クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
アンハッピーな犬を減らそうよ
2014年07月08日 (火) | 編集 |
ほんとにもう、なんでこんなに連日、犬たちが瀬戸際なんでしょう。
犬も猫も、毎日毎日、遺棄か失踪かわからないけど
(大部分が意図的な飼育放棄だと推察)、
飼い主のいない子が告知される。

私のFacebookは毎日毎日そんな情報や事件が飛び交ってばかり。
これが現実なんだ。


こんなに可愛い笑顔の子なのに。

誰が手放したの?
誰が産ませたの?

蛇口を閉める世論を作らなくちゃ、いつまでたってもイタチごっこだと思う。

変えていこうよ、根本から。
まずは犬を迎える前の飼い主の覚悟。
同時に、金儲けが目的の職業繁殖屋、繁殖業者の淘汰。
猫の場合は、
一般飼い主が無知と無責任で産ませていることも多いからそれもやめないと。
(犬も一般飼い主が無知と無責任で産ませているかもしれないか)

安易に飼う(買う)人が減ればいい。
そうすれば儲けのために命を産ませる人も減る。

安易に産ませる人には責任をとらせるシステムをつくるべきじゃないか。
(動物の没収を含む)

犬を手放すことがそれほど大事件だと思っていない人を絶滅させなくちゃ。
(口では手放すのが当たり前だと豪語する大人はいないけど、
だけど、今年は子犬を可愛がっているくせに、来年は引っ越しやアレルギーで捨てるんでしょ?)

犬や猫や亀や金魚を捨てる大人の背中を、子どもに見せるのもいけない。
子どもは「いらなくなったら捨てるのは仕方のないことだ」と学習する。
そんな子どもが大きくなって10年後、20年後にまた同じことをする。
いつまでたってもそれじゃ日本は変わらない。

なんとかしたい。
私にできる些細なことは、犬種の知識や飼育の大変さを書いていくことしかないけど。

犬や猫と一緒に生きることは楽しいし、毎日が悦び。
でも、それだけじゃないってことを、きっちり書いていきたい。

10516793_1446904415569538_5485994413248735765_n.jpg

(Gundog Rescue CACI のFBより文章&写真を転載)

千葉県動物愛護センター東葛飾支所に
収容されているセッター オス

飼い主さんのお迎えがありません。
現在、他団体からもお声はかかっていません。

どなたか、預かりまたは飼い主希望の方
いらっしゃいませんか?

CACIでは現状空きケージもなく満杯です。
今すぐの引き取りは出来ません。
10日までです!
命を繋ぎたい!!!
ご協力お願いいたします!

ご検討いただける方
直接私の携帯までご連絡をお願いいたします。
本日、疥癬のブリタニーをセンターに
お迎えに行ってきます。
090-××××  
   
(★個人情報なのでここへの記載は省略しました。ご検討いただける方は、白石までご連絡くださいませ。このブログについているメールフォームにメールいただければご紹介します)

-------------------------------------------
(7月9日18:10追記)

この子、預かり先の志願者が名乗りでてくれたそうです!
よかったー、よかったー、よかったー!!!!!

転載いたします。

*************
拡散取り下げのお願いです。
10日期限のセッター君の預かり先にと
ご連絡をいただきました!
当会で置けない場合、心強いお申し出が
ありましたので、命をつなげることが出来ました。
拡散、シェアしてくださいました皆様
本当にありがとうございました!
メルの幸福論
2014年05月18日 (日) | 編集 |
ロバ_20140518_131732

狭いのにメルがうたた寝してるマチュのぴったり隣りに、強引に割り込んだ。
だんだんぴったり密接。
臭くないのか、狭すぎないか、暑くないのか、息苦しくないのか。

だけどこれはメルが望んだこと。これがメルの幸せ。

(そんでマチュはまったく起きずに、そのまま爆睡)

ロバ_20140518_131751

クパの幸福論
2014年05月18日 (日) | 編集 |
スクリーンショット 2014-05-18 12.58.02

撫でてたら、イビキかいて寝始めた。
クパ、幸せにしてやる。
私が、幸せにしてやる。
飼い主が犬に幸せにしてもらうのは二次的産物だ。
飼い主が、自分の犬を幸せにしてあげるのだ。それが、飼う、ということ。
できれば、犬が天に召されるまで。
でも、クパ、イビキ、うるさい。
犬にも木の芽どき!?
2014年03月29日 (土) | 編集 |
桜の便りが、どんどん聞こえてきます。ワクワクするね〜。春だね〜。

