FC2ブログ

黒猫刺繍できました♥

黒猫刺繍(小)

ついに黒猫刺繍が完成しました♥

イラストを描いたのは、うちのトオル氏。黒猫歴31年(2頭分。先代:たねちゃん。つい最近までいたのは:まめちゃん)。

そして刺繍を手がけるのは、犬刺繍シリーズ同様、私の友人であり、バドバドサーカス犬猫道具店の欠かせない群れの一員、【R-11】のクラフト作家・Sさん。

試作で、私のサコッシュプラスと、トートバッグと、あと販売用にスマホポーチ(試しにつくったので、特別限定色のカープレッドで作りました。今週末には、広島の山陽道下り線・沼田サービスエリアのコンビニ内にある、バドバド道具店のリアルぷちブースに限定1コで納品します。お盆休みにぜひ見にいってね〜♪)

サコッシュプラスやトートを作ってみて、ちょっと猫刺繍は、犬よりもキュートな図柄ということもあり、大きな刺繍を入れるよりも、ワンポイントで入っていた方が大人でも持てるなぁ、ということになりまして、もう一度作り直します。
スマホポーチと同じサイズの猫刺繍を、可愛らしく、小さくワンポイントで、ちょこっと入れることにしようと思います。その方が、大人っぽいと思うんだ。

黒猫好きの方、楽しみにしててね。
もうじきカート記事を、バドバドサーカス犬猫道具店HPに作りますね。
これでやっと「犬猫」道具店らしくなれる気がする。嬉しい。

これで、まめちゃんといつでも一緒だよ。
まめちゃん、お空から見ていてね。


九州などの豪雨災害の犬猫レスキュー活動にご寄付を!

先月はまめちゃんのことで、心がいっぱいでしたが、
そういえば6月から私、新しいひとり犬猫応援活動を始めたのでした。

pringというアプリを入れてくれると、みなさんも参加できます。
1円から投げ銭形式で募金ができるものです。コンビニレジにある募金箱に小銭を入れる感じで応援してくれる人が増えれば、嬉しい。

昨日書いた記事はこれです。↓

令和2年7月豪雨災害  犬雑文家・白石かえ〇犬猫応援用〇

108299104_705667559999750_3179465954442884707_n.jpg
大分県玖珠郡九重町の温泉旅館前の道路も崩壊。凄まじい現実

記事を読むのは、アプリを入れてなくても読めます。
でも寄付をするのはアプリを入れることが必要。
私もかなりのアナログ人間なので、びびって説明を受けましたが、
大丈夫、DO ONE GOODの代表はTさんは信用できる人だから。→最初のきっかけの記事はこちら。

アプリに抵抗のある人もいると思いますが(若者には抵抗少ないようですが、私はいちいちビビる)、ここはきちんと金融庁認可も受けているので、怪しいことはないそうです。

pring

寄付や、友達と割り勘するとか、友達にタケノコ代を送るとかは、手数料はかからないとのこと。

また、私の記事に寄付をしてくれたら、私の分はまるごとそのままDO ONE GOODさんに送金されます。私は中抜きしません(笑)。私の原稿料が、そのまま寄付になる、というイメージです。

私にできることは、書くこと、伝えること。これくらいしかできませんが、微力ながら、自分にできることを、日本の犬猫、できれば家畜、野生動物たちのためにやっていきたいと思います。

ぜひ応援してください。
とりあえず、いまは、以前、マチュがお世話になった、九州災害時動物救援センターのある大分県の九重町含む周辺の被災地、いや、大分県も熊本県も鹿児島県も福岡県も佐賀県も大変なはずなので、応援したい。広島県、島根県(私のなじみのある江の川が氾濫したなんて!悲しい)、岐阜県、長野県だって、大変な思いをしている。本当に心がいたむ。

災害はまだ全然、現在進行形です。

飼い主さんたちの生活が安定しなければ、犬猫の生活も安定しません。
捨てられたり、逃げたりしてしまう犬猫が増えることもでてくるでしょう。

首都圏はコロナの話題の方が多いかもしれないけれど、被災地のことを忘れないように、できることをする!
どうかみなさん、応援よろしくお願いします。



愛おしいヤツら

スクリーンショット 2020-07-13 1.30.12

まめちゃんが亡くなった火曜日の夜。
パパが帰宅して、冷たくなったまめちゃんに初めて対面しようとしたときのこと。クパメルがさー、ジャマする、ジャマするw  
クパはぬいぐるみ貢ごうとするし。笑。

