category: クーパー左後肢の腫瘤物

クパの病理検査報告

1月26日に切除手術をしたクパの左後肢のできもの(左後肢飛節外側皮下腫瘤)。2月17日にようやく病理検査の結果を聞くことができました(2月12日には結果が出ててお電話はいただいておりました)。検査にだしたところは、バドもお世話になってるNJ大学の病理学教室。ああ、タビィの検体を解剖して、病理診断してくれたのと同じですね。いろいろお世話になっております。【限局性石灰沈着症】という診断名がつきました。悪性腫瘍...

もじもじくん

ダブルエリザベスのラッパちゃんでも、お口が後肢にラクラク届いてしまうことが判明~(涙)。なんだよ、なんだよ、7ちゃんず~っっ(たぶんポインターに限らず、セッターでも届く気がしますよ)。そこで!白もじもじくんに変身だっ!江頭クーパーを超える、このお笑い感(爆)。「チャラら チャラチャラ チャーラン♪」(もじもじくんのテーマソングね)を歌い続けながら、着せてみました。あら~、可愛い♪ 笑えるぅ。これは床...

なんだか可愛い生き物

一度、明け方舐めるのを覚えてしまったクパ太郎。今朝も、薄暗い時間に舐め舐め作業をし始めておりまして(怒)。「こらっ、舐めるな」と言うために何度起きたことか(涙)。犬って賢いから、自分にとって都合のいいことはすぐ学習しちゃいますね(飼い主にとっては不都合なことでもさ)。う~ん、一度失敗を許した私のせいだな。今日は完全包帯はがしではなかったものの、患部は丸見え、ぺろぺろ状態。む~ん。しかもですね、手術...

新兵器登場

江頭クーパー、さっそくストッキングを脱ぎまして(涙)、どんどん短く切られて修正されました。青いバンドは、実はオットが以前献血の際に返却し忘れた止血のためのバンドを利用させていただき(自転車のズボンの裾を押さえるマジックテープ付きバンドではないかと思う)、わざと舐め壊す(私が気がつくまでの時間稼ぎのため)用にストッキングはびろびろのまま、そしてリストバンドもわざと装着したままです。しかし、昨日の夕方...

江頭クーパー

クパのキズの処置をどうすべきか、何がベストなのか、悩んでいると、ドイツの獣医さんK子さんからメールが来て、「湿潤療法」などについて教えてもらった。「湿潤療法」とは端的に言うと、イソジンなどの消毒剤を使うと、皮膚の再生のために頑張っている細胞の働きを阻害しちゃうので、自らの汁(創液というらしい)の力でキズを治すため、傷口は消毒せず、乾燥させないという方法。今までの常識に反する考え方でもあるが、実は古...