパパとカイパパは、ホットワインでごきげんになってたね(笑)。

御岳神社までの急勾配は、リュージュのコースかと思うほど(泣)。ヒィヒィ言いながら上がりました。オレンジ本のロケをした3年前よりも、体力がなくなった証拠か。やばいぞ。ビーママ、ジョジョママも口数が少ない(爆)。飼い主の体力向上・維持が、犬トレ部の今後の課題とも言う(笑)。

22お参り

そしてかつてバドとオレンジ本のときにお参りした「おいぬさま」にクーパーを紹介して、家内安全を祈願し、

22凍る

境内の樹氷を見ながら、頂上を後にしました。

正味4時間ばかりの山歩きだったのですが、心も体もとっても充実しました。

遭難もなく骨折もなく(笑)、犬同士の諍いもなく、ほかの登山客のみなさんにも温かく声をかけていただき、第1回犬トレ部、大成功! いい仲間とご一緒できて、ほんとに楽しかった。みなさん、どうもありがとう!
また次も楽しみにしてます。

22足跡

くだらないオマケは続きで。