あれはなんだったんだろう。
パパに、見るな、気にするな、見なかったことにしよう、こっち見てよ、気をそらして、落ち込まないで、などなどなのだろうか。
パパはなかなかまめちゃんに触らせてもらえず、悲しみの対面をさせてもらえなかった。

迷惑なヤツらだが、最高に愛おしいヤツらである。
家族は群れ、仲間なんだよね。

まめちゃん天の川へ

火曜日のお昼の12時40分。
まめちゃん、息を引き取りました。
最期も苦しまず、キレイなまま、静かに逝きました。
まめちゃん、立派な死に方です。

今日マチュもバイトを休んでくれたので、
私とマチュとクパメルとともに、看取ることができました。
これがいちばん私にとって嬉しいことです。

いまは、死後硬直中ですが、
触らなければ、生きてるときのごろごろお昼寝している姿と変わりません。
美しい16歳だね。
まめちゃん、よく頑張った。
私たち家族に、後悔を残さないよう、この1か月間、ゆるやかに、おだやかな時間を与えてくれてありがとう。

犬っぽいいい猫でした。
社会化ばっちりの、キャンプも旅行もできる、おおらかな、大雑把で大柄な自慢の黒猫でした。
16年前、捨て猫ダンボールを見つけてくれたバドが、必ず三途の川あたりで、すぐまめちゃんを見つけてくれるはずです。
今日は七夕だから、三途の川じゃなくて天の川かな。
まめちゃん、えらかった。
可愛い自慢のシライシ家の猫。
まめちゃん、ありがとう。

まめちゃん他界

今までインスタ等で毎日綴っていたまめちゃんの最期の日々、
ターミナルケアの様子を、近々ブログにも転記するつもりです。
私の記録のために。
そして、いずれ迎える愛犬・愛猫とのお別れの日の覚悟を決める誰かの一助になれたらいいな、と思って。

バド、お迎え、頼んだぞ。
たねちゃん、タビィ、パチも、お空のうえで、まめちゃんと仲良くしてやってね。

黒猫まめちゃん16歳2か月にして病になる

6月6日のこと。
新型コロナで県境をわたることがはばかれる中、しばし様子をみてしまっていたけれど……。

5月中旬、まめちゃんの食欲が一時下がり、1日2回くらいくしゃみ、たまに鼻水。左目に瞬膜でっぱなし。
6月2日頃、目玉の下が腫れてるのに気づき、
こりゃヤバイと、申し訳ないが越境を決意し、
検査機器オタク(失礼)の仲の良い獣医さんのところに、6/6の土曜日行ってきた。

ついでにクパメルの7種ワクチン。レプトスピラは忘れずに。
普段、あまり病院に行かないから、行くというときに一気にいろいろなことをやることになる。笑。
まー、つまり、ワクチンとフィラリア以外は、死にそうな、とか、大学病院レベルのエマージェンシーなときじゃないと、私は行かないのかもしれない(ってお医者さんに言われたことがある)。普通の体調不良か、マジでヤバいやつかは、だいたい見分けがつく。

まずメルの心電図。新兵器の小型のもので検査。不整脈がでている。以前2019年1月、検査をしたときよりも明らかに顕著に不整脈がでていた。やばいなー。ARVC、ニンゲンでいうところの不整脈原性右室心筋症(ARVC)をついに発症したのかな。
今後、詳しくホルター検査をもう一度した方がいいみたい。ホルターの機械の順番待ちをすることになった。

さらにメル、3Dエコーしたら子宮切ったあたりに二ヶ所しこり。なんじゃこりゃーー、ということになる。卵巣が残っている? いやそんなはずはない。メルの子宮と卵巣は、日獣(の大学)に臓器検体している。問題はないはずだ。溶けない糸(絹糸など?)で縛ったために、アレルギー反応などがでて、しこりのようなもの「断端(だんたん)」というそうだが、できている可能性が指摘された。これ以上詳しく知りたければ、CTを撮るしかないが、10歳の短頭種ボクサーに全身麻酔をするほどか? 否でしょ。でも尿検査の結果、メルには血尿、白血球、その他の数値も悪く、膀胱炎なのは間違いない。でも頻尿じゃないんだよなー。

