FC2ブログ

バドバドサーカス

クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。

あわわわ、これまたご紹介が遅くなりました。
みんなーー、もう来年のカレンダー、買っちゃった?

43693504_1851743011599227_703540553895116800_n (1)

お慕いしている大好きな大先輩のイラストレーター加藤さんが(私の本のバドの表紙のイラストを描いてくださった方!)、来年のカレンダーのモチーフは「犬」にしたいからと、犬オタクの白石に夏の終わり頃、連絡をくれました。

そのため「え?マリノアかよっ」「ファラオハウンドとはこれまたオタクな」みたいな犬種も選ばれ、ちょっとほかにはないニヤニヤする犬カレンダーが完成! ドーベルマンは断耳、断尾なし!いうこだわりも、犬オタク監修ならでは。
私までウキウキしております。

送料込み1650円。CDケースタイプ。
来年のデスクの上にいかがでしょう! 
また、クリスマスや忘年会の久しぶりの再会の際、手土産がてら、お世話になった方へ、ちょっとしたプレゼントとしても最適よー。(在庫がなく、受注生産かもしれないからすぐ発送はされない。でも2-3週間もかからなかったよ。それにしても、私がもっと早く紹介すればよかったのです。ごめんなさい)

ご注文は、まだホームページがない(小さな、アーティスト集団なんだろうなーと想像)ので、お電話で以下のところへ!

43828060_1851743214932540_4763119134990925824_n.jpg

43721076_1851769211596607_6789484159782879232_o.jpg

加藤さんは、「T15」番です♪

「注文してもいいけどーちょっと電話はめんどくさいわー」という私の仲良しさんなら、直接私に連絡ちょうだいっ! 手配するわっ!(勝手に営業部長!)

そのほか加藤さんは、こんな素敵な壁掛けのカレンダーも今年作っておられます。こっちに犬はいないけど、すっごく素敵なの、鳥、花、魚とか和風っぽい。

スクリーンショット 2018-12-06 13.54.03

というわけで、犬カレンダー、よろしくねーーー。

43712426_1851743101599218_4695713583240052736_n.jpg

(私のクレジットも入ってます。おはずかしー)

2018.12.06 14:07 | 犬仕事 | トラックバック(-) | コメント(0) |
猟期が始まったばかりのときは、猟師さんもやる気まんまんだろうなーと思って(そう思うと山に入るのがこわい)、週末は、急に気が向いて海に行ってきました。

久しぶりに行った湘南。午後2時すぎからふら〜っと行ったんだけど、いまは圏央道ができていて(だいぶ前からできているけど、ここは使ったことがなかった)、茅ヶ崎まで、渋谷区から1時間もかからず行けちゃうんですね〜。知らなかった。前はさ、けっこう不便というか、時間かかったんだけど、いつの間にか湘南がこんなに近い存在に。

そんで、どこか駐車場はないかしら〜と防砂林を左手にずんずん進んでしまい、大磯まで来ちゃったよ。

うーみーは ひろいーな おおきーなー♪

やっぱりひろーーーいところにくると気持ちいいね。最近の疲弊した心も復活する感じ。

クパメルも喜んでたー。

DSC_2708.jpg

しかし、ロングリードさばきが下手なトオルさん(私も下手です。トレーナーさんたち、尊敬しちゃうね)。

DSC_2709.jpg

DSC_2711.jpg

最初「やまにいくはずじゃなかったんかいっ」と、大きな海を前にしてビビっていたクーパーでしたが、だんだん環境を理解して(10分以上かかったな。笑)、走り出しました。
メルはチョーテンション上がりまくり。砂浜ダッシュやクルクルジャンプしていた。ボクサーのこの環境適応能力というか、新しいことに対する好奇心の強さには関心するねー。人生(犬生)楽しそう。

DSC_2722.jpg

津波のときに避難するであろう展望台のようなところにも上り、ああ、いい眺め〜。

47160309_1921152561324938_1388078531795222528_n.jpg

(パパが作った、リンゴのジャーキーもらってます)