しかし。
昨日、木の芽どきは、おかしな人が増えると書きましたが、

そういえば、どーもクパもおとといからへんなんですっ。

おとといは何時だったか、午後だなぁ。
玄関ドアを中からガンガン叩いたの! なにごとっ!?? こんな荒っぽい要求は人生初。
下痢なのかと思って、焦って連れ出したけど、問題なし。
そのあとは平常に戻ったから
Kれんちゃんたちが来たお疲れなのかしらなどと思っていた。

昨日は、夕方6時頃。これまたガンガンと激しくドアを叩く。
やめなさいっ。通行人からしてみればポルターガイスト現象状態で、こわいってば。
下痢か? 下痢なのか?
だけどこの状態でクパを先に散歩に連れ出すと、メルが漏らす。
だからまずはメルを先に連れて行こうとリードをつなぎ、ドアを開けたら……

クパの野郎が、猫みたいにスルッと外へ飛び出したっ!!
こんな風にマテが聞かない興奮状態は初めてだから、私もびっくり!

「クパっ! マテ! おいでっ!!」

幸い、クパは極限の興奮状態だったけど、車庫前で、なんとか自制心が働き、戻ってきてくれた。これはよかった、安堵した。
そしていつもどおり「ハウス」と言っても、玄関内に入らない。なんだ、この反抗的な態度は。ポインターとしてあるまじき態度。でも顔は決して反抗的ではなくて、どっちかというと懇願&興奮の顔。いったいどうした?
3回押し問答しても、なかなか頑固に抵抗するから、私は力尽くでエイッとクパを玄関内に押し込んだ。だってクパはノーリード状態なんだもん。このまま脱走したら、捕まえられない。この興奮状態だとどういう行動をとるかわからない。

そのときは必死だったから気がつかなかったけど、左腕はすじちがいになるし、左の指が3本突き指と1本は軽い脱臼で痛くてキーボードは打てないし、ビール缶は開けられないし、再度の散歩はメルなら片手で足りるけどクパは行けない。まったくもーっ。
夜にトールに指摘されて気がついたけど、手の甲が腫れて、少しドラえもんみたいに丸くなってた。
よほど渾身の力で、クパの首根っこをつかんだのだと思う。爪が折れなくてよかった♪(心配はそこか?)
今朝は首から背中、腰まで痛い。ひねったらしい。整骨院行きたいけど、今日は自転車も乗れないや。

まぁ、その脱走未遂のあと、痛い腕でとにかくクパの散歩に行きましたが、やはり下痢やおしっこがしたかったわけではない。

そのあともクパの興奮はおさまらず、ポルターガイストをガンガンを繰り返す。怒る。今までクパは1度私に怒鳴られたら、反省して、すぐやめる素直な子だった。なのに何度も繰り返す。どうした、クパ!?

玄関だとうるさいので仕事部屋に監禁し(笑)、クパのベッドにステイさせ、そこから1歩立ち上がるたびに「マテ」「フセ」を何度も何度も繰り返し、その位置から動かせないように根気よく続けたら、2〜3時間後にようやく諦めて寝てくれた。でもほんと挙動不審でピリピリ過敏。私のパソコンから「You got mail♪」が聞こえるたびにガバッと起きる。めちゃ過敏。

ヒートの犬が、家の前を通過したのか?
お山爆走が足りないのか?
マチュが前日からキャンプ道具の準備をしていたから、自分もキャンプに行く気でご立腹なのか?
わからんっ。

少しでもヒマをなんとかしてやろうと馬アキレスをあげたら、なんと! クパがアキレスもいらないと投げて、玄関に行きたがる。こ、これは、新しいパターン!! 一大事。どうしたんだ、クパ!