私は、オシッコのニオイで、膀胱炎かどうか、嗅ぎ分けられる。先生も、たまたま3Dエコーで検査してわかっただけで頻尿でもないなら様子を見てみるということもできるなど、いくつか選択肢をだしてくれた。むしろよけいな抗生物質はだしてくれない(笑)。耐性菌の問題があるからだ。へーー、今はもうそういう時代なんだね。(って、まだ平気で抗生物質を処方するお医者さんも獣医師も多い気もするけどね)
結局メルは、薬なしで、1日4回散歩に連れ出し、水分をよくとらせ、膀胱炎を治す、いつもの作戦を実行することにした。ちなみにあれから1週間。メルのオシッコの甘いような腐敗臭は改善している。よしよし、この調子でいこう。今度またマチュに採尿させて、色とニオイをチェックしてみよう。

それよか重篤なのはまめちゃん。
眼圧は正常、目玉の中も正常。
となると、眼窩、目玉の奥か、鼻腔の奥に、なんかがあり、目玉を押し出してる可能性があるとのこと。脳腫瘍か、鼻腔内腫瘍か。リンパ腫? 扁平上皮ガン? 肥満細胞腫? これ以上は3Dエコーではわからないから、全身麻酔してCTで調べるしかない。

16歳で全身麻酔か。きつい。しかも今、弱っている。急激に痩せた。まだ4.5キロくらいあったけど、もともと大柄で7キロはあったもの。

さらにCTで原因がわかったところで、また全身麻酔して、頭蓋骨開けて切除手術するのか。だいたい手術してとれるものなのかもわからない。

帰りの道中、家族会議。

予約の時間まで、久しぶりにまめちゃん、外にお出かけしたんだよね。おととしの明野ぶりだね。九十九里の砂浜がとても楽しそうだった。海を眺めて気持ち良さそうだった。イエネコの起源はリビアネコらしいから、砂漠とか砂丘は好きなのかな。

スクリーンショット 2020-06-13 18.35.21

ならね、全身麻酔などしないで、好きなもの食べて、砂浜歩かせて、芝生歩かせたりして外の風にあたり、本人が少しでも楽しい、気持ちいい、リラックスできる余生を過ごしてほしい。
そう家族の意見が一致した。
生きた長さより、QOL、生活の質、命のクオリティーの高さを優先してやりたい。延命はしなくていい。まめちゃんらしく、最期を生きてほしい。

DSCF0080.jpg
新しいFUJIのカメラで試し撮り。なかなかいいわーーー。でも暗いね。もっと練習しなくちゃ

まあ、これから、痛いとか痒いとか苦しいとか、そういう辛い状態が現れたら、意見変更するかも。そのときになったら考える!

中里海岸
このフチの2カ所の黒い影はなんだろー?

いつまでこの3頭時代が続くのかな。
想像すると泣きそうになる。
今週は、手を変え品を変え、まめちゃんが食べてくれるものを探しまくり。昨夜はサーモンのお刺身を刻んだものをよく食べた。今日は、パパが鯛の白子を買ってきて、生でよく食べたよ。おかわりまでした。栄養と水分がとれたら安心。脱水が心配だもの。

なんか月曜(6/8)から認知障害みたいな症状もでている。うろうろと同じルートを回遊するように歩き回る。まるで徘徊。
夜、寝るときに急に起きていたりする。今までと同じように撫でてやる。でも、のどを撫でても、どこを撫でても、今までみたいに、グルグルのどを鳴らしてくれない。脳に障害があるのか、実はどこかがすごく調子が悪いのかわからないけど、具合の悪い猫は、もうのどを鳴らさないんだ。悲しい発見だった。

幸い、まだ排泄の失敗はない。まだトイレに自ら行き、ちゃんとしている。えらい。でもそれももうじきできなくなる気がする。

心配で、出稼ぎにも行きたくない。いつのまにか死んでしまいそうだから。
なるべく家族が交代で、いるようにしている。
もし死ぬときが来ても、どんな風に死んだのか、苦しんでいなかったか、知りたい。苦しんで暴れたりしないか、心配で心配で仕方ない。