となりにある小さな漁港にも行ってみた。たまたま湘南国際マラソンの日だったみたい。どうりで観光バスがいっぱい駐車してたってわけだ。バーベキューで貝とかお味噌汁も売ってた。いつもは第2土曜日の10-15時くらいまでやっているんだって。私たちが行ったときはもう4時を過ぎてて、ちょうど完売したとこだった。残念。

47322728_1921152584658269_6840707498828103680_n.jpg

しらすの沖漬けというのを買ってみました。これがすんごく美味しかったよ! しらす屋さんは、1-3月のしらすの禁漁期以外はやってるそうです。水曜が休みって行ってたかなーー? この沖漬け、ごはんにのせたらサイコーーー! 日本酒の肴にも間違いなく最高です。また買いに行きたい。

というわけで、久しぶりの湘南を満喫し、クパも地引き網のニオイを嗅いだりして脳味噌への刺激もたっぷり。山とは違う刺激でくたびれてくれました。

左足の舐め壊しをする心の不安、緊張などを少しでも緩和させたいから、いろいろ社会化にまだまだこれからも励みたいと思います。クパ9歳半になってもまだまだお勉強は続く!

DSC_2730.jpg

(メルの心は鋼でできている!)

2018.12.04 19:00 | 犬遊び(日常) | トラックバック(-) | コメント(0) |
ごめんなさーい、1か月以上もバドブログ放置しちゃった!
ごめんごめん。
帯状疱疹の後遺症がちょい出て、いろいろ痛いわ、イベント続きで土日もないわでバタバタしておりました。
新しいリハビリの病院も決まったんだ。元体育会系としてはジムに行くような気持ちでワクワクです。筋肉維持、大事!
犬の散歩におばあちゃまになっても行くんだい!

DSC_2670.jpg

これは11/25の近所の散歩道。 
イチョウが色づいてまいりました。
でもまだ黄金色じゃないのよ、都庁の見えるこの街は。
日当たりとかでも違うんだろうねー。

鎮痛剤のせいか、とにかく人より眠る時間が長い私。そのため、なんだか時間が足りない。1日36時間くらいあるとちょうどいいんだけどなーw

でもちゃんとブログも書きたいと思います。へんな広告が入っているとショックだもの。反省。

明日は久しぶりの犬友達と飲むのだーーーー♪ 楽しみ!

2018.11.28 23:05 | 犬遊び(日常) | トラックバック(-) | コメント(0) |
ここ1週間ばかり、左の脇腹、左背中、左下腹部の表面がなんかピリピリ→だんだん深部がズゴーンと痛くて、いつもの座骨神経痛や胸椎の痛みとなんだか違う……と思っていた。いつもとなんか違うから、内臓からくる痛み(急性膵炎とか腎炎とか)の前兆だったら怖いなぁーーと心配で、

昨日まず鍼灸へ行き、肋間神経痛かなー、最近冷え込んできたし、とのお見立て(結局、症状としては正解。肋間の神経に沿って、水疱瘡のウィルスが走るのが、帯状疱疹だからね)。

午後はいつもの痛みセンター。そこでも聞いてみた。湿布のかぶれかな?と思っていた、昨日の朝発見した赤い発疹を見て「これは帯状疱疹かも〜」。だけどまだ水疱はないし、完全に診断ができないのに(痛みセンターは麻酔科医だからね)強い抗ウィルス剤はだしにくいとのことで、「明日ひどくなったら、すぐに皮膚科か内科に行きなさい。すぐ抗ウィルス剤を飲んで」と言われた。

そんで、昨夜も何度も目が覚めるほどの左脇腹のピリピリ、針で刺すような痛みのときは、内部がズゴーーーーンと重たい爆発みたいになる。目が覚めたついでに、帯状疱疹、検索。うーむ、調べれば調べるほど、これはビンゴの気がしてきた。

そして頑張って11時までに、「予約のない人」で皮膚科受付。ふー。ここに来るまででしんどいよ。ただでさえ、黄色靱帯骨化症のコなのに、それプラスですからね。なんか微熱もでているし。すでにウィルスと闘いだしているのか。

