FC2ブログ

同行避難と同伴避難の違い

スクリーンショット 2019-10-22 16.13.51

昨日、「同行避難と同伴避難の違い」について書いたけど、
そういえばちゃんとdocdogさんでもガッチリ書いていたので、そちらも紹介するね。
今日も大雨の地方のみんなも無事であることを祈りつつ。
とにかく「自分ちだけは大丈夫」と、つい思ってしまうことが危ないと思うんだ。

------------------------------------
▼同行避難
発災時、犬猫も飼い主と一緒に避難すること。自宅に犬猫を置いてきぼりにしたり、放して逃がしたりしてはいけない(二度と会えずに野犬化したり、不妊手術をしていなかったら野で繁殖してしまい野犬が増えるという二次的なリスクが増す)。

▼同伴避難
発災時、犬猫も一緒に避難し、さらに避難所などで一緒に避難生活を送ること。自分の手元において管理すること。

--------------------------------------
つまり環境省は同行避難を推奨しているから、各自治体でも同行避難を否定しているところは少ない。
しかし、同伴避難についての裁量は、各自治体にあり、結果、同伴避難ができないところは、意外なほど多い。

詳しくは以前私が書いたこの記事を読んでみてね。

9月1日は防災の日。「備えよ、つねに」

それと昨年の大きな水害の記事も、今改めて読むと、本当に心が痛い。ああ、また今年も、川が決壊し、大変な災害となってしまった。自然には勝てない。でも自然災害は減らせないけど、被害は減らせるって、災害救助犬を育成している犬友達が言っていた。だから飼い主は、備えをしよう。この記事を参考になると嬉しいです。

災害対策!犬の飼い主の責任を再定義!「ごはん・水・避難」

スクリーンショット 2019-10-22 16.15.32


台風19号の爪痕

10月12日(土)に上陸し、日本の右半分に猛威をふるった台風19号
被害にあわれた方、心からお見舞い申し上げます。

多摩川が越水するなんて、想像もできなかった。身近でこわい。
長野県千曲川も、おととしくらいに信州大学工学部の取材に行って、そのかえりに河川敷で素晴らしい花火大会を見たところから近いのではないかと思うと、心が痛い。

翌日の日曜は快晴。
広告撮影のためにメルがモデルに使われることになり、信頼しているトレーナーのNさんのいる目黒区の方へ、日曜日にメルを送りに行った。そのあと住宅街の一方通行にはばまれ、方向がよくわからなくなったから、とりあえずなんとなく多摩川方向へ向かった。するとそのまま多摩堤通りにでてしまい、ああ、越水したのはここらへん!? と改めてビビった。

新しく二子玉川にできていた公園に、2泊3日、ひとりっ子生活を初めてするクパの心を励ますため、少し寄り道。台風一過の青空。空が美しすぎて、よけいに切ない。

72404737_2416045421835647_3212697926102941696_n.jpg
なんかこの公園、かつて私、撮影で一度来た気がするけど、仕事で来ているときは楽しむモードではなく気合いが入っているので、あまり記憶にない。でもたしかに一度来たことはある。トオルは初めてきたそうだ。ずいぶんきれいになったよね

冠水した道路はもうお掃除してあったけど、アスファルト道路が、薄茶色になっていた。泥水がきた証拠だ。切ない。周囲の住民のみなさんはどんなに怖かったろうか。庭につながれている犬は、高いところに避難させてもらっただろうか。

73187078_2416045441835645_653170938384220160_n.jpg

ともあれ、多摩川の流れを見た。
いつもならひろーーーい河川敷があり、木々があり、遠くの真ん中にキラキラと川が流れているはずの多摩川が、河川敷も浸かり(これでも翌日の午後なんですが)、茶色い濁流がドウドウと流れていた。ああ、水ってやっぱり怖い。水辺は大好きだし、海水浴も、渓流遊びも、心が和んで大好きだけど、やっぱり水ってすごいパワーを秘めていて怖い。この「水は怖いもの」という気持ちを、いつも心のどこかにちゃんと認識してないといけないんだろうな、って改めて思った。