でも、今は、まだなんとか食べているし、お水も飲んでいる。
海岸散歩が楽しかったらしく、玄関で、ぼーっと待っていたりする。お外行きたいのかな、と思い、避難用に買った猫リュックを背負って、クパメルとの散歩に連れていったり、夜、寝る前、抱っこして、夜風にあたりにワンブロック歩いてみたり。まめちゃん、風を感じる? 公園の芝生、歩いてみようか。土は気持ちいい?

もうやれることはそう残っていない。
だけど、最期まで、まめちゃんが、美味しいものを食べ、自然を感じ、家族の声を感じ、(視覚と嗅覚は弱っているけど、耳はまだちゃんと聞こえている。呼べば、フラフラとでてくる)、猫らしく、うちの家族らしい毎日を過ごさせてあげたいと思う。

まめちゃんと海岸散歩


おまけ。
ノーリードにしてても、ちょこんとパパのとなりに座って、いっしょに海を見るメル。可愛い。

DSCF0174.jpg

メルも、6月1日で10歳になった。
ボクサーの世界での平均寿命は、11.7歳(今回、先生に論文もらった)。平均だからね。メルもそろそろだ。
そう思うと、もう立て続けにこんな気持ちになるなんて、切ない。心がつぶれそうになる。

6/6から私は、まめちゃんのことで、すでにペットロス状態です。
ペットロスというのは、死んじゃったあとからだけじゃない。
「もう勝てない病気」「もう闘っても無理な老い」で死のカウントダウンに入ったときから始まる。
まめのあとは、今度はメルかと思うと……はぁ。多頭飼育って、こういうとき、しんどい。
同年齢など近い年の犬を迎えたときは、とくにこうなることが多いだろうね。育てているときは楽しいけど。
バドが死んだのが9年前の2011年。9年ぶりだから、この気持ちも忘れてて、、、ダメージが大きいです。

だけど、その分、悦びも楽しみも笑いも多かったじゃないか。
だから、後悔なんてしないぞ。
そもそも、私の人生に、犬猫のない人生なんて考えられないのだから。

まめちゃんを最期まで、全力で可愛がろうと思います。

103248138_597372627560687_1018037479787953629_n (1)

さらに追記。
6月2日に、11歳になったクーパー。彼はすこぶる元気。問題なし。
それにしてもですね。
房総・白子の新タマネギ、有名で5キロ買ってきた。美味しいんだ。去年も買った。
それを枕にしているクパ。臭くないのか? いいのか、犬にとってタマネギは天敵だぞ。w
へんなところがすごい神経質でへたれでデリケートなくせに、
妙なところが大雑把で雑。それがジャーポ。
全力で笑わせてくれるクーパーがいるから、私はまだ大丈夫!

お荷物の多い人待望の「サコッシュ+(プラス)」できました

IMG_1166.jpg
左のピンクが従来サイズのサコッシュ。右のマスタード色のが今日新登場のサコッシュ+(プラス)

荷物が多めの人、お待たせしました!!

従来のサコッシュよりも大きめの「サコッシュ+(プラス)」が、やっと完成しました!

最高にいいです!
荷物の多い私のような方にはちょうどいいと思います。

サコッシュプラス比較小
縦と横は5センチ大きく。マチは1センチ大きく。マチの1センチってけっこう違うもんだねー

毎日の近所散歩は普通サイズサコッシュ、ドッグランなどちょっと遠出のときは何かと荷物が増えるのでサコッシュ+があると便利。もちろん、普通のバッグとして使えるクオリティーです。私は、カメラバッグにも使える!と実物を見て思いました。

カメラとサコッシュ小
カメラバッグ用にオリーブグリーンも欲しいなぁと思ってしまっている私。やばい


犬刺繍シリーズの中で、いちばん刺繍サイズも大きいので、犬刺繍のディティールがわかり、ホントに綺麗です。

サコッシュ+のお披露目は、ジャーポで作りましたが、
すでに犬刺繍データが完成している犬種も作れます。
カート記事はおいおい作りますが、「早くボクサーサコッシュ+のカート記事を作って!」などとリクエストをいただけましたら、急いで書きますので、
メール(budbuddougu@yahoo.co.jp)でもインスタメッセージなどでもいいので、お知らせください。