やっと診察。
結論。見事な帯状疱疹。よくぞこの早期で診察に来たね、と褒められた。

だってさ、帯状疱疹は抗ウィルス剤を飲めば、2〜3週間もすれば治るけど、そのあと3か月後くらいに帯状疱疹後遺症の神経痛(筋膜痛とする説も最近でてきているようだ)が、何度もぶり返して、しんどいらしいじゃないの。お友達にも2人いるわ。辛そうだもん。あれになるのは困る。なるべく避けたい。ただでさえ、左足がふんばれないダメな体なんだから、これ以上ハンディを増やしたくない。

早く抗ウィルス剤を飲めば飲むだけ、そのリスクが減るらしい。期待。

ちうわけで、この1週間くらいはおとなしくする予定。ひどくなると、全身に発疹が拡散されて、大変なことになるらしい。2か所以上の神経のライン(経路)に広がったら入院だって。いーやーだー。

おとなしく抗ウィルス剤、アメナリーフ200mg×2錠(1日1回)飲んで、早く復活したる。

44624639_1866409123465949_42037920122535936_o.jpg
寒くなったら、メルちゃんのトイレが近くなったので、
おべべ着させた。
いま19℃。
ふーゆーが はーじまるよー♪


2018.10.26 13:54 | etc. | トラックバック(-) | コメント(0) |
スクリーンショット 2018-10-13 17.27.15

土曜日。駒沢公園わんわんカーニバルに出かけた帰り道、代々木公園近くで、ハッと見たら歩道にブルマスチフが!
トオルに「わークルマ停めて!」
「え、え、まじ?」
すでに通過〜。
「えーーーー。ブルマス可愛いかった、メスかなーこぶりだった。東京にもいるんだーー可愛いなーどこから来たコなんだろうーーー話しを聞いてみたかったーーー」とブーブー言っていると、オットが転回をして、戻ってくれました。

そして、いきなりのナンパの如く、声をかける私。
ブルマスだけでなく、イングリッシュ・ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、あとミックスのほちょいコもいて、いろいろお話し聞いちゃった。
我ながら、やはり犬馬鹿すぎると思った一コマでした。
(写真は、その様子をトオルがクルマの中から激写した様子w)

いきなり声をかけられたのに、気持ちよく楽しくおしゃべりしてくれた、鼻ぺちゃLOVERのみなさま、どうもありがとう〜♥

2018.10.15 20:46 | 犬仕事 | トラックバック(-) | コメント(1) |
DSC_2243.jpg

昨日は5時起きで、まちゅの晴れ着前撮り撮影! まちゅの願いで撮影地は「滝とか海」と「大都会」。シライシ家にとって一大プロジェクトですっ。

撮影は、まちゅを保育園の頃から知っている写真家Kさん。まちゅが成人する間に世界で活躍する大写真家になったけれど、まちゅの願いを聞き入れ、撮影を快諾してくれました。さらに普段は広告で活躍するヘアメイク&着付けのCさんも紹介していただいた。贅沢すぎる顔ぶれです。そのくせ和気藹々としたロケで楽しかった。

シライシ家族のことをよく知っているKさんは、犬と一緒の家族写真も撮ってくれました。嬉しい。一生の宝物になります。

さらに、強制的にアシスタントとして徴集(笑)をかけられたまちゅの彼氏との2ショットも。青春だねー。

無事にこの撮影が終わり、ほんと安心したわーー。そしていつもは1時より前に寝ることのない私も夜9時に就寝!(はやっ!)

みなさま、本当にお疲れ様、どうもありがとうございました!