動画も掲載できるかな? 同じく日曜日、トオルが撮ったやつです。えいっ。→★多摩川の動画

週明け、時間が経過し、被害の大きさがだんだんわかってきた。
そして、犬猫の市民権向上をライフワークとする私としては、見逃せない問題は、同伴避難ができない現状。
なんと、渋谷区もダメなんかい!! 代々木公園に遊びに来ている人が被災したら、門前払いかい!
渋谷区長、ダイバーシティーとか国際化とかも大事とは思いますが、まずは区民の生活の足元を改善してほしい。人命がいちばん優先で大事なのはわかっております。でも、区民が、家族と同等に大事にしている犬猫の身の安全を確保しないことには、「避難所に入れないから、家にいる」という人は減らないと思う。今回の被災地でも、実際にそういう声がありました。

スクリーンショット 2019-10-21 18.18.15

まずは区民と、その家族が大事にしている命の保護に取り組まないと。
それにしても、渋谷区が23区内の後進自治体だなんて。
世田谷区がダメというのもビックリだね。駒沢公園があり、犬と暮らしている人が多いエリアなのに。まあ、もちろん住宅街なので、犬猫が好きではない人もたくさん住んでいるから、避難所のスペースの確保が難しいというのもわかる。
でも頑張ってほしい。

それにしても税金はいっぱい集まってそうな区の方が取り組みが遅いのはなぜ? 情に薄いのかしら。理解する職員や区長がいないのかしら。
とにかく同伴避難を拒否ってる自治体のみなさん、今回のことを教訓にどうか取り組みを本気で頑張ってください。

ちなみに、何度か書いていますが、「同行避難」と「同伴避難」は、違います。
これ、私も、最初わかんなかったし、混乱していた。

かつてロイヤルカナンさんのサイトで書いた私の記事なんですが、ロイヤルカナンさんのサイトはすでに見えなくなっております(涙)(紙媒体と違って、クライアントの意向で、あとから全く見えなくなっちゃうのがWEB媒体の悲しいところ)。でも、別のところで、パクられて掲載されていました。うーん、これ、勝手に掲載ってどうなのよーー、とは思うのですが、まあ、見られるのはよいことなので……今のところそっとしています。
同行避難と同伴避難の違いについて、書いていますので、ぜひ読んでみて。

同行避難?同伴避難?その違いとは

いつかサイト閉鎖されると見えなくなっちゃうから、保存しておこうっと。えいっ。おや、どうすれば保存できるのだろう。よくわかんないや。相変わらず、アナログすぎるダメな私。写真と文字をセットで保存できないものか。

まー、とりあえずその私の原稿をパクって無許可で掲載しているところのを読んでみてください。
1人でも多くの人が読んでくれて、犬猫たちのためになれればそれでいいや。
それにたぶんこれを掲載している人も、この記事を選んでいるところからして、動物が好きな人なんだと思うんだよね。そう信じているから、そっとしておく(笑)。

また今夜から大雨が降るそうです。
新たな土砂崩れや川の決壊がないよう祈るばかりです。

庭につないでいる犬、牛などの家畜も、どうか高台へ避難させてほしい。と願っています。

追伸:台風の来襲とともに、また咳がひどくなった私。先週、木曜には我慢できなくなり、また呼吸器内科の専門医のところへ行きました。先月のマイコプラズマ肺炎がぶり返したのかと思ったけど、レントゲン撮っても肺炎ではなく、ぶり返しではなさそうとのこと。だけど、ハッキリなんなのかは、診断名がつきませんでした。
季節の変わり目、弱りまくりの私です。みなさまもご自愛ください。

アンハッピーな犬を減らそうよ

ほんとにもう、なんでこんなに連日、犬たちが瀬戸際なんでしょう。
犬も猫も、毎日毎日、遺棄か失踪かわからないけど
(大部分が意図的な飼育放棄だと推察)、
飼い主のいない子が告知される。

私のFacebookは毎日毎日そんな情報や事件が飛び交ってばかり。
これが現実なんだ。


こんなに可愛い笑顔の子なのに。

誰が手放したの?
誰が産ませたの?