【完成している犬刺繍データ犬種】2020年6月6日現在

ワイマラナー
イタリアン・グレーハウンド(犬のボディカラー:4色あり)
ジャック・ラッセル・テリア
イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル(犬のボディカラー:2色あり)
プードル(犬のボディカラー:4色あり)
(犬のボディカラー:2色あり)黒柴、赤柴
ボクサー(犬のボディカラー:2色あり)(垂れ耳、立ち耳あり)
フラットコーテッド・レトリーバー(犬のボディカラー:2色あり)
ダックスフント・ワイアーヘア(犬のボディカラー:3色あり)
ジャーマン・ショートヘアード・ポインター(犬のボディカラー:3色あり)


【犬刺繍シリーズのバッグ】
犬刺繍シリーズのラインナップが4種類になりました。(2020年6月6日現在)
犬刺繍データがあるものは、どれでも作れますよー♥ 

★スマホポーチ
★サコッシュ
★トートバッグ
★サコッシュ+(プラス)

ついに憧れのFUJI!!

5月19日、ついについについに憧れのものを手に入れた。

じゃーん!

98327704_335114710785354_8774222589175267328_n.jpg

ああ、私は何年間も、このときを待っていたのだ!

本当ならつい最近、新発売されたX-T4が買えたらいいなぁと、

99078092_934304210361915_7332645309085908992_n.jpg

カタログを毎晩眺めてニヤニヤ(だけ)していたのに、

急転直下!! 
フラッグシップモデルのX-H1を買うことにしちゃった!!

というのも、5/17(日)朝っぱらから、仲良し犬友達兼カメラ小僧のTくんから、X-T4が発売されるのを機に、X-H1が、いま半額以下になっている!! と、聞いちゃったからです。(それで、うっかりTくんも買ったという!)

2年前の、明野での借りぐらしのときも、Tくんが遊びにきてくれて、バーベキューしたり、お山行ったり、夕焼け見たりしたのですが、そのときも「犬を撮るなら動きに強いSONYだよね〜」「だけどFUJIは、なんつーても色が綺麗だよね」「クラシックなデザインもFUJIは憧れる〜」などと、さんざんカメラ談義していて(私はあくまでも、にわかカメラ小僧。でも仕事で使うこともあるからね、やっぱり綺麗な写真が撮りたいんですよー)

だけど、やっぱり高額なため、そう簡単に購入することはできず、
何年もズルズルと決めかねていて、高嶺の花に恋していたのです。

それが、ついに!

99247274_295111758174475_6871745453654802432_n (1)

きゃーーーー!!!
ついに私のFUJIのカメラ! 

97993996_256070035605285_1346568484628201472_n.jpg

私はファインダーがないと絶対ダメな人です(老眼になりつつあるのにw)。

左隅にこっそりX-H1と書いてあるのもいいわね。控えめな感じが好き♥

ああ、早く、明野や甲斐駒さんや滝とか夕焼けとか青い田んぼとか撮りたい!!
あ、もちろん主役は、クーパーですよ、メルですよ!(まめちゃんもね)

しかしこのコロナ禍。今は越境できず! 早く越境したいぞ!

その前に!
カメラと同額レベルにこれまた高いレンズを別売りで買わねばなりませぬっ。
ああ、高嶺の花は、まだ実働できぬ状態!

早くレンズ欲しい。だけど、西新宿の電気屋さんに物色しに行きたいところですが、コロナ中にお出かけ自粛中だし、まだ行けてません。

ま、これまたTくんにいろいろ教えてもらって、「このレンズに決めた!」というところまではきているのですが、できれば本物を見て、のぞいてみて、ボリュームを確認し、手にもってズシリ感を確認したいんだけどね。

ふーぅ。早く写真撮りたいです。
取材も早くほんとは行きたいです。ライター仕事したーーーーい!

とりあえずレンズ代を頑張って稼ぎます。はい。笑。


このページのトップへ