DSC_2294.jpg

2018.10.13 23:51 | その他の娯楽快楽 | トラックバック(-) | コメント(0) |
分離不安で悩んでいる飼い主さんは多いと思うんだ!
今回、よろず相談室にお便りをいただいたので、お返事記事を書きました。

犬のお悩みよろず相談室「そうだ、かえさんに聞いてみよう!」 vol.3
「分離不安かも!? 外出すると30分間吠えっぱなし......」


しかし、というか案の定というか文字量をかるーく3倍以上書いてしまったので(ぐはは)、
編集Mさんのはからいにより、別記事に分けることになりました。

犬と暮らして30余年。白石家の知恵袋<vol.3>
分離不安は、犬も飼い主も辛い。回避するための5つの予防線


クーパーは幸いまだ分離不安じゃないけど(メルも大丈夫。ボクサーだし。繊細じゃないし。笑)
足は舐め壊すんだ。これは分離不安なのか、山分離不安なのか、運動不足なのか……

そして先週、ちょうどこの分離不安の記事を書いていたら、人生(犬生)初の留守番中のイタズラされた!
クパの舐め壊した傷に塗るようにベッドのそばに置いていたクリーム3種、完食!
上手にフタをあけて、ほとんどガジガジしていないから、犯人はメルじゃない(メルだとガジガジは間違いない)。

スクリーンショット 2018-09-28 14.05.43

仕事から疲れて戻り、ふーっ、となってリビングに電気をつけたときに、これが目に入ってきたときの衝撃。
一瞬、フリーズしちゃったよ。
そのあと、マジかよ、という思いと、毒ではないか、下痢しないか焦り(幸い下痢はしませんでした)、そのあと、なんだか懐かしくなって笑いがこみ上げてきたよ。バドが久しぶりに降りてきたのかと思ったよ。笑。

分離不安の犬と暮らすと、飼い主の心もすり切れる。よく知ってる。
だからみんな負けないでね。大丈夫、なんとかなるから! バドでもなんとかなったんだから。それに年とると、おさまること多いよ。人生経験積んで、飼い主は絶対におうちに戻ってくる、って覚えてくれるからかもしれない。
でも反対に、いつ帰ってくるかわからない(1人暮らしで朝帰りしているとか)、散歩も毎日じゃないとか、そういうライフスタイルだと治るものも治らない。

分離不安は、犬を治す、のもあるけど、同時に飼い主を治す必要もある。
飼い主のベタベタ度、犬への依存心(私じゃなきゃダメなの、私以外の人には預けられないの、と思う気持ち)、犬への不信感(うちのコにはできないわ、と思う気持ち)という精神的なこと、およびやっぱりたっぷり一緒にいてあげる時間をとるとか、運動をくたびれるくらいさせてあげるとか、留守番時間のマックスをなるべく短くするとか、大家族で住むとか、犬をデイケアに預けるなどというライフスタイルの見直しも必要。

分離不安は犬だけのせいじゃないの。

なのに、向精神薬やてんかん薬を与えて黙らせるのは違う。吠え声がうるさいからといって、犬の声帯を切るのは違う。バカだからとか、もうご近所トラブルに耐えられないといって、犬を捨てるのは違う。

どうか、犬と一緒に、分離不安の壁を越えてね。
応援してる。

追伸:MKさん。コメントありがとう、どこに返信すればいいかわかんないから、ここにするね。頑張ってねー! ノーズワークもオススメだよーーー。とくにガンドッグは、クンクンゲームが大好きです。

スクリーンショット 2018-09-28 14.06.04

↑ イタズラしたあとのクーパー。いちおうなんかマズイことしたのはわかっている。私は、こういうときは怒らない。怒っても無駄だよ。犬は現行犯逮捕じゃないと、何の件で、飼い主が怒っているか意味がわからない。よって飼い主への不信感、恐怖心が募ってしまう。分離不安のなるようなタイプは繊細なので、ますますそんなタイミングで怒ったらダメです。淡々とお片付けをし、犬の名前も呼ばず、放っておきましょう。そんで掃除後もいつもどおり淡々と夕飯の支度したり、テレビつけたりして、過ごし、いつもどおり散歩に行ってあげましょう。分離不安の事件は、ママ(パパ)がいるときに起きない、ということはつまり、それだけママ(パパ)が大好きで大好きで仕方がない証拠でもあるのです。可愛いやつです。でも、24時間、365日、18年間くらい、ずーっと一緒にいることはできません。だから、ひとりでも平常心で待てる心を育んであげるのが、犬のためなのです。


2018.09.28 14:26 | 犬仕事 | トラックバック(-) | コメント(5) |