蛇口を閉める世論を作らなくちゃ、いつまでたってもイタチごっこだと思う。

変えていこうよ、根本から。
まずは犬を迎える前の飼い主の覚悟。
同時に、金儲けが目的の職業繁殖屋、繁殖業者の淘汰。
猫の場合は、
一般飼い主が無知と無責任で産ませていることも多いからそれもやめないと。
(犬も一般飼い主が無知と無責任で産ませているかもしれないか)

安易に飼う(買う)人が減ればいい。
そうすれば儲けのために命を産ませる人も減る。

安易に産ませる人には責任をとらせるシステムをつくるべきじゃないか。
(動物の没収を含む)

犬を手放すことがそれほど大事件だと思っていない人を絶滅させなくちゃ。
(口では手放すのが当たり前だと豪語する大人はいないけど、
だけど、今年は子犬を可愛がっているくせに、来年は引っ越しやアレルギーで捨てるんでしょ?)

犬や猫や亀や金魚を捨てる大人の背中を、子どもに見せるのもいけない。
子どもは「いらなくなったら捨てるのは仕方のないことだ」と学習する。
そんな子どもが大きくなって10年後、20年後にまた同じことをする。
いつまでたってもそれじゃ日本は変わらない。

なんとかしたい。
私にできる些細なことは、犬種の知識や飼育の大変さを書いていくことしかないけど。

犬や猫と一緒に生きることは楽しいし、毎日が悦び。
でも、それだけじゃないってことを、きっちり書いていきたい。

10516793_1446904415569538_5485994413248735765_n.jpg

(Gundog Rescue CACI のFBより文章&写真を転載)

千葉県動物愛護センター東葛飾支所に
収容されているセッター オス

飼い主さんのお迎えがありません。
現在、他団体からもお声はかかっていません。

どなたか、預かりまたは飼い主希望の方
いらっしゃいませんか?

CACIでは現状空きケージもなく満杯です。
今すぐの引き取りは出来ません。
10日までです!
命を繋ぎたい!!!
ご協力お願いいたします!

ご検討いただける方
直接私の携帯までご連絡をお願いいたします。
本日、疥癬のブリタニーをセンターに
お迎えに行ってきます。
090-××××  
   
(★個人情報なのでここへの記載は省略しました。ご検討いただける方は、白石までご連絡くださいませ。このブログについているメールフォームにメールいただければご紹介します)

-------------------------------------------
(7月9日18:10追記)

この子、預かり先の志願者が名乗りでてくれたそうです!
よかったー、よかったー、よかったー!!!!!

転載いたします。

*************
拡散取り下げのお願いです。
10日期限のセッター君の預かり先にと
ご連絡をいただきました!
当会で置けない場合、心強いお申し出が
ありましたので、命をつなげることが出来ました。
拡散、シェアしてくださいました皆様
本当にありがとうございました!

メルの幸福論

ロバ_20140518_131732

狭いのにメルがうたた寝してるマチュのぴったり隣りに、強引に割り込んだ。
だんだんぴったり密接。
臭くないのか、狭すぎないか、暑くないのか、息苦しくないのか。

だけどこれはメルが望んだこと。これがメルの幸せ。

(そんでマチュはまったく起きずに、そのまま爆睡)

ロバ_20140518_131751

クパの幸福論

スクリーンショット 2014-05-18 12.58.02

撫でてたら、イビキかいて寝始めた。
クパ、幸せにしてやる。
私が、幸せにしてやる。
飼い主が犬に幸せにしてもらうのは二次的産物だ。
飼い主が、自分の犬を幸せにしてあげるのだ。それが、飼う、ということ。
できれば、犬が天に召されるまで。
でも、クパ、イビキ、うるさい。
このページのトップへ