そんで、獣医の友人に「まさか犬にも木の芽どきがあるんだろうか?」と聞くと、あっさり
「そらあるでしょ。季節の変わり目は、犬の方が敏感でないかい」とのこと。

なるへそ〜。
そうだね、動物だって、自律神経やホルモン、盛んになるよな。
ましてや犬や猫の場合、春と秋は、メスにヒート(発情)がやってくる。オスはメスのヒート中のにおいが引き金になり、繁殖行動にでる。
そんでもって犬の嗅覚はすごいから、うちの前を通過したかどうかに限らず、ご近所にきっとヒートがきた犬がいるんだろう。
ヒートのメスがいると、食欲もなくすオスがいるとそういえば聞く。アキレスを無視するのもそういうことかと思うと納得した。(ちなみにクパは、夕飯や朝ごはんはしっかり完食。笑)

そうか、それならしょうがないな。
たしかにこういう風に興奮されるのは面倒だけど、年2回のことだしな。繁殖行動ってのは、動物にとって生きるエネルギーだからな。それにメスだってヒート期間中に家庭内に幽閉されたら可哀想だ。お散歩には行ってほしい。
クパも、4歳の終わりにして、ようやく繁殖行動ができるくらい性成熟した証し。お赤飯だな。爆。

ただ、そこで思ったこと。
こういう話しになると「だから去勢しろってば。その方が飼い主がコントロールしやすいでしょ」という話しになると思うのですが、私はいまのところ、愛犬をコントロールできない私の未熟さを補填するために、犬のホルモンを奪うことはしたくないと思っているので、去勢はいまは考えないとして、そのかわり、気合いを入れてコントロールする努力をしなければいけないと、昨夜悶々と考えました。

オス犬は、ヒートのにおいがしたら、どういう興奮した行動をとるかわからない。今まで一度もしたことのない行動にでる可能性を想定して、少しでもリスクを減らすよう頑張らないと。そしてそのヒートのにおいは、ニンゲンには感知できないから、いつその事態が来るかわからない。

そこで対策・予防することです。オスの飼い主さん、参考にしていただけると嬉しい。

★突発的な興奮状態になりやすい。 
(想定できるアクシデント)→ 玄関からの脱走、散歩中に急に強く引き綱を引っ張り脱走、ドッグランの扉から出るときにスルリと脱走、いつもなら呼べば必ず戻る子でも戻らない可能性。 → 脱走、逃亡、迷子の恐れ。
(事前に準備すること)→ 
玄関などからのスルリ脱走がないよう、いつも以上に春・秋は気をつける。
「うちの犬は大丈夫」はないので、迷子札をつけ、マイクロチップを入れておく。

★望まぬ交尾をさせないために。
(想定できるアクシデント)→ 脱走するのはヒート中のメスに近寄り、交尾するのが目的。都市部では脱走させなければよいが、それも100%阻止できるかわからないし、まして郊外では庭飼育の未避妊のメス犬がいる可能性がある。
(事前に予防できること)→ たっぷり運動させて発散させてやりたいのはやまやまだが、いつもは問題なく呼び戻しができるノーリード爆走もよほど何キロも民家がはるかに遠いなどの条件が揃わないかぎりさせない方がいい気がします(自戒をこめて)。
この時期は、ドッグランなど柵内で遊ばせるか、自転車引きでリード付きで管理するか、わざと行ったことのない犬が緊張しそうな場所(クパの場合なら大都会の人ゴミなど)へ長距離遠足するなどにした方がいいのではないかと。

-------

そしてメス犬の飼い主さんにできることは

★望まぬ妊娠を避けるために。
(想定できるアクシデント)→ メス犬のヒートのにおいに誘われて一心不乱になってオス犬が脱走してくる。 → 犬は安産の神様って言われるくらいなんだから、交尾したらだいたい妊娠します。2か月後には出産です。父犬がわからぬまま妊娠するケースもある。
(事前に予防すること) → ヒート初期はニンゲンも気がつかないことがあるけれど、昨年秋や前回の春のことを思い起こし、「もうじきだな」とよく注意しておく。ヒートだとわかったら、オス犬を刺激しないように、ほかの犬が多い場所や時間帯を避けて散歩にでる。
庭や車庫など屋外で飼育し、四六時中ニンゲンが監視できない環境なら、避妊手術を検討する。ひもでつないで飼っていたら、いつのまにか妊娠する可能性大。また犬舎(柵内)で飼育していても、繁殖行動をしたいオス犬のパワーはものすごいらしいので想定外のパワーを発揮し、交尾する可能性があることも知っておく。

★メスも迷子にならないために。
(想定できるアクシデント) → ヒート期間(いいニオイをしている時期)はだいたい3週間前後。そのうち受胎可能期間は真ん中の4〜5日程度(のはず)。よってメスはその受胎可能時期だけは喜んでオスを受け入れるけど、それ以外の期間は嫌がるもの。そんなときにオスに突進されたら、メスは嫌がって逃げる可能性がある。→ メスも脱走、逃亡、迷子の恐れ。
(事前に準備すること)→ 
やはりメスも迷子札をつけ、マイクロチップを入れておく。
ほかの犬が歩いている時間帯や場所は避けて、オスを刺激しないようにする。


こんなとこかな?
ほかにもあったら、ぜひ教えてください。

バドは、去勢していなかったけど、クパのように興奮が強くなかったせいか、自制心が強かったのか、未避妊のタビィに厳しく一喝された経験がトラウマになりメスに関心があまりなかったせいか、生まれつきの個性なのか、わかりませんが、こういう行動を起こしたことがなかったので、いやはや私も、オトナになって自分で室内飼育して20年以上というのに初めての試練です。クパに新しい勉強をさせてもらってる。

とにかく犬にも木の芽どきがくるのは仕方ない。生き物なんだもん。春は、虫も、植物も、みんな芽吹き、活動を始めるとき。繁殖活動を始めるとき。
上手にコントロールしてあげて、迷子や望まぬ妊娠のような悲しい事件を起こさないようにしたいです。
タマ付きのオス犬の飼い主さん、ともに頑張りましょう。

写真-7

今日の昼には、アキレス、ガンガン食べました。窓全開だけど、ヒートのニオイはまだ来ないのかな?
さぁ、今日の夕刻の散歩時間にはどうなることやら。ドキドキ。母、がむばるしかない。

ちびちびライト欲しい
2014年03月13日 (木) | 編集 |
春らしいテンプレートにしたかったけど、メイン写真を変更できず断念。やっぱりギャートルズのアナログ人間の私には、そんな高等技術、無理だった(涙)。誰か、やり方、教えて〜。クパメル写真のに変えたいの(懇願)。

そんでとりあえずお花柄にしてみましたが。

さて。

おとといの火曜日は、副都心線に乗って、自由が丘から取材スタート。
副都心線って、実に便利。
渋谷駅まででて、乗り換えると、ヒカリエの地下とか迷子になりそうだし、なにしろ渋谷駅は人が多くて、人波に巻き込まれてしんどい。でも、北参道駅から直通の東横線に乗ってしまえば、とーっても楽ちん。しかも北参道駅は小さな駅だから人も少ない。

スクリーンショット 2014-03-12 21.24.28

代官山、中目黒、自由が丘、横浜みなとみらい、中華街もこれ1本。便利ぃ。

ま、頑張ればうちから歩けるけど、愛用のハチ公バスもある。
わが家のもよりバス停→北参道駅までハチ公バスで15分。(歩いてもそんなもんだろう。笑)
北参道駅→自由が丘駅まで電車で15分。
このハチ公バスののんびりぶりはご愛敬ということで。でもそれくらい東横線直通副都心線は速いってこと。

そんで取材に行く途中、ずっと思っていたのは、
ドラえもんのちびちびライトがあればいいのにー。と。
あ、正式名称は、「スモールライト」でした。

これがあったら、クパをいったん小さくして電車に乗って、そのあと大きくして、海を見ながら山下公園散歩して、クパがくたびれたらまた小さくしてニンゲンは中華街でお粥食べて、そのあとまた散歩して。

……と、そんな妄想しながら副都心線にずっと乗っていました。

あ、そうか。ちびちびライトがなくても、
ニューヨークみたいに、大型犬も電車に乗せてもらえればいいんだ。犬運賃、自転車運賃マークが切符売り場にちゃんとあった。もちろん公共の場でおとなしくできる、オシッコは引っかけないなどのトレーニングは必須だけど。

まぁ、日本ではキレイ好きな方、アレルギーの方への配慮も必要だから、
痴漢防止の女性専用車両みたいに、「犬も同伴OK車両」をつくっていただくってのはどうでしょう!

そしたら、犬の社会化のチャンスがグンと広がって、ストレスや運動不足を発散もできれば無駄吠えなどの問題行動も減るきっかけになり、犬にも飼い主にも、また街にも、みんなにとってメリットがあると思うな。観光の経済効果も上がるんじゃない? 

どーか、大手の電鉄会社の社長さん。犬好きの方はいませんかね? 英断願いますー!

IMG_8067.jpg

↑ これは以前取材させてもらった友人の、スパニッシュ・ウォーター・ドッグのたろちゃんとはなちゃん。
電車に犬も乗れれば、谷中・根津・千駄木方面の味わい深いエリアにも遊びに行けるのになー! と、妄想が広がる私。